施設・区域内で発生した事件・事故について

Top PDF 施設・区域内で発生した事件・事故について:

本統計は, 在外公館から報告のあった情報に基づき作成されています 本統計は, 在外公館で把握している邦人援護事案のみであり, 海外で邦人が関係した全ての事件 事故等を網羅したものではなく, 海外で発生した事件 災害等の件数を表すものではありません 事故 災害, 犯罪 及び その他 は, 海外の邦人

本統計は, 在外公館から報告のあった情報に基づき作成されています 本統計は, 在外公館で把握している邦人援護事案のみであり, 海外で邦人が関係した全ての事件 事故等を網羅したものではなく, 海外で発生した事件 災害等の件数を表すものではありません 事故 災害, 犯罪 及び その他 は, 海外の邦人

●本統計は,在外公館から報告のあっ情報に基づき作成されています。 ●本統計は,在外公館把握ている邦人援護事案のみあり,海外邦人が関係全ての事件事故等を網羅ものはなく,海外発生事件・災害等の件数を表すものはありません。 ●「事故・災害」,「犯罪」及び「その他」は,海外の邦人(事案当事者)に対し,在外公館が実際に援護を実施事案のみ計上ています。 ●2010年までの援護統計は,各在外公館から四半期毎に報告のあっ援護データを単純に積み上げて作成ていため,在外公館1公館対応同一事案あっても件数と人数が複数になって いるケースがありましが,援護統計システムの導入に伴い,2011年の本援護統計より基本的には年間を通じて実数公表することが可能となり,結果として数値が減少ているところがあります。 ●ただし,所在調査等同一の邦人援護事案を複数の在外公館が対応場合には,各在外公館は実数となりますが,全体は在外公館毎に集計数値の合計(延べ数)となります。
さらに見せる

24 さらに読み込む

( 平成 20 年 10 月版 ) 国内事故対策要領 ~ 事件 事故発生時の連絡体制と初動対応について ~ 社団法人全国旅行業協会

( 平成 20 年 10 月版 ) 国内事故対策要領 ~ 事件 事故発生時の連絡体制と初動対応について ~ 社団法人全国旅行業協会

ア.確認でき情報だけを通知、憶測による発言をない。 イ.早い時点の発表をする。また、事態の進展とともに適時発表 を行う (旅程表などを用意する ) 。 。 ウ.旅行参加者名簿等個人に関する各種情報の扱いは、予想される 当該参加者への危険性、収拾に向け動きへの支障の有無、家 族の意向等に十分配慮うえ判断すること。必要があれば 行政庁(都道府県・観光庁 、全旅協の指示を仰ぐ。 )
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成29年2月8日に四街道市内保育施設で発生した誤嚥事故にかかる調査報告書 保育施設等重大事故検証部会 四街道市

平成29年2月8日に四街道市内保育施設で発生した誤嚥事故にかかる調査報告書 保育施設等重大事故検証部会 四街道市

(1) 保育課 当 保育施設 対 行 情報提供 い 本児童 保護者 本児童 当 保育施設 入所 本児童 状況 い 児童票 児童 健康状況調書 診断書 J 病院 児 R 医師 眼 T 医師 健康診断票 歯 検診票 生活調査票

43 さらに読み込む

■宮崎市の教育・保育施設等における事故防止対策及び事故発生時の対応等に関する手引き(第1版)

■宮崎市の教育・保育施設等における事故防止対策及び事故発生時の対応等に関する手引き(第1版)

事故防止のための取組み】 ~施設・事業者向け~ P20~30 1 事故発生防止(予防)のための取組み (1)安全な教育・保育環境を確保するための配慮点等・・・・・・・・・・20 (2)職員の資質の向上・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26 (3)緊急時の対応体制の確認・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27 (4)保護者や地域住民等、関係機関との連携・・・・・・・・・・・・・・28 (5)子どもや保護者への安全教育・・・・・・・・・・・・・・・・・・・28 (6)設備等の安全確保に関するチェックリスト・・・・・・・・・・・・・28 (7)事故発生防止のための体制整備・・・・・・・・・・・・・・・・・29
さらに見せる

