300百万円で次期システムへ更改中

Top PDF 300百万円で次期システムへ更改中:

宇宙ステーション補給システムへの回収機能の付加 (HTV-R) 事業期間 ( 平成 23 年度 ~( 研究段階 ( 平成 30 年度以降打上予定 )) 総開発費約 300 億円 プロジェクト移行前のため現状見込み平成 25 年度概算要求額 50 百万円 ( 平成 24 年度予算額 50 百万円 )

宇宙ステーション補給システムへの回収機能の付加 (HTV-R) 事業期間 ( 平成 23 年度 ~( 研究段階 ( 平成 30 年度以降打上予定 )) 総開発費約 300 億円 プロジェクト移行前のため現状見込み平成 25 年度概算要求額 50 百万円 ( 平成 24 年度予算額 50 百万円 )

将来研究(先行・萌芽、将来輸送系、共通基盤技術) 平成25年度概算要求額1,559(平成24年度予算額1,655) ○事業内容 ○宇宙・航空先端技術として、宇宙ロボット技術、先進材料や潤 滑技術、複合材、計算科学、空力、飛行システム等の先行・ 萌芽的研究や共通基盤技術の高度化等の研究を行います。 将来輸送系の研究は、実用システムを想定した概念の検討 を進めるとともに、システムの成立性確認に必要な各要素技 術について研究を行います。
さらに見せる

12 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

一方、商品調達コストや物流費、販売手数料等の変動費率の上昇、人件費及びシステム費など固定費の増加、 投資フェーズにある「MUSE&CO.」において発生している損失計上の影響により減益となりました。 以上の結果、コンシューマサービスセグメントの売上高は5,364(前年同四半期比12.1%増)、セグメン ト利益は54(前年同四半期比61.2%減)となりました。

10 さらに読み込む

平成31年度予算概算決定額 森林整備事業 治山事業 林野公共事業 (平成30年度1次補正予算額5,199百万円 182, ,049 百万円 平成30年度第2次補正予算額 32,528百万円) 臨時 特別の措置 として31年度概算決定額44,128百万円を別途措置 対策のポイント 林業の成

平成31年度予算概算決定額 森林整備事業 治山事業 林野公共事業 (平成30年度1次補正予算額5,199百万円 182, ,049 百万円 平成30年度第2次補正予算額 32,528百万円) 臨時 特別の措置 として31年度概算決定額44,128百万円を別途措置 対策のポイント 林業の成

農山漁村地域整備交付金 概算決定額:92,714(91,650)の内数 ➣農山漁村地域における生産現場の強化や防災力の向上に向けた基盤づくりとして、林道整備や予防治山等を推進。 新たな森林管理システムを支える条件整備 (森林の経営管理を集積・集約化する地域を中心として重点的に支援)

6 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

(マーケティングソリューションセグメント) マーケティングソリューションセグメントにおきましては、第1四半期連結会計期間よりファイブスターズゲー ム株式会社の業績を連結損益計算書に反映させております。また、当社において新たなマネタイズ施策としてクラ イアント企業のオウンドメディア構築を支援する「コンテンツマーケティング」を推進してまいりました。 以上の結果、マーケティングソリューションセグメントの売上高は1,288(前年同四半期比28.1%増)、 セグメント利益は109(前年同四半期比168.5%増)となりました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

  (次期の見通し) ① 次期の運用環境 世界の主要先進諸国は低金利下緩やかな成長を継続する見通しです。ただし、短期的には米国の金利引き 上げや大統領選挙のような不確定要因を控えており、経済の不透明性は継続すると考えられます。ただし、積極 的な金融・財政政策が継続することによって、日本経済は個人消費を中心に底堅く推移すると予想されます。不 動産投資市場は、低金利の長期化を背景として旺盛な投資意欲が持続するほか、資本市場のボラティリティ上 昇も安定インカムを生む不動産の投資需要を支えるものと想定されます。ただし、経済および資本市場に関す る不確実性が長期化する場合には、優良な不動産の投資意欲が一段と高まり、一方地方の低グレード不動産 の投資意欲が弱含む可能性がある点には留意が必要です。不動産施設市場は、先進的物流施設に対するテナ ントの旺盛な賃借意欲が引き続き見込まれますが、平成29年に向けて新規供給が増加するエリア別の需給バ ランスの格差がより鮮明になることが予想されます。
さらに見せる

