平.1有価証券および短期金融市場商品 評価

Top PDF 平.1有価証券および短期金融市場商品 評価:

上場有価証券等に係る金融商品取引契約の概要当社における上場有価証券等の売買等については 以下によります 取引所金融商品市場又は外国金融商品市場の売買立会による市場への委託注文の媒介 取次ぎ又は代理 当社が自己で直接の相手方となる売買 上場有価証券等の売買等の媒介 取次ぎ又は代理 上場有価証券等の募集

上場有価証券等に係る金融商品取引契約の概要当社における上場有価証券等の売買等については 以下によります 取引所金融商品市場又は外国金融商品市場の売買立会による市場への委託注文の媒介 取次ぎ又は代理 当社が自己で直接の相手方となる売買 上場有価証券等の売買等の媒介 取次ぎ又は代理 上場有価証券等の募集

・外国証券の売買、償還等にあたり、円貨と外貨を交換する際には、外国為替市場の動 向をふまえて当社が決定した為替レートによるものとします。 上場有価証券等のお取引にあたってのリスクについて ・上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、 商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券 等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、再生可能エネルギー発電設 備、公共施設等運営権、商品、カバードワラント等(以下「裏付け資産」 (※3) といい
さらに見せる

6 さらに読み込む

個別注記表 ( 重要な会計方針に係る事項に関する注記 ) 1. 資産の評価基準及び評価方法 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法子会社株式及び関連会社株式 移動平均法による原価法を採用しております その他有価証券時価のあるもの 期末日の市場価格等に基づく時価法 ( 評価差額は全部純資産直入法により

個別注記表 ( 重要な会計方針に係る事項に関する注記 ) 1. 資産の評価基準及び評価方法 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法子会社株式及び関連会社株式 移動平均法による原価法を採用しております その他有価証券時価のあるもの 期末日の市場価格等に基づく時価法 ( 評価差額は全部純資産直入法により

  建設仮勘定 673,148,717 株主資本 8,402,002,435   工具、器具及び備品 63,358,136   その他 12,940,000   土地 2,318,457,040 負債合計 11,401,966,951   機械及び装置 977,627,303   退職給付引当金 186,766,215   車両運搬具 21,333,724   役員退職慰労引当金 203,958,000   建物 2,180,863,107   長期借入金 1,878,489,000   構築物 34,687,426   リース債務 26,122,320 固定資産 9,744,926,149   その他 86,506,802  有形固定資産 6,303,019,453 固定負債 2,308,275,535   その他 238,499,548   未払消費税等 148,082,300   貸倒引当金 △25,000,000   賞与引当金 145,030,000   原材料及び貯蔵品 226,519,372   未払金 310,476,147   繰延税金資産 97,567,739   未払法人税等 296,696,400   商品及び製品 679,138,457    1年内返済予定の長期借入金 689,558,000   仕掛品 168,571,938   リース債務 8,967,420   売掛金 5,431,442,045   電子記録債務 2,563,901,249   電子記録債権 228,061,458   短期借入金 1,887,000,000   現金及び預金 1,403,063,542   支払手形 1,273,736,053   受取手形 1,715,203,373   買掛金 1,683,737,045
さらに見せる

6 さらに読み込む

(2) 金融商品取引法に基づく有価証券や金融商品の勧誘および販売 サービスの案内を行うため (3) 犯罪収益移転防止法に基づくご本人さまの確認等や 金融商品やサービスをご利用いただく資格等の確認のため (4) 預金取引や融資取引等における期日管理等 継続的なお取引における管理のため (5) お客さま

(2) 金融商品取引法に基づく有価証券や金融商品の勧誘および販売 サービスの案内を行うため (3) 犯罪収益移転防止法に基づくご本人さまの確認等や 金融商品やサービスをご利用いただく資格等の確認のため (4) 預金取引や融資取引等における期日管理等 継続的なお取引における管理のため (5) お客さま

