第百五十五条の十二において準用する第百

Top PDF 第百五十五条の十二において準用する第百:

びに当該住宅被災市町村の区域内において実施される都市計画法 ( 昭和四十三年法律第百号 ) 第四条第十五項に規定する都市計画事業並びに被災市街地復興特別措置法施行規則 ( 平成七年建設省令第二号 ) 第十五条に規定する市街地の整備改善及び住宅の供給に関する事業の実施に伴い移転が必要となった者について

びに当該住宅被災市町村の区域内において実施される都市計画法 ( 昭和四十三年法律第百号 ) 第四条第十五項に規定する都市計画事業並びに被災市街地復興特別措置法施行規則 ( 平成七年建設省令第二号 ) 第十五条に規定する市街地の整備改善及び住宅の供給に関する事業の実施に伴い移転が必要となった者について

(収入状況報告請求) 区長は、一項、一項若しくは一項規定による使用 料決定、三項又は三項において準用する場合を含む。) 規定による使用料若しくは金銭減額若しくは免除若しくは徴収猶予、規定に よる保証金減額若しくは免除若しくは徴収猶予、一項規定による明渡し請求 又は規定によるあっせん等に関し必要があると認めたときは、使用者収入状況につ いて、当該使用者若しくはその雇主、その取引先その他関係人に報告を求め、又は官公署に必要 な書類を閲覧させ、若しくはその内容を記録させることを求めることができる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成十六年厚生労働省令第百六十九号医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令薬事法 ( 昭和三十五年法律第百四十五号 ) 第十四条第二項第四号及び第十九条の二第五項において準用する第十四条第二項第四号の規定に基づき 医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に

平成十六年厚生労働省令第百六十九号医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令薬事法 ( 昭和三十五年法律第百四十五号 ) 第十四条第二項第四号及び第十九条の二第五項において準用する第十四条第二項第四号の規定に基づき 医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に

2 前項場合において一項、項、三項、号、項及び三項、一項、三項、一項、一項及び項、 一項、項、項、項、一項、項及び六項並びに 一項中「限定三種医療機器製造販売業者」とあるは「限定三種医療機器製造業者等」と、から まで規定中「生物由来医療機器等製造販売業者等」とあるは「生物由来医療機器等製造業者等」と、から まで規定及び一項中「再製造単回使用医療機器製造販売業者等」とあるは「再製造単回使用医療機器 製造業者等」と、一項中「製造販売する製造販売業者」とあるは「製造する登録製造所に係る製造業者等」と、 一項中「を取り扱う」とあるは「製造を行う」と、及び中「取り扱う」とあるは「製造する」と、 一項中「製造販売業者等を含む全て施設」とあるは「製造所」と、同四項中「法一項規定に基づき収集 された情報等」とあるは「当該登録製造所から」と、六項中「同項規定に基づき厚生労働大臣に報告する」とある は「当該事項を製造販売業者等に通知する」と、中「特定生物由来医療機器等製造販売業者等」とあるは「特定生物由来医 療機器等製造業者等」と、及び一項中「取り扱う」とあるは「製造する」と、同項中「製品を取り扱 う」とあるは「製品を製造する」と、一項及び項並びに一項中「取り扱う」とあるは「製造する」 と、中「製品を取り扱う」とあるは「製品を製造する」と、一項中「取り扱う」とあるは 「製造する」と読み替えるものとする
さらに見せる

22 さらに読み込む

厚生労働省令第 136 号 平成 16 年 9 月 22 日 薬事法 ( 昭和三十五年法律第百四十五号 ) 第十二条の二第一号の規定に基づき 医薬品 医薬部外品 化粧品及び医療機器の品質管理の基準に関する省令を次のように定める 平成十六年九月二十二日厚生労働大臣坂口力 医薬品 医薬部外品 化粧品及び

厚生労働省令第 136 号 平成 16 年 9 月 22 日 薬事法 ( 昭和三十五年法律第百四十五号 ) 第十二条の二第一号の規定に基づき 医薬品 医薬部外品 化粧品及び医療機器の品質管理の基準に関する省令を次のように定める 平成十六年九月二十二日厚生労働大臣坂口力 医薬品 医薬部外品 化粧品及び

