• 検索結果がありません。

1日3~4回の投与が必要な薬剤が多い

用法 用量 通常 成人にはラベプラゾールナトリウムとして 1 回 10mg アモキシシリン水和物として 1 回 750mg( 力価 及びクラリスロマイ シンとして 1 回 200mg( 力価 の 3 剤を同時に 1 日 2 回 7 日間 経口投与する なお クラリスロマイシンは 必要に応じて適宜増量

用法 用量 通常 成人にはラベプラゾールナトリウムとして 1 回 10mg アモキシシリン水和物として 1 回 750mg( 力価 及びクラリスロマイ シンとして 1 回 200mg( 力価 の 3 剤を同時に 1 日 2 回 7 日間 経口投与する なお クラリスロマイシンは 必要に応じて適宜増量

... 12)薬剤性過敏症症候群 初期症状として発疹、発熱みられ、 さらに肝機能障害、リンパ節腫脹、白血球増加、好酸球 増多、異型リンパ球出現等を伴う遅発性重篤過敏症 状(頻度不明)あらわれることあるので、観察を十 分に行い、このよう症状あらわれた場合には、投与 ...

9

症状とその鑑別 必要となる 全身投与は 結膜炎の 期待できる を早める効果も には局所ならびに全身投与が必要となる 近年の 年代に入って海外ではアジスロマイシ ンジスロマック の 淋菌の抗菌薬耐性化は顕著であり 多剤耐性化が進んで 回投与によりクラミジア結膜炎 のが可能という報告もあり いる 全身投

症状とその鑑別 必要となる 全身投与は 結膜炎の 期待できる を早める効果も には局所ならびに全身投与が必要となる 近年の 年代に入って海外ではアジスロマイシ ンジスロマック の 淋菌の抗菌薬耐性化は顕著であり 多剤耐性化が進んで 回投与によりクラミジア結膜炎 のが可能という報告もあり いる 全身投

... えられる。既存点眼薬で最も効果を期待できる はセフェム系点眼薬(セフメノキシム:ベストロン ) であり 時間ごと点眼とする。ニューキノロン系点眼薬 は 以上耐性株であるため、用いるべきではない。 薬剤感受性検査結果にて他抗菌点眼薬併用を検討 ...

5

* 用法 用量 てんかん患者に用いる場合 : 成人 : 単剤療法の場合: 通常 ラモトリギンとして最初の2 週間は1 日 25mgを1 日 1 回経口投与し 次の2 週間は1 日 50mgを1 日 1 回経口投与し 5 週目は1 日 100mgを1 日 1 回又は2 回に分割して経口投与する その後

* 用法 用量 てんかん患者に用いる場合 : 成人 : 単剤療法の場合: 通常 ラモトリギンとして最初の2 週間は1 日 25mgを1 日 1 回経口投与し 次の2 週間は1 日 50mgを1 日 1 回経口投与し 5 週目は1 日 100mgを1 日 1 回又は2 回に分割して経口投与する その後

... 2薬剤性過敏症症候群 1症状として、発疹、発熱等 初期にみられることあり、更にリンパ節腫脹、 顔面浮腫、血液障害(好酸球増多、白血球増加、異 型リンパ球出現)及び臓器障害(肝機能障害等) 種々全身症状あらわれることある。薬剤性 ...

8

カナグル 錠適正使用ガイド CONTENTS (1) カナグルの作用 1 (2) 投与対象患者の確認 2 (3) 特に注意が必要な副作用 臨床検査値異常 3 1 低血糖 4 2 多尿 頻尿 体液量減少 脱水 5 3 尿路感染症 性器感染症 6 4 腎機能への影響 7 5 ケトアシドーシス 尿中ケトン

カナグル 錠適正使用ガイド CONTENTS (1) カナグルの作用 1 (2) 投与対象患者の確認 2 (3) 特に注意が必要な副作用 臨床検査値異常 3 1 低血糖 4 2 多尿 頻尿 体液量減少 脱水 5 3 尿路感染症 性器感染症 6 4 腎機能への影響 7 5 ケトアシドーシス 尿中ケトン

... ( 1 )重大副作用 1 )低血糖:他糖尿病用薬と併用で低血糖あらわれることある. また,海外臨床試験において,インスリン製剤と併用で低血糖報告されている.特に,イ ンスリン製剤,スルホニルウレア剤又は速効型インスリン分泌促進薬と併用する場合,低血糖 ...

