業績比較(15/3期上期と下期)

Top PDF 業績比較(15/3期上期と下期):

目 次 ヘ ーシ ヘ ーシ 25 年度上期決算実績 ( 2~16 ) 25 年度下期業務計画と通期業績予想 ( 17~19 ) 25 年度上期決算総括 3 25 年度下期業務計画 年度上期決算概要 Ⅰ 4 25 年度通期業績予想 年度上期決算概要 Ⅱ 5 財管部門の実績 ~

目 次 ヘ ーシ ヘ ーシ 25 年度上期決算実績 ( 2~16 ) 25 年度下期業務計画と通期業績予想 ( 17~19 ) 25 年度上期決算総括 3 25 年度下期業務計画 年度上期決算概要 Ⅰ 4 25 年度通期業績予想 年度上期決算概要 Ⅱ 5 財管部門の実績 ~

本資料には、将来の業績に関する記述が含まれています。こうした記述は、 将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。 将来の業績は、経営環境の変化などにより、目標対比異なる可能性がある 本資料には、将来の業績に関する記述が含まれています。こうした記述は、 将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。 将来の業績は、経営環境の変化などにより、目標対比異なる可能性がある
さらに見せる

33 さらに読み込む

決算サマリー 2019 年 3 月期第 1 四半期業績概要 売上高 596 億円 ( 前四半期比横ばい ) 営業利益 60 億円 ( 同 34% 増 ) 自動車向けの需要が コンデンサ中心に堅調 2019 年 3 月期業績予想 上期の業績予想を上方修正 自動車 産業機器の電子化やスマートフォンの高機

決算サマリー 2019 年 3 月期第 1 四半期業績概要 売上高 596 億円 ( 前四半期比横ばい ) 営業利益 60 億円 ( 同 34% 増 ) 自動車向けの需要が コンデンサ中心に堅調 2019 年 3 月期業績予想 上期の業績予想を上方修正 自動車 産業機器の電子化やスマートフォンの高機

6月末の全社の棚卸資産は、エルナー分や為替影響など、 利益増減に影響がない部分を除いた実態ベースで3月末から約30億円増加。 コンデンサを中心に、第 2四半期以降の出荷ピークに備えて作り込みを継続。 このほか、原価低減効果 3億円、固定費の減少6億円が増益要因。

20 さらに読み込む

目 次 1. 主要な経営指標の推移 年 3 月期連結決算概要 1) 連結業績 の前期比較 2) セグメント別営業収益及び営業利益 ( 連結 累計 ) の前期比較 年 3 月期連結業績進捗状況 4. データ集 1) 総合計 ( 連結財政状態計算書 連結損益計算書 ) 2

目 次 1. 主要な経営指標の推移 年 3 月期連結決算概要 1) 連結業績 の前期比較 2) セグメント別営業収益及び営業利益 ( 連結 累計 ) の前期比較 年 3 月期連結業績進捗状況 4. データ集 1) 総合計 ( 連結財政状態計算書 連結損益計算書 ) 2

(日本保証) ・2018年7月に湘南信用金庫保証業務提携契約を締結 2018年7月2日から同庫が取り扱う不動産担保ローン(リバースモーゲージ「安心生活」京急連携プラン)に係る保証業務の取り扱いを開始 ⇒2018年3月に締結した京浜急行電鉄㈱及び湘南信用金庫の京急線沿線の地域経済活性化を目的した業務連携協定に基づく ・㈱西京銀行の海外不動産担保ローンに対する保証業務の対象エリアを順次拡大

43 さらに読み込む

本日の内容 Ⅰ. 上期決算 Ⅱ.. 下期 通期計画 参考 第 2 四半期決算 (4~6 月 ) 手売りマーケットシェアの推移ブランド別 チャネル別構成比業種別自動販売機の販売状況第 2 四半期販売数量実績チャネル別 パッケージ別販売数量下期販売数量計画業績の推移 / 経営指標の推移日本のコカ コーラ

本日の内容 Ⅰ. 上期決算 Ⅱ.. 下期 通期計画 参考 第 2 四半期決算 (4~6 月 ) 手売りマーケットシェアの推移ブランド別 チャネル別構成比業種別自動販売機の販売状況第 2 四半期販売数量実績チャネル別 パッケージ別販売数量下期販売数量計画業績の推移 / 経営指標の推移日本のコカ コーラ

