9 8 百 万 円 で あ り

Top PDF 9 8 百 万 円 で あ り:

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

モバイルサービス事業において、スマートフォン端末をメインデバイスとしたポイントサイトを複数運営している。会員 数や掲載広告数の増加に向け各種施策の実行や、事業拡大のためにポイント投資を実施する等、積極的な営業活動を行っ た。また、既存事業あるポイントサイトにとどまらず、採用課金型アルバイト求人サイトの「モッピーバイト」、無料 コミックサイトの「コミプラ」、スマホゲーム比較サイトの「LookApp」の事業拡大に取り組んだ。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

 西日本最大級の道の駅を運営する株式会社丹後王国は、施設の運営に留まらず地域商社としての販路の拡大、 商材のブランド化など様々な施策による売上拡大と運営コストの効率化を図り収益改善を着々と進めています。 また淡路島は、兵庫県立淡路島公園豊かな自然環境を活かした体験型エンターテインメント「ニジゲンノモ リ」を運営しており、6月には宿泊施設「グランシャリオ 北斗七星135°」をオープンしました。また同じく淡路 島内にはインバウンド観光客にも絶大な人気を誇るハローキティをモチーフにしたレストラン「HELLO KITTY SMILE」が本格稼動するなど、体験から飲食、宿泊までが一体となり、各施設を連動させた集客が可能になりまし た。当セグメントの売上高は1,612(前年同期比34.5%増)と増収し、前期はニジゲンノモリ等の初期コスト が計上されていたこともありますが、当期は営業損失685(前年同期は営業損失732)と赤字幅は縮小 しています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

1.事業譲渡の理由 当社は、①国内パチスロ・パチンコ事業、②海外カジノ向けゲーミング機器事業、③ウィン・ リゾーツ社を通じたカジノホテル運営の共同事業者としての参画の 3 つの事業を中心として業容 拡大を目指しております。その中、当社は海外カジノ向けゲーミング機器事業の事業規模拡大 を図っていくために、米国市場の拡大(特に、※インディアンカジノ市場への新規参入)に対応 できる開発、販売体制の構築が必要あると考え、AG アメリカに開発、販売部門を集約し、最 大市場ある米国の事業強化を図ることが最適あると判断したためあります。なお、今回 の事業譲渡により当社と AG アメリカとの間には競業避止義務が生じることはありません。
さらに見せる

8 さらに読み込む

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

セグメント別の業績概要は次のとおりあります。各セグメントの売上収益は外部顧客に対する売上収益を記載 しており、各セグメントの利益は、営業利益あります。 (日本) 国内においては、完成車検査問題等の影響により、OEM製品の売上が減少し、当セグメントの売上収益は576 億53と前期比18.1%の減収となりました。損益面につきましては、全社をあげた固定費及び原価の低減活 動を推進いたしましたが、減収影響を補うことが出来ず、調整後営業利益は前期比42億2悪化し、11億32 となり、また、年度を通じて実行した事業構造改革による関連費用16億96の計上により、前期比61 億87悪化し、5億96の営業損失となりました。
さらに見せる

14 さらに読み込む

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

 本資料は、「確定値」計上しています。  本資料は、福島県に所在する税関官署において輸出通関又は輸入通関された貨物の数量・ 金額を集計したものです。  したがって、輸出貨物については、福島県生産された貨物あっても、福島県以外に所在す る税関官署輸出通関された貨物は福島県の貿易額に含まれず、また、輸入貨物については、 福島県消費された貨物あっても、福島県以外に所在する税関官署輸入通関された貨物 は福島県の貿易額に含まれないこととなります。
さらに見せる

26 さらに読み込む

業績推移 ( 連結 ) ( 百万円 ) 経常収益 経常利益 ( 百万円 ) 58,000 10,000 8,641 9,000 56,000 7,738 8,000 54,000 7,000 52,000 5,174 4,900 5,325 6,000 5,000 50,000 56,424 4,0

業績推移 ( 連結 ) ( 百万円 ) 経常収益 経常利益 ( 百万円 ) 58,000 10,000 8,641 9,000 56,000 7,738 8,000 54,000 7,000 52,000 5,174 4,900 5,325 6,000 5,000 50,000 56,424 4,0