申込人等は、本申し込みおよび本取引にかかる情報を含む申込人等に関する下記情報が、保証会社に おける本申し込みの受付、資格確認、与信取引上の判断、保証の審査、保証の決定、保証取引の継続的 な管理、保証基準の見直し、加盟する個人信用情報機関への提供、法令等や契約上の権利の行使や義務 の履行、市場調査等研究開発、取引上必要な各種郵便物の送付、金融商品やサービスの各種ご提案、そ の他申込人等との取引が適切かつ円滑に履行されるために必要な範囲で、銀行より保証会社に提供され ることに同意します。
さらに見せる

9 さらに読み込む

金銭 有価証券の預託 記帳及び振替 関する契 の 説明 書面 金融商品取引法第 条 規定 渡 書面 あ 読 い 不明 点 取引開始前 確認 い 当社 客 有価証券 売買等 必要 金銭及び有価証券 預 法令 従 当社 財産 分別 保管 い 券面 発行 い有価証券 い 法令 従 当社 財産 分別 記帳及

金銭 有価証券の預託 記帳及び振替 関する契 の 説明 書面 金融商品取引法第 条 規定 渡 書面 あ 読 い 不明 点 取引開始前 確認 い 当社 客 有価証券 売買等 必要 金銭及び有価証券 預 法令 従 当社 財産 分別 保管 い 券面 発行 い有価証券 い 法令 従 当社 財産 分別 記帳及

新規R いい 取引 行 い 上 や留意点 記載 い あ 読 い 不明 点 取引開始前 確認 い ○ 新規R 取引 主 募集又 売出 取扱い等 行い ○ 新規R 不動産等 投資 設立 法人 あ 投資法人 不動産 等 保有 運用 収益 賃料収入や売却益 投資家 分配 金融商品 金融 商品取引所 上場後 不動産市場 変動 金利水準 変化や株式相場等 変動

31 さらに読み込む

金融商品仲介の重要事項 ( ソニー銀行 ) ソニーバンクが金融商品仲介でご案内する有価証券は 元本保証および利回り保証のいずれもありません お取り引きの際には 必ず以下の内容および サービスサイト上の 契約締結前交付書面 をご確認のうえ ご自身で投資判断を行っていただきますよう お願いいたします (

金融商品仲介の重要事項 ( ソニー銀行 ) ソニーバンクが金融商品仲介でご案内する有価証券は 元本保証および利回り保証のいずれもありません お取り引きの際には 必ず以下の内容および サービスサイト上の 契約締結前交付書面 をご確認のうえ ご自身で投資判断を行っていただきますよう お願いいたします (

マザーズ(Mothers「Market of the high-growth and emerging stocks」)とは、1999 年 11 月に、東京証券取引所があらたに 開設した市場です。高い成長が期待される事業やあらたな技術・発想に基づく事業を行う成長可能性を秘めた企業に資金調達の 機会を与えるとともに、投資家にあらたな投資物件を提供することを目的にしています。 マザーズでは、東証一部・二部市場のように設立経過年数や利益の額などの基準は設けられていませんので、設立後間もない企 業や財務基盤の発展途上にある企業の上場も可能となっています。その一方で、法定開示に加えて、四半期業績の開示や年二回 以上の会社説明会の開催が義務づけられています。既存の上場会社より高いディスクロージャーを要求し、透明性の確保にも配 慮がなされています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

EDINET 提出書類 メディシノバ インク (E0595 有価証券報告書 表紙 提出書類 根拠条文 提出先 提出日 有価証券報告書金融商品取引法第 24 条 1 項関東財務局長 2018 年 6 月 11 日 事業年度 2017 年度 ( 自 2017 年 1 月 1 日至 2017 年 12 月

EDINET 提出書類 メディシノバ インク (E0595 有価証券報告書 表紙 提出書類 根拠条文 提出先 提出日 有価証券報告書金融商品取引法第 24 条 1 項関東財務局長 2018 年 6 月 11 日 事業年度 2017 年度 ( 自 2017 年 1 月 1 日至 2017 年 12 月

