擁壁工渫 渫渫渫渫渫渫渫渫渫渫

Top PDF 擁壁工渫 渫渫渫渫渫渫渫渫渫渫:

03 Syunsetsu Koujigyou 04 Hosou Koujigyou 浚 渫 しゅ ん せ つ 工 事 業 03 日本埋立浚渫協会 港湾土木技術 作業用船

03 Syunsetsu Koujigyou 04 Hosou Koujigyou 浚 渫 しゅ ん せ つ 工 事 業 03 日本埋立浚渫協会 港湾土木技術 作業用船

コアドリル工法 コンクリートやアスファ ルトなどに丸い穴をくり 抜きます。大きい物は直 径80センチや、深い時 は10m以上ある場合も! コンクリートカッター工法 コンクリートやアスファルト などを対象に表面から下 方向に切断します。その後、 機械を前進させ進行方向 に切断していきます。 ウォールソー工法 コンクリートのに窓や 扉を付けるために四角に コンクリートを切り取っ たりできます。新しい 事の方法です。 ワイヤーソー工法 ダイヤモンドの付いたワイヤー をコンクリートなどに巻きつけ て引っ張りながら回転させて切 断します。大きいコンクリート構 造物などに威力を発揮します。
さらに見せる

17 さらに読み込む

Microsoft Word - 擁壁の取扱い(H240401)

Microsoft Word - 擁壁の取扱い(H240401)

なお、指定性能評価機関等による技術評定を取得しているの取扱いについては、特定行政庁等 で異なる場合があるので、確認が必要である。 【解説】 (工作物)の構造計算の基準は、平 12 建告第 1449 第 3 により、宅造法令第 7 条の規定が準用 される。同規定では、の構造を鉄筋コンクリート造又は無筋コンクリート造に限定しているが、 基準法第 88 条の工作物のにおいては鉄筋コンクリート造又は無筋コンクリート造以外の構造によ るものでも、構造計算基準を満たし安全性が確かめられれば、法令上は用いることが可能と考えられ る。宅造法令第 7 条の構造計算の基準については、原則として「宅地防災マニュアルの第ⅷ章 」 によることとする。
さらに見せる

52 さらに読み込む

第 7 編道路編 第 1 章道路改良 第 1 節適用 1. 本章は 道路工事における道路土工 工場製作工 地盤改良工 法面工 軽量盛土工 擁壁工 石 ブロック積 ( 張 ) 工 カルバート工 排水構造物工 ( 小型水路工 ) 落石雪害防止工 遮音壁工 構造物撤去工 仮設工その他これらに類する工種につ

第 7 編道路編 第 1 章道路改良 第 1 節適用 1. 本章は 道路工事における道路土工 工場製作工 地盤改良工 法面工 軽量盛土工 擁壁工 石 ブロック積 ( 張 ) 工 カルバート工 排水構造物工 ( 小型水路工 ) 落石雪害防止工 遮音壁工 構造物撤去工 仮設工その他これらに類する工種につ

2.請負者は、道路付属施設の設置に当たり、障害物がある場合などは、設計図書に 関して監督員と協議しなければならない。 3.請負者は、道路付属施設の施工に当たって、「視線誘導標設置基準・同解説第 5章の施工」の規定、「道路照明施設設置基準・同解説第7章設計及び施工」の規 定、「道路土工-施工指針の施工」の規定、「道路反射鏡設置指針第2章設置方法の 規定及び第5章施工」の規定、第3編2-3-10道路付属物の規定、本編2-12- 3境界、2-12-5ケーブル配管及び2-12-6照明の規定によらなければな らない。
さらに見せる

108 さらに読み込む

01待受擁壁(地山)構造計算

01待受擁壁(地山)構造計算

構造図(概要のみ) PAGE=5~8 *特記仕様書・平面図・展開図・施工断面図・鉄筋加工図等は省略。 6.特記事項 本待受けは、隣接がけに対する防護を目的に設計するものであるが、がけに対する安全性を検討するもの ではない。また、隣接がけのすべり面は、設計基準等による仮定(想定)による算定結果であり、がけ崩壊など を仮定したものではないことに注意。

115 さらに読み込む

宅地擁壁の改良地盤検討例

宅地擁壁の改良地盤検討例

偏土圧が作用しているため、前面が不同沈下するとが傾くことになる従っての安 定性や施工性を考慮して1cmとした。 ③改良コラムの内部摩擦角φについて(指針P26参照) 指針P49の「図4.2.6」のシルトを参考にした。図では31.5゜となっているが、安全側 として30゜とした。

