学内共通情報インフラ構築

Top PDF 学内共通情報インフラ構築:

ホワイトペーパー Microsoft SharePoint に適したインフラストラクチャの構築 EMC VNX EMC FAST Suite EMC Replication Manager Microsoft SharePoint 2010 Metalogix StoragePoint Metalo

ホワイトペーパー Microsoft SharePoint に適したインフラストラクチャの構築 EMC VNX EMC FAST Suite EMC Replication Manager Microsoft SharePoint 2010 Metalogix StoragePoint Metalo

コンテンツの急増に伴う IT 部門の課題は明らかです。それは、データを一元化して 管理することで、組織全体で情報の信頼性と可用性を高めるということです。このよ うな課題は、 SharePoint を最大限に活用して(複数のソースからの)ファイル共有を 一元化されたリソースに統合することで、資産の使用率が向上し、管理が合理化さ れ、サービス レベルが向上するということを IT 部門が理解していれば、決して困難 な問題ではありません。 SharePoint は、EMC と Metalogix によるインフラストラク チャ ソリューションのドキュメント リポジトリとして最大限に活用できます(図 1)。 EMC と Metalogix によるソリューションは、SharePoint と密接に統合することで、 SharePoint の価値がファイル共有の統合、自動階層化ストレージ、フラッシュ テクノ ロジー、データ保護に拡張され、ただちに運用効率が向上し、 TCO 全体が削減され る効果を生み出す補完的な製品やテクノロジーを提供します。
さらに見せる

12 さらに読み込む

東京大学学内広報No.1401

東京大学学内広報No.1401

 初日は、地震研究所の平田直所長と文部科学省研究開 発局地震・防災研究課の鈴木良典課長の開会挨拶に始ま り、環太平洋の各地や欧州等を対象とした長周期地震動 とそのハザードやリスクに関する招待講演が行われた。 二日目は、高層ビルへの入力地震動としての長周期地震 動やその実物大震動台実験に続き、長周期地震動に対す る長大橋や埋め立て地盤の耐震安全に関する招待講演が 行われた。その後のパネルディスカッションでは、長周 期地震動とその都市災害軽減に関する各国の研究の現状 と問題点について、特に理学と工学の連携の観点から討 論が行われた。また、若手研究者の育成に関し、日米欧 の大学院教育の比較等を通して意見交換が行われた。  本シンポジウムにより、多国間の理学工学連携や産学 官交流に基づく国際共同研究基盤の構築がなされた。長 周期地震動は頻繁に起こる自然現象ではないため、近代 都市に対するその影響に関して未知の部分が多い。した がって、本学がこうした国際共同研究基盤を活用して、 各国の研究者の英知を結集しなければならない課題であ ろう。
さらに見せる

48 さらに読み込む

これからの通信インフラを支える仕組み:参加型ネットワークのビジネスモデルをTwo-sided Marketsから再構築する

これからの通信インフラを支える仕組み:参加型ネットワークのビジネスモデルをTwo-sided Marketsから再構築する

Rochet & Tirole[2003]は、ネットワークの外部性が働く多くの市場は両面性があるとして、 Two-sided markets(両面性市場)について次のように言及している。共通のプラットフォームを介 して、異なる市場がそれぞれ利益を得るものであり、それらの市場はネットワークの外部性を有 している。例えば、ソフトウェア、ポータル、メディア、決済システムやインターネット等、プ ラットフォームで成功するためには、プラットフォームを介する両側の市場とそれぞれうまくつ
さらに見せる

12 さらに読み込む

Gmail が大学メールサーバへ与える負荷状況の分析 笠原義晃 伊東栄典 堀良彰 藤村直美 九州大学では, 従来から大学ドメインのメールサーバを学内に構築し, 構成員へメールサービスを提供してきた 年 1 月頃より, 学内の情報サービスに対し利用者認証機能等を提供する全学認証サーバの負荷

Gmail が大学メールサーバへ与える負荷状況の分析 笠原義晃 伊東栄典 堀良彰 藤村直美 九州大学では, 従来から大学ドメインのメールサーバを学内に構築し, 構成員へメールサービスを提供してきた 年 1 月頃より, 学内の情報サービスに対し利用者認証機能等を提供する全学認証サーバの負荷

