平成16年台風21号による国道42号での災害 (紀北町)

Top PDF 平成16年台風21号による国道42号での災害 (紀北町):

平成30年台風第21号について

平成30年台風第21号について

関西国際空港は、高潮による浸水空港内電源設備や物流施設が被災し、連絡橋へタンカー衝突 により外部と交通が遮断された。これら施設復旧には一定期間を要するとされており、物流と旅客 へ影響が生じている。そのため各メーカーは、輸出入拠点を成田や中部に変更し対応している。 しかし、関西圏は、台風襲来前日から鉄道各社が計画的な運休を発表していたこと、商業施設も台風 襲来当日閉店を決めていたことなどから外出を控えた人が多く、人的な被害を一定抑制できたものと考え る。企業も当日自宅待機や在宅勤務活用を明確に示していた。台風風水害においても、常に人命安 全が最優先されるべきあり、各社取られた措置は防災上有効あったと考える。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成28年台風第10号による被害状況等について

平成28年台風第10号による被害状況等について

・主な1時間降水量(アメダス観測値) 高知県 安芸郡馬路村 魚梁瀬 85.5 ミリ 29 日 4 時 15 分まで 高知県 安芸郡田野 田野 82.5 ミリ 29 日 3 時 58 分まで 岩手県 久慈市 下戸鎖 80.0 ミリ 30 日 18 時 35 分まで 岩手県 宮古市 宮古 80.0 ミリ 30 日 17 時 52 分まで 東京都 三宅村 三宅島 80.0 ミリ 28 日 2 時 54 分まで 岩手県 下閉伊郡岩泉 岩泉 70.5 ミリ 30 日 18 時 21 分まで 北海道 伊達市 大滝 70.0 ミリ 30 日 22 時 29 分まで 高知県 安芸市 安芸 62.0 ミリ 29 日 3 時 59 分まで 高知県 香美市 繁藤 60.5 ミリ 29 日 2 時 41 分まで 東京都 三宅村 三宅坪田 59.5 ミリ 28 日 1 時 47 分まで
さらに見せる

34 さらに読み込む

平成28年台風第10号による被害状況等について

平成28年台風第10号による被害状況等について

台風第10影響、岩手県宮古市、久慈市1時間に80ミリ猛烈な雨となったほ か、28日0時から今日31日6時までに北海道上士幌平年8月一ヶ月に降る雨量 を超える329ミリを観測し記録的な大雨となるなど、東北地方から北海道地方を中心に 西日本から北日本にかけて広い範囲大雨となった。また、最大瞬間風速が岩手県宮古 市37.7メートル、北海道せたな36.5メートルなど東日本から北日本は暴 風となり、海は猛烈なしけとなった所があった。
さらに見せる

34 さらに読み込む

平成28年台風第10号による被害状況等について

平成28年台風第10号による被害状況等について

・9 月 14 日付 被災によって、診療録が滅失した場合等により概算請求が行われた場 合における保険者間費用負担按分方法等について事務連絡を発出。 (イ)被災した要介護高齢者等へ対応について ・8 月 31 日付、北海道(管内市町村も含む。 )及び岩手県(管内市町村も含む。 )に 対して、今般台風により被災した要介護高齢者等について、特別な対応(被災し、 利用者負担をすることが困難な者について、利用者負担減免ができることや、介護 保険施設等災害による定員超過利用が認められていることなど)について周知 し、特段配慮を要請。また、北海道及び岩手県宛発出文書について、各都道府県に 対して、周知。
さらに見せる

48 さらに読み込む

目 次 土砂災害発生状況等 土砂災害発生状況 人命を奪う土砂災害 頻発する集中豪雨 平成 16 年は10 個の台風が上陸 平成 17 年台風 14 号による九州地方の総雨量 平成 18 年 7 月豪雨の状況 砂防予算について 市町村合併と防災対策の課題 過疎化と防災対策の課題 土砂災害警戒避難ガイド

目 次 土砂災害発生状況等 土砂災害発生状況 人命を奪う土砂災害 頻発する集中豪雨 平成 16 年は10 個の台風が上陸 平成 17 年台風 14 号による九州地方の総雨量 平成 18 年 7 月豪雨の状況 砂防予算について 市町村合併と防災対策の課題 過疎化と防災対策の課題 土砂災害警戒避難ガイド

(情報収集・伝達)                     事例(宮崎県椎葉村) ・停電にも強い、情報収集伝達手段多重化(衛星携帯電話等整備)充実を図る必要がある。 ・事前避難等に関する指導を行い、早期に自主避難できるように周知・啓発する必要がある。 ・停電にも強い、情報収集伝達手段多重化(衛星携帯電話等整備)充実を図る必要がある。 ・事前避難等に関する指導を行い、早期に自主避難できるように周知・啓発する必要がある。
さらに見せる

