研修等を実施し

Top PDF 研修等を実施し:

提案書提出に係る各種様式 石鎚ふれあいの里を活用した人材研修等プログラム開発事業委託業務業務に係る公募型プロポーザルを実施します!【募集は終了しました】  西条市ホームページ

提案書提出に係る各種様式 石鎚ふれあいの里を活用した人材研修等プログラム開発事業委託業務業務に係る公募型プロポーザルを実施します!【募集は終了しました】 西条市ホームページ

    (平成29年4月30日時点での実績記入すること) 業務名 実施期間 契約の相手方 業務の概要 ※ 1 政府官公庁との契約実績については優先て記載てください。 (様式3)

6 さらに読み込む

特許庁審査部における研修 ~特許審査官、審査官補を対象として実施される研修を中心として~

特許庁審査部における研修 ~特許審査官、審査官補を対象として実施される研修を中心として~

 組織円滑に運用するためには、 「指導力」、 「調整力」、 「交渉力」が必要となります。  特許審査遂行に必要な基礎知識・知見として、法令・ 審査基準の知識及び技術知識がありますが、法令・審 査基準の知識は、主として研修における講義において 習得、さらに、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニン グ)で審査実務の指導受けながら、理解深め、実 践的な適用・運用習得ていくこととなります。また、 技術知識は、庁内技術研修、学会出張研修、大学派遣 聴講、専門技術実習(インターンシップ)研修の受 講を通じて、担当技術分野やこれと関連する技術分野 の技術知識習得ていくこととなります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

研修内容及び受講手続き等の案内 令和元年度に実施する各種研修の内容や受講手続き等は次のとおりですので 受講等に当たっての参考にしてください なお 研修事業の受託状況等により 実施しない研修や内容を変更して実施する場合があるので 詳しいことはお問い合わせください ( 研修実施機関 問い合わせ先 ) 鹿

研修内容及び受講手続き等の案内 令和元年度に実施する各種研修の内容や受講手続き等は次のとおりですので 受講等に当たっての参考にしてください なお 研修事業の受託状況等により 実施しない研修や内容を変更して実施する場合があるので 詳しいことはお問い合わせください ( 研修実施機関 問い合わせ先 ) 鹿

実技:・機械の走行の操作(3) ・機械の作業装置の操作(3) 学科: *簡易架線集材装置(以下「集材装置」という。)の集 材機及び架線集材機械(以下「機械」という。)の知識(1) * 機械の走行及び作業装置の構造及び取扱い方法の知識(1) ・集材装置及び機械の作業の知識(2) *集材装置及び機械 の運転に必要な一般的事項の知識(1) *関係法令(1) 実技: ・機械の走行の操作(1) ・集材装置の運転及び機械 の作業装置の操作(3) ・ワイヤロープの取扱い(4) 伐木業務
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成 23 年度事業報告 概要 協会の理念である 淡路地域の活性化と花と緑あふれる環境の創造を推進していくため 淡路島くにうみ講座 等の研修会及び 淡路花祭 等のイベントを実施するとともに 淡路島誘客支援事業 淡路島花の名所づくり事業 等の助成 支援事業を実施し 地域の振興や島外からの誘客促進を図っ

平成 23 年度事業報告 概要 協会の理念である 淡路地域の活性化と花と緑あふれる環境の創造を推進していくため 淡路島くにうみ講座 等の研修会及び 淡路花祭 等のイベントを実施するとともに 淡路島誘客支援事業 淡路島花の名所づくり事業 等の助成 支援事業を実施し 地域の振興や島外からの誘客促進を図っ

≪助成件数≫ 「いざなぎの杜」桜みち、田舎暮らし自然体験施設「宙」 広生寺、草香八幡神社、松栄寺 計5箇所 5 あわじ花へんろ事業 「あわじ花へんろ」は、淡路島が誇る景勝地、観光施設花の札所(島内 61 箇所)巡り、 花の島・淡路島の魅力満喫ていただくもので、札所巡るスタンプブック作成、花 の札所の情報広く発信て島外からの誘客促進図った。

17 さらに読み込む

外国人研修生総合保険 はじめに 2010 年 7 月に外国人研修生 技能実習生の保護充実を内容とした改正入管法が施行され 新たに在留資格 技能実習 が創設されましたが 国の機関 JICA 等公的機関が実施する実務研修や実務を伴わない非実務のみの研修は 在留資格 研修 で入国 在留することができます

外国人研修生総合保険 はじめに 2010 年 7 月に外国人研修生 技能実習生の保護充実を内容とした改正入管法が施行され 新たに在留資格 技能実習 が創設されましたが 国の機関 JICA 等公的機関が実施する実務研修や実務を伴わない非実務のみの研修は 在留資格 研修 で入国 在留することができます

