当セグメントの研究開発費は648百万円となりまし

Top PDF 当セグメントの研究開発費は648百万円となりまし:

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業 売上高16,737(前年同期なし)、事業利益(のれん償却前営業利益)2,105(同)、のれん償却 額366セグメント営業利益1,739(同)なった。 ミュゼプラチナムが運営する女性専用美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」顧客が順調に拡大したこと(会 員数2016年3月末280人から、2016年9月末295人へ拡大)や役務消化効率向上へ取り組みなどが背景。 具体的に、同社、予約当日キャンセル率改善、EC機能強化による収益向上ため施策として、2016年4 月にミュゼプラチナム会員向けアプリ「ミュゼパスポート」をリリースした。同社によれば、「ミュゼパスポー ト」ダウンロード数好調に推移した。また、併せて、予約キャンセルに関する会員規約見直しや当日予約 会員に対するキャンペーンを実施した。更に、2016年8月より、法人向けマーケティングサービス「ミュゼマーケ ティング」提供を開始した。美に関心高い女性に対して製品・サービス認知拡大やイメージ調査など実 施を考える法人向けに、295女性会員「ミュゼプラチナム」店舗、会員専用サイト・アプリを活用した 豊富な媒体メニューを提供するため取り組みを推進した。尚、「ミュゼプラチナム」、美容脱毛専門サロン 市場で「店舗数・売上 No.1」を5年連続、「顧客満足度 No.1」を3年連続獲得している(2016年7月時点、 株式会社東京商工リサーチ調査)。
さらに見せる

5 さらに読み込む

セグメント別業績 以下 ( ) 内は前期比 HR ソリューション エキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 176,928 百万円 (+13.4%) 営業利益 2,661 百万円 (+20.4%) エキスパートサービス 企業の景況感改善に加えて 派遣職種適

セグメント別業績 以下 ( ) 内は前期比 HR ソリューション エキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 176,928 百万円 (+13.4%) 営業利益 2,661 百万円 (+20.4%) エキスパートサービス 企業の景況感改善に加えて 派遣職種適

 官公庁・自治体等パブリック分野も行政事務代行受託が順調に拡大  キャプラン(株)が今年 1 月に子会社化した、アサヒビール工場見学業務を手がける(株)アサヒビールコミュニケー ションズがグループに加わり、商品受発注業務など分野も拡大 〔HR コンサルティング、教育・研修他〕 売上高 4,094 (+131.6%)  キャプラン(株)が運営する 「J プレゼンスアカデミー」を中心に、グローバル人材育成など教育・研修や コンサルティングを積極的に推進し、グループ全体で提案営業を強化
さらに見せる

7 さらに読み込む

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

■決算動向 フィールドマーケティングリピート率向上で業績急拡大中 (2)フィールドマーケティング事業 子会社ソフトブレーン・フィールドで展開する「フィールドマーケティン グ事業」、店舗における営業支援(店舗商談、売場構築、POP広告取り付 け)が売上高大半を占めている。2012年12期売上高前期比54.5%増 1,171セグメント利益同78.9%増231大幅な増収増益なっ た。企業が広告宣伝効率的運用を図るため、直接的効果高い店頭販促支 援活動比重を増やす傾向にあること、またそのなかでコスト低減ためにア ウトソーシング活用を増やしていること、同社サービス品質向上によるリ ピート率向上などが業績急拡大要因なっている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

当社グループ、様々な事業環境変化に対応するため、平成26年4月から開始した「中期経営計画」 に掲げる基本方針「新しい価値を創造する企業に生まれ変わり、スピード感ある革新的ソリューション で、国内外ロジスティクス事業を拡充する」に基づき、様々な施策を実施しております。 こうした取組み一環である埼玉県幸手市における消費財物流センター建設計画を契機に、有形固定資産 減価償却方法について再検討したところ、有形固定資産耐用年数にわたり安定的な使用状況であり、 収益に安定的に貢献することが見込まれることから、取得原価費用配分方法として、定額法方が経 済実態をより適切に反映する判断いたしました。
さらに見せる

16 さらに読み込む

セグメント別の概況は 次のとおりであります 当四半期 ( 単位 : 百万円 ) 小売事業卸売事業その他事業計消去又は全社連結 売上高 4,47 1 2, , ,007 営業費用 3,656 2, , ,592 営業利益

セグメント別の概況は 次のとおりであります 当四半期 ( 単位 : 百万円 ) 小売事業卸売事業その他事業計消去又は全社連結 売上高 4,47 1 2, , ,007 営業費用 3,656 2, , ,592 営業利益