49 さらに読み込む

商業施設内の屋内遊戯施設における子どもの事故

商業施設内の屋内遊戯施設における子どもの事故

従業員がい施設を利用てい 366 人のうち、施設の利用前に従業員から何らかの説明 を受けていのは 207 人(56.6 %)でし。受け説明の内容については、「利用時間につ いて」(178 人、「説明を受け」人の 86.0 %)や「利用料金について」 (169 人、81.6 %) が多く、 「遊具の使い方(遊び方)」 (75 人、36.2 %)や「年齢制限や身長制限」 (63 人、30.4 %)、 「事故発生場合の対応」(21 人、10.1 %)、「利用する際の服装」 (18 人、8.7 %)と いっ、利用時の安全性に係る説明については、半数以下の保護者しか受けていない、ある いは記憶に残っていないということが分かりまし(図 13)。また、 「施設の保護者の見 守りが必要な旨」について、説明を受けと記憶てい保護者は 78 人(37.6 %)でし。 従業員が「常にい」 「たまにい」 「いなかっ」との回答それぞれについて、 「けがを 」、あるいは「そうになっ」経験がある割合を求めところ、「常にい」9.0 %(20 人)、 「たまにい」23.1 %(33 人) 、 「いなかっ」15.0 %(15 人)あり、従業員が見守 りを行っている施設においても事故発生ていることが分かりまし
さらに見せる

20 さらに読み込む

指定施設(指定物質関係) 工場・事業場で油、有害物質等の漏洩事故が発生したら! | いわき市役所

指定施設(指定物質関係) 工場・事業場で油、有害物質等の漏洩事故が発生したら! | いわき市役所

Ԭ 指定施設 指定物質関係 法第2条第4項 定 指定施設 有害物質及び油以外 物質 あつ 公共用水域 多量 排出さ こ 人 健康若しく 生活環境 係 被害を生 おそ があ 指定物質を製造 貯蔵 使用 若しく 処理 施設をいう

1 さらに読み込む

教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン通知 保育施設の指導・監査 狭山市公式ウェブサイト

教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン通知 保育施設の指導・監査 狭山市公式ウェブサイト

ついては、本ガイドラインを内閣府、文部科学省、厚生労働省のホームページに掲 載するので、管内の市町村(特別区を含む。)、関係機関及び施設・事業者等広く 活用されるよう周知を図られたい。 なお、本通知は地方自治法(昭和 22 年法律第 67 号)第 245 条の4第1項に規定す る技術的助言として発出するものあることを申し添える。

2 さらに読み込む

平成 29 年度電気事故発生状況について 1

平成 29 年度電気事故発生状況について 1

電気主任技術者等は使用前自己確認検査、竣工検査において、施工上許容できる内容や余裕を判断基準として明 確化、確認する。 太陽電池架台の杭の埋設不足、架台との接続不良【省令第 4条(解釈46条)】 33 屋外移動電線にビニルコードを使用 省令第 57条(解釈171条)

48 さらに読み込む

市街化調整区域内における地区計画について

市街化調整区域内における地区計画について

(3)地区計画素案は、当該区域において一体的な面的開発行為を行おうとする場合 は、その開発事業者が主となり、関係機関と協議の上、作成すること。 (4)開発事業者の責務 ① 当該地区計画素案の作成の段階において、市の関係部署との事前相談を行うとと もに、開発許可の事前協議を行い、道路、公園、排水先河川その他の公共施設の 管理者の同意を得ておくこと。また、開発に必要な公共施設の整備については、 1ha以上の開発に必要なものと同等以上とすること。
さらに見せる

6 さらに読み込む

身近で発生した殺人事件が住民の不安と防犯認識に及ぼす効果関西国際大学研究紀要第 14 号,2013 年, 身近で発生した殺人事件が住民の不安と防犯認識に及ぼす効果 The effects of a nearby murder case on residents anxiety and

身近で発生した殺人事件が住民の不安と防犯認識に及ぼす効果関西国際大学研究紀要第 14 号,2013 年, 身近で発生した殺人事件が住民の不安と防犯認識に及ぼす効果 The effects of a nearby murder case on residents anxiety and

