炉心損傷を防止するために行う

Top PDF 炉心損傷を防止するために行う:

2 いじめ未然防止のための取組 (1) 人権感覚の高揚 自分を大切にするのと同じように 相手の生命や人権を大切にする 人権を侵害する言動に対する敏 感な認識力をもち 決して見て見ぬふりをしない行動力を育てる また 教職員の人権感覚を高める研 修や自己チェック表による振り返りを行う (2) 道徳教育の

2 いじめ未然防止のための取組 (1) 人権感覚の高揚 自分を大切にするのと同じように 相手の生命や人権を大切にする 人権を侵害する言動に対する敏 感な認識力をもち 決して見て見ぬふりをしない行動力を育てる また 教職員の人権感覚を高める研 修や自己チェック表による振り返りを行う (2) 道徳教育の

2 いじめ未然防止ための取組 3.いじめ早期発見・早期対応のための措置 (1) 人権感覚の高揚 自分大切するのと同じよう、相手の生命や人権大切する。人権侵害する言動に対する敏 感な認識力もち、決して見て見ぬふりしない行動力育てる。また、教職員の人権感覚高める研 修や自己チェック表による振り返り行う
さらに見せる

5 さらに読み込む

第 1 はじめに 第 2 行政による経済的不利益賦課制度及び財産の隠匿 散逸防止策 1 行政による早期対応 2 被害発生を防止するための方法 (1) 行政処分として金銭納付を命じること (2) 調査や違法行為の是正命令に応じない事業者に対し金銭を賦課すること 3 事業者の財産を保全するための方法 (

第 1 はじめに 第 2 行政による経済的不利益賦課制度及び財産の隠匿 散逸防止策 1 行政による早期対応 2 被害発生を防止するための方法 (1) 行政処分として金銭納付を命じること (2) 調査や違法行為の是正命令に応じない事業者に対し金銭を賦課すること 3 事業者の財産を保全するための方法 (

他方、被害回復のための制度としては、通常の民事訴訟手続加え、 現在、消費者の財産的被害集団的回復するため、特定適格消費者 団体が被害回復裁判手続追行することができる「消費者の財産的被 害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律案」 (以 下、 「消費者裁判手続特例法案」という。 )が国会提出されている。 現状では、不当表示事案についても、民事訴訟手続なじむものつ いては、民事訴訟によって事業者から不当な収益が剝奪され、消費者 が救済されるが、訴訟の費用が高く、労力も大きいため、裁判制度 利用できない消費者が存在する。 「消費者裁判手続特例法案」は、そ うした事案の中でも要件満たすものについて、消費者集団的救 済するものであり、裁判手続による消費者被害の救済の実効性の確保 が図られるとともに、事業者の不当な収益の剝奪つながり、被害発 生の防止も資するものとなることが期待される。
さらに見せる

43 さらに読み込む

金品を隠されたり 盗まれたり 壊されたり 捨てられたりする 嫌なことや恥ずかしいこと 危険なことをされたり させられたりする ネット上で誹謗中傷や嫌なことをされる 3 いじめの防止等の対策のための組織の設置いじめの未然防止 早期発見 早期対応を組織的 実効的に行うため いじめ防止等対策委員会 を設置

金品を隠されたり 盗まれたり 壊されたり 捨てられたりする 嫌なことや恥ずかしいこと 危険なことをされたり させられたりする ネット上で誹謗中傷や嫌なことをされる 3 いじめの防止等の対策のための組織の設置いじめの未然防止 早期発見 早期対応を組織的 実効的に行うため いじめ防止等対策委員会 を設置

○性同一性障がいや性的指向・性自認係る生徒に対するいじめ防止するため、性同一 性障がいや性的指向・性自認について、教職員に対して理解促すとともに学校として 必要な対応について周知する。 ○東日本大震災等により被災した生徒、又は原子力発電所事故により避難している生徒(以 下「被災生徒」という。)については、被災 生徒が受けた心身への多大な影響や慣れな い環境への不安感等教職員が十分理解し、当該生徒に対する心のケア適切行い、 細心の注意払いながら、被災生徒に対するいじめの未然防止・早期発見取 り組む。
さらに見せる

