現在の有給休暇の取得状況に満足しています

Top PDF 現在の有給休暇の取得状況に満足しています:

1 取組の目的 ES( 従業員満足 ) なくしてCS( 顧客満足 ) なし との考えを経営の重要なテーマに掲げ 従業員のワーク ライフ バランスの推進に取り組んでいる また 合併後の従業員の一体感の醸成 モチベーションの向上を目的に労働時間やテレワークなど 働き方 有給休暇をはじめとした 休み方 の

1 取組の目的 ES( 従業員満足 ) なくしてCS( 顧客満足 ) なし との考えを経営の重要なテーマに掲げ 従業員のワーク ライフ バランスの推進に取り組んでいる また 合併後の従業員の一体感の醸成 モチベーションの向上を目的に労働時間やテレワークなど 働き方 有給休暇をはじめとした 休み方 の

また、管理職が外出先や出張中でも各種稟議承認業務を行えるようなるな どの点でも生産性向上寄与いる。 ○ 女性活躍推進 同社は女性従業員割合が 50%を超えおり、中でもショップ所属する従業員 6割が女性である。このよう従業員多くを占める女性活躍を推進するため 、店長や管理職候補となる女性従業員を対象とた研修会を開催するなど、能 力・適性ある女性従業員発掘と育成、意欲向上力を入れいる。2017(平成 29)年4月現在、店長職女性従業員は計 90 名、店長職占める女性割合は 32% まで上昇いる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

調査実施の背景 わが国では今 女性活躍を推進し 誰もが仕事に対する意欲と能力を高めつつワークライフバランスのとれた働き方を実現するため 長時間労働を是正し 労働時間の上限規制や年次有給休暇の取得促進策など労働時間制度の改革が行なわれています 年次有給休暇の取得率 ( 付与日数に占める取得日数の割合

調査実施の背景 わが国では今 女性活躍を推進し 誰もが仕事に対する意欲と能力を高めつつワークライフバランスのとれた働き方を実現するため 長時間労働を是正し 労働時間の上限規制や年次有給休暇の取得促進策など労働時間制度の改革が行なわれています 年次有給休暇の取得率 ( 付与日数に占める取得日数の割合

注:【1日平均勤務時間】について、「現在仕事やる気がある」「あてはまる計」はn=875、「あてはまら ない計」はn=525、「職業生活を通して自分を高めたい」「あてはまる計」はn=875、「あてはまらない計」は n=525である。【労働時間長さに対する満足度】についても同様である。 図表5は、仕事に対するやりがい・意欲について意識中から「現在仕事やる気 がある」と「職業生活を通して自分を高めたい」について、その回答状況1日平均 勤務時間と労働時間長さに対する満足度を示したものです。「現在仕事やる気があ る」あてはまると回答た人では、1日平均勤務時間が8時間以上人が56.6%を占 めますが、あてはまらないと回答をた人(55.2%)と大差はありません。現在仕 事へやる気有無で、労働時間長さ違いは大きくないようです。
さらに見せる

10 さらに読み込む

年次有給休暇管理簿ツール取扱説明書 1. 概要 労働基準法の改正により求められる年次有給休暇に関する以下の事項について 本ツールで対 応することができます 年次有給休暇が年 10 日以上付与される労働者に対する年 5 日の時季指定 年次有給休暇管理簿の作成と保存 労働基準監督署による調査等における確

年次有給休暇管理簿ツール取扱説明書 1. 概要 労働基準法の改正により求められる年次有給休暇に関する以下の事項について 本ツールで対 応することができます 年次有給休暇が年 10 日以上付与される労働者に対する年 5 日の時季指定 年次有給休暇管理簿の作成と保存 労働基準監督署による調査等における確

