92百万円の利益) となりまし

Top PDF 92百万円の利益) となりまし:

41 億 1 千万円であり こちらも前年度より 4 千万円程増えました 収支は 3 億 3 千万円の黒字となり ほぼ前年度並となりました 経常損益は 2 期連続の黒字となり 当期純利益は 12 期連続の黒字となりましたが 子細に見ると 運賃収入は 3 千万円程減っています これをカバーしたのは 北し

41 億 1 千万円であり こちらも前年度より 4 千万円程増えました 収支は 3 億 3 千万円の黒字となり ほぼ前年度並となりました 経常損益は 2 期連続の黒字となり 当期純利益は 12 期連続の黒字となりましたが 子細に見ると 運賃収入は 3 千万円程減っています これをカバーしたのは 北し

2 41 億 1 千であり、こちらも前年度より 4 千程増えました。収支は 3 億 3 千黒 字なり、ほぼ前年度並なりました。経常損益は 2 期連続黒字なり、当期純利益は 12 期連続黒字なりましたが、子細に見る、運賃収入は 3 千程減っています。これを カバーしたは、北しな特例交付金であり、交付金が前年度より 7 千程増えた 結果、収入は 4 千なりました。支出は、人件費、修繕等保存費を合わせ 1 億 3 千 程増えましたが、4 千増に留まった大きな理由は、電気料金が下がった影響で輸 送費用が 7 千程減った結果です。したがってこの要素を分析する、実は収入で 7 千万 増、支出で 7 千減、合わせて 1 億 4 千くらい追い風があった考えられるため、 3 億 3 千黒字ではあるものの、実質 2 億ほど黒字考えた方がよいかもしれない 思います。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

【通信ネットワーク・コンピュータシステムについて】 携帯電話やPC等を結ぶ通信ネットワークが、自然災害や事故(社内外人的要因ものを含む)、急激なアクセス集中等によって切断された場合には、当社グループ 事業及び業績に影響を与える可能性があります。コンピュータウィルスやハッカー不正な侵入により通信ネットワークやコンピュータシステムに障害が発生した場合、 当社グループ事業及び業績に影響を与える可能性があります。計画を超えるユーザー急激な増加等が発生した場合、設備投資前倒しや計画よりも大きな費用負担が 発生し、当社グループ事業及び業績に影響を与える可能性があります。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

負債につきましては、前連結会計年度末に比べ 1.4%増加し、76,788 なりました。これは主 として、平成 30 年3月末が休日であったことから、支払手形及び買掛金が 3,248 増加したことな どによります。 純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ 10.1%減少し、49,276 なりました。これは 主として利益剰余金が親会社株主に帰属する当期純損失 5,206 や剰余金配当 667 による 減少などにより 5,832 減少したことによります。また自己資本比率は、前連結会計年度末に比べ 2.9 ポイント減少し 39.1%なりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

 当社子会社で福利厚生アウトソーシングサービスを手がける株式会社ベネフィット・ワンでは、人手不足社会 状況に加え、働き方改革や同一労働同一賃金、健康経営など動きを追い風に、福利厚生事業ヘルスケア事業で 取引が拡大し、業績を牽引しました。また、オペレーションデジタル化を推進し、原価及び販管費抑制に取り 組みました。インセンティブ事業では、既存大手顧客でポイント付与・交換が想定を下回りましたが、新規受注 は増加し、顧客層は広がってきています。また個人会員向けに提携先割引サービスメニューを提供するパーソナ ル事業では、新規会員獲得が遅れているものの、利用促進策実施により既存会員退会は想定よりも抑えられま した。
さらに見せる

6 さらに読み込む

年 6 月期の運用状況の予想 (2018 年 1 月 1 日 ~2018 年 6 月 30 日 ) ( 金額は百万円未満切捨て % 表示は対増減率 ) 1 口当たり分配金 1 口当たり営業収益営業利益経常利益純利益利益超過 ( 利益超過分配金分配金は含まない ) 百万円 % 百万円 %

