本技術の事業化に向けた展開

Top PDF 本技術の事業化に向けた展開:

はじめに 東京ガスグループは チャレンジ 2020 ビジョン の実現に向けたステップ期間 (2015 ~2017 年度 ) として 総合エネルギー事業の進化 グローバル展開の加速 新たなグループフォーメーションの構築 に取り組んできました 本年度は 昨年 4 月の電力小売全面自由化により開始されたエ

はじめに 東京ガスグループは チャレンジ 2020 ビジョン の実現に向けたステップ期間 (2015 ~2017 年度 ) として 総合エネルギー事業の進化 グローバル展開の加速 新たなグループフォーメーションの構築 に取り組んできました 本年度は 昨年 4 月の電力小売全面自由化により開始されたエ

• 新たな価値・サービス事業向け具体的な検討フェーズへ展開します。 • また、お客さまと接点機会において、より良い価値・サービスをご提供できるよう、ライフバ ル・エネスタ・エネフィット等が一丸となってサービス向上努めていきます。 • 新た設立し「東京ガスリビングホールディングス」では、暮らしサービス事業総合設備領域 において、グループ一体的な事業推進体制構築を進めていきます。
さらに見せる

19 さらに読み込む

JAIST Repository: 地方創生に向けた科学技術イノベーション政策の新たな展開に関する考察

JAIST Repository: 地方創生に向けた科学技術イノベーション政策の新たな展開に関する考察

総合戦略 2015 では,まち・ひと・しごと創生関 連戦略・方針等に従って第 5 期科学技術基本計画 始動向けて「地方創生」ため科学技術イノベ ーション推進がより明確強調される等,地域特 性・自律性,オープンイノベーション「場」構 築,人材育成・活用等加えて地域グローバルニ ッチトップ企業等中堅・中小企業が中核となって牽 引するといった事業を想定し出口戦略指向がさ ら強調されている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: 新技術の事業化へ向けた適用経路設定の有効性検討

JAIST Repository: 新技術の事業化へ向けた適用経路設定の有効性検討

DMFC に関する適用経路設定事例研究おい ても、他用途で事業を実現することは、性能向 上や品質安定性、小型など「継続的な技術開発 よる改善事項」へ取り組みが、技術・ノウハウ 蓄積と競争優位性獲得作用し、事業進展有 効 と な る 可 能 性 を 示 し て い る [Kato, Miyazaki (2009)]。すなわち、榊原主張である「幅広いプロ ジェクト着手とその後適用対象絞り込み」だ けでなく、対象市場立ち上がり遅延を想定する と、複数適用候補に対する「適用経路設定」が 必要であることを提示し。この際は、保有技術 展開が可能であり、かつ最終的な市場まで結びつけ ることができる経路を設定する必要がある。 事業進展阻害要因としては、当該技術性能改 善要求、コスト対応だけではなく、既存競合技術
さらに見せる

7 さらに読み込む

車体フレームの軽量化に向けた要素技術と適用事例
                      (広瀬智史)(3.5 MB)

車体フレームの軽量化に向けた要素技術と適用事例 (広瀬智史)(3.5 MB)

1. 緒   言 衝突安全性と環境負荷低減ため車体軽量を両立 するため, 980 MPa を超える引張強度超高強度鋼が車 体フレーム材料として多く採用されている。今後さらな る車体軽量ため,必要性能を満たし上で車体フレー ムで適用される鋼板板厚をスリムさせることが有効で ある。ただし,薄板により生じ易くなる車体フレーム 面外変形が起因となり,剛性低下や車体衝突時変形モー ド変化が生じる懸念や,必要以上スリムにより変形 モードを損なう懸念が考えられる。そのため,単純な材料 置き換えだけでなく,フレーム断面形状改善など工 夫と合わせ,かつ必要な材料を適切配置させるといった 車体開発が適用材料性能を最大限活用するためは望 ましく,今後さらなる車体軽量達成ため求められる 技術となる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

民主化後に新展開を迎えたモンゴルのテレビシステム : 5つの全国向け地上波テレビ放送局を中心に

民主化後に新展開を迎えたモンゴルのテレビシステム : 5つの全国向け地上波テレビ放送局を中心に

優れドキュメンタリー番組をよく放送して いる状況がみえてき。  そして,「海外映画やドラマはその国行っ て購入している」(MNB,TV5),「海外ドラマ を正式購入しようとすると値段がとても高 い。しかし,例えば KBSなら韓国 KBS直 接行って,協力者を紹介してもらって協力関係 者として契約をしたりすると安く買える。番組 交換形もある」 (TV5), 「韓国ドラマを多く放 送している。これは視聴者が求めるからであ る。韓国ドラマ高い人気理由は,韓国習 慣がモンゴルと似ていること,そしてモンゴル 以外日本,台湾,タイなどアジア地域で広く 韓国ドラマブームがあっことと同じ理由で, 韓国ドラマが海外販売を狙って高い企画力と競 争力で制作されことが考えられる」(TV5), 「韓国ドラマだけでなく,アメリカ,ロシアド ラマもよく放送している」 (TV5,TV9)と内 容から,アメリカ商業性強いドラマや70年 間文化を含めて社会さまざまな面で影響を受 けてきロシアドラマ以外も,同じ東アジ ア文化圏国で,親しみが持てる最新韓流ド ラマを中心韓国番組が人気多く放送されて いることがわかる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