リスク管理債権残高に対する保全率は 87.7%と高水準を維持 (4) 過去の業績推移 2010 年 3 月期から 2014 年 3 月期までの 5 年間の業績を振り返ると、 業務粗利益は資金 利益の減少とともに緩やかに減少傾向を辿ってきた。 この間の預貸金残高が増加しているこ とから、 資金利益の減少は貸出金利回りの低下による利鞘の縮小が原因ある。 なお、 貸 出金利回りは、2010 年 3 月期の 1.74%(期中平均)から 2014 年 3 月期の 1.41%(同)へ 0.33% 低下し、 預貸金利鞘は同様に 0.41%から 0.30%へ 0.11%縮小した。 但し、 貸出利回りの低 下は、 この間の長期国債 (10 年物) 利回りが 1.358% (2009 年平均) から 0.721% (2013 年平均) へ低下するなど、 市中金利の低下による影響が大きく、 銀行業界全体見られる 課題となっている (出所 : 財務省のデータに基づきフィスコ算定)。
さらに見せる

14 さらに読み込む

運用経過 基準価額推移 (2016 年 6 月 10 日 ~ 2016 年 9 月 26 日 ) ( 円 ) ( 百万円 ) 10, , ,000 9,800 9,600 9,400 9, , /6

運用経過 基準価額推移 (2016 年 6 月 10 日 ~ 2016 年 9 月 26 日 ) ( 円 ) ( 百万円 ) 10, , ,000 9,800 9,600 9,400 9, , /6

(注3)分配金を再投資するかどうかについてはお客様が利用するコースにより異なり、また、ファンドの購入価額により課税条件も異なり     ますので、お客さまの損益の状況を示すものはありません。 (注1)分配金再投資基準価額は、2016年6月10日の基準価額をもとに指数化したものです。 (注4)当ファンドの運用方針に対し適切に比較できる指数がないため、ベンチマークおよび参考指数を記載していません。 0.0 2.0 4.0 6.0 8.0 10.0 12.0
さらに見せる

13 さらに読み込む

業績推移 ( 百万円 ) 売上高経常利益 ( 百万円 ) 14, , , , , 12,7 11,537 1,159 9,328 9, , 6,285 2, 1 1/3 期 11/3 期 12/3 期 13/3 期 14

業績推移 ( 百万円 ) 売上高経常利益 ( 百万円 ) 14, , , , , 12,7 11,537 1,159 9,328 9, , 6,285 2, 1 1/3 期 11/3 期 12/3 期 13/3 期 14

(2) 事業リスク 同社の事業リスクに関しては、 不動産業界共通項目として、 金利上昇時における収益へ のマイナスの影響が考えられる。 1 つ目には、 金利上昇によって不動産投資が冷え込む可 能性があること、2 つ目には金融費用の増加による収益への直接的なマイナスの影響がある。 2014 年 3 月期における金融費用は 118 、 営業利益 790 に対して 15% の水 準となっており、 金利上昇の影響は少なくない。 ただ、 日銀はインフレターゲットとして 2% という目標を設定しており、 2% を達成するまでは超低金利を維持していく方針を示している。 このため、 当面は経営に影響を与えるような金利上昇の可能性は極めて低いと考えられる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

負債合計は135,291となり、前連結会計年度末と比較して8,340の減少となりました。これは 主として、借入金の返済及び社債の償還等により有利子負債が7,824減少したこと等によるもの ます。 純資産合計は38,619となり、前連結会計年度末と比較して4,608の増加となりました。これ は主として、剰余金の配当により1,387減少しましたが、当期純利益2,888を計上したこと、退 職給付会計基準等の改正により退職給付に係る調整累計額を2,797計上したこと等によるものあり ます。
さらに見せる

19 さらに読み込む

売 上 高 と 経 常 利 益 の 推 移 ( 百 万 円 ) 売 上 高 経 常 利 益 ( 百 万 円 ) 14,000 12,000 10,000 13, ,165 10,790 9,949 10, ,000 6,

