本WGにおける検討課題の詳細②(案)

Top PDF 本WGにおける検討課題の詳細②(案):

(参考)「推奨ルート案検討の視点」に基づくルート案の総合評価(詳細評価) 沖縄鉄軌道計画案づくりの構想段階における概略計画(案)等に関するご意見募集について/沖縄県

(参考)「推奨ルート案検討の視点」に基づくルート案の総合評価(詳細評価) 沖縄鉄軌道計画案づくりの構想段階における概略計画(案)等に関するご意見募集について/沖縄県

上下分離方式場合、  ・Cは、利用者も一定程度見込め路線延長も比較的長くもなく、収入と支出バランスが比較的   良いこと  ・C派生は、路線延長は比較的長いものの、定期ではなく普通運賃で長距離利用が想定される   ため、一人あたり運賃収入高い観光需要を含め利用者が多く、収入が最も多く見込めること から、都市鉄道において事業実施目安となっている開業後30~40年以内で黒字転換は可能。
さらに見せる

9 さらに読み込む

内容 セーフガード政策と世界銀行の目標 目的と狙い スケジュール 基準案 コンサルテーションのアプローチ 検討課題 2

内容 セーフガード政策と世界銀行の目標 目的と狙い スケジュール 基準案 コンサルテーションのアプローチ 検討課題 2

4. 国内制度によってプロジェクトが環境・社会基準( ESS)に実質的に合致した目的達成が可能になる場 合における、影響環境・社会リスク管理と評価における借入国国内制度役割 5. 借入国国内制度によってプロジェクトが ESSに実質的に合致した目的達成が可能になる場合評 価方法など、借入国国内制度活用に関する意思決定アプローチ、ならびに世銀裁量行使 6. 高リスク/実質的リスクがあるプロジェクトにおける借入国国内制度役割
さらに見せる

17 さらに読み込む

○○○の課題と検討

○○○の課題と検討

介護報酬上乗せ具体的な対応方法について ○ 消費税率引上げにより、介護サービス施設・事業所仕入れ等にかかる消費税負担が増大する ことから、引上げに伴う影響分を補填するため、介護報酬へ上乗せ対応を行うべきではないか。 ○ その場合、消費税率8%引上げ時介護報酬による対応について、介護報酬考え方と診療報酬 における過去対応、医療保険にかかる対応議論動向を踏まえながら、消費税対応分手当 方法考え方を検討する必要があるが、基本単位数及び消費税負担が相当程度見込まれる加算単 位数へ上乗せ(下記1-2)としてはどうか。
さらに見せる

10 さらに読み込む

放射線治療における看護ケアの研究の現状と課題 : 国内外文献の検討

放射線治療における看護ケアの研究の現状と課題 : 国内外文献の検討

看護職関わる放射線療法に対するケア国内文献は, 157件中27件であった。 それに引き換え, 国外文献は161 件中55件であった。 件数だけでは, 国内文献は少ないが, 除外された130件中には各施設紀要や商業誌に掲載 されており, 一般化されるような研究も含まれている可 能性も否めない。 本学大学病院ように, 看護質と 実践能力向上ため教育機関と連携して看護研究支援 を受けられるようなシステムを持つ施設は多い。 そのた め, 臨床現場における卒後教育や看護系大学教員と 共同研究が進むことで, より良い看護ケア確立に寄与 できると考える。
さらに見せる

11 さらに読み込む

目次 1. 検討の対象とする施設 本答申における 公の施設 の定義 本答申において検討の対象とする施設 検討の対象とする3 施設の概要 本委員会における検討の進め方 公的関与の必要性の検討 単体

目次 1. 検討の対象とする施設 本答申における 公の施設 の定義 本答申において検討の対象とする施設 検討の対象とする3 施設の概要 本委員会における検討の進め方 公的関与の必要性の検討 単体

通常基礎沈下量と基礎不同沈下による傾斜角は半壊とならず、また基礎被災度 区分判定調査においても小破であるが、杭が破損している状態では復旧不適当と判定。 ⑦施設運営現状と課題 住民生涯学習ニーズは一層と高まっているものの、施設利用者層年齢偏り、固定 化が見られた。また、現在は益城町公民館を含む社会教育施設が被災したため、十分な教 育環境が整っていない。
さらに見せる