●「ケガ」 とは、急激かつ偶然な外来の事故によって身体に被った傷害いいます。  「急激」 とは「事故が突発的で、傷害発生までの過程において時間的間隔がないこと」意味ます。  「偶然」 とは「保険事故の原因または結果の発生が被保険者にとって予知できない、被保険者の意思に基づかないこと」 意味ます。  「外来」 とは「保険事故の原因が被保険者の身体外部からの作用によること、身体に内在する疾病要因の作用でないこと」 意味ます。  「傷害」には、身体外部から有毒ガスまたは有毒物質偶然かつ一時に吸入、吸収または摂取た場合に急激に生ずる中毒症状 (*) 含みます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成 27 年 7 月 8 日島根県立大学浜田キャンパス担当 : 国際交流課無津呂 ( むつろ ) 電話 : 目的 海外研修の実施について 外国語運用能力の向上を図るとともに 研修国の社会 文化 歴史等を理解することにより学生の国際感覚を涵養し 国際人としての自己認識を深

平成 27 年 7 月 8 日島根県立大学浜田キャンパス担当 : 国際交流課無津呂 ( むつろ ) 電話 : 目的 海外研修の実施について 外国語運用能力の向上を図るとともに 研修国の社会 文化 歴史等を理解することにより学生の国際感覚を涵養し 国際人としての自己認識を深

h. ビデオ会議システム用いたプロジェクトでの交流 i. その他両大学が同意する学術交換 2. 本覚書もとにた具体的な交流の実施は両大学により個別に協議、決定されるものとする。各 交流プログラムの実現のための資金源見つける努力が両者によりなされなければならない。 3. 何事もそれぞれの機関の自立性縮小させることはなく、また、本覚書実現させるために一方か

19 さらに読み込む

外国人研修生総合保険 はじめに 外国人研修生 技能実習生の保護充実を内容とした入管法改正が行われ 新たに在留資格 技能実習 が創設されましたが 国の機関 JICA 等公的機関が実施する実務研修や実務を伴わない非実務のみの研修は 引き続き在留資格 研修 で入国 在留することができます そこで 外国人研

外国人研修生総合保険 はじめに 外国人研修生 技能実習生の保護充実を内容とした入管法改正が行われ 新たに在留資格 技能実習 が創設されましたが 国の機関 JICA 等公的機関が実施する実務研修や実務を伴わない非実務のみの研修は 引き続き在留資格 研修 で入国 在留することができます そこで 外国人研

③(株)国際研修サービスは保険契約締結の代理権有しており、引受保険会社との委託契約に基づき、保険契約の締結、保 険料の領収、保険料領収証の交付、契約の管理業務の代理業務行っています。したがいまして、(株)国際研修サー ビスと締結され有効に成立た契約につきましては、引受保険会社と直接契約されたものとなります。 ④このパンフレットは「海外旅行傷害保険(外国人研修生特約付帯)」の概要についてご説明たものです。詳細につきまし ては、海外旅行傷害保険ご契約のしおりにある保険約款によりますが、ご不明な点がありましたら(株)国際研修サービス または引受保険会社におたずねください。ご加入に際しては必ず「重要事項説明書」よくお読みください。なお、ご加入 者と被保険者が異なる場合は、ご加入者より被保険者全員にこのパンフレットの内容ご説明いただきますようお願いいた ます。
さらに見せる

8 さらに読み込む

14_様式10_研修企画書(プレゼンテーションシート) 大阪市:平成30年度 広報研修事業にかかる業務委託公募型プロポーザルを実施します (…政策企画室入札・契約のお知らせ)

14_様式10_研修企画書(プレゼンテーションシート) 大阪市:平成30年度 広報研修事業にかかる業務委託公募型プロポーザルを実施します (…政策企画室入札・契約のお知らせ)

プレゼンシート/様式10 4 本研修事業運営に関して、次の質問にお答えください。 1) 事業円滑に管理運営するための日程表の作成や進捗管理のプロジェクトマネ ジメントには、どのような工夫が必要と考えますか。

4 さらに読み込む

10_様式10_研修企画書(プレゼンテーションシート) 大阪市:平成30年度 広報研修事業にかかる業務委託公募型プロポーザルを実施します (…政策企画室入札・契約のお知らせ)

10_様式10_研修企画書(プレゼンテーションシート) 大阪市:平成30年度 広報研修事業にかかる業務委託公募型プロポーザルを実施します (…政策企画室入札・契約のお知らせ)

