学校の施設や設備の点検

Top PDF 学校の施設や設備の点検:

機械設備及び電気通信施設の評価手順 堤防等河川管理施設の点検結果評価要領 ( 平成 29 年 3 月 28 日付け国水環保第 44 号 )( 以下 評価要領 という ) において 土木施設の点検結果の評価の他に 機械設備及び電気通信施設の点検結果の評価を踏まえて 総合的な評価を実施する (3.5 河

機械設備及び電気通信施設の評価手順 堤防等河川管理施設の点検結果評価要領 ( 平成 29 年 3 月 28 日付け国水環保第 44 号 )( 以下 評価要領 という ) において 土木施設の点検結果の評価の他に 機械設備及び電気通信施設の点検結果の評価を踏まえて 総合的な評価を実施する (3.5 河

機械設備及び電気通信施設評価手順 「堤防等河川管理施設点検結果評価要領」(平成29年3月28日付け国水 環保第44号)(以下「評価要領」という。)において、『土木施設点検結果評 価他に、機械設備及び電気通信施設点検結果評価を踏まえて、総合的な評 価を実施する』(3.5河川構造物施設評価)とされている。
さらに見せる

11 さらに読み込む

点検実施設備等会場内の構築物火気使用設備器具ガス使用設備器具電気器具等危険物施設 点検実施年月日 8 消防職員の立入検査に伴う立会い消防職員の立入検査がある場合は ATC 防火 防災管理者 防火責任者及び各小間の責任者が立ち会うものとする 9 消防用設備等の点検 (1) 防火責任者は 補助者とともに

点検実施設備等会場内の構築物火気使用設備器具ガス使用設備器具電気器具等危険物施設 点検実施年月日 8 消防職員の立入検査に伴う立会い消防職員の立入検査がある場合は ATC 防火 防災管理者 防火責任者及び各小間の責任者が立ち会うものとする 9 消防用設備等の点検 (1) 防火責任者は 補助者とともに

(2)火気使用設備器具等使用前及び使用後には、必ず点検を行い安全を確認すること (3)火気使用設備器具等周辺可燃物を取り除き、常に整理・整頓に努めること (4)廊下、階段、避難出口等避難施設には、避難障害となる工作物を設け、また物品を置かないこと (5)会場準備、撤去その他工事を行う者は、火気管理について作業計画を作成し、防火責任者に (6)消防用設備機能障害となる装飾品及び物品を放置しないこと
さらに見せる

7 さらに読み込む

区分 施設管理 施設修繕 危機管理 法令遵守 利用者評価 利用者アンケートの実施状況 利用者アンケートの実施結果 利用者からの要望 苦情と対処 改善 確認事項 1 日常 定期清掃業務 2 警備業務 3 電気設備 空調設備 自動扉 プール循環設備 自動火災報知設備等の保守点検 4 プール水等の水質検査

区分 施設管理 施設修繕 危機管理 法令遵守 利用者評価 利用者アンケートの実施状況 利用者アンケートの実施結果 利用者からの要望 苦情と対処 改善 確認事項 1 日常 定期清掃業務 2 警備業務 3 電気設備 空調設備 自動扉 プール循環設備 自動火災報知設備等の保守点検 4 プール水等の水質検査

施設管理は、市内業者中心に依頼している。 「可能な限り迅速に」を常に意識し、軽微なものに関し ては即対応している。さらに、日常における清掃に加 え、休館日には自社ノウハウを生かした清掃を行 い、清潔で快適な環境を提供できるよう心掛けた。 具体的には、歩行浴プール棟手すりサビ除去、歩 行浴槽内水あか落とし、ポリッシャーによるウッドデッ キタイル清掃を行った。上半期はシャワー室内手 すり設置工事及びドーム照明40灯全交換を自社施 工で行った。
さらに見せる

5 さらに読み込む

区分 施設管理 施設修繕 危機管理 法令遵守 1 日常 定期清掃業務 2 警備業務 3 電気設備 空調設備 自動扉 プール循環設備 自動火災報知設備等の保守点検 4 プール水等の水質検査 5 害虫防除業務 6 植木剪定業務 下記の観点からの修繕実施状況 迅速な修繕の実施 指定管理者のノウハウを生かし