す。MN-001(タイペルカスト)は、NASを大幅に改善させました(p<0.01)。MN-001(タイペルカスト)は、当該動物モデル において、肝細胞障害(p<0.01)及びballooning(肝実質細胞の死)(p<0.01)を阻害し、NASHの病状を改善させました。 MN-001(タイペルカスト)は、同時に、肝臓における一定の遺伝子発現を減少させることが確認され、MN-001(タイペルカス ト)がNASHモデルにおいて線維化の形成を減少させることが示されました。当社は、進行型NASH治療薬としての臨床的有効性 を評価するためMN-001(タイペルカスト)の2番目の前臨床試験を完了しました。同試験は、NASHのマウスモデルを対象とした MN-001(タイペルカスト)の最初の前臨床試験に対し、NASHのより進行期のマウスを用いています。MN-001(タイペルカス ト)は、進行型NASHのマウスモデルにおいて、NASHを抑える効果や線維化を抑える効果を示しました。MN-001(タイペルカス ト)の治療群におけるNAFLD活動スコア(NAS)は、非治療群に対し大幅に減少しました(p<0.001)。肝細胞の風船様腫大ス コア(p<0.001)、肝葉炎症巣スコア(p<0.01)及び脂肪化スコア(p<0.05)等のすべてのNAS構成要素において、一貫して 減少が認められました。また、MN-001(タイペルカスト)の治療群において、肝臓の線維化が減少しました(p<0.01)。さら に、MN-001(タイペルカスト)の治療群において、α-SMAの染色部分が大幅に減少しました(p<0.001)。総じて、これらの 結果により、ヒトのNASHの治療にはMN-001(タイペルカスト)のさらなる治験・評価が必要であるという有力な証拠が提示さ れました。当社は、FDAに対しINDを提出し、FDAから、米国におけるNASHを適応としたMN-001(タイペルカスト)に関する2つ の異なるフェーズ2臨床治験のプロトコルについて承認を取得しました。当社は、NASH患者及びNAFLD患者における高中性脂肪 血症の治療薬としてのMN-001(タイペルカスト)を評価するためのフェーズ2臨床治験を開始し、2018年4月、本臨床治験の中 間解析において、中性脂肪値を有意に減少させる効果が確認されましたので、本治験を早期終了することを決定しました。ま た、国際肝臓会議/第53回欧州連行肝臓研究会年次総会で、MN-001のNASH/NAFLDを適応とするフェーズ2臨床治験の中間分析結 果に関するポジティブなデータの発表を行いました。2015年4月、当社は、FDAから、線維化を伴ったNASH患者の治療薬として のMN-001(タイペルカスト)に対しファストトラックの指定承認を受けました。
さらに見せる

156 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 (E0264 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2019 年 3 月 27 日 事業年度 第 51 期 ( 自 2018 年 1 月 1 日至

表紙 EDINET 提出書類 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 (E0264 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2019 年 3 月 27 日 事業年度 第 51 期 ( 自 2018 年 1 月 1 日至

ITソリューションでは、さまざまなSI案件において綿密な作業工数管理を行い、不採算案件の発生防止に努めて おります。しかしながら、顧客からの仕様の追加・変更の要望や顧客との仕様・進捗に関する認識の不一致等によ り、多大な追加工数が発生した場合、業績に影響を及ぼす可能性があります。 レンズ交換式デジタルカメラは、一眼レフカメラからミラーレスカメラへの市場の移行が加速しつつあるため、 レンズ交換式デジタルカメラの市場が縮小する懸念があります。一方、インクジェットプリンターは、年賀状の減 少等によるプリントボリュームの低下に伴い、インクジェットプリンター本体及びインクカートリッジの売上減少 が加速する可能性があります。
さらに見せる

100 さらに読み込む

平成 26 年 4 月 1 日から第 203 期 ( 平成 27 年 3 月 31 日まで ) 計算書類の注記 記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております 重要な会計方針 1. 商品有価証券の評価基準及び評価方法商品有価証券の評価は 時価法 ( 売却原価は主として移動平均法により算定 ) によ

平成 26 年 4 月 1 日から第 203 期 ( 平成 27 年 3 月 31 日まで ) 計算書類の注記 記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております 重要な会計方針 1. 商品有価証券の評価基準及び評価方法商品有価証券の評価は 時価法 ( 売却原価は主として移動平均法により算定 ) によ

