想定される事業

Top PDF 想定される事業:

目次 1 1. 事業の意義 2. 想定される事業実施体制 3. 回収ターゲット選定のポイント 4. これまでの事業で得られた知見 (1) コンピューター基板 (2) ネオジム磁石 (3) エアバッグカプラー (4) ワイヤーハーネス (5) 触媒 (6) センサー類 5. 事業の効果 6. 事業性向

目次 1 1. 事業の意義 2. 想定される事業実施体制 3. 回収ターゲット選定のポイント 4. これまでの事業で得られた知見 (1) コンピューター基板 (2) ネオジム磁石 (3) エアバッグカプラー (4) ワイヤーハーネス (5) 触媒 (6) センサー類 5. 事業の効果 6. 事業性向

→ ネオジム磁石などは、相当数の処理を行った事業所にヒアリングを行い、 その結果をまとめて事業者の周知を図る ・・・・・・など。  分類基準を正確に守り、異物の混入が起きないように注意する。 → 基板のように品質を一定に保つことが重要なものについては、回収マニュアルを あらためて整備し、分類基準の周知徹底を図る ・・・・・・など。

44 さらに読み込む

はじめに 1 計画策定の経緯 1 第 1 想定される地震の規模 想定される被害状況 1 想定される地震の規模 2 2 人的被害の想定 3 3 建物被害の想定 3 (1) 建物被害 (2) 地震被害 第 2 建築物の耐震化に係る目標 1 建築物の耐震化の現状 4 (1) 住宅の耐震化の現状 (2) 特

はじめに 1 計画策定の経緯 1 第 1 想定される地震の規模 想定される被害状況 1 想定される地震の規模 2 2 人的被害の想定 3 3 建物被害の想定 3 (1) 建物被害 (2) 地震被害 第 2 建築物の耐震化に係る目標 1 建築物の耐震化の現状 4 (1) 住宅の耐震化の現状 (2) 特

(2)実施する事業 耐震化の促進のためには耐震診断等による耐震性能の把握が重要なことから、全ての建築物につい て適切な方法による耐震性能の把握を促進する事業を実施する。 耐震改修は、個人の財産である建築物に対して施工するものであることから、基本的に所有者の責 任において実施れるべきものである。しかし、耐震化により建築物の被害が軽減れることにより、 仮設住宅やがれきの減少が図られ、早期の復旧・復興に寄与すること、避難路が確保れること等か ら、耐震化を促進するための優遇措置として、建築物が個人財産であることや郡上市の財政状況等を 考慮したうえで、耐震診断等を行った結果、耐震性が不十分であると判明した建築物について耐震性 を満たすような改修を促進する事業を実施する。
さらに見せる

22 さらに読み込む

目次 第 1 章はじめに 本事業の背景 目的... 2 第 2 章先進事例及び想定される新たなビジネスモデルについて 先進事例の調査 新たなスポーツビジネス創出について 新たなスポーツビジネス検討の試み 第

目次 第 1 章はじめに 本事業の背景 目的... 2 第 2 章先進事例及び想定される新たなビジネスモデルについて 先進事例の調査 新たなスポーツビジネス創出について 新たなスポーツビジネス検討の試み 第

トップマネジメントは、クラブ全体に関わる戦略策定を行う必要があるため、スポーツ ビジネススキルとビジネススキル全般を習得する必要がある。 事業責任者は、マーチャンダイジングやスポンサー営業といった各分野における事業の 企画を行うため、担当する分野に該当する特定のビジネススキルを有する必要がある。一 方、スポーツビジネススキルについては、各スポーツビジネススキルを掛け合わせて企 画・検討することで、従来の枠に捉われないビジネスモデルの検討を行うことが可能にな るため、スポーツビジネススキル全般を習得する必要がある。
さらに見せる

49 さらに読み込む

目次 はじめに... 1 第 1. 本公募の概要 事業名称 事業の対象となる公共施設等の名称及び種類 公共施設等の管理者等 担当部局 募集要項等 本事業の実施に当たって想定される根拠法令等... 4 第