上期決算(1 - 6月) - ブランド別 販売数量 増減 増減率 増減 増減率 増減 増減率 コカ・コーラ 6,621 △49 △0.7 +656 +11.0 △30 △0.4 コカ・コーラゼロ 3,289 +158 +5.1 +625 +23.4 +340 +11.5 ファンタ 3,764 +72 +1.9 +478 +14.6 +99 +2.7 ジョージア 20,523 △993 △4.6 +1,027 +5.3 △1,489 △6.8 爽健美茶 5,038 +87 +1.8 +426 +9.2 +90 +1.8 アクエリアス 8,772 +441 +5.3 +1,569 +21.8 +666 +8.2 綾鷹 5,772 +194 +3.5 +1,382 +31.5 +515 +9.8 い・ろ・は・す 4,244 △198 △4.5 +621 +17.2 +246 +6.1 小 計 58,024 △289 △0.5 +6,784 +13.2 +436 +0.8 その他 16,933 △485 △2.8 +597 +3.7 △751 △4.2 74,957 △773 △1.0 +7,380 +10.9 △315 △0.4 シロップ・パウダー 19,715 +5 +0.0 +1,167 +6.3 △203 △1.0 94,672 △769 △0.8 +8,548 +9.9 △519 △0.5
さらに見せる

45 さらに読み込む

2018 年度 3-11 月期業績概要 注意事項 当社は 2017 年度より決算期を 3 月 20 日から 2 月末日に変更しております よって 2018 年 3-11 月期業績値と比較対象となる 2017 年 4-12 月期業績値の期間が異なっているため 前年同期比の表記は 参考値 として記載して

2018 年度 3-11 月期業績概要 注意事項 当社は 2017 年度より決算期を 3 月 20 日から 2 月末日に変更しております よって 2018 年 3-11 月期業績値と比較対象となる 2017 年 4-12 月期業績値の期間が異なっているため 前年同期比の表記は 参考値 として記載して

© 2019 YASKAWA Electric Corporation 25 四半期連結受注推移(セグメント別) ※為替は中平均レートを使用 [注.1] 表記:(M)= モーションコントロール,(R)= ロボット,(S)=システムエンジニアリング 25

29 さらに読み込む

17年3月期 連結業績 及び 18年3月期 連結業績予想について

17年3月期 連結業績 及び 18年3月期 連結業績予想について

・本資料利用の結果生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。また、本資料の 無断での複製、転送等を行わないようにお願い致します。 < 当資料利用上の留意点 > ・P7に記載の売上高前期比較(業種別)については、一部計上業種の見直しを行ったことにより、 前年度の業種別売上金額を組み替えております。

15 さらに読み込む

目次 I 年上期決算ハイライト II 年上期取組み III. 通期計画 株主還元 巻末資料 : 会社情報 業績推移 2

目次 I 年上期決算ハイライト II 年上期取組み III. 通期計画 株主還元 巻末資料 : 会社情報 業績推移 2

63.3% (3.5%) (3.2%) ▲4.8% (3.9%) 経常利益 3,184 3,000 ▲184 1,912 平成30年2月13日発表の通期予想に対する上期利益の進捗率は60%強なるが、 9月に発売開始を見込むスマートフォン新機種を含めた下期販売見通しは不透明 平成30年2月13日発表の通期予想に対する上期利益の進捗率は60%強なるが、 9月に発売開始を見込むスマートフォン新機種を含めた下期販売見通しは不透明

28 さらに読み込む

目次 年度上期決算概況および財務状況 年度業績予想 年度下期の取組方針および戦略事業の状況 4. 自己資本の状況および財務 資本政策 5. ( 参考 ) コーポレートガバナンス フィデューシャリー デューティー < 本資料における用語の定義 > 連結

目次 年度上期決算概況および財務状況 年度業績予想 年度下期の取組方針および戦略事業の状況 4. 自己資本の状況および財務 資本政策 5. ( 参考 ) コーポレートガバナンス フィデューシャリー デューティー < 本資料における用語の定義 > 連結

行動原則 (1)専門組織の設置、(2)利益相反管理の高度化、(3)資産運用業務における経営・管理の独立性の確保、(4)グループ各社による協議会の定期開催 (1)お客さま本位のコンサルティングの実践情報提供 ►お客さまの真の利益に適う商品・サービスを提供するために、質の高いコンサルティングを通じ、ライフサイクルに応じ変化する資産・負債状況やそれに沿った ニーズをそれぞれのお客さま共有させて頂くよう努めてまいります。
さらに見せる

56 さらに読み込む

業績総括 (1) 当期純利益は 1,66 億円 ( 前年同期比 17% 増 ) ROE( 年換算 ) は13.% 当期純利益 と ROE( 年換算 ) ( 億円 ) 2,2 14.7% 1,7 12.2% 13.% 1,2 1,613 1,422 1, 上期 17.3 上期 1

業績総括 (1) 当期純利益は 1,66 億円 ( 前年同期比 17% 増 ) ROE( 年換算 ) は13.% 当期純利益 と ROE( 年換算 ) ( 億円 ) 2,2 14.7% 1,7 12.2% 13.% 1,2 1,613 1,422 1, 上期 17.3 上期 1

