文化庁が主催して実施

Top PDF 文化庁が主催して実施:

平成 26 年度文化庁メディア芸術祭国内巡回事業プレスリリース 2014 年 7 月 11 日 報道関係各位 一般財団法人 NHK インターナショナル 文化庁メディア芸術祭国内巡回事業企画展 TRACE 開催のご案内 文化庁が主催 一般財団法人 NHK インターナショナルが企画 運営する 文化庁メデ

平成 26 年度文化庁メディア芸術祭国内巡回事業プレスリリース 2014 年 7 月 11 日 報道関係各位 一般財団法人 NHK インターナショナル 文化庁メディア芸術祭国内巡回事業企画展 TRACE 開催のご案内 文化庁が主催 一般財団法人 NHK インターナショナルが企画 運営する 文化庁メデ

参 考 文化庁メディア芸術祭について 文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの 4 部門において優れた作品を 顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。平成 9 年度 (1997 年)の開催以来、高い芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を顕彰、受賞作品の展示・ 上映や、シンポジウム等の関連イベントを実施する受賞作品展を開催います。昨年度[第 17 回]は、過 去最多となる世界 84 の国と地域から 4,347 点の作品の応募あり、文化庁メディア芸術祭は国際的なフ ェスティバルへと成長を続けいます。 また、文化庁では、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的 に、文化庁メディア芸術祭の受賞作品を国内外で広く紹介する多彩な事業を実施います。海外・国内 展開や創作活動支援等の関連事業を通じ、次代を見据えたフェスティバルを目指しいます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

実施要項(案)「文化庁メディア芸術祭の企画・運営(コンテスト)」

実施要項(案)「文化庁メディア芸術祭の企画・運営(コンテスト)」

(6)契約の形態及び支払 ①契約の形態は委託契約とする。 ②文化庁は,委託契約に基づき民間事業者実施た本業務について,委託契約の契 約期間(平成30年4月1日~平成31年3月31日)中に完了報告を受け,検査 を実施,適正かつ確実な運営なされいることを確認た上で,委託事業実施 に要した経費について調査を行い,委託経費の額を確定,民間事業者に通知する。 上記の確定額は,委託業務の決算額に充当た委託経費の額と委託契約額のいずれ か低い額とする。文化庁は額の確定後,民間事業者からの適法な請求書を受理た 日から30日以内に委託金額を支払う。
さらに見せる

39 さらに読み込む

平成 28 年度海外メディア芸術祭等参加事業プレスリリース 2016 年 11 月 10 日 報道関係各位 一般財団法人 NHK インターナショナル 文化庁メディア芸術祭海外メディア芸術祭等参加事業企画展 Ubiquitous Humanity ( 偏在する人間性 ) 開催のご案内 文化庁が主催 一

平成 28 年度海外メディア芸術祭等参加事業プレスリリース 2016 年 11 月 10 日 報道関係各位 一般財団法人 NHK インターナショナル 文化庁メディア芸術祭海外メディア芸術祭等参加事業企画展 Ubiquitous Humanity ( 偏在する人間性 ) 開催のご案内 文化庁が主催 一

参 考 文化庁メディア芸術祭について 文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの 4 部門において優れた作品を 顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。平成 9 年度 (1997 年)の開催以来、高い芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を顕彰するとともに、受賞作品 の展示・上映や、シンポジウム等の関連イベントを実施する受賞作品展を開催います。昨年度[第19 回] は、世界 87 の国と地域から 4,417点に及ぶ作品の応募あり、なかでも国内からの応募数は 2,201 点と過 去最多となりました。文化庁メディア芸術祭は多様化する現代の表現を見据える国際的なフェスティバルへ と成長を続けいます。 また、文化庁では、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的に、文化庁メデ ィア芸術祭の受賞作品を国内外で広く紹介する多彩な事業を実施います。海外・国内展開や創作活動 支援等の関連事業を通じ、次代を見据えたフェスティバルを目指しいます。
さらに見せる

13 さらに読み込む

3 虹の仲間で森づくり (12 月 6 日実施 兵庫県漁連主催 コープこうべ協賛 ) 漁業者が海を豊かにするために取り組んでいる山の整備について 広く理解してもら うことを目的に 兵庫県漁業協同組合連合会行う学習イベント 7 年からグリーンピ ア三木で年 1 回実施している コープこうべは 当初から