Gmail が大学メールサーバへ与える負荷状況の分析 笠原義晃 † 伊東栄典 † 堀良彰 †† 藤村直美 ††† 九州大学では,従来から大学ドメインのメールサーバを学内構築し,構成員へメールサービスを提供してきた. 2012 年 1 月頃より,学内情報サービスに対し利用者認証機能等を提供する全学認証サーバの負荷の高さが問題とな り,その原因の一つが学生向けメールサーバであることが明らかになった.詳細な分析の結果,Google 社の Gmail から本学のメールサーバへ持続的なアクセスがあり,中でも既に卒業などで消滅したアカウントへのアクセスが多数 あることが分かった.本稿では,本学の学生メールサーバのアクセスログ解析に基づいて,Gmail がメールサーバへ 与える負荷状況の分析とその理由について述べ,対応策について検討する.
さらに見せる

7 さらに読み込む

東京大学 学内広報 NO. 1499

東京大学 学内広報 NO. 1499

features no.1499 / 2017.8.25  環境安全本部には、企画調整、安全衛生管 理、防火防災、放射線管理の 4 部門があり、 そのなかで安全衛生管理部は主に事故災害の 防止を目的としています。大学の法人化に際 して、全学的に安全衛生管理を担うことを目 的に、 2004 年に全学安全衛生管理室が発足し、 2007 年に現在の本部組織となりました。  事故災害の報告制度は、事例を知って予防 につなげてもらう目的で 2004 年 5 月から始め ました。それまでは、他部局・他部署で起き た事故の情報が伝わっておらず、事故の教訓 を共有できていない状況でした。当初は報告 を呼びかけてもなかなか集まりませんでした が、年々その数が増え、 3 年後には制度が定 着しました。以来、事故の年間件数は 250 件 から 350 件程度で推移しています。社員数が 同規模の企業では年間 10 ∼ 20 件程度のことも 多く、大学は民間企業に比べると桁違いに多 くなっています。工場のように定常的な作業 ではなく、大学では多様な分野が入り交じっ ていることや実験内容が日々変わるといった 特徴も影響しているようです。また、研究の 自由が優先される大学では規制はそぐわない ため企業のように禁制事項を設けることが難 しいことも影響しているかもしれません。  これらの特徴を持つ大学で安全管理を進め るには、構成員一人一人が自ら安全を理解し て行動する必要がありますので、安全に対す るリテラシーの修得や安全文化の醸成が重要 です。講習会や講演会などの環境安全教育で、 事故事例を知るだけでなく、どうすればいい のかを理解させるように努めています。  事故のタイプを見ると、教職員で多いのは 転倒と交通事故であり、この 2 つで半数以上 を占めています。自分が思う以上に足腰が弱 っているのかもしれません。特に目立つのは 階段を下りる場合の転倒です。下りでは落下 の衝撃があるので大きな怪我になりがちです。 一方、学生の場合は、転倒の割合は減り、実 験に関連した事故が多くなります。学生の事 故の 3 ∼ 4 割程度は実験関連のものです。また、 東大の特徴としては自転車事故の多さがあり、 特に近年増えていることが分析から見えてき
さらに見せる

12 さらに読み込む

東京大学学内広報 NO.1405 ( )

東京大学学内広報 NO.1405 ( )

GEOSS アジア水循環イニシアティブ メンバー国(現在 20 カ国参加)  国土交通省がその週の後半に開催を予定していた「ア ジア太平洋地域におけるインフラストラクチャー大臣会 合」に先立ち、大臣会合での企業展示パネルも、本会議 中公開され、研究機関以外の企業における「水」への取 り組みになどについて、ポスター見学をする機会を得た。  第一日目は、洪水、渇水、水質汚染、氷河湖決壊のテー マ別に分かれた各ワーキンググループから、どのように 気候変動適応に立ち向かうことができるか、に焦点を当 てて、各国の研究成果、取り組みの現状などを詳細にご 報告いただいた。続く第二日目は、気候変動の評価と適 応について、現在進行中の実行計画とその準備状況など について、宇宙航空研究開発機構、国土交通省、国際協 力機構、気象庁などの各機関より、研究成果が紹介され た。今後も、日本を含むアジアの各国が協力してデータ 共有を行い、そうした貴重なデータから、アジアの人々 の暮らしや社会に役立つ情報を創出する枠組み作りをさ らに推進しているところである。また、アジアでの成功 事例を基に、同様の水問題を解決するために、さらにア フリカ大陸へ展開するなど、地球観測データを利用した 当機構の水循環研究に関する取り組みには、ますます大 きな期待が寄せられている。
さらに見せる

40 さらに読み込む

PH PH 充電インフラ普及プロジェクトの目的 本普及プロジェクトは PH PH の普及に資する充電インフラの早期充実を 図るとともに PH PH ユーザー ( 以下ユーザーという ) の利便性を向上する 充電インフラネットワーク構築にむけて実施するものとする

