学術振興助成

Top PDF 学術振興助成:

独立行政法人日本学術振興会科研費電子申請システム研究者向け操作手引 ( 学術研究助成基金助成金 ) ( 交付内定時 決定後用 ) 第 3.1 版

独立行政法人日本学術振興会科研費電子申請システム研究者向け操作手引 ( 学術研究助成基金助成金 ) ( 交付内定時 決定後用 ) 第 3.1 版

[一つ前に戻る] 一つ前の画面に戻ります。 [一時保存] 入力した研究成果情報を保存して、一時的に作業を中断します。再 開するには、 「 2.12.3 再開」を参照してください。 [保存せずに戻る] 入力した研究成果情報を保存せずに、「課題管理(学術研究助成基 金助成金)」画面に戻ります。

39 Read more

文化芸術振興費補助金 平成 31 年度助成対象活動募集案内 映画製作への支援 助成金交付要望書の提出期間 P.9 を御確認ください 平成 3 0 年 9 月 独立行政法人日本芸術文化振興会

文化芸術振興費補助金 平成 31 年度助成対象活動募集案内 映画製作への支援 助成金交付要望書の提出期間 P.9 を御確認ください 平成 3 0 年 9 月 独立行政法人日本芸術文化振興会

(補助金等の返還の期限の延長等) 第九条 法第十八条第三項の規定による補助金等の返還の期限の延長又は返還の命令の全部若しくは一部の取消は、補助事業者 等の申請により行うものとする。 2 補助事業者等は、前項の申請をしようとする場合には、申請の内容を記載した書面に、当該補助事業等に係る間接補助金等 の交付又は融通の目的を達成するためとつた措置及び当該補助金等の返還を困難とする理由その他参考となるべき事項を記 載した書類を添えて、これを各省各庁の長(日本中央競馬会、国立研究開発法人情報通信研究機構、独立行政法人石油天然ガ ス・金属鉱物資源機構、独立行政法人農畜産業振興機構、独立行政法人国際協力機構、独立行政法人国際交流基金、国立研究 開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、独立行政法人中小企業基盤整備機構、独立行政法人日本学術振興会、独立行 政法人日本スポーツ振興センター、独立行政法人日本芸術文化振興会、独立行政法人福祉医療機構、独立行政法人鉄道建設・ 運輸施設整備支援機構、独立行政法人環境再生保全機構、独立行政法人日本学生支援機構又は国立研究開発法人医薬基盤・健 康・栄養研究所の補助金等に関しては、これらの理事長とし、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の補助金等に関して は、その機構長とする。次項(第十四条第二項において準用する場合を含む。)、第十三条第四号及び第五号並びに第十四条 第一項第二号において同じ。)に提出しなければならない。
Show more

76 Read more

平成 31 年度 (2019 年度 ) 科学研究費助成事業 募集要領 特別研究員奨励費 特別研究員 平成 31 年 (2019 年 )1 月 独立行政法人日本学術振興会 (

平成 31 年度 (2019 年度 ) 科学研究費助成事業 募集要領 特別研究員奨励費 特別研究員 平成 31 年 (2019 年 )1 月 独立行政法人日本学術振興会 (

科学研究費助成事業-科研費-科学研究費補助金 研究者使用ルール(補助条件)(平成30年度) <「特別研究員奨励費」(特別研究員)> 独立行政法人日本学術振興会(以下、「日本学術振興会」という。)から科学研究費助成事業 (科学研究費補助金(「特別研究員奨励費」))(以下「補助金」という。)の交付を受ける補 助事業者(研究代表者(日本学術振興会が実施する特別研究員事業により採用されている特別研 究員))が、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和30年法律第179号。以 下「適正化法」という。)及び独立行政法人日本学術振興会科学研究費助成事業(科学研究費補 助金)取扱要領(平成15年規程第17号。以下「取扱要領」という。)の規定により従うべき 補助条件は、次のとおりとする。
Show more

59 Read more

別冊 令和 2(2020) 年度 科学研究費助成事業 公募要領 奨励研究 ( 応募書類の様式 記入要領 ) 令和元 (2019) 年 9 月 1 日 独立行政法人日本学術振興会 (