目次 はじめに... 1 第 1. 本公募の概要 事業名称 事業の対象となる公共施設等の名称及び種類 公共施設等の管理者等 担当部局 募集要項等 本事業の実施に当たって想定される根拠法令等... 4 第

1 はじめに 新関西国際空港株式会社(以下「新関空会社」という。)は、関西国際空港及び大阪国 際空港において、 「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(平 成 11 年法律第 117 号。以下「PFI 法」という。)及び「関西国際空港及び大阪国際空港の 一体的かつ効率的な設置及び管理に関する法律」 (平成 23 年法律第 54 号。以下「統合法」 という。 )に基づき、統合法第 29 条第 1 項に規定する特定空港運営事業及びそれに付随す る事業を一体として行う関西国際空港及び大阪国際空港特定空港運営事業等(以下「本事 業」という。 )を実施する民間事業者(2 以上の法人から構成れる民間事業者が選定れ た場合は、当該構成員全員の総称とする。以下「優先交渉権者」という。 )を選定し、当該 優先交渉権者の設立した特別目的会社(以下「SPC」という。)に対して、PFI 法第 2 条第 7 項に規定する公共施設等運営権(以下「運営権」という。)を設定するとともに関西国際空 港及び大阪国際空港特定空港運営事業等公共施設等運営権実施契約(以下「実施契約」と いう。 )を締結し、本事業を実施することを計画している。
さらに見せる

49 さらに読み込む

はじめに 1 計画策定の経緯 3 第 1 想定される地震の規模 想定される被害状況 1 想定される地震の規模 3 2 人的被害の想定 4 3 建物被害の想定 4 第 2 建築物の耐震化に係る目標 1 建築物の耐震化の現状 5 (1) 住宅の耐震化の現状 (2) 特定建築物の耐震化の現状 2 建築物の

はじめに 1 計画策定の経緯 3 第 1 想定される地震の規模 想定される被害状況 1 想定される地震の規模 3 2 人的被害の想定 4 3 建物被害の想定 4 第 2 建築物の耐震化に係る目標 1 建築物の耐震化の現状 5 (1) 住宅の耐震化の現状 (2) 特定建築物の耐震化の現状 2 建築物の

(2)実施する事業 耐震化の促進のためには耐震診断等による耐震性能の把握が重要なことから、全ての建築物につい て適切な方法による耐震性能の把握を促進する事業を実施する。 耐震改修は、個人の財産である建築物に対して施工するものであることから、基本的に所有者の責 任において実施れるべきものである。しかし、耐震化により建築物の被害が軽減れることにより、 仮設住宅やがれきの減少が図られ、早期の復旧・復興に寄与すること、避難路が確保れること等か ら、耐震化を促進するための優遇措置として、建築物が個人財産であることや郡上市の財政状況等を 考慮したうえで、耐震診断等を行った結果耐震性が不十分であると判明した建築物について耐震性を 満たすような改修を促進する事業を実施する。
さらに見せる

20 さらに読み込む

別添 事業者向け放課後等デイサービス自己評価表 及び 保護者等向け放課後等デイサービス評価表 について 放課後等デイサービスガイドライン ( 以下 ガイドライン ) は 放課後等デイサービス事業所における自己評価に活用されることを想定して作成されたものですが 各事業所で簡易に自己評価を行うことができ

別添 事業者向け放課後等デイサービス自己評価表 及び 保護者等向け放課後等デイサービス評価表 について 放課後等デイサービスガイドライン ( 以下 ガイドライン ) は 放課後等デイサービス事業所における自己評価に活用されることを想定して作成されたものですが 各事業所で簡易に自己評価を行うことができ

事業者から保護者等に対して、「保護者等向け評価表」を配布してアンケ ート調査を行う。保護者等からの回答は集計し、特記事項欄の記述を含め てとりまとめる。 ○事業所の職員が「事業者向け放課後等デイサービス自己評価表」を用いて 自己評価を行う。その際、 「はい」 「いいえ」などにチェックするだけでな く、各項目について「課題は何か」 「工夫している点は何か」について記 入する。