PH PH 充電インフラ普及プロジェクトの目的 本普及プロジェクトは PH PH の普及に資する充電インフラの早期充実を 図るとともに PH PH ユーザー ( 以下ユーザーという ) の利便性を向上する 充電インフラネットワーク構築にむけて実施するものとする

(6) 充電器の運用情報(営業時間、定休日等)は合同会社日本充電サービスに継続的に提供し、 運用情報の変更があった場合には速やかに連絡すること、また本会社が「地図会社」等の第三者に 当該情報を提供することに同意すること (7) 充電器の本体費用、工事費用、維持費用および電気代について、自らの支弁能力を有すること (8) 後述の「加盟対象」条件を満たしていること  P.5 参照

14 さらに読み込む

東京大学学内広報No.1409

東京大学学内広報No.1409

 災害対策本部活動訓練には、濱田純一総長をはじめ、 役員全員のほか、多くの本部各部教職員が参加した。総 長が震度6強であったという情報を受け、災害対策本部 の設置を宣言し、山上会館に災害対策本部を設置するに あたり、応急危険度判定士による建物の被災状況の危険 度判定訓練が行われた。その後役員等で編成された災害 対策本部員による意思決定訓練、教職員約 100 名が総務・ 広報班、警備誘導班、物資調達班、施設環境班の4班に 分かれ、それぞれ各部局への情報収集訓練、各門までの ルート調査・報告訓練、物資配給訓練、インフラ確認訓 練等を行った。
さらに見せる

28 さらに読み込む

警察庁情報ネットワーク(共通システム)最適化計画

警察庁情報ネットワーク(共通システム)最適化計画

、 、 、 省庁等との電子メールの送受信 ホームページの提供 閲覧等を行うため 警察庁及び附属機関からインターネット及び霞が関WANに接続する霞が 関WAN用LANシステム用ネットワーク」の4種類に分類されている。 これらのネットワークは、警察の責務を果たすための警察庁における重 要インフラとして位置づけられており、今後、警察職員間の情報交換や情 報共有を飛躍的に高めることにより、業務の効率化や政策決定の迅速化・ 高度化、さらに都道府県警察に対する指導・調整、治安に関する情報の集 約・分析等を図り、もって国民が安心して暮らせる社会環境を維持するた め、犯罪に対する迅速・的確な対処能力の強化・充実を図ることを目的と している。
さらに見せる

13 さらに読み込む

東京大学 学内広報 NO.1452

東京大学 学内広報 NO.1452

【募集対象者】国内の大学等研究機関に在籍する研究員、大学院生、学部学生等 【 募 集 人 員 】●10チーム程度(1チーム2名で構成されることを推奨) ●チームまたは1名での応募 ●1名での応募の場合、選抜を通過した他の応募者と一緒にチームを組んでいただきます 【 応 募 書 類 】以下の書類を joip@ducr.u-tokyo.ac.jp 宛にメールにて送付してください。 ●チームメンバー全員の履歴書および志望理由書 ●チームとしての志望理由書(こんな技術シーズがある、こんなビジネスを構築したい等) ※様式自由。個人の場合は個人の履歴書および志望理由書 ●ビジネスサマリー(所定の様式) 【実施スケジュール 2月25日(月)、26日(火): (予定)】  第1回合宿(キックオフ、集中講義)、メンタリング開始 3月23日(土)、24日(日): 第2回合宿(第1回中間発表会) 4月20日(土): 第2回中間発表会 5月10日(金): 最終発表会 ※合宿参加費用及び地方からの参加者の交通費は主催者側で負担いたします。 【お問い合わせ】 東京大学産学連携本部事業化推進部 Email: joip@ducr.u-tokyo.ac.jp L
さらに見せる

12 さらに読み込む

東京大学 学内広報 NO.1492

東京大学 学内広報 NO.1492

 当本部では、ベンチャー・キャピタル( VC )をはじ めとする投資家や大企業等の外部機関との連携体制を 強化する方向で 様々な施策に取り組んでいます。例 えば昨年 11 月から経団連と大学発ベンチャー企業育 成に関し連携を開始しました。起業のベースとなる大 学の技術を、企業の資本や人材によって、イノベーシ ョンの創出と事業化を促進させるプラットフォームの 構築を目指しています。また昨年末には東京大学協創 プラットフォーム開発(株) が投資活動を開始しました。 同社は、シード・アーリー段階のベンチャー支援に関 しては、民間 VC が組成するファンドへの資金提供を 行い、またミドル段階以降のベンチャー支援では、民 間 VC 等との共同投資を原則とした直接投資を行って いきます。ベンチャー育成に係る様々な施策に つい ては次号で紹介します。
さらに見せる

