建設業許可を受け

Top PDF 建設業許可を受け:

建設業許可申請の手引き 平成 30 年 3 月改訂版 ( 平成 30 年 4 月 1 日施行 ) 奈良県 建設業 契約管理課 実際の申請書の作成にあたっては 建設業許可申請の手引き のほか 建設業 契約管理課 HP の 建設業許可の様式 の記載要領 記載例もご覧ください 奈良県知事許可を受けようとす

建設業許可申請の手引き 平成 30 年 3 月改訂版 ( 平成 30 年 4 月 1 日施行 ) 奈良県 建設業 契約管理課 実際の申請書の作成にあたっては 建設業許可申請の手引き のほか 建設業 契約管理課 HP の 建設業許可の様式 の記載要領 記載例もご覧ください 奈良県知事許可を受けようとす

【個人における経験の場合】国民健康保険被保険者証、厚生年金の期間確認願に対 する回答書、雇用保険被保険者離職票等 ※④の例示: 「契約書」、「注文書」、「請求書+入金記録(領収書・通帳(写))」等1年に1件抽出 証明者が建設許可受けている場合は、決算変更届(控※受付印あるもの) ※法人における経験の場合、当該法人の社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険)のいずれ にも加入していなければ、常勤性が確認できないため、その期間の実務経験は認められません。 ※個人(適用除外事業所)における経験は、他者の社会保険等に加入していないこと確認します。
さらに見せる

79 さらに読み込む

建設業法における技術者制度 許可の種類 指定建設業 特定建設業 指定建設業以外 一般建設業 建設業許可工事現場の技術者制度 許可を受けている種類 営業所における専任の技術者の資格要件 元請工事における下請金額合計注 1) 工事現場に置くべき技術者 技術者の資格要件 土木 建築 管 鋼構造物 舗装 電

建設業法における技術者制度 許可の種類 指定建設業 特定建設業 指定建設業以外 一般建設業 建設業許可工事現場の技術者制度 許可を受けている種類 営業所における専任の技術者の資格要件 元請工事における下請金額合計注 1) 工事現場に置くべき技術者 技術者の資格要件 土木 建築 管 鋼構造物 舗装 電

1 営業所専任技術者【建設業法第7条第2号、第15条第2号】 許可受けようとする建設ごとに、一定の要件満たす技術者営業所ごとに専任 で置かなければなりません。 営業所専任技術者は、建設工事に関する請負契約の適正な締結及びその履行確保す るため、置かれる者であり、営業所に常勤して専らその職務に従事すること要する者 いい、事業主体と継続的な雇用関係有し、通常の勤務時間中はその営業所に勤務し 得るものでなければなりません。
さらに見せる

8 さらに読み込む

建設業許可Q&AH290401

建設業許可Q&AH290401

参照 建設許可申請のしおり「IV-1 経営業務の管理責任者としての経験がある 者有していること」 Q33 経営業務の管理責任者補佐した経験とはどのようなものですか? A33 許可受けようとする建設に関する建設工事の施工に必要な「資金の調 達」、「技術者の配置」、「下請業者との契約の締結」等の経営者と同等程度 の経営業務に従事した経験いいます。

15 さらに読み込む

建設業許可申請の手引建設業法による変更届等の手引 別冊資料 許可申請 変更届様式作成見本 令和元年 5 月 三重県県土整備部建設業課

建設業許可申請の手引建設業法による変更届等の手引 別冊資料 許可申請 変更届様式作成見本 令和元年 5 月 三重県県土整備部建設業課

雇用保険 本社 伊賀営業所 「健康保険」の欄については、従業員が健康保険の被保険者の資格取得したことについての日本年金機構又は健康保険組合に対する届出行っている場合 は「1」、行っていない場合は「2」、従業員が4人以下である個人事業主である場合等の健康保険の適用が除外される場合は「3」記入します。 なお、年金事務所長の承認受け建設国保(三重県建設国民健康保険組合等)に加入している場合は、適用除外となりますので「3」記入します。 「厚生年金保険」の欄については、従業員が厚生年金保険の被保険者の資格取得したことについての日本年金機構に対する届出行っている場合は「1」 、行っていない場合は「2」、従業員が4人以下である個人事業主である場合等の厚生年金保険の適用が除外される場合は「3」記入してください。 「雇用保険」の欄については、その雇用する労働者が雇用保険の被保険者となったことについての公共職業安定所の長に対する届出行っている場合は 「1」、行っていない場合は「2」、従業員が1人も雇用されていない場合等の雇用保険の適用が除外される場合は「3」記入してください。
さらに見せる