別冊 令和 2(2020) 年度 科学研究費助成事業 公募要領 奨励研究 ( 応募書類の様式 記入要領 ) 令和元 (2019) 年 9 月 1 日 独立行政法人日本学術振興会 (

4 令和2(2020)年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(奨励研究)の 研究代表者情報変更願(様式U-31)----------------------------------------------22 5 在籍確認書類(様式)---------------------------------------------------------------24 ※ 公募要領については、次の本会のホームページからダウンロードすることができます。 URL: https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/11_shourei/download.html

28 Read more

日本学術振興会国際共同研究事業ドイツとの国際共同研究プログラム (JRPs-LEAD with DFG) 平成 30 年度 (2018 年度 ) 分募集要項 平成 30 年 4 月独立行政法人日本学術振興会 1. 趣旨 独立行政法人日本学術振興会 (Japan Society for the Pro

日本学術振興会国際共同研究事業ドイツとの国際共同研究プログラム (JRPs-LEAD with DFG) 平成 30 年度 (2018 年度 ) 分募集要項 平成 30 年 4 月独立行政法人日本学術振興会 1. 趣旨 独立行政法人日本学術振興会 (Japan Society for the Pro

ただし、所属機関において、研究環境(研究室・設備・人員)の整備等を含め、本事業を責任を持 って遂行できると判断する場合には、常勤でない研究者(科学研究費助成事業の応募資格は必要)で も可能です。 なお、研究代表者は共同研究の遂行に関して、全ての責任を持つ研究者であり、重要な役割を担っ ています。従って、採択期間中に退職等により申請資格を喪失し、その責任を果たせなくなることが 見込まれる場合、研究代表者となることは避けてください。
Show more

18 Read more

助成事業  成果報告書作成要領・様式 | 公益財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団

助成事業 成果報告書作成要領・様式 | 公益財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団

【事業目的】 本財団は粉体工学に関する基礎研究およびそれに携わる研究者の国際交流、 研究者の 育成等に対する助成・援助を通じて、 わが国の学術研究の発展に寄与することを目的と する公益法人であります。

3 Read more

います 2 多数用いられる用語等 次のとおり要約して表記しています 科学研究費補助金 及び 学術研究助成基金助成金 科研費 科学研究費補助金 科研費 ( 補助金分 ) 学術研究助成基金助成金 科研費 ( 基金分 ) 研究者使用ルール ( 補助条件又は交付条件 ) 研究者使用ルール 科学研究費助成事業

います 2 多数用いられる用語等 次のとおり要約して表記しています 科学研究費補助金 及び 学術研究助成基金助成金 科研費 科学研究費補助金 科研費 ( 補助金分 ) 学術研究助成基金助成金 科研費 ( 基金分 ) 研究者使用ルール ( 補助条件又は交付条件 ) 研究者使用ルール 科学研究費助成事業

争的資金制度とは設備の取扱いが異なっています。他の競争的資金制度で合算が認められ、また 科研費による研究に支障が生じないようであれば可能です。 なお、「複数の研究費制度による共用設備の購入について(合算使用)」(http://www.mext.go.jp/a_ menu/shinkou/torikumi/1337578.htm)で示されているとおり、文部科学省、独立行政法人科学技術 振興機構(以下、「JST」という。)及び日本学術振興会が所管する競争的資金制度のうち、以下の表 に記載のある制度については、複数制度の研究費の合算による共用設備の購入が可能です。ただ し、JSTが「企業等」に区分する機関(「ア 国立大学法人、公立大学、私立大学等の学校法人」、「イ 国公立研究機関、公設試験研究機関、独立行政法人等の公的研究機関」、「ウ 公益法人等の公的 性格を有する機関であって、JSTが認めるもの」に該当しない機関)は以下の表のうち、JSTが所管 する制度から配分された研究費とそれ以外の制度から配分された研究費を合算して共用設備を購入 することはできません。
Show more

39 Read more

文化芸術振興費補助金 平成 30 年度助成対象活動募集案内 舞台芸術創造活動活性化事業 助成金交付要望書の提出期間 P.15 を御確認ください 平成 29 年 9 月 独立行政法人日本芸術文化振興会