9 さらに読み込む

4 第 1 節雪害対策 の安全対策の推進について 周知及び指導を行う (1) 建築物の雪害防止のための指導及び啓発を行う (2) 住宅マスタープランに基づき 雪に強い住宅の普及 市街地形成の誘導等を行う 6 授業の確保等豪雪地帯あるいは山間地にある小学校 中学校及び保育園 ( 以下この節において 学

4 第 1 節雪害対策 の安全対策の推進について 周知及び指導を行う (1) 建築物の雪害防止のための指導及び啓発を行う (2) 住宅マスタープランに基づき 雪に強い住宅の普及 市街地形成の誘導等を行う 6 授業の確保等豪雪地帯あるいは山間地にある小学校 中学校及び保育園 ( 以下この節において 学

イ 消防職員、消防団員等対象とした空中消火資機材の取扱いに関する講習等実施する。 第2 災害応急対策計画 町は、気象状況等により、林野火災発生のおそれがある場合においては、広報等により住民等 の注意喚起する。また、林野火災発生時においては、関係機関が連携して、初期消火、延焼拡 大防止努めるとともに、速やかな情報の収集、状況分析行い、必要応じて、広域航空応援 等の要請等、迅速かつ的確な消防活動行う
さらに見せる

30 さらに読み込む

目次 はじめに 1 バス火災事故の状況 2 バス火災事故の分析 2 点検整備のポイント 4 バス火災事故を防止するためには 日頃から法定点検項目やメーカー指定項目に基づき 点検整備を確実に行うことが必要です 火災防止のために重要な 主な点検整備のポイントを 4 つの装置別 ( 発生部位別 ) に分け

目次 はじめに 1 バス火災事故の状況 2 バス火災事故の分析 2 点検整備のポイント 4 バス火災事故を防止するためには 日頃から法定点検項目やメーカー指定項目に基づき 点検整備を確実に行うことが必要です 火災防止のために重要な 主な点検整備のポイントを 4 つの装置別 ( 発生部位別 ) に分け

平成28年2月、国土交通省が発表しました平成23年~平成26年発生した バス火災事故分析結果では、車両の点検整備不十分や整備作業ミス起因する火災 事故が約6割占めている状況でした。 国土交通省では、バス火災事故防止し、安全な乗客の輸送が確保できるよう、 一般社団法人日本自動車工業会、一般社団法人日本自動車車体工業会及び公益社団 法人日本バス協会の協力のもと、 「運行前点検」や「定期点検」等行う上でバス火 災事故防止ための重要なポイント、4つの装置別(火災発生部位別)分けて とりまとめました。
さらに見せる

14 さらに読み込む

2 いじめ防止等に取り組むための校内組織 いじめの防止等を実効的に行うため 以下の構成員により 学校いじめ防止対策委員 会 を設置します 学校いじめ防止対策委員会 学校内 氏名 役職 氏名 役職 丸瀨節子 校長 教頭 大津裕子 総括教諭 長谷川佳子 総括教諭 内藤恵理子 総括教諭 原口恵里 総括教諭

2 いじめ防止等に取り組むための校内組織 いじめの防止等を実効的に行うため 以下の構成員により 学校いじめ防止対策委員 会 を設置します 学校いじめ防止対策委員会 学校内 氏名 役職 氏名 役職 丸瀨節子 校長 教頭 大津裕子 総括教諭 長谷川佳子 総括教諭 内藤恵理子 総括教諭 原口恵里 総括教諭

平成 30 年 3 月 28 日改定 1 いじめ防止向けた基本姿勢 《国による定義》 法第2条あるよう、 「いじめ」とは、 「児童等に対して、当該児童等が在籍する学 校在籍している等当該児童等と一定の人間関係ある他の児童等が行う心理的又は 物理的な影響与える行為(インターネットを通じて行われるもの含む。 )であって、 当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛感じているもの」いう。
さらに見せる

5 さらに読み込む

責任者 医療安全管理者等をもって構成する (3) 委員会では 医療事故防止対策の検討 医療事故防止のために行う提言 職員に対する指示 啓発 教育 広報などの協議を行い 月 1 回開催するものとする 3 医療安全管理部門の設置 (1) 委員会で決定された方針に基づき 組織横断的に当院内の安全管理を担う

責任者 医療安全管理者等をもって構成する (3) 委員会では 医療事故防止対策の検討 医療事故防止のために行う提言 職員に対する指示 啓発 教育 広報などの協議を行い 月 1 回開催するものとする 3 医療安全管理部門の設置 (1) 委員会で決定された方針に基づき 組織横断的に当院内の安全管理を担う

