法科大学院認証評価を受け

Top PDF 法科大学院認証評価を受け:

法科大学院認証評価 評価報告書 中期目標・中期計画・評価/情報公開/公表事項など | 大学の概要/学部・研究科

法科大学院認証評価 評価報告書 中期目標・中期計画・評価/情報公開/公表事項など | 大学の概要/学部・研究科

第3 教育理念・目的 中部日本に け 基幹大学 し ホ ム クタ し 法曹 企業法務に強い 法曹養成す 点にあ 名古屋大学 位置す 中部地区に い 環境問題 高齢者中心 した福祉問題 消費者問題 行政活動に関係した問題 市民生活に関わ 多様 問題 発生し い こうした市民 直面 す 様々 問題 細 く拾い上 法的に解決す た に 市民生活に関連す 分 につい 広範 知識 有す ホ ム クタ 的 法曹 必要 され 名古屋大学大学院法学研究科 354 活動支援 あ い 消費者問題や環境問題等につい さま ま 市民組織 協力した教育活動行 た経験 実績有し い 一方 中部地区 自動車産業 す 巨大 製造業 企業群擁し い そこ 様々 企業活動 に伴う法務 エキス ト 必要 され 国内外 活躍しう 能力持 た法曹 養成 強く要求され い そし こ 面につい 名古屋大学大学院法学研究科 これま ト タ法務会議 派遣され 連携教員 協力得 中部地区 企業法務 連携図 研究体制整備す に インタ ン ッ 等 通 社会連携 成果法学教育に活 し た 本法科大学院 これ 経験 蓄積 に 中部日本 に け 基幹大学 し 福祉問題 環境問題 消費者保護に関す 問題 に通暁し 専門性に優れ つホ ム クタ し サ ビス 十分に提供 バ ンス れた法曹 養成目指す に 中部地区 企業法務 連携さ に強化し 企業法務に強い法曹 養成目指し い
さらに見せる

43 さらに読み込む

H01_web_3.ai

東京大学法科大学院ローレビュー第3巻

強調されるようになっていったのである 3) 。 このような国際社会の状況見たとき、第9 条有する戦後の「学界通説的解釈」 4) が、国 際社会における「平和」と「人権」の議論で満 足するはずがなかった。いうまでもなく、国際 社会において「武力」行使は違法性阻却事由の 存在条件に一定の正統性与えられている。 対して、戦後の「学界通説的解釈」は、日本国 憲法が「平和」達成するための手段として「非 武力」規律していること前提にしていたか らである。そのような見解からすれば、 「平和」 は戦争と同等のものではなくて、多数決の論理 0 0 0 0 0 0 の及ばない 0 0 0 0 0 、いかなる状況においても確保され 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 るべき 0 0 0 優越的な価値になったと主張する 5) こ ともそれほど不自然なことではない 6) 。 「平和」 達成の手段「非武力」に限定していることが 主観的権利としても認められると考えた上で 「武力」の概念が明確だと考える限り、そのよ うな主観的権利に対しては論理上 「公共の福祉」 による制限観念し得ないからである。 そして、 そのこともなお、 「非武力」前提にする主観 的権利としての平和的生存権の内実が民主主義 的多数決に対抗しうるほど具体的な個人の権利 示すのだとすれば、理解しうる。問題は、 「学 界通説的解釈」が導き出した主観的権利として の平和的生存権が、多数決原理に対抗するため に「立憲主義」が守るべきものとしての内実 備えていたのかという点にある。 果たして 「六〇 ~七〇年代における憲法学内部の人権論」にお いて「 『権利』として語られていたのは、 『国民』
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成16年度一橋大学大学院法学研究科法務専攻専門職学位課程(法科大学院)

平成16年度一橋大学大学院法学研究科法務専攻専門職学位課程(法科大学院)

注 : 合格者は、一橋大学法科大学院ホームページ(http://www.law.hit-u.ac.jp/lawschool/) にも本学の受験番号掲載するとともに、「合格通知書」郵送します。 (2)TOEIC の公式認定証の直送方式による提出 合格者は、出願時に提出した TOEIC の公式認定証に対応する試験の公式認定証 TOEIC 運営委員会からの直送方式により、平成 28 年 1 月 22 日(金)までに一橋大学法科大学院事 務室に提出してください。
さらに見せる

