定例会について

Top PDF 定例会について:

平井一臣「奄美の市町村合併について」-第10回定例研究会報告

平井一臣「奄美の市町村合併について」-第10回定例研究会報告

奄美ニューズレター N0.152005年2月号 この段階では,離島地域や県境地域に関して は,合併についての種々の障壁が存在し,ま た,合併のみを視野に入れるのではなく,広 域連合等の他の自治体間連携についても考慮 する必要'性が指摘されていた。しかしながら, 県の要綱では,そうした離島地域や県境地域 への特殊事'盾に対する記述は簡略なものと なった。また,要綱が示した[r]

3 さらに読み込む

第55回「地域の会」定例会資料

第55回「地域の会」定例会資料

・12月12日 発電所構内における仮設の小型変圧器からの発煙について 午後 4 時 36 分頃、当所1号機サービス建屋地下1階(非管理区域)にお いて火災報知器が発報したことから、午後 4 時 39 分頃、消防署へ通報い たしました。直ちに現場を確認したところ、ケーブルの地下連絡通路内 (周辺防護区域外)でのコンクリート補修作業で使用していた照明・電 動工具用の仮設の小型変圧器(約 25cm×約 24cm×高さ約 18cm)から発 煙し、その煙が1号機サービス建屋地下1階に流れ込んだものと判明し ました。直ちに、現場作業員が消火器により初期消火を行いました。そ の後、消防署の現場確認により、午後 5 時 23 分に鎮火が確認されました。 なお、作業員にケガはなく、これによる外部への放射能の影響はありま せん。
さらに見せる

38 さらに読み込む

鶴見区自治連合会3月定例会結果報告

鶴見区自治連合会3月定例会結果報告

(4)申 込: 1 月23日より下記連絡先に電話かFAX(510-1897 鶴見区障害支援担当)にて ◎問合わせ先 鶴見区役所 高齢・障害支援課 TEL 510-1847 鶴見区精神障害者生活支援センター TEL 576-3174 4 平成 30 年度 鶴見区明るい選挙 啓発標語コンクール受賞作品の掲示について【掲示板】 選挙に対する意識啓発のため、「平成 30 年度鶴見区明るい選挙啓発標語コンクール」の受賞 作品の掲示板への掲出依頼がありました。(詳細は、送付資料参照)
さらに見せる

5 さらに読み込む

亀山市教育委員会1月定例会会議録

亀山市教育委員会1月定例会会議録

生涯学習計画と比較すると、基本目標と記載させていただいて いますが、教育に関する基本方針を示すものですので、学校教育 ビジョンにつきましては、このまま基本施策と読み替えていただ いても、この後、施策を進める各事業がここに入ってまいります ので、大きな違いではなかろうかと思っています。従前から学校 教育ビジョンにおきましては、基本目標というふうに使っており ます。実際のところ、策定委員としては、基本目標5項目を受 け、それぞれの事業についても考えてはいるのですが、まだ、現 状はここまでということで留まっています。2つ目にご質問いた だきました進捗に関わっての成果指標やどのように進めていくか というような計画については、この後の基本目標に沿ったそれぞ れの方針等を定めたうえで、基本目標ごとに総じた指標を作成し ようと考えているところです。この後、基本方針、基本施策、各 事業が定まってからでないと定められないというのが今の実状で す。
さらに見せる