■ 税引前当期純利益:前年同期比 +334億円(+15%) ✓ 航空機・船舶、コンセッション、アセットマネジメント、環境エネルギー、銀行等が既存事業の増加に寄与 ✓ 売却益は前年同期ほぼ同水準 ■ セグメント資産:前期末比 1,593億円(+2%)

42 さらに読み込む

本日お話しさせて頂くこと 年 3 月期業績サマリー及び株主還元 P ~2016 年度中期経営計画ローリングプラン概要 P 年 3 月期業績詳細 P 年 3 月期通期業績予想 P.27 参考資料 P.33 1

本日お話しさせて頂くこと 年 3 月期業績サマリー及び株主還元 P ~2016 年度中期経営計画ローリングプラン概要 P 年 3 月期業績詳細 P 年 3 月期通期業績予想 P.27 参考資料 P.33 1

 具体的には、株主名簿の基準日(通常は 9月末及び3月末)において外国人等株主の所有比率が1/3以上なる場合、同時点の日本人株主の 所有比率の半分の割合未満まで外国人等株主の議決権が減少します。 ※ディスクレーマー 上記は航空法に定める外国人等が有する株式について、航空法第4条第1項第4号に該当することならないよう、株主名簿に記録することを拒む場合の議決権の割合の計算方法を簡便的に図示したものであり、実際の 計算結果は異なります。また、単元未満株式、自己株式につきましても考慮しておりません。実際の議決権の割合の計算結果については、航空法及び定款等に基づいて行うことなります。
さらに見せる

38 さらに読み込む

伪伪 Check Point 多様性を活かしたブランドマネジメント制と好立地に集中的に出店するドミナント展開 ブランド集約 統合が一巡 15/2 期より高収益ブランドの出店拡大で新成長期へ 17/2 期予想は上期決算の状況を踏まえ 営業利益 経常利益を増額修正 業績推移 ( 百万円 ) 売上高 (

伪伪 Check Point 多様性を活かしたブランドマネジメント制と好立地に集中的に出店するドミナント展開 ブランド集約 統合が一巡 15/2 期より高収益ブランドの出店拡大で新成長期へ 17/2 期予想は上期決算の状況を踏まえ 営業利益 経常利益を増額修正 業績推移 ( 百万円 ) 売上高 (

同社の特長 (強み) として、 以下の 5 点を挙げることができるが、 それぞれが相互に機能 し合うことで、 同社独自の価値創造を実現している。 a) 独自のブランドマネジメントによる収益の安定成長の両立 業態開発力を活かした保有ブランドの多様性 (ブランドポートフォリオ) は、 環境変化への 機動的な対応や主力ブランドのライフサイクルの分散を図ることで、 収益の安定持続的な成 長の両立を実現するものである。 同社のブランドポートフォリオは、 ブランドごとの特性やグ ループ内の役割から、 「多店舗展開予備軍ブランド & 少数展開ブランド」 「多店舗展開による スケールメリット追求」 「フラグシップブランド等によるコーポレートブランディング」 明確化さ れている。 店舗それぞれで役割及び特性が異なるほか、 客単価設定や出店方針も差別化す ることで、 ブランドポートフォリオの最適化が図られている。
さらに見せる

16 さらに読み込む

2008年3月期第1四半期財務・業績の概況及び平成20年3月期業績予想の修正について

2008年3月期第1四半期財務・業績の概況及び平成20年3月期業績予想の修正について

 このような状況の下、当第1四半期の売上高は1,087百万円なり、営業利益は80百万円なりました。 (2)売上高 (インターネット広告事業)  当社グループの主力事業であるインターネット広告事業は、代理店及びメディアレップの関係強化を継続してま いりましたが、広告主からの出稿額増加の鈍化の影響を受けた結果、当第1四半期の売上高は801百万円になりまし た。

13 さらに読み込む

2016 年 3 月期 経営環境 業績実績 2

2016 年 3 月期 経営環境 業績実績 2

2017年3 経営環境 建設・建築投資 推移 2015年度の国内建築工事受注(民間)は、前年比+13%堅調に推移。 特に訪日外国人の増加に伴い、宿泊施設は前年比+62.3%の大幅な増加。 その他、倉庫+26.4%、事務所+8.3%、文教施設+4.6%についても好調。 ※国土交通省 建設工事受注動態統計、民間等からの受注工事5億円/件以上

45 さらに読み込む

2017年3月期 連結業績説明会資料

2017年3月期 連結業績説明会資料

 FY16売上総利益率:11.7%(△3.0ポイントYoY)  GIO P2 費用増・SI不採算案件:SE販売稼動率低 下等で粗利低調 • GIO P2 前期比利益マイナス影響△5.4億円YoY • 4Q16はSE販売稼動率改善、粗利率は4Q15比上昇