82 さらに読み込む

建設業許可変更届関係書面の記載例

建設業許可変更届関係書面の記載例

なお、現在2以上の建設許可受けている場合で許可年月日が複数あるときは、そのうち最も古いものについて 記入すること。 6 3 6「法人番号」の欄は、申請者が法人であつて法人番号(行政手続における特定の個人識別するための番号の 利用等に関する法律(平成25年法律第27号)第2条第15項に規定する法人番号いう )の指定受けたものである場 。 合にのみ当該法人番号記入すること。
さらに見せる

12 さらに読み込む

建設業許可と経審の留意点

建設業許可と経審の留意点

ウ 廃棄物処理法,その他環境保全法令に違反し,又は刑法(傷害・現場助勢・暴行・凶器準備集 合及び結集・脅迫・背任),暴力行為等処罰ニ関するスル法律の罪犯し,罰金刑に処せられ, その執行終わり,又は執行受けることがなくなった日から 5 年経過しない者 エ 廃棄物処理法の所定の規定(重大な廃棄物処理法違反,暴力団員による不当な行為の防止等に 関する法律違反,不正又は不誠実な行為するおそれがある等)又は浄化槽法の所定の規定によ り許可取り消され,その取消しの日から 5 年経過しない者
さらに見せる

25 さらに読み込む

建設業許可申請の手引 建設業法による変更届等の手引 令和元年 5 月 三重県県土整備部建設業課

建設業許可申請の手引 建設業法による変更届等の手引 令和元年 5 月 三重県県土整備部建設業課

「健康保険」の欄については、従業員が健康保険の被保険者の資格取得したことについての日本年金機構又は健康保険組合に対する届出行っている場合 は「1」、行っていない場合は「2」、従業員が4人以下である個人事業主である場合等の健康保険の適用が除外される場合は「3」記入します。 なお、年金事務所長の承認受け建設国保(三重県建設国民健康保険組合等)に加入している場合は、適用除外となりますので「3」記入します。 「厚生年金保険」の欄については、従業員が厚生年金保険の被保険者の資格取得したことについての日本年金機構に対する届出行っている場合は「1」 、行っていない場合は「2」、従業員が4人以下である個人事業主である場合等の厚生年金保険の適用が除外される場合は「3」記入してください。 「雇用保険」の欄については、その雇用する労働者が雇用保険の被保険者となったことについての公共職業安定所の長に対する届出行っている場合は 「1」、行っていない場合は「2」、従業員が1人も雇用されていない場合等の雇用保険の適用が除外される場合は「3」記入してください。
さらに見せる

138 さらに読み込む

建設業許可申請書の記載事例(近畿地整版)3

建設業許可申請書の記載事例(近畿地整版)3

に係る実務の経験の期間については、平成28年6月1日以降、とび・土工工事業及び解体工事双方の実務の経験の期間として二重に計算できる。 4 電気工事及び消防施設工事のうち、電気工事士免状、消防設備士免状等の交付受けた者等でなければ直接従事できない工事に直接従事した 経験については、電気工事士免状、消防設備士免状等の交付受けた者等として従事した実務の経験に限り経験年数に算入する。 5 建設リサイクル法(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(平成12年法律第104号))施行後の解体工事に係る経験は、とび・土工工事 許可又は建設リサイクル法に基づく解体工事登録で請け負ったものに限り経験期間に算入する。
さらに見せる

46 さらに読み込む

Q4 建設業の許可を有しない下請負人 ( 下請業者 ) も対象になるのか A4 本対策は 建設業許可を有する者のうち 社会保険等の加入義務を履行していない者を取組みの対象としています 建設業の許可を有しない者との一次下請契約の締結を禁止していません ( 交通誘導員等の警備業のみを行う者も対象外 )