(3)患者相談窓口の活動に関し、相談対応する職員、相談後の取扱い、相談情報 の秘密保護、管理者への報告などに関する規程整備する。 (4)相談により、患者等が不利益受けないよう適切な配慮行う。 (5)苦情や相談で医療安全関わるものについては、医療安全管理部門報告し病 院の安全対策の見直し等活用する

6 さらに読み込む

Ⅲ 院内感染対策に関する管理体制 当院における院内感染防止を推進するために 本指針に基づき当院に以下の委員会および組織等を設置する ( 図 1) 1. 院内感染防止対策委員会 (1) 院内における感染防止対策に関する院長の諮問機関 および院内感染対策の周知 実施を迅速に行うため 病院内の各部門からの

Ⅲ 院内感染対策に関する管理体制 当院における院内感染防止を推進するために 本指針に基づき当院に以下の委員会および組織等を設置する ( 図 1) 1. 院内感染防止対策委員会 (1) 院内における感染防止対策に関する院長の諮問機関 および院内感染対策の周知 実施を迅速に行うため 病院内の各部門からの

Ⅱ 院内感染対策に関する基本的考え方 当院の院内感染対策は、医療機関内においては感染症の患者と感染症罹患しやすい患 者とが同時に存在していること前提、手厚い医療的なケア行う必然的起こ りうる患者・職員への感染症の伝播リスク最小化するとの視点立ち、全ての患者が 感染症保持し、かつ罹患する危険性併せ持つと考えて対処する「スタンダードプリ コーション」の観点基づいた医療行為実践する。それ加え、微生物の主要な感染 経路「接触」「飛沫」「空気」分類し、それぞれの感染経路遮断するための感染 経路別予防策実施する
さらに見せる

6 さらに読み込む

安全指針 本書は 身体の安全を守り 器物の損傷を防止するために順守していただくべき注意事項を記載しています 身体の安全に関わる注意事項には要注意マークを付け 器物の損傷に関わる注意事項には要注意マークを付けていません 注意事項は危険度の高い順に次のように表示しています 危険 適切な対策を取らなければ

安全指針 本書は 身体の安全を守り 器物の損傷を防止するために順守していただくべき注意事項を記載しています 身体の安全に関わる注意事項には要注意マークを付け 器物の損傷に関わる注意事項には要注意マークを付けていません 注意事項は危険度の高い順に次のように表示しています 危険 適切な対策を取らなければ

• C プラグの監視。ボタン押したとき機器 C プラグが存在するときは、その保存および監視も 行います。 • 冗長化マネージャ経由するスイッチングとスタンバイ接続の切り替え 非監視ポートについては通信ノードの脱着によってエラーメッセージが出力されることはありません。 信号用接点は障害が解消されるまで、またはボタンの使用によって現在状態が新しい良好状態なるま で、アクティブ状態維持します。
さらに見せる

246 さらに読み込む

このマニュアルは 職員の安全と健康を確保するために定められた労働基準法に順じ 労働災害の防止のための危害防止基準の確立 責任体制の明確化 自主的活動の促進の措置を講ずるなどその防止に関する総合的 計画的な対策を推進することにより職場における職員の安全と健康を確保するとともに 快適な職場環境の形成を促

このマニュアルは 職員の安全と健康を確保するために定められた労働基準法に順じ 労働災害の防止のための危害防止基準の確立 責任体制の明確化 自主的活動の促進の措置を講ずるなどその防止に関する総合的 計画的な対策を推進することにより職場における職員の安全と健康を確保するとともに 快適な職場環境の形成を促

② 3管理と1教育 作業管理とは、日常の作業の中存在する心身不適切な要因排除もしくは低減し、よ り安全で快適な作業遂行できるようすることです。具体的は、作業伴い有害とな る要因見つけて防止する、作業手順や方法定める、作業方法見直して影響の少ない やり方変更する、機器活用して負担減らす、といったことが挙げられます。作業環 境管理とは、働く上で有害な環境要因取り除いて適正な作業環境確保することです。 作業環境測定行い、その結果基づいて、設備の改善や機器の導入図ることが必要で す。設備や機器については、作業前点検や定期点検も大切です。健康管理とは、健康診断 およびその結果基づく事後措置、健康測定結果およびその結果基づく健康指導まで含 めた幅広い内容有しています。また、必要応じて労働時間の短縮、就業場所の変更等 行うことにより、労働者の健康障害未然防ぎ、健康保持増進つなげられるよう することが必要です。また、健康診断の結果、特に健康の保持努める必要があると認め る労働者に対し、医師又は保健師による保健指導行うよう努めます。健康診断は、雇 い入れ時健康診断、一般定期健康診断、深夜業含む業務等の特定業務従事者の健康診断、 腰痛健診、VDT健診などがあります。
さらに見せる