 これら活動の上に,学問的な理論や系統だっシステムとしての安全・安心まちづくりが形成 されていっのは,幾つかの凶悪事件発生がきっかけとなる。1988年から1989年にかけて埼玉 県と東京都にて発生宮崎勤による連続幼女誘拐殺人事件,1997年の神戸児童連続殺傷事件, 2001年の大阪教育大学附属池田小学校における児童殺傷事件などは,社会全般の犯罪不安感を大 いに高まらせ。また,街頭犯罪の増加も相まって,建設省(当時)と警察庁の合同による「安 全・安心まちづくり手法調査」が1997年から1998年にかけ実施されることとなる。以後,ハード 面は,例えば,道路や公園の屋外照明の改善や監視カメラの設置といった個別の対策が行われ, 各家屋においては,窓ガラスや鍵の強化,監視カメラやセンサーライトの設置などが進められて き。ソフト面は,地域ボランティアによる防犯活動,教育機関などが行う子どもへの防犯教 育などが活発に行われ始める。
さらに見せる

11 さらに読み込む

1. 直轄工事事故について 工事事故の発生状況 事故事例 2. 工事事故防止対策 工事事故防止のための重点対策 地下埋設物の事故防止 架空線等上空施設の事故防止 1

1. 直轄工事事故について 工事事故の発生状況 事故事例 2. 工事事故防止対策 工事事故防止のための重点対策 地下埋設物の事故防止 架空線等上空施設の事故防止 1

事故の種類 ;公衆災害事故(物損:埋設物損傷) 事故原因 ; 境界ブロックの施工位置が変更となり、元請は一次下請に対し図面変更指示を行っが、一次下請から二次下請に対しては、口頭の指示 あり、変更内容が的確に伝わっていなかっ。そのため三次下請の作業員は、当初設計の位置のまま舗装版の取り壊しを行ってしまっ。元請 は、当初設計の位置に埋設管があることは認識ていが、施工位置が変更となっことから、埋設物の現地確認の必要がないと判断、埋設位 置の目印も付けていなかっ
さらに見せる

60 さらに読み込む

市街化調整区域内における地区計画について

市街化調整区域内における地区計画について

④ 地区計画素案の内容に関する住民の合意形成については、原則として、関 係権利者全員の同意を得ること。 ⑤ 事業者は、地区計画が定められ日から、原則として1年以内に当該地区 計画に適合する一体的な面的開発行為の事業に着手すること。やむを得な い事由により一体的開発が困難な場合、事業者は当該地区の公共施設の 整備順位、整備時期、施行主体その他市長が必要と認め事項を記載 整備計画を策定、市長の承認を得ること。
さらに見せる

11 さらに読み込む

工事事故発生状況 平成 29 年 8 月期 (8/1~31) までに 関東地方整備局発注工事において 7 件の工事事故が発生 8 月発生件数累計件数 平成 29 年度 7 件 27 件 平成 28 年度 2 件 20 件 本資料においては 発生した事故の一部の事例について 発生事象や発生原因 本来と

工事事故発生状況 平成 29 年 8 月期 (8/1~31) までに 関東地方整備局発注工事において 7 件の工事事故が発生 8 月発生件数累計件数 平成 29 年度 7 件 27 件 平成 28 年度 2 件 20 件 本資料においては 発生した事故の一部の事例について 発生事象や発生原因 本来と

・特殊部外側から大ハンマーを用いて端壁を取り壊していところ、特殊部に敷設されている高圧ケーブルがスパー ク、周辺停電が発生。 ・特殊部は飛散防止の養生を実施ておらず、取り壊しにより飛散コンクリート殻が接触こと高圧ケーブル がスパークとみられ、特殊部内部を確認ところ高圧ケーブル被覆に穴が開いてい
さらに見せる

10 さらに読み込む

1 排水施設計画の基本的要件 ( 政令第 26 条 ) (1) 開発区域内の排水施設の計画にあたっては 開発区域及びその周辺の土地の地形 地盤の性質を考慮し集水区域を策定して これに基づき当該排水施設の規模 構造及び能力を設定しなければならない (2) 開発区域内の排水施設は 下水道 排水路その他の

1 排水施設計画の基本的要件 ( 政令第 26 条 ) (1) 開発区域内の排水施設の計画にあたっては 開発区域及びその周辺の土地の地形 地盤の性質を考慮し集水区域を策定して これに基づき当該排水施設の規模 構造及び能力を設定しなければならない (2) 開発区域内の排水施設は 下水道 排水路その他の