35 さらに読み込む

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

 当連結会計年度における当社グループの属する人工知能(AI)技術領域は、アルゴリズムの活用による既存ソフトウ エアの高度化、効率化を目指すニーズの高まりを受け、市場環境は良好な状況が続いております。  こうした環境の、当社グループは新規案件の獲得およびアルゴリズムライセンスの積み上げを推し進めるととも に、アルゴリズムソフトウエアを拡販してまいりました。同時に長期の成長を見据え、アルゴリズムソフトウエアの 研究開発や先行投資に更に注力いたしました。また、優秀な人材の採用も積極的に進めており、当連結会計年度末時点 における従業員数は連結73名(子会社役員含む)となっております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

( 百万円 ) 期単独 期単独 期連結 14/12 期は ヶ月 ( 年 月 ) の変則決算 業績推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期予連結 期計連結 期計連結 ( 百万円 ) 伪パンデミック感染症領域への開発を加速化伪 ファイナンスで 2,000 百万円を調達 研究開発へ重点配分

( 百万円 ) 期単独 期単独 期連結 14/12 期は ヶ月 ( 年 月 ) の変則決算 業績推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期予連結 期計連結 期計連結 ( 百万円 ) 伪パンデミック感染症領域への開発を加速化伪 ファイナンスで 2,000 百万円を調達 研究開発へ重点配分

次世代技術開発 135 2017 年 12 月まで 合計 2,004 資金使途としては、 完全ヒト ADLib ® システムの技術を基盤として、 感染症領域における抗 体医薬品の開発を進めるうえ必要となる周辺技術の獲得費用や、 ターゲット等のライセン ス獲得費用、 及び国内研究拠点の新設に係る設備投資費用や研究者の増員に伴う費用な どを見込んいる。 また、 技術獲得の手段としては、 M&A も選択肢の 1 つとして考えている。 感染症領域の研究開発費は、 2017 年 12 月までの 3 年間約 1,200 を予定してい る。 リード候補抗体の物性 ・ 薬効試験に関しては、 子会社のリブテック動物を用いた試験 を行うほか、 外部リソースの活用も予定している。 海外の研究機関との共同研究に関しては 既に、 米国の非営利団体ある Clayton Medical Research Foundation (以下 Clayton) と共 同研究パートナー契約を結んいる (2014 年 12 月期第 1 四半期)。 Clayton はバイオ分野 における研究開発プロジェクトのプランニングを行い、 プロジェクトごとにアカデミアとバイオ企 業をつなぐコーディネイター的な役割も果たしている。 既に Clayton を主体とした共同研究プロ ジェクトも始まっている。 同プロジェクトが感染症領域のプロジェクトかどうかは不明だが、今後、 Clayton を通じて感染症領域におけるアカデミアとの共同研究が進む可能性は高いと言えよう。
さらに見せる

13 さらに読み込む

2016 第17号 百万人 兆円 特集 兆円

2016 第17号 百万人 兆円 特集 兆円

図7 C2Aの利用対象者および連携サービス  C2Aの特徴としては、分析条件を引き継いだままに分析の視 点を売上情報、在庫情報、顧客情報とシームレスに変更可能な 「ドリルリンク機能」と、売場担当者のデスクワーク時間を減ら すことを目的とした使用頻度の高い分析メニューの「定型化機 能」がある。これらの機能により、本部深い分析を行い、その 分析結果を店舗に連携すること、店舗は分析作業を行わず に重点商品や育成商品の売れ行き状況や在庫の把握がワンク リック行える。また、メーカーや卸等の取引先にもC2Aを介し て ID-POSデータを開示可能あるため、取引先からの様々な 有益な提案が期待できる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