16

用法 用量 通常 成人にはラベプラゾールナトリウムとして 1 回 10mg アモキシシリン水和物として 1 回 750mg( 力価 及びクラリスロマイ シンとして 1 回 200mg( 力価 の 3 剤を同時に 1 日 2 回 7 日間 経口投与する なお クラリスロマイシンは 必要に応じて適宜増量

用法 用量 通常 成人にはラベプラゾールナトリウムとして 1 回 10mg アモキシシリン水和物として 1 回 750mg( 力価 及びクラリスロマイ シンとして 1 回 200mg( 力価 の 3 剤を同時に 1 日 2 回 7 日間 経口投与する なお クラリスロマイシンは 必要に応じて適宜増量

... 12)薬剤性過敏症症候群 初期症状として発疹、発熱みられ、 さらに肝機能障害、リンパ節腫脹、白血球増加、好酸球 増多、異型リンパ球出現等を伴う遅発性重篤過敏症 状(頻度不明)あらわれることあるので、観察を十 分に行い、このよう症状あらわれた場合には、投与 ...

10

移動は車椅子 移乗には一部介助必要 更衣には一部介助必要 生活状況食事は箸で自力摂取 入浴は一部介助が必要 会話可能だが排泄失敗時 混乱 興奮がみられる アセスメント日中の排尿回数が少ないこと 1 回排尿量が多いことから 溢流性尿失禁は考えにくく 腹圧性及び切迫性尿失禁の症状はみられないことから 機

移動は車椅子 移乗には一部介助必要 更衣には一部介助必要 生活状況食事は箸で自力摂取 入浴は一部介助が必要 会話可能だが排泄失敗時 混乱 興奮がみられる アセスメント日中の排尿回数が少ないこと 1 回排尿量が多いことから 溢流性尿失禁は考えにくく 腹圧性及び切迫性尿失禁の症状はみられないことから 機

... には利尿作用あります。これ 夜間頻尿原因になる場合あります。 また、単純にお茶など 水分をとりすぎていること頻尿原因 となって いることあります。成人場合、 1 に ...~ 1.5 リットル尿でれ ...

7

用法 用量に関連する使用上の注意 1. 本剤の使用にあたっては 耐性菌の発現等を防ぐため 原則として感受性を確認し 疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること 2. 本剤の 500mg1 日 1 回投与は 100mg1 日 3 回投与に比べ耐性菌の出現を抑制することが期待できる 本剤の投与に

用法 用量に関連する使用上の注意 1. 本剤の使用にあたっては 耐性菌の発現等を防ぐため 原則として感受性を確認し 疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること 2. 本剤の 500mg1 日 1 回投与は 100mg1 日 3 回投与に比べ耐性菌の出現を抑制することが期待できる 本剤の投与に

... 〈適応症〉 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ 節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷 ・熱傷及び手術創等二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、 咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、 急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変二次感染、膀胱炎、 腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副 睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性 ...

5

ヘリコバクター ピロリの除菌の補助の場合通常 成人にはとして 1 回 3mg アモキシシリン水和物として 1 回 75mg( 力価 ) 及びクラリスロマイシンとして 1 回 2mg( 力価 ) の 3 剤を同時に 1 日 2 回 7 日間経口投与する なお クラリスロマイシンは 必要に応じて適宜増量

ヘリコバクター ピロリの除菌の補助の場合通常 成人にはとして 1 回 3mg アモキシシリン水和物として 1 回 75mg( 力価 ) 及びクラリスロマイシンとして 1 回 2mg( 力価 ) の 3 剤を同時に 1 日 2 回 7 日間経口投与する なお クラリスロマイシンは 必要に応じて適宜増量

... 9 4 乳糖水和物、メタケイ酸アルミン酸マグネシウ ム、軽質無水ケイ酸、L-アルギニン、クロスポ ビドン、ヒプロメロース、D-マンニトール、 酸化チタン、タルク、メタクリル酸コポリマー LD、ラウリル硫酸ナトリウム、ポリソルベー ト80、アクリル酸エチル・メタクリル酸メチ ルコポリマー、ポリオキシエチレンノニルフェ ニルエーテル、クエン酸トリエチル、マクロゴ ール6000、モノステアリン酸グリセリン、ス ...