びに規定を準用する。この場合において一号中「次三項に規 定する品質保証責任者」とあるは「品質保証責任者」と、同号中「 号に規定するほか、前号品質保証責任者」とあるは「品質保証責任者」と、 「次項に規定する品質保証部門」とあるは「品質保証責任者」と、「部門又は 責任者」とあるは「業務責任者」と、同三号中「一号品質保証責任者」と あるは「品質保証責任者」と、同四号中「品質保証部門」とあるは「品 質保証責任者」と、「医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器製造販売後安全管理 基準に関する省令(平成六年厚生労働省令号。以下「製造販売後安全管 理基準」という。)一項に規定する安全管理統括部門(法一項に 規定する医薬品以外医薬品にあっては、製造販売後安全管理基準項に規 定する安全管理責任者。以下この章において「安全管理統括部門」という。)」とある は「安全管理責任者」と、「関係する部門」とあるは「関係する業務責任者」と、 中「品質管理業務手順書等」とあるは「品質管理業務手順書」と、「 三号ハ、三号、一項四号並びに一号及び 号、号並びに規定により総括製造販売責任者へ報告す るものほか、品質管理業務」とあるは「品質管理業務」と、「、販売業者、薬局開 設者、病院及び診療所開設者その他」とあるは「その他」と、中「品質管 理業務手順書等」とあるは「品質管理業務手順書」と、同三号中「次に掲げる期 間」とあるは「年間」と読み替えるものとする
さらに見せる

11 さらに読み込む

昭和二十九年法律第百十五号厚生年金保険法厚生年金保険法 ( 昭和十六年法律第六十号 ) の全部を改正する 目次第一章総則 ( 第一条 第五条 ) 第二章被保険者第一節資格 ( 第六条 第十八条の二 ) 第二節被保険者期間 ( 第十九条 ) 第三節標準報酬月額及び標準賞与額 ( 第二十条 第二十六条

昭和二十九年法律第百十五号厚生年金保険法厚生年金保険法 ( 昭和十六年法律第六十号 ) の全部を改正する 目次第一章総則 ( 第一条 第五条 ) 第二章被保険者第一節資格 ( 第六条 第十八条の二 ) 第二節被保険者期間 ( 第十九条 ) 第三節標準報酬月額及び標準賞与額 ( 第二十条 第二十六条

(施行期日)  この法律は、平成年一月一日から施行する。 (適用区分)  この法律による改正後厚生年金保険法一項及び附則四並びに公的年金制度健全性及び信頼性確保 ため厚生年金保険法等一部を改正する法律(平成年法律三号。以下「平成年改正法」という。)附則 一項規定によりなおその効力を有するものとされた平成年改正法規定による改正前厚生年金保険法一 項において準用する平成年改正法規定による改正前厚生年金保険法一項(厚生年金保険保険給付及び保 険料納付特例等に関する法律(平成九年法律一号。以下「厚生年金特例法」という。)八項、平成年改正 法附則一項規定によりなおその効力を有するものとされた平成年改正法附則規定による改正前厚 生年金特例法八項若しくは平成年改正法附則規定によりなおその効力を有するものとされた平成 年改正法附則規定による改正前厚生年金特例法八項又は児童手当法(昭和四六年法律三号) 一項規定に基づきこれら規定例によることとされる場合を含む。)、国民年金法一項(一項 において準用する場合を含む。)及び附則、国家公務員共済組合法附則四項及び項、地方公務員等共 済組合法三項及び附則、私立学校教職員共済法三項及び附則項、石炭鉱業年金 基金法一項において準用する厚生年金保険法一項及び附則四、厚生年金保険制度及び農林漁業団 体職員共済組合制度統合を図るため農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する法律(以下「平成三年統合法」という。)附則 四項において準用する厚生年金保険法一項及び附則四、独立行政法人農業者年金基金法一項及び附則、健康保険法一項及び附則、船員保険法一項及び附則、労働保 険保険料徴収等に関する法律(以下「徴収法」という。)一項及び附則、失業保険法及び労働者災害補償保険 法一部を改正する法律及び労働保険保険料徴収等に関する法律施行に伴う関係法律整備等に関する法律(以下「整備法」とい う。)三項において準用する徴収法一項及び附則並びに石綿による健康被害救済に関する法律(以下 「石綿健康被害救済法」という。)一項において準用する徴収法一項及び附則規定は、それぞれ、こ 法律施行日以後に納期限又は納付期限到来する厚生年金保険保険料及び平成年改正法附則号に規定する厚 生年金基金掛金(平成年改正法附則一項規定によりなおその効力を有するものとされた平成年改正法 規定による改正前厚生年金保険法一項規定による徴収金を含む。)、厚生年金特例法項に規定する特例納付保 険料、平成年改正法附則一項規定によりなおその効力を有するものとされた平成年改正法附則 規定による改正前厚生年金特例法一項に規定する未納掛金に相当する額及び平成年改正法附則 規定によりなおその効力を有するものとされた平成年改正法附則規定による改正前厚生年金特例法項に 規定する特例掛金、児童手当法一項拠出金、国民年金保険料及び国民年金基金掛金、国家公務員共済組合法附則 一項に規定する日本郵政共済組合に払い込むべき掛金及び負担金、地方公務員等共済組合法一項に規定する 団体が納付すべき掛金及び負担金、私立学校教職員共済法規定による掛金、石炭鉱業年金基金掛金、平成三年統合法附則一項に規定する特例業務負担金、農業者年金保険料、健康保険保険料、船員保険保険料、徴収法項に規定する労働 保険料、整備法一項特別保険料並びに石綿健康被害救済法一項に規定する一般拠出金(以下「保険料等」とい う。)に係る延滞金について適用し、同日前に納期限又は納付期限到来する保険料等に係る延滞金については、なお従前例による。 (調整規定)
さらに見せる