57 さらに読み込む

目次 1. 東海第二発電所の概要 2. 地震 津波による損傷の防止 3. 外部からの衝撃, 火災, 溢水による損傷の防止 4. 外部電源 5. 重大事故等対処施設 ( 炉心損傷防止対策 ) 6. 重大事故等対処施設 ( 格納容器破損防止対策, 放射性物質の拡散防止 抑制対策 ) 7. 重大事故等対処

目次 1. 東海第二発電所の概要 2. 地震 津波による損傷の防止 3. 外部からの衝撃, 火災, 溢水による損傷の防止 4. 外部電源 5. 重大事故等対処施設 ( 炉心損傷防止対策 ) 6. 重大事故等対処施設 ( 格納容器破損防止対策, 放射性物質の拡散防止 抑制対策 ) 7. 重大事故等対処

➢ 水密扉や浸水防止堰の設置,貫通部シール処理による溢水伝播経路の遮断 ➢ 防護カバー設置による防護対象機器の被水防止,漏えい検知器による早期 検知 などの実施により,安全施設の機能確保 ・その他 : 放射性物質含む溢水が管理区域外へ漏えいすること防止するための,内部溢水対策実施。 その他 : 放射性物質含む溢水が管理区域外 漏えいすること防止するための,内部溢水対策実施。 具体的例 ⇒ タービン建屋での機器の破損による溢水考慮した場合,その溢水が管理区域外漏えい
さらに見せる

67 さらに読み込む

害者等のために情報を提供する事業を行う者 ( 非営利目的の法人に限る ) を一般的に定める 上記のほか 聴覚障害者等のために情報を提供する事業を行う法人 ( 法人格を有しない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるものを含む ) のうち 聴覚障害者等のための複製又は自動公衆送信を的確かつ円滑に行う

害者等のために情報を提供する事業を行う者 ( 非営利目的の法人に限る ) を一般的に定める 上記のほか 聴覚障害者等のために情報を提供する事業を行う法人 ( 法人格を有しない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるものを含む ) のうち 聴覚障害者等のための複製又は自動公衆送信を的確かつ円滑に行う

○ 法第 47 条の5では、「自動公衆送信又は特定送信(自動公衆送信以外の送信で 政令で定めるもの)」補助する事業者(いわゆるサーバー管理事業者)が、送信 の障害の防止等のため必要な複製行うこと認める旨規定。 ○ また、同条では、複製可能な著作物について、「送信可能化等(送信可能化及び 特定送信し得るようするための行為で政令で定めるもの)がされた著作物」と 規定。
さらに見せる

5 さらに読み込む

安全指針 本書は 身体の安全を守り 器物の損傷を防止するために順守していただくべき注意事項を記載しています 身体の安全に関わる注意事項には要注意マークを付け 器物の損傷に関わる注意事項には要注意マークを付けていません 注意事項は危険度の高い順に次のように表示しています 危険 適切な対策を取らなければ

安全指針 本書は 身体の安全を守り 器物の損傷を防止するために順守していただくべき注意事項を記載しています 身体の安全に関わる注意事項には要注意マークを付け 器物の損傷に関わる注意事項には要注意マークを付けていません 注意事項は危険度の高い順に次のように表示しています 危険 適切な対策を取らなければ

電源は 4 ピンのプラグイン端子台使って接続します。電源は二重化構成で接続することが可能です。 両者の入力は分離されます。負荷分散は行われません。二重化電源使用する場合、出力電圧が高いほ うの電源装置が単独で SCALANCE X101-1 給電します。電源の接続はエンクロージャもつ高抵 抗が使用されるため、接地のない構成が可能です。