6

階的に行い いずれの用量においても 1 日 1 回経口投与とする 通常 維持量として 1 日 1 回 1.25~5mg を経口投与する なお 年齢 症状により 開始用量は更に低用量に 増量幅は更に小さくしてもよい また 患者の本剤に対する反応性により 維持量は適宜増減するが 最高投与量は 1 日 1

階的に行い いずれの用量においても 1 日 1 回経口投与とする 通常 維持量として 1 日 1 回 1.25~5mg を経口投与する なお 年齢 症状により 開始用量は更に低用量に 増量幅は更に小さくしてもよい また 患者の本剤に対する反応性により 維持量は適宜増減するが 最高投与量は 1 日 1

... 3本剤投与初期又は増量時における心不全や体液 貯留悪化(浮腫、体重増加等)を防ぐため、本 剤投与前に体液貯留治療を十分に行うこと。 心不全や体液貯留悪化(浮腫、体重増加等) みられ、利尿薬増量で改善みられない場合には 本剤を減量又は中止すること。低血圧、めまい ...

6

疾患名肺 MAC 症 後天性免疫不全症候群 ( エイズ ) に伴う播種性 MAC 症 投与期間排菌陰性を確認した後 1 年以上の投与継続と定期的な検査を行うことが望ましい また 再発する可能性があるので治療終了後においても定期的な検査が必要である 臨床的又は細菌学的な改善が認められた後も継続投与すべ

疾患名肺 MAC 症 後天性免疫不全症候群 ( エイズ ) に伴う播種性 MAC 症 投与期間排菌陰性を確認した後 1 年以上の投与継続と定期的な検査を行うことが望ましい また 再発する可能性があるので治療終了後においても定期的な検査が必要である 臨床的又は細菌学的な改善が認められた後も継続投与すべ

... 態】 1. 生物学的同等性試験 クラリスロマイシン錠200mg「マイラン」と標準製剤を、クロスオー バー法によりそれぞれ 1 錠(クラリスロマイシンとして200mg(力価)) 健康成人男子19名に絶食単経口投与して血漿中未変化体濃度を 測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90 ...25) ...

6

改訂後 用法 用量 用法 用量 カンデサルタン錠 2mg 4mg 8mg 12mg オーハラ の場合 高血圧症 高血圧症通常 成人には1 日 1 回カンデサルタンシレキセ通常 成人には1 日 1 回カンデサルタンシレキセチルとして4~8mgを経口投与し 必要に応じチルとして4~8mgを経口投与し 必

改訂後 用法 用量 用法 用量 カンデサルタン錠 2mg 4mg 8mg 12mg オーハラ の場合 高血圧症 高血圧症通常 成人には1 日 1 回カンデサルタンシレキセ通常 成人には1 日 1 回カンデサルタンシレキセチルとして4~8mgを経口投与し 必要に応じチルとして4~8mgを経口投与し 必

... ( 2) 高カリウム血症患者においては、高カリウム血症を増 悪させるおそれあるので、治療上やむを得ないと判断 される場合を除き、使用は避けること。 また、腎機能障害、コントロール不良糖尿病等により 血清カリウム値高くなりやすい患者では、高カリウム 血症発現するおそれあるので、血清カリウム値に注 意すること。 ...

7

HZC 試験 治験の標題 : 慢性閉塞性肺疾患 (COPD) 患者を対象として 1 日 1 回投与のフルチカゾンフランカルボン酸エステル / ビランテロール (FF/VI)100/25 μg 吸入用散剤または 1 日 2 回投与のフルチカゾンプロピオン酸エステル / サルメテロール (F

HZC 試験 治験の標題 : 慢性閉塞性肺疾患 (COPD) 患者を対象として 1 日 1 回投与のフルチカゾンフランカルボン酸エステル / ビランテロール (FF/VI)100/25 μg 吸入用散剤または 1 日 2 回投与のフルチカゾンプロピオン酸エステル / サルメテロール (F

... 27 から治験薬(プラセボ)を吸入した。 併用薬にはアトルバスタチン、フロセミド、トラマドール、amoxicillin sodium+クラブラ ン酸カリウム、アセチルシステイン、スピロノラクトン、硝酸イソソルビド、トリメタジジ ン、エナラプリル、オメプラゾール、チオトロピウム臭化物、フェロジピン+metoprolol succinate、ヒドロクロロチアジド+イミダプリル塩酸塩、アセチルサリチル酸及びジゴキシ ...25 ...