172 さらに読み込む

第二節特定標準器以外の計量器による校正等 ( 第百四十三条 第百四十六条 ) 第九章雑則 ( 第百四十七条 第百六十九条の二 ) 第十章罰則 ( 第百七十条 第百八十条 ) 附則 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この法律は 計量の基準を定め 適正な計量の実施を確保し もって経済の発展及び文化の向上に

第二節特定標準器以外の計量器による校正等 ( 第百四十三条 第百四十六条 ) 第九章雑則 ( 第百四十七条 第百六十九条の二 ) 第十章罰則 ( 第百七十条 第百八十条 ) 附則 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この法律は 計量の基準を定め 適正な計量の実施を確保し もって経済の発展及び文化の向上に

規定は一項規定による申請に係る一項号ロ 指定に、項 及び六項、一項、項、一項、一項、並びに規定は指定外国製造事業者に準用 する。この場合において中「前条一項」とあるは「三項 において準用する一項」と、一項中「各号」と あるは「一項一号から三号まで」と、項中「前項 において準用する前条」とあるは「三項において準用する」 と、項中「一項承認に係る型式に属する特定計量 器(前項ただし書規定適用を受けて製造されるものを除く。)」とあり、及び一項中「一項承認に係る型式に属する特定計量器(前条 一項ただし書規定適用を受けて製造されるものを除く。)」とあるは「一項承認に係る型式に属する特定計量器で本邦に輸出されるもの」と、一項中「何人も」とあるは「指定外国製造事業者は」と、「特定計量器」 とあるは「特定計量器で本邦に輸出されるもの」と、中「命ずる」とある は「請求する」と、同号中「一項」とあるは「項」 と、一号中「三項」とあるは「四項におい て準用する三項」と、同三号中「」とあるは「四項において準用する」と、「命令に違反したとき」とあるは「請 求に応じなかったとき」と読み替えるものとする
さらに見せる

91 さらに読み込む

放送法 ( 昭和二十五年五月二日法律第百三十二号 ) 最終改正年月日 : 平成二六年六月二七日法律第九六号第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章放送番組の編集等に関する通則 ( 第三条 第十四条 ) 第三章日本放送協会第一節通則 ( 第十五条 第十九条 ) 第二節業務 ( 第二十条 第二十七条

放送法 ( 昭和二十五年五月二日法律第百三十二号 ) 最終改正年月日 : 平成二六年六月二七日法律第九六号第一章総則 ( 第一条 第二条 ) 第二章放送番組の編集等に関する通則 ( 第三条 第十四条 ) 第三章日本放送協会第一節通則 ( 第十五条 第十九条 ) 第二節業務 ( 第二十条 第二十七条