文化芸術振興費補助金 平成 30 年度助成対象活動募集案内 舞台芸術創造活動活性化事業 助成金交付要望書の提出期間 P.15 を御確認ください 平成 29 年 9 月 独立行政法人日本芸術文化振興会

3 各省各庁の長は、法第十八条第三項の規定により補助金等の返還の期限の延長又は返還の命令の全部若しくは一部の取消を しようとする場合には、財務大臣に協議しなければならない。 4 日本中央競馬会、国立研究開発法人情報通信研究機構、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構、独立行政法人農畜 産業振興機構、独立行政法人国際協力機構、独立行政法人国際交流基金、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発 機構、独立行政法人中小企業基盤整備機構、独立行政法人日本学術振興会、独立行政法人日本スポーツ振興センター、独立行 政法人日本芸術文化振興会、独立行政法人福祉医療機構、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構、独立行政法人環境 再生保全機構、独立行政法人日本学生支援機構若しくは国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の理事長又は独立行政 法人大学改革支援・学位授与機構の機構長は、法第十八条第三項の規定により補助金等の返還の期限の延長又は返還の命令の 全部若しくは一部の取消しをしようとする場合には、前項の規定にかかわらず、日本中央競馬会又は独立行政法人農畜産業振 興機構にあっては農林水産大臣、国立研究開発法人情報通信研究機構にあっては総務大臣、独立行政法人国際協力機構又は独 立行政法人国際交流基金にあっては外務大臣、独立行政法人日本学術振興会、独立行政法人日本スポーツ振興センター、独立 行政法人日本芸術文化振興会、独立行政法人日本学生支援機構又は独立行政法人大学改革支援・学位授与機構にあっては文部 科学大臣、独立行政法人福祉医療機構又は国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所にあっては厚生労働大臣、独立行政 法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構又は独立行政法人中小企業基 盤整備機構にあっては経済産業大臣、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構にあっては国土交通大臣、独立行政法人 環境再生保全機構にあっては環境大臣の承認を受けなければならない。
Show more

96 Read more

科学研究費助成事業 ( 科研費 ) の審査について 科学研究費助成事業 ( 科研費 ) では 以下の点に留意して審査を行っています 研究成果公開促進費についても同様の趣旨で審査を行います 科学研究費助成事業 ( 科研費 ) は わが国の学術振興に寄与すべく 人文学 社会科学から自然科学まで全ての分野

科学研究費助成事業 ( 科研費 ) の審査について 科学研究費助成事業 ( 科研費 ) では 以下の点に留意して審査を行っています 研究成果公開促進費についても同様の趣旨で審査を行います 科学研究費助成事業 ( 科研費 ) は わが国の学術振興に寄与すべく 人文学 社会科学から自然科学まで全ての分野

10 Ⅴ「国際情報発信強化」の審査に関するQ&A Q1 「国際情報発信強化」はどのような種目でしょうか。 A 文部科学省に設置されている科学技術・学術審議会学術分科会研究環境基盤部会学術情 報基盤作業部会等における審議において、学術刊行物の電子化の進展とともに、国際競争 力の高い学術刊行物の育成が急務とされており、研究成果発表の国際情報発信力を強化す ること、オープンアクセスジャーナルの育成を推進することを目的として平成25年度公 募から公募を開始し、国際情報発信強化のための事業計画(取組)に係る経費について幅 広く助成を行うこととしました。
Show more

32 Read more

【資料5】オープンアクセスインタビュー調査~NIH(米国)&RCUK(英国)&DFG(独国)~ / 独立行政法人日本学術振興会 学術システム研究センター・研究事業部

【資料5】オープンアクセスインタビュー調査~NIH(米国)&RCUK(英国)&DFG(独国)~ / 独立行政法人日本学術振興会 学術システム研究センター・研究事業部

オープンアクセスインタビュー調査 ~NIH(米国)&RCUK(英国)&DFG(独国)~ 背景: 近年、欧米では、研究成果のオープンアクセス(OA)義務化や検討 が急速に進んでいる。日本でも、第3期科学技術基本計画や科学技 術・学術審議会の報告で、インターネット等を通じた研究成果のオープ ンアクセス化についての提言がなされている。このような状況を踏まえ、 日本学術振興会として、諸外国の研究助成機関における研究成果の オープンアクセス化の取組について把握する必要性がある。
Show more

