年度中間期事業別業績(

Top PDF 年度中間期事業別業績(:

CONTENTS Ⅰ. 中間決算概要及び通期の見通し 事業概要 P 年度中間期業績 P.5 セグメント別中間期業績 P.6 財政状況 P.7 キャッシュフロー計算書 P.8 有利子負債及び棚卸資産 P 年度通期見通し P.10 セグメント別通期見通し P.11 設備 研究

CONTENTS Ⅰ. 中間決算概要及び通期の見通し 事業概要 P 年度中間期業績 P.5 セグメント別中間期業績 P.6 財政状況 P.7 キャッシュフロー計算書 P.8 有利子負債及び棚卸資産 P 年度通期見通し P.10 セグメント別通期見通し P.11 設備 研究

売 上 高 : 10, 000百 万 円 / 営 業 利 益 : 250百 万 円 ◆ デジタル一眼レフカメラへの対応モデルの充実。(9月欧州フォトキナで発表予定) ◆ OEM事業の体制強化。 写真関連事業

23 さらに読み込む

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

本コースは開発体制をさらに強化し、ショーワ製品の性能を高めるとともに、将来技術の開発を目的に建設し、第一工事にて 直線路、旋回路、特殊路を完成させ、第二工事としてヨーロッパ・アメリカの郊外路面を模したワインディング路の建設を 予定しております。また、当社製品の性能コンセプトである「究極の気持ち良さと楽しさ」を高い水準で短期間に開発し、さらに、 将来の自動運転社会に対応できるサスペンション、ステアリング技術開発をクローズドコースの中で集中的に開発することを 狙いとして、今後は本コースを積極的に活用し、二輪車・四輪車向け製品の開発をさらに強化していきます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間 自 平成25年4月 1 日 至 平成25年9月30日 営業活動によるキャッシュ・フロー 12,657 12,486 投資活動によるキャッシュ・フロー △2,847 △4,122 財務活動によるキャッシュ・フロー △8,494 △7,166 現金及び現金同等物に係る換算差額 △171 554 現金及び現金同等物の増減額 1,144 1,751 現金及び現金同等物の期首残高 20,618 20,691 新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額 ― 1,046 連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額 △119 ― 現金及び現金同等物の四半期末残高 21,643 23,489
さらに見せる

12 さらに読み込む

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

 株主の皆さまには、平素は格別のご支援を賜り厚くお礼申し上げます。  第107中間(平成26年4月1日から平成26年9月30日まで)の業績をとりまとめ ましたので、ご報告申し上げます。  当中間における売上高は、二輪車用製品、四輪車用製品およびステアリング製品の 販売が減少し、前年同期に比べ減収となりました。利益につきましては、売上変動構成 変化、労務費および研究開発費の増加などにより、営業利益と経常利益は前年同期に 比べ減益となり、四半期純利益は、前年同期において事業所再編費用および製品保証 引当金繰入額を特別損失として計上したため、前年同期に比べ増益となりました。  当社の取り組みとしましては、二輪車用製品では、更なる軽量化を図り、路面の 凹凸の 吸収性を改善し乗り心地の 向上を実現させ た新機構ショックアブソー バ 「SFF-Air」を開発・上市しました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

 株主の皆さまには、平素は格別のご支援を賜り厚くお礼申し上げます。  第109中間(2016年4月1日から2016年9月30日まで)の業績をとりまとめ ましたので、ご報告申し上げます。  当中間における売上収益は、ステアリング製品の販売は増加したものの、為替 換算の影響による減少により、前年同期に比べ減収となりました。利益につきましては、 当社グループにおいて生産したガススプリング製品の一部における不具合に伴う製品 保証引当金繰入額を前連結会計年度に計上しましたが、得意先における無償交換の 対象の増加が見込まれ、追加で製品保証引当金繰入額等を計上したため、営業利益、 税引前四半期利益及び 親会社の 所有者に帰属する四半期利益は、前年同期に比べ 減益となりました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目次 年度実績 年度業績予想 主要決算数値 P4~5 当期の業績予想 P17 連結損益計算書 P6 セグメント別売上高 営業利益予想 P18 金融収支 有利子負債残高 P7 事業別売上高 営業利益予想 P19~21 特別損益 P8 3. 参考資料 事業別業績推移 P2

目次 年度実績 年度業績予想 主要決算数値 P4~5 当期の業績予想 P17 連結損益計算書 P6 セグメント別売上高 営業利益予想 P18 金融収支 有利子負債残高 P7 事業別売上高 営業利益予想 P19~21 特別損益 P8 3. 参考資料 事業別業績推移 P2

・欧州における自動車関連ビジネスの拡大に向け、旭化成 ヨーロッパ機能樹脂テクニカルセンターを開設。(2月) ・中国藍星(集団)股份有限公司と変性PPE(ポリフェニレン エーテル)樹脂「ザイロン」およびその原料であるPPEモノ マー、ポリマーを一貫して中国国内で製造・販売する共同 事業化に向けた合弁契約を締結。(2月)