項(定款変更認可)、八項(項にお いて準用する場合を含む。)(中継国際放送協定認可)、九項(提供 基準認可)、同項(任意的業務認可)、(独立行政法人宇宙航 空研究開発機構等へ出資認可)、項及び三項(受信料免除 基準及び受信契約条項認可)、一項(国際放送等実施要請)、 一項(放送に関する研究実施命令)、一項(収支予算 等認可)、一項(放送設備譲渡等認可)、一項(放 送廃止又は休止認可)、一項(放送廃止又は休止認可)、一項(基幹放送業務認定)、一項(地上基幹放送業 務場合に限る。)(認定更新)、一項本文(基幹放送放送事項又 は基幹放送業務に用いられる電気通信設備変更許可)、(放送局 設備供給役務提供条件変更命令)、(受信障害区域における再放 送業務方法に関する改善命令)、一項、項若しくは四 項(有料基幹放送契約約款変更命令又は有料放送事業者若しくは有料放送管理 事業者業務方法改善命令)、一項(認定放送持株会社に 関する認定)又は一項(センター指定)規定による処分
さらに見せる

106 さらに読み込む

薬事法施行規則 ( 昭和 36 年度厚生省令第 1 号 ) 目 次 第一章 薬局 ( 第一条 第十八条 ) 第二章 医薬品等の製造販売業及び製造業 ( 第十九条 第百十四条 ) 第三章 登録認証機関 ( 第百十五条 第百三十七条 ) 第四章 医薬品の販売業及び医療機器の販売業等 ( 第百三十八条 第

薬事法施行規則 ( 昭和 36 年度厚生省令第 1 号 ) 目 次 第一章 薬局 ( 第一条 第十八条 ) 第二章 医薬品等の製造販売業及び製造業 ( 第十九条 第百十四条 ) 第三章 登録認証機関 ( 第百十五条 第百三十七条 ) 第四章 医薬品の販売業及び医療機器の販売業等 ( 第百三十八条 第

3 前項資料保存については、各号列記以外部分ただし書規定を準用す る。 (準用規定による承認については、から まで規定、及びからまで規定を準用する 。この場合において中「様式三」とあるは「様式」と、 一項中「様式四」とあるは「様式六」と、一項 中「様式」とあるは「様式七」と、三項中「様式 七」とあるは「様式八」と、中「様式」とあるは「様式 九」と、項中「様式三」とあるは「様式」と、一項中「様式」とあるは「様式一」と、項中 「様式六」とあるは「様式」と、項中「様式八 」とあるは「様式三」と読み替えるものとする
さらに見せる

115 さらに読み込む

第 四 款 執 行 役 員 ( 第 百 九 条 第 百 十 条 ) Subsection 4 Corporate Officers (Article 109 and Article 110) 第 五 款 監 督 役 員 ( 第 百 十 一 条 ) Subsection 5 Supervisory O

第 四 款 執 行 役 員 ( 第 百 九 条 第 百 十 条 ) Subsection 4 Corporate Officers (Article 109 and Article 110) 第 五 款 監 督 役 員 ( 第 百 十 一 条 ) Subsection 5 Supervisory O

4 会社法からまで、九章款から款 まで(三項及び三項を除く。)、七編 四節並びに三章一節(項から項まで及びか らまでを除く。)及び三節(項及び項を除く。)並びに六 項を除く。)規定は、清算投資法人特別清算について準用する。この場合におい て、同法中「三項」とあるは「投資法人法 三項」と、同法一項中「総株主(株主総会において決議を することができる事項全部につき議決権を行使することができない株主を除く。) 議決権分の三(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合) 以上議決権を六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期 間)前から引き続き有する株主若しくは発行済株式(自己株式を除く。)分の三 (これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上株式を六 箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き 有する株主」とあるは「発行済投資口分の三(これを下回る割合を規約で定め た場合にあっては、その割合)以上口数投資口を六箇月(これを下回る期間を規 約で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き有する投資主」と、同法 及び一項中「清算人」とあるは「清算執行人及び清算 監督人」と、同法中「清算人」とあるは「清算執行人又は清算監督 人」と、同法一項中「清算人は」とあるは「清算執行人は」と、 「清算人代理」とあるは「清算執行人代理」と、同法一項中「清算 人及び監査役並びに支配人その他使用人」とあるは「清算執行人及び清算監督人 並びに一般事務受託者、資産運用会社及び資産保管会社」と、同法 一項中「設立時取締役、設立時監査役、一項に規定する役員等又は 清算人」とあるは「設立時執行役員、設立時監督役員、投資法人法一項に規定する役員等、清算執行人又は清算監督人」と、同法中 「一項に規定する清算人」とあるは「清算執行人」と、「同項」 とあるは「投資法人法一項」と、同法一項中「本 店(三号に掲げる場合であって特別清算結了により特別清算終結決定がされた ときにあっては、本店及び支店)」とあるは「本店」と、同一号中「四項において準用する項又は六 項において準用する項」とあるは「投資法人法 において読み替えて準用する投資法人法項」と読み替えるものとす るほか、必要な技術的読替えは、政令で定める。
さらに見せる

