施設を維持し

Top PDF 施設を維持し:

目 次 要旨 3 1. まえがき 4 2. 設計時における維持管理の考慮の重要性 4 3. 研究の方法 港湾施設戦略的維持管理推進技術ワーキンググループの概要 桟橋の設計時における維持管理の位置付け 各構成部材に対する検討 維持管理の省力化に配慮した構

目 次 要旨 3 1. まえがき 4 2. 設計時における維持管理の考慮の重要性 4 3. 研究の方法 港湾施設戦略的維持管理推進技術ワーキンググループの概要 桟橋の設計時における維持管理の位置付け 各構成部材に対する検討 維持管理の省力化に配慮した構

港湾施設の戦略的維持管理の第一歩は,点検診断や維持補修といった維持管理に関する行 為計画的かつ継続的に実施することである.このためには,設計段階において,あらか じめ供用中に必要となる維持補修対策に関するシナリオ(図-1.1.1 における維持管理方針) 想定,これに基づいた維持管理計画策定ておくことが有効である.ここで,技術 基準において維持管理計画等は,当該構造物の管理者ではなく,設置者が定めること標 準とている.これは,将来の維持管理に配慮つつ構造物が保有すべき当初の性能レベ ル設定,それに応じた維持管理実現するには,設置者が主体的な役割果たすべき であるという考えに基づいたものである.構造物の設計時点で,構造物にどのような性能 付与するかは,将来それどのように保持ていくかということに大いに関係する. たがって,設計段階には設計のみ維持管理段階には維持管理のみそれぞれ独立に考 えることは得策ではない.つまり,非常に耐久性の高い材料用いた構造物では,そのこ と考慮維持管理の方法が求められ,初期建設費の低減目的として耐久性が必ず も高くない構造物建設た場合には,維持管理に要する費用の増加や様々なリスクにつ いて考慮維持管理計画が必要となる.
さらに見せる

46 さらに読み込む

し尿・汚泥再生処理施設における維持管理形態と維持管理費について【PDF 261KB】

し尿・汚泥再生処理施設における維持管理形態と維持管理費について【PDF 261KB】

4 . まとめ 全国のし尿処理施設・汚泥再生処理センターの全体的な老朽化により、今後施設の更新需要の増加が 予想される。処理方式の割合から、生物学的脱窒素処理方式が主流と考えられるが、下水道利用た 集約処理や浄化槽対応の割合増加が見込まれる。施設の管理形態は、自治体が直営で維持管理行う割 合が減少、民間企業による委託管理割合の増加が顕著となった。委託形態についても長期包括管理や PFI 等の多様化が進んでいる。施設維持管理費電力費、薬品費及び補修費各処理方式別に集計 た結果、一定の n 数が確保されており、集計結果及び既往調査との比較行った結果、運転管理の目安 として利用可能と判断された。
さらに見せる

3 さらに読み込む

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

 歴史的風致維持向上施設においては、歴史的建造物の保存修理、良好な市街地の環境や 景観形成、まちなか回遊機能の向上などに寄与する整備行うが、その施設や区域の歴史 的背景十分に調査、周囲の歴史的風致の維持及び向上図るため、定期的に庁内の歴 史まちづくり推進会議開催て綿密な連携行っていく。

56 さらに読み込む

道路維持事務所 【平成25年度施設評価】施設カルテ(平成25年度施設評価の対象施設の経営状況・総合評価とその理由が確認できます)  宮崎市 5383d696008

道路維持事務所 【平成25年度施設評価】施設カルテ(平成25年度施設評価の対象施設の経営状況・総合評価とその理由が確認できます) 宮崎市 5383d696008

築年数の評価が低く、これに伴う経年劣化による老朽化が建物及び設備に多数見られる。また、職 員庁舎として利用ていることから、バリアフリーなど一般市民に向けた整備等はなされていない。合 わせて、使用料などの収入はないため、市負担額割合の評価が低くなっている。 ①【評価指数】築年数(棟平均) 【原因】道路維持事務所移転に伴い昭和61年に建築され、その後 移転・改築等が行われていないため。 ②【評価指数】劣化度点数(棟平均) 【原因】老朽化による外 壁等のひびや建物内部の傷みなどが多数見受けられる。 ③【評価指数】バリアフリー未対応(棟平 均) 【原因】道路維持補修等の管理拠点として主に職員が利用する施設であり、一般市民の利用は 想定されていないため、バリアフリー対策はなされていない。
さらに見せる