  「所得税法等の一部を改正する法律」 (平成27年法律第9号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年 4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率等の引下げが行われることとなりました。これに伴い、繰 延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の35%から、平成27年4月1日に開始す る連結会計年度に解消が見込まれる一時差異等については32.5%に、平成28年4月1日に開始する連結会計 年度以降に解消が見込まれる一時差異等については32%となります。この税率変更により、繰延税金資産は9 百万円減少し、繰延税金負債は928百万円減少し、その他有価証券評価差額金は1,167百万円増加し、繰延ヘ ッジ損益は125百万円減少し、退職給付に係る調整累計額は49百万円増加し、法人税等調整額は171百万円 増加しております。再評価に係る繰延税金負債は133百万円減少し、土地再評価差額金は同額増加しておりま す。
さらに見せる

24 さらに読み込む

第 109 期 ( 平成 23 年 4 月 1 日から平成 24 年 3 月 31 日まで ) 個別注記表 ( 注 ) 記載金額は 百万円未満を切り捨てて表示しております 重要な会計方針 1. 商品有価証券の評価基準及び評価方法商品有価証券の評価は 時価法 ( 売却原価は移動平均法により算定 ) に

第 109 期 ( 平成 23 年 4 月 1 日から平成 24 年 3 月 31 日まで ) 個別注記表 ( 注 ) 記載金額は 百万円未満を切り捨てて表示しております 重要な会計方針 1. 商品有価証券の評価基準及び評価方法商品有価証券の評価は 時価法 ( 売却原価は移動平均法により算定 ) に

 6.引当金の計上基準   (1) 貸倒引当金  貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。  破産、特別清算等法的に経営破綻の事実が発生している先に係る債権及びそれと同等の状況にある先の 債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額 を計上しております。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認め られる先の債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除 し、その残額のうち、必要と認める額を計上しております。上記以外の債権については、一定の種類毎に 分類し、過去の一定期間における貸倒実績から算出した貸倒実績率等に基づき計上しております。  すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立 した資産監査部署が査定結果を監査しており、その査定結果に基づいて上記の引当を行っております。   (2) 退職給付引当金
さらに見せる

31 さらに読み込む

注記事項 ( 貸借対照表関係 ) 2017 年度 (2018 年 3 月 31 日現在 ) 1. 有価証券 ( 現金及び預貯金 買入金銭債権のうち有価証券に準じるもの及び金銭の信託において信託財産として運用している有価証券を含む ) の評価は 売買目的有価証券については3 月末日の市場価格等に基づく

注記事項 ( 貸借対照表関係 ) 2017 年度 (2018 年 3 月 31 日現在 ) 1. 有価証券 ( 現金及び預貯金 買入金銭債権のうち有価証券に準じるもの及び金銭の信託において信託財産として運用している有価証券を含む ) の評価は 売買目的有価証券については3 月末日の市場価格等に基づく

注記事項 (貸借対照表関係) 2017年度(2018年3月31日現在) 1. 有価証券(現金及び預貯金・買入金銭債権のうち有価証券に準じるもの及び金銭の信託において信託財産として 運用している有価証券を含む)の評価は、売買目的有価証券については3月末日の市場価格等に基づく時価法(売 却原価の算定は移動平均法)、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、業種別監 査委員会報告第21号「保険業における「責任準備金対応債券」に関する当面の会計上及び監査上の取扱い」( 成12年11月16日 日本公認会計士協会)に基づく責任準備金対応債券については移動平均法による償却原価 法(定額法)、子会社株式及び関連会社株式(保険業法第2条第12項に規定する子会社および保険業法施行令第 13条の5の2第3項に規定する子法人等のうち子会社を除いたものならびに同条第4項に規定する関連法人等が 発行する株式をいう)については移動平均法による原価法、その他有価証券で時価のあるもののうち株式について は3月中の市場価格等の平均、それ以外(信託財産として運用している有価証券を含む)については3月末日の市場 価格等に基づく時価法(売却原価の算定は移動平均法)、時価を把握することが極めて困難と認められるものにつ いては取得差額が金利調整差額と認められる公社債(外国債券を含む)については移動平均法による償却原価法(定 額法)、それ以外の有価証券については移動平均法による原価法によっております。なお、その他有価証券評価 差額については、全部純資産直入法により処理しております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