Q4 建設業の許可を有しない下請負人 ( 下請業者 ) も対象になるのか A4 本対策は 建設業許可を有する者のうち 社会保険等の加入義務を履行していない者を取組みの対象としています 建設業の許可を有しない者との一次下請契約の締結を禁止していません ( 交通誘導員等の警備業のみを行う者も対象外 )

社会保険等未加入対策(建設)に関するQ&A(H30.4) Q14 社会保険等の加入が確認できる書類とはどのようなものがあるか。 A14 建設業法に基づく経営事項審査受けている場合は、総合評定値通知書 により確認する事ができます。経営事項審査受けていない場合や、総合 評定値通知書の社会保険等加入状況が「無」となっている場合には、以下 の書類等によって確認することになります。

7 さらに読み込む

建設業許可の手引き

建設業許可の手引き

※1 平成27年度までに合格した者については、平成33年3月31日までの間は解体工事の技術者とみなされます。 その者専任技術者として解体工事許可とる場合はこのコード記入すること。 ※2 登録解体工事講習受けるなどして解体工事の技術者となれる者となった場合は、通常の資格者コード記入すること。なお、解体工事に関する実務経験1 年以上又は登録解体工事講習の受講受けた場合は、26ページのコード表記載した専任技術者証明書の変更届が必要です。
さらに見せる

32 さらに読み込む

地域建設産業のあり方検討委員会 ( 大分県 ) 報告書概要 1. 検討委員会として指摘したい事項 ( 一財 ) 建設業情報管理センター及び ( 一財 ) 建設業技術者センターは 都道府県建設業所管部局等の要望を受け 地域ごとの建設産業の特徴を分析し 学識経験者から今後の地域の建設産業のあり方を提言す

地域建設産業のあり方検討委員会 ( 大分県 ) 報告書概要 1. 検討委員会として指摘したい事項 ( 一財 ) 建設業情報管理センター及び ( 一財 ) 建設業技術者センターは 都道府県建設業所管部局等の要望を受け 地域ごとの建設産業の特徴を分析し 学識経験者から今後の地域の建設産業のあり方を提言す

建設産業は住宅や社会資本の整備・維持とともに自然災害に対する脆弱性有するわが 国の地域の防災担う大きな役割担ってきた。また、特に地方部においては建設が基 幹的産業のひとつとして地域の経済活動や雇用支えてきた。わが国の建設投資は平成 4 年度ピークに、その後長期的に減少しており、近年はピーク時の 5 割程度となっている。 地域建設の状況は、建設投資の減少に伴い、就業者数、建設許可業者数が減少すると ともに、厳しい経営環境のもとで企業の収益率の低迷、就業者の賃金の低下と高齢化が進 展しており、これまで地域において果たしてきた役割担い続けることが難しくなってき ている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

変更届記載事項等 県内に主たる営業所を設置する大臣許可業者の方 ( 知事許可業者から大臣許可業者に許可換えした方を含む ) は 申請書提出 ( 受理 ) 後 下記事項に変更等が生じた場合は 遅滞なく変更届 ( 別添様式参照 ) を提出してください 岡山県知事許可業者の方は 建設業許可に係る許可申請又

変更届記載事項等 県内に主たる営業所を設置する大臣許可業者の方 ( 知事許可業者から大臣許可業者に許可換えした方を含む ) は 申請書提出 ( 受理 ) 後 下記事項に変更等が生じた場合は 遅滞なく変更届 ( 別添様式参照 ) を提出してください 岡山県知事許可業者の方は 建設業許可に係る許可申請又

7 「監理技術者有資格業種」の欄の□には、監理技術者資格者証の交付受け、監理技術者講習過去5 年以内に受講している業種下記区分コードにより記入すること。 (大臣認定者も記入すること。) 大: 03 04 と: 05 石: 06 07 電: 08 管: 09 タ: 10 舗: 13 14 板: 15 ガ: 16 17 防: 18 内: 19 機: 20 園: 23 24 具: 25 水: 26 27 清: 28 解: 29