全て入力終わると、次ようなります。 (3)「年次有給休暇管理簿」取得状況を入力する 2019 年4月5日、連合会京子さんは社長から、あまり休めないことを心配され、仕事が 一段楽するタイミングで年次有給休暇取得はどうかと持ちかけられました。ちょうど 2019 年4月 11 日で現在業務区切りがつきそうだったので、2019 年4月 12 日取得することを 社長伝えたところ、社長から 2019 年4月 12 日年次有給休暇時季指定が行われました。 人事労務担当者は「年次有給休暇管理簿」記録ます。まず、「請求日」時季指定が行われ た 2019 年4月5日を入力ます。 「指定区分」は時季指定、 「休暇期間」は 2019 年4月 11 日 から 2019 年4月 11 日までと入力ます。また、 「備考」欄社長から時季指定と入力ます。 全て入力終わると、次ようなります
さらに見せる

17 さらに読み込む

【平成28年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成28年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

0 10 20 30 40 50 その他 取得さ れにくい状況ない 会社所定休日だけで十分だから 休暇取得 もやる こと がない 病気や急な用事ため 残し いる から 交代勤務等よ り一斉休む こと ができないから 周り人が取得 ない雰囲気がある から 上司などがいい顔を ないから 本社が営業 おり、 対応す る 必要がある から 取引先が営業 おり、 対応す る 必要がある から 年次有給休暇取得す る こと 罪悪感を 感じ る から 代替が可能な人員体制ではないから 休むと 職場迷惑なる から 休ん でも後でかえって本人が多忙なる よ うな働き方職場だから 仕事量が多す ぎで休ん でいる 余裕がない
さらに見せる

93 さらに読み込む

【平成27年度】実施報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成27年度】実施報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

従業員 ン 調査結果 ············································· 後 休暇 得 策 方向性 ············································· 事業 認知度や 組 実施状況 ······································· 実施日 過 方 事業 評価 ·····························

111 さらに読み込む

【平成27年度】実施報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成27年度】実施報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

現場従 者 得 う 時間単 付 奨励 時差出勤 所 労働 削減 ~ 前 人手 足解消 短時間&朝刊 刊 ' 配 人 増 機械化 作業時間 短縮 掛 &新聞配 業' 休 得 術職&設計' 関 案件 一人体制 辞 人体制 休 得 情報 共 化 作業効率 向 給 得 体制 構築 目指

150 さらに読み込む

【平成27年度】実施報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成27年度】実施報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

27.6 0 10 20 30 40 50 14. その他 13. 取得されにくい状況ない 12. 会社所定休日だけで十分だから 11. 休暇取得もやる ことがないから 10.病気や急な用事ため残しいるから 9. 交代勤務等よ り一斉休むことができないから 8. 周り人が取得ない雰囲気があるから 7. 上司など がいい顔をないから 6. 本社が営業おり、対応する必要があるから 5. 取引先が営業おり、対応す る必要があるから 4. 代替効く人員体制ではないから 3.休むと職場迷惑なる から 2.休ん でも後でかえって本人が多忙なるような働き方
さらに見せる

77 さらに読み込む

【平成28年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成28年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

休暇 得 策 方向性 ············································· 業 認知度や 組 実施状況 ······································· 秩父夜祭 祭 秩父地域 ン 過 方 業 評価 ······ 給休暇 得 現状 給休暇 得 制度等 ················· 休暇 得 向 後 方向性 ···································

103 さらに読み込む

【平成29年度】活用レポート 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成29年度】活用レポート 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

11% 5% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 1 取得されにくい状況ない 2 仕事量が多すぎ休んでいる余裕がないから 3 休んでも後でかえって本人が多忙なる様な働き方職場だから 4 休むと職場迷惑がかかるから 5 代替が可能な人員体制で ないから 6 年次有給休暇取得すること罪悪感を感じるから 7 取引先が営業おり対応する必要があるから 8 本社が営業おり対応する必要があるから 9 周囲人が取らない雰囲気があるから 10 交代勤務により一斉休むことができないから 11 上司がいい顔をないから 12 病気や急な用事ため残しいるから 13 休暇取得もやることがないから 14 会社所定休日だけで十分だから 15 その他
さらに見せる

2 さらに読み込む

【平成28年度】活用レポート 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成28年度】活用レポート 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

働き方・休み方改善指標(所定外労働状況、年次有給休暇 取得率等)による自己診断ができます。 診断結果基づく対策方法をご提案ます。 企業具体的な取組事例(所定外労働削減、年次有給休暇 取得促進、朝型働き方取組等)をご紹介ます。 働き方・休み方改革に関する自治体取組を掲載ます
さらに見せる