11 さらに読み込む

推論・判断課題における二重過程説の検討

推論・判断課題における二重過程説の検討

容となっていなかった可能性がある。 合 察 研究では,ヒューリスティクス課題とステレオ タイプ的判断課題 2種類課題を い, 析的処 理過程を促進する教示によって,直観的処理過程に よるゆがみや偏りが抑制されるかどうかを検討し た。実験 1では,「冷静かつ客観的・論理的にじっく りと判断して」と教示したが,外国人ステレオタイ プ課題以外では日常的な直観的過程で判断した群と 間に有意な差を見いだすことができなかった。そ こで,実験 2では「大学生でも間違えやすい」こと を強調する教示に変えたところ,多く課題でゆが みや偏りが抑制された。これにより,教示効果に 関する仮説 1と仮説 2は支持されたと言えるが,教 示方法によって効果が異なることが示唆された。 実験 1教示では,冷静さ,客観性,論理性といっ た 析的過程特徴を直接強調することで,直観的 過程による思 を抑制することが意図された。実際 に,自己報告による操作チェックでは,これにより 析的過程が促進されたことが確認されている。し かし,課題に対する回答には大きな影響を与えてい なかった。つまり,冷静に論理的に えた結果とし て,直観的過程によるゆがみや偏りがそのまま追認 されていた可能性がある。それに対して,仮説が支 持された実験 2教示では,どのように えるべき かを示す代わりに,直観的に思い浮かんだ答えが間 違えている可能性が高いことを示唆し,客観性や論 理性をもとに再 を促すものであった。この教示に よって,参加者は一度直観的に思いついた回答を意 識し,それに対して反省的な思 を加えることがで きたと思われる。Epstein,et al.(1992),Epstein,et al.(1996)では,一人参加者が同じ課題に対して 異なる教示下で複数回判断することで,教示効 果を明らかにしたが,研究実験 2教示もその ような段階を踏んだ思 を促す効果があったものと
さらに見せる

14 さらに読み込む

JAIST Repository: 質問応答システムにおける詳細な質問タイプの同定手法の実装と評価 [課題研究報告書]

JAIST Repository: 質問応答システムにおける詳細な質問タイプの同定手法の実装と評価 [課題研究報告書]

質問応答システムは幾つかサブシステムから構成され、質問文解析・質問タイプ同 定・回答候補抽出・回答選択といった処理が行われる。質問応答システムを構成する要素 技術は、自然言語処理や大規模データ解析等、様々な分野に応用することが可能であり、 情報化社会において重要性高い技術である。課題研究では、質問応答システム構成 要素うち、質問タイプ同定に焦点を当てている。質問タイプとは、質問文が問うてい る事柄を分類したものである。例えば「メリッサというコンピュータウィルスを作った は誰ですか?」という質問文に対する回答は「デービッド・スミス」であるが、人名を問 うているので、この場合質問タイプは「PERSON」となる。他にも、地名が問われて いることを示す「LOCATION」や、企業名が問われていることを示す「COMPANY」等 質問タイプが用意される。
さらに見せる

39 さらに読み込む

呼称課題におけるオノマトペヒントの有効性についての検討

呼称課題におけるオノマトペヒントの有効性についての検討

(2 群馬大院・保・リハビリテーション学) 【目 的】 失語症者喚語困難に対する呼称練習では, 呼称促進ためヒントが用いられている.呼称促進ヒ ントとしては,音韻的ヒントと意味的ヒントがあり,意 味表象練習としては意味ヒントが重視されている.近 年オノマトペ ( 擬声語事で「ワンワン」「バラバラ」な ど)が音韻的,意味的側面双方を持つ事が着目されて きている.しかし,意味ヒントと同等呼称促進がなさ れるかについて検討は少なく,呼称促進ヒントとし て有効性について知見が乏しい.今研究では,オノマ トペが意味ヒントと同等呼称促進ヒントとしてなり うるかその効果について,失語症者を対象とした呼称課 題を通し検討したので報告する.【方 法】 予備調査 として 20代∼90代 常者 54名 ( 男性 21名,女性 31 名,不明 2名)を対象に 150語オノマトペからイメー ジしやすい単語を書き出してもらい, 常者間で一致率 高い単語 30語と,一致率低い 30語計 60語を課 題語として選出した.調査では軽度∼中等度運動性 失語を呈した失語症者 11名 ( 男性 6名,女性 5名)を対 象に, 予備調査で選出した課題語で呼称課題を 60題行 い,喚語困難であった語に対して,意味ヒントとオノマ トペヒントを提示した.どちらヒントを先に提示する かは 30題づつランダムに配置した.【結 果】 全症例 を通して,意味ヒントで呼称促進数は 41題で,オノマ トペヒントで呼称促進数は 44題であった.t検定でオ ノマトペヒントと意味ヒント間で呼称促進数に有意差は 認められなかった.【 察】 意味ヒントとオノマト ペヒントで呼称促進数に有意差は見られず,オノマト ペヒントは意味ヒントと同等に呼称を促進できるヒント として有効性が認められたと えられる.
さらに見せる