年 6 月期の運用状況の予想 (2018 年 1 月 1 日 ~2018 年 6 月 30 日 ) ( 金額は百万円未満切捨て % 表示は対増減率 ) 1 口当たり分配金 1 口当たり営業収益営業利益経常利益純利益利益超過 ( 利益超過分配金分配金は含まない ) 百万円 % 百万円 %

オフィス賃貸市況は、2018年から2020年にかけて東京都区部新規供給量が増加する見通しであるものの、 足下景気回復が持続すれば、全般的な市況は良好な状態が継続するもの思われます。なお、本投資法人 においては、従来より、積極的なバリューアップ工事や、きめ細やかな管理対応などを通じて、テナント満 足度向上に注力してきたことから、好調な市況影響を十分享受できるもの考えています。過熱感継 続している売買市場においては、不動産売買にあたって、物件収益成長可能性見極めがより重要になっ ていきます。低金利環境下において、キャップレートが低下している状況を考える、中長期保有を前提 する不動産投資においては、厳選投資スタンスを堅持していく必要があります。
さらに見せる

29 さらに読み込む

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

Ⅱ.携帯サイト運営事業会社分割について 平成 19 年 4 月 2 日付で携帯サイト運営事業を会社分割する予定であります。 1.会社分割目的 当社開発本部にて現在、携帯有料サイトとして「アルゼ王国」 「スーパーリアル麻雀」 「昇竜将 棋」を企画・開発・運営しております。競争が激化している当該事業専門性強化、競争力向上 ならびに当社経営合理化を図ることを目的として、携帯サイト運営事業を分離、独立いたしま す。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

株式会社シェアードリサーチは今までにない画期的な形で日本企業基本データや分析レポートプラットフォーム提供を目指しています。さらに、徹底した分析 もとに顧客企業レポートを掲載し随時更新しています。 ディスクレーマー 本レポートは、情報提供のみを目的しております。投資に関する意見や判断を提供するものでも、投資勧誘や推奨を意図したものでもありません。SR Inc.は、本 レポートに記載されたデータ信憑性や解釈については、明示された場合黙示場合両方につき、一切保証を行わないものします。SR Inc.は本レポート使 用により発生した損害について一切責任を負いません。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

負債合計は135,291なり、前連結会計年度末比較して8,340減少なりました。これは 主として、借入金返済及び社債償還等により有利子負債が7,824減少したこと等によるものであ ります。 純資産合計は38,329なり、前連結会計年度末比較して4,318増加なりました。これ は主として、剰余金配当により1,387減少しましたが、当期純利益2,598を計上したこと、退 職給付会計基準等改正により退職給付に係る調整累計額を2,797計上したこと等によるものであり ます。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

当第3四半期連結会計期間末における流動資産は2,986なり、前連結会計年度末に比べ383減少い たしました。これは主に商品及び製品が65、受取手形及び売掛金が42、繰延税金資産が42増加 した一方、現金及び預金が598減少したことによるものであります。 当第3四半期連結会計期間末における固定資産は1,289なり、前連結会計年度末に比べ244増加い たしました。これは主にのれんが113、建物(純額)が93、ソフトウェアが46増加した一方、差 入保証金が54減少したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

2.報告セグメント変更等に関する事項 昨今当社グループにおける事業多角化及びグループ会社増加に伴い、当社は平成27年6月に本社を 移転し、グループ会社拠点集約を行いました。これを機に、今後更なるグループ経営推進に取り組んで まいりますが、事業構造やビジネスモデルごとに区分した経営情報開示を行うことが適切判断し、第1 四半期連結会計期間より、報告セグメント区分を従来「メディアビジネス」1区分から、「マーケティ ングソリューション」「コンシューマサービス」2区分に変更しました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

金融市場において長期金利は、米国金利上昇を受け、平成30年2月に10年国債金利は一時0.1%近辺まで上 昇したものの、その後は株安に伴う債券買い等により、小幅に金利低下が進みました。日経平均株価は、企業 好業績へ期待感から上昇し、平成30年1月には一時24,000台まで上昇したものの、その後は米国株安を 受けて下落基調なり、概ね21,000台で推移なりました。為替は、株高基調を受け110前半で推移が 続きましたが、平成30年3月には、米中貿易摩擦へ懸念等から約1年4カ月振り高水準なり、年度末 には106台で推移なりました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

