44百万円(前第2四半期累計期間比

Top PDF 44百万円(前第2四半期累計期間比:

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

【海外における事業展開について】 海外においては政治・経済の状況、社会情勢、法令や規制等の予期せぬ変更により、当社グループの想定通りに事業を展開できない可能性があります。海外ユーザーの嗜好や 消費行動が日本のユーザーと大きく異なることがあります。この違いにより海外市場において想定通りに事業を拡大していくことができない可能性があります。海外子会社の 財務諸表は現地通貨にて作成されますが、連結財務諸表上は換算されます。為替相場の変動により為替差損益が発生するため、当社グループの業績および財政状況に影響を 与える可能性があります。
さらに見せる

19 さらに読み込む

(2) 財政状態 総資産 百万円 1 株当たり自己資本比率純資産自己資本比率純資産 ( 国内基準 ) 百万円 % 円銭 % 2006 年度第 3 四半期 782,620 36, , ( 概算値 ) 年度第 3 四半期 724,535 33,712

(2) 財政状態 総資産 百万円 1 株当たり自己資本比率純資産自己資本比率純資産 ( 国内基準 ) 百万円 % 円銭 % 2006 年度第 3 四半期 782,620 36, , ( 概算値 ) 年度第 3 四半期 724,535 33,712

に準じた会計処理によっております。 11. 金融資産・負債から生じる金利リスクのヘッジ取引に対するヘッジ会計の方法として、繰延ヘッジ又は時価ヘッジを適用し ております。固定金利の貸出金の相場変動を相殺するヘッジにおいては、「銀行業における金融商品会計基準適用に関す る会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告 24 号)に基づき一定の残存期間毎にグ ルーピングしてヘッジ対象を識別し、金利スワップ取引をヘッジ手段として指定しております。また、その他有価証券に区分 している固定金利の債券の相場変動を相殺するヘッジにおいては、個別にヘッジ対象を識別し、金利スワップ取引等をヘッ ジ手段として指定しております。共に、ヘッジ対象とヘッジ手段に関する重要な条件がほぼ同一となるようなヘッジ指定を行 っているため、高い有効性があるとみなしており、これをもって有効性の判定に代えております。
さらに見せる

21 さらに読み込む

( 百万円未満切捨て ) 1. 平成 26 年 9 月期第 2 四半期の連結業績 ( 平成 25 年 10 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 ( 累計 ) (% 表示は 対前年同四半期増減率 ) 円銭 円銭 26 年 9 月期第 2 四半期

( 百万円未満切捨て ) 1. 平成 26 年 9 月期第 2 四半期の連結業績 ( 平成 25 年 10 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 ( 累計 ) (% 表示は 対前年同四半期増減率 ) 円銭 円銭 26 年 9 月期第 2 四半期

(1)連結経営成績に関する定性的情報 ……………………………………………………………………………… 1 ()連結財政状態に関する定性的情報 ……………………………………………………………………………… 2 (3)連結業績予想に関する定性的情報 ……………………………………………………………………………… 2 .サマリー情報(注記事項)に関する事項 …………………………………………………………………………… 2
さらに見せる

13 さらに読み込む

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

*表の数値が会社資料とは異なる場合があるが、四捨五入により生じた相違であることに留意。 セグメント変更 同社は、2017年12月期3四半期累計期間より、報告セグメントを変更している。新しいセグメントは、モバイルサービ ス事業(ポイントサイトを運営するポイントメディア事業やコンテンツメディア事業など)とフィナンシャルサービス事 業(投資育成事業、スマートフォン決済事業、仮想通貨関連事業など)の2つとなっている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

当上半期のわが国経済は、企業収益の改善をは じめ、設備投資や個人消費に持ち直しの動きが見 中間配当につきましては、株主の皆様をはじめと する関係各位のご支援を賜りながら、東京スカイツ リータウンが順調に開業1周年を迎えたことから、1 株あたり50銭の普通配当に1株あたり50銭の記 念配当を加え、1株あたり合計3に決定させてい ただきました。

9 さらに読み込む

株主の皆さまへ Operating Results 営業の概況 当第 2 四半期の業績概況 1,024 億 12 百万円前年同期比 3.1% 減 78 億 87 百万円前年同期比 18.5% 減 1 株式会社ワコールホールディングス代表取締役社長 日頃は格別のご高配を賜り 厚く御礼申しあげます 第