70 さらに読み込む

この操作マニュアルについて 表記について このマニュアルでは 操作方法を説明するために 以下の表記を使用しています メニュー名 アイコン名 ボタン名は [ ] で囲んでいます ( 例 )[OK] ボタンをクリックしてください ハードウェアやソフトウェアへの損害を防止するためや 不正な操作を防止するた

この操作マニュアルについて 表記について このマニュアルでは 操作方法を説明するために 以下の表記を使用しています メニュー名 アイコン名 ボタン名は [ ] で囲んでいます ( 例 )[OK] ボタンをクリックしてください ハードウェアやソフトウェアへの損害を防止するためや 不正な操作を防止するた

債権発生請求(債務者請求方式/債権者請求方式)、債権譲渡請求、債権一括請求、融資申込、その 他請求(変更記録/保証記録/支払等記録)、指定許可管理については仮登録行った後、承認者が 承認することで各記録請求が完了します。 ・ 以下の取引の仮登録、まとめて承認または差戻し/削除することが可能です。 ・複数発生記録(債務者請求方式)

18 さらに読み込む

この操作マニュアルについて 表記について このマニュアルでは 操作方法を説明するために 以下の表記を使用しています メニュー名 アイコン名 ボタン名は [ ] で囲んでいます ( 例 )[OK] ボタンをクリックしてください ハードウェアやソフトウェアへの損害を防止するためや 不正な操作を防止するた

この操作マニュアルについて 表記について このマニュアルでは 操作方法を説明するために 以下の表記を使用しています メニュー名 アイコン名 ボタン名は [ ] で囲んでいます ( 例 )[OK] ボタンをクリックしてください ハードウェアやソフトウェアへの損害を防止するためや 不正な操作を防止するた

ユーザ管理業務について、補足説明の追加、および操作性の改善図ります。 主な改善項目は以下のとおりです。 ・ 承認パスワードの用途などの補足説明追加します。 ・ 業務権限変更時の反映タイミングに関する対応行います ・ ユーザ管理メニューのボタン名、説明変更します。 ・ ユーザ一覧画面権限設定状況追加します。

13 さらに読み込む

活動を行うために必要な要員を配置すること 要員に対し 教育及び訓練を定期的に実施すること 必要な資機材を配備すること 可燃物を適切に管理すること( 火災のみ ) 上記事項について定期的に評価を行うとともに 評価の結果に基づき必要な措置を講じることまた 規制要求事項では 上記の管理の枠組みに関する事項

活動を行うために必要な要員を配置すること 要員に対し 教育及び訓練を定期的に実施すること 必要な資機材を配備すること 可燃物を適切に管理すること( 火災のみ ) 上記事項について定期的に評価を行うとともに 評価の結果に基づき必要な措置を講じることまた 規制要求事項では 上記の管理の枠組みに関する事項

次に、設置許可基準規則および技術基準規則で要求される設計基準対処施設の 損傷防止に対しても、設備・運用に関する事項も要求されている。 以上踏まえた保安規定の規定方針は、次のとおりである。 ○火災発生時及び内部溢水発生時対処しうる体制整備、維持するとともに、 体制係る評価定期的実施し、必要な改善図っていく管理の枠組みと なる基本的事項、新たな条文として第17条の2(火災発生時の体制の整 備)及び第17条の3(内部溢水発生時の体制の整備)保安規定追加す る。
さらに見せる

20 さらに読み込む

1. 車を除染する際の注意事項車の除染をするに際しては 無用な内部被ばくを防ぐことが極めて重要となるため 以下の防護措置を講じていただくことをお勧めします 1.1 内部被ばくを防止するための措置 (1) 除染作業中は 内部被ばくを防止するためにマスクを着用して下さい (2) 除染作業中は 擦過傷等の

1. 車を除染する際の注意事項車の除染をするに際しては 無用な内部被ばくを防ぐことが極めて重要となるため 以下の防護措置を講じていただくことをお勧めします 1.1 内部被ばくを防止するための措置 (1) 除染作業中は 内部被ばくを防止するためにマスクを着用して下さい (2) 除染作業中は 擦過傷等の

(2)拭取り(ブラッシングも含む)は、往復動作でなく一方向行って下さい。 (3)サンドペーパーやスポンジ類による磨き、付着物及び錆びの除去は飛散防止ため、 水含ませた状態で行って下さい。 (4)除染作業の基本は、汚染の程度の高い箇所⇒低い箇所へ行い、同程度の汚染であれ ば設置箇所の上部から下部へ実施して下さい。事前の汚染確認十分行い、高所で 汚染の高いところからはじめて下さい。
さらに見せる