Ⅲ 事業再生計画の概要について 1. 事業再生計画の概要 (1)開発事業等からの撤退 当社は過去の業績悪化の反省を踏まえて、投資関連事業、開発事業から撤退し、当社ビ ジネスモデルの原点ある中古マンション再活事業集中してまいります。当社は平成 19 年 8 月に連結売上高 1,607 億の業績見通しを発表し、その達成のため、不動産仕入を積 極的に行いました。そのとき、これまで手がけてこなかった土地の仕入れなどの開発案件 にも範囲を広げました。しかし、開発案件は土地を仕入れてから建物を建設して販売する ため資金を回収するために長期間(物件によっては 2 年や 3 年)を要し、資金繰りが逼迫 する一因となりました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

当社は、様々な事業環境の変化に対応するため、平成26年4月から開始した「中期経営計画」に掲げ る基本方針「新しい価値を創造する企業に生まれ変わり、スピード感のある革新的ソリューション、 国内外のロジスティクス事業を拡充する」に基づき、様々な施策を実施しております。 こうした取組みの一環ある埼玉県幸手市における消費財物流センター建設計画を契機に、有形固定 資産の減価償却方法について再検討したところ、有形固定資産は耐用年数にわたり安定的な使用状況 あり、収益に安定的に貢献することが見込まれることから、取得原価の費用配分方法としては、定 額法の方が経済実態をより適切に反映すると判断いたしました。
さらに見せる

16 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

2018年3月31日に終了した事業年度においては、利益の増加や運転資金の増減により創出した資金を、主に成長基 盤の強化に向けた設備投資に充当しました。一方長期借入金の返済も行い、資金の安定化を図りました。 また、当社は当社連結子会社との間、キャッシュ・プーリング・システム(以下、CPS)を運営しており、日立 金属グループにおける運転資金のマネジメントを行っています。国内連結子会社は原則として外部借入を行わず、 CPSによって資金調達を行うこととしています。これにより日立金属グループ全体の余剰資金と借入金の一元化を 図り、資金効率の向上に努めています。米国・中国子会社においても同様のCPSを導入しており、米国・中国内グル ープ会社における資金の集中管理を行っております。
さらに見せる

23 さらに読み込む

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

当連結会計年度におけるわが国の経済は、政府の経済政策や日銀の金融緩和政策を背景に企業収益や雇用環境の 改善傾向を維持し、緩やかな回復基調推移いたしました。 このような状況の下、当社は総合プラットフォームサイト「生活110番」及び専門性の高いバーティカルメディア サイトの運営を通して「生活のお困りごと」を解決するサービスを行ってまいりました。さらなるサービス価値向 上のため、WEB事業の継続的な強化を図り、コンテンツの強化やサービス提供範囲の拡大、新システム「Mover」の 開発をいたしました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

マーケティングソリューションセグメントにおいて、連結子会社あるファイブスターズゲーム株式会社 を取得した際に生じたのれんについて、業績が当初想定していた事業計画を下回って推移していることから 新たに事業計画を見直した結果、帳簿価額を回収可能価額まで減額いたしました。 当該事象によるのれんの減少額は、131,194千あり、当第2四半期連結会計期間に減損損失として特 別損失に計上しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

 当四半期は、インソーシング事業を筆頭にキャリアソリューション事業などが伸長し、エキスパートサービス(人 材派遣)事業の前期及び当期のM&Aや一部決算期変更もあり、売上高は164,692(前年同期比9.3%増)と なりました。  売上総利益は増収に加えてキャリアソリューション、アウトソーシング事業において効率化も進み粗利率が改善し たことから、36,158(前年同期比13.2%増)となり、営業利益は3,732(前年同期比42.5%増)と大幅に 伸長しました。また第1四半期に子会社株式の一部売却に伴う支払手数料を営業外費用に計上したことから経常利益 は3,538(前年同期比34.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は631(前年同期比34.2%増)と 増益となりました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 ( 百万円未満切捨て ) 総資産株主資本株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円百万円 % 円銭 18 年 3 月期第 1 四半期 186, , , 年 3 月期第 1 四半期 187, ,93

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 ( 百万円未満切捨て ) 総資産株主資本株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円百万円 % 円銭 18 年 3 月期第 1 四半期 186, , , 年 3 月期第 1 四半期 187, ,93