6 さらに読み込む

目次 第 1 章事業継続のための方針第 2 章本計画書で想定する緊急事態の被害及び事業への影響分析結果第 1 節本計画書で想定する緊急事態 (1) 大規模地震の発生 (2) 感染症の流行第 2 節各経営資源に対する被害想定 (1) 大規模地震の発生による被害想定 (2) 感染症の流行による被害想定第

目次 第 1 章事業継続のための方針第 2 章本計画書で想定する緊急事態の被害及び事業への影響分析結果第 1 節本計画書で想定する緊急事態 (1) 大規模地震の発生 (2) 感染症の流行第 2 節各経営資源に対する被害想定 (1) 大規模地震の発生による被害想定 (2) 感染症の流行による被害想定第

ひとたび災害が起こると私たちの暮らしは大きな影響を受けることになりま すが、当協議会の事業活動もまた、ライフラインの寸断や物流の停滞により、大 きな制約のもとで展開していかなければならないことが予想れます。当協議 会は、権利擁護や介護事業など市民の皆様の生活に直結する福祉サービスを幅 広く展開しており、このような災害発生時であっても出来得る限り福祉サービ スを提供し、ご利用の皆様や市民の皆様の生活を守ることが重要な使命であり、 そのためには平時の備えが欠かせないものと考えております。
さらに見せる

17 さらに読み込む

茂原市耐震改修促進計画 目次第 1 章はじめに 1. 茂原市耐震改修促進計画の位置付け 2. 茂原市耐震改修促進計画の目的 3. 対象区域及び対象建築物 4. 計画期間 第 2 章想定される地震の規模 被害の状況 1. 茂原市における想定地震と建物の被害想定 4 第 3 章建築物の耐

茂原市耐震改修促進計画 目次第 1 章はじめに 1. 茂原市耐震改修促進計画の位置付け 2. 茂原市耐震改修促進計画の目的 3. 対象区域及び対象建築物 4. 計画期間 第 2 章想定される地震の規模 被害の状況 1. 茂原市における想定地震と建物の被害想定 4 第 3 章建築物の耐

① 住宅所有者への意識啓発及び知識の普及・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・ ② 木造住宅耐震診断助成制度 (今後検討すべき事業)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ③ 木造住宅耐震改修助成制度 (今後検討すべき事業)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ④ 耐震診断、耐震改修工事に関する情報の提供・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (2)民間特定建築物の耐震化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さらに見せる

28 さらに読み込む

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 1 (2) 耐震化の現状と目標設定 1 (3) 市が所有するの耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 7 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 1 (2) 耐震化の現状と目標設定 1 (3) 市が所有するの耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 7 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基

本市では、地形解析および現地調査により、土砂災害警戒区域など土砂災害が予想 れる地域のハザードマップを作成し、住民に公表し、周知に努めている。 (2)相談体制の整備・情報の充実 本市では、建築住宅課を建築相談窓口として専門家診断の申込みや各種補助事業の申 請のほか、住民からの建築相談に応じている。なお、技術的な相談は本庁又は県土木事 務所、家具の固定については市の危機管理課、県では地震防災センターや各地域危機管 理局、契約や金銭上のトラブルについての相談は県民生活センターと連携をとって対応 する。
さらに見せる

23 さらに読み込む

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される東海地震の規模 想定される被害の状況 2 (2) 耐震化の現状と目標設定 2 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される東海地震の規模 想定される被害の状況 2 (2) 耐震化の現状と目標設定 2 (3) 市が所有する公共建築物の耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐

断・相談) 」を行う専門家「静岡県耐震診断補強相談士」を養成し、登録している。 また、 「木造住宅耐震補強助成事業」の円滑な執行が図れるよう、建築関係団体が開催した講 習会を受講し、安心して補強工事の相談ができる良心的な補強設計・工事を行うことを誓約し た、県内の建築士、大工、工務店に勤務している者を「住宅直し隊」として登録し、県及び市 の窓口にその名簿を配架し、住民の閲覧に供している。

12 さらに読み込む

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 1 (2) 耐震化の現状と目標設定 1 (3) 市が所有するの耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基

