月 に 「 空 家 等 に 関 す る 施

Top PDF 月 に 「 空 家 等 に 関 す る 施:

ホームページのバリアフリー 化 の 推 進 に 関 する 調 査 の 結 果 に 基 づく 勧 告 に 対 する 改 善 措 置 状 況 ( 回 答 )の 概 要 調 査 の 実 施 時 期 等 1 実 施 時 期 平 成 21 年 8 月 から 22 年 6 月 イーガブ 2 調 査 対 象 機

ホームページのバリアフリー 化 の 推 進 に 関 する 調 査 の 結 果 に 基 づく 勧 告 に 対 する 改 善 措 置 状 況 ( 回 答 )の 概 要 調 査 の 実 施 時 期 等 1 実 施 時 期 平 成 21 年 8 月 から 22 年 6 月 イーガブ 2 調 査 対 象 機

→ 11 機関全てにおいて、ホームページの作成を発注する際の仕様書おい て JIS X 8341-3 への対応を求めることとしており、そのうち、4機関(消防庁、 法務省、公安調査庁、文化庁、観光庁)では、既に改善措置を実施 ③ ウェブコンテンツの追加・更新の際チェックツールで JIS X 8341-3:2004 対応しているか否かを確認していないもの(宮内庁、 公正取引委員会、国家公安委員会、警察庁、金融庁、消防庁、e-Gov、 法務省、公安調査庁、外務省、財務省、資源エネルギー庁、特許庁、 中小企業庁、観光庁、気象庁、海上保安庁の 17 機関)
さらに見せる

15 さらに読み込む

整 理 番 号 :1 2 施 策 名 基 本 計 画 該 当 箇 所 戦 略 的 体 制 及 び 運 営 のあり 方 の 検 討 衛 星 測 位 に 係 る 施 策 の 推 進 体 制 の 見 直 し 等 の 検 討 第 1 章 1(1) 地 理 空 間 情 報 の 活 用 に 関 する 関 係 府

整 理 番 号 :1 2 施 策 名 基 本 計 画 該 当 箇 所 戦 略 的 体 制 及 び 運 営 のあり 方 の 検 討 衛 星 測 位 に 係 る 施 策 の 推 進 体 制 の 見 直 し 等 の 検 討 第 1 章 1(1) 地 理 空 間 情 報 の 活 用 に 関 する 関 係 府

該当箇所 第1章2 施策概要 地理空間情報は、様々な主体が整備した多数のデータを共用し重ね合わせて提 供・流通するものであるが、その際、個人情報を含んでいるケース、著作権の対 象となっているケースもあることから、地理空間情報の利用推進の観点から、地理 空間情報を円滑提供・流通させるためのルールを明確することが必要である。 そのため、GISの利活用にあたっての個人情報保護、データの二次利用の地 理空間情報の提供・流通に関する課題の調査・研究を行う。
さらに見せる

32 さらに読み込む

(5) 公 社 等 外 郭 団 体 の 直 し 公 益 法 人 制 度 改 革 : 平 成 20 年 12 月 に 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 す る 法 律 等 が 施 行 され 既 存 の 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 は 平 成 2

(5) 公 社 等 外 郭 団 体 の 直 し 公 益 法 人 制 度 改 革 : 平 成 20 年 12 月 に 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 す る 法 律 等 が 施 行 され 既 存 の 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 は 平 成 2

公益法人制度改革:平 成 20 年 12 「公 益社団法人及び公益財 団法人の認定関す 法律」が施行され、 既存の社団法人及び財 団法人は、平成 25 年 11 月末まで公益社 団法人・公益財団法人 か、もしくは一般社団 法人・一般財団法人へ の移行申請を行うこと が必要となりました。 特に公益法人へ移行 場合、公益目的事業 比率が 50%以上か、 不特定多数の利益増進 寄与するものかの 基準により、厳密判 定されることとなり、 今後の団体のあり方 も大きく影響してきま
さらに見せる

9 さらに読み込む

はじめに Ⅰ 1 事 概 例 の 要 概 要 目 次 234 児 経 童 緯 及 び 家 族 の 状 況 56 関 裁 係 判 に 機 等 により 至 関 からの るまでわからなかったこと 判 明 聞 したこと き 取 り 及 びセンターの 関 わりで 判 明 13 Ⅱ 7 明 虐 らかになった 待