注記事項 ( 中間貸借対照表関係 ) 年度中間会計期間末 1. 有価証券 ( 現金及び預貯金 買入金銭債権のうち有価証券に準じるもの及び金銭の信託において信託財産として運用している有価証券を含む ) の評価は 売買目的有価証券については9 月末日の市場価格等に基づく時価法 ( 売却原

注記事項 ( 中間貸借対照表関係 ) 年度中間会計期間末 1. 有価証券 ( 現金及び預貯金 買入金銭債権のうち有価証券に準じるもの及び金銭の信託において信託財産として運用している有価証券を含む ) の評価は 売買目的有価証券については9 月末日の市場価格等に基づく時価法 ( 売却原

注記事項 (中間貸借対照表関係) 2 0 1 8 年 度 中 間 会 計 期 間 末 1. 有価証券(現金及び預貯金・買入金銭債権のうち有価証券に準じるもの及び金銭の信託において信託財産として 運用している有価証券を含む)の評価は、売買目的有価証券については9月末日の市場価格等に基づく時価法(売 却原価の算定は移動平均法)、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、業種別監 査委員会報告第21号「保険業における「責任準備金対応債券」に関する当面の会計上及び監査上の取扱い」( 成12年11月16日 日本公認会計士協会)に基づく責任準備金対応債券については移動平均法による償却原価 法(定額法)、子会社株式及び関連会社株式(保険業法第2条第12項に規定する子会社および保険業法施行令第 13条の5の2第3項に規定する子法人等のうち子会社を除いたものならびに同条第4項に規定する関連法人等が 発行する株式をいう)については移動平均法による原価法、その他有価証券で時価のあるもののうち株式について は9月中の市場価格等の平均、それ以外(信託財産として運用している有価証券を含む)については9月末日の市 場価格等に基づく時価法(売却原価の算定は移動平均法)、時価を把握することが極めて困難と認められるものに ついては取得差額が金利調整差額と認められる公社債(外国債券を含む)については移動平均法による償却原価法 (定額法)、それ以外の有価証券については移動平均法による原価法によっております。なお、その他有価証券評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
さらに見せる

9 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 寺崎電気産業株式会社 (E0176 訂正有価証券報告書 提出書類 根拠条文 提出先 提出日 有価証券報告書の訂正報告書金融商品取引法第 24 条の2 第 1 項近畿財務局長平成 30 年 9 月 21 日 事業年度 第 38 期 ( 自平成 29 年 4 月 1 日至平

表紙 EDINET 提出書類 寺崎電気産業株式会社 (E0176 訂正有価証券報告書 提出書類 根拠条文 提出先 提出日 有価証券報告書の訂正報告書金融商品取引法第 24 条の2 第 1 項近畿財務局長平成 30 年 9 月 21 日 事業年度 第 38 期 ( 自平成 29 年 4 月 1 日至平

 監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査 法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務 諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に 際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。 また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
さらに見せる

23 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 株式会社クリエイト SD ホールディングス (E2160 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 8 月 24 日 事業年度 第 23 期 ( 自 2019 年 6 月 1 日

表紙 EDINET 提出書類 株式会社クリエイト SD ホールディングス (E2160 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 8 月 24 日 事業年度 第 23 期 ( 自 2019 年 6 月 1 日

当社グループは重要な店舗資産を有しており、市場価額の著しい下落又は収益性の悪化により、回収可能価額 が帳簿価額を下回った資産グループについては、回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損 失に計上しております。回収可能価額の算定にあたっては、決算時点で入手可能な情報や資料に基づき合理的に 判断しておりますが、新型コロナウイルスの影響により、サプライチェーンの停滞による商品供給の遅延リスク や、国内での個人消費低迷などが想定以上に長期化した場合など、将来の不確実な経済条件の変動等により、利 益計画の見直しが必要となった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において追加の減損損失が発生する可 能性があります。
さらに見せる

88 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 株式会社ゼンショーホールディングス (E0329 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 6 月 29 日 事業年度 第 38 期 ( 自 2019 年 4 月 1 日至 20