23 さらに読み込む

平成28年台風第10号による被害状況等について

平成28年台風第10号による被害状況等について

<岩手県>(物的被害 19 件、人的被害 1 件。 ) ・岩泉において、老人保健施設 2 階付近まで浸水報告 1 件あり。 (入所者及 び職員は 3 階に避難し、防災ヘリによる施設屋上から移送を実施済。 ) ・また、認知症高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(上記老健施設と同一敷地。同 一法人が運営)において、利用者 9 人(男性 2 人、女性 7 人。年齢 70 歳代~90 歳代。)遺体が確認された。上流から一気に水が流れ込み、被害につながった ものあり、引き続き、現地入りしている厚生労働省老健局職員 2 名及び厚生局 職員 1 名が岩手県と連携して被害状況等確認を実施中。
さらに見せる

47 さらに読み込む

平成28年台風第11号及び第9号による被害状況等について

平成28年台風第11号及び第9号による被害状況等について

○北日本や東日本は、これまで大雨により地盤が緩み土砂災害危険度が高くなってい る所や、既に増水している河川は、土砂災害、低い土地浸水、河川増水や氾濫に厳重 に警戒。落雷や竜巻など激しい突風、高潮に注意。 (2) 大雨等状況(8 月 20 日 0 時~8 月 23 日 15 時) ・主な1時間降水量(アメダス観測値)

27 さらに読み込む

平成 28 年 10 月 21 日 平成 28 年 8 月北海道暴風雨及び豪雨 ( 台風第 7 号等 ) に係る災害査定の実施について ( お知らせ ) 平成 28 年 8 月北海道暴風雨及び豪雨 ( 台風第 7 号等 ) により甚大な被害が発生した北海道内の地方公共団体が管理する公共土木施設及び農

平成 28 年 10 月 21 日 平成 28 年 8 月北海道暴風雨及び豪雨 ( 台風第 7 号等 ) に係る災害査定の実施について ( お知らせ ) 平成 28 年 8 月北海道暴風雨及び豪雨 ( 台風第 7 号等 ) により甚大な被害が発生した北海道内の地方公共団体が管理する公共土木施設及び農

なお、今回災害査定について、別紙4とおり、現地取材が可能となるよう公開いたします。 平成288月北海道暴風雨及び豪雨(台風第7等)により甚大な 被害が発生した北海道内地方公共団体が管理する公共土木施設及び農 地・農業用施設早期復旧に向けて災害査定を実施しますので、お知ら せします。

9 さらに読み込む

京都大学防災研究所年報第 57 号 B 平成 26 年 6 月 Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No. 57 B, 年台風 18 号による淀川流域の洪水災害の外力評価 requency Analysis of Rain

京都大学防災研究所年報第 57 号 B 平成 26 年 6 月 Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No. 57 B, 年台風 18 号による淀川流域の洪水災害の外力評価 requency Analysis of Rain

られるわけもない.一般に,瀬戸内地域同様大雨 が降らない地域と認識されやすい.しかしながら, 淀川流域彦根は18969月に日雨量596.9mm豪雨 琵琶湖水位が3mも上昇し大災害となっている (国土交通省,2014;気象庁,2014a).それ以降2013 まで記録最大は195.8mmあり,1896記録 は普段3倍以上ある.Fig.14に示すように, 1894から120年間記録これを除いたプロット はほぼグンベル分布にしたがい,1896記録が極 端なアウトライヤーになっているがわかる.気象 庁(2014b)によれば,我が国日雨量上位20位中第 4位に,豪雨有名な地域に混じって小豆島内海 790mm記録が見える.淀川流域も瀬戸内地域も 決して大規模豪雨を免れる訳はないことがわか る.地点毎,地域毎記録に基づく頻度解析は, 短期間故に見えていないものがあるかもしれない. 地理的条件および地形的条件が複雑な我が国はあ るが大きな気象スケールと比べると我が国土は狭 い.場所毎に別々に扱うはなく,広い領域を対 象に時空間的な極大値発生状況を捉えるような研 究が必要ある.
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成28年台風第10号による被害状況等について

平成28年台風第10号による被害状況等について

台風第10影響、岩手県宮古市、久慈市1時間に80.0ミリ猛烈な雨とな ったほか、岩手県久慈市30日14時まで24時間に平年8月一ヶ月に降る雨を 超える231.0ミリを観測し記録的な大雨となるなど、東北地方から北海道地方を中 心に西日本から北日本にかけて広い範囲大雨となった。また、最大瞬間風速が岩手 県宮古市37.7メートル、北海道せたな36.5メートルなど東日本から北日 本は暴風となり、海は猛烈なしけとなったところがあった。
さらに見せる

