度消費者庁政策評価事前分析表

Top PDF 度消費者庁政策評価事前分析表:

平成26年度消費者庁事前分析表[PDF: ] 政策評価|消費者庁

平成26年度消費者庁事前分析表[PDF: ] 政策評価|消費者庁

 行政機関や事業から関係法令に基づき事故情報を収集するとともに、医療機関を含む多様な主体から事故情報を幅広く収集する。  収集した事故情報を定期的に公表するとともに、消費への注意喚起、事業への働きかけ等の対応を行う。  重大事故等が発生した場合の緊急時には、必要に応じ、関係省庁による緊急対策本部等を設置し、的確に対応する。  食品を始めとした消費安全に関し、時宜に適ったテーマを選定し、消費に正確な情報を提供し、理解を深め、自らの判断により適切な消費行動が行えるよう、継続してリスクコミュニケーション を推進していくこととしている。特に、食品中の放射性物質に関しては、消費の目線に立ち、関係府省庁、地方公共団体、消費団体等と連携しつつ、消費への分かりやすい情報提供、消費 とのリスクコミュニケーションの強化に努めている。
さらに見せる

34 さらに読み込む

平成29年度実施施策に係る政策評価の事前分析表 政策評価

平成29年度実施施策に係る政策評価の事前分析表 政策評価

評価実施機関による評価書の公表件数について、これまで、当該年度において 評価実施機関が初めて実施した保護評価に係る評価書の公表件数のみを測定し ていたところ、直近においては、見直しによる評価書の修正や保護評価の再実施 による公表件数が多数を占めており、より実態に即した代替指標とするため、見直 しにより修正した評価書の公表件数及び保護評価の再実施による評価書の公表 件数を含めて測定する扱いに変更することとした。
さらに見せる

4 さらに読み込む

平成27年度政策評価書(概要)[PDF: ] 政策評価|消費者庁

平成27年度政策評価書(概要)[PDF: ] 政策評価|消費者庁

測定指標1:新たな食品表示制度について、引き続き、消費、事業 等への普及啓発を行う。 測定指標2:「食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇 談会」について、平成28年秋頃を目途に取りまとめを行うこととしてお り、「加工食品の原料原産地表示に関する検討会」について、平成28 年秋を目途に中間的な取りまとめを行うこととしていることから、これら の課題ついては報告書の内容を踏まえた取組を実施する。食品添加 物表示及び遺伝子組換え表示の在り方については、引き続き、順次実 態を踏まえた検討を行う。
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成28年度政策評価書(概要)[PDF: ] 政策評価|消費者庁

平成28年度政策評価書(概要)[PDF: ] 政策評価|消費者庁

・各都道府県に対して、ブロック会議や説明会等で「地方消費行政強 化作戦」の達成に向けて、地方消費行政活性化基金の積極的な活 用や各政策目標について丁寧な説明を行ない、各地方公共団体の取 組を促進させる。また、消費安全確保地域協議会設置については、 平成29年度に都道府県知事に対し、消費長官から消費安全確 保地域協議会の設置促進を依頼する文書を発出しており、引き続き、 積極的に働き掛けていく。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成26年度実施施策に係る政策評価の事前分析表 政策評価

平成26年度実施施策に係る政策評価の事前分析表 政策評価

全ての国民が利用する新しい社会基盤であ る番号制度において、特定個人情報保護委 員会は、特定個人情報の適正な取扱いを確 保するため、特定個人情報保護評価に係る 規則、指針を定めるほか、承認等を行わなけ ればならないため。

3 さらに読み込む

平成28年度実施施策に係る政策評価の事前分析表 政策評価

平成28年度実施施策に係る政策評価の事前分析表 政策評価

施策の予算額・執行額 施策に関係する内閣の重要政策 (施政方針演説等のうち主なもの)  改正個人情報保護法及び同法に基づいて策定される予定である政令、個人情報保護委員会規則、ガイドライン等に関する分かりやすい資料を作成・充実し、ウェブ サイトに掲載・説明会で配布等することにより、個人情報保護制度等の周知を行うとともに、質問・問合せ等の内容も踏まえて資料への反映・改正を行い、常に時宜に かなった内容で啓発を行う必要があるため。
さらに見せる

4 さらに読み込む

平成28年度政策評価書[PDF: ] 政策評価|消費者庁

平成28年度政策評価書[PDF: ] 政策評価|消費者庁

&達成手段 効率性 効性' 達成手段&/' 消費生活 制度 企画 立案 推進経費 実施 た消費契約法や消費団体訴訟制度 周 知 啓発事業 国民 認知を向上させ 国民 消費被害 対 救済手段 理解を深 た 実際 被害 際 消費 一 及び事業 適 活動 予防 た 経費 消費団体訴訟制度 担い手 あ 適格消費団体 特定適格消費団体 適 認定 監督を行うこ 制度 対 信頼及び団体 活動 適正を維 持 団体数を増や 活動範 を広 いくこ た 消費被害 未然防 大防 及び消費被害 回復 寄与 さ 消費契約法 断 見直 時代 変化 合わせた 実効的 被害救済手段を国民 提 供 こ
さらに見せる