185 さらに読み込む

18 道路課宝股山トンネル補修工事 今治市伯方町有津外 トンネル補修工 1 式 19 道路課今治駅西側線道路改良工事 今治市北日吉町 1 丁目 3 ヶ月土木 土工 排水工 雑工 L=45m 20 道路課菊間松尾線道路改良工事 今治市菊間町松尾 6 ヶ月土木 擁壁工 排水工 L=125m 21 道路課

18 道路課宝股山トンネル補修工事 今治市伯方町有津外 トンネル補修工 1 式 19 道路課今治駅西側線道路改良工事 今治市北日吉町 1 丁目 3 ヶ月土木 土工 排水工 雑工 L=45m 20 道路課菊間松尾線道路改良工事 今治市菊間町松尾 6 ヶ月土木 擁壁工 排水工 L=125m 21 道路課

142 市民生活課 交通安全施設等設置工事(第 5期) 今治市陸地部 3ヶ月 とび 道路反射鏡設置 防護柵設置 第3四半期 指名競争入札 143 公園緑地課 砂場スポーツ広場整備工事 今治市砂場町 3ヶ月 とび 管理施設 第3四半期 指名競争入札 144 水道工務課 高地配水池防水塗装工事 今治市高地町一 丁目 3ヶ月 防水 防水塗装 1式 第2四半期 指名競争入札 145 文化振興課 上浦歴史民俗資料館屋上防 水工事 今治市上浦町井 口 2ヶ月 防水 屋上防水改修工事一式 第3四半期 指名競争入札
さらに見せる

10 さらに読み込む

804_擁壁展開図の作成

804_擁壁展開図の作成

1. 入力例の説明 ________________________________ 1 2. 作業現場情報の入力 _________________________ 2 2 - 1 [現場管理]を起動する ___________________________________ 2 2 - 2 区を作成する ___________________________________________ 3

29 さらに読み込む

K = h () v この K を静止土圧係数と呼ぶ 土の内部摩擦角 f と静止土圧係数の関係を表した次 の Jáky の式がある K = - inf () 通常 土圧を受けても壁は変形することはない 土 圧が作用しても壁は静止しているので 壁には静止 土圧が働くことになる Fig. に示す擁壁の受

K = h () v この K を静止土圧係数と呼ぶ 土の内部摩擦角 f と静止土圧係数の関係を表した次 の Jáky の式がある K = - inf () 通常 土圧を受けても壁は変形することはない 土 圧が作用しても壁は静止しているので 壁には静止 土圧が働くことになる Fig. に示す擁壁の受

[5] 伯野元彦:「破壊のシミュレーション」―拡張 個別要素法で破壊を負う―,森北出版, 1997 [6] 粉体学会編:粉体シミュレーション入門― コンピュータで粉体技術を創造する,産業図

6 さらに読み込む

( 第 10 刷まで反映 ) 擁壁工指針 ( 平成 24 年度版 ) の訂正 箇所修正前修正後 p.3 上から 9 行目と 10 行 目の間 地盤材料試験の方法と解説 なお, これらの基準 指針類が改定され, 地盤材料試験の方法と解説 舗装の構造に関する技術基準 同解説 ( 平成 13 年 ; 日本

( 第 10 刷まで反映 ) 擁壁工指針 ( 平成 24 年度版 ) の訂正 箇所修正前修正後 p.3 上から 9 行目と 10 行 目の間 地盤材料試験の方法と解説 なお, これらの基準 指針類が改定され, 地盤材料試験の方法と解説 舗装の構造に関する技術基準 同解説 ( 平成 13 年 ; 日本

ブロック間の結合に、かみ合わせ構造や突起等を用い たり,胴込めコンクリートで練積にした形式等は,通常 の練積に相当するブロック間の摩擦が確保されてい れ ば , 5-7-4(3)の 通常のブロック積に準じた構造 の 大型ブロック積 と考えてよい。

9 さらに読み込む

カゴ枠擁壁の安定検討

カゴ枠擁壁の安定検討

γt:土の有効単位体積重量(kN/m3) φの推定式:(N>5)は示方書P564、(N≦5)は、「N値とC・φの活用法(地盤学会)」P129 *「log」は自然対数(P564)(=ln) Cの推定式:qu=0.4+N/20(kgf/cm2) 「「N値とC・φの活用法(地盤学会)」P131 C=qu/2「土質力学の基礎(技報堂出版)」P116