12 さらに読み込む

①H26.9(定例会)-表紙

①H26.9(定例会)-表紙

次に、農業の振興でありますけれども、宮古伊良部地区のかんがい排水事業に関する事業、平成31年度 の事業完了を目指して、今急ピッチで工事が進められております。質問いたしました約63ヘクタールの農 地、当然農業振興地域内の農振農用地として指定を受け、国営の受益に組み入れていくと、編入していく という作業がありますけれども、そういった一連の手続を終えた後に農業用水が通水されると思っており ますけれどもですね、この水の確保については、今現在伊良部地区ではため池24カ所あると思いますけれ ども、なかなか漏水しているため池が多くて、順調に今集水ができていないというのが現状であろうと思 っております。伊良部大橋が1月31日に開通をすると。その後、この大橋を通って宮古島から飲料水も送 水されることになっておりますが、今現在伊良部地区では飲料水を島のほうで確保しております。水源の 井戸が10カ所あって、うち9カ所を今使用しているようですが、1カ所については機器の基板の故障によ ってとめてあるという報告を受けておりますけれども、この9カ所の今の水源についてはですね、多分大 橋から飲料水が送水されますと、その時期が平成27年の大体七、八月ごろだと聞いておりますけれども、 その後、平成27年度中は並行して井戸も予備水源として持っておく必要があるというふうに思っておりま すけれども、それ以降、送水が軌道に乗って、順調にいっているという確認がされれば、特に今の伊良部 で使っている飲料水用の水源である井戸の活用はなくなってくるんではないかと思っております。したが って、この井戸を活用してですね、足らない部分の22万トンないし二十三、四万トンの水の確保をしたら どうかということでありますけれども、これはあくまでも私の個人的な考えでありますのでですね、まず それにかかる、用水にかかる費用、コストと、それから10アール当たり今農業用水の使用料は1,500円であ りますから、そういったもろもろの設備を整備する費用など勘案をして、検討されてみてはどうかという ふうに考えております。ぜひそういったことについてもですね、試算をしていただいて、安い水が伊良部 地域の住民の皆さんにもですね、農業用水として利用できるように努めていただきたいというふうに思っ ております。これ一つの私の意見でありますから、検討に値するということであれば、ぜひ検討をお願い したいというふうに思っております。
さらに見せる

406 さらに読み込む

6月定例教育委員会会議録

6月定例教育委員会会議録

お手元の資料の最後のところ、10ページ、11ページでお示し しましたように、中学校については県教委が進めております3つの 提言 の推 進と いう の が ござ いま す。 一つ 目 は 組織 的に 授業 改善 を 図っていくということ。二つ目は、中学校は教科担任制であります ので、教科の先生方の横の連携というのが必要ですので、二人以上 の学校については、その校内で研究を進めることも可能ですが、教 科担任が一人しかいない8校については、近隣の学校と一緒に教科 部会を行い、授業改善について研究するなどして横の連携を進めて いくこと。三つ目として、「生徒とともにつくる授業」として、子 どもたちが主体的に授業に参加できる取組を進めること。このよう な取組により、徐々に成果が表れてくるのではないかと考えていま す。
さらに見せる

8 さらに読み込む

H15.12月定例会 ~ ~

H15.12月定例会 ~ ~

しかし、当時は小さな工事や補修工事はどうしても予算措置ができていないことや、早急な対応 ができず地元の要望とは裏腹に後回しや先送りになりがちでした。昭和40年以降は環境整備班の 活動で道路・水路の維持補修に対応してきたことが住民から非常に喜ばれておりました。環境整備 班の特徴としましては、早急な対応、簡易修理、応急措置が町民からたいへんに喜ばれました。道 路・水路のパトロールを実施して、特に大雨時等は危険個所の早期発見につながって、災害の未然 防止に役立ってきました。タイヤブル、バックホー、溶接機、コンクリートブレーカー、ダンプカー 等を所持しているため、一般土木工事と水路工事の対応ができます。現在、30年来のコンクリー ト構造物は劣化が激しく、40年から50年になると強度等も著しく落ち、維持補修個所も数多く 見られます。旧白根町の14年度実績を見ると、臨時職員2名で地区からの申請要望40件、緊急 要望20件、町の各課からの要請5件以上と、合計65件ほどの道路・水路の補修を実施しました。 また、合併後は10月から旧櫛形、若草、甲西、八田、芦安の舗装・穴埋めについて臨時職員2名 で全地区をパトロールし、陥没等の対応をしています。今後、このような維持管理は今よりも増え ることが予想されます。住民にとって身近な修理工事等の要請は住民と行政の接点であり、このよ うな行政のスタイルは新市に引き継ぐことで行政と市民の融和に大きな役割を果たすものと考えら れます。これらが全市への対応になりますと、現在の2名の臨時職員ではたいへん厳しくなると思 いますので、環境整備班の充実計画があるのか、市長、担当部長から前向きなご回答をお願いして 私の質問といたします。
さらに見せる