5 さらに読み込む

福岡県道路施設維持管理基本計画 道路の効率的な維持管理(アセットマネジメント)  福岡県庁ホームページ

福岡県道路施設維持管理基本計画 道路の効率的な維持管理(アセットマネジメント) 福岡県庁ホームページ

成 26 年の道路法の一部改正などにより、 老朽化対策、修繕、 調査、 点検など維持管理の重要性に 焦点当てる公共事業に転換つつあります。また、平成 23 年の東日本大震災や平成 28 年の熊 本地震などの自然災害時において、命守りつなぐインフラとして道路の重要性が再認識され、 防災・減災という角度からも道路施設長く安全に保つことが欠かせない社会ニーズになってき

50 さらに読み込む

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

 歴史的風致維持向上施設とは、本市における歴史的風致の維持及び向上に必要な公共施 設等であり、その整備と適切な管理によって、長野市固有の歴史まちづくり推進てい く効果が見込めるものである。このため、その整備は、歴史的風致構成、かつ、その 保全に寄与するもので、本計画の期間内に確実に実施されるもの対象とする。

58 さらに読み込む

「汚染土壌処理施設等の維持管理に関する基準」

「汚染土壌処理施設等の維持管理に関する基準」

(1)取 埋立処理施設及び関連施設維持管理及び 全管理行う ,必要 事項定 扱いブッュアャ策定 ,作業従事者 周知徹底 るこ 。取 (平)取 管理事務所 帳簿, 面, 関連書類備えるこ 。取 (年)取 汚染土壌処理業者 ,当 施設 維持管理 関 生活環境 保全 利害関係暼 る者 ら求 あ ,帳簿, 面, 関連書類 閲覧 応 る る。取

11 さらに読み込む

自然公園等事業技術指針 ( 試行版 ) 平成 13 年度 自然公園施設維持管理等方針策定業務 平成 19 年 3 月 自然公園屋外施設に関する点検 保守検討調査業務平成 20 年 3 月 自然公園等施設技術指針平成 25 年 6 月 維持管理に関する技術指針改訂の経緯

自然公園等事業技術指針 ( 試行版 ) 平成 13 年度 自然公園施設維持管理等方針策定業務 平成 19 年 3 月 自然公園屋外施設に関する点検 保守検討調査業務平成 20 年 3 月 自然公園等施設技術指針平成 25 年 6 月 維持管理に関する技術指針改訂の経緯

国立公園は、 「日本の優れた自然の風景地保護するとともに、その利用の増進図り、も って国民の保健、休養及び教化に資すること」目的とており、施設維持管理・安全対 策は、利用者の安全で快適な利用と自然の保護達成するための基本である。 国立公園内の施設は、利用目的や利用頻度が多様であるため、所管地及び直轄施設におけ る施設維持管理・安全対策に当たっては、施設の種類や設置目的によって管理目標若しく は巡視・点検回数設定、事故や自然環境の破壊未然に防止する必要がある。
さらに見せる

37 さらに読み込む

特定事業の選定について 1 事業概要 大阪大学 ( 吹田 1) 研究棟改修 ( 工学部 ) 施設整備等事業 ( 以下 本事業 という ) は PFI 法に基づき 選定事業者が大阪大学 ( 吹田 1) の教育研究施設 ( 以下 本施設 という ) を整備 ( 設計 改修 新営 ) し 維持管理業務 並

特定事業の選定について 1 事業概要 大阪大学 ( 吹田 1) 研究棟改修 ( 工学部 ) 施設整備等事業 ( 以下 本事業 という ) は PFI 法に基づき 選定事業者が大阪大学 ( 吹田 1) の教育研究施設 ( 以下 本施設 という ) を整備 ( 設計 改修 新営 ) し 維持管理業務 並