3 虹の仲間で森づくり (12 月 6 日実施 兵庫県漁連主催 コープこうべ協賛 ) 漁業者が海を豊かにするために取り組んでいる山の整備について 広く理解してもら うことを目的に 兵庫県漁業協同組合連合会行う学習イベント 7 年からグリーンピ ア三木で年 1 回実施している コープこうべは 当初から

15 6)学習イベント (11 月 30 日実施、第4地区活動本部主催) 1回実施、370 人来場 「食育&エコ」をキーワードに組合員もメンバーに加わる実行委員会形式で、2011 年から毎年1回開催いる学習イベント。子どもから大人まで、楽しみながら食とエ コについて気づき、考えもらうきっかけづくり目的。第4回目となる今回は、「も ったいないやん! つながってるよ 食・エコ・地球」をテーマに、第4地区で取り組む 「とれとれぴちぴち お魚大好きプロジェクト」の取り組みとも連動開催。
さらに見せる

11 さらに読み込む

関西エアポート神戸空港ガイドツアーについて ( 旅行会社の皆様へ ) 関西エアポート神戸株式会社では 児童 生徒に対する社会教育を目的に 旅行会社が主催するツアー等 において 神戸空港の魅力をお伝えする ガイドツアー 実施しています 詳細については 別途 関西エアポート神戸空港ガイドツアー実施規程

関西エアポート神戸空港ガイドツアーについて ( 旅行会社の皆様へ ) 関西エアポート神戸株式会社では 児童 生徒に対する社会教育を目的に 旅行会社が主催するツアー等 において 神戸空港の魅力をお伝えする ガイドツアー 実施しています 詳細については 別途 関西エアポート神戸空港ガイドツアー実施規程

■ 関西エアポート神戸 空港ガイドツアーについて(旅行会社の皆様へ) 関西エアポート神戸株式会社では、児童・生徒に対する社会教育を目的に、旅行会社主催するツアー等 において、神戸空港の魅力をお伝えする「ガイドツアー」実施います。 詳細については、別途「関西エアポート神戸 空港ガイドツアー実施規程」をご覧ください。 1.ツアー概要

6 さらに読み込む

( 包括業務委託の進捗状況モニタリングについて ) (JPFが配布資料に沿って説明) ( イベントについて ) 選手と豆まきを実施した バンク内観戦を 2 月 8 日から開催した東出杯メモリアルカップで実施した お客様から 寒いからもう少し暖かい時期が良いとの要望があった 千葉市健全育成課が主催の

( 包括業務委託の進捗状況モニタリングについて ) (JPFが配布資料に沿って説明) ( イベントについて ) 選手と豆まきを実施した バンク内観戦を 2 月 8 日から開催した東出杯メモリアルカップで実施した お客様から 寒いからもう少し暖かい時期が良いとの要望があった 千葉市健全育成課が主催の

・バンク内観戦を、2月8日から開催た東出杯メモリアルカップで実施た。お客様 から、寒いからもう少し暖かい時期良いとの要望あった。 ・千葉市健全育成課主催の、QVCマリンフィールドで開催する「青少年の集い大会」 に参加、千葉競輪場PRイベントを実施た。競輪選手3名同行、模擬自 転車レースやお子さんたちとのダンスで千葉競輪場をPRた。
さらに見せる

6 さらに読み込む

第四章 EEM の実施実態の把握 4-1 はじめに 本章では, インターネット調査とアンケート調査に基づいて EEM の実施実態について 述べる. 4-2 インターネット調査 調査目的 都道府県が主催 共催するイベントを抽出すること 調査対象 イベント主催者 ( 都道府県

第四章 EEM の実施実態の把握 4-1 はじめに 本章では, インターネット調査とアンケート調査に基づいて EEM の実施実態について 述べる. 4-2 インターネット調査 調査目的 都道府県が主催 共催するイベントを抽出すること 調査対象 イベント主催者 ( 都道府県