268 さらに読み込む

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

規定により同一項に規定する派遣中労働者(以下単に 「派遣中労働者」という。)派遣就業に関する労働基準法施行規則(昭和年 厚生省令三号)規定適用については、同令中「法若しく は法一項規定」とあるは「労働者派遣事業適正な運営確保及び派 遣労働者就業条件整備等に関する法律(以下「労働者派遣法」という。)規定により適用される法若しくは法一項規定」と、 同令中「法又は法一項規定」とあるは「労働者派 遣法規定により適用される法又は法一項 規定」と、同令中「使用者」とあるは「労働者派遣法 規定により同一項に規定する派遣先事業に規定する使用者とみなされ る者」とする
さらに見せる

28 さらに読み込む

租税特別措置法 ( 昭和三十二年法律第二十六号 ) 第十条の二 第四十二条の五 第六十八条の十 租税特別措置法 ( 昭和三十二年法律第二十六号 ) ( 高度省エネルギー増進設備等を取得した場合の特別償却又は所得税額の特別控除 ) 第十条の二青色申告書を提出する個人が 平成三十年四月一日 ( 第二号及

租税特別措置法 ( 昭和三十二年法律第二十六号 ) 第十条の二 第四十二条の五 第六十八条の十 租税特別措置法 ( 昭和三十二年法律第二十六号 ) ( 高度省エネルギー増進設備等を取得した場合の特別償却又は所得税額の特別控除 ) 第十条の二青色申告書を提出する個人が 平成三十年四月一日 ( 第二号及

連結子法人が所有権移転外リース取引により取得した高度省エネルギー増進設備等 については、適用しない。 4 一項及び規定は、連結親法人又は当該連結親法人による連結完全支配 関係にある連結子法人で、高度省エネルギー増進設備等取得又は製作若しくは建 設に充てるため国又は地方公共団体補助金又は給付金その他これらに準ずるも (以下この項において「補助金等」という。)交付を受けたものが、当該補助金 等をもつて取得し、又は製作し、若しくは建設した当該補助金等交付目的に適 合した高度省エネルギー増進設備等については、適用しない。
さらに見せる

8 さらに読み込む

- 1 - 国土交通省令第五十一号道路運送車両法(昭和二十六年法律第百八十五号)第四十八条第一項 第五十四条第四項(同法第七十一条の二第二項において準用する場合を含む ) 第九十一条の三及び第九十四条の十 道路運送法(昭和二十六年法律第百八十三号)第二十七条第三項(同法第四十三条第五項において準用す

- 1 - 国土交通省令第五十一号道路運送車両法(昭和二十六年法律第百八十五号)第四十八条第一項 第五十四条第四項(同法第七十一条の二第二項において準用する場合を含む ) 第九十一条の三及び第九十四条の十 道路運送法(昭和二十六年法律第百八十三号)第二十七条第三項(同法第四十三条第五項において準用す

主な改正内容 1.大型自動車定期点検整備について 自動車点検基準改正により、車両総重量8トン以上又は乗車定員 30 人以上 自動車に係る定期点検整備3ヶ月毎点検項目に以下項目が追加されまし た。

19 さらに読み込む

昭和六年法律第四十二号無尽業法目次第一章総則 ( 第一条 第九条 ) 第二章業務 ( 第十条 第十三条ノ二 ) 第三章経理等 ( 第十四条 第二十条 ) 第四章合併 会社分割又ハ事業ノ譲渡若ハ譲受 ( 第二十一条 第二十一条ノ五 ) 第五章業務及財産ノ管理ノ委託 ( 第二十一条ノ六 第二十一条ノ十二

昭和六年法律第四十二号無尽業法目次第一章総則 ( 第一条 第九条 ) 第二章業務 ( 第十条 第十三条ノ二 ) 第三章経理等 ( 第十四条 第二十条 ) 第四章合併 会社分割又ハ事業ノ譲渡若ハ譲受 ( 第二十一条 第二十一条ノ五 ) 第五章業務及財産ノ管理ノ委託 ( 第二十一条ノ六 第二十一条ノ十二