特定事業の選定について 1 事業概要 大阪大学(吹田1)研究棟改修(工学部)施設整備等事業(以下「本事業」という。 ) は、PFI法に基づき、選定事業者が大阪大学(吹田1)の教育研究施設(以下「本 施設」という。 )整備(設計、改修・新営)維持管理業務、並びに本施設のうち 新築棟(校舎)における指定された運営業務遂行すること事業の範囲とする。

8 さらに読み込む

埼玉県マスコット コバトン 庁舎 公の施設の現状と今後の維持管理について 埼玉県庁舎 公の施設マネジメント方針 彩の国埼玉県

埼玉県マスコット コバトン 庁舎 公の施設の現状と今後の維持管理について 埼玉県庁舎 公の施設マネジメント方針 彩の国埼玉県

増大する維持管理更新費用が県財政圧迫財政の硬直化招かぬよう、施 設の老朽化対策先送りすることなく、将来見据えた計画的な対応行って いく必要がある。 また、計画的な老朽化対策に加え、施設良好に維持ていくことも大切で ある。言うまでもなく公共施設は県民の財産であり、県には公共施設適切に 維持管理良質なサービス提供ていく責務がある。そのためには、施設管 理者は維持管理能力の向上に努めなくてはならない。
さらに見せる

66 さらに読み込む

目次 1 はじめに 1 2 維持保全業務の基本方針 1 3 施設関係者の役割 2 4 維持保全の実施 (1) 維持保全とは 2 (2) 維持保全の内容把握の重要性 2 (3) 維持保全の内容把握のポイント 2 ア施設概要の把握イ保全業務の記録ウ報告書の内容確認 5 維持保全の分類と実施 (1) 清掃

目次 1 はじめに 1 2 維持保全業務の基本方針 1 3 施設関係者の役割 2 4 維持保全の実施 (1) 維持保全とは 2 (2) 維持保全の内容把握の重要性 2 (3) 維持保全の内容把握のポイント 2 ア施設概要の把握イ保全業務の記録ウ報告書の内容確認 5 維持保全の分類と実施 (1) 清掃

維持保全上の注意事項 (1)複合施設における共用・専有の区分の明確化 地区センターと地域ケアプラザ、市営住宅と地域ケアプラザ、福祉活動拠点と民間施設等の 複合施設の場合、共用部分(玄関、廊下、昇降機、空調等の設備機器等)と各施設の専有部分 の区分は、管理協定等の中で明確にておく必要があります。区分が不明確だと、誰が管理 ているのか分からない、工事等行う際に費用の負担割合が決まらないために手続きが進まな いなど、施設維持保全に支障きたすことになります。共用・専用の区分明確化するととも に、費用の負担割合について覚書等に明記ておく必要があります。
さらに見せる

17 さらに読み込む

評価シート(主管課等:上下水道局経営企画課) 都市基盤施設の維持・強化|盛岡市公式ホームページ

評価シート(主管課等:上下水道局経営企画課) 都市基盤施設の維持・強化|盛岡市公式ホームページ

取組の方向性 汚水処理施設の整備により, 公共用水域の水質保全て衛生的な水環 境確保ます。 Step 3 小施策指標の推移 (↑:数値上げていくこと目標とする指標,↓:数値下げていくこと目標とする指標,→:数値維持 すること目標とする指標)

5 さらに読み込む

ます そのため 今後の公共建築物のあり方を示した 鎌倉市公共施設再編計画 ( 平成 27 年 3 月 ) に即し 施設の適切な規模やあり方を見直し 適正な公共建築物の再編を推進します また インフラの維持管理についても 将来のあり方について検討し 公共建築物と共に 次の世代に過大な負担を残さない都市

ます そのため 今後の公共建築物のあり方を示した 鎌倉市公共施設再編計画 ( 平成 27 年 3 月 ) に即し 施設の適切な規模やあり方を見直し 適正な公共建築物の再編を推進します また インフラの維持管理についても 将来のあり方について検討し 公共建築物と共に 次の世代に過大な負担を残さない都市