代表者 役職名 代表取締役社長 氏名 田﨑 俊作 問合せ先責任者 役職名 常務取締役管理本部長 氏名 明石 靖彦 TEL (078)302-3321 1.四半期財務情報作成等に係る事項 ①会計処理方法における簡便な方法採用有無 :無 ②最近連結会計年度から会計処理方法変更有無 :有

6 さらに読み込む

通期業績の推移 ( 百万円 ) ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 経常利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪会社概要伪 ガーラ ブランドのマンション開発 販売が主力事業 (1) 事業内容 同社は 東京都心を基盤とした資産運用型マンション ガーラマンションシリーズ の開発及び販

通期業績の推移 ( 百万円 ) ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 経常利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪会社概要伪 ガーラ ブランドのマンション開発 販売が主力事業 (1) 事業内容 同社は 東京都心を基盤とした資産運用型マンション ガーラマンションシリーズ の開発及び販

・ 購入者目的 ・ メリット 購入者近年、 商品認知度向上により、 一般的なサラリーマンが多く、 将来に向けた 資産運用を目的するケースがほとんどである。 住宅ローンにより購入資金を確保する一方、 月々返済家賃収入範囲内で賄ない、 退職まで間に返済を完了する計画が一般的で あるため、 原則として日常生活に影響なく、 長期的な視点から将来に向けた資産運用を行 うことができる。 また、 安定的な家賃収入が老後私的年金役割を果たすことに加え、 住 宅ローンに団体信用生命保険をセットすることによる生命保険代替や相続税対策 (相続税 評価額圧縮効果)、分散投資効果など、様々な経済的メリットをもたらすところに特長がある。 特に、 低金利継続や、 将来年金受給に対する不安とともに、 新たな相続税対策 (基礎 控除引下げに伴う課税対象拡大等) ニーズが資産運用型マンションへ注目を集め ている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

本社所在地 シュトゥットガルト近郊ゲルリンゲン 研究開発センター アプシュタット、ベルリン、ブレッテン、ビュー ル/ビューラータール、クライルスハイム、ディ リンゲン、ディツィンゲン、エルヒンゲン、エア バッハ、ギーンゲン、グラスブルン、ヒルデスハ イム、ホルブ、キュスターディンゲン、ラインフェ ルデン、レーオンベルク、ローア、ロラル、プラネ グ・マルティンスリート、プロッヒンゲン、レーゲ ンスブルグ、レニンゲン、ロイトリンゲン、リュル ツハイム、シュヴェービッシュ・グミュント、シュ ヴィーバーディンゲン、シュトゥットガルト、トラ ウンロイト、ヴァイブリンゲン、ヴェルナウ
さらに見せる

68 さらに読み込む

( 百万円 ) 期単独 期単独 期連結 14/12 期は ヶ月 ( 年 月 ) の変則決算 業績推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期予連結 期計連結 期計連結 ( 百万円 ) 伪パンデミック感染症領域への開発を加速化伪 ファイナンスで 2,000 百万円を調達 研究開発へ重点配分

( 百万円 ) 期単独 期単独 期連結 14/12 期は ヶ月 ( 年 月 ) の変則決算 業績推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期予連結 期計連結 期計連結 ( 百万円 ) 伪パンデミック感染症領域への開発を加速化伪 ファイナンスで 2,000 百万円を調達 研究開発へ重点配分

○リード抗体ライセンスアウト事業 リード抗体ライセンスアウト事業で売上高実績まだなく、 現在複数開発パイプライ ン研究が進んでいる段階なっている。 このうち、同社初リード抗体候補である抗セマフォ リン 3A 抗体に関して、 横浜市立大学 ・ 五嶋研究共同研究を進めている。 炎症性疾 患モデル (敗血症 ・ DIC モデル) がん領域を適用領域として、 疾患モデル動物で薬効 試験を継続中なっている。 また、 技術提携先 Biotecnol 社がん領域における治療用 抗体研究開発プロジェクトに関しても、 2014 年 12 月期第 2 四半期 (2014 年 4 月 -9 月期) に抗体作製から機能検証段階に 1 段階進んだ格好なっている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

モバイルサービス事業 2018年12月期第1四半期における同事業売上高1,713(前年同期比なし)、セグメント利益171(同) なった。モバイルサービス事業で、複数ポイントサイト、採用課金型アルバイト求人サイトなどを運営している。 運営するポイントサイトにおいて、会員ECサイトで利用金額一定割合をポイントで還元するEC連携型アフィリ エイト広告を強化するほか、人口知能(AI)によるアフィリエイト広告配信最適化技術を導入する等、収益性向上に向け た取り組みを行った。コンテンツメディアにおいて、事業拡大ために広告宣伝活動に注力した。また、自社で新サ
さらに見せる