区分 施設管理 施設修繕 危機管理 法令遵守 1 日常 定期清掃業務 2 警備業務 3 電気設備 空調設備 自動扉 プール循環設備 自動火災報知設備等の保守点検 4 プール水等の水質検査 5 害虫防除業務 6 植木剪定業務 下記の観点からの修繕実施状況 迅速な修繕の実施 指定管理者のノウハウを生かし

①個人情報取り扱いについては個人情報保護法 令に基づき適切に行っている。 ②安全衛生危機管理など各種対応マニュアルにつ いては、常に最新情報に改定するよう努めている。 また、火災・停電・緊急地震速報鳴動時など非常事 態における機械類操作マニュアルも設置している。 ③法令遵守を徹底し業務を行っている。例えば、拾得 物(現金)に関しては警察署に届出しており、遺失物 に関して管理・掲示等も指導を受けている。 ④三和サービス本社で毎月行われる所長会議・安全 衛生会議施設長研修・全社員会議に館長が出席。 全指定管理施設安全衛生危機管理、危険予知 などをスタッフ間に水平展開している。
さらに見せる

5 さらに読み込む

(2) 教育資金非課税措置の対象対象となるとなる教育資金教育資金の範囲 1 学校等に対して直接支払われる金銭 (1,500 万円まで非課税 ) 入学金 授業料 入園料 保育料 施設設備費または入学( 園 ) 試験の検定料など 学用品の購入費や修学旅行費や学校給食費など学校等における教育に伴って必要な

(2) 教育資金非課税措置の対象対象となるとなる教育資金教育資金の範囲 1 学校等に対して直接支払われる金銭 (1,500 万円まで非課税 ) 入学金 授業料 入園料 保育料 施設設備費または入学( 園 ) 試験の検定料など 学用品の購入費や修学旅行費や学校給食費など学校等における教育に伴って必要な

「< 「< 「< 「<みちのく みちのく> みちのく みちのく > >教育資金贈与専用口座 > 教育資金贈与専用口座 教育資金贈与専用口座 教育資金贈与専用口座 『 『 『 『未来 未来へ 未来 未来 へ絆 絆 絆』 絆 』 』 』 」 」 」 」 ご利用 ご ご ご 利用 利用ご 利用 ご案内 案内 案内 案内 ( ( ( ( 「 「商品概要説明書 「 「 商品概要説明書 」 商品概要説明書 商品概要説明書 」 」 」 ) ) ) )
さらに見せる

8 さらに読み込む

1 施設設備の衛生管理 1-1 食品取扱室の清掃及び保守点検 < 認証基準 > 床 内壁 天井 窓 照明器具 換気扇 手洗い設備及び排水溝の清掃手順 保守点検方法が定められていること 床及び排水溝の清掃は1 日に1 回以上 その他の清掃はそれぞれ清掃の頻度の記載があること 保守点検頻度の記載があるこ

1 施設設備の衛生管理 1-1 食品取扱室の清掃及び保守点検 < 認証基準 > 床 内壁 天井 窓 照明器具 換気扇 手洗い設備及び排水溝の清掃手順 保守点検方法が定められていること 床及び排水溝の清掃は1 日に1 回以上 その他の清掃はそれぞれ清掃の頻度の記載があること 保守点検頻度の記載があるこ

4-1 排水及び廃棄物等衛生管理 <作成ポイント> ①食品残渣、油脂等が施設外に流れないように処理方法を定めます。 ②グリストラップを使用している場合は、その管理方法を定めます。 ③廃棄物は、ふた付き容器を使用するなど方法を定めます。 ④廃棄物排出に関する方法を定めます。

12 さらに読み込む

1 章総則 1.1 適用の範囲施設更新指針は 工業用水道施設の更新判断における診断方法の基本的事項を示すものである 解説 第 2 編施設更新指針 ( 以下 更新指針 ) では 工業用水道事業の全施設 設備を対象として それぞれの施設 設備の設計諸元や日常の点検結果などの情報をもとに 更新の必要性を診

1 章総則 1.1 適用の範囲施設更新指針は 工業用水道施設の更新判断における診断方法の基本的事項を示すものである 解説 第 2 編施設更新指針 ( 以下 更新指針 ) では 工業用水道事業の全施設 設備を対象として それぞれの施設 設備の設計諸元や日常の点検結果などの情報をもとに 更新の必要性を診