9 さらに読み込む

早稲田大学大学院ファイナンス研究科ファイナンス専攻 に対する認証評価結果 Ⅰ 認証評価結果評価の結果 貴大学大学院ファイナンス研究科ファイナンス専攻 ( 経営系専門職大学院 ) は 本協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定する 認定の期間は 2014( 平成 26) 年 3 月 31 日ま

早稲田大学大学院ファイナンス研究科ファイナンス専攻 に対する認証評価結果 Ⅰ 認証評価結果評価の結果 貴大学大学院ファイナンス研究科ファイナンス専攻 ( 経営系専門職大学院 ) は 本協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定する 認定の期間は 2014( 平成 26) 年 3 月 31 日ま

たらない。 貴専攻のカリキュラムは、ファイナンス理論・技法中核として、経済学基礎としな がら、会計学と法学が側面から支える形で、ファイナンス関連の知識が総合的に修得でき るような体系になっている。ファイナンス関連科目のみに偏った科目編成ではなく、経済 学、法学、会計学の科目についても豊富な科目メニュー揃えている。また、修了必要単 位として、経済学科目は2単位以上、会計学科目は4単位以上、法学科目は4単位以上必 ず修得する必要があり、修了必要単位数設けることで、ファイナンス・スキルに偏った 人材ではなく、能力的にバランスのとれた人材育成することが可能となっている。 多数の科目配置することにより、知識経験の異なる学生の多様なニーズへ対応するこ とが可能となっている。特に「トピックス」や「演習」により、実践的教育受けられるのは 強みである。また、科目群の移動、科目名称の変更、科目の新設・廃止などのカリキュラ ム変更が一定の範囲で行われていて、社会的要請の変化等へ対応する姿勢がうかがえるが、 学生・修了生からの要望や学術・社会の動向の把握と戦略的なカリキュラム再編と結び つける仕組みは、明確でない。
さらに見せる

43 さらに読み込む

CONTENTS はじめに 1 法律家の役割 2 法律家への プロセス 3 法科大学院出身の若手法律家からのメッセージ 4 法科大学院で学ぶ意義 教員の立場から 9 法科大学院出身者の活躍 職場の先輩から 12

CONTENTS はじめに 1 法律家の役割 2 法律家への プロセス 3 法科大学院出身の若手法律家からのメッセージ 4 法科大学院で学ぶ意義 教員の立場から 9 法科大学院出身者の活躍 職場の先輩から 12

法科大学院で実務家の考え方身につける 法科大学院では、教員と学生との問答を通じて議論が進め られ、教員からは判例等素材に厳しく突っ込んだ質問もさ れるため、予習等十分に行うだけでなく、口頭での表現 能力も磨く必要がありました。思い出に残るカリキュラムは 多々ありますが、判例のリサーチ踏まえて弁護士としての 意見書等作成する課題与えられた際には、相手チームの 手の内探りながら夜徹して起案に励んだり、グループ・ ワーク通じ、チームとして仕事する手法学んだり、ま た、模擬裁判で裁判長として法廷主宰するため必死に関連 する手続法頭に入れて準備したことなどが印象深いです。 当時、司法制度改革推進本部の「裁判員制度・刑事検討会」 の座長務められていた井上正仁教授のゼミで、これからの 刑事司法について熱い議論繰り広げたことも、忘れること ができません。裁判官教員等による民事実務科目の授業では、 権利の発生等に必要な主要事実、その証明に必要な証拠の収 集方法、証拠から事実認定する手法学ぶことができまし た。
さらに見せる

16 さらに読み込む

認証評価結果 認証評価|国立大学法人 北海道教育大学

認証評価結果 認証評価|国立大学法人 北海道教育大学

今後もより効果的な双方向遠隔授業システム活用した授業方法検討頂きたい。 基準3-3 レベルⅠ:教職大学院にふさわしい実習が設定され、適切な指導がなされていること。 評価結果・・基準の内容満たしていると判断する。 学部新卒学生と現職教員学生で履修する実習区分し、 個々の学生の経験・立場に応じた基礎的力 量や協働遂行力の育成図る実習が設定されている。 また、 連携協力校の教員と教職大学院の教員が 連絡密にとりながら、 学生へ適切な指導が行われている。 さらに、 前回認証評価において指摘があ った釧路校における学部新卒学生2年次の 「自己課題解決・検証実習」 がほぼ附属学校で実施されて いることについては、平成 26 年度より釧路市内の公立学校に連携協力校依頼し、実習課題に相応 しい実習へと改善されている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