4-3-2 調査対象 4-2 のインターネット調査で抽出たイベント 361 件のイベント主催者(都道府県). 4-3-3 調査方法 上記で抽出たイベントの主催者(都道府県職員)に対して,イベントの基本事項を把 握するためのアンケート(表 4-2,4-3)とイベント環境に配慮開催できたかどうかを 自己評価もらうための環境配慮項目リストをメールで送信する.アンケートは, EEM 導入都道府県と EEM 未導入都道府県で別のアンケートを送付する.
さらに見せる

12 さらに読み込む

2 月 22 日京都総評の主催で原告団も参加し 宣伝行動を実施するとともに京セラ本社に要請行動を行いました 6 月 21 日京都総評が 1 日行動を実施 15:00 からの京セラ本社前宣伝 要請行動については京都総評と JAL 不当解雇撤回国民共闘の共催で実施しています 6 月 28 日京セラの株主

2 月 22 日京都総評の主催で原告団も参加し 宣伝行動を実施するとともに京セラ本社に要請行動を行いました 6 月 21 日京都総評が 1 日行動を実施 15:00 からの京セラ本社前宣伝 要請行動については京都総評と JAL 不当解雇撤回国民共闘の共催で実施しています 6 月 28 日京セラの株主

8 月 8 日、10 日の進行協議にて、証人及び立証計画(証人尋問)確定すれば、9 月公判(乗員・客乗 裁判とも各 2 回を予定)で証人尋問行われることとなり、順調に進めば、年内結審、年度内判決の可能 性濃厚となっいます。 以上のように裁判は異例のスピードで進行おり、勝利判決を引き出すためにも、さらに運動を強め、 JAL 不当解雇撤回国民共闘結成の「呼びかけ文」にて明らかにた解雇の不当性や解雇撤回の意義を 広め、大きな世論で政府や裁判所、日本航空、支援機構などを包囲、勝利判決につなげいくこと求 められます。
さらに見せる

16 さらに読み込む

6 全般 新国保制度について 被保険者 地域住民の意見を聴取し 反映させるために 県が主催して説明会などを実施してほしい 運営方針策定に関して 県民の皆様から意見をお聴きするために 今回 県民コメントを実施したところです また 制度の詳細が全て決まった際には 出前講座などを開催することを検討していき

6 全般 新国保制度について 被保険者 地域住民の意見を聴取し 反映させるために 県が主催して説明会などを実施してほしい 運営方針策定に関して 県民の皆様から意見をお聴きするために 今回 県民コメントを実施したところです また 制度の詳細が全て決まった際には 出前講座などを開催することを検討していき

 ジェネリック医薬品の数量シェアを8 0%とする目標は、国の目標値からかい 離しいることを示すだけのものである。 こうした「数値ありき」で被保険者教育 行われることは医療に対する理解を歪 めたり不信をもたらす。

7 さらに読み込む

しかし 全てが順調に進んだわけではない 委員会の検討で遺跡を選択してから 主催側である文化庁に公開の許可をお願いすることになっている 形式的なやりとりとなってきた 2010 年に突然 先方が1つの遺跡の英訳 公開に難色を示した 対象は徳島県鳴門市の板東俘虜収容所跡だったが 第一世界大戦中にドイツ兵捕

しかし 全てが順調に進んだわけではない 委員会の検討で遺跡を選択してから 主催側である文化庁に公開の許可をお願いすることになっている 形式的なやりとりとなってきた 2010 年に突然 先方が1つの遺跡の英訳 公開に難色を示した 対象は徳島県鳴門市の板東俘虜収容所跡だったが 第一世界大戦中にドイツ兵捕