12 さらに読み込む

学内無線LAN接続設定

学内無線LAN接続設定

3 6. 「どのような方法でネットワークを追加しますか?」の画面で、[ネットワーク プロ ファイルを手動で作成します]をクリックします。 7. 追加するワイヤレス ネットワークの情報を入力します。 [ネットワーク名]に 「KGU-WLAN」を入力し、[セキュリティの種類]は「WPA2-エンタープライズ」を選択、 [暗号化の種類]が「AES」になっていることを確認して[次へ]をクリックします。

12 さらに読み込む

東京大学 学内広報 NO.1504

東京大学 学内広報 NO.1504

の巻 話/機構長 佐竹健治先生 新しい社会モデルの実装に向けて  日本は、工業立国を目指し、産業を労働集約から資 本集約に移行させることで労働生産性を上げ、高度経 済成長を遂げて有数の経済大国になりました。しかし 今、社会・経済が大きく変化する中で、次の時代をど う切り拓くべきか真剣に考えるべき時を迎えています。   8 月号では、農業を例に、産業のスマート化は、多 様性を活かしながら発展する、格差の少ない社会の実 現の糸口になるという話をしました。スマート化は最 近「分散・遠隔・連結」という言葉でも表されていま す。例えば離れた場所に小さな農地がばらばらに存在 していても、そこにセンサーを仕掛け、それらをイン ターネットで繋ぎ、気象データなどと組み合わせて、 人工知能やロボットを駆使することで、高い生産性を 実現できます。農地の大規模化と大型機械導入だけが 生産性向上の道筋ではありません。知恵や情報の活用 が価値を生む「知識集約型」の社会が訪れるのです。  資本集約型社会の成長モデルにおいて、産業の中心 は大都市で、港や高速道路がそれを支える重要な産業 インフラでした。一方、知識集約型社会の基盤は、大 量のデータをセキュアに扱える情報ネットワークと、 それを活用できる人材です。両者が集積している大学 は、新たな産業集積拠点として高いポテンシャルを持 ちます。実はこの情報ネットワークについて、日本に は世界で突出した強みがあります。それは SINET 。
さらに見せる

12 さらに読み込む

学内無線LAN接続設定

学内無線LAN接続設定

3 5. 「どのような方法でネットワークを追加しますか?」の画面で、[ネットワーク プロ ファイルを手動で作成します]をクリックします。 6. 追加するワイヤレス ネットワークの情報を入力します。 [ネットワーク名]に 「KGU-WLAN」と入力し、[セキュリティの種類]は「WPA2-エンタープライズ」を選択、 [暗号化の種類]が「AES」になっていることを確認して[次へ]をクリックします。

11 さらに読み込む

資料 3-4 一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会 第 3 回将来のネットワークインフラに関する研究会 将来のネットワークインフラに関する研究会 ー新たなネットワークインフラの利活用 年 3 月 17 日一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会 (CIAJ)

資料 3-4 一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会 第 3 回将来のネットワークインフラに関する研究会 将来のネットワークインフラに関する研究会 ー新たなネットワークインフラの利活用 年 3 月 17 日一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会 (CIAJ)

■ 従来型の通信機器の国内市場規模は、ほぼ横ばいの状況  国内需要の約半分が携帯電話  輸出の多くはビジネス関連機器、インフラ機器等 ■ 将来のネットワークインフラ整備に向けた期待  ネットワークインフラの世代交代への対応  データ・トラヒック増/多様化への対応

10 さらに読み込む

自己紹介 川口洋 ( かわぐちひろし ),CISSP 株式会社ラックチーフエバンジェリスト兼担当部長 ISOG-J 技術 WG リーダ内閣官房情報セキュリティセンター情報統括グループ参事官補佐 2002 年ラック入社社内インフラシステムの維持 運用に従事する その他 セキュアサーバの構築サービスや

自己紹介 川口洋 ( かわぐちひろし ),CISSP 株式会社ラックチーフエバンジェリスト兼担当部長 ISOG-J 技術 WG リーダ内閣官房情報セキュリティセンター情報統括グループ参事官補佐 2002 年ラック入社社内インフラシステムの維持 運用に従事する その他 セキュアサーバの構築サービスや