1 さらに読み込む

目 次 1. 本事業の目的と概要 背景及び事業の目的 本事業の実施内容 本事業の実施方法 事業内容の詳細 なでしこ銘柄 選定基準検討委員会の設置 運営 委員名簿

目 次 1. 本事業の目的と概要 背景及び事業の目的 本事業の実施内容 本事業の実施方法 事業内容の詳細 なでしこ銘柄 選定基準検討委員会の設置 運営 委員名簿

また、今年度からは「なでしこ銘柄」選定におけるスクリーニング基準を変更いたし ました。平成 28 年 4 月女性職業生活における活躍推進に関する法律(以下、「女性 活躍推進法」 )施行を受け、行動計画を策定していること(従業員数 300 人以下企業を 除く) 、厚生労働省「女性活躍推進企業データベース」に「女性管理職比率」を開示し ていることを一次スクリーニング基準としています。これら基準を通過した企業につ いて、女性活躍度調査スコアリング結果や、財務指標( ROE)によるスクリーニング等 を経て、 28 業種ごとに「なでしこ銘柄」を選定しています。各業種からそれぞれ 1~2 社(企 業数が相対的に多い業種は 2 社まで)選定することを基本としていますが、平成 27 年度よ り、さらに各業種選定枠次点中で、一定程度水準企業を、+αとして選定するこ ととしました。
さらに見せる

207 さらに読み込む

今後の新エネルギー導入に向けた国の施策の在り方

二元代表制における議会の在り方検討会報告書(骨子案)

ここでは、議会団体意思、機関意思として政策形成へ議会関与について 検討する。 ア 意見書・決議による政策表明 議会は様々な住民を代表する議員により構成されている。また、政治的な共 通目標を有する議員が会派を形成している。このため、執行機関からすると特 定議員、あるいは、特定会派から政策提言があっても対立する意見を持 つ議員、あるいは、会派が存在する場合には、その取扱いに苦慮することにな る。こうしたことからも、例えば、予算に関する重点配分などを意見書・決議 により議会意思として表明することが考えられる。意見書・決議は、法的な 強制力はないものの、事実上長を拘束するものであり、今後活用してゆくこと が望まれる。議会は長に比べ政策に対して知識・情報量、サポート体制にお いて圧倒的な格差があり、現時点において、詳細な行政執行面に及ぶ政策提言 を行う能力を有しているとは言いがたい。しかしながら、意見書・決議により 政策提言を行う場合には、意図する内容が明確であれば問題がなく、長はその 趣旨に従って施策を講じることを検討しなければならない。また、できない場 合には、その理由を説明する責任が生じるものである。
さらに見せる

14 さらに読み込む

エネルギー規制 制度改革アクションプラン (11 月 1 日 ) の概要 重点課題と詳細リスト 現時点で政府が取り組むこととしている又は検討中の事項を 実施 検討事項詳細リスト (77 項目 ) として取りまとめ その中から 3つの柱で計 26 項目の重点課題を特定 1 電力システムの改革 (9 項

エネルギー規制 制度改革アクションプラン (11 月 1 日 ) の概要 重点課題と詳細リスト 現時点で政府が取り組むこととしている又は検討中の事項を 実施 検討事項詳細リスト (77 項目 ) として取りまとめ その中から 3つの柱で計 26 項目の重点課題を特定 1 電力システムの改革 (9 項

⇒防火上必要な安全対策について検討会で結論を得ており、関連法令改正に着手。 ○ 法改正等検討が進んでいる項目(2項目) ・重点番号19:省エネ法における電力ピーク対策積極評価 ⇒次期通常国会で省エネ法改正等について具体的に検討中。 ・重点番号20:需要側電力ピーク対策における供給事業者側協力

