有価証券および

Top PDF 有価証券および:

有価証券報告書 有価証券報告書|IRライブラリ|IR情報|株式会社 グランディーズ 有価証券報告書29.3.24

有価証券報告書 有価証券報告書|IRライブラリ|IR情報|株式会社 グランディーズ 有価証券報告書29.3.24

  (5)法務に関するリスク ① 法的規制について 当社は、宅地建物取引業の免許および建設業の許可を取得し、建築士法に基づく登録等を行って不動産販売や 建築請負の事業を展開しておりますが、これらの事業は宅地建物取引業法、都市計画法、建築基準法その他、多 くの法令や自治体の定める条例等による法規制を受けております。そのため当社では法令遵守を徹底し、免許等 の取消事由や更新欠格事由が発生しないように努めておりますが将来、当社の免許等が何らかの理由により取消 し等になったりした場合には、当社の事業活動が大幅に制約されることとなり、当社の経営成績等に影響が及ぶ 可能性があります。
さらに見せる

61 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

当社は、監査役制度を採用しており、監査役7名 (社外監査役4名を含む) は、監査役会が定 めた監査の方針および実施計画に従って監査活動を実施し、コーポレート・ガバナンスの一翼を 担っています。また、当社は、監査役監査を支える人材・体制を確保しています。社外監査役か らは、公正・中立な立場で、専門分野を含めた幅広い経験、見識に基づいた助言をいただいてい ます。現在当社には、社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針はありません が、証券取引所の規則等の独立性に関する諸規定を参考に選任しており、社外監査役の選任状況 は適切であると考えています。内部統制・内部監査の状況については、監査役会、「CSR委員 会」を通じて、また、会計監査については、会計監査人により監査役会を通じて社外監査役を含 む監査役に報告されています。内部監査に関しては、経営者直轄の独立した専任組織が、体制面 の充実をはかり、財務報告に係る内部統制の有効性の評価を米国企業改革法第404条ならびに金融 商品取引法第24条の4の4第1項に従い、行っています。これらの監査役監査および内部監査 に、外部監査人による会計監査を加えた3つの監査機能は、財務報告に対する信頼性向上のた め、定期的に、あるいは必要に応じて随時会合をもち、それぞれの監査計画と結果について情報 共有、意思疎通をはかりながら、効率的で実効性のある監査を実施しています。なお、当社の当 連結会計年度および当事業年度の会計監査業務を執行した公認会計士は笹山勝則、木内仁志、白 畑尚志、および市原順二であり、あらた監査法人に所属しています。当社の会計監査業務に係る 補助者は、公認会計士65名、会計士補等34名、その他27名です。
さらに見せる

199 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

          自動車事業における主な製品は次のとおりです。     金融      当事業においては、主として当社および当社の関係会社が製造する自動車および他の製品の販売を補完 するための金融ならびに車両および機器のリース事業を行っています。国内では、トヨタファイナンス㈱ 等が、海外では、トヨタ  モーター  クレジット㈱等が、これらの販売金融サービスを提供しています。  

11 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

  ②自動車市場の需要変動 トヨタが参入している各市場では、今までも需要が変動してきました。各市場の状況によって、自動車の販売 は左右されます。トヨタの販売は、世界各国の市場に依存しており、各市場の景気動向はトヨタにとって特に重 要です。当連結会計年度においては、世界経済については、米国において個人消費の堅調な推移などにより景気 は回復が続き、欧州については、ユーロ圏では緩やかに回復しました。一方、中国をはじめとするアジア新興国 等では弱さがみられました。日本経済については、個人消費などに弱さがみられたものの、緩やかな回復基調が 続きました。自動車業界においては、市場は米国を中心に堅調に推移しましたが、一部の新興国での停滞や、日 本での増税に伴う軽自動車販売を中心とした落ち込みがみられました。このような需要の変化は現在でも続いて おり、この状況が今後どのように推移するかは不透明です。今後トヨタの想定を超えて需要の変化が継続または 悪化した場合、トヨタの財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローが悪影響を受ける可能性があります。ま た、需要は、販売・金融インセンティブ、原材料・部品等の価格、燃料価格、政府の規制 (関税、輸入規制、そ の他の租税を含む) など、自動車の価格および自動車の購入・維持費用に直接関わる要因により、影響を受ける 場合があります。需要が変動した場合、自動車の販売台数の減少や販売価格の低下などが起きる可能性があり、 それによりトヨタの財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローが悪影響を受けるリスクがあります。  
さらに見せる