2 さらに読み込む

【平成28年度】活用レポート 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成28年度】活用レポート 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

19.2 13.5 2.6 代替が可能な人員体制でないため 休んでもかえって本人が多忙なるため 仕事量が多く休んでいる余裕が無いため 休むと職場迷惑がかかるため 取引先が営業おり、対応する必要があるため 病気や急な用事ため残しいるため 交代勤務等で一斉休むことが出来ないため 会社所定休日で十分であるため 周り人が取得ない雰囲気があるため 年次有給休暇取得する事罪悪感を感じるため 休暇取得もやることがないため 上司などがいい顔をないため 本社が営業おり、対応する必要があるため 取得されにくい状況無い その他
さらに見せる

2 さらに読み込む

【平成27年度】活用レポート 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成27年度】活用レポート 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

 年次有給休暇計画的取得状況については、「制 度を導入おり計画的取得」という回答は休暇 取得について労使間で話し合い機会がある保護者 で35.4%となっいるに対して、話し合い機会 がない保護者では9.5%とどまっます。また、 「制度は導入ないが計画的取得」という回答 も話し合い機会がある保護者方が話し合い機 会がない保護者よりも、わずかですが多くなっ ます。話し合い機会がある事業場勤める保護者 方が休暇取得環境が良好なことがうかがえます。  周知用リーフレットを配布
さらに見せる

2 さらに読み込む

【平成28年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成28年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

5. 今後 休暇取得促進策 方向性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・109 本事業 取組 周知状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・109 本事業 関連 休暇取得促進 取組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・112 年間 通 休暇取得促進策 取組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・119 調査 取組事例・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・127 今後 方向性 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・129
さらに見せる

134 さらに読み込む

【平成29年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成29年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

B委員: リーフレットとポスターを発送た事業場から、自分ところはサービス業な で、新庄まつりやいろいろなイベント従業員を休ませるということはできない。サー ビス業このような事業リーフレット等を送っくるはおかしいという電話を貰った。 従業員は沢山いるので、全員一緒ということではなく、シフトを組んで休める状況を作っ いただきたいということで送ったという説明をたが、理解頂けなかった。自分所 だけではなく、 他からもそういう声が挙がっいるとこと。 今回事業は3年事業で、 今年は最終年だということも伝えたが、新庄まつりはとても忙しく、そういう状況は作れな いとことで、今後まつり限らず、色んなイベント、連休等休暇促進理解を少しでも 理解頂き活用欲しいとは伝えたが、返答は頂けなかった。
さらに見せる

181 さらに読み込む

【平成29年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成29年度】事業報告書 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

0% 20% 40% 60% 80% 100% 問 16.8 休暇状況 1 会社 夏季休暇 次 給休暇 組 合わ 2 ~ 4 日間 連続休暇 得 2 会社 夏季休暇 次 給休暇 組 合わ 5 ~ 9 日間 連続休暇 得 3 会社 夏季休暇 次 給休暇 組 合わ 10 日間以 連続休暇 得 4 会社 夏季休暇 次 給休暇 1 ~ 4 日間 連続 休暇 得 5 会社 夏季休暇 次 給休暇 5 ~ 9 日間 連続休暇 得 6 会社 夏季休暇 次 給休暇 10 日間以 連続休暇 得 7 次 給休暇 1 ~ 4 日間 連続 休暇
さらに見せる

143 さらに読み込む

【平成28年度】パンフレット 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成28年度】パンフレット 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

一部部門では、週・月ミーティング上司が従業員 対し年休取得予定を出すよう働きかけます。 年休取得状況把握 昨年度から、各職員が月1日を目安年休を取得できるよう シフトを組むことを部門責任者指示ます。 今年度は職員全員が年間 15 日取得することを目標 ます
さらに見せる