株主の皆さまへ Operating Results 営業の概況 当第 2 四半期の業績概況 1,024 億 12 百万円前年同期比 3.1% 減 78 億 87 百万円前年同期比 18.5% 減 1 株式会社ワコールホールディングス代表取締役社長 日頃は格別のご高配を賜り 厚く御礼申しあげます 第

016年秋のカタログは、モデルと商品 をスウィーツに見立てた広告ビジュアル を展開し、TVCMも連動して放映しま した。また、今回からインナーウェア・ ファッションアイテム・ビューティの3つ のカテゴリーを1冊に凝縮したことで ラインアップが見やすくなり、お客さま よりご好評をいただきました。 ワコールブランド

8 さらに読み込む

セグメント情報 代表取締役兼社長執行役員最高経営責任者 (CEO) 当社は 9 月 30 日をもって第 10 期中間期 ( 第 2 四半期連結累計期間 ) を終了いたしましたので ここにご報告申しあげます 当第 2 四半期連結累計期間におけるは 前年同期比で約 61 億円増 (4.5% 増収 ) と

セグメント情報 代表取締役兼社長執行役員最高経営責任者 (CEO) 当社は 9 月 30 日をもって第 10 期中間期 ( 第 2 四半期連結累計期間 ) を終了いたしましたので ここにご報告申しあげます 当第 2 四半期連結累計期間におけるは 前年同期比で約 61 億円増 (4.5% 増収 ) と

 当2四半期連結累計期間における売上高は、前年同期で 約61億増(4.5%増収)となる1,424億68となりました。  OEM事業が大幅な販売増により増収となったことなどから、 オートモーティブ分野は大幅な増収となりました。一方、業務 用システム事業が減収となったことなどから、パブリックサー ビス分野は減収となりました。また、民生用ビデオカメラや AVアクセサリーの販売減などによりメディア事業が減収となっ たことから、メディアサービス分野は減収となりました。  当2四半期連結累計期間における営業利益は、前年同期 で約18億増となる11億26となり、赤字から黒字に 転換しました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成 26 年度 事業概況 四半期事業概況 保証承諾 件数 Ⅰ 2,557 Ⅱ Ⅲ Ⅳ 年度累計 2,557 ( 単位 : 百万円 %) 金額 前年同期比件数金額 42, , ( 億円 ) 5,000 4,500 4,000 3,500 3,0

平成 26 年度 事業概況 四半期事業概況 保証承諾 件数 Ⅰ 2,557 Ⅱ Ⅲ Ⅳ 年度累計 2,557 ( 単位 : 百万円 %) 金額 前年同期比件数金額 42, , ( 億円 ) 5,000 4,500 4,000 3,500 3,0

 東港と西港に分かれる京都舞鶴港は、平成23年11月、国土 交通省より「国際海上コンテナ」、 「国際フェリー」、 「外航クルー ズ」の3つの機能で日本海側拠点港に選定されました。 東港は明治時代に軍港に指定され、鎮守府が置かれていたこと から現在も軍港色が色濃く残り、海上自衛隊3護衛隊の護衛 艦も停泊しています。東港から出る「海軍ゆかりの港めぐり遊覧 船」は、海上自衛隊OBのガイドと護衛艦のすぐ側を通り抜ける迫 力満点の遊覧船です。
さらに見せる

18 さらに読み込む

伪伪 2016 年 3 月期第 1 四半期決算の詳細 第 1 四半期としては売上総利益 営業利益は過去最高を更新 (1) 決算概況 <8133> の 2016 年 3 月期第 1 四半期決算は 売上高 284,999 百万円 ( 前年同期比 15.2% 減 ) 売上収益 191,056 百万円 (

伪伪 2016 年 3 月期第 1 四半期決算の詳細 第 1 四半期としては売上総利益 営業利益は過去最高を更新 (1) 決算概況 <8133> の 2016 年 3 月期第 1 四半期決算は 売上高 284,999 百万円 ( 前年同期比 15.2% 減 ) 売上収益 191,056 百万円 (

1 四半期としては売上総利益、 営業利益は過去最高を更新 (1) 決算概況 伊藤忠エネクス <8133> の 2016 年 3 月期 1 四半期決算は、 売上高 284,999 年同期 15.2% 減)、売上収益 191,056 (同 15.8% 減)、売上総利益 20,537 (同 19.7% 増)、 営業活動に係る利益 (以下、 「営業利益」) 2,758 (同 69.0% 増)、 税引 利益 2,620 (同 55.6% 増)、親会社株主に帰属する純利益 (以下、「純利益」) 1,339 (同 75.6% 増) となった。 減収ながら大幅増益であり、 1 四半期としては売上総利益、 営業利益は過去最高益を更新した。
さらに見せる