社内インフラシステムの維持、運用に従事する。その他、セキュアサーバの構築 サービスや、サーバのセキュリティ検査業務なども行い、経験を積む。その後、IDS や Firewall などの運用・管理業務を経て、セキュリティアナリストとして、JSOC監視 サービスに従事し、日々セキュリティインシデントに対応。2005年より、アナリストリーダ として、セキュリティイベントの分析とともに、IDS/IPSに適用するJSOCオリジナルシグ ネチャ(JSIG)の作成、チューニングを実施し、監視 サービスの技術面のコントロールを 行う。
さらに見せる

43 さらに読み込む

情報インフラの合理化 再構築 1-1 政府情報システムの統廃合 クラウド化各府省に林立する情報システムについて 統廃合を徹底するとともに 政府共通プラットフォームへの移行を促進し 政府情報システムのクラウド化を徹底 1-2 大規模システムのコスト削減大規模システムについて 与党 (IT 戦略特命委員

情報インフラの合理化 再構築 1-1 政府情報システムの統廃合 クラウド化各府省に林立する情報システムについて 統廃合を徹底するとともに 政府共通プラットフォームへの移行を促進し 政府情報システムのクラウド化を徹底 1-2 大規模システムのコスト削減大規模システムについて 与党 (IT 戦略特命委員

・国民・企業の意見・要望を総務省が仲介し、改善の働きかけを 行うとともに、各府省の取組を可視化。 ・行政手続のオンライン利用の利便性を向上する観点等から、政 府情報システムのユーザ認証を一括し、シングルサインオンを 実現する認証プラットフォーム(仮称)を2016年度中を目途 に総務省において整備する。

13 さらに読み込む

目次 STEP.1 学内ネットワークに接続できる機器の環境と情報環境機構への申請方法 学内ネットワークに接続できる機器の環境について 必要な手続き 申請書記入例 申請書に記入する MAC アドレスの確認方法 有

目次 STEP.1 学内ネットワークに接続できる機器の環境と情報環境機構への申請方法 学内ネットワークに接続できる機器の環境について 必要な手続き 申請書記入例 申請書に記入する MAC アドレスの確認方法 有

▷ システム利用 ID(ユーザー名)とパスワード 本学情報環境機構から発行される、システム利用 ID(ユーザー名)とパスワード 1.2 必要な手続き 有線 LAN インターフェスのデバイスを申請する場合は、 [情報環境機構ウェブサイト]の ユーザーズガイド-学内ネットワーク:持込デバイス(有線)申請・設定方法 のページを ご参照ください。

26 さらに読み込む

NEC WebOTXとF5 BIG-IPを適用した、快適なデータトラフィック インフラ構築の実現

NEC WebOTXとF5 BIG-IPを適用した、快適なデータトラフィック インフラ構築の実現

2. Web ソリューションの最適化 Web 技術の進化とともにコンテンツの表現幅はますますの広がりを見せています。それに併せて、配信す る情報の大容量化にも拍車がかかっています。例えば、表現力を増すための手法として、 Ajax に代表される ような技術が多用されてきています。また RSS の利用が一般化され、複数の RSS 情報コンテンツを連結し て 1 つの画面に組み込むことも可能になってきています。このような技術は、静的な HTML を表示する場合 に比べて多くの HTTP 通信が発生するため、ブロードバンド環境を前提としていることがほとんどです。一 方クライアントの環境に目を向けてみると、フルブラウザを搭載した携帯電話からのアクセスの急増や、帯 域幅が狭い海外 WAN を経由するアクセスなど、依然として遅延の大きな環境が存在することも事実です。 従って、日々の IT 環境変化に耐えうる広域なサービスを維持するためには、Web サーバの負荷を軽減さ せつつも、なおかつ WAN 経由の通信性能を向上させるという、難しい課題に取り組む必要があります。 この実証実験では、 WebAccelerator Module を組み込んだ BIG-IP LTM を利用して、WebOTX Application Server上で動作するWebアプリケーションの応答速度がどのくらい高速化できるかに着目して検証します。
さらに見せる

21 さらに読み込む

FUJITSU インフラ構築サービス AZBOXマイナンバー業務システム連携PC 商品仕様書

FUJITSU インフラ構築サービス AZBOXマイナンバー業務システム連携PC 商品仕様書

(1) 問い合わせ受付 本 PCのハードウェアトラブル時は、「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC サポート ご利用ID通知書」(以 下、 ID 通知書)に記載された窓口へ電話またはメールにてお問い合わせください。なお、ご連絡頂く際には下記の 情報が必要となりますので、予めお手元にご用意のうえ、窓口にお伝え下さい。

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...