原始から近代に至るのり面緑化事業や技術の展開に寄与した人物等の系譜について

原始から近代に至るのり面緑化事業や技術の展開に寄与した人物等の系譜について

3. 河川・土木技術者によるのり面緑化技術 進化系譜  ⑴ 海外工法導入と在来工法存続,融合  明治期入り,新政府はお雇い外国人を招聘し,国家 構築を手伝わせている。総勢 503 名と言われている彼らお 雇い外国人うち,水理工師として港湾,河川改修を目的 として招かれオランダ人は 10 名であっ。当時,水工 技術において世界最高という理由で招聘が決まっ彼らだ が,オランダ人招聘について,当初より反対をしてい 人物が木戸孝允であっ。木戸は遣欧使節団日記『米欧 回覧実記』中で「蘭国ニ山ナシ,急流ナシ…」としてい る。かくしてオランダ人技師たちは招聘されが,高橋裕 による『洪水論』よると,技師デ・レイケ治水は治 山重視であっと明言している。
さらに見せる

6 さらに読み込む

JAIST Repository: 針なし注射のビジネス展開に向けた技術研究と開発効率化

JAIST Repository: 針なし注射のビジネス展開に向けた技術研究と開発効率化

駆動方式違いによる性能,機能分類を行っ.針な し注射器を多種分野で展開するため技術的課題と,それ を解決するため研究,開発効率可能性を示す.また, 研究は Injex 社と共同研究であると同時に,経営分野と技 術分野とが連携し研究である.本稿では,経営分野から見 える針なし注射器ベンチャー・ビジネス成功・失敗要因 (コストや製品品質,方式選定など) 1 ) に対して,技術的 解決が可能な項目関連し研究について報告する.
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: NEDO実用化・企業化促進事業の実用化率向上に向けた制度運営に関する一考察

JAIST Repository: NEDO実用化・企業化促進事業の実用化率向上に向けた制度運営に関する一考察

5.事業期間延長と中断効果について 制度においては、事業実施中テーマを技 術・事業観点から評価を実施し、技術や市場 情 勢 変 対 応 等を 目 的 と し 1 年 間 延 長・開発費増額による開発加速、事業期間途中 おける中断を行っており、「延長」と「中断」 それぞれ制度運営における効果を検証する。検 証用いるデータは図表 10-1~3 記載し事業期間 1 年間延長による開発加速について、 その効果を検証するため実用率を見ていく。 「延長」案件実用率は 24%であり、イノベー ション実用開発助成事業全体実用率より も低いが、「技術開発済み、事業準備中」、「技 術開発継続中」案件を含めて実用・継続割 合を計算すると 69%となり、高い継続性が確認で きる。なお、「延長」を申請しうち不採択 となり助成期間を 2 年間で終え事業者 4 件のう ち、3 件は助成期間後 5 年経過し時点では「開 発中止し、実用断念」となっている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: 我が国における拠点形成事業の最適展開に向けて

JAIST Repository: 我が国における拠点形成事業の最適展開に向けて

URL http://hdl.handle.net/10119/15047 Rights 著作物は研究・イノベーション学会許可もと 掲載するものです。This material is posted here with permission of the Japan Society for Research Policy and Innovation Management.

6 さらに読み込む

13.3 コンクリート構造物の長寿命化に向けた補修対策技術の確立

13.3 コンクリート構造物の長寿命化に向けた補修対策技術の確立

材がひび試験体背面から排出する時間 (以下、 排出時間) と固化後注入充填率を測定する試験を行っ。 試験は、 5℃低温室で実施し、試験体を 12 時間以上存置し状 態において、貫通し縦ひび割れを想定して排出面は開 放し状態で注入を実施し。なお、注入器やシール材 設置作業は、注入時注入材横漏れなどによる影響 が極力少なくなるよう 20℃環境で行っ。注入充填 率測定は、注入材固化が安定する一般的な期間とし て、有機系注入材(以下、有機系)は注入から 1 週間後、 無機系注入材(以下、無機系)は注入から 4 週間後実 施し。注入器とシール材撤去は、有機系無機系共に 注入から 3 日後まで 5℃低温室でそのまま静置・養生 し行っ。試験体を 20℃恒温室で所定期間を 養生し後、図-5.1 示すよう、試験体注入面から 5cm、10cm、15cm 位置で輪切り切断し、ひび割れ 充填されている注入材をルーペで目視計測して注入材 充填分布を 1mm 間隔で測定し
さらに見せる