11 さらに読み込む

業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 左軸 経常利益 右軸 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 予 伪伪 2017 年 3 月期第 2 四半期決算の分析 増収 営業損失となるもほぼ計画どおりの着地 同社の 2017 年 3 月期第 2 四半期決算は 売上高 4,774 百万円 ( 前年同期比 0.3%

業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 左軸 経常利益 右軸 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 予 伪伪 2017 年 3 月期第 2 四半期決算の分析 増収 営業損失となるもほぼ計画どおりの着地 同社の 2017 年 3 月期第 2 四半期決算は 売上高 4,774 百万円 ( 前年同期比 0.3%

利益面では、 1 四半期にあったような組織改編に伴う一時的な費用がなくなるため、 売 上高が確保されれば増収効果によって営業利益も計画どおり出てくるものと弊社ではみてい る。 同社は、 本来的に業績の季節性が強く、 特に利益は 1 四半期が最も弱く、 4 四半 期が最も強く出る傾向がある。 今 1 四半期は一時的費用で大きく水面下に沈んだが、 2 四半期単独期間は計画どおり水面上に顔を出した。 3 四半期からは通常の水準に戻る計 画となっているが、 2 四半期までの実績を踏まえて考えれば、 3 四半期以降も計画を着 実に達成していく可能性は高いと弊社では考えている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 総資産株主資本株主資本比率 1 株当たり株主資本 18 年 3 月期第 1 四半期 17 年 3 月期第 1 四半期 17 年 3 月期 百万円 百万円 % 円 銭 113,216,114 4,760, , ,264,

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 総資産株主資本株主資本比率 1 株当たり株主資本 18 年 3 月期第 1 四半期 17 年 3 月期第 1 四半期 17 年 3 月期 百万円 百万円 % 円 銭 113,216,114 4,760, , ,264,

 金融情勢に目を転じますと、政策金利は、ユーロ圏で2%に据え置かれた一方、米国では4月~6月にかけて 2.75%から3.25%へ引き上げられました。この間、わが国では、日銀が量的緩和を続け、短期市場金利はほぼゼロ %で推移しました。一方、景気の先行き不透明感を背景に、長期市場金利が低下傾向を辿ったほか、の対ドル 相場も、米国における利上げ期待が加わり、安ドル高傾向で推移しました。

18 さらに読み込む

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

(決算短信へのリンクは こちら ) 2017年3月期2四半期実績 2017年3月期2四半期累計(上半期)実績は、前年同期増収増益となった。具体的には、売上高20,999 (前年同期+314.1%)、営業利益1,956(同+208.4%)、経常利益2,079(同+222.3%)、親会社株 主に帰属する四半期純利益1,136(同+186.0%)となった。2017年3月期通期決算同社予想に対する2017年3 月期2四半期累計実績の進捗率は、売上高52.5%、営業利益48.9%、経常利益52.0%、親会社株主に帰属する四半 期純利益43.7%となった。尚、2017年3月期2四半期累計実績の大幅増収増益の主な要因は、前年度(2016年3月 期)4四半期より連結範囲に含めた株式会社ミュゼプラチナム(美容事業)の6ヶ月間分の寄与である。 四半期累計)業績の推移
さらに見せる

5 さらに読み込む

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況総資産 株主資本 株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円 百万円 % 円 銭 18 年 6 月期第 1 四半期 27,832 10, , 年 6 月期第 1 四半期 17 年 6 月期 27,515 11,159 40

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況総資産 株主資本 株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円 百万円 % 円 銭 18 年 6 月期第 1 四半期 27,832 10, , 年 6 月期第 1 四半期 17 年 6 月期 27,515 11,159 40

   3.平成17年6月期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありましたが当時当社     は非上場であり、期中平均株価が把握できなかったため記載しておりません。 [経営成績(連結)の進捗状況に関する定性的情報等]  当1四半期における当社グループの売上高につきましては、日産自動車をはじめとする新車輸送が好調であったた め、129億89となりました。

9 さらに読み込む

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況総資産 株主資本 株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円 百万円 % 円 銭 18 年 6 月期第 3 四半期 28,677 11, , 年 6 月期第 3 四半期 17 年 6 月期 27,515 11,159 40

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況総資産 株主資本 株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円 百万円 % 円 銭 18 年 6 月期第 3 四半期 28,677 11, , 年 6 月期第 3 四半期 17 年 6 月期 27,515 11,159 40