1)エリアマネジメントの導入 歴史的遺産と共生た都市空間の形成や賑わい のある市街地の形成、良好な住環境の維持、まち 並みの形成、徒歩と公共交通中心とする交通ネ ットワークの形成など実現するためには、地域 に関わるさまざまな主体が担い手となって、地域 における価値や魅力維持・向上させる取り組み (エリアマネジメント)が重要となります。 自治・町内会、NPO、事業者等の多様な主体が役 割分担行い、対象とする地域や空間、施設、資 源の維持・管理・活用図るエリアマネジメント 推進するために、市は組織の設立や活動に対し て、支援・協働行います。
さらに見せる

9 さらに読み込む

序文 河川砂防技術基準維持管理編 ( 河川編 ) の策定に伴い 馬淵川における おおむね今後 5 年間の河川維持管理の具体的な内容を定めた 河川維持管理計画 を策定した 河川の維持管理は 河道や施設の状態を把握し その結果必要に応じて対策を実施し維持管理をしていかなければならないが 状態把握の結果の

序文 河川砂防技術基準維持管理編 ( 河川編 ) の策定に伴い 馬淵川における おおむね今後 5 年間の河川維持管理の具体的な内容を定めた 河川維持管理計画 を策定した 河川の維持管理は 河道や施設の状態を把握し その結果必要に応じて対策を実施し維持管理をしていかなければならないが 状態把握の結果の

また、過去の空洞やクラックの発生履歴、地盤の状況等に応じて適切な頻度で空洞化調査 行い、本体周辺の空洞化等の悪影響が確認された場合は、速やかに対策実施する。 (2) ゲート設備 ゲート設備の機能保全するため、 「河川用ゲート・ポンプ設備点検・整備・更新検討マニ ュアル(案)」や「ゲート点検・整備要領(案)」、 「ダム・堰施設技術基準(案)」などに基づ き、必要に応じて適切な方法で機能及び動作の確認行い、効果的・効率的に維持管理行 うものとする。
さらに見せる

52 さらに読み込む

公立施設再編時代における博物館サービス維持・向上の在り方

公立施設再編時代における博物館サービス維持・向上の在り方

「公共施設等総合管理計画」は、①公共施 設等の現況及び将来の見通し、②公共施設等 の総合的かつ計画的な管理に関する基本的な 方針、③施設類型ごとの管理に関する基本的 な方針等から構成され、②の策定にあたって は「点検・診断等」、「維持管理・修繕・更新 等」、「安全確保」、「耐震化」、「長寿命化」の 実施方針とあわせて、 「統合や廃止の推進方針」 についての基本的な考え方提示することが 求められている。今後、地方公共団体では、 公共施設の再編も含めた議論が活発化するこ とが予想される。
さらに見せる

7 さらに読み込む

(2) その他の関連する現状等それまで両町にあった漁協を合併し 1 島 1 漁協体制で経営の合理化を図りつつ, 平成 4 年度に知名漁港製氷施設, 平成 23 年度に和泊漁港製氷施設を整備し, 鮮度維持対策や漁家経営の改善に取り組んできた 現在, 本島の鍾乳洞やウミガメ産卵スポット, 近海を回遊する

(2) その他の関連する現状等それまで両町にあった漁協を合併し 1 島 1 漁協体制で経営の合理化を図りつつ, 平成 4 年度に知名漁港製氷施設, 平成 23 年度に和泊漁港製氷施設を整備し, 鮮度維持対策や漁家経営の改善に取り組んできた 現在, 本島の鍾乳洞やウミガメ産卵スポット, 近海を回遊する

取組内容については取組の進捗状況や成果に応じて見直すこととする。 1年目(平成27年度)以下の取り組みにより漁業所得基準年対比4.02%向上させる。 ○鮮度向上による魚価の向上 ・漁協は,県水産技術開発センターや水産会社などの協力得てマグロの血 抜きや神経締め,出荷に係る氷量に関する鮮度維持研修会開催する。  漁業者は,上記研修に参加て技術習得実践することにより,島外出 荷される対象魚種の島外流通単価5年間で5%向上させること目指す。こ れにより漁業収入向上させる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