表紙 EDINET 提出書類 株式会社ゼンショーホールディングス (E0329 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 6 月 29 日 事業年度 第 38 期 ( 自 2019 年 4 月 1 日至 20

・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及 び関連する注記事項の妥当性を評価する。 ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結 論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に 注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外 事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
さらに見せる

127 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 わらべや日洋ホールディングス株式会社 (E0049 有価証券報告書 提出書類 根拠条文 提出先 提出日 有価証券報告書金融商品取引法第 24 条第 1 項関東財務局長 2020 年 5 月 29 日 事業年度 第 56 期 ( 自 2019 年 3 月 1 日至 202

表紙 EDINET 提出書類 わらべや日洋ホールディングス株式会社 (E0049 有価証券報告書 提出書類 根拠条文 提出先 提出日 有価証券報告書金融商品取引法第 24 条第 1 項関東財務局長 2020 年 5 月 29 日 事業年度 第 56 期 ( 自 2019 年 3 月 1 日至 202

 指名・報酬諮問諮問委員会は、代表取締役社長、人事担当取締役および監査等委員である社外取締役2名により 構成され、取締役会の諮問に応じて、取締役(監査等委員である取締役を除く。)候補者の指名および報酬ならび に監査等委員である取締役候補者の指名について審議・検証を行い、結果を取締役会に答申しております。2020年 2月期については、固定報酬について2019年5月24日、業績連動報酬について2020年2月26日にそれぞれ指名・報 酬諮問委員会を開催し、委員4名全員の出席による審議・検証により、取締役会に答申を行いました。指名・報酬 諮問委員会の答申を受けて、固定報酬については2019年5月24日開催の取締役会において、業績連動報酬について は2020年5月28日開催の取締役会においてそれぞれ決定しております。
さらに見せる

92 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 株式会社ネットマーケティング (E3174 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 9 月 29 日 事業年度 第 16 期 ( 自 2019 年 7 月 1 日至 2020

表紙 EDINET 提出書類 株式会社ネットマーケティング (E3174 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 9 月 29 日 事業年度 第 16 期 ( 自 2019 年 7 月 1 日至 2020

①競合について 当社が属するアフィリエイト広告業界には複数の競合企業が存在し、非常に厳しい競争関係にありますが、 セールスレップの立ち位置でアフィリエイトエージェントに特化し、長年のノウハウの蓄積により差別化を図 ることで、市場での認知を得ております。しかしながら、競争が激化し、さらなる価格競争等に巻き込まれた 場合には利益率の悪化やアフィリエイトエージェントサービスそのものが衰退する可能性もあります。また、 アフィリエイトエージェントサービスは新規の参入障壁が比較的高くないサービスであることから、豊富な資 金力を有する企業が新規に参入し、当該会社が運営する関連事業等との連携で新たな付加価値を生み出す可能 性があります。このような場合には、当社の事業展開及び業績に重要な影響を及ぼす可能性があります。 ②利益率の悪化
さらに見せる

78 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 株式会社 SYS ホールディングス (E3323 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 東海財務局長 提出日 2020 年 10 月 29 日 事業年度 第 7 期 ( 自 2019 年 8 月 1 日至 20

表紙 EDINET 提出書類 株式会社 SYS ホールディングス (E3323 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 東海財務局長 提出日 2020 年 10 月 29 日 事業年度 第 7 期 ( 自 2019 年 8 月 1 日至 20

企業買収案件の検討にあたっては、当社グループの事業ノウハウが活かせる、又は既存事業との相乗効果を発 揮でき企業グループの価値向上に寄与できるかの検討と、デューデリジェンス等の機会を通じて、事業構造や契 約関係、財務内容等を精査することでリスク及び回収可能性を事前に十分に検討・評価した上で、投融資の判断 を行っております。しかしながら、企業買収後に従業員の離散等による企業価値の逓減、未認識債務、訴訟、法 的規制等の未認識リスクが顕在化した場合、又は、外的要因や当社グループの事業ノウハウが十分活かせず、改 革が進行しない等の理由により投融資時の目論見どおりに事業計画が進行せず、投融資額が回収できないと判断 された場合には、のれん及び固定資産の減損、貸倒引当金が計上されること等により当社グループの事業活動及 び財務状況、業績に影響を及ぼす可能性があります。
さらに見せる