184 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

当社グループを取り巻く市場環境は、国内においては、輸出の低迷から製造業の生産活動は弱い動きが続き、設 備投資も慎重な動きがみられました。海外においては、東アジアの電子産業を中心に設備投資延期の動きがみられ るなど、生産活動とともに減速感を強めました。 このような中、当社グループは、中期経営計画「MVP-22」(Maximize Value Proposition 2022)の2年目であ る当期において、水処理薬品、水処理装置、メンテナンス・サービスの製品・技術・サービスを駆使し、顧客や社 会が抱える課題を解決する総合ソリューションの展開を加速させました。また、マーケティング・営業・技術・開 発が一体となり、製品・技術・サービスと契約方法を包含した水平展開可能なソリューションモデルの創出を進め ました。この成果として、製紙工程において機器とIT・センシング技術を組み合わせて水処理薬品の効果を最大化 し、工場内の水質改善と生産性向上に寄与するモデルなど、6件のモデルを完成させました。さらに、総合ソリュ ーションを推進する体制として、国内においては、市場別・地域別の営業体制を強化するため、水処理薬品、水処 理装置、メンテナンス・サービスの営業機能を一つの営業本部に統合しました。また、水処理薬品及びメンテナン ス・サービスの提供を行う新会社「クリタ北関東株式会社」を設立しました。海外においては、前期に買収し米国 子会社となったU.S.ウォーター・サービス,Inc.との生産・販売機能面でのシナジーの早期実現を図るため、同社 と既存の米国子会社であるクリタ・アメリカInc.、フレモント・インダストリーズ,LLCを合併し、全米での総合ソ リューション提供に向けた事業基盤を整備しました。また、RO膜(逆浸透膜)薬品とRO膜管理サービスを提供する 米国のアビスタ・テクノロジーズ,Inc.および英国のアビスタ・テクノロジーズ(UK)Ltd.(以下「アビスタ・テ クノロジーズ社」という)を買収し、グローバル市場で高い競争力を持つRO膜薬品の技術と事業モデルを獲得し、 展開しております。さらに、海外での精密洗浄事業展開と電子産業分野での競争力強化に向けて、米国のペンタゴ ン・テクノロジーズ・グループ,Inc.の株式を追加取得し子会社化する契約を締結しました。
さらに見せる

142 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

特に、TASKクラウドサービスは、当社データセンターを運用拠点として全国の市区町村が共同で利用(単独利用・ 複数団体による共同利用のいずれも可)する単一のパッケージシステムであり、国が推進する「自治体クラウド」の観点 から注目されています。 当期においては、平成29年秋に本格運用を開始する国・地方間での情報連携に向けて、基幹系業務(住基・税・福祉な ど)システム「新世代TASKクラウド(番号制度対応版)」※の機能強化および第二次開発(12システム)に取り組ん だほか、顧客団体における総合運用テストなど対応準備を支援しました。また、全国19都市で開催した「TASKクラウ ドフェア2017」では例年を上回る約400団体、約1,400名が参加し、研究・開発中のプロトタイプ版システムを含め当社の 最新ソリューションを紹介しました。
さらに見せる

125 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

動画投稿サイトに、H D 画質の動画をアップロードすることができます。 Q 2n ④ マルチトラックレコーダー( M TR) マルチトラックレコーダーは、複数のトラック( 録音データの単位) を自由に選択し、録音/ 再生 を行う事ができる録音機器で、ベースとなる曲を作成し、別トラックに歌、更に別トラックに 音階の異なる歌を録音するといった多重録音ができる製品です。平成29年8月には、マルチト ラックレコーダー、オーディオインターフェースおよびオーディオミキサーを統合した製品L- 12を発売しております。
さらに見せる

88 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

3【事業の内容】 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、国内に7社の連結子会社、海外に1社の子会社と1社の関連会社か ら構成されております。当社は創業以来、証券調査レポートに関連する「電子媒体」と「紙媒体」の両方でのサービ スを提供することで、ユニークな金融情報ベンダーとしての地位を築き上げてきました。その後、上場企業および投 資信託のディスクロージャーといった会社法・金融商品取引法関連の金融・財務ドキュメント分野でのサービスも開 始いたしました。現在、証券会社、機関投資家、上場企業などにご利用いただいており、ウェブ、E-mail、F ax、動画、印刷などのあらゆる情報伝達媒体をカバーした情報提供・情報処理サービス事業を展開しております。 当社グループのセグメントは、1.投資情報事業、2.ドキュメントソリューション事業、3.ファンドディスク ロージャー事業、4.ITソリューション事業、5.その他事業に分かれており、国内の7社の連結子会社、海外の 1社の子会社と1社の関連会社もこれに関連した事業を展開しております。
さらに見せる