1.収集運搬  効率よくごみを収集運搬するための技術 ●「ごみ中継施設」の設置による効率化 ●経費削減、市民サービスの維持・向上

1.収集運搬  効率よくごみを収集運搬するための技術 ●「ごみ中継施設」の設置による効率化 ●経費削減、市民サービスの維持・向上

●8月23日には人命救助活動が展開されていた八木・緑井地区については、国土交通省の緊急 災害対策派遣隊(TEC-FORCE)と広島市で作業エリア分担するための調整作業に着手、 26日から土砂等撤去作業が本格的に展開。 ●被害の大きかった地区は、特に道路が狭く、10トンダンプ車が通れなかったため、2トンダンプ 車で被災地に入り、太田川河川敷等積替場として利用。

35 さらに読み込む

マニュアルの改訂にあたって 全国の堤防 護岸等の海岸保全施設のうち 整備後 50 年以上経過した施設や整備年度が不明な施設は 2015 年で約 4 割であるが 2035 年には約 7 割に達する見込みであり 海岸保全施設の適切な維持管理を推進し 防護機能や安全性の確保が重要な課題となっている 平成

マニュアルの改訂にあたって 全国の堤防 護岸等の海岸保全施設のうち 整備後 50 年以上経過した施設や整備年度が不明な施設は 2015 年で約 4 割であるが 2035 年には約 7 割に達する見込みであり 海岸保全施設の適切な維持管理を推進し 防護機能や安全性の確保が重要な課題となっている 平成

(2)土木構造物の臨時点検は、巡視(パトロール)の点検項目実施する。また、土木構造物が水門・ 陸閘等の設備の機能に支障及ぼしていないかなどに留意て点検実施する。 (3)水門・陸閘等の設備の臨時点検は、表-3.4 のとおり簡易点検設備の管理運転点検の項目実施す る。なお、臨時点検において変状が確認された場合には、年点検に準じた点検実施することと する。また、高潮等の来襲に備えて水門・陸閘等の閉操作とその後の開操作実施、その操作 結果適切に確認・記録た場合は、臨時点検の開閉操作とみなしても良いものとする。ただし、 動力式の開閉機構持つ水門・陸閘等については、高潮等の外力が作用た場合、高潮等の来襲 後の開操作のみでなく閉操作についても併せて実施する必要がある。
さらに見せる

101 さらに読み込む

災害復旧事業 ( 農地 農業用施設等 ) の概要 1. 趣旨災害復旧事業 ( 農地 農業用施設等 ) は 地震 豪雨等により被災した農地 農業用施設等の早期復旧を行い 農業生産活動の維持と農業経営の安定を図り さらには国土の保全及び農村地域の安定性を向上させることを目的とする 2. 事業内容 地震

災害復旧事業 ( 農地 農業用施設等 ) の概要 1. 趣旨災害復旧事業 ( 農地 農業用施設等 ) は 地震 豪雨等により被災した農地 農業用施設等の早期復旧を行い 農業生産活動の維持と農業経営の安定を図り さらには国土の保全及び農村地域の安定性を向上させることを目的とする 2. 事業内容 地震

<背景/課題> ・平成30年7月豪雨が発生、西日本中心に、山地災害により多くの人命・財産が 失われるなど甚大な被害が生じ、加えて潜在的な小崩壊等が発生するなどにより地盤 が脆弱になっている恐れがあります。被災地域においては、本格的な台風時期迎え る前に崩壊危険箇所把握、被災状況に応じた対策講じる必要があります。 ・そのため、広範囲にわたって迅速に詳細なデータの取得が可能な航空レーザ計測
さらに見せる

56 さらに読み込む

評価シート(主管課等:上下水道局経営企画課) 都市基盤施設の維持・強化|盛岡市公式ホームページ

評価シート(主管課等:上下水道局経営企画課) 都市基盤施設の維持・強化|盛岡市公式ホームページ

・ 浸水被害箇所に対して,短期的に対応できる側溝整備や桝改良等行う。 ・ 未整備箇所の点検行い,危険箇所には土のう設置等の対策行う。 2 1の改革改善案の実施状況 (A:着手済,B:平成29年度に着手(予定含む) ,C:未着手または見送り)

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...