・維持管理性改善及び維持管理費低減 ・省エネルギー ……等 これら各効果検討においては、定性的な効果項目整理のみならず、で きる限り定量的に示す必要がある。定量化手法としては、効果を貨幣価値に 換算し“便益”として表す方法がある。この手法代表的なものは、 (社)日本 工業用水協会「費用対効果分析マニュアル、平成 16 年度」があり、更新による 効果(便益)と更新事業に要する費用をそれぞれ算出し、費用便益比(B/C、 CBR:Cost Benefit Ratio)として評価する。更新対象施設設備が複数あり、 更新優先順位付けまたは更新対象施設絞込みを行う必要がある場合は、更 新効果大きなものから実施することが望ましく、費用便益比をこの判断資料 として用いることが考えられる。図 4.3 には、費用対効果分析マニュアルにて 整理されている工業用水道事業における効果体系を示しておく。
さらに見せる

34 さらに読み込む

(3) 消防用設備等 特殊消防用設備等の法定点検 整備 (4) 職員等に対する防火 防災教育 訓練の実施 (5) 火気の使用 取扱いの指導 監督 (6) 担当部署が実施する以下の監督ア防火安全に係る自主検査 点検の実施と監督イ避難通路 避難口その他の避難施設の維持管理ウ収容物等の転倒 落下 移動の防

(3) 消防用設備等 特殊消防用設備等の法定点検 整備 (4) 職員等に対する防火 防災教育 訓練の実施 (5) 火気の使用 取扱いの指導 監督 (6) 担当部署が実施する以下の監督ア防火安全に係る自主検査 点検の実施と監督イ避難通路 避難口その他の避難施設の維持管理ウ収容物等の転倒 落下 移動の防

2 防火・防災管理者は、工事部分防火担当責任者については、各作業グループ別及び作業 種別に各現場監督を指定し、区域内火気管理、喫煙管理、危険物管理等それぞれ場に 応じた安全対策を行わせる。 3 防火・防災管理者は、前項工事中安全対策、「工事中消防計画」等実施状況につい て、必要に応じ現場確認を行い法令適合火気管理等、防火上安全を確認するものとする。 4 第1項各号に該当しない工事場合には、担当部署を通じて次事項を周知し、遵守さ
さらに見せる

20 さらに読み込む

(2) 消火用屋外給水施設の点検の方法 別添点検基準 ( 案 ) のとおり (3) 経年劣化及び詳細な点検を行う消火用屋外給水施設の把握 設置から 40 年を経過した消火用屋外給水施設の把握は 消火用屋外給水施設とし て完成した日 ( 完成検査の日 ) とする (4) 留意事項本点検の考え方は 消火

(2) 消火用屋外給水施設の点検の方法 別添点検基準 ( 案 ) のとおり (3) 経年劣化及び詳細な点検を行う消火用屋外給水施設の把握 設置から 40 年を経過した消火用屋外給水施設の把握は 消火用屋外給水施設とし て完成した日 ( 完成検査の日 ) とする (4) 留意事項本点検の考え方は 消火

資料2 * 参考耐用年数: 設備信頼性を維持するために時間計画保全 (定期的な取替・更新)を実施 することが必要であることから、農林水産省において、平成6年度に行った維持管理に関する 実態調査「土地改良施設(機械・電気設備等)実態調査(揚排水機場)(交換及び補修)」及 び「更新又は交換メーカー実態調査」結果を統計的手法(ワイブル分析)で分析し、信頼性 評価手法(アンアベイラビリティ値)を用いて検討したもの。これら参考耐用年数は、あく までも一般的なポンプ場施設ポンプ設備について目安を示す。実際ポンプ設備、機器 耐用年数は、設備が設置されている施設(用水ポンプ場、排水ポンプ場)使用状況(取扱い 水質、運転時間など) 、操作状況(運転頻度) 、維持管理状態、設置環境等で異なる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

記入上の注意 1 施設点検表 ( 統括表 ) 施設点検入力シート 写真帳 のシートの 黄色のセル のみ記入してください 2 施設点検表 ( 統括表 ) シートの主な不具合点には 特に無し や 無し 等の入力は行わないでください シート名の変更は行わないでください 非表示になっているシートがあります