14 さらに読み込む

第一部院内感染防止体制 院内感染防止のための組織 体制 院内感染の発生を抑止し 感染者の発生後においても感染拡大を制御するためには 病院全体が組織的に感染防止対策に取り組むことが必要とされます また 感染防止対策の実効性を高めるには 病院管理者が積極的に感染対策部門や感染管理担当者を支援し 一体とな

第一部院内感染防止体制 院内感染防止のための組織 体制 院内感染の発生を抑止し 感染者の発生後においても感染拡大を制御するためには 病院全体が組織的に感染防止対策に取り組むことが必要とされます また 感染防止対策の実効性を高めるには 病院管理者が積極的に感染対策部門や感染管理担当者を支援し 一体とな

 感染性廃棄物の分別は、発生場所 (病棟等) で行っているか。  手術室、集中治療室、検査室等の廃棄物の取扱い確認しているか。  廃棄ボックスや保管容器は、清潔区域近接しないよう配慮しているか。  破損や漏出しないよう医療廃棄物用の保管容器使用しているか。  保管容器は、廃棄物の形状・材質・汚染状況応じた表示しているか。  * 血液など液状・泥状の廃棄物は、赤色マーク等で表示しているか。  * 血液などが付着したガーゼ等は、橙色マーク等で表示しているか。  * 注射針など鋭利な器材は、黄色マーク等で表示しているか。  注射針などの鋭利器材の廃棄は、耐貫通性の容器使用しているか。  非感染性廃棄物は、ラベル貼付等で非感染性の表示しているか。  一旦容器入れた廃棄物素手で触れたり、取り出したりしていないか。  病棟内等での一時保管は極力短期間としているか。
さらに見せる

37 さらに読み込む

目次 1. 緒言 全体計画 研究方法 研究内容 炉心損傷前の原子炉熱流動の調査 前年度までの実施内容 本年度の実施内容 PWR を模擬した総合効果実験 事故を模

目次 1. 緒言 全体計画 研究方法 研究内容 炉心損傷前の原子炉熱流動の調査 前年度までの実施内容 本年度の実施内容 PWR を模擬した総合効果実験 事故を模

これらについて、実験的な検討行うは、実験体系と実機の大きさの違い等により 生じる現象の違い、いわゆるスケーリング効果について十分検討する。スケーリング効果 の把握は、従来より、物理現象把握し、重要な現象の影響無次元数で表し評価する 方法がとられている。この際、現象機構論的把握するとともに、複数の装置用いて 様々な条件で得られた実験結果と比較検討することが効果的である。また、近年では、数 値流体力学(Computational Fluid Dynamics: CFD)手法等の解析手法の高度化背景とし、 関連する重要な素過程すべて解析的考慮することにより実機での現象評価すること も行われつつある。このような素過程まで考慮した詳細評価手法の整備のためは、計測 技術に関しても詳細なものが必要となる。
さらに見せる

209 さらに読み込む

品質トラブルの未然防止セミナー (QMB) TQM 大阪 品質トラブルを組織的に撲滅するために 組織的に品質トラブルを未然防止する しくみづくり を主眼としたセミナーです 品質トラブルが発生する原理 から 未然防止の考え方 安全文化の構築 未然防止 7 つのステップ などを通し 品質トラブルの未然防

品質トラブルの未然防止セミナー (QMB) TQM 大阪 品質トラブルを組織的に撲滅するために 組織的に品質トラブルを未然防止する しくみづくり を主眼としたセミナーです 品質トラブルが発生する原理 から 未然防止の考え方 安全文化の構築 未然防止 7 つのステップ などを通し 品質トラブルの未然防

行為保証におけるプロセス管理セミナー 品質管理活動、改善活動、ISO活動などにおいては、 「再発防止活動」が重要な位置づけ占めています。問題や不良削減の最も重 要な活動の一つだからです。しかし、実態は表面的な原因追究だけで思いつきの再発防止打ったり、流出防止再発防止 策と勘違いしている企業が少なくありません。結果として、再発防止の効果が現れていません。そこで、当セミナーでは、再発 防止の本来あるべき基本的な事柄と再発防止対策の進め方の基本について解説し、指導いたします。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...