54 さらに読み込む

本体[PDF:] 政策評価|消費者庁

本体[PDF:] 政策評価|消費者庁

8.有識の見解その他関連事項 消費で開催された有識者等から構成される 「消費の財産被害に係る行 政手法研究会」 (座長:小早川光郎学習院大学法科大学院教授)の取りまとめ において、 「行政全体として財産分野の消費被害の発生又は拡大を防止する ための対応を講じておくため、 消費安全法の改正を含む必要な措置を早急に 講ずるべきである」とされた。

5 さらに読み込む

要旨[PDF:] 政策評価|消費者庁

要旨[PDF:] 政策評価|消費者庁

(費用と便益の関係の分析等) 規制の便益の面に関しては、本規制案・代替案のいずれの案によっても、 訪問購入 という、これまで法的措置を講じることが不可能であった取引の適正化と消費被害の未 然防止により、消費利益の保護が可能となる。 他方、規制の費用の面に関しては、代替案は、悪質な業者の活動抑制と参入阻止を狙い、訪問購入の対象になるとは言い難いものも含めた全物品を規制の対象とし、また、新 たに行政機関への登録義務などを課す措置である。その場合、本来、法令を遵守している業者の活動も抑制され、現存する取引機会が奪われ、民間取引が必要以上に抑制さ れることが想定される。また、登録制度を置くことにより、登録申請を行う事業側の費用が発生するだけでなく、受付・審査を行う行政側にも多大な費用が発生することとなる が、登録制を義務付けたとしても、登録制に従わない悪質な訪問購入業者を完全に市場から排除できるわけではない。その一方で、本規制案は、訪問購入業者に対して、不当 な勧誘行為等に係る規制を課すものであるが、通常の訪問購入業者や行政機関に対しては、特段の費用は発生しない。
さらに見せる

3 さらに読み込む

本体[PDF:] 政策評価|消費者庁

本体[PDF:] 政策評価|消費者庁

こうした中、行政刷新会議による規制仕分け(平成 23 年3月7日)による 議論を経て、 「規制・制度改革に係る方針」 (平成 23 年4月8日閣議決定)に おいて、 「貴金属等の買取業者による自宅への強引な訪問買取りに係る消費 保護のための法的措置について、被害実態の正確な把握に努めつつ、平成 23 年度中に検討 ・ 結論を得ること」 とされた。 消費は、 当該閣議決定を受け、 同年7月より学者、弁護士、消費団体、関係省庁で構成する「貴金属等の訪 問買取りに関する研究会」を開催し、検討を行った。その検討の結果、同年 12 月にまとめられた「貴金属等の訪問買取りに関する研究会 中間とりまと め」では、 「訪問買取業者の勧誘方法の適正化、売渡者(消費)と訪問買取 業者との契約の適正化、 売渡者 (消費) から契約の解除を申し出る場合の適 正なルールの設定等が望ましいところ、 このためには、 新たに法的措置を講じ ることが必要」とされた。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成27年度政策評価書[PDF: ] 政策評価|消費者庁

平成27年度政策評価書[PDF: ] 政策評価|消費者庁

http www caa go jp policies policy representation fair_labeling index html#public_information & 品表示法 連報遈 資料欄 掲載' 品表示法 基 法的措置件数 推移及び措置 件 概要 公表 http www caa go jp policies policy representation fair_labeling pdf premiums_ pdf

56 さらに読み込む

地方消費者行政の推進(地方協力課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

地方消費者行政の推進(地方協力課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

を通じた支援を行った。 21 年度においては、 「基金」の活用などにより、 37 箇所の消費 生活センターが新設されたほか、 304 名の消費生活相談員が新規配置、 増員されるなど、 「基金」を活用した消費行政の充実・強化の取組みが行われた。このような「基金」 事業などにおいて、地方公共団体が効果的・効率的に取組みを実施するよう、地方公共

5 さらに読み込む

食品表示対策の推進(食品表示課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

食品表示対策の推進(食品表示課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

平成 22 年8月 23 日に消費参与から意見聴取を行い、以下の通り意見があった。 ・ 研修会の実施や分かりやすいQ&Aの作成・配布等を通じて、 地方自治体におけるJ AS等の法執行の強化を図るべきである。 (池本誠司参与) ・ 食品表示に関する一元的な法体系の検討に当たっては、 個別課題への対応のプライオ

5 さらに読み込む

消費者の安全確保のための施策の推進(消費者安全課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

消費者の安全確保のための施策の推進(消費者安全課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

施策 消費の安全確保のための施策の推進 基本目標 消費安全法(生命・身体分野に関するものに限る)、消費生活用製品安全 法に基づき消費に寄せられた情報の適時適切な公表、 家庭用品の品質に 関する表示の適正化を通じ、消費の安全・安心の確保に努める。また、関 係行政機関の事故情報を一元化する「事故情報データバンク」を関係機関内 で運用開始し、事故情報解析の情報基盤を構築する。
さらに見せる