83 さらに読み込む

有価証券報告書 株主・投資家情報  有価証券報告書 | 株式会社ラクト・ジャパン

有価証券報告書 株主・投資家情報 有価証券報告書 | 株式会社ラクト・ジャパン

文中の将来に関する事項は、提出日現在において当社グループが判断したものであります。 (1)重要な会計方針および見積り 当 社 グ ル ー プ の 財 務 諸 表 は 、 わ が 国 に お い て 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 め ら れ て い る 会 計 基 準 に 基 づ き 作 成 さ れ て おります。その作成には、経営者による 会計方針 の選択・適用、資産・負債および 収益・費用の報告金額ならびに 開 示 に 影 響 を 与 え る 見 積 り を 必 要 と し て お り ま す 。 経 営 者 は 、 こ れ ら の 見 積 り を 行 う に あ た り 、 過 去 の 実 績 等 を 勘 案 し 合 理 的 に 判 断 し て お り ま す が 、 実 際 の 結 果 は 、 見 積 り に よ る 不 確 実 性 の た め 、 こ れ ら の 見 積 り と 異 な る 結 果 を も た ら す 場 合 が あ り ま す 。 な お 、 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 当 た っ て は 、 当 社 グ ル ー プ の 連 結 財 務 諸 表 で 採用する 重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項 連結財務 諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。
さらに見せる

100 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

また、取引先別の信用・取引状況に応じた極度額を設けることにより取引先の不履行による信用リスク を管理しております。 (ⅴ)市場リスクに係る定量的情報 当社グループにおいて市場リスクの影響を受ける主たる金融商品は、割賦債権、リース債権及びリース 投資資産、営業貸付金、その他の営業貸付債権、有価証券及び投資有価証券、短期借入金、コマーシャ ル・ペーパー、社債、長期借入金、債権流動化に伴う支払債務であります。当社グループでは、当社及び 主要な連結子会社に係るこれらの金融商品に関する市場リスクを、バリュー・アット・リスク(VaR)を用 いて把握しております。なお、VaRの算定にあたっては、ヒストリカル・シミュレーション法(保有期間1 年、信頼区間99%、観測期間5年)を採用しております。
さらに見せる

141 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

お この変更がコグメント情報に える影響 ありません。 各事業区分に属する主要 製品及び役務 外部顧客に対する売上高の消去又 全社の項目に記載した金額 不動産賃貸収入 あります。 営業費用のう 消去又 全社の項目に含 た配賦不能営業費用の金額 ありません。当連結会計 度よりグ ループ の事業再編に伴い 従来配賦不能 あった営業費用を各コグメントに全額配賦し おります。 資産のう 消去又 全社の項目に含 た全社資産の金額 当連結会計 度ィ,ィ17,7年1千 あり 主 し 当社の余資運用資金 現金及び預金 らびに暼価証券 長期投資資金 投資暼価証券 及び管理部門 に係る資産等 あります。
さらに見せる

137 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

その結果、売上高は1,855億12百万円となりました。 損益面では、新規出店及びコスト構造改革に伴う投資を先行させたため、営業損失は12億77百万円と なり、経常利益は9億89百万円となりました。 また、㈱ イト・スペード ジャパンの株式売却による関係会社株式売却益27億50百万円、固定資産 売却益及び投資有価証券売却益な により64億 百万円の特別利益を計上する一方、グループ再編に伴 う関係会社整理損な による46億25百万円の特別損失及び法人税等とし 39億60百万円を計上したこと な により、当社グループの当期純損失は17億79百万円となりました。
さらに見せる

172 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

  その結果、 売上高は概ね計画通りの1, 477億99百万円となりました。 損益面では、 一部子会社の棚卸資産 評価率の見直しによる売上原価の増加をはじめ、 M&Aに伴うのれん代の償却負担の増加、 並びに新ブラ ンド開発や広告宣伝の強化など先行投資を実施したことにより、 営業損益は68億56百万円の損失となり、 営業外費用として投資有価証券評価損56億65百万円を計上したこと等により、 経常損益は122億54百万円

228 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

各事業区分に属する主要 製品及び役務 外部顧客に対する売上高 消去又 全社 項目に記載した金額 動産賃貸収入 あります。 営業費用 う 消去又 全社 項目に含 た配賦 能営業費用 金額 ありません。当連結会計 度よりグ ルヴハ 事業再編に伴い 従来配賦 能 あった営業費用を各コグメンダに全額配賦し おります。 資産 う 消去又 全社 項目に含 た全社資産 金額 当連結会計 度ィんィ17ん7年1千 あり 主 し 当社 余資運用資金 現金及び預金 らびに暼価証券 長期投資資金 投資暼価証券 及び管理部門 に係る資産等 あります。
さらに見せる