一 無尽業法一号 (罰則に関する経過措置)  この法律施行前にした行為、この附則規定によりなお従前例によることとされる場合におけるこの法律施行後にした 行為、この法律施行後附則一項規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便為替法八(号及び 三号に係る部分に限る。)規定失効前にした行為、この法律施行後附則一項規定によりなおその効力を有するものと される旧郵便振替法号及び三号に係る部分に限る。)規定失効前にした行為、この法律施行後附則 一項規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便振替預り金寄附委託法号に係る部分に限る。)規定失効前 にした行為、この法律施行後附則規定によりなおその効力を有するものとされる旧公社法号に係る 部分に限る。)規定失効前にした行為、この法律施行後附則一項規定によりなおその効力を有するものとされる旧 公社法及び号に係る部分に限る。)規定失効前にした行為並びに附則規定適用があ る場合における郵政民営化法に規定する郵便貯金銀行に係る特定日前にした行為に対する罰則適用については、なお従前例 による。
さらに見せる

12 さらに読み込む

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成三十年三月二十九日観光庁告示第九号

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成三十年三月二十九日観光庁告示第九号

4 当社受注型企画旅行参加中旅行者を対象として、別途旅行代金を収受して当社が実施する募集 型企画旅行については、受注型企画旅行契約内容一部として取り扱います。 (旅程保証) 当社は、別表上欄に掲げる契約内容重要な変更(次各号に掲げる変更(運送・宿泊機 関等が当該旅行サービス提供を行っているにもかかわらず、運送・宿泊機関等座席、部屋その他 諸設備不足が発生したことによるものを除きます。 )を除きます。 )が生じた場合は、旅行代金に同表 下欄に記載する率を乗じた額以上変更補償金を旅行終了日翌日から起算して三日以内に支払いま す。ただし、当該変更について当社に一項規定に基づく責任が発生することが明らかで ある場合には、この限りではありません。
さらに見せる

48 さらに読み込む

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成三十年三月二十九日観光庁告示第九号

国土交通省告示第千五百九十三号旅行業法 ( 昭和二十七年法律第二百三十九号 ) 第十二条の三の標準旅行業約款 ( 平成七年十二月十九日運輸省告示第七百九十号 ) の全部を改正し次のように定めたので公示する 平成十六年十二月十六日国土交通大臣北側一雄最終改正 : 平成三十年三月二十九日観光庁告示第九号

この規程において「企画旅行」とは、標準旅行業約款募集型企画旅行契約一項及び 受注型企画旅行契約一項に定めるものをいいます。 2 この規程において「企画旅行参加中」とは、旅行者が企画旅行に参加する目的をもって当社があらか じめ手配した乗車券類等によって提供される当該企画旅行日程に定める最初運送・宿泊機関等サー ビス提供を受けることを開始した時から最後運送・宿泊機関等サービス提供を受けることを完 了した時まで期間をいいます。ただし、旅行者があらかじめ定められた企画旅行行程から離脱する 場合において、離脱及び復帰予定日時をあらかじめ当社に届け出ていたときは、離脱時から復帰 予定時まで間は「企画旅行参加中」とし、また、旅行者が離脱及び復帰予定日時をあらかじめ当 社に届け出ることなく離脱したとき又は復帰予定なく離脱したときは、その離脱時から復帰時ま で間又はその離脱した時から後は「企画旅行参加中」とはいたしません。また、当該企画旅行日程に、 旅行者が当社手配に係る運送・宿泊機関等サービス提供を一切受けない日(旅行地標準時によ ります。)が定められている場合において、その旨及び当該日に生じた事故によって旅行者が被った損 害に対しこの規程による補償金及び見舞金支払いが行われない旨を契約書面に明示したときは、当該 日は「企画旅行参加中」とはいたしません。
さらに見せる

47 さらに読み込む

法第六条第三項に規定する定置漁業イ法第六条第五項に規定する共同漁業ロ法第七条に規定する入漁権に基づき営む共同漁ハ業1定義この指示において 次の各号に掲げる用語の意義は 当該各号に定めるところによる 日本海 九州西海域 漁業法(昭和二十四(1)年法律第二百六十七号 以下 法 という )第百十条第二項に

法第六条第三項に規定する定置漁業イ法第六条第五項に規定する共同漁業ロ法第七条に規定する入漁権に基づき営む共同漁ハ業1定義この指示において 次の各号に掲げる用語の意義は 当該各号に定めるところによる 日本海 九州西海域 漁業法(昭和二十四(1)年法律第二百六十七号 以下 法 という )第百十条第二項に