46 さらに読み込む

総目次 [ 本文 ] 1. 総則 宅地造成工事の際に必要な調査等 軟弱地盤対策 法面 擁壁 排水施設 工事施工中の防災措置 施工管理 検査

総目次 [ 本文 ] 1. 総則 宅地造成工事の際に必要な調査等 軟弱地盤対策 法面 擁壁 排水施設 工事施工中の防災措置 施工管理 検査

7. 工事施工中の防災措置 工事施工中は、気象・地形・土質・周辺環境等を考慮し、総合的な対策により、がけ崩れ・土 砂の流出による災害の防止措置を講じる。 特に、切土又は盛土する土地の面積が1ha 超えるもの、長大法面を有するもの、大規模盛土造 成地に該当するもの、高さが5mを超えるの工事をするもの又はその他許可権者が必要と認 める場合には、施工時期の選定、工程に関する配慮、防災体制の確立等をあわせた総合的な対策 による防災計画書を作成し、許可申請時に提出する。
さらに見せる

107 さらに読み込む

土木設計システム 落石防護擁壁 落石防護柵の設計 Rockwall マニュアル ver 1.10 CIVIL WORKS

土木設計システム 落石防護擁壁 落石防護柵の設計 Rockwall マニュアル ver 1.10 CIVIL WORKS

切土部、盛土部 双方に対応 落石防護は、地山に接近して設置される場合が多い構造物です。 の背後に、裏込土とは異質の境界面が接近しているを切土部 と呼び、地山の影響を考慮した土圧計算を行う必要があります。本ツー ルでは、「指針」P66~68に記述されている方法に準じて切土部の 主働土圧を算定しています。

35 さらに読み込む

計画変更確認申請書 (工作物:擁壁、鉄塔など)WORD 建築基準法(様式)  笠岡市ホームページ

計画変更確認申請書 (工作物:擁壁、鉄塔など)WORD 建築基準法(様式) 笠岡市ホームページ

⑧ 6欄の「イ」は、次の表の工作物の区分に従い対応する記号を記入した上で、工作物の種類を できるだけ具体的に書いてください。   作  物  の  区  分 記  号  1. 煙突(支えわく及び支線がある場合においては、これらを含み、スト

4 さらに読み込む

危険度判定評価の基本的な考え方 擁壁の種類に応じて 1) 基礎点 ( 環境条件 障害状況 ) と 2) 変状点の組み合わせ ( 合計点 ) によって 総合的に評価する 擁壁の種類 練石積み コンクリートブロック積み擁壁 モルタルやコンクリートを接着剤や固定材に用いて 石又はコンクリートブロックを積み

危険度判定評価の基本的な考え方 擁壁の種類に応じて 1) 基礎点 ( 環境条件 障害状況 ) と 2) 変状点の組み合わせ ( 合計点 ) によって 総合的に評価する 擁壁の種類 練石積み コンクリートブロック積み擁壁 モルタルやコンクリートを接着剤や固定材に用いて 石又はコンクリートブロックを積み

平面図・横断図(スケッチ)記入シートの作成例 平面図・横断図(スケッチ)記入シートの作成例 ・ 写真撮影位と対応する写真番号をスケッチに記入する。 ・ スケッチは、建物や、変状箇所の全体的な位置関係がひとめでわかるような表現を工夫する。 ・ クラックや沈下など、劣化に関わる現象が目立つように記入する。

19 さらに読み込む

目次 P.1 上蓋式 U 字溝 2 落ち蓋式側溝 3 ボックスカルバート 6 ユニロード 8 側溝カルバート 23 消音式可変側溝 25 集水桝 34 L 型擁壁 (I 型 II 型 ) 38 L 型擁壁 (LSタイプ) 40 L 型擁壁 ( ミルウォール ) 42 地先ブロック 46 張りブロック

目次 P.1 上蓋式 U 字溝 2 落ち蓋式側溝 3 ボックスカルバート 6 ユニロード 8 側溝カルバート 23 消音式可変側溝 25 集水桝 34 L 型擁壁 (I 型 II 型 ) 38 L 型擁壁 (LSタイプ) 40 L 型擁壁 ( ミルウォール ) 42 地先ブロック 46 張りブロック

注:流量等によりクッション区間は、増減します 注:流量等によりクッション区間は、増減します 組立落差(100H)クッション3区間(例) 組立落差(50H/30H)クッション2区間(例)