6 Read more

資料3-2(1) 科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」の成果・課題について

資料3-2(1) 科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」の成果・課題について

思われる。いずれにせよ、今般の検証で確認された現行種目の意義・効果については、 今後ともその積極面が十分確保されるよう、適切な対応をとることが望まれる。 ○ それらの改革の全体像及び実施工程をめぐっては、平成 30 年度の審査システムの見 直し及びこれに同期する可能性のある一部種目の見直しの動向を踏まえて具体化を図 っていく必要がある。また、事業の実施体制をめぐっては、「業務の効率化、利便性 の向上を図る観点から、振興会への一元化を進める」旨、日本学術振興会の中期目標 において定められており、平成 29 年度末までに適切な対応が求められている。このよ うな状況を踏まえ、早期に実施可能な改善策と中長期的に講ずべき施策とを整理しな がら、さらに検討を深めていくことが適当である。
Show more

12 Read more

助成研究演題 - 平成 23 年度国内共同研究 (39 歳以下 ) 重症心不全の集学的治療確立のための QOL 研究 東京大学医学系研究科重症心不全治療開発講座客員研究員 ( 助成時 : 東京大学医学部附属病院循環器内科日本学術振興会特別研究員 PD) 加藤尚子 私は 重症心不全の集学的治療確立のた

助成研究演題 - 平成 23 年度国内共同研究 (39 歳以下 ) 重症心不全の集学的治療確立のための QOL 研究 東京大学医学系研究科重症心不全治療開発講座客員研究員 ( 助成時 : 東京大学医学部附属病院循環器内科日本学術振興会特別研究員 PD) 加藤尚子 私は 重症心不全の集学的治療確立のた

重症心不全の集学的治療確立のための QOL研究 助成研究演題-平成23年度 国内共同研究(39歳以下) 東京大学医学系研究科重症心不全治療開発講座 客員研究員 (助成時:東京大学医学部附属病院循環器内科 日本学術振興会特別研究員 PD)

5 Read more

資料 1 科学研究費助成事業 ( 科研費 ) について 令和元 (2019) 年 9 月 文部科学省研究振興局学術研究助成課 1

資料 1 科学研究費助成事業 ( 科研費 ) について 令和元 (2019) 年 9 月 文部科学省研究振興局学術研究助成課 1

○ 本資料は、「学術研究の総合的な推進方策について(最終報告)」(平成27年1月27日 科学技術・学術審議会学術分科会)等で示 された研究の分類に、文部科学省の競争的資金について試案としてプロットしたもの。各資金名を示した角丸四角形は、各資金がカ バーする主要な研究領域の範囲を概念的に示したものであり、ある座標において採択額・件数の多寡を表現しているものではない。 ※区分内における上下の位置は、「政策的要請」又は「研究者の内在的動機」の要素の強弱を示すものではない。 ※事業名下側の【】内は配分機関名を示す。
Show more

40 Read more

2012年度学術研究助成事業募集要項

2012年度学術研究助成事業募集要項

(イ)のいずれかの文言を記載するものとします。 (ア) 本書は、公益財団法人 全国銀行学術研究振興財団の助成を得て刊行された。 (イ) Publication of this book was supported by a grant-in-aid from Zengin Foundation for Studies on Economics and Finance. ⑧ その他の条件

5 Read more

独立行政法人日本学術振興会科研費電子申請システム研究者向け操作手引 ( 学術研究助成基金助成金 )( 交付内定時 決定後用 ) 研究成果報告書の作成 研究成果報告内容ファイルを作成 1 科学研究費助成事業の Web ページ等から研究成果報告内容ファイル様式をダウンロードしま

独立行政法人日本学術振興会科研費電子申請システム研究者向け操作手引 ( 学術研究助成基金助成金 )( 交付内定時 決定後用 ) 研究成果報告書の作成 研究成果報告内容ファイルを作成 1 科学研究費助成事業の Web ページ等から研究成果報告内容ファイル様式をダウンロードしま