122 さらに読み込む

有価証券報告書 有価証券報告書 | 投資家情報 | ロードスターキャピタル株式会社

有価証券報告書 有価証券報告書 | 投資家情報 | ロードスターキャピタル株式会社

( 注) 1. 2017年11月15日開催の取締役会決議により、2017年12月15日付で株式1株につき2株の株式分割を行っております が、2016年12月期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及 び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。 2. 2016年12月期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、当社株式が当時非上場であり、期中平均株 価が把握できないため記載しておりません。また、2017年12月期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ いては、当社株式が2017年9月28日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、新規上場日から当連結会計年 度末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
さらに見せる

82 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

この合併は、実質上 の存続会社であ る旧株式会社イ マジカ・ロボット ホールディング スによる旧株 式会社フォトロンの完全子会社化及び大阪証券取引所JASDAQ証券取引所の上場を維持することに よる旧株式会社フォトロンの少数株主の保護を目的にしたものであります。旧株式会社フォトロンは、 同社のイメージングシステム事業、ソリューション事業及びLSI開発事業を吸収分割により旧株式会 社 フ ォ ト ロ ン の 完 全 子 会 社 で あ る 株 式 会 社 フ ォ ト ロ ン 企 画(現 株 式 会 社 フ ォ ト ロ ン、平 成 22年 11月 設 立)に 承継する ことで同 社を持株 会社化し、当該 合併によっ て旧株式 会社イマジ カ・ロ ボット ホール ディングスの資産、負債及び権利義務の一切を引き継いでおります。なお、事業年度の期数は、形式上 の存続会社である旧株式会社フォトロンの期数を承継し、平成23年4月1日より始まる事業年度を第39 期としております。
さらに見せる

136 さらに読み込む

有価証券の範囲

有価証券の範囲

私がこの要件でよくわからなかった点の1つは、金銭出資者と非金銭出資 者、―――非金銭出資者もいろいろありますが、例えば現物出資者とか労務 出資者が典型です―――、が混在しているようなスキームへの適用です。規 定の文言からすると、出資対象財産がすべて金銭出資によって成り立ってい なくてはならないという制約にはなってないようですから、金銭出資者と非 金銭出資者が混在するようなスキームそれ自体が適用除外になるわけではな くて、金銭等の出資をして取得した者の権利だけが有価証券となって、非金 銭的な出資をした者の取得する権利はならないという整理なのではないかと 思います。その点は、資料として配付させていただいたパブリックコメント に対する金融庁の考え方の中でも、そういうことを前提に整理させたと思い ます(「『金融商品取引法制に関する政令案・内閣府令案等』に対するパブリッ クコメントの結果等について(コメントの概要及びコメントに対する金融庁 の考え方)」 (金融庁、平成 19 年7月 31 日) (http://wwwfsa.go.jp/news/19/ syouken/20070731-7/00.pdf)No.7.8)。
さらに見せる

76 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

この合併は、実質上の存続会社である旧株式会社イマジカ・ロボット ホールディングスによる旧株式会社フォト ロンの完全子会社化及び大阪証券取引所JASDAQ証券取引所の上場を維持することによる旧株式会社フォトロ ン の 少 数 株 主 の 保 護 を 目 的 に し た も の で あ り ま す。旧 株 式 会 社 フ ォ ト ロ ン は、 同 社 の イ メ ー ジ ン グ シ ス テ ム 事 業、 ソリューション事業及びLSI開発事業を吸収分割により旧株式会社フォトロンの完全子会社である株式会社フォ トロン企画(現株式会社フォトロン、平成22年11月設立)に承継することで同社を持株会社化し、当該合併によっ て 旧 株 式 会 社 イ マ ジ カ ・ ロ ボ ッ ト ホ ー ル デ ィ ン グ ス の 資 産、 負 債 及 び 権 利 義 務 の 一 切 を 引 き 継 い で お り ま す。な お、事業年度の期数は、形式上の存続会社である旧株式会社フォトロンの期数を承継し、平成23年4月1日より始 まる事業年度を第39期としております。
さらに見せる

105 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

星注 平0 暻平o日開催 締役会決議 よる あり  取 取 株主資曓等変動計算書 欄外注.[r]

121 さらに読み込む

有価証券報告書

有価証券報告書

当社 表取締役社長塚田眞人 当社 第44期。自 成28 日 至 成29 31日) 価証券報告書 記. 載内容 金融商品取引法 に基 適正に記載さ い こと 確認いたしました[r]

104 さらに読み込む

Show all 10000 documents...