23 さらに読み込む

平成28年台風第10号による被害状況等について

平成28年台風第10号による被害状況等について

<風・波>東北地方太平洋側は、うねりを伴い猛烈なしけとなっている。台風接近 に伴い北日本は風が強まっており、30日夜遅くにかけて猛烈な風が吹き、海は 猛烈なしけが続く見込み。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒。 <高潮>東北地方太平洋側は、台風接近と満潮が重なって潮位が高くなっており、 今日30日夜はじめ頃にかけて引き続き警戒が必要。北海道地方は30日夜遅 くから明日31日未明にかけて潮位が高くなる見込み。大潮時期と重なるため、 高潮による浸水や冠水に厳重に警戒。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成28年台風第7号による被害状況等について

平成28年台風第7号による被害状況等について

⑵ 警察庁対応 ・警察庁は、管区警察局や都道府県警察と連絡体制を強化し、被害や対応状況等関連情 報収集を実施 ・関係県警察は、警備課長等を長とする災害警備連絡室等を設置し、関連情報収集を 実施するとともに、警戒態勢を確保。

8 さらに読み込む

平成28年台風第11号及び第9号による被害状況等について

平成28年台風第11号及び第9号による被害状況等について

・千葉県:約85,900件(旭市、いすみ市、一宮、市原市、印西市、大網白里市、 大多喜、御宿、勝浦市、香取市、鴨川市、木更津市、君津市、九十九里、 神崎佐倉市、山武市、酒々井、芝山、白子、白井市、匝瑳市、袖ケ浦市、 多古、千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市緑区、千葉市若葉区、長生村、 長南、東金市、東庄、富里市、長柄、成田市、南房総市睦沢、茂原市、 八街市、横芝光、四街道市)
さらに見せる

23 さらに読み込む

平成28年台風第11号及び第9号等に係る関係省庁災害対策会議及び平成28年台風第10号に係る関係省庁災害警戒会議資料について

平成28年台風第11号及び第9号等に係る関係省庁災害対策会議及び平成28年台風第10号に係る関係省庁災害警戒会議資料について

○北海道森林管理局緊急自然災害災害対策本部会議(第1回)を開催(8月 23 日) ○「災害復旧事業における査定前着工積極的な活用について」通知を発出(8月 23 日) ○北海道森林管理局が本別においてドローンによる被害状況調査を実施(8月 24~25 日) ○北海道森林管理局が旭川・北見方面においてヘリコプターによる被害状況調査を実施

56 さらに読み込む

平成30年台風第21号(第2報)

平成30年台風第21号(第2報)

・地震による地盤緩みを考慮し、今後雨に伴う土砂災害に警戒するため土砂災害警 戒情報発表基準を引き下げて運用 通常基準7割:大阪府高槻市、枚方市、茨木市、箕面市 通常基準8割:秋田県大仙市、長野県栄村、大阪府豊中市、吹田市、寝屋川市、交 野市、島本、京都市(伏見区、西京区)、亀岡市、長岡京市、八 幡市、大山崎、島根県大田市、鹿児島県鹿児島市
さらに見せる

29 さらに読み込む

平成16年度 台風災害調査報告書(WEB).indd

平成16年度 台風災害調査報告書(WEB).indd

 これまで地域発生した災害等に対する香川大学組織的な取り組みとして、2つあげることが きる。1つは昭和519月7617台風集中豪雨による、香川県東部や小豆島地区被害調査 研究に当たった「小豆島災害調査研究班」(代表者圓藤学長、2班約40名)ある。もう1つは昭和 4912月に発生した重油流出による瀬戸内海汚染に対して、中国・四国地区国立9大学共同研究 班「重油流出による瀬戸内海東部海域生物環境変化に関する研究」へ香川大学8名参加ある。 今回台風災害調査団は、このような組織的な対応系譜として位置づけることができる。さらに、 平成1510月に旧香川大学と旧香川医科大学が統合して誕生した新生香川大学が、14調査班を学 部横断的に編成し学際的に調査研究したものあり、本報告書にはその証が明確に示されている。  「安心・安全な質高い生活できる国・地域」構築は、わが国が今後目指すべき国、そして 地域姿ある。少子高齢化や過疎化急激な進行、生活環境や社会システム変化などを受けて、 自然災害状況や災害対応策なども時代や社会変遷とともに動的に変貌するわけあり、地域 大学としてこれからも取り組むべき課題は多い。
さらに見せる

52 さらに読み込む

平成30年台風第21号(第1報)

平成30年台風第21号(第1報)