185 さらに読み込む

定例会 7月23日

定例会 7月23日

本協議の委員14名の一覧でございます。今回ご報告しております鈴鹿市教育委 員教育長、玉川教育長は、上から8人目に記載がございます。 なお、三重県いじめ問題対策連絡協議の会議につきましては、年2回の開催を 予定しておりまして、本年度第1回目の会議を9月14日(月)午後2時から開催 の予定をしております。

7 さらに読み込む

刈谷知立環境組合定例会

刈谷知立環境組合定例会

そして、また今回の改正には直接かかわりがないかもしれませんが、中身を深める上でお聞きし たいと思います。条例第6条から7条にかけて実施機関は個人情報収集、利用及び提供の制限につ いては、個人情報については目的外利用が明確に原則禁止となっています。しかし、個人の生命や 健康、生活または財産を保護するため、緊急かつやむを得ないと認めるときなどはこの限りではな いとなっています。財産を保護するということはどういう状況のことをいっているのか。また、本 人の同意を得るということは、困難な方というのはどのような方のことをいっているのか、お伺い します。よろしくお願いします。
さらに見せる

20 さらに読み込む

0001東伊豆町定例会■表紙

0001東伊豆町定例会■表紙

それで、いずれにしても私今度質問したのは、宿泊産業が衰えてくるということがあると、 どうしてもそこにいる従業員さん、それから町の仕入れ先、それから全体の住民に対するい ろんな形で波及してくるもの、そうなってくると実際に、町長、行政報告の中で言われたよ うに、例えば入湯税、入湯客が80万人が40万人になれば相当ひどい形で、来年の入湯税だけ じゃなくて旅館の売上げが減るわけですから、そうすると税収にも相当影響出てくるし、従 業員さんの関係のことがあります。そういう点で、私はいずれにしてもここの基幹産業、ほ かのところについても、冒頭言ったように民生の関係、住民の方についてのことも約3億の 関係の予算の中でいろんな配分して、配慮しております。しかし、一番町の財政というか、 経済を強くするためには、基幹産業を強くしていかなければいけないものですから、今、旅 館産業の皆さんは当座の借入金だとか、そういうものをして、それが何億、何十億、小さい ところでも何千万というような形があります。そういうことのものが従来からの産業だとか、 そういうものでまだたくさんあります。そういう点で、ここは火急のときですから、町を挙 げてそこの産業に力を加えていただいて、いろいろ助成をしていく、支援をしていくという ようなことが大事なわけですから、町も国・県にもお願いをして、第3次の補正予算につい ても十分確保していただいて、改めてまた宿泊産業等へ充実した予算の投入をお願いしたい というようなことで私の質問を終わります。
さらに見せる

173 さらに読み込む

定例研究会のテーマ(案)

定例研究会のテーマ(案)

第3バース 出所: 日本エネルギー経済研究所作成 (3) バース拡張計画 同港では 2005 年の取扱量を現有設備での年間取扱能力と同じ 200 万トンを計画している。将来に向けての拡 張計画としては、バースと貯炭場の拡張もしくは設備更新を検討している。バースと貯炭場の拡張計画では、第 1 バースの南側にバースと貯炭場を建設し、年間取扱能力を 500 万~600 万トンに計画である。この場合、第 1 バースと新設するバースを石炭専用として、第 2、第 3 バースでは他貨物の取扱う計画である。もう一つの計画 では港を拡張せず、回転式カーダンパー、融炭設備を設置すると共に老朽化しているクレーンをベルトコンベア に変更する計画を立てている。港での聴き取り調査では、設備の更新による能力の増強を先に行い、港の拡張に ついては今後の石炭取扱量に合わせて実施する方針とのことである。港の拡張工事については、港湾は連邦政府 の資産であるため許可が必要になるが、以前に多目的港としての拡張計画を申請したときに拡張工事の許可を得 ており、また資金的にも問題がないと Joint Stock Company, “Trade Port Posyet”の社長は語っている。
さらに見せる