448

1 腎機能低下時に最も注意の必要な薬剤投与量一覧 ( 改訂 8 版 ) 分類 5-HT1B/1D 受容リザトリプタン安息体作動薬型片頭香酸塩痛治療薬 帯状疱疹後神経痛治療薬 抗リウマチ薬 (DMARDs) 高尿酸血症治療薬 薬剤名 CCr CCr< CCr>50 ml/min 一般

1 腎機能低下時に最も注意の必要な薬剤投与量一覧 ( 改訂 8 版 ) 分類 5-HT1B/1D 受容リザトリプタン安息体作動薬型片頭香酸塩痛治療薬 帯状疱疹後神経痛治療薬 抗リウマチ薬 (DMARDs) 高尿酸血症治療薬 薬剤名 CCr CCr< CCr>50 ml/min 一般

... 健康人で20%程度尿中排泄認められていることから、排泄能低下により、高い血中 濃度持続するおそれあるため、慎重投与になっている、腎結石症発現を防止する ため、11.5L水分を補給する必要あるため、CKD患者には適していない。 ...

7

目次 Ⅰ. はじめに Ⅱ. 外部調査委員会の設置までの経過について Ⅲ. 事故要因の分析と再発予防策の実施状況 1. 抗菌薬投与についての手順の遵守と教育に関して 2. アレルギー薬剤情報の取り扱いに関する手順の整備と教育に関して 3. 薬剤科におけるアレルギー薬剤事故防止対策に関して 4. 当該診

目次 Ⅰ. はじめに Ⅱ. 外部調査委員会の設置までの経過について Ⅲ. 事故要因の分析と再発予防策の実施状況 1. 抗菌薬投与についての手順の遵守と教育に関して 2. アレルギー薬剤情報の取り扱いに関する手順の整備と教育に関して 3. 薬剤科におけるアレルギー薬剤事故防止対策に関して 4. 当該診

... ご遺族へ1 経過説明会は、カルテ開示とともに事故後 5 目に開催しました。 その後、ご遺族から質問点については、電話連絡などにより対応を行ってまいりました。 第 2 経過説明会は、事故後 33 目に行いました。本件医療事故は、アレルギー ...

9

目次 頁 表一覧...3 図一覧...4 略号及び用語の定義 まとめ 単回投与 ( 急性 ) 毒性 反復投与毒性 遺伝毒性 がん原性

目次 頁 表一覧...3 図一覧...4 略号及び用語の定義 まとめ 単回投与 ( 急性 ) 毒性 反復投与毒性 遺伝毒性 がん原性

... アカゲザル( 1群雌雄各4匹)にカスポファンギン原薬を0.5、2及び5 mg/kg/用量で11 、 14週間静脈内投与した。カスポファンギンは生理食塩液に溶解し、対照群(雌雄各4匹)には ...

160

体重児である等 ) は小児科医 産婦人科医と連携を取りながら個別に判断する 医薬品添付文書では 多くの薬剤に対して 授乳中の投与は避けることが望ましいが やむを得ず投与する場合は 授乳を避けさせること と記載されているが 薬剤の減量や授乳中止を強く勧めることは, 母親の精神障害に悪影響をおよぼす場合

体重児である等 ) は小児科医 産婦人科医と連携を取りながら個別に判断する 医薬品添付文書では 多くの薬剤に対して 授乳中の投与は避けることが望ましいが やむを得ず投与する場合は 授乳を避けさせること と記載されているが 薬剤の減量や授乳中止を強く勧めることは, 母親の精神障害に悪影響をおよぼす場合

... 象 起 こりうる可 能 性 を 説 明 し 、理 解 を得 る。その上 で、児 に出 現 する可 能 性 あ る 症 状 ( 飲 み 低 下 、 傾 眠 傾 向 、 機 嫌 悪 い 、 体 重 増 加 不 良 ど ) を 説 明 し 、 症 状 出 現 疑 われ た ら 主 治 医 に 報 告 する よ う に 指 導 す る 。 ...