記入上の注意 1 施設点検表 ( 統括表 ) 施設点検入力シート 写真帳 のシートの 黄色のセル のみ記入してください 2 施設点検表 ( 統括表 ) シートの主な不具合点には 特に無し や 無し 等の入力は行わないでください シート名の変更は行わないでください 非表示になっているシートがあります

5 0 0 ■この項目は「施設評価 ウ)-2)」に反映されます A-2 外壁タイル等仕上設備・配管類、建具で 落下しそうな箇所はないですか?据付部に錆 は発生していませんか? 発生なし→0,あり (程度小)→1,あり(程度大)→2

10 さらに読み込む

別紙 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(冷暖房設備の点検、保守及び整備)の条件付一般競争入札の公告

別紙 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(冷暖房設備の点検、保守及び整備)の条件付一般競争入札の公告

・ 冷凍空気調和機器施工技能士(中央職業能力開発協会) ・ 高圧ガス保安協会冷凍空調施設工事事業所保安管理者 ・ 自動車電気装置整備士(対象は、自動車に搭載された第一種特定製品に限る。 ) (た だし、平成20年3月以降国土交通省検定登録試験により当該資格を取得した者、 又は平成20年3月以前に当該資格を取得し、各県電装品整備商工組合が主催するフ ロン回収に関する講習会を受講した者に限る。 )
さらに見せる

8 さらに読み込む

第 3 点検の期間点検の期間は 次の表の上欄 ( 左欄 ) に掲げる用設備等の等並びに同表中欄に掲げる点検の内容及び方法に応じ 同表下欄 ( 右欄 ) に掲げるとおりとする ただし 特殊用設備等にあっては 法第 17 条第 3 項に規定する設備等設置維持計画に定める期間によるものとする 用設備等の等

第 3 点検の期間点検の期間は 次の表の上欄 ( 左欄 ) に掲げる用設備等の等並びに同表中欄に掲げる点検の内容及び方法に応じ 同表下欄 ( 右欄 ) に掲げるとおりとする ただし 特殊用設備等にあっては 法第 17 条第 3 項に規定する設備等設置維持計画に定める期間によるものとする 用設備等の等

機器点検 6月 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火 設備、泡消火設備、不活性ガス消火設備、ハロゲン 化物消火設備、粉末消火設備、屋外消火栓設備、動 力消防ポンプ設備、自動火災報知設備、ガス漏れ火 災警報設備、漏電火災警報器、非常警報器具及び設 備、避難器具、排煙設備、連結送水管、非常電源(配 線部分を除く)、総合操作盤、パッケージ型消火 設備、パッケージ型自動消火設備、共同住宅用スプ リンクラー設備、共同住宅用自動火災報知設備、住 戸用自動火災報知設備、共同住宅用非常警報設備、 共同住宅用連結送水管、特定小規模施設用自動火災 報知設備、加圧防排煙設備、複合型居住施設用自動 火災報知設備並びに特定駐車場用泡消火設備
さらに見せる

7 さらに読み込む

契約 書及び仕様書 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(昇降機設備の点検及び整備)の条件付一般競争入札の公告

契約 書及び仕様書 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(昇降機設備の点検及び整備)の条件付一般競争入札の公告

第8条 甲は、必要があると認めるときは、委託業務実施状況、委託料使途 その他必要な事項について報告を求め、又は実地に調査することができる。 (報告書提出) 第9条 乙は、仕様書に基づき点検を実施するものとし、点検を実施したときは、 点 検 報 告 書 ( 以 下 「 報 告 書 」 と い う 。 ) に 点 検 状 況 を 撮影 し た 写真 を 添 付 上、速やかに甲に提出しなければならない。

8 さらに読み込む

無料 消防設備点検のお知らせ・案内文のテンプレート01  [文書]テンプレートの無料

無料 消防設備点検のお知らせ・案内文のテンプレート01 [文書]テンプレートの無料

 点検時間中には、非常ベル鳴動試験等も実施します。ご迷惑 をおかけいたしますが、防災上重要な点検となりますので、ご協 力ほどお願い申し上げます。 ※入室させたいただく必要があるお部屋については、別紙(チラシ)にて 詳細な実施要領をお知らせいたします。

1 さらに読み込む

契約 書及び仕様書 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(昇降機設備の点検及び整備)の条件付一般競争入札の公告

契約 書及び仕様書 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(昇降機設備の点検及び整備)の条件付一般競争入札の公告