図るテーマ展示、 「全国史跡整備市町村協議会 50 周年」 を記念、史跡整備の2遺跡の紹介からなる3部構成 でした。 この3部構成の展示も固定化つつあり、 個別の展示に工夫は見られましたまた違った展示も 見みたいと感じました。個人的にはやはり新発見考 古速報の展示全国から選りすぐられた注目の遺跡の 情報を僅かな交通費だけで知ることできるの列島 展のメリットではないかと思っいます。また展示に かかわった文化庁の係りの方から展示解説を伺いな ら見学することできるのも、より理解深まる見学 の仕方だと思います。なお今回の展示解説始まるま で 30 分以上待ち時間あったのは参加者の平均年齢 を考えると配慮に欠け、事前に説明開始の時間を調べ 集合時間を設定いただけるよう次回以降の見学 会の改善点として指摘おきたいと思います。  今回展示の目玉は、入り口部に並ぶ栃木県下野市の 甲塚古墳から出土た埴輪群で、ポスター・パンフレッ ト・入場券にも写真使用されたものでした。しかし 最も注目すべき埴輪は残念ながらこれらの写真には使 用されなかったものでした。その埴輪は、白地に真っ 赤な水玉をあしらった衣装を身にまとい地機を織る女 性の埴輪と、白い化粧土塗られた白馬の埴輪でした。 二つの埴輪はいずれも彩色の残り悪く、女性の埴輪 は頭部見つからなかったため写真からはずされ まったのではないかと勝手に想像ました。この埴輪 は水玉で有名な現在のアート作家の作品にも通じる目 を引くもので古墳に樹立されいたときもひときわ目 立つ埴輪であったろうと思います。この他、九州の大
さらに見せる

8 さらに読み込む

文化庁 平成 24 年度 国語に関する世論調査 の結果の概要 調査目的 方法等 調査目的 : 文化庁が平成 7 年度から毎年実施しているもので, 日本人の国語に関する意識や理解の現状について調査し, 国語施策の立案に資するとともに, 国民の国語に関する興味 関心を喚起する 調査対象 : 全国 16

文化庁 平成 24 年度 国語に関する世論調査 の結果の概要 調査目的 方法等 調査目的 : 文化庁が平成 7 年度から毎年実施しているもので, 日本人の国語に関する意識や理解の現状について調査し, 国語施策の立案に資するとともに, 国民の国語に関する興味 関心を喚起する 調査対象 : 全国 16

「相手との人間関係を作り上げながら伝え合うこと」と回答た人4割強,「根拠や理由を明確に論 理的に伝え合うこと」と回答た人3割台半ばという結果であった。また,「相手や状況によって異なるの で,どちらとも言えない」と回答た人1割台後半であった。 ・「相手との人間関係を作り上げながら伝え合うこと」の方難しい・・・・・・・・・40.5% ・「根拠や理由を明確に論理的に伝え合うこと」の方難しい・・・・・・・・・・・34.4% ・相手や状況によって異なるので,どちらとも言えない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17.9% ・どちらにも難しさを感じない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.6% ・分からない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1.7%
さらに見せる

24 さらに読み込む

この調査は 文化庁の委託を受け 著作物等の流通促進に関する調査研究事業 として 実施したものです

この調査は 文化庁の委託を受け 著作物等の流通促進に関する調査研究事業 として 実施したものです

映像分野の輸出額の国内市場規模に対する比率低いことの背景としては、国内市場 ある程度の規模であるため、海外展開の必要性あまり高くなかったことあげられる。 また、海外展開しようとしても、映画やアニメの制作会社は企業規模の小さい企業多く、 海外展開のための体制を構築できず、また海外展開のリスクをとることできなかったと 考えられる。放送番組は国内で十分にビジネス成立いた上に、著作権の帰属必ず しも明確でないコンテンツ少なくなかったことも影響いると思われる。アンケート 結果からも、放送番組など制作者に権利ないために展開できないケースあることわ かる。実際、権利を持っいる企業海外展開を図っいる場合はよい、海外展開に積 極的でない場合もあるようである。アニメは海外でも人気あり、積極的に展開いる 、違法配信多いことも影響、海外におけるビジネスの規模はあまり大きなものと はなっいない。
さらに見せる

193 さらに読み込む

(2) 実施団体数 2~3 団体を選定 (3) 実施時期通年 (4) 事業運営実施に際しての事業運営は 事業主催団体が主催者として実施すること (5) 地域創造の共催負担額 1 事業主催団体が地方公共団体等の場合ア負担額別表に掲げる共催対象事業経費 ( 以下 共催対象事業経費 という ) から入場料