プレゼンシート/様式10 4 本研修事業運営に関して、次の質問にお答えください。 1) 事業円滑に管理運営するための日程表の作成や進捗管理のプロジェクトマネジ メントには、どのような工夫が必要と考えますか。

4 さらに読み込む

11_研修企画書 作成要領 大阪市:平成30年度 広報研修事業にかかる業務委託公募型プロポーザルを実施します (…政策企画室入札・契約のお知らせ)

11_研修企画書 作成要領 大阪市:平成30年度 広報研修事業にかかる業務委託公募型プロポーザルを実施します (…政策企画室入札・契約のお知らせ)

・各研修受講することで、どのような知識やスキル習得することができるのか、具 体的かつ明瞭に記載すること。 ・各研修のねらい、到達点明らかに、それに必要なカリキュラム(研修内容、進 め方など)とすること。なお、必要がある場合には、一研修が複数日にわたることも 可。

2 さらに読み込む

2 金 研修会等 7 市で実施 11 高萩市 子育て中の医師への支援 H28~ 市医師会保健予防事業金 H2~ 主に医師を対象とした事業 ( 金 研修会等 ) 水戸市が運営を委託している水戸ファミリー サポート センターを活用し, その会員が水戸協同病院内の保育ルームにおいて医師の子どもを有料で預か

2 金 研修会等 7 市で実施 11 高萩市 子育て中の医師への支援 H28~ 市医師会保健予防事業金 H2~ 主に医師を対象とした事業 ( 金 研修会等 ) 水戸市が運営を委託している水戸ファミリー サポート センターを活用し, その会員が水戸協同病院内の保育ルームにおいて医師の子どもを有料で預か

28,750 一般 神栖市医師教育資金利 子補給 市直営 H25~ 神栖市医師及び看護師修学資金貸与条例(平成25年 神栖市条例第9号)の定めるところにより,医師の修学 資金の貸与受けた者の保護者のうち次の各号のい ずれかの金融機関から教育資金の融資受けたもの に対して,正規の在学期間中の利子補給する。【利 子補給率:100%】

5 さらに読み込む

森林施業プランナーの育成研修その1 a 基礎的な研修の実施の概要 (H19~23) 参考資料 2-1 平成 23 年度の基礎的研修 1. 概要 森林所有者に対し 森林整備の内容 経費 木材の販売収入などを明示した上で施業を提案する森林施業プランナーを育成するための集合研修 ( 基礎研修 現地研修 )

森林施業プランナーの育成研修その1 a 基礎的な研修の実施の概要 (H19~23) 参考資料 2-1 平成 23 年度の基礎的研修 1. 概要 森林所有者に対し 森林整備の内容 経費 木材の販売収入などを明示した上で施業を提案する森林施業プランナーを育成するための集合研修 ( 基礎研修 現地研修 )

机上演習もとに、現地において、既設林道題材と、「林業専用道」の設計のあり方や留意点について検討、議論す る 。(線形のあり方、規格・構造のあり方、作業システムや森林作業道の取付に配慮た設計、排水計画について、改善点検 討、各グループ毎に発表議論)  再生プランの概要、路網の区分別の役割、作設指針に基づく「林業専用道」の規格・構造、作業システムや森林作業道の取 付に配慮た設計のありかた講義
さらに見せる

17 さらに読み込む

2 人材育成 確保支援事業 航空宇宙産業分野が求める質の高い多様な人材の育成 確保のため 人材育成研修や大学等と連携した人材確保支援を実施する (1) 航空機産業高度人材育成事業 1 航空機産業基礎講座航空機産業の業界動向や特有の認証のほか 部品等の生産で必要となる基礎知識に関する研修を実施 開催日

2 人材育成 確保支援事業 航空宇宙産業分野が求める質の高い多様な人材の育成 確保のため 人材育成研修や大学等と連携した人材確保支援を実施する (1) 航空機産業高度人材育成事業 1 航空機産業基礎講座航空機産業の業界動向や特有の認証のほか 部品等の生産で必要となる基礎知識に関する研修を実施 開催日

(4) ものづくり人材スキルアップ事業 (先端ものづくり分野合同事業) 〔新規〕 ものづくり企業の社員が戦略的産業分野の最新技術に係る研修実施 (受講も含む) する場合にその経費の一部支援する。 〔助成制度の概要〕 ・助成限度額:30 万円 ・助 成 率:1/2以内 ・募 集 期 間:調整中