売 上 高 と 経 常 利 益 の 推 移 ( 百 万 円 ) 売 上 高 経 常 利 益 ( 百 万 円 ) 14,000 12,000 10,000 13, ,165 10,790 9,949 10, ,000 6,

一方、子会社展開する新規事業に関しては、フォーリー、キールスの2社 のうち、フォーリーが成長ステージに入っている。フォーリーが2013年8月末 にリリースしたスマートフォン・タブレット端末向けの知育アプリ「えほんで あそぼ!じゃじゃじゃじゃん」が幼児向けに好評を博しており、2014年1月に は30ダウンロードを達成し、動画の再生回数は1,000回を突破した。同ア プリは、幼児向けを対象に定番の童話や童謡を現代風にアレンジし、アニ メーション化して動画配信している。8作品までは無料楽しめるが、それ以 降は有料(1コンテンツ200、あるいは定額パックサービス1,000)とな る。2014年1月末には英語版の配信もスタートし、幼児の英語教育向けとして だけなく、海外向けにも配信を行っていく戦略だ。直近の月次売上高は4 程度まで拡大しており、順調にいけば今下期にも黒字化が見込まれる。な お、キールスに関しては現在、ビジネスモデルを構築している段階にある。
さらに見せる

18 さらに読み込む

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

(決算短信へのリンクは こちら ) 2017年3月期第2四半期実績 2017年3月期第2四半期累計(上半期)実績は、前年同期比増収増益となった。具体的には、売上高20,999 (前年同期比+314.1%)、営業利益1,956(同+208.4%)、経常利益2,079(同+222.3%)、親会社株 主に帰属する四半期純利益1,136(同+186.0%)となった。2017年3月期通期決算同社予想に対する2017年3 月期第2四半期累計実績の進捗率は、売上高52.5%、営業利益48.9%、経常利益52.0%、親会社株主に帰属する四半 期純利益43.7%となった。尚、2017年3月期第2四半期累計実績の大幅増収増益の主な要因は、前年度(2016年3月 期)第4四半期より連結範囲に含めた株式会社ミュゼプラチナム(美容事業)の6ヶ月間分の寄与ある。 四半期(累計)業績の推移
さらに見せる

5 さらに読み込む

株式情報 払込済株式数 百万株 額面 1,000 チャット ( 約 82.7 円 ) 時価総額 3,404.6 億チャット ( 約 28,156 百万円 ) URL 主要株主 (2015 年 9 月 30 日現在 ) 保有率 % サージ パン 33.8 (

株式情報 払込済株式数 百万株 額面 1,000 チャット ( 約 82.7 円 ) 時価総額 3,404.6 億チャット ( 約 28,156 百万円 ) URL 主要株主 (2015 年 9 月 30 日現在 ) 保有率 % サージ パン 33.8 (

2016年10月24日、FMI、YSH、新パートナー企業あるイグゼンプラリー・ベンチャー株式会社(以下、EVL)の3 社は、シンガポール証券取引所の新興企業向け市場上場のSHCキャピタル・アジア株式会社(以下、SHC)のリ バース・テイク・オーバーを通し、3社の観光事業をスピンオフすると合意した。これにより、FMI及びYSHの観光 事業並びにEVLのホテル及び観光経営が新会社に譲渡され、最終的にSHCが譲渡された全事業の統括会社と なる。株主構成としては、SHCの13.4%の株式をFMIが、53.5%をYSH、そして19.1%をEVLが保有することとなる。ス ピンオフの実現にはまだ解決すべき課題があるが、2017年上半期中には完了予定ある。
さらに見せる

24 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

  このような状況のもと、当連結会計年度における当社グループの業績は主力製品を中心に需要が増加したことに加 え、原材料価格上昇(価格スライド制)や為替が安になった影響により、売上収益は前年同期に比べ8.5%増の 988,303となりました。また、利益面は売上収益の増加に伴う利益の増加や原価低減活動の効果等がありま したが、耐熱鋳造部品、アルミホイールの収益性低下や原材料価格上昇に伴うコストの増加により、前年同期と比べ 調整後営業利益 ※ は853減の65,130となりました。営業利益は、前連結会計年度にその他の収益として
さらに見せる