[一つ前に戻る] 一つ前の画面に戻ります。 [一時保存] 入力した研究成果情報を保存して、一時的に作業を中断します。再 開するには、 「 2.12.3 再開」を参照してください。 [保存せずに戻る] 入力した研究成果情報を保存せずに、「課題管理(学術研究助成基 金助成金)」画面に戻ります。

26 Read more

第 35 回 (2019 年度 ) マツダ研究助成募集要項 - 科学技術振興関係 - 1. 助成の趣旨天然資源に恵まれない我が国においては 科学技術の育成 振興が重要な課題であります このために 本財団は 主として科学技術に関する学術研究に対して助成し 振興をはかることにより 調和のとれた科学技術の

第 35 回 (2019 年度 ) マツダ研究助成募集要項 - 科学技術振興関係 - 1. 助成の趣旨天然資源に恵まれない我が国においては 科学技術の育成 振興が重要な課題であります このために 本財団は 主として科学技術に関する学術研究に対して助成し 振興をはかることにより 調和のとれた科学技術の

(ホームページ左列ボタンから) 助成募集 >科学技術振興関係 研究助成 の画面へ (申請書フォーマットは、次の2つのファイルで構成されています。) ① 申請書(表紙)フォーマット ・・・・ Microsoft Excel 2010 版 ファイル内のシート(3枚) : 【入力用】、【印刷用(控え用)】、

5 Read more

助成成果一覧  公益財団法人 立石科学技術振興財団

助成成果一覧 公益財団法人 立石科学技術振興財団

2004 Honorary M ember, Japanese Society for M agnetic Resonance in M edicine 2004 Honorary M ember, Japanese Society for Nuclear M agnetic Resonance 2005 Honorary M ember, National M [r]

3 Read more

独立行政法人日本学術振興会科研費電子申請システム研究者向け操作手引 ( 学術研究助成基金助成金 ) ( 交付内定時 決定後用 ) 第 3.1 版

独立行政法人日本学術振興会科研費電子申請システム研究者向け操作手引 ( 学術研究助成基金助成金 ) ( 交付内定時 決定後用 ) 第 3.1 版

※ 10 分以上経過してもシステムから応答がない場合は、[ログアウト]ボタンを クリックし、一旦ログアウトしてください。ログアウト及びウィンドウ(ブラ ウザ)を閉じても変換処理は継続されます。 ※ しばらく経ってから再度ログインし、「申請者向けメニュー」画面の「状況」 欄の[課題状況の確認]をクリックして、「課題管理(学術研究助成基金助成 金)」画面より続きの作業を進めることができます。

53 Read more

31 論説 韓国における地方政府によるマウルづくり政策とその比較 内田和浩. はじめに本論文は, 平成 27 年度 ~29 年度日本学術振興会学術研究助成基金助成金 ( 基盤研究 C) 韓国における地方政府による まちづくり 政策と地域共同体の形成過程 ( 研究代表 内田和浩 ) における研究成果の

31 論説 韓国における地方政府によるマウルづくり政策とその比較 内田和浩. はじめに本論文は, 平成 27 年度 ~29 年度日本学術振興会学術研究助成基金助成金 ( 基盤研究 C) 韓国における地方政府による まちづくり 政策と地域共同体の形成過程 ( 研究代表 内田和浩 ) における研究成果の

《論説》 韓国における地方政府による マウルづくり政策とその比較 内 田 和 浩 ⚑.は じ め に 本論文は,平成 27 年度~29 年度日本学術振興会学術研究助成基金助成金(基盤研究 C)⽛韓 国における地方政府による⽝まちづくり⽞政策と地域共同体の形成過程⽜(研究代表・内田和浩) における研究成果の一つである。本研究の課題設定において筆者は,韓国で⽛近年地方政府と[r]

40 Read more

補助金交付要望書類 文化芸術振興助成事業補助金の交付事業を募集 市原市

補助金交付要望書類 文化芸術振興助成事業補助金の交付事業を募集 市原市

役職等 氏 名(フリガナ) 生年月日 住所 電話番号.[r]

5 Read more

Show all 5766 documents...