建築基準法上 立地制限

Top PDF 建築基準法上 立地制限:

予定建築物等以外の建築等の制限 法 42 条 立地基準編第 5 章 (P127~P131) 法第 42 条で規定されている 予定建築物等以外の建築等の制限 については 次のとおりとする 1 趣旨開発許可処分は 将来その開発区域に建築又は建設される建築物又は特定工作物がそれぞれの許可基準に適合する場合

予定建築物等以外の建築等の制限 法 42 条 立地基準編第 5 章 (P127~P131) 法第 42 条で規定されている 予定建築物等以外の建築等の制限 については 次のとおりとする 1 趣旨開発許可処分は 将来その開発区域に建築又は建設される建築物又は特定工作物がそれぞれの許可基準に適合する場合

(2) 既存建築物のある敷地に当該建築物と用途が同一とみなされる第一種特定工作物 を新設する場合(例2参照)については、次のア又はイのとおり取り扱う。ただし、 新設に当たり開発行為及び既存建築物の用途の変更はないこととする。 ア 開発許可を受けた土地における場合は、既存建築物と同一の用途とみなされる ものであれば、第42条第1項ただし書許可は不要とする。

5 さらに読み込む

計画変更通知書(建築物)WORD 建築基準法(様式)  笠岡市ホームページ

計画変更通知書(建築物)WORD 建築基準法(様式) 笠岡市ホームページ

 ⑲ 13 欄の「ハ」は、敷地内の建築物の主たる構造について記入してください。  ⑳ 13 欄の「ニ」は、該当するチェックボックスに「レ」マークを入れてください。   13 欄の「ホ」は、建築基準第 56 条第7項第1号に掲げる規定が適用されない建築物については「道路 高さ制限不適用」、同項第2号に掲げる規定が適用されない建築物については「隣地高さ制限不適用」、 同項第3号に掲げる規定が適用されない建築物については「北側高さ制限不適用」のチェックボックスに 「レ」マークを入れてください。
さらに見せる

15 さらに読み込む

足立区建築基準法等の取り扱い 足立区都市建設部建築室建築審査課

足立区建築基準法等の取り扱い 足立区都市建設部建築室建築審査課

用途可分・不可分については、それらの建築物の使用の関係を中心に客観的状況 から判断すべきものであり、所有者(管理者)が同一人であるか否かによるものではな い。 例えば、用途不可分の関係にある 2 以上の建築物としては、①主たる用途に供する 建築物とそれに付属するもの、②上位の用途に包括される複数の建築物、が考えられ る。

61 さらに読み込む

一括 宮崎県:建築基準法の手引きについて

一括 宮崎県:建築基準法の手引きについて

このほか、車両、客貨車、コンテナ、船舶等でも、随時かつ任意に移動できないもので、店 舗、事務所、倉庫、ホテル等の建築物的用途に利用するものや、土地に自立して設置する太陽 光発電設備(太陽光パネル)下の空間を屋内的用途に供するもの、床にパンチングメタルやエ キスパンドメタルを利用した自走式自動車車庫も「これに類する構造のもの」として建築物と されています。

62 さらに読み込む

埼玉県建築基準法施行条例解説(素案)

埼玉県建築基準法施行条例解説(素案)

(1) 令第109の3第1号の規定でいう外壁は、自立するのが原則であるから鉄 骨に耐火パネルを取り付ける場合は、外壁を支持する構造耐力主要な柱には 耐火被覆を行わなければならない。 (2) 第3項(1)(床面積の合計の算定)の当該部分の床面積とは、ラック部 分全体の床面積をさし、スタッカークレーンの移動部分も含む。

30 さらに読み込む

埼玉県建築基準法施行条例解説(素案)

埼玉県建築基準法施行条例解説(素案)

29 4.形態による構造制限建築物の構造は、当該部分の高さ及び床面積の合計(第2項(2)の規定によ る)に応じて次の表による。ただし、軒高が10メートルをこえるもので、建築基準 施行令(以下「令」という。)第109条の3第1号に掲げる技術的基準に適合す る準耐火建築物とするものにあっては、当該部分の外周に配置される主要構造部であ る柱は、耐火構造としなければならない。
さらに見せる