第5章 排水施設に関する基準 【法律】 (開発許可の基準) 第三十三条 都道府県知事は、開発許可の申請があつ場合において、当該申請に係る開発行為が、次に掲げる基準(第 四項及び第五項の条例が定められているときは、当該条例定める制限を含む。)に適合ており、かつ、その申請の 手続がこの法律又はこの法律に基づく命令の規定に違反ていないと認めるときは、開発許可をなければならない。 三 排水路その他の排水施設が、次に掲げる事項を勘案て、開発区域の下水道法(昭和三十三年法律第七十九号) 第二条第一号に規定する下水を有効に排出するとともに、その排出によって開発区域及びその周辺の地域に溢水等に よる被害が生じないような構造及び能力適当に配置されるように設計が定められていること。この場合において、 当該排水施設に関する都市計画が定められているときは、設計がこれに適合ていること。
さらに見せる

17 さらに読み込む

本報告書の調査は 事業用自動車の事故について 事業用自動車事故調査委員会により 事業用自動車事故及び事故に伴い発生した被害の原因を調査 分析し 事故の防止と被害の軽減に寄与することを目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものではない 事業用自動車事故調査委員会 委員長酒井一博

本報告書の調査は 事業用自動車の事故について 事業用自動車事故調査委員会により 事業用自動車事故及び事故に伴い発生した被害の原因を調査 分析し 事故の防止と被害の軽減に寄与することを目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものではない 事業用自動車事故調査委員会 委員長酒井一博

国土交通省及びトラック協会においては、上記の対応について、教育内容及び手法 が適切に実施されるよう、必要に応じて、マニュアル等の見直しを行う必要がある。 5.1.1.1 安全な速度の維持 事故は曲線区間を、制限速度を超える60㎞/h から70㎞/h の速度運行て い時に発生ことから、不適切な速度がその要因になっと考えられる。速度 超過は、遠心力が大きくなる、停止距離が長くなる、衝突時の衝撃力が大きくなる など、運転に様々な悪影響を与え事故の大きな原因となることから、運転者教育に おいて速度超過の危険性や、安全運行のための交通ルールを理解させるととともに、 速度超過に起因する事故事例を説明するなどにより、運転者に理解させることが必 要ある。
さらに見せる

25 さらに読み込む

. ライターによる事故について () 年度別の事故発生件数について NITE 製品安全センターに通知された製品事故情報のうち 平成 年度から 0 年度に発生したライターによる事故は図 に示すとおり 件 ( ) 発生しています また 平成 年 月から平成 年 月までに 件発生しており 直近の カ月 (

. ライターによる事故について () 年度別の事故発生件数について NITE 製品安全センターに通知された製品事故情報のうち 平成 年度から 0 年度に発生したライターによる事故は図 に示すとおり 件 ( ) 発生しています また 平成 年 月から平成 年 月までに 件発生しており 直近の カ月 (

「製品に起因ない事故」は、そのほとんどが不注意が原因発生事故です。 「製品に起因する事故」の中事故原因が、「専ら設計上、製造上又は表示等に問題 があっと考えられるもの」26件のうち、24件については、事業者による品質管理 の徹底や新聞社告などが行われ、製造工程の改善や製品回収などが実施されています。 この事例としては、「炎の高さが国際規格ISO 9994-2005「シガレット ライター安全基準」に定められている基準値(炎の高さ120mm以下)を超えており、 製造時の炎の高さの調整不良によるものと推定される。 」などがあります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

大洗研究開発センター燃料研究棟における汚染の発生場所の復旧について 平成 29 年 11 月 9 日 日本原子力研究開発機構 燃料研究棟における汚染の発生場所の復旧は 今回事故が発生したプルトニウム 濃縮ウラン貯蔵容器 ( 以下 貯蔵容器 という ) を事故発生場所である分析室 ( 以下 108 号

大洗研究開発センター燃料研究棟における汚染の発生場所の復旧について 平成 29 年 11 月 9 日 日本原子力研究開発機構 燃料研究棟における汚染の発生場所の復旧は 今回事故が発生したプルトニウム 濃縮ウラン貯蔵容器 ( 以下 貯蔵容器 という ) を事故発生場所である分析室 ( 以下 108 号

(7) 最終確認と立入制限区域の解除 フード(H-1)を含む 108 号室内の全域の除染作業終了後、同室を区分て、化学雑巾を用い拭き 取りにより、フード(H-1)、108 号室の床面、壁面、天井、グローブボックス等の設置機器、配管等の 表面の最終的な汚染検査を 1 週間にわたって実施。この結果、108 号室全域の表面密度が検出限界 未満あることを確認。また、グリーンハウスの汚染検査・除染を実施て解体・撤去、廊下の うち立入制限区域に指定されているエリアの床と壁面の最終的な汚染検査を実施て、108 号室と同様 に表面密度が検出限界未満あることを確認、現場の整理と後片付けを実施
さらに見せる