東京大学法科大学院ローレビュー第4巻

東京大学法科大学院ローレビュー第4巻

この見解は,対抗力から賃貸人の地位の移 転根拠づけていない点では評価できよう。 しかし,契約締結にあたり,目的物に着目し たのか,相手方の人的要素に着目したのか 分け,前者であれば承諾は不要であるが,後 者であればそれは必要とした点に問題がある といえる。物に着目した場合は承諾が不要と いうのは,賃貸人の債務というのは,不動産 の所有者でありさえすれば履行できるし,そ れに尽きるということが前提になっている。 しかしそれに尽きない賃貸借契約の条項,譲 受人ではなしえない義務や債務定めた条項 もありえよう。そのような条項も含めた賃貸 借契約いくら譲渡人と譲受人の合意により 移転させて,譲渡人当該賃貸借契約から離 脱させたといっても,賃借人は,譲渡人にし かなしえない義務が果たされなくなる譲渡人 と譲受人の契約の承継について,何か言えて よいだろう。この場合,結局は当該不動産と いう物だけに着目していたのでは足りず,譲 受人が当該義務や債務履行できるかという 人的要素みることになる。この点に,野澤 説の限界があると考える。
さらに見せる

27 さらに読み込む

平成21年度「臨床心理分野専門職大学院認証評価」

平成21年度「臨床心理分野専門職大学院認証評価」

実務家として十分な経験有する教員であって、教育上の経験に不足すると認められ る者については、これ補うための教育研修の機会得ること、また、大学の学部や大 学院において十分な教育経験有する教員であって、実務上の知見に不足すると認めら れる者については、担当する授業科目に関連する実務上の知見補完する機会得るこ とが、それぞれに確保されているよう、評価対象大学院において適切な措置とるよう 努めていること。
さらに見せる

53 さらに読み込む

TOP NEWS 新しい大大学評価 : 大学機関別選選択評価 C 教育の国際際化の状況 と国際連合合大学に対対する第三者評価当機構では認証評価機機関として大大学 高等専専門学校の機機関別認証評評価 法科大大学院の分野野別認証評価を実施していますが それに加えて 独自の観観点から大学学 高等専門門学校

TOP NEWS 新しい大大学評価 : 大学機関別選選択評価 C 教育の国際際化の状況 と国際連合合大学に対対する第三者評価当機構では認証評価機機関として大大学 高等専専門学校の機機関別認証評評価 法科大大学院の分野野別認証評価を実施していますが それに加えて 独自の観観点から大学学 高等専門門学校

今回、認証評価実施したすべての高等専門学校が、当機構の定める高等専門学校機関別認証評価基 準満たしているとの評価結果となりました。 なお、対象高等専門学校ごとの評価結果については、全体を通じての概要等加え「平成 26 年度高 等専門学校機関別認証評価実施結果報告」として当機構のウェブサイト

16 さらに読み込む

2020 年度一橋大学法科大学院 ( 一橋大学大学院法学研究科法務専攻専門職学位課程 ) 募集要項 法学研究科法務専攻専門職学位課程 ( 法科大学院 ) は 高度な専門知識と能力及び社会に貢献する意欲を持った法律家 とりわけビジネス法務に精通し 広い国際的視野を持ち 豊かな人権感覚を備えた法律家の養

2020 年度一橋大学法科大学院 ( 一橋大学大学院法学研究科法務専攻専門職学位課程 ) 募集要項 法学研究科法務専攻専門職学位課程 ( 法科大学院 ) は 高度な専門知識と能力及び社会に貢献する意欲を持った法律家 とりわけビジネス法務に精通し 広い国際的視野を持ち 豊かな人権感覚を備えた法律家の養

IP テストのスコアレポートや他の TOEIC テスト(例えば TOEIC Bridge、 Speaking & Writing Tests 等)公式認定証は、出願書類としての要件満たし ません。 なお、第 3次選抜合格者は、出願時に提出した公式認定証に対応する試験の 公式認定証、各試験実施主体からの直送方式により、所定の期日までに提出 してください。本要項〔7.合格者発表等(2)〕参照してください。 第1次選抜結果送付用封筒 全員 所定の封筒に郵便切手(簡易書留・速達相当分)貼付し、送付先の住所及び氏
さらに見せる