30 さらに読み込む

省エネ適判部会 QA 集 ( 平成 30 年 4 月 1 日版 ) 制度等 番号表題質問回答公表日 開放性のある渡り廊下部分 (2) で接続されており 建築基準法上 一の建築物 (1~3) である場合 のそれぞれの部分を別の建築物と見なして計算してもよいか 建築基準法上 一の建築物であれ

省エネ適判部会 QA 集 ( 平成 30 年 4 月 1 日版 ) 制度等 番号表題質問回答公表日 開放性のある渡り廊下部分 (2) で接続されており 建築基準法上 一の建築物 (1~3) である場合 のそれぞれの部分を別の建築物と見なして計算してもよいか 建築基準法上 一の建築物であれ

計画書 第五面【3.基準省令附則第3条の適用の有無】について、計画に係る建築物の新築工事の竣 工年月日は、どのような書類で判断を行えばよいか。 新築工事の竣工年月日は、建築物がある時点で存在してることがわかる書類(検査済証、登記 簿謄本等)で判断を行います。敷地内に複数棟が存在している場合等で、前述の書類のみでは 適判対象となっている建築物の竣工日が確認できない場合は、確認申請書、完了検査申請書等 を補足的に用いて、当該建築物の竣工日を判断することが可能です。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第10章 市街化調整区域内の建築制限(法第43条)

第10章 市街化調整区域内の建築制限(法第43条)

10-12 4 建築等許可の基準第 43 条第2項、令第 36 条) (開発許可を受けた土地以外の土地における建築等の制限第43条 何人も、市街化調整区域のうち開発許可を受けた開発区域以外の区域内においては 、都道府県知事の許可を受けなければ、第29条第1項第二号若しくは第三号に規定する建築 物以外の建築物を新築し、又は第一種特定工作物を新設してはならず、また、建築物を改築 し、又はその用途を変更して同項第二号若しくは第三号に規定する建築物以外の建築物とし てはならない。ただし、次に掲げる建築物の新築、改築若しくは用途の変更又は第一種特定 工作物の新設については、この限りでない。(以下、略。)
さらに見せる

14 さらに読み込む

資料 5-1 防耐火に係る基準 資料の素案 第 1 章総則 ( 設計基準 ) 1.2 用語の定義 主要構造部 : 建築基準法第 2 条第 5 号による 耐火構造 : 建築基準法第 2 条第 7 号による 準耐火構造 : 建築基準法第 2 条第 7 の 2 号による 防火構造 不燃材料 : 建築基準法

資料 5-1 防耐火に係る基準 資料の素案 第 1 章総則 ( 設計基準 ) 1.2 用語の定義 主要構造部 : 建築基準法第 2 条第 5 号による 耐火構造 : 建築基準法第 2 条第 7 号による 準耐火構造 : 建築基準法第 2 条第 7 の 2 号による 防火構造 不燃材料 : 建築基準法

これらの防火壁の設置による平面計画の自由度、外観の意匠等の制限について、設計の工夫に より解決が困難な場合には、建築基準の規定、準耐火建築物とする必要がなくとも、準耐火建 築物として計画することが考えられる。 なお、建築基準第 67 条により、防火地域、準防火地域又は指定されていない地域に建築物が またがる場合は厳しい地域の規定が建築物全体に適用されるが、防火壁により区切れば、それぞれ の地域の規定に従って計画することができる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

確認申請書(建築物)WORD 建築基準法(様式)  笠岡市ホームページ

確認申請書(建築物)WORD 建築基準法(様式) 笠岡市ホームページ

 ⑩ 建築物の名称又は工事名が定まつているときは、8欄に記入してください。 4.第三面関係  ① 住居表示が定まつているときは、2欄に記入してください。  ② 3欄は、該当するチェックボックスに「レ」マークを入れてください。ただし、建築物の敷地 が都市計画区域、準都市計画区域又はこれらの区域以外の区域のうち2以上の区域にわたる 場合においては、当該敷地の過半の属する区域について記入してください。なお、当該敷地が 3の区域にわたる場合で、かつ、当該敷地の過半の属する区域がない場合においては、都市計 画区域又は準都市計画区域のうち、当該敷地の属する面積が大きい区域について記入してく ださい。
さらに見せる