18 さらに読み込む

定例会 11月17日

定例会 11月17日

教育長 校長で言っているのはいいのですが、校長から特別支援学校の先生方にきちんと 下ろしていただくようにして、そこで意見を集約したほうがいいと思います。属性な どは、つかまないということなので、ただ、身内だけでこういう議論をしていてもい けないと思います。件数が多いとか言っていても、現場の先生しか知らないことが、 ここにはいっぱい書いてあります。そのことについては、私たちとしては風通しの悪 い職場としか思えません。そういうことを普段から吸い上げていないという、こうい う意見は、ずっと普段から聞いておりますという話になってないわけではないですか。 一般県民や保護者の意見とは少し違うというのが、柏木委員が言われたのはそういう ところだと思います。意見が多ければいいという、それは確かにそうですが、身内同 士だけで自分も特別支援教育に携わっている者として、このように県に言うのなら、 自分たちはどうかという話がやはりあるので、高校入試がうんぬんとか、いろんなこ とがたくさん書いてありますが、あるいは、計画の策定に当事者がどれぐらい参画し ているのでしょうかなんて、これなら他人事じゃないですか。そこが今回の限られた 人たちだけで、やられているのではないかということを、うかがわせることだと思う ので、今後、特別支援学校の校長から、それぞれの学校へ落としていただいて、校 長を通じて、教職員であっても県民であることは間違いないですが、そこが風通しの 悪さという感じがするので、ぜひ心掛けてほしいと。最終案で、もう一度意見をいた だくのであれば。
さらに見せる

28 さらに読み込む

 清掃一部事務組合定例会(本文)

 清掃一部事務組合定例会(本文)

議案第15号は、葛飾清掃工場焼却炉補修及びその他整備工事請負契約 の締結についてで、工事の内容は、焼却炉本体などの定期補修工事及び同 工事にあわせて行いますボイラ設備等の整備工事でございます。契約の方 法は随意契約、契約金額は7億9,800万円、契約の相手方は、兵庫県 尼崎市金楽寺町二丁目2番33号、株式会社タクマ、代表取締役社長、加 藤隆昭、代理人、東京都中央区東日本橋一丁目1番7号、株式会社タクマ 東京支社、専務執行役員支社長、沼田謙悟でございます。
さらに見せる

23 さらに読み込む

 清掃一部事務組合定例会(本文)

 清掃一部事務組合定例会(本文)

西川管理者、どうぞ。 ○西川太一郎管理者 第3回定例の閉会に当たりまして、御礼の挨拶を申し上げま す。本定例に提出させていただきました議案につきまして、先生方の慎 重な御審議を賜り、いずれも原案どおり御可決を賜りました。誠にありが とうございました。本日の御決定に基づき、適正に事業執行を行ってまい りますとともに、御審議の中で賜りました御意見をしっかりと反映させ、 適正に管理、執行してまいる所存でございます。今後とも御指導 、御協力 を賜りますよう、お願い申し上げます。
さらに見せる

17 さらに読み込む

清掃一部事務組合定例会(目次)

清掃一部事務組合定例会(目次)

平成26年第4回東京二十三区清掃一部事務組合議会定例会議録 目 次 期日……………………………………………………………………………………… 1 場所……………………………………………………………………………………… 1 出席議員………………………………………………………………………………… 1 欠席議員………………………………………………………………………………… 1 出席説明員……………………………………………………………………………… 1 出席議会事務局職員…………………………………………………………………… 2 議事日程………………………………………………………………………………… 2 追加議事日程…………………………………………………………………………… 3 開会・開議……………………………………………………………………………… 4 会議録署名議員指名…………………………………………………………………… 4 副管理者挨拶(山﨑孝明副管理者)………………………………………………… 4 諸般の報告……………………………………………………………………………… 4 例月出納検査の結果の報告…………………………………………………………… 5 日程第 1 会期決定について……………………………………………………… 5 日程第 2 議案第22号 専決処分の承認を求めることについて …………… 5 提案理由説明(大久保一成総務部長)……………………………………………… 5
さらに見せる