はじめに Ⅰ 1 事 概 例 の 要 概 要 目 次 234 児 経 童 緯 及 び 家 族 の 状 況 56 関 裁 係 判 に 機 等 により 至 関 からの るまでわからなかったこと 判 明 聞 したこと き 取 り 及 びセンターの 関 わりで 判 明 13 Ⅱ 7 明 虐 らかになった 待

Ⅳ まとめ 未受診者・未所属者の把握努めるなかから、保護が必要な子ども、要保護児童対策地域協議 会で情報共有が必要な子どもが把握されていた。ネグレクト自らはサービスを求めてこない 事例の把握は、このよう積極的情報を収集することが重要である。未所属児童は3歳児健 診が未受診である場合が多く、幼児期後半あらためて子どもの養育環境を把握する仕組みを作 というよりは、既存の母子保健サービスの強化が必要と言える。未所属児童が3歳児健診の未 受診関係し、3歳児健診未受診はさらにその前の健診の未受診、4か月児健診未受信は妊娠 時の母子健康手帳交付が少ないこと関係しており、妊娠時からリスクを把握することが求め られる。
さらに見せる

55 さらに読み込む

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

また、障害者からの意思表明のみでなく、知的障害や精神障害(発達障害を含む。) より本人の意思表明が困難な場合は、障害者の家族、支援者・介助者、法定代理人、 コミュニケーションを支援する者が本人を補佐して行う意思の表明も含む。 なお、意思の表明が困難な障害者が、家族、支援者・介助者、法定代理人を伴ってい ない場合など、意思の表明がない場合であっても、当該障害者が社会的障壁の除去を必要 としていることが明白である場合は、法の趣旨鑑みれば、当該障害者に対して適切と 思われる配慮を提案するため建設的対話を働きかけるなど、自主的な取組努めること が望ましい。
さらに見せる

8 さらに読み込む

川越を 知る つ な が っ て い ま す バ ス も あ り 国 内 だ け で は な く 海 外 と も ま た 羽 田 空 港 や 成 田 空 港 行 き の 高 速 移 動 す る こ と が で き ま す 陸 方 面 も 充 実 し 乗 り 換 え な し で 各 地 に 阪 な ど

川越を 知る つ な が っ て い ま す バ ス も あ り 国 内 だ け で は な く 海 外 と も ま た 羽 田 空 港 や 成 田 空 港 行 き の 高 速 移 動 す る こ と が で き ま す 陸 方 面 も 充 実 し 乗 り 換 え な し で 各 地 に 阪 な ど

  市 で は 「 安 心 し て 子 育 て が で き ま ち 川 越 」 を 基 本 理 念 掲 げ た 「 第 2 期 川 越 市 子 ど も ・ 子 育 て 支 援 事 業 計 画 」 を 策 定 し 、 全 て の 子 ど も と 子 育 て 世 帯 応 じ た き め 細 か な 支 援 を 地 域 全 体 で 行 う 取 り 組 ん で い ま 。 そ の 一 つ が 、 6 歳 ま で の 未 就 学 児 が い 、 研 修 を 受 け た ボ ラ ン テ ィ ア の 先 輩 マ マ が 訪 問 ホ ー ム ス タ ー ト 事 業 で 。 同 事 業 は 、 ボ ラ ン テ ィ ア の 先 輩 マ マ が 話 し 相 手 な っ た り 、 一 緒 出 掛 け た り な ど 、 市 内 で の 子 育 て を 応 援 も の で 、 市 外 か ら 移 住 し て き た 子 育 て 世 帯 と っ て は 、 地 域 の 人 々 と つ な が き っ か け も な っ て い ま 。 ま た 、 川 越 市 子 育 て 応 援 サ イ ト 「 マ マ フ レ 」 の 開 設 や 子 育 て 中 の パ パ ・ マ マ の 意 見 を 取 り 入 れ 作 成 し た 川 越 市 子 育 て ガ イ ド マ ッ プ 「 こ え ど ち ゃ ん 」 を 発 行 な ど 、 安 心 し て 子 育 て が で き よ う 、 子 育 て 情 報 を 広 く 発 信 し て い ま
さらに見せる

5 さらに読み込む

企 画 部 企 業 等 の 誘 致 に 関 す 事 項 ( 削 除 市 民 協 働 の 推 進 に 関 す 事 項 ( 削 除 ) 市 民 部 市 民 協 働 の 推 進 に 関 す 事 項 ( 追 加 ) 消 生 活 に 関 す 事 項 ( 追 加 ) 経 済 部 企 業 等 の 誘 致 に 関