1 さらに読み込む

計画通知書(建築物)WORD 建築基準法(様式)  笠岡市ホームページ

計画通知書(建築物)WORD 建築基準法(様式) 笠岡市ホームページ

 ③ 4欄は、該当するチェックボックスに「レ」マークを入れてください。なお、建築物の敷地が防火地 域、準防火地域又は指定のない区域のうち2以上の地域又は区域にわたるときは、それぞれの地 域又は区域について記入してください。  ④ 5欄は、建築物の敷地が存する3欄及び4欄に掲げる区域及び地域以外の区域、地域、地区又 は街区を記入してください。なお、建築物の敷地が2以上の区域、地域、地区又は街区にわたる場 合は、それぞれの区域、地域、地区又は街区を記入してください。
さらに見せる

1 さらに読み込む

H30建築基準法改正(詳細版)

H30建築基準法改正(詳細版)

○ また、平成30年1月に発生した札幌市の寄宿舎火災を受け、平成30年3月に、厚生労働省、総務省消防 庁、国土交通省の連名で通知を発出し、地方公共団体の福祉部局、消防部局及び建築部局が連携して、 生活困難者等が居住する施設について、防火の課題がある旨の情報を把握した福祉部局は、消防部局 ・建築部局に対して情報提供を行い、合同で防火安全対策を助言する等の体制を構築した。

6 さらに読み込む

包括同意基準 つくば市 | 建築基準法に基づく許可

包括同意基準 つくば市 | 建築基準法に基づく許可

建築物の用途,規模等は,次に掲げる要件に適合すること。 (1) 用途は,一戸建ての住宅若しくはこれに付属する建築物又は農業用倉庫 とする。 ( 2 ) 規模 は, 階 数が 2以 下( 地 階を 設け ない もの に 限る 。 ) で, か つ,高 さ 10メー トル 以 下と し, 農業 用 倉庫 にあ って は, 延 べ面 積100平方 メー トル 以下とする。

12 さらに読み込む

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

「既存の集落」においては、その地域の性格、自己居住用の住宅が立地されても、 「開 発区域の周辺における市街化を促進するおそれ」がないと考えられることについては、 (ア)の基準に関して既に記したとおりです。 しかし、このような「既存の集落」以外の土地であっても、当該市街化調整区域に線 引き前から居住する者が、線引き前から所有する土地は、線引き前の時点から既に、 「将 来、必要に応じて、その子らの住宅の敷地に供される」という性格を有している土地と いえます。いわば、潜在的な宅地性を維持してきた土地です。このような土地が予定ど おり宅地化され、周辺に新たな公共施設を整備する現実の必要が生じたとしても、それ は、区域区分日前から既に潜在的に存在していたものが顕在化したにすぎず、制度の趣 旨に鑑みると、規制の対象とすべきものではないと考えられます。
さらに見せる

64 さらに読み込む

標準施工法ンターサイディングセンターサイディング本体 付属部材センターサイディングセンターサイディングセンターサイディング防耐火構造センター化粧幕板センタールーフセンタールーフ12 参考資料 1) 建築基準法の目的建築基準法では 建築物の敷地 構造 設備および用途に関する最低の基準を定めて 国民の生

標準施工法ンターサイディングセンターサイディング本体 付属部材センターサイディングセンターサイディングセンターサイディング防耐火構造センター化粧幕板センタールーフセンタールーフ12 参考資料 1) 建築基準法の目的建築基準法では 建築物の敷地 構造 設備および用途に関する最低の基準を定めて 国民の生

  1)住宅瑕疵担保履行とは   新築住宅については既に2000(平成12)年4月施行の「住宅品質確保」(住宅の品質確保の促進等   に関する法律)に基づき、売主および請負人に対し、10年間の瑕疵担保責任を負うことが義務付けられて   います。ところが、2005(平成17)年11月に構造計算書偽造問題が発覚すると、こうした制度だけでは   消費者保護として不十分であり、売主や請負人の財務状況によっては義務化された責任が果たされない   場合もあることが明らかになりました。そこで、国土交通省では対応策を講ずるべく検討を開始し、建築確   認・検査の精度、建築士制度の見直しとともに、住宅の売主などの瑕疵担保責任履行のための措置の充   実・強化についても審議され、整備が行われました。
さらに見せる