(3) 乙業務実施が著しく不誠実であること、その他この契約に違反した ことにより、この契約目的を達成することができないと認められるとき。 (4) 乙が次いずれかに該当するとき。 ア 役員等(乙が個人である場合にはその者を、乙が法人である場合にはそ 役員又はその支店若しくは常時設備維持管理業務等契約を締結する事 務 所 代 表 者 を い う 。 以下 同 じ 。 )が 暴 力団 員 に よ る不 当 な 行為 防 止 等 に 関 す る 法律 ( 平 成 3年 法 律 第77号。 以 下 「暴 力 団 対 策法 」 と いう 。 ) 第 2 条 第 6 号 に 規 定 す る 暴力 団 員 ( 以下 「 暴 力団 員 」 と いう 。 ) であ る と 認 められるとき。
さらに見せる

9 さらに読み込む

個別 公告文 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(自家用発電設備の点検及び保守)の条件付一般競争入札の公告

個別 公告文 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(自家用発電設備の点検及び保守)の条件付一般競争入札の公告

入 札 公 告 下記とおり庁舎等設備維持管理業務委託契約に係る条件付一般競争入札を実施するので、地方自治 法施行令第167条規定により公告する。 平成28年8月5日

2 さらに読み込む

契約書及び仕様書 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(消防設備の点検及び保守)の条件付一般競争入札の公告

契約書及び仕様書 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(消防設備の点検及び保守)の条件付一般競争入札の公告

(2) 乙は、保守担当者を委託業務に従事させなければならない。 4 定期点検 (1) 実施方法 乙は、委託業務実施に当たっては、建築保全共通仕様書(国土交通省大臣官房営 繕部監修平成25年版) 、 防火設備定期検査業務基準 (一般財団法人日本建築防災協会 発行)及び消防法施行規則第51条14で定める点検基準に係る点検要領等につい て(平成21年1月26日付け消防予第37号)に基づいて、次とおり実施するも とする。
さらに見せる

12 さらに読み込む

令和 3 年 2 月 10 日 消防庁 消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果報告書に添付する点検票の様式を定める件の一部を改正する件 ( 案 ) 及び耐火電線の基準の一部を改正する件 ( 案 ) に対する意見公募 消防庁は 消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果報告書に添付する

令和 3 年 2 月 10 日 消防庁 消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果報告書に添付する点検票の様式を定める件の一部を改正する件 ( 案 ) 及び耐火電線の基準の一部を改正する件 ( 案 ) に対する意見公募 消防庁は 消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果報告書に添付する

今般、「消防用設備点検報告制度あり方に関する検討部会」(部会長:小林恭一東京理 科大学大学院教授)において、泡消火設備一斉開放弁及び分布等点検基準合理化を図る こと、ペルフルオロオクタンスルホン酸とその塩(以下「PFOS」という。)以外化学 物質を用いた泡消火設備についてもサンプリング検査を認めることについて必要性が明らか になったことを踏まえ、第 14 号告示を改正し、以下とおり泡消火設備点検基準を改正す ることとする。
さらに見せる

23 さらに読み込む

契約書及び仕様書 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(消防設備の点検及び保守)の条件付一般競争入札の公告

契約書及び仕様書 宮崎県:庁舎等の設備維持管理業務委託(消防設備の点検及び保守)の条件付一般競争入札の公告

2 対象設備 委託業務対象となる設備及び数量は、 「別紙1」に掲げるとおりとする。 3 本委託業務実施者 (1) 乙は、委託業務を行うために、この契約締結と同時に、消防法及びその他関係 法令(以下、 「法令等」という。 )で定める必要な点検資格を有する者(以下「保守担 当者」 という。 ) を選任し、様式1により保守担当者選任 (変更)届を甲に提出しなけ ればならない。保守担当者を変更したときも、同様とする。
さらに見せる

12 さらに読み込む

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」

外壁(垂直壁・斜壁)点検個所と点検ポイント ★開口部周囲・上部、庇鼻先、手摺壁、手摺支柱廻り ★斜 壁:躯体施行が難しい、浮き故障が生じやすい ★開口部:鉄筋かぶり厚不足降雤後水滴影響あり、剥離が生じやすい箇所 ☆外壁面汚れ、カビ鉄部錆、白亜化等がないか⇒ 塗装劣化

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...