16 さらに読み込む

JAIST Repository: 地方創生に向けた科学技術イノベーション政策の現状と今後の展開に関する考察

JAIST Repository: 地方創生に向けた科学技術イノベーション政策の現状と今後の展開に関する考察

URL http://hdl.handle.net/10119/14909 Rights 著作物は研究・イノベーション学会許可もと 掲載するものです。This material is posted here with permission of the Japan Society for Research Policy and Innovation Management.

5 さらに読み込む

5Gに向けたプリント配線板技術: 高周波・高機能・高放熱対応化

5Gに向けたプリント配線板技術: 高周波・高機能・高放熱対応化

白幡  大樹  近年、移動通信システム高速・大容量が急速進み、 2020年以降運用拡大する第5世代移動通信システム (5G)向け、通信部品求められる性能要求は大幅 アップしている。第4世代LTE (Long Term Evolution)と 比べ、最大通信速度が20倍、伝搬遅延時間が1/10以下、多 数同時接続機器数が30倍程度なるためである。  OKIサーキットテクノロジー(以下、OTC)は、 OKIグルー プEMS事業中でプリント配線板設計・開発・製造を 行っている会社である。OTC主なお客様は、通信・計測 機器分野であり、 この分野では5G向け開発スピード は日々加速している。
さらに見せる

4 さらに読み込む

平成 30 年度 質の高いエネルギーインフラの海外展開に向けた事業実施可能性 調査事業 メキシコ合衆国 太陽光発電と電力系統安定化技術 の導入による質の高い工業団地 実現可能性調査事業 報告書 平成 31 年 3 月 日鉄住金物産株式会社 EY 新日本有限責任監査法人

平成 30 年度 質の高いエネルギーインフラの海外展開に向けた事業実施可能性 調査事業 メキシコ合衆国 太陽光発電と電力系統安定化技術 の導入による質の高い工業団地 実現可能性調査事業 報告書 平成 31 年 3 月 日鉄住金物産株式会社 EY 新日本有限責任監査法人

10 図 1.2-1 CFE 産業用電力料金推移(バヒオ地域) 出典: CFE ウェブサイトを基調査団作成 また、メキシコはクリーンエネルギー 2 導入促進と温室効果ガス(GHG)排出削減積 極的取り組んでおり、 発電設備容量占めるクリーンエネルギー割合を 2021 年 30%、 2024 年は 35%とし、GHG 排出量を 2030 年まで BAU(Business As Usual)比で 22%削 減する目標を掲げている。その導入促進策一環として、クリーンエネルギー発電事業 は、発電電力量応じて、卸電力市場で売買が可能なクリーンエネルギー証明書(Certificados de Energías Limpias:CEL)を発行する制度を開始し。主「有効な制度・枠組み」 、 「関連 投資および資金調達」、 「関連ビジネスバリューチェーン」 、 「GHG 対策」 4 つ指標 基づき評価される、ブルームバーグ・ニューエナジー・ファイナンスが毎年発表する、新興 国・途上国中で再生可能エネルギー競争力指数において、メキシコは、特に GHG 対策 が高く評価され、2017 年は第 4 位ランクされている。
さらに見せる

82 さらに読み込む

JAIST Repository: 「科学技術イノベーション政策の科学」の構造化に向けて

JAIST Repository: 「科学技術イノベーション政策の科学」の構造化に向けて

2. 「科学技術イノベーション政策科学」 「構造」を目指して 「構造目的 「科学技術イノベーション政策科学」は、関連 する諸科学知見を広く結集して、新たな研究領 域形成を目指し発展することが期待される。そこ で得られる成果は、科学的方法論開発終わら ず、政策形成や社会実践場で広く活用でき る必要がある。そのため、主要な政策課題を抽出 するとともに、それ対応するため研究において 究極的何を明らかしなければならないかという 問い―「明らかすべき課題」―を追求し、これらを、 政策担当者を含め関係者間で共有し、応えてい くことが必要となる。さらに、個別得られる知見を 蓄積し、実践で活用されやすいよう構造知 識体系構築が必要となる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ワイヤレス電力伝送(WPT)技術の実用化に向けた動向と今後の取り組み 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

ワイヤレス電力伝送(WPT)技術の実用化に向けた動向と今後の取り組み 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