8 さらに読み込む

様式第一号 ( 第二条関係 ) 建設業許可申請書 ( 用紙 A4) この申請書により 建設業の許可を申請します この申請書及び添付書類の記載事項は 事実に相違ありません 北海道知事 殿 行政庁側記入欄 許 可 番 号 申 請 の 区 分 申 請 項番 知事コー

様式第一号 ( 第二条関係 ) 建設業許可申請書 ( 用紙 A4) この申請書により 建設業の許可を申請します この申請書及び添付書類の記載事項は 事実に相違ありません 北海道知事 殿 行政庁側記入欄 許 可 番 号 申 請 の 区 分 申 請 項番 知事コー

  健康保険組合に対する届出行つている場合は「1」、行つていない場合は「2」、従業員が4人以下である個人事業主である場合等の  (1) ①現在有効な許可どの許可行政庁からも受けていない者が初めて許可申請する場合    ②現在有効な許可受けている行政庁以外の許可行政庁に対し新規に許可申請する場合 ③一般建設許可のみ受けている者が新たに特定建設許可申請する場合又は特定建設許可のみ受けている者が新たに一般建設許可 申請する場合
さらに見せる

27 さらに読み込む

7. 申請資格 (1) 地方自治法施行令第 167 条の4 第 1 項に該当しないこと (2) 国税及び地方税を滞納していないこと (3) 建設業法第 3 条の規定による許可を受けている建設業者であること (4) 建設業退職金共済組合又は中小企業退職金共済事業団等に加入していること (5) 営業を開

7. 申請資格 (1) 地方自治法施行令第 167 条の4 第 1 項に該当しないこと (2) 国税及び地方税を滞納していないこと (3) 建設業法第 3 条の規定による許可を受けている建設業者であること (4) 建設業退職金共済組合又は中小企業退職金共済事業団等に加入していること (5) 営業を開

別表1参照の上、各参加希望業種に対応する建設許可業種略号で記入してください。 ④ 技術職員区分とその人数 下記の技術職員区分「1」「2」「3」に該当する人数、参加希望工事ごとに実人数で 記入してください。技術者の重複はできません。なお、各参加希望工事において最低 1人の記載がないと、その工事は希望できません。(3つの参加希望工事に入札参加す るには、最低でも3人の技術者が必要です。)
さらに見せる

11 さらに読み込む

建設業許可の手引 目次 Ⅰ 建設業の許可制度 1 1 建設業の許可 1 2 許可業種 1 3 許可の種類 2 4 許可の区分 ( 知事許可と大臣許可 ) 2 5 一般建設業の許可要件 3 6 特定建設業の許可要件 6 7 特定建設業許可取得後の留意事項 7 Ⅱ 建設業許可の申請手続 9 1 許可申請

建設業許可の手引 目次 Ⅰ 建設業の許可制度 1 1 建設業の許可 1 2 許可業種 1 3 許可の種類 2 4 許可の区分 ( 知事許可と大臣許可 ) 2 5 一般建設業の許可要件 3 6 特定建設業の許可要件 6 7 特定建設業許可取得後の留意事項 7 Ⅱ 建設業許可の申請手続 9 1 許可申請

※法人の役員、令3条の使用人などの常勤確認は、原則として社会保険の加入状況により行っています。 ※法改正により平成27年4月1日から様式第1号 別紙一(役員等の一覧表)に記載される方には、従来の役員 (取締役、理事等)だけでなく「相談役、顧問その他いかなる名称有する者であるか問わず、法人に対し、役 員と同等以上の支配力有するものと認められる者」が加わり、「役員等」と表現されるようになりました。ただ し、株主などで役員に該当しない場合、経営業務管理責任者にはなれませんし、経営管理した経験としても認め られません。また、平成28年6月1日から「これらに準じる者」 に「許可受けようとする建設の経営業務 の執行に関し、取締役会の議決得て取締役会又は代表取締役から具体的な権限委譲受けた執行役員等」が加わ りました。
さらに見せる