40 さらに読み込む

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

 株主の皆さまには、平素より格別のご支援を賜り厚くお礼申し上げます。  第104中間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)の業績を とりまとめましたので、ご報告申し上げます。  当中間における売上高は、東日本大震災の影響による得意先の生産調整等に より、減収となりました。また、利益につきましては、生産体質の強化や徹底した 費用削減等の継続展開をしてまいりましたが、震災による減収および為替換算等の 影響を受け、減少しました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

◆ その他の地域  中国では、市場が好調に推移し、四輪車用部品の 販売が増加し、増収となりました。インドでは、パワー ステアリングの販売の増加により、増収となりました。  この結果、自動車用部品事業の売上高は、888億 7千8百万円(前年同期比36.6%減)となり、営業損失 は、43億7千6百万円(前年同期は営業利益36億9千 5百万円)となりました。

12 さらに読み込む

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

 生産基盤の再構築におきましては、浅羽工場への2輪車事業の集約およびボート事業の 移管が完了し、名古屋以西の得意先向け四輪車用ショックアブソーバの生産ラインの名古屋 工場への移管が年内に完了する見通しであります。収益性の改善につきましては、内外作 戦略の見直しと実施、原価低減活動の継続展開をしてまいりました。次期11次中期3ヶ年 への布石につきましては、成長するアジア二輪車市場におけるタイムリーな製品開発を 目的として、平成22年10月にタイ購買センター内に2輪開発拠点の設置をいたしました。  再構築された生産体制は、収益性の改善に向けた事業運営の効率化、将来を見据えた 企業体質の強化に向け、これからのショーワを築くための第一歩であるということを念頭に 置き事業展開してまいります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間業績 株主通信(事業報告書) | SHOWA CORPORATION 株式会社ショーワ

中間 自 平成24年4月 1 日 至 平成24年9月30日 営業活動によるキャッシュ・フロー 3,304 12,657 投資活動によるキャッシュ・フロー 417 △2,847 財務活動によるキャッシュ・フロー 1,907 △8,494 現金及び現金同等物に係る換算差額 △303 △171 現金及び現金同等物の増減額 5,325 1,144 現金及び現金同等物の期首残高 12,846 20,618 連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額 − △119 現金及び現金同等物の四半期末残高 18,172 21,643

12 さらに読み込む

2002年2月期 中間事業報告書

2002年2月期 中間事業報告書

■eコマース事業 将来を見据えた取り組みの 1 つであります e コマース事業につきましては、 決済サービス分野の強化としてクレジットカード決済機能の「イオンレジ」 に銀行振込、宅配代引きなどの決済機能を追加し、総合決済サービスの機 能向上を行いました。また、クレジットカードのスピード発行サービスは、 月間 3,000 件の申し込みをいただき順調に拡大をしております。さらにカ ード発行手続きの簡略化目指し、三和銀行、ジャパンネット銀行のネット 支店の口座をお持ちの方が口座振替契約をインターネット上で完了できる ようにいたしました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2005年3月期中間事業報告書

2005年3月期中間事業報告書

このような経営環境のもと、NRI グループでは引き続き 営業活動および事業基盤の強化に努めました。顧客との信 頼関係を一層強固なものとするため重要顧客に対して提案 活動を強化するアカウントマネジメント活動を推進し、保 険、銀行業・ノンバンクおよび流通業・サービス業を重点 分野と位置付け、既存顧客の深耕ならびに新規顧客開拓を 図るとともに大型アウトソーシング受託に向けた営業活動 をおこなっています。またセキュリティの強化および業務 の効率化を目的に、9 月に丸の内総合センターを開設し本 社を大手町から丸の内に移転しました。さらに CSR(企業 の社会的責任)に対する取組みを推進するため、10 月に CSR 推進室を設置しました。なお、7 月に石油製品販売業 向け情報サービス専門会社である NRI ガーデンネットワー ク株式会社を設立しました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

第20期中間説明会プレゼン(2)事業

第20期中間説明会プレゼン(2)事業

  目先の出荷は順調であるが、台数の安定的な増加のためには、高機能を生 かしたコンテンツの立ち上がりが必要。 • 連結子会社の管理 2004年中間までで、米国子会社を除いて黒字化を達成した。米国につい   ては、既存案件の拡張と、それに応じたコストコントロールの徹底が

24 さらに読み込む

kddi ar2016 j11 2016年3月期のセグメント別業績ハイライト・セグメント別活動報告

kddi ar2016 j11 2016年3月期のセグメント別業績ハイライト・セグメント別活動報告

※3  保管データが損失・破壊とならないことを示す値であり、100%と本数 値の差分が1年間にデータ消失する確率を示すものです 新興国における通信事業の推進  ミャンマー通信事業においては、携帯電話基地局の増 設や運用体制の増強、お客さま動線を踏まえたエリア展 開などのネットワーク品質向上に加え、地方拠点も含め たブランドショップの拡大やコールセンターのシステム 化、コンテンツポータルサイトの開設など、お客さま接 点の強化に取り組んできました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