12 さらに読み込む

1. 法科大学院の概要 (1) 設置者 国立大学法人 千葉大学 (2) 教育上の基本組織 大学 研究科 専攻名 千葉大学 大学院専門法務研究科 法務専攻 開設年度平成 16 年度 (3) 所在地 千葉県千葉市 ( 注 ) 法科大学院 ( 研究科 専攻 ) の所在地とし 都道府県 市町村名まで記入して

1. 法科大学院の概要 (1) 設置者 国立大学法人 千葉大学 (2) 教育上の基本組織 大学 研究科 専攻名 千葉大学 大学院専門法務研究科 法務専攻 開設年度平成 16 年度 (3) 所在地 千葉県千葉市 ( 注 ) 法科大学院 ( 研究科 専攻 ) の所在地とし 都道府県 市町村名まで記入して

(5)入学者選抜の改善 入学者選抜の改善への取組としては、入試委員による入試業務全般の検討が行われるとともに、将来構想 委員会においても入試制度の改革について検討することとし、①社会人、他学部出身者受入れ拡大のため の入試での評価基準の見直し、②入学者選抜試験の成績と入学後・修了後の成績の相関などの基礎デー タに基づいた検討行うこととしている。なお、入学者選抜の改善への取り組みについては、入試委員及び 学務委員含めた運営委員会で審議される。
さらに見せる

27 さらに読み込む

大学(主に法科大学院)における人材育成の 現状 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

大学(主に法科大学院)における人材育成の 現状 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

具体的には、特許、実用新案、意匠、商標、著作権、企業秘密(不正競争防止法) 、デジタルコンテンツ、サイバースペ ース上の知的財産の各分野における法的保護のあり方について、関連法令・判例 (必要な海外の法令・判例も適宜紹介する) ベースに、法的問題点と解決策への考え方身に付けさせる。 企業経営や知的財産戦略の視点から知的財産法問題捉え考えさせること目指す。例えば、強い特許取得のための企業 出願戦略考えさせたり、知的財産の有効活用や情報開示の観点から、知的財産の価値評価手法について基本的な考え方 習得させる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

豊田工業大学に対する大学評価(認証評価)結果

豊田工業大学に対する大学評価(認証評価)結果

の基礎力と国際的な視野持ち、多様な課題に挑戦し克服できる学識と創造性備え た技術者 ・ 研究者育成する」 という教育目標に基づきカリキュラム編成している。 カリキュラムは、教養科目、外国語科目、健康・体力科目、工学基礎科目、専門科 目から構成されており、教養科目には、社会や経済、歴史、哲学、法律などに関する

12 さらに読み込む

神奈川工科大学に対する大学評価(認証評価)結果

神奈川工科大学に対する大学評価(認証評価)結果

学内諸規程は、学内規程集(電子規程)として整備されており、教職員に周知しやすい システムが運用されている。なお、教授会の運営について、「学則」「教授会運営規程」 「教授総会規程」に規定する内容と実態に齟齬があり、整合性図ることが望まれる。 事務組織体制は適切に整備されているとともに、事務職員の意欲・資質向上に対しては、 年3回の人事考課とスタッフ・ディベロップメント(SD)の実施で対応している。また、 部長研修、若手職員研修など職階にあわせた研修行うなど、事務職員の意欲、資質向上 に向けた取り組みは評価できる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

認証評価結果

認証評価結果

以上のように、貴専攻においては、教員評価の制度が実施されており、かつ、各 活動に関する評価項目が設定されているが、教育の属性(研究者・実務家、みなし 専任教員、特任教員等)に応じた、より具体的かつ明確な評価基準の策定が望まれ る(評価の視点 3-18~3-22、点検・評価報告書 49、50 頁、添付資料 2-7「平成 26 年度北九州市立大学大学院マネジメント研究科前期アンケート全科目集計結果」 、添 付資料 2-11「2014 年度第1回オフサイトミーティング議事録」 、添付資料 3-8「北九 州市立大学教員評価委員会規程」、添付資料 3-9「平成 26 年度特別研究推進費対象研 究の募集について」 、 添付資料 3-10 「平成 26 年度特別研究推進費交付採択研究一覧」 、 添付資料 3-11「サバティカル制度について」 、添付資料 3-12「公立大学法人北九州 市立大学サバティカル制度要綱」、添付資料 3-13「公立大学法人北九州市立大学サバ ティカル制度実施要領」 、添付資料 3-14「北九州市立大学における教員の個人評価実 施要綱」 、添付資料 3-15「平成 26 年度北方キャンパスにおける個人評価実施細則」 、 添付資料 3-16「平成 26 年度前期北九州市立大学大学院マネジメント研究科授業アン ケート集計結果」 (教員フィードバック用) 、添付資料 3-17「平成 26 年度前期北九州 市立大学大学院マネジメント研究科授業アンケート結果についてのコメント」(様 式) 、北九州市立大学ホームページ「教育・研究・地域貢献」 (特別研究推進費) 、質 問事項に対する回答及び分科会報告書(案)に対する見解№34~36) 。
さらに見せる