目次 1 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標の設定 1 (1) 想定される地震の規模 想定される被害の状況 1 (2) 耐震化の現状と目標設定 1 (3) 市が所有するの耐震化の目標設定 5 2 建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策 6 (1) 耐震診断及び耐震改修に係る基

本市では、地形解析および現地調査により、土砂災害警戒区域など土砂災害が予想 れる地域のハザードマップを作成し、住民に公表し、周知に努めている。 (2)相談体制の整備・情報の充実 本市では、建築住宅課を建築相談窓口として専門家診断の申込みや各種補助事業の申 請のほか、住民からの建築相談に応じている。なお、技術的な相談は県土木事務所、家 具の固定については市の危機管理課、県では危機管理部、契約や金銭上のトラブルにつ いての相談は県民生活センターと連携をとって対応する。
さらに見せる

18 さらに読み込む

1-1 将来のありたい姿 年度 中期経営戦略 1 振り返り JAL Vision 私たちのありたい姿 2 これまでの振り返りとこれから想定される環境 3 新中期経営戦略骨子 4 取り組みと事業ポートフォリオ 5 成長のステップ 6 財務戦略 財務方針 7 国際線旅客事業 8 国内線

1-1 将来のありたい姿 年度 中期経営戦略 1 振り返り JAL Vision 私たちのありたい姿 2 これまでの振り返りとこれから想定される環境 3 新中期経営戦略骨子 4 取り組みと事業ポートフォリオ 5 成長のステップ 6 財務戦略 財務方針 7 国際線旅客事業 8 国内線

振り返り・JAL Vision -私たちのありたい姿 1 私たちは、企業理念の実現に向け、「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」で あり続けるため、安全運航を堅持し、JALの翼を支えている一人ひとりの力を結集して、

40 さらに読み込む

目 次 はじめに 1 計画の背景等 1 2 計画の位置付け 2 3 計画の目的等 2 第 1 章 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 1 想定される地震の規模 想定される被害の状況 5 2 耐震化の現状と目標 28 3 市が所有する建築物の耐震化の取組 29 第 2 章 建築物の耐震診断

目 次 はじめに 1 計画の背景等 1 2 計画の位置付け 2 3 計画の目的等 2 第 1 章 建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 1 想定される地震の規模 想定される被害の状況 5 2 耐震化の現状と目標 28 3 市が所有する建築物の耐震化の取組 29 第 2 章 建築物の耐震診断

40 ※木造住宅低コスト耐震補強の手引き(愛知建築地震災害軽減システム研究協議会)より (2)CLT材の活用等の最新技術情報の発信 本市には、新たな建築材料として需要が期待れるCLT材を供給出来る国内の主力企業 が立地しています。また、県ではCLT材の建築技術的な普及方策や研究開発すべき事項に ついて、産学官連携により検討・整理することを目的とした岡山県CLT建築開発検討会を 設置しています。今後、この検討会の活動等を通じて、CLT材を活用した更なる耐震改修 工法の開発が期待れています。
さらに見せる

51 さらに読み込む

目次 第 1 章対策計画の位置づけ等 首都直下地震が発生した場合の国家的危機 対策計画の意義 位置づけ 対象とする地震 2 第 2 章首都直下地震が発生した場合に想定される事態 直下で発生する地震 太平洋沿岸に押し寄せる津波 4 (1) 想定されている

目次 第 1 章対策計画の位置づけ等 首都直下地震が発生した場合の国家的危機 対策計画の意義 位置づけ 対象とする地震 2 第 2 章首都直下地震が発生した場合に想定される事態 直下で発生する地震 太平洋沿岸に押し寄せる津波 4 (1) 想定されている

○ 例えば、首都圏のピーク時の駅滞留者及び鉄道乗車中の利用者は約18 0万人であり、首都直下地震においては、地震発生直後、大量の避難者や 帰宅困難者が発生することが想定れている。 そのため、事前の対策により、周辺企業における自社従業員の待機の徹 底や混乱を避けるための地域の行動ルールの策定・周知など、地域ぐるみ の取組を推進するとともに、地方公共団体や鉄道、バス事業者等により、鉄 道利用者に加え駅に集まる避難者に対する避難誘導や情報提供など帰宅 困難者対策が適切に行われるよう、指導・支援する。
さらに見せる