企 画 部 企 業 等 の 誘 致 に 関 す 事 項 ( 削 除 市 民 協 働 の 推 進 に 関 す 事 項 ( 削 除 ) 市 民 部 市 民 協 働 の 推 進 に 関 す 事 項 ( 追 加 ) 消 生 活 に 関 す 事 項 ( 追 加 ) 経 済 部 企 業 等 の 誘 致 に 関

① 一般会計予算額 404億1,000万円 (前年度比 13億円 3.3%の増) ※肉付け予算(平成26年6月補正)比 (1億2,074万3千円 0.3%の減) ② 特別会計予算額 380億201万6千円 (前年度比 16億5,459万1千円 4.6%の増) 救急救助体制の強化については、「救急相談センター」の設置、「医療搬送システム」 の導入、自治体間応援の規制撤廃について要望させて頂いたい。それぞれについて前 向きな答弁を頂いたため、実施については時間がかかることが想定されるたが、しっか りとチェックしていきたいと考えている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

目 次 1 1 固 定 系 超 高 速 BBに 関 する 事 業 者 間 連 携 関 係 P.2 2 移 動 系 通 信 に 関 する 新 たな 料 金 施 策 関 係 P.6

目 次 1 1 固 定 系 超 高 速 BBに 関 する 事 業 者 間 連 携 関 係 P.2 2 移 動 系 通 信 に 関 する 新 たな 料 金 施 策 関 係 P.6

利用者・追加アンケート結果(速報)/利用状況、利用サービス 4 ● 競争評価2014では、ドコモ光などのサービス卸関連のサービス(光コラボ)に関して、サービスを知っている とする者(サービス認知者)を対象追加アンケートを実施(2015年3月30日から実施) 。 ● アンケート結果よると、サービス認知者中、サービスを実際利用している者、または既に予約している者の

10 さらに読み込む

また 上 記 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 本 事 務 処 理 要 領 の 改 正 に 関 連 して 外 国 人 住 民 に 係 る 部 分 以 外 のもの( 住 民 基 本 台 帳 カードの 引 越 継 続 利 用 関 係 戸 籍 の 附 票 記 載 事 項 通 知 関 係 等 )については

また 上 記 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 本 事 務 処 理 要 領 の 改 正 に 関 連 して 外 国 人 住 民 に 係 る 部 分 以 外 のもの( 住 民 基 本 台 帳 カードの 引 越 継 続 利 用 関 係 戸 籍 の 附 票 記 載 事 項 通 知 関 係 等 )については

(新設) 第8 住民基本台帳法の一部を改正する法律(平成21年法律第77号) の施行伴う経過措置 1 仮住民票の住民票への移行 住民基本台帳法の一部を改正する法律(平成21年法律第77号) (以下第8において「改正法」という。)附則第3条第1項及び第2 項の規定により作成された仮住民票は改正法附則第1条第1号定め 日(以下第8において「施行日」という。)において住民票なる (改正法附則第4条第1項)。その際,外国人住民となった年月日 代えて,施行日を記載する(改正法附則第6条)。作成の事由として 「法附則第4条第1項により作成」と備考欄記入することが適当で ある。
さらに見せる

62 さらに読み込む

表 3-1(1) 環 境 影 響 評 価 項 目 環 境 要 素 施 設 の 存 在 環 境 影 響 要 因 の 内 容 施 設 の 供 用 工 事 の 実 施 小 項 目 建 築 物 の 存 在 施 設 の 供 用 施 設 関 係 車 両 の 走 行 造 成 等 の 施 工 に よ る 一 時 的

表 3-1(1) 環 境 影 響 評 価 項 目 環 境 要 素 施 設 の 存 在 環 境 影 響 要 因 の 内 容 施 設 の 供 用 工 事 の 実 施 小 項 目 建 築 物 の 存 在 施 設 の 供 用 施 設 関 係 車 両 の 走 行 造 成 等 の 施 工 に よ る 一 時 的