パチンコ機につきましては、新基準機の認可取得はほぼ順調となり、第2四半期以降「CRキューテ ィーハニー」をはじめとした新機種の市場投入が順次行える体制が整いました。しかしながら、6 月に販 売開始した「CRパワーゲットゲーム」の販売実績台数が当初計画台数を大幅に下回ったことから、中間 期及び通期を通じ、計画の見直しが必要となりました。

8 さらに読み込む

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

とする予定あります。 2.事業持株会社の移行について 平成 19 年 10 月 1 日付当社は事業持株会社化する予定です。事業持株会社移行後は、国内事業 と海外事業を明確に分離するため、事業持株会社の傘下、国内パチスロ・パチンコ事業を行う会 社群と、海外カジノ向けゲーミング機器事業を行う会社群に区分いたします。事業持株会社自体は 「基礎研究開発・特許管理」 「投資管理」 「グループ金融」 「不動産管理」 「システム管理」等の機能 に集中する予定あります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(以下「本投資法人」といいます。)は、投資信託及び投資法人に関する 法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。)(以下「投信法」といいます。)に基づき、三井不動産ロ ジスティクスリートマネジメント株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)を設立企画人として、平成28年3 月4日に設立され、平成28年8月2日に株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)不動産投資 信託証券市場(J-REIT市場)に上場しました(銘柄コード3471)。なお、当期末時点本投資法人が保有する資産は9 物件、取得価格合計755億となっています。
さらに見せる

38 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

  2.報告セグメントの変更等に関する事項 昨今の当社グループにおける事業の多角化及びグループ会社の増加に伴い、当社は平成27年6月に本社を 移転し、グループ会社の拠点集約を行いました。これを機に、今後更なるグループ経営の推進に取り組ん まいりますが、事業構造やビジネスモデルごとに区分した経営情報の開示を行うことが適切と判断し、第1 四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を従来の「メディアビジネス」1区分から、「マーケティ ングソリューション」「コンシューマサービス」の2区分に変更しました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

  ⑧情報セキュリティ及び個人情報保護 事業活動において、グローバルなコンピュータネットワークや情報システムが不可欠となるなか 、ソフトウェアやハードウェアの不具合のほか、世界規模のサイバー攻撃、コンピュータウィル スの感染、個人情報の漏えいなどの発生リスクが高まっています。DNPは、情報セキュリティ 及び個人情報保護を経営の最重要課題のひとつとして捉え、体制の強化や社員教育などを通じてシス テムとデータの保守・管理に万全を尽くしていますが、万一、悪意のあるサイバー攻撃や事故などが 発生した場合には、事業活動に影響が及ぶ可能性があります。
さらに見せる

37 さらに読み込む

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業 売上高は16,737(前年同期はなし)、事業利益(のれん償却前営業利益)2,105(同)、のれん償却 額366、セグメント営業利益は1,739(同)となった。 ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」の顧客が順調に拡大したこと(会 員数は2016年3月末280人から、2016年9月末295拡大)や役務消化効率の向上の取り組みなどが背景。 具体的には、同社は、予約の当日キャンセル率改善、EC機能強化による収益向上のための施策として、2016年4 月にミュゼプラチナム会員向けアプリ「ミュゼパスポート」をリリースした。同社によれば、「ミュゼパスポー ト」のダウンロード数は好調に推移した。また、併せて、予約キャンセルに関する会員規約の見直しや当日予約 会員に対するキャンペーンを実施した。更に、2016年8月より、法人向けマーケティングサービス「ミュゼマーケ ティング」の提供を開始した。美に関心の高い女性に対して製品・サービスの認知拡大やイメージ調査などの実 施を考える法人向けに、295人の女性会員と「ミュゼプラチナム」の店舗、会員専用サイト・アプリを活用した 豊富な媒体メニューを提供するための取り組みを推進した。尚、「ミュゼプラチナム」は、美容脱毛専門サロン 市場の「店舗数・売上 No.1」を5年連続、「顧客満足度 No.1」を3年連続獲得している(2016年7月時点、 株式会社東京商工リサーチの調査)。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...