とさでん交通 駅前線 はりまや橋~高知駅前 四国旅客鉄道 徳島線 佃~佐古 四国旅客鉄道 牟岐線 徳島~海部 紀州鉄道 紀州鉄道線 全線 阿佐海岸鉄道 阿佐東線 海部~甲浦 四国旅客鉄道 予土線 若井~北宇和島 四国旅客鉄道 土讃線 琴平~窪川 四国旅客鉄道 高徳線 引田~徳島 四国旅客鉄道 鳴門線 池谷~鳴門 四国旅客鉄道 予讃線 伊予大洲~卯之 四国旅客鉄道 予讃線 向井原~内子 四国旅客鉄道 予讃線 伊予大洲~新谷 四国旅客鉄道 内子線 新谷~内子 東海旅客鉄道 名松線 全線 西日本旅客鉄道 紀勢線 新宮~和歌山市 西日本旅客鉄道 和歌山線 五条~和歌山
さらに見せる

19 さらに読み込む

平成28年台風第10号に係る関係省庁災害対策会議(第6回)及び平成28年台風第13号及び前線等による大雨に係る関係省庁災害対策会議資料について

平成28年台風第10号に係る関係省庁災害対策会議(第6回)及び平成28年台風第13号及び前線等による大雨に係る関係省庁災害対策会議資料について

<概況>台風第13は今日8日3時に東海道沖温帯低気圧に変わり、この低気圧は9日 にかけて北東進し、8日夜には福島県付近、明日9日は北日本沿岸を通過して夜には根 室半島付近に進む。 <雨>低気圧接近に伴い前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込ん大気状態が非常 に不安定となり、兵庫県養父市大屋1時間89.5ミリ、栃木県小山市小山1時間8 1.5ミリを観測するなど局地的に猛烈な雨が降った所がある。引き続き明日9日にかけ て、北日本から西日本広い範囲雷を伴った1時間50ミリ以上非常に激しい雨とな る所があり、大雨となる見込み。9日6時まで24時間に予想される降水量は、いずれ も多い所、関東甲信地方、近畿地方150ミリ、東北地方130ミリ、北海道地方、北 陸地方、東海地方100ミリ。明後日10日6時まで24時間に予想される降水量は、 北海道地方100ミリから150ミリ。
さらに見せる

114 さらに読み込む

2. 河川整備の現状と課題 2.1 治水の現状と課題 主な水害千種川における近年の代表的な出水に 昭和 49 年 7 月台風および集中豪雨 昭和 51 年 9 月台風 17 号および前線豪雨 平成 16 年 9 月台風 21 号によるものがある 表 は既往の代表的な出水 (

2. 河川整備の現状と課題 2.1 治水の現状と課題 主な水害千種川における近年の代表的な出水に 昭和 49 年 7 月台風および集中豪雨 昭和 51 年 9 月台風 17 号および前線豪雨 平成 16 年 9 月台風 21 号によるものがある 表 は既往の代表的な出水 (

【昭和519月 台風17】 ●気象概要 カロリン群島東部発生した台風 17 は北西に進み続け、8 日 9 時には沖縄南東海上に達 した。この頃から降雨が強くなり始めた。9 日になって沖縄東海上を北上、10 日には奄美大 島西をかすめ北上を続けたが、11 日朝から大陸高気圧が日本海方面に張り出してきた 台風は 11 日明け方まで 14 時間も鹿児島南西約 100km 海上停滞した。このため 西日本は大雨降りやすい気圧配置が続いたことになった。8 日から降り始めた大雨も 13 日 夕方になって弱まってきた。この期間総雨量は県中部・県南西部 100mm 以上、県南西沿 岸部 800mm 以上、家島は 1000mm 以上という記録的な量に達し災害が発生した。
さらに見せる

26 さらに読み込む

宮城県災害時気象資料平成 30 年台風第 24 号による暴風と大雨 ( 平成 30 年 9 月 29 日 ~10 月 1 日 ) 平成 30 年 10 月 3 日仙台管区気象台 < 概況 > 9 月 21 日 21 時にマリアナ諸島で発生した台風第 24 号は 25 日 00 時にはフィリピンの東で

宮城県災害時気象資料平成 30 年台風第 24 号による暴風と大雨 ( 平成 30 年 9 月 29 日 ~10 月 1 日 ) 平成 30 年 10 月 3 日仙台管区気象台 < 概況 > 9 月 21 日 21 時にマリアナ諸島で発生した台風第 24 号は 25 日 00 時にはフィリピンの東で

平成3010月3日 仙 台 管 区 気 象 台 <概況> 9月2121時にマリアナ諸島発生した台風第24は、25日00時にはフィリピン猛烈な 勢力となり、日本南を北上した。台風は29日には大型非常に強い勢力沖縄付近を経て北 東へ進み、30日20時頃に非常に強い勢力を維持したまま和歌山県田辺市付近に上陸した。その 後、台風は速度を速めながら中部地方から東北地方をとおって10月1日07時頃には三陸沖へ進み、 12時に日本温帯低気圧に変わった。
さらに見せる

31 さらに読み込む

Show all 10000 documents...