(2) 実施団体数 2~3 団体を選定 (3) 実施時期通年 (4) 事業運営実施に際しての事業運営は 事業主催団体が主催者として実施すること (5) 地域創造の共催負担額 1 事業主催団体が地方公共団体等の場合ア負担額別表に掲げる共催対象事業経費 ( 以下 共催対象事業経費 という ) から入場料

一、それぞれの地域生き生きとた創造の現場となること、そのための場を行政官と芸術家共同 作り出すことにより、地域文化の活性化を主導する。 一、その地域特有の文化的環境を生かした取り組みによって、より広範な地域文化の活性化を促す。 (過去の参加地域の例では、北九州では鉄鋼の町を生かし舞台装置の製作に溶接技師の皆さん 参加、長野県中条村では山姥伝説の地であることから、伝説にかかわる様々な人材関与しま た。)
さらに見せる

13 さらに読み込む

文化庁メディア芸術祭の企画・運営 民間競争入札実施要項

文化庁メディア芸術祭の企画・運営 民間競争入札実施要項

     △日別のタイムテーブルの作成検討  △画像ごとに詳細のポップアップ表示検討 最下段:全体スケジュール(PDF)リンクバナー 全体スケジュール(PDF)  ・受賞作品集 受賞作品集詳細+作品集画像+問合せ先+購入について+購入ボタン(申込フォームリンク)  ・協賛事業 協賛事業概要(画像、タイトル、会期、会場、主催、URL)

16 さらに読み込む

日記 単独 11 月 水彩 水彩紙 他 15 点 二人の安達展 銀座井上画廊主催 銀座井上画廊 / 東京 煙りのゆくえ 単独 12 月 テンペラ 水彩 岩彩 アクリル 白亜地 パネル 旅 展 文化庁 国立新美術館 文化庁芸術家在外 研修員の会美術部門主催 国立新美術館 / 東京 招待出品 伊東順二研

日記 単独 11 月 水彩 水彩紙 他 15 点 二人の安達展 銀座井上画廊主催 銀座井上画廊 / 東京 煙りのゆくえ 単独 12 月 テンペラ 水彩 岩彩 アクリル 白亜地 パネル 旅 展 文化庁 国立新美術館 文化庁芸術家在外 研修員の会美術部門主催 国立新美術館 / 東京 招待出品 伊東順二研

 「新花の百名山」より 単著 平成19年12月 富山県高岡総合プールHEALTH SWIM VOL17 口頭発表の名称 単独,共同 発表の月日 発表会の名称、主催学会等の名称 備  考 ・映画の中の水泳−河童大将 単独 平成19年11月 平成19度富山県水泳医科学シンポジュウム ・生活習慣の学年別推移の検討 共同 平成19年10月 第44回全国大学保健管理研究集会

19 さらに読み込む

Microsoft Word - H30文化庁連携要綱(確定版).doc

Microsoft Word - H30文化庁連携要綱(確定版).doc

文化庁連携事業実施要綱 1 趣旨 音楽分野における文化庁の「文化芸術による子供の育成事業(芸術家の派遣事業)」 (以下、 「文化庁事業」という。)について、一般財団法人地域創造(以下、「地域創造」という。) その地域活動力の育成を重視いる公共ホールとの連携事業を創設することにより、地 域創造のノウハウを活かした効果的なアウトリーチ事業を広げるとともに、公演を地域創造 の助成対象とすることにより公共ホールの一層の活性化につなげることを目的とする。
さらに見せる

6 さらに読み込む

文化庁平成22年度人材育成プログラム概要

文化庁平成22年度人材育成プログラム概要

➡(例) ○歴史と伝統や地域性,芸術性にも配慮ながら,ユニークベニュー(神社・仏閣・歴史的建造物等)を活用た取組 ②総合的にアーツプロジェクトを企画・実施できる人材育成とそのネットワーク形成を図るための取組 ➡(例) ○全国で活動する中堅・若手のアーツプロデューサー「文化で稼ぐ力」を磨き上げるため,プロジェクトベースで行う人材育成・研修の取組 ○全国の大学等地域や分野を超えネットワークを強化するとともに,専門分野の異なる学生や卒業生,教職員等連携地域コミュニティの 課題解決に向け実践する研修型アートプロジェクト等
さらに見せる