しかし、公共性の高い「水」の活用という点からは、本件地での利用のためだけ下水処理 再生水の送水設備を設置することは困難である。また、約 1.8km 離れた地点位置する下水処 理場から送水導管を引くは莫大な建設費用を要することから費用負担の面でも実現は難しい。 一方、堺市では、堺浜再生水送水事業の継続実施とともに堺浜地区以外への利用拡大つい て可能性が検討されている。平成 23 年 6 の「堺市下水道ビジョン」の中で将来向けた新た な再生水送水の事業モデル構築を掲げられており、具体的は市街地への再生水送水によるヒ ートアイランド対策や CO 2 削減、内川・土居川への再生水送水による河川の水質改善や潤いあ
さらに見せる

79 さらに読み込む

拉致問題等の経緯 日 拉致問題 北朝鮮に に 拉致 拉致 に 日 に 本 る 日本に 北朝鮮 る 北朝鮮に 拉致問題に る に 拉致問題に る に 北朝鮮 拉致 日本人に る 北朝鮮による 日本による 北朝鮮 2

拉致問題等の経緯 日 拉致問題 北朝鮮に に 拉致 拉致 に 日 に 本 る 日本に 北朝鮮 る 北朝鮮に 拉致問題に る に 拉致問題に る に 北朝鮮 拉致 日本人に る 北朝鮮による 日本による 北朝鮮 2

大統領は、拉致被害者御家族と懇談した。日 米の首脳間では、その他の会談や電話会談 おいても拉致問題について話し合っており、 オバマ大統領から、拉致問題についての日本 の立場への支持が繰り返し表明されている。  韓国との間では、2013年 3 の日韓首脳 電話会談において、安倍総理から朴大統領 拉致問題について協力を求め、朴大統領から 拉致問題について我が国と協力していく旨の 発言があった。2014年 8 の日韓外相会談 でも、岸田大臣から、拉致問題解決向けた 協力を求めたのに対し、尹炳世(ユン・ビョン セ)長官から、理解と協力の表明があった。  また、2014年 3 の日米韓首脳会談お いては、安倍総理から、拉致問題に関する米 国及び韓国の一貫した理解と協力謝意を表 しつつ、両国と連携して対応していく旨述べ、 米韓両国から理解を得た。さらに、同年 8 の日米韓外相会合でも、岸田大臣から、拉致 問題についての米韓両国の一貫した理解と協 力謝意を表明している。
さらに見せる

20 さらに読み込む

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

四 日常生活を支援するための保健医療・福祉サービスの連携強化 患者の療養期間の長期化伴い、障害を持ちながら生活する者が多くなったこと 鑑み、保健医療サービスと障害者施策の福祉サービスとの連携を強化することが 重要である。具体的は、国及び都道府県は、専門知識基づく医療社会福祉相談 (医療ソーシャルワーク)やピア・カウンセリングの研修の機会を拡大し、医療機 や地域のNGOと連携した生活相談支援のプログラムを推進することが重要であ 。このため、エイズ治療拠点病院とNGOとの連携構築のための研修の機会の 提供も重要である。また、患者及びその家族の日常生活を支援するという観点か ら、その地域のNGOとの連携体制、社会資源の活用についての情報を周知する 必要がある。
さらに見せる

12 さらに読み込む

幼 児 教 保 全 般 に 関 する 調 査 研 究 () 幼 児 教 センター を 拠 点 した 多 様 な 幼 児 教 保 推 進 現 状 課 題 整 理 幼 児 教 や に 関 する 研 究 結 果 等 情 報 収 集 や 必 要 に 応 じ 調 査 る も を 環 み 充 実 地 施 策 ね

幼 児 教 保 全 般 に 関 する 調 査 研 究 () 幼 児 教 センター を 拠 点 した 多 様 な 幼 児 教 保 推 進 現 状 課 題 整 理 幼 児 教 や に 関 する 研 究 結 果 等 情 報 収 集 や 必 要 に 応 じ 調 査 る も を 環 み 充 実 地 施 策 ね

1 利用者支援 ア)子育て支援情報の発信 〔現状と課題の整理〕  本市は転入・転出の子育て家庭が多いという特徴もあり、分かりやすい子育て支援情 報が求められています。また、地域の子育て支援を推進していくためは、「子育てバリ アフリー」への取り組みに関することなど、きめ細かな情報発信が重要と言えます。  そのため、広報誌やホームページを使った情報発信のほか、屋内・屋外の遊び場情報