88 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 株式会社きずなホールディングス (E3549 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 8 月 31 日 事業年度 第 3 期 ( 自 2019 年 6 月 1 日至 2020

表紙 EDINET 提出書類 株式会社きずなホールディングス (E3549 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 8 月 31 日 事業年度 第 3 期 ( 自 2019 年 6 月 1 日至 2020

(3) 【監査の状況】 ①監査役監査の状況 当社グループの監査役は、常勤監査役1名、非常勤監査役2名の計3名全員が社外監査役で構成されており、取締役 会その他の重要な会議に出席するほか、必要に応じて役職員に対して報告を求め、取締役の職務執行に関して厳正 な監査を行っております。監査役については、監査体制の中立性・独立性を確保するため、取締役の職務執行を客 観的な立場から監査し、公正な視点で意見形成ができる人材を選任しております。監査役会は、監査の方針その他 監査に関する重要事項の協議・決定及び監査意見の形成・表明を行っております。監査役は、会計監査人から監査 計画、監査実施状況の報告を受けるほか、当社の内部監査部門である内部監査室から内部監査結果の報告及び各種 規程の遵守状況のモニタリング結果等の内部統制の状況に関する報告を受けるなど、会計監査人及び内部監査室と 連携して監査を進めております。
さらに見せる

122 さらに読み込む

表紙 EDINET 提出書類 株式会社ムゲンエステート (E3064 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 3 月 24 日 事業年度 第 30 期 ( 自 2019 年 1 月 1 日至 2019 年

表紙 EDINET 提出書類 株式会社ムゲンエステート (E3064 有価証券報告書 提出書類 有価証券報告書 根拠条文 金融商品取引法第 24 条第 1 項 提出先 関東財務局長 提出日 2020 年 3 月 24 日 事業年度 第 30 期 ( 自 2019 年 1 月 1 日至 2019 年

このような事業環境下におきまして、当社グループは主力事業である不動産売買事業において、期初から継続し ている長期在庫物件を中心に販売価格の見直しや稼働率向上による投資利回りの改善、物件販売を促進するための 販売体制強化及び在庫の入れ替えを実施するなど、販売改善に努めてまいりました。しかしながら、郊外物件の需 要減少や不動産価格の高止まり等による投資家の物件の選別が厳しくなったこと、金融機関による個人投資家への 融資厳格化が継続して影響していること及び仕入・販売における同業他社との競争が激化していること等の影響か ら、投資用不動産の販売は、大型物件や個人投資家を中心に販売していた投資用区分物件の販売が低迷しました。 また、居住用不動産の販売に関しても、仕入・販売ともに同業他社との競合状況が激化した影響により販売が低迷 しました。一方、不動産賃貸事業に関しては、保有する投資用不動産や固定資産及び新規に取得した物件の稼働率 向上や賃料の見直しに注力した結果、不動産賃貸収入は順調に推移しました。
さらに見せる

99 さらに読み込む

商品分類および属性区分表 当ファンドの商品分類および属性区分は以下のとおりです 単位型 追加型 追加型 投資対象地域 海外 商品分類 投資対象資産 ( 収益の源泉 ) その他資産 ( 商品先物 ) 補足区分投資対象資産決算頻度 インデックス型 その他資産 ( 投資信託証券含む有価証券 ) 属性区分

商品分類および属性区分表 当ファンドの商品分類および属性区分は以下のとおりです 単位型 追加型 追加型 投資対象地域 海外 商品分類 投資対象資産 ( 収益の源泉 ) その他資産 ( 商品先物 ) 補足区分投資対象資産決算頻度 インデックス型 その他資産 ( 投資信託証券含む有価証券 ) 属性区分

所得税および地方税 譲渡所得として課税 換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)に対して 20.315% ※上記は平成 29年12月末現在のものです。 ※少額投資非課税制度「愛称 :NISA(ニーサ)」をご利用の場合、毎年、年間120万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託な どから生じる配当所得および譲渡所得が 5年間非課税となります。ご利用になれるのは、満20歳以上の方で、販売会社で非課税 口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...