22 さらに読み込む

資料 4 文化プログラムに関する文化庁の取組 平成 29 年 12 月 文化庁

資料 4 文化プログラムに関する文化庁の取組 平成 29 年 12 月 文化庁

地域の美術館・博物館クラスターの形成 クラスター形成イメージ図 ※1.の日本版DMO(Destination Management/Marketing Organization)は、多様な関係者と協同ながら、様々な地域資源を 組み合わせた観光地の一体的なブランドづくり、ウェブ・SNS等を活用た情報発信・プロモーション、効果的なマーケティング、 観光地域づくりのための戦略策定等について、地域主体となっ着実に実施するための調整機能を備えた法人(商工業、交 通事業者、宿泊施設、農林漁業、飲食店、地域住民、行政などとの連携。)
さらに見せる

12 さらに読み込む

2. 公認競技会を主催する権利について ( 日本陸上競技連盟公認競技会規程第 3 条 ) 公認競技会を主催する権利 ( 以下 主催権という ) は 日本国内において 日本陸上競技連盟が有しています また 日本陸上競技連盟は その主催権を各加盟団体に委譲 協力団体に一部移譲しています このため 日本陸

2. 公認競技会を主催する権利について ( 日本陸上競技連盟公認競技会規程第 3 条 ) 公認競技会を主催する権利 ( 以下 主催権という ) は 日本国内において 日本陸上競技連盟が有しています また 日本陸上競技連盟は その主催権を各加盟団体に委譲 協力団体に一部移譲しています このため 日本陸

陸上競技場で公認競技会を行う場合であっも、通常では標識タイルやマーキングない 300m や 600m などの競走種目を公認競技会として実施することはできません。 また、専用の標識タイルやマーキングない公認競技場であるにも関わらず、バックスト レートを使用た競走種目を行い、通常の種目と同様に公認記録申請された場合は、その 公認競技会の公認申請を取り消すこともあり得ますので、注意ください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

例言 1. 本構想は 平成 28 年度文化庁 文化遺産を活かした地域活性化事業 ( 歴史文化基本構想策定支援事業 ) 平成 29 年度文化庁 文化遺産総合活用推進事業 ( 歴史文化基本構想策定支援事業 ) 国庫補助金を活用して策定した 2. 本書の編集 執筆は豊田市教育委員会教育行政部文化財課が行っ

例言 1. 本構想は 平成 28 年度文化庁 文化遺産を活かした地域活性化事業 ( 歴史文化基本構想策定支援事業 ) 平成 29 年度文化庁 文化遺産総合活用推進事業 ( 歴史文化基本構想策定支援事業 ) 国庫補助金を活用して策定した 2. 本書の編集 執筆は豊田市教育委員会教育行政部文化財課が行っ

旧足助町では、現在、重要伝統的建造物群保存地区に選定されいる足助の町並みの 保存運動昭和 50 年代から始まった。足助の町並みを守る会設立され、旧足助町と 一体となっ古い町並み見直されることとなり、昭和 51 年には、町並みの調査開 始された。この成果は、翌年『足助町町並調査概報』として刊行された。調査は、国・ 県の補助を受け継続され、昭和 53 年には、より詳細な調査成果を加えた『足助の町 並』刊行されいる。その後、伝統的建造物群保存地区を目指す活動は一旦休止、 合併後の平成 21 年度から 2 か年をかけ、再び町並み調査を実施、その成果は『足助— 伝統的建造物群保存対策調査報告書—』として刊行された。なお、足助の町並みは、「重 要伝統的建造物群保存地区豊田市足助伝統的建造物群保存地区」として、平成 23 年 6 月に国から選定を受けた。また、平成 23 年 4 月からは、足助の町並み保存に対する効 果的な施策の実施のため、文化財課足助分室を設置た。平成 23 年から 24 年にかけて、 旧紙屋鈴木家住宅(当時市指定文化財)を調査、『豊田市指定文化財 旧紙屋鈴木家住 宅調査報告書』として報告なされた。平成 25 年には、旧鈴木家住宅として国の重要 文化財に指定された。
さらに見せる

107 さらに読み込む

Show all 10000 documents...