当第1四半期連結会計期間末における固定負債は53なり、前連結会計年度末に比べ27増加いたし ました。これは主に資産除去債務が27増加したことによるものであります。 (純資産) 当第1四半期連結会計期間末における純資産合計は3,644なり、前連結会計年度末に比べ67増加 いたしました。これは主に親会社株主に帰属する四半期純利益を81計上したこと及び20配当実施に より、利益剰余金が60増加したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

・米州・欧州 売 上 高: 2,411億  前期比 + 3.6%(+ 1.4%) 営業利益:    95億  前期比 +12.9%(+16.5%)   北米では、出版用インキ及び新聞用インキ需要は減少しましたが、パッケージ用インキ出荷が伸びたことなどによ り、前期並なりました。欧州では、出版用インキ及びパッケージ用インキ堅調な出荷が新聞用インキ需要減少をカ バーし、増収なりました。中南米では、パッケージ用インキ出荷が好調に推移し、増収なりました。以上結果、 増収なりました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

これら結果、売上高は 3,404 億(前年同期比 160.0%増)、営業利益は 906 億(前年同期比 214.7%増)、経常利益は為替差益が 290 億発生したことなどから 1,314 億(前年同期比 302.3% 増)、当第1四半期純利益は 802 億(前年同期比 416.0%増)なりました。 2.連結財政状態に関する定性的情報

8 さらに読み込む

回次 第 110 期 日本基準 第 111 期 ( 注 1) 決算年月 2014 年 3 月 2015 年 3 月 売上高 ( 注 2) ( 百万円 ) 943,759 1,011,774 経常利益 ( 百万円 ) 54,621 59,867 親会社株主に帰属する当期純利益 ( 百万円 ) 21,8

回次 第 110 期 日本基準 第 111 期 ( 注 1) 決算年月 2014 年 3 月 2015 年 3 月 売上高 ( 注 2) ( 百万円 ) 943,759 1,011,774 経常利益 ( 百万円 ) 54,621 59,867 親会社株主に帰属する当期純利益 ( 百万円 ) 21,8

(注5)当社関係内容うち資金面については、原則としてキャッシュ・マネジメント・システムを導入しておりま す。国内子会社については直接資金貸付・借入を行っており、欧州及びアジアパシフィック地域各子会社 (中国を除く)についても、それぞれ地域統括会社を介して、資金貸付・借入を行っております。 (注6)当連結会計年度において、Ambry Genetics Corporationについては、株式を取得したため、Invicro, LLCについ
さらに見せる

11 さらに読み込む

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

 本レポートは、対象なる企業依頼に基づき、企業面会を通じて当該 企業より情報提供を受けていますが、本レポートに含まれる仮説や結論その他 全て内容はフィスコ分析によるものです。本レポートに記載された内容 は、資料作成時点におけるものであり、予告なく変更する場合があります。  本文およびデータ等著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前に フィスコへ書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加 工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、 複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
さらに見せる

13 さらに読み込む

2. 平成 26 年 6 月期の運用状況の予想 ( 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 26 年 6 月 30 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百

2. 平成 26 年 6 月期の運用状況の予想 ( 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 26 年 6 月 30 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百

利子負債比率低下、金利コスト大幅な低減による収益力向上及びバンクフォーメーション強化等が実 現し、本投資法人財務安定性向上とともに、将来外部成長余力が格段に向上したもの考えております。 ロ 運用環境実績 当期におけるわが国経済は、大規模な金融緩和及び財政出動により安・株高基調が継続し、資産効果等 による消費支出改善及び輸出企業を中心した企業業績回復傾向が強まりました。景気全般回復傾向を 背景に、事業会社及び金融機関等間に来年度基準賃金引上げを予定する企業が増加しており、デフレ脱却 及び景気本格的回復に必要なる所得環境についても改善に向けた動きが顕在化しつつあります。
さらに見せる