54 さらに読み込む

1 計画の目的等 (1) 計画の目的 1 (2) 新発田市耐震改修促進計画の位置づけ 1 (3) 計画期間 2 (4) 計画の対象 2 2 新発田市における地震の危険性 (1) 市内で発生した地震 ( 寛文以降 ) 3 (2) 市内の活断層 4 (3) 市内で想定される地震の規模 想定される被害の状

1 計画の目的等 (1) 計画の目的 1 (2) 新発田市耐震改修促進計画の位置づけ 1 (3) 計画期間 2 (4) 計画の対象 2 2 新発田市における地震の危険性 (1) 市内で発生した地震 ( 寛文以降 ) 3 (2) 市内の活断層 4 (3) 市内で想定される地震の規模 想定される被害の状

19 (4)リフォームに合わせた耐震改修の誘導 住宅の内外装、設備などのリフォーム工事と耐震改修工事を合わせて行うことで、改修費用や施工 の効率化が図れます。また、耐震化工事に比べ、リフォーム工事に関心を持つ市民も多いことから、 リフォームに併せた耐震改修を誘導します。そのために、住宅リフォーム支援制度や建築物の防災・ リフォーム関連 PR イベント等の機会を利用し、耐震化に向けた情報を市民やリフォーム事業者に対 して周知を図ります。
さらに見せる

24 さらに読み込む

本ガイドライン並びに別添の 事業者向け放課後等デイサービス自己評価表 及び 保護者等向け放課後等デイサービス評価表 は 放課後等デイサービス事業所における自己評価の際に活用されることを想定しており 各事業所は自己評価の結果を踏まえて 事業運営の改善を図るとともに 結果についても利用者や保護者に向けて

本ガイドライン並びに別添の 事業者向け放課後等デイサービス自己評価表 及び 保護者等向け放課後等デイサービス評価表 は 放課後等デイサービス事業所における自己評価の際に活用されることを想定しており 各事業所は自己評価の結果を踏まえて 事業運営の改善を図るとともに 結果についても利用者や保護者に向けて

○ 設置者・管理者は、児童発達支援管理責任者及び従業者に対する虐待防止 啓発のための定期的な研修を実施し、又は自治体が実施する研修を受講せ るほか、自らが虐待防止のための研修を積極的に受講する等により、児童虐 待防止等に関する法律(平成12年法律第82号。以下、「児童虐待防止法」 という。 )及び障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法 律(平成23年法律第79号。以下「障害者虐待防止法」という。)について 理解し、虐待の防止への取組を進める必要がある。特に、 「障害者福祉施設・ 事業所における障害者虐待の防止と対応の手引き」は必ず読むようにする。 各都道府県で実施する虐待防止や権利擁護に関する研修を受講した場合に は、放課後等デイサービス事業所で伝達研修を実施することが重要である。 ○ 児童発達支援管理責任者及び従業者が、虐待を発見しやすい立場にあるこ とを認識し、子どもの状態の変化や保護者の態度等の観察や情報収集により、 虐待の早期発見に努めさせる必要がある。
さらに見せる

42 さらに読み込む

延床面積約 24,000m2 (5) 病床規模 ( 予定 ) 300 床程度 (6) 概算事業費 180 億円程度 概算事業費には 基本設計 実施設計 建設費 工事監理費 什器 備品購入費 医療機器購入費 解体費 外構整備費 移転費用など本事業で想定される全ての費用を含む (7) 完了 ( 予定 )

延床面積約 24,000m2 (5) 病床規模 ( 予定 ) 300 床程度 (6) 概算事業費 180 億円程度 概算事業費には 基本設計 実施設計 建設費 工事監理費 什器 備品購入費 医療機器購入費 解体費 外構整備費 移転費用など本事業で想定される全ての費用を含む (7) 完了 ( 予定 )