6 さらに読み込む

消費者の利益の擁護及び増進のための政策の企画・立案・推進(企画課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

消費者の利益の擁護及び増進のための政策の企画・立案・推進(企画課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

消費団体訴訟制度について 【平成 20 年4月 24 日 衆議院内閣委員会 参考人(野々山宏君)より抜粋】 消費団体訴訟制度がスタートして以降、事業消費団体との関係が非常に対等 なものになってきている、その中でより良い公正な取引が実現しているという実感を持 っております。消費団体訴訟制度は、まだ国民には十分にその存在が浸透しておりま せん。これは訴訟が少ないからだというふうに私は思っておりますけれども、取引の現 場におきましては着実に成果が上がっているというふうに実感しております。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成30年度概算要求政策評価調書 予算・決算・税制改正・機構定員|消費者庁

平成30年度概算要求政策評価調書 予算・決算・税制改正・機構定員|消費者庁

(8)消費取引対策の推進 (8)消費取引対策の推進 1-⑧ (9)消費表示対策の推進 (9)消費表示対策の推進 1-⑨ (10)食品表示の企画・立案・推進 (10)食品表示の企画・立案・推進 1-⑩ 注)1. 政策評価において使用している政策レベルの名称を記入すること。 2.

14 さらに読み込む

平成27年度概算要求政策評価調書 予算・決算・税制改正・機構定員|消費者庁

平成27年度概算要求政策評価調書 予算・決算・税制改正・機構定員|消費者庁

 本施策に係る目標は、景品表示法等の厳正な運用や普及啓発の取組を通じて、一般消費による自 主的かつ合理的な選択を阻害するような表示等を排除し、一般消費の利益を確保することにある。  各施策に係る定量的な成果としては、行政処分等の件数が挙げられるが、各施策の成果は、事案の規 模(対象商品・サービスに係る関係人の売上高や市場規模)、事案の将来性(対象商品・サービスが今度 どの程度成長するか)といった、個々の事案ごとにその程度が異なる事情に基づいて計測されるべきもの であり、引き続き景品表示法等の厳正な運用や普及啓発等の取組を続けていくことが重要である。  ①④⑤.景品表示法の運用について、平成25年度は、前年度に比して行政処分(措置命令)件数が増 加しているところであり、厳正な景品表示法の運用が行われた。また、前年度に引き続き、景品表示法説 明会に積極的に講師派遣を行い、同法の普及・啓発を実施するとともに、公正取引協議会への活動への 講師派遣も行い、公正競争規約の積極的な活用、円滑な運用を促進する取組が実施された。
さらに見せる

53 さらに読み込む

消費者表示対策の推進(表示対策課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

消費者表示対策の推進(表示対策課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

1 年9か 月 以 内(548~639日) 1 0 3 0 0 (2)目標の達成状況の分析 ① 必要性 消費が適正な選択を行える意思決定環境を創出・確保する観点から、商品又はサ ービスの品質等の内容や価格等の取引条件について誤認を与えることにより消費の 適正な選択を妨げる不当表示に対して、景品表示法に基づいて厳正・迅速に対処する ことは必要不可欠である。また、消費が適正な選択を行える意思決定環境を効果的 に創出・確保する観点からは、商品又はサービスの選択に関する国民のニーズに対応 した法運用を行うことが重要である。
さらに見せる

7 さらに読み込む

政策評価基本計画(平成25年度~平成29年度)[PDF:] 政策評価|消費者庁

政策評価基本計画(平成25年度~平成29年度)[PDF:] 政策評価|消費者庁

11 その他政策評価の実施に関し必要な事項 (1)評価方法の改善について 消費の所掌事務については、未だ政策評価手法が十分に確立していない分野が多い ことから、今後、総務課を中心に、評価手法等の調査研究を進めるとともに、政策評価を担当 する人材の養成のための研修、その他必要な方策を講じ ることにより、政策評価手法等の改 善を図っていくものとする。また、政策評価手法等について国民から寄せられた意見・要望に ついても、その改善に積極的に活用するものとする。
さらに見せる

7 さらに読み込む

消費者の利益の擁護及び増進のための政策の調整(政策調整課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

消費者の利益の擁護及び増進のための政策の調整(政策調整課)[PDF:] 政策評価|消費者庁

件数が急増している消費トラブル事案等について、国民に対して注意喚起を行うとと もに、関係省庁の対応が必要と考えられる事案については、その都度、関係省庁に対し てしかるべき対応をとるよう要請した。要請先において具体的な対応策を検討中の事案 を含め、要請内容の実施状況についてのフォローアップが今後の課題となっている。 関係省庁との政策調整において、文書等のやりとりに加えて、敢えて「会議」を開催
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...