17年6月期3四半期 ― ― ― ― (参考)17年6月期 292 △1,856 917 4,547 [財政状態(連結)の変動状況に関する定性的情報等] 当3四半期末における総資産は連結会計年度末に比較して11億62増加し、286億77となりました。ま  た、株主資本は連結会計年度末と比較し1億31増加し112億90となりました。

9 さらに読み込む

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 2,674, ,851, ,048, ,920, 営業収益 1,468,

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 2,674, ,851, ,048, ,920, 営業収益 1,468,

ソフトウェア開発費 145 63.6 93 64.1 1,740 218.6 減価償却費 2,408 86.1 1,903 79.0 8,927 83.7 8,700 97.5 *   18/5期の既存店投資等には、賃借している店舗の取得費が一部含まれております。本物件については当2四半期において *   セール&リースバックを予定しております。

21 さらに読み込む

第2四半期累計期間の業績予想と実績との差異に関するお知らせ その他東証開示資料 | TKCグループ

第2四半期累計期間の業績予想と実績との差異に関するお知らせ その他東証開示資料 | TKCグループ

(4)以上により、当四半期累計期間の業績予想と実績に差異が生じましたが、売上高について、 当初下期売上高の前倒しの受注であること、 また前回公表 (平成年11月11日) のとおり、 前期に実施した設備投資及び開発投資により減価償却費が増加すること、新入社員により社員数 が増加したことから、通期の業績予想につきましては前回公表した数値に変更はありません。

2 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

(3)報告セグメントの変更等に関する事項 四半期連結会計期間から、報告セグメントに含まれていた「紙加工品製造事業」について重要性が乏し くなったため、「その他」に含めて記載する方法に変更しております。 なお、連結会計年度のセグメント情報は、変更後の区分に基づき作成したものを開示しております。 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

19 さらに読み込む

2. 訂正箇所 (1) 4 頁の (2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 総資産純資産自己資本比率 1 株当たり純資産 百万円 百万円 % 円 銭 19 年 3 月期第 1 四半期 3,955 2, 年 3 月期第 1 四半期 3,435 1,

2. 訂正箇所 (1) 4 頁の (2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 総資産純資産自己資本比率 1 株当たり純資産 百万円 百万円 % 円 銭 19 年 3 月期第 1 四半期 3,955 2, 年 3 月期第 1 四半期 3,435 1,

1. 訂正の経緯と概要 当社は、平成18年7月3日付けで、監査法人トーマツを一時会計監査人に選任し、同監査法人と会社 法及び証券取引法に基づく監査契約を締結致しました。また、平成19年3月期四半期より、同監査 法人と「四半期財務諸表に関する意見表明業務契約」を締結しております。

13 さらに読み込む

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 5,499, ,950, ,048, ,920, 営業収益 2,987,

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 5,499, ,950, ,048, ,920, 営業収益 2,987,

156,275 +8,300 経常利益の増加、特別損失の減少 101,355 +11,933 非支配株主に帰属する四半期純利益の減少 *1.「グループ売上」は、セブン‐イレブン・ジャパンおよび7-Eleven, Inc.における加盟店売上を含めた数値を表示しております。 *2. ライフフーズは主にヨークベニマルの店舗において惣菜を製造、販売している子会社であります。

21 さらに読み込む

2012 年 6 月期第 2 四半期業績ハイライト P/L( 連結 ) 2012 年 6 月期第 2 四半期財務ハイライト B/S( 連結 ) ( 単位 : 百万円 ) 11.6 期 2Q 累計 ( 実績 ) 12.6 期 2Q 累計 ( 期初予想 ) ( 実績 ) 予想比 ( 金額 ) 前年同期比

2012 年 6 月期第 2 四半期業績ハイライト P/L( 連結 ) 2012 年 6 月期第 2 四半期財務ハイライト B/S( 連結 ) ( 単位 : 百万円 ) 11.6 期 2Q 累計 ( 実績 ) 12.6 期 2Q 累計 ( 期初予想 ) ( 実績 ) 予想比 ( 金額 ) 前年同期比

負債・純資産合計 20,421 29,719 + 9,298 <2012.6期 2四半期連結会計期間> 〜 引き続き財務体質の改善が進む 〜 ■ 売上高は前年同期26.4%の増収、営業利益は同483増益の黒字転換。 ■ 経常利益は営業外収益にカカクコム他持分法投資利益451を計上、外貨評価

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...