指定時のみ、プレゼン用資 料 の 電 子 デ ー タ も 取 り ま とめて提出すること。 ※1) 成果物の文書表記は、12ポイント以上を原則とすること。ただし、図面 内に表記れている画像処理れた文字については、 読み取れば可とする。 2) 成果物の名称や内容は、発注者との事前協議により詳細を決定すること。 3) 綴りは製本せず、着脱可能な厚型ファイルを使用すること。

9 さらに読み込む

A2-2 汎用性が高く 事業用に利用されない可能性 ( プライベート用で利 用される可能性 ) も想定されるためです Q2-3 補助対象となるソフトウェアはどのようなものか A2-3 事業に利用される 会計ソフト CADソフト ウィルス対策ソフト POSシステム マイクロソフトオフィス 申告ソフト

A2-2 汎用性が高く 事業用に利用されない可能性 ( プライベート用で利 用される可能性 ) も想定されるためです Q2-3 補助対象となるソフトウェアはどのようなものか A2-3 事業に利用される 会計ソフト CADソフト ウィルス対策ソフト POSシステム マイクロソフトオフィス 申告ソフト

会計ソフト、CADソフト、ウィルス対策ソフト、 POSシステム、マイクロソフトオフィス、申告ソフト、HP作成ソ フト等、事業用ソフトウェア全般です。 ※申請書にどのような事業で利用れるか具体的にご記載ください。 Q2-4 市販のパッケージソフトではなく、インターネット上でソフトウェ

6 さらに読み込む

目次 はじめに 1 計画の背景等 1 2 計画の位置付け 2 3 計画の目的等 2 第 1 章建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 1 想定される地震の規模 想定される被害の状況 5 2 耐震化の現状と目標 28 3 県が所有する建築物の耐震化の取組 29 第 2 章建築物の耐震診断及び耐

目次 はじめに 1 計画の背景等 1 2 計画の位置付け 2 3 計画の目的等 2 第 1 章建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 1 想定される地震の規模 想定される被害の状況 5 2 耐震化の現状と目標 28 3 県が所有する建築物の耐震化の取組 29 第 2 章建築物の耐震診断及び耐

※木造住宅低コスト耐震補強の手引き(愛知建築地震災害軽減システム研究協議会)より (2)CLT材の活用等の最新技術情報の発信 本県には、新たな建築材料として需要が期待れるCLT材を供給出来る国内の主力企業 が立地しています。県では、CLT材の建築技術的な普及方策や研究開発すべき事項につい て、産学官連携により検討・整理することを目的とした岡山県CLT建築開発検討会を設置 しています。今後、この検討会の活動等を通じて、CLT材を活用した更なる耐震改修工法 の開発が期待れています。
さらに見せる

50 さらに読み込む

安全上のご注意 記載事項を守らない使いかたで生じる危害や損害の程度を 区分して説明しています 警告 死亡 や 重傷 を負う可能性が想定される内容 お守りいただく内容を 区分して説明しています 安全のために必ずお守りください 注意 傷害 や 家屋 家財などの損害 が発生する可能性が想定される内容 して

安全上のご注意 記載事項を守らない使いかたで生じる危害や損害の程度を 区分して説明しています 警告 死亡 や 重傷 を負う可能性が想定される内容 お守りいただく内容を 区分して説明しています 安全のために必ずお守りください 注意 傷害 や 家屋 家財などの損害 が発生する可能性が想定される内容 して

※ この保証書は、本書に明示した期間、条件のもとにおいて無料修理をお約束するものです。したがってこの保証書によって保証 書を発行している者(保証責任者)、およびそれ以外の事業者に対するお客さまの法律上の権利を制限するものではありません。 ※ 保証期間経過後の修理、補修用性能部品の保有期間について詳しくは取扱説明書をご覧ください。 本書は、取扱説明書、本体貼付ラベルなどの記載内容に そった正しいご使用のもとで、保証期間中に故障した場合 に、本書記載内容にそって無料修理をせていただくこと をお約束するものです。
さらに見せる

24 さらに読み込む

Show all 10000 documents...