23 さらに読み込む

目次 上期決算概要 P3 ~ P 年 8 月期通期業績予想 P19 ~ P22 参考資料 P23 ~ P25 業績開示について 2014 年 8 月期末より国際会計基準 (IFRS) を適用 本資料上の数字については すべて IFRS ベースで 記載しております 事業利益は 売上収益か

目次 上期決算概要 P3 ~ P 年 8 月期通期業績予想 P19 ~ P22 参考資料 P23 ~ P25 業績開示について 2014 年 8 月期末より国際会計基準 (IFRS) を適用 本資料上の数字については すべて IFRS ベースで 記載しております 事業利益は 売上収益か

【香港】計画を上回る増益 ・冬物販売が好調で、上期の既存店売上高は増収。営業利益は計画を上回る増益を達成 【台湾】営業利益は計画を大幅に上回り、前年同期比で倍増 ・在庫調整が一巡し、既存店売上高は増収。粗利益率も大幅に改善し、営業利益は計画を 大幅に上回り、前年同期比で倍増

25 さらに読み込む

目次 2016 年 3 月期第 2 四半期連結業績 2016 年 3 月期業績見通し さらなる成長に向けた取り組み 株主還元

目次 2016 年 3 月期第 2 四半期連結業績 2016 年 3 月期業績見通し さらなる成長に向けた取り組み 株主還元

'14/3 '15/3 '16/3 1-2Q 3-4Q 上期着手&下期取り組み 新規顧客獲得に向けた広告投資拡大と共に、4月より「全製品定 お届け便」導入で顧客定着を図る。定期顧客が徐々に増えはじ め、10月より月間売上が前年を超える。

54 さらに読み込む

目次 年 3 月期決算概要 年 3 月期事業部門別の業績 年 3 月期業績見通し 4. 中期経営計画 Go for next 100 の進捗 2

目次 年 3 月期決算概要 年 3 月期事業部門別の業績 年 3 月期業績見通し 4. 中期経営計画 Go for next 100 の進捗 2

Copyright (C) Nitto Boseki Co., Ltd. All Rights Reserved.  中長期的成長を目的した基盤強化は予定通りに実行  高付加価値化、原価低減(計17億円)を進めたが、想定以上の物価上昇が収益圧 迫要因なり対前年比で▲3.1億円

46 さらに読み込む

目次 2018 年 12 月期上期実績 年上期業績のポイント 2 業績概要 3 売上内訳 4 販売費及び一般管理費 5 営業外損益 特別損益 6 投資及び減価償却 2018 年 12 月期下期 通期計画 年下期計画のポイント 2 計画概要 3 売上内訳 4 販売費及び一般

目次 2018 年 12 月期上期実績 年上期業績のポイント 2 業績概要 3 売上内訳 4 販売費及び一般管理費 5 営業外損益 特別損益 6 投資及び減価償却 2018 年 12 月期下期 通期計画 年下期計画のポイント 2 計画概要 3 売上内訳 4 販売費及び一般

本資料は、2018年12月中間決算発表事業内容に関する情報の提 供を目的したものであり、当社が発行する有価証券の投資を奨励ま たは勧誘することを目的したものではありません。 また、本資料は発表日(2018年8月14日)現在において入手可能な情報 に基づき作成しております。

26 さらに読み込む

2007年5月期上期の成果と下期に向けて 決算短信/補足資料/説明会資料 FY07Hessan CEO

2007年5月期上期の成果と下期に向けて 決算短信/補足資料/説明会資料 FY07Hessan CEO

T E L   03- 5213- 6666 IR Web S ite    http:/ / www.orac le.c o.jp/ c orp/ IR / index.html 本資料に含まれている業績予想等、 歴史的事実以外の事象に ついては、 本資料の発表日において入手可能な情報から 判断 さ れた一定の前提に基づき日本オラ ク ル株式会社が策定し た も のであり 、 実際の業績は様々な要因によっ て予想数値 異な る可能性があるこ をご承知おきく ださ い。

10 さらに読み込む

Agenda 年 2 月期第 2 四半期決算概要 2. 下期及び通期業績計画 3. 今後の取り組み 4.Appendix

Agenda 年 2 月期第 2 四半期決算概要 2. 下期及び通期業績計画 3. 今後の取り組み 4.Appendix

 お客さまの利便性の向上対策 - 売場改装(18店舗)による来店動機の創出(主に、食品・ハウスホールド商品の導入)  「ポイントカード会員の拡大*」「ポイントカードを利用した会員向け販促の推進」 * 月間来店カード会員数 : 既存店128万人、全店140万人 (2018/2 第2四半期累計平均)

27 さらに読み込む

Show all 10000 documents...