5 さらに読み込む

連結業績推移 ( 百万円 ) ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 経常利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 予 伪事業概要伪 独自のビジネスモデルで高付加価値提供と低コストを両立 (1) 事業内容 同社の事業セグメントは収益不動産販売事業 ストック型フィービジネスの 2 つのセグメントに区分

連結業績推移 ( 百万円 ) ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 経常利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 予 伪事業概要伪 独自のビジネスモデルで高付加価値提供と低コストを両立 (1) 事業内容 同社の事業セグメントは収益不動産販売事業 ストック型フィービジネスの 2 つのセグメントに区分

a) 収益不動産販売事業 収益不動産販売事業売上高前期比 50.5% 増 14,132 、 EIBITDA ※ 同 10.2% 増 1,182 、営業利益同 10.2% 増 1,181 なった。当期仕入活動に注力し、 国内外で合わせ 12,325 (前期比 41.5% 増) 仕入れを実施したことで、 収益不動産 期中平均残高 13,762 (同 17.7% 増)、 期末残高 14,551 (同 12.5% 増) に積み上がった。 また、 販売について国内外不動産市場活況を追い風に、 前期比 11 棟増 40 棟順調に拡大した。 このうち、 国内前期比 9 棟増 36 棟、 米国同 2 棟 増 4 棟なった。 利益率が低下したが、 これ前期に高採算開発案件があったことや、 第 4 四半期に販売に注力したことなどが要因なっている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

セグメント業績概要とおりであります。各セグメント売上収益外部顧客に対する売上収益を記載 しており、各セグメント利益、営業利益であります。 (日本) 国内において、完成車検査問題等影響により、OEM製品売上が減少し、セグメント売上収益576 億53前期比18.1%減収なりました。損益面につきまし、全社をあげた固定及び原価低減活 動を推進いたしましたが、減収影響を補うことが出来ず、調整後営業利益前期比42億2悪化し、11億32 なり、また、年度を通じて実行した事業構造改革による関連費用16億96計上により、前期比61 億87悪化し、5億96営業損失なりました。
さらに見せる

14 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

セグメント売上収益、前年同期比19.5%増290,599なり、調整後営業利益前年同期比4,328 増加し、27,865なりました。また、営業利益、前年同期比3,956増加し、26,127なりま した。 特殊鋼について、工具鋼、国内向け、アジア向けともに需要が回復し、前年同期を上回りました。産業機器材 料、自動車関連環境親和製品が増加したことに加え、その他産業部材でも半導体関連装置向け部材が好調だった ことにより、前年同期比べて伸長しました。電子材料、半導体パッケージ材料が好調なったことに加え、電池 用材料や有機ELパネル関連部材が増加した結果、前年同期を大きく上回りました。航空機関連材料およびエネルギー 関連材料低調なりました。
さらに見せる

23 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

インターホン事業で「集合住宅向けIPインターホン」取り扱いを開始し、お客様ライフスタイル変化 に対応した商品ラインアップ強化を図ってまいりました。今後も「安心・安全・便利をつなげるインターホン」 をめざし、お客様ニーズを取り入れた商品を提供してまいります。 また、主力製品であるIPテレフォニーシステム「NYC-Si」利便性を更に強化し、平成30年1月より発 売を開始いたしました。今回機能強化で、社内SNSや簡易CTIを提供する「オフィスアシスト」に在席情 報や通話状態を表示するプレゼンス機能を追加すると共に、同時期に販売を開始したオールインワン・インフォメ ーション端末「AIO-71」や防水タイプ多機能電話機「NYC-30WPAW」連動を可能いたしまし た。
さらに見せる

13 さらに読み込む

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

(4)今後見通し  平成31年9月期アルゴリズムライセンス事業につきまし、良好な市場環境を背景に、アルゴリズムライセンス 積み上げおよびアルゴリズムソフトウエア拡販を見込んでおります。また、自然言語処理、画像認識、機械学習/深 層学習技術に関わるアルゴリズムソリューション潜在的な成長機会非常に大きいもの考えており、優秀な人材 採用およびアルゴリズムソフトウエア開発を推し進めることで、継続的な成長を目指してまいります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

紙パルプ業界で、情報伝達媒体電子化や少子化進行など紙需要構造変化に伴い、国内市 場規模が漸減傾向で推移するなか、企業間競争日々厳しさを増すなど、先行き不透明な状況が続いて おります。 このような状況下、当社グループ、中長期成長戦略プラン「ネクストステージ50」に邁進する もに、生産効率向上・安定操業確保による製造コスト縮減、拡販・新規需要開拓による販売数量 確保、木質バイオマス燃料発電設備を中心する発電事業継続に注力してまいりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

は 前年度比10 億3730万7千円も増加し 73 億914万2者医療制度への納付金の増加が挙げられます 23 年度の納付金赤字決算となりました 赤字決算に至った理由としては 高齢出160億2516万2千円となり 13 億4363万2千円のた れについては そのほとんどを準備金へと繰り入れいたしまし