5 さらに読み込む

はじめに 本 報 告 書 は,2013 年 5 月 6 月 に 実 施 した 小 笠 原 における 生 活 実 態 に 関 す るアンケート 調 査 の 集 計 結 果 をとりまとめたものである. 当 研 究 室 では, 文 部 科 学 省 の 助 成 および 日 本 離 島 センターのご 協 力

はじめに 本 報 告 書 は,2013 年 5 月 6 月 に 実 施 した 小 笠 原 における 生 活 実 態 に 関 す るアンケート 調 査 の 集 計 結 果 をとりまとめたものである. 当 研 究 室 では, 文 部 科 学 省 の 助 成 および 日 本 離 島 センターのご 協 力

図 37 都会比べて不便だと思う点(複数回答,N=360) 3.まとめ 本アンケート調査の結果,小笠原の買物ではネット通販の利用が進んでいる ことが確認された.特にネット通販の利用が顕著だったのは,雑貨類,衣類, 書籍・ DVD,冷蔵庫などの生活家電やパソコンの購入である.これらの品目で は,雑貨類を除き小笠原内店舗の利用率が低い一方で,小笠原外店舗の利用率 が高い.しかし,本土への渡航頻度は年 1~数回が8割以上を占めており,買物 で小笠原外店舗を頻繁利用するのは困難である.ネット通販の場合,通信環 境さえあればいつでも利用可能であり,小笠原のよう本土へのアクセスが困 難な地域では一層ネット通販の需要が増すと考えられる.
さらに見せる

44 さらに読み込む

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

(定年前早期退職者に対する退職手当の基本額係る特例) 第4条の3 第2条規定する者のうち、定年(年齢満 60 歳達した日の属する事業年度の末 日。以下同じ。)達する日から理事長が別定める一定の期間前まで退職した者であっ て、その勤続期間が 25 年以上であり、かつ、その年齢が理事長が別定める年齢以上であ り、理事長が別定めるところにより認める者に対する同条の規定の適用については、同条 本文中「退職した日におけるその者の本俸月額」とあるのは「退職した日におけるその者の 本俸月額及び退職した日におけるその者の本俸月額定年と退職の日におけるその者の年齢 との差相当する年数1年につき退職した日におけるその者の本俸月額応じて 100 分の2 を乗じて得た額の合計額」と読み替える。
さらに見せる

8 さらに読み込む

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

第 10 条 育児休業をしている職員は,職員としての身分を保有するが,職務従事しない。 (育児休業期間中の給与) 第 11 条 育児休業をしている期間については,給与を支給しない。 2 前項かかわらず,育児休業期間中の6月1日又は 12 1日において,当該日以前6 の期間において勤務した期間(これ相当する期間を含む。)がある職員は,国立大 学法人富山大学職員給与規則(以下「給与規則」という。 )基づき,期末手当,勤勉手 当及び期末特別手当を支給する。
さらに見せる

18 さらに読み込む

実 施 細 則 である 12 号 通 達 と 2 号 公 告 の 公 布 により 国 外 機 関 投 資 家 の 参 入 が 本 格 化 することに なります 3 号 公 告 は 国 外 機 関 投 資 家 によるインターバンク 債 券 市 場 への 投 資 に 限 度 額 を 設 けず 代 わり

実 施 細 則 である 12 号 通 達 と 2 号 公 告 の 公 布 により 国 外 機 関 投 資 家 の 参 入 が 本 格 化 することに なります 3 号 公 告 は 国 外 機 関 投 資 家 によるインターバンク 債 券 市 場 への 投 資 に 限 度 額 を 設 けず 代 わり

実施細則である『12 号通達』と『2 号公告』の公布により、国外機関投資の参入が本格化すること なります。 『3 号公告』は、国外機関投資によるインターバンク債券市場への投資限度額を設けず、代わり PBOC がマクロプルーデンス管理を実施すると明記していました(第 3 条)。今回の『2 号公告』と合 わせて発表された PBOC 上海本部の声明も、投資期限と投資限度額を国外機関投資が自主的決定でき 点を強調しています。ただし、 『2 号公告』は国外機関投資が届出完了日から 9 カ月以内届出時 設定した投資規模の 50%の投資元本を払い込まなければならないと規定している(第 8 条)ことから、 国外機関投資は投資計画合わせた規模の設定が求められます。
さらに見せる