23 さらに読み込む

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

長期預り保証金(連結貸借対照表計上額 2,949)は、償還時期を合理的に見積もること ができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価評価は行っておりません。 地震デリバティブ取引(連結貸借対照表計上額 17)の契約額等は3億(契約最大授受 額)ありますが、時価については公正な評価額を算定することが極めて困難と認められるため、 時価評価は行っておりません。
さらに見せる

16 さらに読み込む

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

(注5)「賃貸戸数」とは、個々の運用資産において、実際にエンドテナントとの間賃貸借契約が締結され、エンドテナントに対して 賃貸している戸数(店舗等がある場合は、店舗等の数を含みます。)を記載しています。なお、非パス・スルー型マスターリー ス契約における「賃貸戸数」は、マスターリース会社に対して賃貸している戸数を記載しています。 (注6)「テナント総数」については、本投資法人又は信託受託者との間直接の賃貸借関係を有するテナント(賃貸借関係を有する予 定のものを含みます。)の総数を記載しています。したがって、本投資法人又は信託受託者が各運用資産の全部の貸室等をマス ターリース会社に対して包括的に賃貸した上(以下「マスターリースの導入」といいます。)、当該マスターリース会社が各 貸室をエンドテナントに転貸している場合、テナント総数は1と記載し、当該転貸借に係るエンドテナントの数はテナント総数 に含めていません。運用資産につき本投資法人が起用するマスターリース会社は、東急住宅リース株式会社、三菱地所リアルエ ステートサービス株式会社及び株式会社毎日コムネットの3社です。したがって、テナント総数の合計には、マスターリース会 社の合計数ある3を記載しています。なお、マスターリースの導入がなされている各運用資産あっても、当該マスターリー スの導入について承諾していないエンドテナントについては、当該エンドテナントと本投資法人又は信託受託者との間直接の 賃貸借関係が存在することになりますが、当該エンドテナントの数はテナント総数に含めていません。
さらに見せる

76 さらに読み込む

海外物価連動国債ファンド ( 為替ヘッジなし ) 運用経過の説明基準価額等の推移 (2018 年 3 月 21 日 ~2018 年 9 月 20 日 ) ( 円 ) ( 百万円 ) 9, ,400 9,300 9,200 9,100 9,000 8,900 8,800 8,700 第

海外物価連動国債ファンド ( 為替ヘッジなし ) 運用経過の説明基準価額等の推移 (2018 年 3 月 21 日 ~2018 年 9 月 20 日 ) ( 円 ) ( 百万円 ) 9, ,400 9,300 9,200 9,100 9,000 8,900 8,800 8,700 第

●「NOMURA-BPI国債」は、野村證券株式会社が国内発行された公募利付国債の市場全体の動向を表すために開発した投 資収益指数です。同指数の知的財産権その他一切の権利は野村證券株式会社に帰属します。なお、野村證券株式会社は、同指数の 正確性、完全性、信頼性、有用性を保証するものはなく、ファンドの運用成果等に関して一切責任を負いません。 ●「FTSE世界国債インデックス(除く日本)」は、FTSE Fixed Income LLCにより運営され、日本を除く世界主 要国の国債の総合収益率を各市場の時価総額加重平均した債券インデックスです。同指数はFTSE Fixed Income LLCの知的財産あり、指数に関するすべての権利はFTSE Fixed Income LLCが有しています。
さらに見せる

16 さらに読み込む

運用経過 作成期間中の基準価額等の推移 (2016 年 7 月 21 日 ~2017 年 1 月 20 日 ) ( 円 ) 9,200 9,000 8,800 8,600 8,400 8,200 8,000 7,800 ( 百万円 ) ,600

運用経過 作成期間中の基準価額等の推移 (2016 年 7 月 21 日 ~2017 年 1 月 20 日 ) ( 円 ) 9,200 9,000 8,800 8,600 8,400 8,200 8,000 7,800 ( 百万円 ) ,600