206 さらに読み込む

1~5 ( 略 ) 許可を受けようとする建設業 の欄は この申請書により許可を受けようとする建設業が一般 建設業の場合は 1 を 特定建設業の場合は 2 を 次の表の( ) 内に示された略号のカラムに記 入すること 1 を 特定建設業の場合は 2 を 次の表の ( ) 内に示された略号の

1~5 ( 略 ) 許可を受けようとする建設業 の欄は この申請書により許可を受けようとする建設業が一般 建設業の場合は 1 を 特定建設業の場合は 2 を 次の表の( ) 内に示された略号のカラムに記 入すること 1 を 特定建設業の場合は 2 を 次の表の ( ) 内に示された略号の

4 3 2 「業種コード」の欄は、次のコード表により該当する工事の種類に応じ、該当するコードカ ラムに記入すること。 なお、「土木一式工事」について記入した場合においてはその次の「業種コード」の欄は「プレストレ ストコンクリート構造物工事」のコード「 011」記入し、「完成工事高」の欄には「土木一式工事」の 完成工事高のうち「プレストレストコンクリート構造物工事」に係るもの記入することとし、当該工 事に係る実績がない場合においてはカラムに「0」記入すること。また、「元請完成工事高」の欄には 「土木一式工事」の元請完成工事高のうち「プレストレストコンクリート構造物工事」に係るもの記 入することとし、当該工事に係る実績がない場合においてはカラムに「0」記入すること。同様に、 「と び・土工・コンクリート工事」に記入した場合においては「業種コード」の欄に「法面処理工事」のコ ード「 051」記入し、「鋼構造物工事」に記入した場合においては「業種コード」の欄に「鋼橋上部工 事」のコード「 111」記入し、それぞれの工事に係る完成工事高及び元請完成工事高記入すること。 「完成工事高」の欄は、3 1で記入した各審査対象事業年度ごとに完成工事高記入すること。また、 「元請完成工事高」の欄においても同様に、各審査対象事業年度ごとに元請完成工事高記入すること。 ただし、審査対象事業年度及び審査対象事業年度の直前2年の審査対象事業年度について申請する場合 にあつては、完成工事高においては審査対象事業年度の直前2年の各審査対象事業年度の完成工事高の 合計2で除した数値記入し、「完成工事高計算表」に直前2年の審査対象事業年度ごとに完成工事高 記入すること。同様に、元請完成工事高においても審査対象事業年度の直前2年の各審査対象事業年 度の元請完成工事高の合計2で除した数値記入し、「元請完成工事高計算表」に直前2年の審査対象 事業年度ごとに元請完成工事高記入すること。
さらに見せる

24 さらに読み込む

トエネック 愛知県名古屋市中区栄一丁目 20 番 31 号 平成 28 年 6 月 4 日から平成 28 年 7 月 3 日まで 別表第 2 第 8 号 ( 建設業法違反行為 ) 三重県及び三重県企業庁が発注した電気工事において 建設業法第 3 条第 1 項の許可を受けないで建設業を営む者と 同法施

トエネック 愛知県名古屋市中区栄一丁目 20 番 31 号 平成 28 年 6 月 4 日から平成 28 年 7 月 3 日まで 別表第 2 第 8 号 ( 建設業法違反行為 ) 三重県及び三重県企業庁が発注した電気工事において 建設業法第 3 条第 1 項の許可を受けないで建設業を営む者と 同法施

別表第2第5号 (独占禁止法違反 行為)に該当 全国の市町村等が発注した消防救急デジタル無線機 器の入札等について、独占禁止法第3条(不当な取 引制限の禁止)の規定に違反する行為行っていた として、公正取引委員会から平成29年2月2日、同法 の規定に基づく排除措置命令受け、又、㈱日立国 際電気除く4社は課徴金納付命令受けたため。 なお、㈱富士通ゼネラル除く4社は、課徴金減免 制度の適用事業者として公表されている。
さらに見せる

9 さらに読み込む

目次 1 建設業の許可とは 3 (1) 建設業とは 3 (2) 許可を必要とする方 3 (3) 許可を受けなくてもできる工事 4 (4) 知事許可と大臣許可 4 (5) 許可の区分 5 (6) 許可の有効期限 5 2 許可を受けるための要件 5 3 許可を受けるまでの手続き 10 4 許可を受けたあ