21 さらに読み込む

資 料 1 東 京 2020に 向 けたアスリート 観 客 の 暑 さ 対 策 に 係 る 関 係 省 庁 等 連 絡 会 議 の 開 催 について( 案 ) 平 成 27 年 5 月 22 日 関 係 省 庁 申 合 せ 平 成 27 年 7 月 日 一 部 改 正 年 オリンピック

資 料 1 東 京 2020に 向 けたアスリート 観 客 の 暑 さ 対 策 に 係 る 関 係 省 庁 等 連 絡 会 議 の 開 催 について( 案 ) 平 成 27 年 5 月 22 日 関 係 省 庁 申 合 せ 平 成 27 年 7 月 日 一 部 改 正 年 オリンピック

「地球シミュレータ」により、東京湾臨海部(競技会場及びその周辺)における詳 細な熱環境解析を実施する。 具体的は、将来の地球環境予測情報を都市レベルまでダウンスケールして詳細 解析することが可能な技術を用いた数値シミュレーションを実施し、気温や風の流れ 方の変化、緑地の効果を予測する。また、これらの解析結果を、視覚的も分かり やすく示す。

38 さらに読み込む

調 査 結 果 ニュースース 調 査 結 果 有 効 な 空 き 家 空 きビルの 再 生 法 は? 自 宅 の 近 隣 に 空 き 家 あ 3 人 に1 人 近 隣 に 空 き 家 空 きビルあ 心 配 なは? ゴミの 不 法 投 棄 空 き 家 空 きビルの 放 火 4 割 東 京 圏 大 阪

調 査 結 果 ニュースース 調 査 結 果 有 効 な 空 き 家 空 きビルの 再 生 法 は? 自 宅 の 近 隣 に 空 き 家 あ 3 人 に1 人 近 隣 に 空 き 家 空 きビルあ 心 配 なは? ゴミの 不 法 投 棄 空 き 家 空 きビルの 放 火 4 割 東 京 圏 大 阪

東京圏・大阪圏住む20歳~59歳の男女聞いた 「空き家・空きビルのリノベーションと民泊に関する意識調査」 建設業界特化した技術系人材派遣・人材紹介サービス「Construction Engineering(コンストラクションエンジニ アリング)」を行っている株式会社エヌ・アンド・シー(http://www.nandc.co.jp/)(本社:東京都港区、代表取締役社 長 長田 健)は、2016 年 1 13 日~1 15 日の 3 日間、東京圏・大阪圏住む 20 歳~59 歳の男女を対象、 「空き家・空きビルのリノベーションと民泊に関する意識調査」をインターネットリサーチにより実施し、2,000 名の有 効サンプルを集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)
さらに見せる

12 さらに読み込む

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

研究目的としては、このような欧州諸国において行われている指標研究の先駆的な動向 目を向けつつ、我が国における新しい持続可能性指標、あるいは幸福度指標の開発・普 及を今後推進していくに際して参照べき情報の系統的な把握分析を行うことである。ま た今後、経済、社会、環境のトリプルボトムライン基づき、持続可能な発展を実現する ための政策実施が求められるよう、各種政策策定プロセスにおいて、それぞれの指標が 適切かつ効果的な役割を果たすため、 どのような分析評価が求められるのかを検討する。 本章では、 主文献調査と現地調査によって得られた成果内容を報告する。 現地調査は、 2011 年 2 と 11 フランス、ベルギー、デンマーク、イギリス訪れ、様々な政府機 ・研究機関において指標研究携わっている人物インタビュー調査を実施した。本章 5.1 の Beyond GDP については EC において、5.2、5.3 におけるグリーングロース指標(GGI) や持続可能性影響評価手法(SIA)に関しては、主 OECD やベルギー連邦政府でのインタ ビュー調査や文献調査もとづいている。また、5.4 の幸福度指標の動きについては、フ ランスの持続可能な発展省や国立統計局(INSEE) 、またスティグリッツ委員会のさらなる 動向を探るべく、政府機関以外もリール大学などの学術機関へのインタビュー調査を行 った。最後、新指標の開発・普及あわせて、それらが実際適切かつ効果的な役割や 影響が果たされるため、どのような分析評価が行われるべきなどについて、昨年 2011 年 4 まで実施されていた EU の POINT プロジェクト(EUFP7 Policy Influence of Indicators Project)注目した。このプロジェクトに関しては、イギリスとデンマーク において、プロジェクト関与する研究者へのインタビューを実施した。
さらに見せる

276 さらに読み込む

Show all 10000 documents...