5.その他 (1) 指示55号承認申請等で必要となる書類を整理すると、別表2とおりとな るので、参考とされたい。 (2) 指示55号(2)で、漁業法(昭和 24 年法律 267 号) 52 1項に 規定する指定漁業うち、近海かつお・まぐろ漁業許可を有する者が総トン数 20 トン未満動力漁船により我が国 200 海里内でくろまぐろを採捕する際は、採 捕報告を国等に行い、国から操業上指導に応じることを条件に、指示55 号では近海かつお・まぐろ漁業として扱うものとする
さらに見せる

33 さらに読み込む

第十七章全員協議会 ( 第百二十八条 ) 第十八章議員の派遣 ( 第百二十九条 ) 第十九章補則 ( 第百三十条 ) 附則 第一章総則 ( 参集 ) 第一条議員は 招集の当日開議定刻前に議事堂に参集し その旨を議長に通告 しなければならない ( 欠席の届出 ) 第二条議員は 事故のため出席できないと

第十七章全員協議会 ( 第百二十八条 ) 第十八章議員の派遣 ( 第百二十九条 ) 第十九章補則 ( 第百三十条 ) 附則 第一章総則 ( 参集 ) 第一条議員は 招集の当日開議定刻前に議事堂に参集し その旨を議長に通告 しなければならない ( 欠席の届出 ) 第二条議員は 事故のため出席できないと

2 提出者説明は、討論を用いないで会議に諮つて省略することができる。 (参考) (議案等説明、質疑及び委員会付託) 会議に付する事件は、((請願委員会付託))に規定する場 合を除き、会議において提出者説明を聞き、議員質疑があるときは質疑 後、議長が所管常任委員会又は議会運営委員会に付託する。ただし、常 任委員会に係る事件は、議会議決で特別委員会に付託することができる。 2 前項規定にかかわらず、委員会提出議案は、委員会に付託しない。ただ
さらに見せる

38 さらに読み込む

医療法施行規則 (昭和二十三年十一月五日厚生省令第五十号)

医療法施行規則 (昭和二十三年十一月五日厚生省令第五十号)

3)統計学的解析 原則として, tmax を除くパラメータでは対数正規分布することが多いので,対数変 換をして解析する. 90 %信頼区間(非対称,最短区間)で生物学的同等性を評価する. これ代わりに,有意水準 5 %2つ片側検定(two one-sided tests)で評価しても よい.合理的な理由があれば他適当なものを用いてもよい.例数追加試験( add-on subject study)を実施した場合には,本試験データと併合して,試験(study)を変 動要因ひとつとして解析する.ただし,両試験間で製剤,実験計画,分析法,被験者 特性などに大きな違いがない場合に限る.
さらに見せる

42 さらに読み込む

第 1 章総則 1. 趣旨 ガイドライン第 1 条関係 第一条このガイドラインは 個人情報の保護に関する法律 ( 平成十五年法律第五十七号 以下 法 という ) 第八条に基づき また 法第七条第一項に基づく 個人情報の保護に関する基本方針 ( 平成十六年四月閣議決定 平成二十年四月及び平成二十一年九

第 1 章総則 1. 趣旨 ガイドライン第 1 条関係 第一条このガイドラインは 個人情報の保護に関する法律 ( 平成十五年法律第五十七号 以下 法 という ) 第八条に基づき また 法第七条第一項に基づく 個人情報の保護に関する基本方針 ( 平成十六年四月閣議決定 平成二十年四月及び平成二十一年九

14.保有個人データ利用停止等【ガイドライン 20 関係】 (法 27 関係) ○国土交通省関係事業者は、法、施行令、基本方針及びこのガイドライン等を踏まえ、その事業 活動特性、規模及び実態を考慮し、自ら個人情報保護に関する考え方や方針(いわゆる、 プライバシーポリシー、プライバシーステートメント等)を策定・公表している場合には、その 中に、消費者等、本人権利利益保護観点から、事業活動特性、規模及び実態を考慮して、 「保有個人データについて本人から求めがあった場合には、ダイレクトメール発送停止など、 自主的に利用停止等に応じる」といった点を考慮した記述をできるだけ盛り込み、本人から求 めに一層対応していくことが望ましい。
さらに見せる

28 さらに読み込む

Show all 10000 documents...