39 さらに読み込む

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

一方、タイ子会社を軸するASEAN展開にお いても、ソリューション提案が今後成長カギ なります。技術開発面や製造面で日本国内から 協力を受け、ローカルニーズを充足するカスタ マイズを図りつつ、現地リーディングカンパ ニーに対しては、より高付加価値な製品を提案し ていきます。インド事業は先行投資状況が続いて いますが、当社にとって川下領域なるRCS(レ ジンコーテッドサンド)を手掛けており、事業ノ ウハウを獲得しつつ、早期軌道化を目指します。
さらに見せる

6 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

以上結果、ゴルフ部門売上高は、29億4千(前期比1.0%増)なりました。 [遊園地部門] 遊園地部門遊園地は、平成29年3月にモノづくりをテーマした新遊園地エリア「グッジョバ!!」が1周年を 迎えました。「グッジョバ!!」は、メディア注目度も高く、テレビや新聞など媒体で多数取り上げられた結果、 「よみうりランド」認知が広がり、商圏拡大にも貢献いたしました。また、「グッジョバ!!」で行われている ワークショップは季節ごとに内容を変更して実施し、好評を博しております。年間を通じて開催したイベントにお きましては、6回目開催なるゴールデンウィーク「全国ご当地大グルメ祭2016」や、松竹芸能プロデュース によるお笑い芸人アシカコラボレーションショー「アシカ・笑(しょう)3」、初夏に開催した恒例ほたる 観賞イベント「ほたる宵」、夏は、テレビなどで活躍する人気芸人が日替わりで登場する笑い祭典「よみう りランド×よしもと ワイワイ笑フェス」や、食イベント「南国グルメフェスタ」などが好評を博しました。なお、 「グッジョバ!!」エリア内に、レストラン「グッジョバ!!キッチン」を新規オープンし、幅広いお客様にご利用い ただいております。9月には、タツノコプロがプロデュースするハロウィンイベント「Yomiuriland H alloween2016」を開催いたしました。また、新たに、着ぐるみプロジェクションマッピングが融合した オリジナルライブショー「飛びだす!マッピング~モンスターから贈りモノ~」を開催し、多くお客様で賑 わいをみせました。10月には、レストラン「Goodday」がリニューアルオープンし、世界的照明デザイナー 石井幹子氏がよみうりランド向けにデザインしたシャンデリア「JEWELRY JARDIN(ジュエリージャル ダン)」を導入いたしました。そして、冬風物詩であるイルミネーションイベント「ジュエルミネーション」は、 今シーズンも石井幹子氏監修もと、10月中旬より開幕いたしました。7シーズン目なる今回は、新たに「グッ ジョバ!!」エリアを、知恵をテーマしたウィズダムエリアとして拡張し、球数は前回より100球多い500 規模に拡大いたしました。また、着ぐるみプロジェクションマッピングクリスマス版ライブショー「飛びだ す!マッピングⅡ~見習いサンタラストギフト~」などイベントを開催いたしました。これらが奏功し、過去 最高であった昨シーズンジュエルミネーション入園者記録を塗り替えました。ジュエルミネーション好調を 受け、前年に引き続き、最寄り駅京王よみうりランド駅に新宿駅発下り特急・準特急列車一部が期間限定で 臨時停車いたしました。これら結果、年間遊園地入園者は過去最高を記録いたしました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 対前期増減率 ) 経常収益 経常利益 親会社株主に帰属する 1 株当たり当期純利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭 通 期 6,429,

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 対前期増減率 ) 経常収益 経常利益 親会社株主に帰属する 1 株当たり当期純利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭 通 期 6,429,

当該会計基準は持分法投資及び連結された投資を除き、持分証券投資を公正価値により測定し、その変動を 純損益に認識すること等を求めております。 当該会計基準に定める経過的な取扱いに従い、当中間連結会計期間期首時点累積的影響額を利益剰余金 及びその他包括利益累計額に加減しております。

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...