28 さらに読み込む

レジャー サービス施設費用保険とは? お客さま ( 注 1) が所有 使用または管理するレジャー サービス施設において 火災や爆発等の偶然な事故や 施設内で食中毒が発生したことにより 施設の利用者 ( 注 2) が災害を被った場合に負担した被災者 ( 注 3) への見舞金 事故対応費用を保険金として

レジャー サービス施設費用保険とは? お客さま ( 注 1) が所有 使用または管理するレジャー サービス施設において 火災や爆発等の偶然な事故や 施設内で食中毒が発生したことにより 施設の利用者 ( 注 2) が災害を被った場合に負担した被災者 ( 注 3) への見舞金 事故対応費用を保険金として

派 遣 費 用 被保険者の役員・使用人またはそれらの代理人を現地または被災者、被災者の法定相続人またはその代理人の 住所に派遣場合の交通費、ホテル等客室料、渡航手続費 通 信 費 用 現地との電話連絡等、被保険者が必要と通信費用 応 対 関 係 費 用 ホテル・事務所等の応対施設借上げ費用、被災者の法定相続人またはその代理人が被保険者の指定する連絡場 所を訪問場合の交通費、ホテル等客室料(1名につき14日分限度)、渡航手続費 捜 索 援 助 費 用 被災者を捜索、救助または移送する活動に要し費用のうち、これらの活動に従事方からの請求に基づいて支払っ費用 移 送 費 用 死亡被災者の遺体輸送費用、治療中の被災者の移転費用(医師・職業看護師の付添いが必要な場合は、そ の費用を含みます。) 葬 儀 費 用 合同葬儀等、死亡被災者の葬儀を被保険者が営むために支出葬儀費用
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成 20 年度毒物又は劇物の流出 漏洩事故情報 整理番号 発生年月日 発生都道府県 毒物又は劇物 毒物又は劇物の名称 事件の概要 事件発生事業所等の登録等の状況 事件の原因 ( 推定含む ) 被害状況 /4/7 神奈川県劇物トリクロロシラン 工場研究棟内の 40L の反応釜において ト

平成 20 年度毒物又は劇物の流出 漏洩事故情報 整理番号 発生年月日 発生都道府県 毒物又は劇物 毒物又は劇物の名称 事件の概要 事件発生事業所等の登録等の状況 事件の原因 ( 推定含む ) 被害状況 /4/7 神奈川県劇物トリクロロシラン 工場研究棟内の 40L の反応釜において ト

冷蔵庫の冷媒として使用ていア ンモニアガスが漏れ。 業務上取扱者(届出不要) バルブの緩み 特になし 75 2008/9/30 山口県 毒物 弗化水素 フッ素化剤(普通物)の袋詰め作業 中に、ろ過器から白煙が生じ、分解 生成物あるフッ化水素を含有する ガスが約8.5kg漏洩

20 さらに読み込む

テリー スマホの事故 のプレスリリース ユピテルのドライブレコーダーの発火事故や山手線電車内でのモバイルバッテリーの発火事故など 最近 リチウムイオン電池の事故が多く発生している 電安法などできっちりとした規制をしていかないと 粗悪品が日本に入ってきて事故は無くならないと思う また 電池だけが燃えて

テリー スマホの事故 のプレスリリース ユピテルのドライブレコーダーの発火事故や山手線電車内でのモバイルバッテリーの発火事故など 最近 リチウムイオン電池の事故が多く発生している 電安法などできっちりとした規制をしていかないと 粗悪品が日本に入ってきて事故は無くならないと思う また 電池だけが燃えて

ないください。 ・点検時にはゴム手袋、保護メガネを着用、電 解液をこぼさないように注意てください。体 に付着すると失明ややけどの原因となります。 ・電解液が目、皮膚、衣服に付着時は、直ち に多量の水洗い、特に目に入っ場合は速や かに医師(眼科医)の治療を受けてください。 バッテリーには硫酸が入っていますので、バッテ リーの取り扱い方法や危険性を十分理解ていな い者(子供など)に触れさせないください。失 明ややけどの原因となります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...