48 さらに読み込む

大学機関別認証評価自己評価書 認証評価|国立大学法人 北海道教育大学

大学機関別認証評価自己評価書 認証評価|国立大学法人 北海道教育大学

北 海 道 教 育 大 学 取 基 準 教育課程や教育方法等検討 る教務委員会等 組織資料 示 。全学組織 ,教育研 究委員会組織 いる プttミォ//www.プ為送送止為ビバi.バヒ.退ミ/ミビフ/バビ公i点-メピブu八バti為点/平/ii点送バi送is為送u.ミビフ 。 教育研究 委 員 会 概 干0 回 程 度 開 催 , 全 学 関 わ る 教 務 全 般 検 討 い る プttミォ//www.プ為送送止為ビバi.バヒ.退ミ/バビ公i点/バビ公i点-ヒ為点フピメピ点ヒピ-0平.プt公八 。 構成員 ,担当理事 委員長 り, 教育改革室特別補佐 人,各校 らカリキュラム委員長及び,評議員 人, ら 教職大学院ンコンタヴ運営会
さらに見せる

248 さらに読み込む

第 1 認証評価結果 3 第 2 分野別評価 ( 認証評価結果の概要 ) 4 第 3 評価基準項目毎の評価 9 第 1 分野運営と自己改革 法曹像の周知 特徴の追求 自己改革 法科大学院の自主性 独立性 情報公開 学生へ

第 1 認証評価結果 3 第 2 分野別評価 ( 認証評価結果の概要 ) 4 第 3 評価基準項目毎の評価 9 第 1 分野運営と自己改革 法曹像の周知 特徴の追求 自己改革 法科大学院の自主性 独立性 情報公開 学生へ

ど今後の対応策の展開が注目される。 イ カリキュラム 当該法科大学院の大きな特徴の一つは,多くの実務家教員擁し,理論 と実務架橋する努力続けてきた点である。学生数の減少により,法律 実務基礎科目 12 科目から9科目へ削減するといったことにはなってい るものの,多くの臨床科目維持している。特にSCとして市民ボランテ ィアの協力得ていること,VLF利用した「民事ローヤリング」が, 相変わらず充実していること,刑事模擬裁判も受講生維持し続けられ ていることのほか,エクスターンシップも,自治体含め多くの受け入れ 先確保し,行われている。ただし,研究者,実務家のそれぞれが,それ ぞれの授業で理論と実務の架橋意識しているとされていることは間違 いないようであるが,2017 年度まで唯一研究者と実務家の共同授業とし て行われていた「民事法総合演習Ⅰ・Ⅱ」が 2018 年から共同授業でなく なっている。その必要性は当該法科大学院においても認識されており,復 活等は今後の検討課題になっている。
さらに見せる

137 さらに読み込む

首都大学東京法科大学院自己評価書

首都大学東京法科大学院自己評価書

(基準2-1-1に係る状況) 1 本法科大学院における教育課程の概要 本法科大学院における法学教育は、上述の教育理念・目的に示した法曹の養成実現す るため、課程の修了の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)並びに教育課程の編成 及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)定め、これらの方針の下に構成され た教育課程で行われている。《別添資料4「「課程の修了の認定に関する方針」及び「教 育課程の編成及び実施に関する方針」(法学政治学研究科法曹養成専攻)」参照》 本法科大学院においては、法学未修者対象とする3年履修課程(1学年 10 名程度) と法学既修者対象とする2年履修課程(1学年 42 名程度)設置しているが、両課程 の差異は、3年履修課程における法学の基礎的知識・素養の養成のための1年次配当の履 修科目(憲法、行政法、民法、刑法、商法、民事訴訟法及び刑事訴訟法の7法に関する科 目)のうち、本法科大学院2年履修課程の入学試験科目となっている憲法、民法、刑法、 民事訴訟法及び刑事訴訟法について、2年履修課程入学者については履修したものとみな し、1年間の修業年限の短縮認めている点であり、3年履修課程の入学者は本法科大学 院教育課程のみで完結的に、2年履修課程の入学者については入学以前の法学の基礎的知 識・素養及び本法科大学院における実務的・実践的な法学教育によって、実務法曹として 活躍するための基本的能力獲得する教育課程となっている。そして、この教育課程通 じて、司法試験の合格は勿論、本法科大学院が理念・目的として掲げる「東京はじめと する大都市の抱える複雑な問題に対して、それ解決する能力有する法曹」となること ができる仕組みとなっている。《資料 2-1-1-1「2018 年度カリキュラム」参照》【解釈指 針2-1-1-1】
さらに見せる