目次 1 建設業の許可とは 3 (1) 建設業とは 3 (2) 許可を必要とする方 3 (3) 許可を受けなくてもできる工事 4 (4) 知事許可と大臣許可 4 (5) 許可の区分 5 (6) 許可の有効期限 5 2 許可を受けるための要件 5 3 許可を受けるまでの手続き 10 4 許可を受けたあ

1 土木工事 8 電気工事 15 板金工事 22 電気通信工事 2 建築工事 9 管工事 16 ガラス工事 23 造園工事 3 大工工事 10 タイル・れんが・ブロック工事 17 塗装工事 24 さく井工事 4 左官工事 11 鋼構造物工事 18 防水工事 25 建具工事 5 とび・土工工事 12 鉄筋工事 19 内装仕上工事 26 水道施設工事 6 石工事業 13 ほ装工事 20 機械器具設置工事 27 消防施設工事 7 屋根工事 14 しゅんせつ工事 21 熱絶縁工事 28 清掃施設工事
さらに見せる

31 さらに読み込む

千葉商大論叢第 57 巻第 2 号 (2019 年 11 月 )pp 研究ノート 横浜でのカジノ建設に反対する 事例に学ぶ破滅への道 田村充代 この研究ノートの異議は,IR を含むカジノ建設を許可する法律の成立, 施行を受けて, 建設候補地を決定するプロセスを明らかにすることにある

千葉商大論叢第 57 巻第 2 号 (2019 年 11 月 )pp 研究ノート 横浜でのカジノ建設に反対する 事例に学ぶ破滅への道 田村充代 この研究ノートの異議は,IR を含むカジノ建設を許可する法律の成立, 施行を受けて, 建設候補地を決定するプロセスを明らかにすることにある

 カジノに関する議論は,日本において,約 20 年ほどの歴史がある。議論の前提として, 考慮しなければならない事柄として,賭博,射幸心あおる行為は,刑法 186 条と 187 条 によって禁止されているにもかかわらず,公的ギャンブル,パチンコが事実上黙認されて いるという事実である。パチンコは 2 兆円産業であり,これ賭博でないとしてきた政府 見解には限界があろう。この状況の転換期は,2016 年のカジノ含む総合リゾート(IR) 建設の合法化である。この新たな立法によって,日本に 3 か所までの合法なカジノの建設 が可能となった。この,決定プロセス追うことから論考始めたい。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目 次 1. 建設業の許可 Q1-1 建設業の 大臣許可 と 都道府県知事許可 とは どう違うのか Q1-2 一般建設業 と 特定建設業 との違いは何か Q1-3 一次下請業者が二次下請業者に発注する額が 3,000 万円を超える場合 一次下請業者も特定建設業 の許可を受けていなければならないか Q

目 次 1. 建設業の許可 Q1-1 建設業の 大臣許可 と 都道府県知事許可 とは どう違うのか Q1-2 一般建設業 と 特定建設業 との違いは何か Q1-3 一次下請業者が二次下請業者に発注する額が 3,000 万円を超える場合 一次下請業者も特定建設業 の許可を受けていなければならないか Q

Q5-4 発注者の都合によって工事が一時中止となった場合、又は設計変更により工期が延長され た場合は主任技術者等交代させてよいか。 A:建設工事の適正な施工の確保阻害する恐れがあることから、施工監理つかさどる監 理技術者等の工期途中での交代は、当該工事における入札・契約手続きの公平性踏まえ た 上で、慎重かつ必要最小限とす る必要があ りますが、 受注者の責 によらない 理由によ り 中止となった場合、工期が延長 された場合 は、技術者 の交代認 めます。た だし、道 と 請負業者との協議により、交代 の時期は工 程上一定の 区切りと認 められる時 点とする ほか、交代前後における監理技術者等の技術力が同等に確保される必要があることから、 工 事の規模、難易度等に応じて必 要とする期 間について 、技術者が 重複して工 事現場に 設置する措置とった場合に限ります。
さらに見せる

32 さらに読み込む

Show all 10000 documents...