145 さらに読み込む

擁壁確認申請の手引き 熊本地震からの復旧・復興に向けた「宅地擁壁に関する工作物確認申請の手引き(間地ブロック積み擁壁)」について  熊本県

擁壁確認申請の手引き 熊本地震からの復旧・復興に向けた「宅地擁壁に関する工作物確認申請の手引き(間地ブロック積み擁壁)」について 熊本県

2付近見取図 方位、道路及び目標となる地物 住宅地図等 3公図(字図) 築造位置 法務局で取得 4配置図 縮尺、方位、敷地境界線、申請の位置、申請外の建築物の位 置、土地の高低差、の各部分の高さ、の各部の位置・寸 法・構造方法

11 さらに読み込む

道路土工擁壁工指針 (H24) に準拠 重力式擁壁の安定計算 ( 盛土土圧対応 ) 正規版 Ver 基本データの入力 2 地形データの入力 3 計算実行 Ver /01/18 Civil Tech 洋洋 本ソフトの概要 機能 道路土工 擁壁工指針 ( 平成 24 年度

道路土工擁壁工指針 (H24) に準拠 重力式擁壁の安定計算 ( 盛土土圧対応 ) 正規版 Ver 基本データの入力 2 地形データの入力 3 計算実行 Ver /01/18 Civil Tech 洋洋 本ソフトの概要 機能 道路土工 擁壁工指針 ( 平成 24 年度

ΣV/B (1 ± 6e/B) 底面の鉛直地盤反力度は、「道路土工-指針(p.120)」に示された方法で算定する。 具体的には、合力作用位置の基礎中心からの偏心距離(e)の値に応じて以下のケースに分けて算 出する。

13 さらに読み込む

第 5 章 擁壁工 第 1 節総説 1.1 適用の範囲 本章は擁壁の設計に適用するが, ここに定めていない事項については表 に記す関係図書等を参考にするものとする. 擁壁は, 道路土工- 擁壁工指針 により設計することを原則とし, その他の関係図書はこれを補完するように利用する. 表 -

第 5 章 擁壁工 第 1 節総説 1.1 適用の範囲 本章は擁壁の設計に適用するが, ここに定めていない事項については表 に記す関係図書等を参考にするものとする. 擁壁は, 道路土工- 擁壁工指針 により設計することを原則とし, その他の関係図書はこれを補完するように利用する. 表 -

地下水調査 地下水位 ○ ○ ○ ○ ○ (注1)土の強度定数を求めるための試験方法については,現地の土の種類,含水比,排水条件,施工条 件により選定する (注2)土質試験はサンプリングした試料によって行われるが,地形や地質が軟弱で複雑に変化している 場合は,地盤の強度や成層状態等を把握するためボーリング(標準貫入試験)間の中間位置でサ ウンディング(静的コーン貫入試験やスウェーデン式サウンディング試験等)を実施する。 (注3)調査はできるだけ段階的に進めることが望ましく,その結果,地形地質等の変化が著しい場合に はそれぞれの中間地点や設置位置直下でも実施する。
さらに見せる

65 さらに読み込む

05_擁壁類

05_擁壁類

NETIS新技術情報提供システム 経済性 -9% 従来技術と比べて一体型なの -78% で施工費用が安くなる。 工程 従来技術と比べて据付のみであり 現場打ちガードレール基礎の施工 が不要となるため、工程短縮となる。 ※歩道用ガードパイプ(P種)基礎一体型L型「GPウォール」はP184に掲載しています。

44 さらに読み込む

6 章擁壁工 6.1 プレキャスト擁壁工 6.2 補強土壁工 ( テールアルメ工 多数アンカー工 ) 6.3 ジオテキスタイル工 6.4 場所打擁壁工 場所打擁壁 (1) 場所打擁壁 (2) 1-6-1

6 章擁壁工 6.1 プレキャスト擁壁工 6.2 補強土壁工 ( テールアルメ工 多数アンカー工 ) 6.3 ジオテキスタイル工 6.4 場所打擁壁工 場所打擁壁 (1) 場所打擁壁 (2) 1-6-1

5.参考図(標準断面図) (1)ジオテキスタイル標準断面図 (注)1. ジオテキスタイルの敷設面積については、次式のとおりとする。 ジオテキスタイル敷設面積=a1+a2+a3+・・・・・・・ (m2) a1,a2,a3 ・・・・・ジオテキスタイル一段当たり敷設面積(m2) 2. ジオテキスタイル一段当たり敷設面積は、ジオテキスタイル盛土

11 さらに読み込む

Show all 1907 documents...