155 さらに読み込む

Microsoft Word - H29 法科大学院自己評価書(北海道大学)

Microsoft Word - H29 法科大学院自己評価書(北海道大学)

(4)法学既修者対象とする2年課程の入試において学部3年次生の受験認める所 謂「飛び入学のための試験」については,出願資格設定しており,イ)「入学前の3月 末において,大学在学期間が3年に達し,3年次終了すること」,ロ)「卒業に必要な 単位,2年次終了時までに 70 単位以上,又は3年次前期終了時までに 85 単位以上修 得し,かつ,修得したすべての単位の3分の2以上の学業成績が在籍する大学の学業成績 で 100 点満点中 80 点以上,又は優以上であること」,ハ)「入学前の3月末において, 卒業に必要な単位 100 単位以上修得し,かつ,全修得単位の3分の2以上の学業成績が 在籍する大学の学業成績で 100 点満点中 80 点以上,又は優以上であること」のすべて 満たす学生についてのみ,出願認めている。出願資格の有無は,入学者選抜委員会が厳 正に判断した後,教員会議で最終的に決定している。なお,入学者選考試験に合格した場 合であっても,後に,上記ハ)に定める単位及び学業成績修めることができないことが 確定した場合には,入学取り消すことにしている。これらの点は,「法科大学院募集要 項」において志願者に明確に周知している。《別添資料 53 平成 29 年度法科大学院学生募 集要項1頁》このように,飛び入学のための試験にあっては,上記の厳格な出願資格のも と,入学後に十分な学修期待することができる適性及び能力持つ者であること的確 に判定する体制整えている。飛び級入学者は,修了者(平成 22 年~26 年度末修了)9 名のうち7名が司法試験に1回で合格し,高い合格率示している。【解釈指針6-1- 4-4】
さらに見せる

101 さらに読み込む

なお 法務研究科は 2013( 平成 25) 年度に本協会の専門職大学院認証評価を受け た後 本年度に本協会の追評価を受けているため 追評価報告書をもとに 大学評価 ( 機関別認証評価 ) の観点から評価を行った Ⅲ 各基準の概評および提言 1 理念 目的 < 概評 > 貴大学は 立学の精神 である

なお 法務研究科は 2013( 平成 25) 年度に本協会の専門職大学院認証評価を受け た後 本年度に本協会の追評価を受けているため 追評価報告書をもとに 大学評価 ( 機関別認証評価 ) の観点から評価を行った Ⅲ 各基準の概評および提言 1 理念 目的 < 概評 > 貴大学は 立学の精神 である

農学研究科 学位授与方針について、修士課程では、 「生命現象のしくみ、生物の利用と生産、 環境保全、食料問題等についての高度な専門知識と研究手法修得している」など の3項目、博士後期課程では、「修士課程等で修得した知識と研究手法の上に、専 門領域についてさらに深い学識と高度な分析能力備えるとともに、それら活か して独創的な課題設定でき、自らそれ解明・展開でき、さらに、その成果学 術論文にする能力持つ」などの3項目満たす学生に対してそれぞれ学位授与 することとしている。教育課程の編成・実施方針について、修士課程では、「専攻 学術についての高度な知識や分析手法、専攻が編成した講義、演習、実験、実習 により修得させること」などの3項目、博士後期課程では、「独創的な課題研究と 論文作成を通して、論理的思考法、発展的研究課題の設定法、科学倫理より深く 学ばせること」の2項目に重点置いて教育課程編成するとしている。これらの 教育課程の編成・実施方針は、学位授与方針と連関している。
さらに見せる

33 さらに読み込む

Show all 10000 documents...