(注)  対基準価額比率は当期分配金(税込み)の期末基準価額(分配金込み)に対する比率あり、ファンドの収益率とは異なります。 (注)  当期の収益、当期の収益以外は小数点以下切捨て算出しているため合計が当期分配金と一致しない場合があります。 項   目 2016年7月21日  第13期 第14期 第15期 第16期 第17期 第18期  ~2016年8月22日  ~2016年9月20日 2016年8月23日   ~2016年10月20日 2016年9月21日   ~2016年11月21日 2016年10月21日   ~2016年12月20日 2016年11月22日   ~2017年1月20日 2016年12月21日 
さらに見せる

12 さらに読み込む

運用経過 期中の基準価額等の推移 (2017 年 1 月 21 日 ~2018 年 1 月 22 日 ) ( 円 ) 10,200 10,000 9,800 9,600 9,400 9,200 9,000 8,800 ( 百万円 )

運用経過 期中の基準価額等の推移 (2017 年 1 月 21 日 ~2018 年 1 月 22 日 ) ( 円 ) 10,200 10,000 9,800 9,600 9,400 9,200 9,000 8,800 ( 百万円 )

(不動産投資信託市況)  米国の不動産投資信託市場は、期間の初めはFRB議長が景気に対する楽観的な見方を示したことな どを背景に堅調な動きとなりました。期間の前半は米国の長期金利が低下し、REIT分配金利回りの 魅力度が高まったことが支援材料となりました。その後、朝鮮半島情勢の緊迫化や米国政治の混乱など を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まったことなどから下落しましたが、米国の長期金利が低下し、 REIT分配金利回りの魅力度が高まったことを受けて上昇しました。その後は米国の長期金利の動き に合わせて方向感のない展開が続きましたが、期間末にかけては米国議会にて税制改革法案が成立し財 政赤字の拡大が懸念されたことなどを背景に米国の長期金利が上昇したことなどを受けて下落しました。  一方、欧州は、期間の初めは政治リスクの高まりなどから長期金利が低下し、REIT分配金利回 の魅力度が上昇したことが支援材料となりました。期間の前半は、ECBがインフレ見通しを引き下 げたことなども支援材料となりました。期間の後半は、北朝鮮情勢の緊迫化などを受けて投資家のリス ク回避姿勢が強まったことから下落する局面があったものの、BOEがEU離脱は経済を下押しする恐 れがあるとして、成長率と賃金上昇率の見通しを下方修正したことや、欧州の長期金利が低下したこと などを受けて上昇しました。その後はECBが債券買入れの緩和策の縮小ペースを遅らせるとの観測や 米国の2017年内の利上げ実施観測の高まりなどから欧州の長期金利が上昇したことを受けて下落しま した。期間末にかけては、BOEが今後の利上げは緩やかになるとの見通しを示したことなどを背景に、 ドイツや英国の長期金利が低下したことなどが下支えとなり上昇しました。
さらに見せる

17 さらに読み込む

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

ボッシュの起源は、 1886 年に創業者ロバート・ボッ シュ( 1861 ∼ 1942 )がシュトゥットガルトに設立し た「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバー ト・ボッシュ GmbH の独自の株主構造は、ボッシュ・ グループの企業としての自立性を保証しています。「 株主(利益配当)」と「経営(議決権)」が完全に分離 した企業形態によって、ボッシュは長期的な視野に 立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先 行投資を積極的に行うことができます。ロバート・ボ ッシュ GmbH の株式の大半は、非営利組織ある公 益法人「ロバート・ボッシュ財団」(持株比率 92 %、 議決権なし)が保有しています。議決権の大部分は株 主の事業機能実行機関ある共同経営者会「ロバー ト・ボッシュ工業信託合資会社」が保有し、残りの株 式と議決権は創業家あるボッシュ家とロバート・ボ ッシュ GmbH が保有しています。
さらに見せる

68 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

流動資産は前連結会計年度末に比べ925増加し、15,055となりました。これは主に、仕掛品の減少43 があったものの、現金及び預金の増加492、受取手形及び売掛金の増加364、商品及び製品の増 加97があったこと等によるものあります。 固定資産は前連結会計年度末に比べ733増加し、8,416となりました。これは主に有形固定資産の減 少218、無形固定資産の減少56があったものの、投資有価証券の増加751、退職給付に係る資産 の増加280があったこと等によるものあります。
さらに見せる

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...