10 さらに読み込む

研修プログラム関係 Q_ 副分野の研修は 30 時間程度となっています これは 30 時間を超える必要があるという意味でし ょうか A_ 時間は目安です 各プログラムで十分な研修効果が上がることを前提に 研修を計画してください Q_ 研修プログラムの実施状況について 協会への報告が求められるのでしょ

研修プログラム関係 Q_ 副分野の研修は 30 時間程度となっています これは 30 時間を超える必要があるという意味でし ょうか A_ 時間は目安です 各プログラムで十分な研修効果が上がることを前提に 研修を計画してください Q_ 研修プログラムの実施状況について 協会への報告が求められるのでしょ

Q_今後基本プログラムは、e-ラーニングで提供されると聞きました。それについて教えてください。 A_2019 年からの運用目指し、現在、e-ラーニングプログラムの作成行っています。受講料は無 料の予定です。また、e-ラーニングの受講認定希望する専攻医には、その証明のためにレポート 課す予定です。その認定には、一定の手数料負担いただくこと検討ています。詳細は決まり次第お 知らせいたします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

議 を設置した 同会議は まず管理職等対象の学校組織マネジメント研修のカリキュラムを開発し 平成 16 年 10 月に 学校組織マネジメント研修 -これからの校長 教頭等のために- を完成させるとともに 平成 17 年 2 月には 学校組織マネジメント研修 ~すべての教職員のために ~( モデル カ

議 を設置した 同会議は まず管理職等対象の学校組織マネジメント研修のカリキュラムを開発し 平成 16 年 10 月に 学校組織マネジメント研修 -これからの校長 教頭等のために- を完成させるとともに 平成 17 年 2 月には 学校組織マネジメント研修 ~すべての教職員のために ~( モデル カ

- 4 - の講座に位置付けた。また、ミドルリーダー的存在の中堅教諭資質向上研修では、 「キャリアの 振り返り」1時間程度実施た後、学校組織マネジメント専門分野とする大学教授お迎え 、全日講座として悉皆で実施ている。それ以降、ベテラン教員から管理職には、それぞれ のライフステージに応じた、現時点での校務分掌に応じた学び保証できるようチームマネジメ ントに係る講座「系統的」に実施できるよう設置ている。 (図2)また、チーム学校推進の観 点から、事務職員対象の学校組織マネジメント講座も、教員と一緒に学べるよう配慮ている。 教員と事務職員が学びあうことで、更に充実た内容となっている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

平成 27 年度 福祉用具プランナー研修 開催要項 1.目的 「福祉用具プランナー研修」は、介護の現場において適正な福祉用具 の利用が促進されるよう、福祉用具の取扱いに関する知識や個々の福祉用 具の利用方法などの専門知識有する人材の育成図るとともに、福祉用 具供給に携わる様々な職種の者に、福祉用具の適正な取扱いについての共 通認識育て、その共通認識基盤として総合的に生活支援行うための 知識・技術の習得目的とする。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

12.個人情報の取扱いについて (1)本研修申込者に関する個人情報は、受講承認に係る作業(受講可否の 決定、通知送付)のみに使用ます。 (2)本研修受講者に関する個人情報は、研修事業運営に係る作業(受講者 名簿の作成、資料の送付、履修状況管理、修了証書の交付)及び統計 資料の作成のみに使用ます。

8 さらに読み込む

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

13.個人情報の取扱いについて (1)本研修申込者に関する個人情報は、受講承認に係る作業(受講可否の決定、 通知送付)に使用ます。 (2)本研修受講者に関する個人情報は、研修事業運営に係る作業(受講者名簿の 作成、資料の送付、履修状況管理、修了証書の交付)及び統計資料の作成 に使用ます。

9 さらに読み込む

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

12.個人情報の取扱いについて (1)本研修申込者に関する個人情報は、受講承認に係る作業(受講可否の決定、 通知送付)に使用ます。 (2)本研修受講者に関する個人情報は、研修事業運営に係る作業(受講者名簿の 作成、資料の送付、履修状況管理、修了証書の交付)及び統計資料の作成 に使用ます。

10 さらに読み込む

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

平成10年度 福祉用具プランナー研修(モデル研修) 実施要綱(案)

平成 27 年度 第 1 回福祉用具プランナー研修 開催要項 1.目的 「福祉用具プランナー研修」は、介護の現場において適正な福祉用具 の利用が促進されるよう、福祉用具の取扱いに関する知識や個々の福祉用 具の利用方法などの専門知識有する人材の育成図るとともに、福祉用 具供給に携わる様々な職種の者に、福祉用具の適正な取扱いについての共 通認識育て、その共通認識基盤として総合的に生活支援行うための 知識・技術の習得目的とする。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...