7 さらに読み込む

検討の進め方(案)

検討の進め方(案)

(3) FMCサービス契約者が発信する場合、着信者側へ通知が望まれる情報 • 着信者が掛けなおす際に使用してほしい番号として発信者FMC番号 情報通知方法と今後議論が必要なポイント (1)発信者番号表示:①携帯電話では使用中に表示画面を見ることは通常ない。料金につい て通知は、課金される時間違い、各種割引サービス、掛け放題サービス適用など考える と非常に複雑であり、番号による表示だけではわからないケースがある。★実際回線番号 と違う番号を通知できる仕組みを持たせるならば、番号詐称ができないような対策が必要
さらに見せる

15 さらに読み込む

取り組みの背景目的計測点群処理の課題とポリゴン活 体制機能概要と本システムの特徴機能詳細システム構成問合せ先

取り組みの背景目的計測点群処理の課題とポリゴン活 体制機能概要と本システムの特徴機能詳細システム構成問合せ先

1.取り組み背景 国土交通省が推進する、i-Construction 重要施策である、レーザスキャナや3次元モデ ルを活用した、社会資本整備、管理効率化・高度化を図るCIM(※)取組がスター。 しかし、現場で適用にはまだ多く課題が残されています。今回、トンネル施工、検 査工程においてこれら課題を解決し、現場適用を推進していくことを目指しています。

19 さらに読み込む

第5回 資料2 中間取りまとめに向けた追加検討課題(案) 武蔵野市これからの地域コミュニティ検討委員会について|武蔵野市公式ホームページ

第5回 資料2 中間取りまとめに向けた追加検討課題(案) 武蔵野市これからの地域コミュニティ検討委員会について|武蔵野市公式ホームページ

検討課題 集合住宅や地域と接点を持た い人と関係 ン武蔵野市 集合住宅率 高く 集合住宅 居住者や管理組合 地域コミュニテ゛ よう 関わっ いく 大 課題 る ン集合住宅 居住者や管理組合 よう 位置 け また地域コミュニテ゛ 参加

2 さらに読み込む

信託課税における所得計算ルールの課題と理論的検討

信託課税における所得計算ルールの課題と理論的検討

2) 新信託法では,自己信託,受益者等定める旨ない信託,受益証券発行信託等新た な信託制度が導入されている。新信託法では,信託は財産管理又は処分制度であると いうこれまで特徴を残しつつ,受託者義務や受益者権利行使に関する規定整備や, 信託多様な利用形態に対応するため整備がなされており,これらに対応する会計処理 を示す必要があるではないかという意見が多い。企業会計基準委員会では,これまで 信託基本的な会計処理を整理するとともに,今般公布された新信託法による新たな類型 信託等について必要と考えられる会計処理を明らかにするために,実務対応報告を公 表することとした。企業会計基準委員会「信託会計処理に関する実務上取扱い」参照。 3) 所得分配にあたり,注1で述べたように受益者定義が重要であるが,この問題につ
さらに見せる

54 さらに読み込む

別紙 1 治験費用の支払い方法に関するモデル案 ( 一部改訂 ) 治験等適正化作業班における検討の目的及び検討の範囲 本作業班は 新たな治験活性化 5 カ年計画の中間見直しに関する検討会 報告 において掲げられた課題のうち 治験等の効率化に係る以下の事項について検討することを目的に設置された 1)

別紙 1 治験費用の支払い方法に関するモデル案 ( 一部改訂 ) 治験等適正化作業班における検討の目的及び検討の範囲 本作業班は 新たな治験活性化 5 カ年計画の中間見直しに関する検討会 報告 において掲げられた課題のうち 治験等の効率化に係る以下の事項について検討することを目的に設置された 1)