16 さらに読み込む

第2回定例会 一般質問

第2回定例会 一般質問

4 奄美和光園の将来構想について (1)将来構想に対する現状の評価と土地利用も含めた今後の見通しは。 5 子どもの貧困対策について (1)平成 29 年 2 月に県が、 「かごしま子ども調査」としてアンケート調査を実施し、 検討すべき施策も示されているが、取組み状況はどうなっているか。

9 さらに読み込む

清掃一部事務組合定例会(本文)

清掃一部事務組合定例会(本文)

次に、最終処分場の今後についてのご質問でございました。将来の最終 処分場の用途につきましては、最終処分場の管理者でございます東京都が、 国が示した方針に基づいて、適切に対応することと思われます。 続いて、その埋め立てエリアの放射線量率についてのお尋ねでございま した。東京都が継続して測定をいたしまして、公表しております測定値に よりますと、清掃工場の焼却灰の埋め立てエリアの測定値は、一時間当た り0.10マイクロシーベルトから0.23マイクロシーベルトとなって おります。
さらに見せる

23 さらに読み込む

 清掃一部事務組合定例会(本文)

 清掃一部事務組合定例会(本文)

日程第 3 議案第24号 和解について ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ○高木秀隆議長 これらの案について、提案理由の説明を求めます。 ○大久保一成総務部長 それでは、議案第19号、議案第20号及び議案第24号に つきまして、提案理由及びその内容を一括してご説明申し上げます。 はじめに、議案第19号、東京二十三区清掃一部事務組合職員の給与に 関する条例の一部を改正する条例でございます。
さらに見せる

17 さらに読み込む

6月定例教育委員会会議録

6月定例教育委員会会議録

教 育 長 少し御説明させていただきます。 まず、学校評議員につきましては、学校に置くことができるとい うことで、必ずしも置かなくてはいけないということではございま せん。それに対しまして、学校運営協議は、平成29年4月の法 改正によりまして、置くことができるから、学校運営協議を置く ように努めなければならないというように努力義務化されました。 文科省は、このいずれを置くかということについては、学校を設 置する教育委員が地域の実情などに応じて選択することになると 示していますことから、学校運営協議の役員が学校評議員の役割 を果たすならば、コミュニティ・スクールにおいては学校評議員は 発展的に解消してもよいのではないかというように示しているとこ ろでございます。
さらに見せる

14 さらに読み込む

 清掃一部事務組合定例会(本文)

 清掃一部事務組合定例会(本文)

平成26年第2回東京二十三区清掃一部事務組合議会定例会議録 目 次 期日……………………………………………………………………………………… 1 場所……………………………………………………………………………………… 1 出席議員………………………………………………………………………………… 1 欠席議員………………………………………………………………………………… 1 出席説明員……………………………………………………………………………… 1 出席議会事務局職員…………………………………………………………………… 2 議事日程………………………………………………………………………………… 2 追加議事日程…………………………………………………………………………… 3 議員の異動……………………………………………………………………………… 4 開会・開議……………………………………………………………………………… 4 異動議員の議席の指定………………………………………………………………… 4 会議録署名議員指名…………………………………………………………………… 4 管理者挨拶(西川太一郎管理者)…………………………………………………… 4 諸般の報告……………………………………………………………………………… 5 例月出納検査の結果の報告…………………………………………………………… 6 日程第 1 会期決定について……………………………………………………… 6 休憩……………………………………………………………………………………… 6 再開……………………………………………………………………………………… 6 追加日程第 1 議長辞職許可について…………………………………………… 7 追加日程第 2 議長選挙…………………………………………………………… 8 休憩……………………………………………………………………………………… 9 再開……………………………………………………………………………………… 9
さらに見せる

29 さらに読み込む

Show all 10000 documents...