6

ほとんどのワクチンは 完全な予防効果を得るために複数回に分けて投与される しかし ワクチンによって 2 回目以降の投与時期が異なるため 複雑な予防接種スケジュールとなり 子どもたちが必要な予防接種を完了するには生後 1 年の間に少なくとも 5 回は病院を訪れなければならなくなる こうした状況が親や保

ほとんどのワクチンは 完全な予防効果を得るために複数回に分けて投与される しかし ワクチンによって 2 回目以降の投与時期が異なるため 複雑な予防接種スケジュールとなり 子どもたちが必要な予防接種を完了するには生後 1 年の間に少なくとも 5 回は病院を訪れなければならなくなる こうした状況が親や保

... MSF 研究 ‐エピセンター MSF 研究機関であるエピセンターは現在、チャドにおいて、既存破傷風ワクチンコールド チェーン外でどれほど長く効能保たれるか、研究を行っている。この研究は、ワクチンを使用 する地域までコールドチェーンによって輸送し、その後、実際に投与されるまで間、ワクチンを ...

6

用法 用量 通常 成人にはクエチアピンとして 1 回 25mg 1 日 2 又は 3 回より投与を開始し 患者の状態に応じて徐々に増量する 通常 1 日投与量は 150~600mg とし 2 又は 3 回に分けて経口投与する なお 投与量は年齢 症状により適宜増減する ただし 1 日量として 750

用法 用量 通常 成人にはクエチアピンとして 1 回 25mg 1 日 2 又は 3 回より投与を開始し 患者の状態に応じて徐々に増量する 通常 1 日投与量は 150~600mg とし 2 又は 3 回に分けて経口投与する なお 投与量は年齢 症状により適宜増減する ただし 1 日量として 750

... 2.重要基本的注意 ⑴ 本剤投与により、著しい血糖値上昇から、糖尿病性ケ トアシドーシス、糖尿病性昏睡等致命的経過をたどる ことあるので、本剤投与中は、血糖値測定や口渇、多 飲、多尿、頻尿等観察を十分に行うこと。特に、高血糖、 ...

5

ンヒビターの 3 剤を同時に 1 日 2 回,7 日間経口投与する 15~30kg 未満 30~40kg 未満 フ ロトンホ ンフ インヒヒ ター 各薬剤の要望書参照 各薬剤の要望書参照 AMPC 50mg/kg/ 日 1500mg/ 日 MNZ 500mg/ 日 500mg/ 日 (25kg 以上

ンヒビターの 3 剤を同時に 1 日 2 回,7 日間経口投与する 15~30kg 未満 30~40kg 未満 フ ロトンホ ンフ インヒヒ ター 各薬剤の要望書参照 各薬剤の要望書参照 AMPC 50mg/kg/ 日 1500mg/ 日 MNZ 500mg/ 日 500mg/ 日 (25kg 以上

... 現在、MNZ 用法・用量には小児適応なく、小児における安全性に関するエ ビデンス確立されていない状況にあること、原虫症に対する貴重薬剤で耐性 菌蔓延懸念されること、小児ガイドライン推奨用量と MNZ1錠用量から 体重 25kg ...

34

治療学犬と猫の化学療法 (3) 静脈内点滴が必要なほど重度な胃腸障害が発生 した場合 化学療法の延期が必要な状況 (4) その他, 動物の生活の質 (QOL) を極端に落とす 1 副作用が発生したとき 1

治療学犬と猫の化学療法 (3) 静脈内点滴が必要なほど重度な胃腸障害が発生 した場合 化学療法の延期が必要な状況 (4) その他, 動物の生活の質 (QOL) を極端に落とす 1 副作用が発生したとき 1

... められた個体多く180 mg/m 2 を超える生涯蓄 積量で発生している。ドキソルビシン心筋毒性を 正確に評価することは難しい,筆者は左室径短縮 率(FS)を定期的にモニターする方法を用いている。 ドキソルビシン投与前(ベースライン)FSと,ドキ ソルビシン生涯蓄積量120 mg/m 2 および180 mg/ m 2 ...

9

Show all 10000 documents...

関連した話題