国公立 47 図1:総額に対する支払い割合について、患者スクリーニングにかかる経費は変動費に含まれるか。 私大協 48 治験終了後観察においては、無料で実施されているが検討が必要ではないか 国公立 CRC等人件費についてはその性格上、実施例数有無に依存しない固定的要素(同意説明文書作成など)と、実施例数有無に依 存する変動的要素(被験者へ対応・データ入力・モニタリング対応経費など)両者があり、変動費または固定費どちらか一方に 区分するは困難であると考えます。従いまして、モデルにおいてはCRC等人件費一部は固定費とみなすことといたします。 これらを踏まえて、変動費、固定費項目を以下ように、考えます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

smips産学連携分科会<2004年度第1回> 本年度の進め方(案)検討および 次回分科会のディスカッションポイント検討

smips産学連携分科会<2004年度第1回> 本年度の進め方(案)検討および 次回分科会のディスカッションポイント検討

z 演題:「海外で大学発ベンチャーを立ち上げると言うこと」 z ご講演内容: z 海外で大学発ベンチャー設立経緯 z 英国オックスフォード大学における、折り紙折りたたみを利用したステントグラフ

13 さらに読み込む

< 外力条件 > 海面上昇量 0.10 m 0.30m 0.50m 0.90mについて検討 詳細検討モデル地区の選定 各詳細検討モデル地区において検討対象となる施設等の整理 各施設毎の影響評価方法 ( 影響評価の判断基準 ) 影響評価 各詳細検討モデル地区の影響評価結果及びその特徴の分析 各詳細検討

< 外力条件 > 海面上昇量 0.10 m 0.30m 0.50m 0.90mについて検討 詳細検討モデル地区の選定 各詳細検討モデル地区において検討対象となる施設等の整理 各施設毎の影響評価方法 ( 影響評価の判断基準 ) 影響評価 各詳細検討モデル地区の影響評価結果及びその特徴の分析 各詳細検討

各地区浸水想定被害額特徴 各地区浸水想定被害額評価結果をまとめて示す。人口や資産集積度が高い A 地区 浸水想定被害額が最も高い。また、現況では現在計画諸元を満たしていない未完成部分が各 地に残されているため、浸水想定被害額が大きく評価されている。当然現在計画諸元を満た した施設が完成すれば浸水想定被害額は0円となることから、未整備区間早急な整備が課題 となっている。
さらに見せる

69 さらに読み込む

自動車関係税制のあり方に関する検討会報告書骨子 ( 案 ) 目次 はじめに... 3 (1) 本検討会設置の趣旨 審議の経過等... 3 (2) 本検討会における検討事項... 3 (3) 本検討会の報告について 本検討会の検討に当たっての前提... 4 (1) 検討の前提となるべき事

自動車関係税制のあり方に関する検討会報告書骨子 ( 案 ) 目次 はじめに... 3 (1) 本検討会設置の趣旨 審議の経過等... 3 (2) 本検討会における検討事項... 3 (3) 本検討会の報告について 本検討会の検討に当たっての前提... 4 (1) 検討の前提となるべき事

簡素化観点から、平成 25 年度与党税制改正大綱において、税目として自動車 取得税を廃止し、自動車税に統合する方向を示したことには、一定合理性があると 理解できるものである。 ○ ただ、前述とおり、そもそも自動車取得税は消費税と課税根拠が異なり、消費税 創設時(平成元年度)に物品税が廃止された一方で自動車取得税が存続されたことや 消費税率引上げ・地方消費税創設時(平成9年度)に自動車取得税負担調整が 行われていないこと、欧州諸国でも取得時車体課税と一般消費税と併課が一般的 であることから、二重課税と批判は当たらない。したがって、税目として自動車 取得税を簡素化観点から廃止することとは別に、後述とおり、自動車取得税が持 っていたグリーン化へインセンティブをより強化した環境性能等に応じた課税が求 められていることと関係から、インセンティブとして取得価額を考慮することにつ いては、重要な論点であり、十分に検討すべきである。
さらに見せる

23 さらに読み込む

②日本のエイズ対策の現状と課題

②日本のエイズ対策の現状と課題

感染・未感染を知る方法として、保健所における無料・匿名検査が、早くから全国的に 実施されてきた。VCT という国際基準に沿うこと、検査を拡大することが求められ、2006 年からは 6 月初旬に「HIV 検査普及週間」が設定され、また大都市では近年、受検者便 宜に配慮して夜間・土日検査実施や迅速検査も導入されている。しかし前述ように受 検者数は増えず、自発的な検査で陽性が判明するケースは全報告 3 分の 1 にとどまり、 さらに工夫が求められる。また、商業的な郵送検査も始められているが、医療行為とは見 なされず、指針や規制は検討されていない。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...