は 前年度比10 億3730万7千円も増加し 73 億914万2者医療制度への納付金の増加が挙げられます 23 年度の納付金赤字決算となりました 赤字決算に至った理由としては 高齢出160億2516万2千円となり 13 億4363万2千円のた れについては そのほとんどを準備金へと繰り入れいたしまし

● 二次健診、診察治療に費用が発生いたします。 ●無料健診、治療相談保険外診療なります。 ●さらに精密な健診、診断を必要する場合  レントゲン撮影など二次健診を推薦いたします。 ●二次健診、診察治療開始につきまし、  担当医師十分な相談上でご判断ください。 その他ご不明な点お気軽に直接、センターへお問合せください。

7 さらに読み込む

No EV 26 Development of Crash Safety Performance for EV Ichiro Kamimoto Masaki Motoki Masaki Ueno SKYACTIV engine HEV Hybrid Electric Ve

平成 年度予算内訳 費目 2 年度当初予算 25 年度要求 安全規制情報の収集 0 1 安全条約等関連 職員相互交流 7 7 研修事業費セミナー開催費 計 151 百万円 151 百万円 主な増減理由

- 支出先選定妥当か。競争性が確保されているか。 費目・使途が事業目的に即し真に必要なものに限定されているか。 ○ 単位あたりコスト削減に努めているか。その水準妥当か。 上記予算監視・効率化チーム所見を踏まえた改善点(概算要求における反映状況等) ○ 受益者負担関係妥当であるか。

5 さらに読み込む

図表 1 セグメント別の業績 (2Q 累計期間 ) 2016/12 期 2Q 累 2017/12 期 2Q 累 金額 ( 百万円 ) 前期比 金額 ( 百万円 ) 前期比 公営競技事業 4, % 5, % 遊園地事業 % % 倉庫賃貸事業 2

図表 1 セグメント別の業績 (2Q 累計期間 ) 2016/12 期 2Q 累 2017/12 期 2Q 累 金額 ( 百万円 ) 前期比 金額 ( 百万円 ) 前期比 公営競技事業 4, % 5, % 遊園地事業 % % 倉庫賃貸事業 2

本資料日本国内投資家向けに投資判断参考なる情報提供のみを目的として作成されたものであり、個別銘柄売買推奨や、投資勧誘 を目的したものでありません。投資に関する最終決定投資家ご自身判断責任でなされるようお願いします。本資料内容作成時点であり、信頼できる判断した情報源から情報に基づいて作成したものですが、正確性、完全性を保証するものでありません。本資料に記載 情報、意見等予告なく変更される可能性があります。過去実績値にもとづき推定された将来パフォーマンス等に関する内容あくまでもシ ミュレーションであり、お客さま個々人運用成果等を保証または示唆するものでありません。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったし ても当社及び情報発信元一切その責任を負うものでありません。本資料著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行 うこと固く禁じます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

連結会計年度におけるわが国経済、政府経済政策や日銀金融緩和政策を背景に企業収益や雇用環境 改善傾向を維持し、緩やかな回復基調で推移いたしました。 このような状況下、当社総合プラットフォームサイト「生活110番」及び専門性高いバーティカルメディア サイト運営を通して「生活お困りごと」を解決するサービスを行ってまいりました。さらなるサービス価値向 上ため、WEB事業継続的な強化を図り、コンテンツ強化やサービス提供範囲拡大、新システム「Mover」 開発をいたしました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

財務及び予算の状況 < 資本金 > 11,592 百万円 < 国有財産の無償使用 > あり < 予算計画 > ( 単位 : 百万円 ) 区 収検定料成績提供手数料成績開示提供手数料その他入計業務経費うち人件費試験実施経費支センター試験情報提供経費入学者選抜方法改善研究経費一般管理費出うち人件費物件費

財務及び予算の状況 < 資本金 > 11,592 百万円 < 国有財産の無償使用 > あり < 予算計画 > ( 単位 : 百万円 ) 区 収検定料成績提供手数料成績開示提供手数料その他入計業務経費うち人件費試験実施経費支センター試験情報提供経費入学者選抜方法改善研究経費一般管理費出うち人件費物件費

また、評価結果を公表した上で、その評価結果に基づいた改善を図る。 (2) センター試験円滑な実施 センター試験全国大学において同一期日(2日間)に同一試験問題により行われる ものであり、受験者にとって公平かつ公正に実施されることが必要である。このため、秘密 保持に十分留意上、大学試験実施や試験問題管理、輸送に関する方針を定めることな どによりセンター試験を円滑に実施するとともに、その実施結果を踏まえ改善を図る。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...