.06平成20年7月期 中間期(連結・個別)業績予想の修正に関するお知らせ IR(適時開示)リリース | 株式会社フルスピード

.06平成20年7月期 中間期(連結・個別)業績予想の修正に関するお知らせ IR(適時開示)リリース | 株式会社フルスピード

(U RL ht t p: / / w w w . f ul l s peed. c o. j p/ ) 平成 20 年7月中間(連結・個別)業績予想の修正に関するお知らせ 平成 19 年9月 12 日に公表いたしました平成 20 年7月中間(平成 19 年8月 1 日∼平成 20 年1月 31 日) の業績予想について、 下記のとおり修正いたしましたのでお知らせいたします。

2 さらに読み込む

当事業年度の業績

当事業年度の業績

従業員500名体制の早期達成 平成28年9月: 首都圏: 113名(+50)、3PL事業: 46名(+25)、介護事業:32名(+16) 平成28年9月末時点で、当社グループの従業員数が511名となっております。 今後も、成長分野へ更に人材を投下する必要があり、これからも必要な人材に ついては積極的に採用する方針であります。

20 さらに読み込む

第89期 中間事業報告書

第89期 中間事業報告書

重点地域である中南米では、本年1月、エクアドルにおけ る大型権益を取得したほか、ベネズエラ石油㈱とサンビ・グ エレ石油㈱を合併し、ベネズエラにおける操業の一層の効率 化を図っております。もうひとつの重点地域である北アフリ カでは、本年6月にエジプトのスエズ湾中部と西部砂漠にお いて2つの探鉱鉱区の落札に成功したほか、7月にはリビア の首都・トリポリに 事務所を開設し、リ ビアでの石油探鉱開 発事業への参画を目 指した取り組みを強 化しています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

中間事業報告-88期.indd

中間事業報告-88期.indd

 売上高につきましては、建設事業55,353百万円に不動産事業1,507百万円を加えた 56,861百万円(前年同四半期比11.5%減)となりました。利益面につきましては、 営業利益は3,309百万円(前年同四半期比18.0%減)、経常利益は3,996百万円(前年 同四半期比10.0%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は2,425百万円(前年同 四半期比28.8%減)となりました。

14 さらに読み込む

CONTENTS 2006 年 3 月期中間決算報告 T& G の事業戦略 2006 年 3 月期中間決算概要 1 1 結婚関連市場の魅力とビジネスチャンス 年 3 月期中間決算概要 2 2 挙式披露宴事業拡大戦略 年 3 月期中間期のポイント 3 結婚関連事業拡大戦

CONTENTS 2006 年 3 月期中間決算報告 T& G の事業戦略 2006 年 3 月期中間決算概要 1 1 結婚関連市場の魅力とビジネスチャンス 年 3 月期中間決算概要 2 2 挙式披露宴事業拡大戦略 年 3 月期中間期のポイント 3 結婚関連事業拡大戦

・2006年3月 中間で は、計画通り 9 会場を 新設。前中間期末と 比較して 19 会場の 増設。 ・稼働率向上によ り、取扱組数増加率は会場増設率を 上回った 。 ※3 上記売上高には、挙式・挙式披露宴当日の売上以外に、結婚式後の追加売上高(写真の 焼増し等)が 含まれ て おりま す。 ※1 組数には、挙式の みの 組数が 2005年3月 中間には 13組 、 2006年3月 中間は 3組 含まれ て います。 (現在、挙式の みの 販売は終了) ※2 稼働率の算出方法:対象期間中の取扱組数÷(対象期間中の 土日祝日数×会場数×2(当社の 最大回転数))
さらに見せる

28 さらに読み込む

年度決算概況 財務数値 セグメント別実績 通信事業 スマートライフ領域 年度業績予想等

年度決算概況 財務数値 セグメント別実績 通信事業 スマートライフ領域 年度業績予想等

8. 当社グループの提供する商品・サービスの不適切な使用等により、当社グループの信頼性・企業イメージに悪影響を与える社会的問題が発生し得ること 9. 当社グループまたは業務委託先等における個人情報を含む業務上の機密情報の不適切な取り扱い等により、当社グループの信頼性・企業イメージの低下等が発生し得 ること 10. 当社グループ等が事業遂行上必要とする知的財産権等の権利につき当該権利の保有者よりライセンス等を受けられず、その結果、特定の技術、商品またはサービスの提 供ができなくなったり、当社グループが他者の知的財産権等の権利の侵害を理由に損害賠償責任等を負う可能性があること、また、当社グループが保有する知的財産権 等の権利が不正に使用され、本来得られるライセンス収入が減少したり、競争上の優位性をもたらすことができない可能性があること
さらに見せる

31 さらに読み込む

Show all 10000 documents...