15 さらに読み込む

施工状況報告書WORD 建築基準法(様式)  笠岡市ホームページ

施工状況報告書WORD 建築基準法(様式) 笠岡市ホームページ

 ⑩ 建築物の名称又は工事名が定まつているときは、8欄に記入してください。 4.第三面関係  ① 住居表示が定まつているときは、2欄に記入してください。  ② 3欄は、該当するチェックボックスに「レ」マークを入れてください。ただし、建築物の敷地 が都市計画区域、準都市計画区域又はこれらの区域以外の区域のうち2以上の区域にわたる 場合においては、当該敷地の過半の属する区域について記入してください。なお、当該敷地が 3の区域にわたる場合で、かつ、当該敷地の過半の属する区域がない場合においては、都市計 画区域又は準都市計画区域のうち、当該敷地の属する面積が大きい区域について記入してく ださい。
さらに見せる

11 さらに読み込む

第1節総則 宮崎県:建築基準法の手引きについて

第1節総則 宮崎県:建築基準法の手引きについて

敷地の衛生、 安全必要な盛土は、 盛土をした後に建築物が接する位置を 「周囲の地盤と接す る位置」とします。 ただし、敷地の衛生、安全必要な範囲 を超える盛土又は局部的な盛土(花壇等で 容易に撤去できるもの、又は建築物の接す る位置から2 m以上の水平な広がりを持た ないものを除く。)をした場合は、盛土後 に建築物が接する位置以外の適切な位置を 「周囲の地盤と接する位置」に設定しま
さらに見せる

22 さらに読み込む

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

(1)「その敷地の周囲に公園、緑地、広場等広い空地を有すること」 建築物の敷地の周囲に公園、緑地、広場等広い空地があるものについては、道路 に直接接しない場合であっても、当該空地が、避難及び通行の安全、延焼の防止等 の防火、日照、採光、通風等の衛生等の確保の観点から、道路と同等の機能を有す ることに鑑み基準とするものである。この場合、当該空地は安定的・日常的に利用 可能な状況にある空地をいい、建築物の敷地が少なくとも 2 メートル以上の長さを もって当該空地に接するものとする。
さらに見せる

36 さらに読み込む

「建築基準法の規制強化が既存建築物の増築・建替えに与える影響について」

「建築基準法の規制強化が既存建築物の増築・建替えに与える影響について」

5.3 実証分析のまとめ 以上の実証分析を、3章で理論的に導出された2つの仮説との対応で簡潔にまとめる。 実証分析の結果、仮説①(形態不適格となった場合には、増築・建替えの件数は⼤きく減 少する)について、形態不適格となった場合には、築後 30 年以内に増築する確率が約 7 割、 建替える確率が約 6 割減少することが確かめられた。また、仮説②(旧耐震基準の建物とな った場合には、増築等の件数は、減少しても⼤きなものではない、⼜は増加する)について、 旧耐震基準の建物となった場合には、築後 30 年以内に増築する確率が約 9 割、建替える確 率が約 5 割増加することが確かめられた。
さらに見せる

26 さらに読み込む

計画変更確認申請書(建築物) WORD 建築基準法(様式)  笠岡市ホームページ

計画変更確認申請書(建築物) WORD 建築基準法(様式) 笠岡市ホームページ

⑤ 6欄は、建築物の敷地が2メートル以上接している道路のうち最も幅員の大きなものについて記入 してください。  ⑥ 7欄の「イ」(1)は、建築物の敷地が、2以上の用途地域、高層住居誘導地区若しくは特定用途誘 導地区、建築基準第 52 条第1項第1号から第7号までに規定する容積率の異なる地域、地区若し くは区域又は同第 53 条第1項第1号から第6号までに規定する建蔽率若しくは高層住居誘導地 区に関する都市計画において定められた建築物の建蔽率の最高限度の異なる地域、地区若しくは 区域(以下「用途地域が異なる地域等」という。)にわたる場合においては、用途地域が異なる地域 等ごとに、それぞれの用途地域が異なる地域等に対応する敷地の面積を記入してください。
さらに見せる

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...