7. おわり  ワイヤレス電力伝送システム実用向け準 備がある程度終わり、いよいよ本格的な実用が始 まる状況なっている。今後は、広い分野で多く WPTシステムが普及していくことを想定して、そ ため必要な技術開発を行うことが重要なって いくと考えられる。現在、我が国 WPT技術は、 世界的見て上位ポジションあるが、 普及 フェーズにおける課題に対する検討や技術開発を早 期かつ積極的行うことにより、国際競争力を維持 し更に強固できると考えられる。この分野研究 開発、実用関わる関係者今後努力とその成 果大いに期待する。
さらに見せる

9 さらに読み込む

「地域の活性化」に向けた取り組み : 和歌山商工会議所平成22年度実施事業

「地域の活性化」に向けた取り組み : 和歌山商工会議所平成22年度実施事業

和歌山特産品や観光情報を取り揃えアンテナショップ「わかやま喜集館」が入居し ている施設「東京交通会館」において、和歌山商工会議所認定「わかやま自慢品」をは じめとする特産品販売や観光情報発信を大都市東京で集中的展開することで、和歌山 特産品や観光ニーズ等ヒット商品可能性を探り、地域商業活性繋げる事を目的 とし初めて試みでし
さらに見せる

4 さらに読み込む

JAIST Repository: 支援項目の逐次の最適化を通じた支援制度の持続的展開 : 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の事例から

JAIST Repository: 支援項目の逐次の最適化を通じた支援制度の持続的展開 : 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の事例から

そのような方法論中で,ロジックモデルは NPM 理論を支援する基本的ツールとして定着しており,行 財政改革実践中で適用されてき実績を有している.ロジックモデルとは最終的な成果を設定し, それを実現するため具体的どのような中間的な成果を必要とし,またそのような成果を得るため はどのようなデータ収集を行う必要があるかを体系的明示するためツールである(図-1) .欧米 諸国ではロジックモデル作成マニュアルも提案され,幅広く適用されている 3 .わが国においても,平
さらに見せる

5 さらに読み込む

HOKUGA: 流通における延期的システムの展開と類型化に向けての試論

HOKUGA: 流通における延期的システムの展開と類型化に向けての試論

予測をして見込み生産を行い,小売店を通し て販売を行う 間接流通・見込み生産 で ある。一方,デルは,顧客から注文よっ てパソコンを組立てる受注生産を行い,製品 を直接顧客へ発送する形態をとってい。コ ンパックは,強力な設計部門と製造部門をも ち,他社より開発期間が短く,一定期間は最 高機能パソコンを供給することができ。 当時, 設計速さ によって,早く新技術を 導入し製品を市場出して成功してき。 一方で,デル競争優位性は, 設計速 さ ではなく, 供給速さ と カスタマイ ゼーション あっ。ほしい時ニーズ 合っ仕様製品を入手したい,という顧客 要求応えらものであっ。新製品開発期 間企業間格差が小さくなり,新製品デザ インや機能差があまりなくなると,コン パック 設計速さ よりも,デル 供 給速さ と カスタマイゼーション が競 争優位性として重要なってきてい。 間 接流通・見込み生産 では流通在庫が多くな るに対して, 直接流通・受注生産 ではほ とんど流通在庫を持たずすむからである。 パソコンライフサイクルは非常短いので, 流通在庫を多いと,新製品発売時多く 旧モデルが残り,新製品を強く売りこめない。
さらに見せる

20 さらに読み込む

JAIST Repository: 製品アーキテクチャ論に基づく日本企業の標準化・事業戦略 : 低コスト大量普及と企業収益の共存に向けた標準化論構築に向けて(標準化 (3))

JAIST Repository: 製品アーキテクチャ論に基づく日本企業の標準化・事業戦略 : 低コスト大量普及と企業収益の共存に向けた標準化論構築に向けて(標準化 (3))

製品アーキテクチャ論基づく日本企業標準・事 業戦略 : 低コスト大量普及と企業収益共存向け 標準論構築向けて(標準 (3)) Author(s) 小川, 紘一; 新宅, 純二郎; 善本, 哲夫 Citation 年次学術大会講演要旨集, 21: 969-972 Issue Date 2006-10-21

5 さらに読み込む

日本の宇宙の開発・利用の事業化、産業化に向けて

日本の宇宙の開発・利用の事業化、産業化に向けて

(2) 次世代型ハイパーセンサー 開発と衛星搭載 今後、ISS搭載される予定ハイパースペ クトルセンサーは、「スペクトル分解能」 差別を目指して、これまで判別できなかっ 石油、鉱物、陸上および海岸線植生、生 態系把握を可能する。ISS搭載終了後 は、その機能を日本として持続的保持・進 させることが得策であると考えている。従 って、次世代ハイパースペクトルセンサー を開発して、たとえばこれから環境観測衛 星へ搭載センサー一部とする方向で検討 することが期待される。これが、日本企業 ハイパーデータ継続利用つながり、内外 小型衛星ミッション向け超小型ロケット
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...