2 さらに読み込む

目次 はじめに 1 第 1 章我が国における働き方の現状 1-1 労働時間の実態 年次有給休暇の取得率 年次有給休暇の取得率向上に向けた取組 4 第 2 章 地方公務員の時間外勤務に関する実態調査 について 2-1 調査の概要 調査結果 5 (1) 時間外勤務の時

目次 はじめに 1 第 1 章我が国における働き方の現状 1-1 労働時間の実態 年次有給休暇の取得率 年次有給休暇の取得率向上に向けた取組 4 第 2 章 地方公務員の時間外勤務に関する実態調査 について 2-1 調査の概要 調査結果 5 (1) 時間外勤務の時

第3章 県ヒアリング調査及び市町村アンケート調査結果について 3-1 県ヒアリング調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8 (1)「働き方改革」必要性について・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8 (2)現在行っいる「働き方改革」向けた取組・・・・・・・・・・・・・ 8 (3)「福島県職員男女共同参画推進行動計画」と「働き方改革」関連・・・ 8 3-2 市町村アンケート調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 (1)「働き方改革」に関する指標現状値及び目標値について・・・・・・・ 10 (2)「働き方改革」に対する基本的な認識について・・・・・・・・・・・・ 11 (3)「働き方改革」関連施策実施状況について・・・・・・・・・・・・・ 12 ア 全体的な結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・12 イ 分野別結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18 A 長時間勤務是正・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18 B 業務改革・改善、ICT活用・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20 C 人材育成・意識改革・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22 D ワークスタイル変革・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 24 E 女性活躍推進・次世代育成支援・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 27 ウ 働き方改革関連計画等策定状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 30 3-3 県ヒアリング調査及び市町村アンケート調査結果まとめ
さらに見せる

60 さらに読み込む

6長時間労働の抑制・年次有給休暇取得促進のための取組事例 働き方・休み方改善ハンドブック | 働き方・休み方改善ポータルサイト

6長時間労働の抑制・年次有給休暇取得促進のための取組事例 働き方・休み方改善ハンドブック | 働き方・休み方改善ポータルサイト

▶ 特定言語で仕事をきた場合、技術変化対応できないことがあります。新技術が必要な仕事を 担当た際、練度低さから長時間労働ならないためも、常に新技術へ対応を意識、養成 心がけます。 (I社) ▶ 自社版ITSS(IT スキル標準)により職種レベルやキャリアパスを体系化、育成指針とます。 これにより,現在自分が行っいる仕事がどのようなものか、自分が今後どのようなキャリアを歩むか などガイドラインとして活用ます。また、高レベル(エキスパート)者は社内認定を行い、模範 となるよう全社員認知もらっます。 (P 社)
さらに見せる

23 さらに読み込む

主な論点 資料 4 1. ワーク ライフ バランスの推進 生産性向上等の観点から 働き方とともに休み方を見直すことの必要性 重要性 (1) 有給休暇取得状況と長時間労働の国際比較 (2) 休暇取得と生産性との関係 (3) 仕事と仕事以外の生活の充実 2. 秋の連休の大型化等を実現する上での課題 (1

主な論点 資料 4 1. ワーク ライフ バランスの推進 生産性向上等の観点から 働き方とともに休み方を見直すことの必要性 重要性 (1) 有給休暇取得状況と長時間労働の国際比較 (2) 休暇取得と生産性との関係 (3) 仕事と仕事以外の生活の充実 2. 秋の連休の大型化等を実現する上での課題 (1

(2)休暇取得と生産性と関係 (3)仕事と仕事以外生活充実 2.秋連休大型化等を実現する上で課題 (1)自治体/教育現場/家庭/企業等から見た課題 (2)実態を踏まえた、連休実現ため具体的方策 (3)休みを地域活性化や観光繋げるため方策

9 さらに読み込む

【平成29年度】リーフレット 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

【平成29年度】リーフレット 地域のイベントと連動した年次有給休暇の取得促進 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

20%未満 20%以上 40%未満 40%以上 60%未満 60%以上 80%未満 80%以上 無回答 (無回答除く) 平均取得率 http://work- holiday.m h lw.go. jp 働き方・休み方改善ポータルサイト 大分市における年次有給休暇取得状況 年次有給休暇を活用

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...