• 検索結果がありません。

売上高17,732百万円(前年同期比9.0%減)、営業

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

... 大切なお知らせ 1 株当たり配当金及び配当性向の推移 利益配分につきましては、中間配 当・期末配当の年2回の実施と安定 配当の継続を基本とし、業績や将来 の企業体質強化に向けた内部留保を 総合的に勘案しつつ、株主のみなさ まへの利益還元に努めてまいります。 この基本方針に基づき、当期の中 間配当金につきましては、当中間期 の業績及び財務状況等を踏まえ、株 主のみなさまへの一層の利益還元を 行うこととし、1株当たり 30 ...

12

IT サービス セグメントの状況 ( 連結 ) 2014 年 3 月期第 1 四半期 2015 年 3 月期第 1 四半期 前年同期比 金額金額増減額増減率 売上高 % 営業利益 ( 営業利益率 ) (1.5%) (-) 売上高 : ヘルスケ

IT サービス セグメントの状況 ( 連結 ) 2014 年 3 月期第 1 四半期 2015 年 3 月期第 1 四半期 前年同期比 金額金額増減額増減率 売上高 % 営業利益 ( 営業利益率 ) (1.5%) (-) 売上高 : ヘルスケ

... 営 業 利 益 8.4 10.0 +1.5 +17.8 ( 営 業 利 益 率 ) ( 6.4) ( 6.3) (注)2014年3月期までネットビジネス・セグメント属した連結子会社のシックス・アパート株式会社およびSix Apart, Inc. が2015年3月期よりITサービス・セグメントに移るため、当ページに記載の2014年3月期の数値はセグメント変更後 の数値としています。 ...

8

1. 売上高と利益の動向 ( 第 1 図 第 2 図 ) (1) 売上高 ( 金融業 保険業を除く )( 第 1 表 ) 売上高は343 兆 5,978 億円で 前年同期 (345 兆 3,293 億円 ) を1 兆 7,315 億円下回り 対前年同期増加率 ( 以下 増加率 という ) は 0.5

1. 売上高と利益の動向 ( 第 1 図 第 2 図 ) (1) 売上高 ( 金融業 保険業を除く )( 第 1 表 ) 売上高は343 兆 5,978 億円で 前年同期 (345 兆 3,293 億円 ) を1 兆 7,315 億円下回り 対前年同期増加率 ( 以下 増加率 という ) は 0.5

... -3.3 0.6 1.0 1.4 3.9 その他の借入金 411,161 418,407 392,174 404,520 399,895 ...-1.2 0.9 その他 559,857 538,812 563,993 555,905 571,828 ...-3.8 売上 3,453,293 3,150,886 3,280,578 ...

38

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

... なお、新設会社が当社から承継する債務については、当社が重畳的引受を行います。 また、資産および負債の評価については、平成 18 年 9 月末日時点の貸借対照表を基礎とし、これ に分割期日における対象となる資産および負債の増減を加減した上で確定するものといたします。 (7)債務履行の見込み ...

8

通期業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪業績動向伪 売上高 営業利益 経常利益ともに昨年並みに推移 (1) 2016 年 3 月期第 2 四半期の業績動向 2016 年 3 月期第 2 四半期の売上高は 17

通期業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪業績動向伪 売上高 営業利益 経常利益ともに昨年並みに推移 (1) 2016 年 3 月期第 2 四半期の業績動向 2016 年 3 月期第 2 四半期の売上高は 17

... 業績動向 売上営業利益、 経常利益ともに昨年並みに推移 (1) 2016 年 3 月期第 2 四半期の業績動向 2016 年 3 月期第 2 四半期の売上は 171 億 50 (前期 ...0.9% )、 営業利益 41 億 72 ...

9

前年同期比及び季節調整済前期比の推移 ( 全産業 ( 金融業 保険業を除く )) 前年同期比季節調整済前期比景気後退期 売上高 % H H H H 年 10

前年同期比及び季節調整済前期比の推移 ( 全産業 ( 金融業 保険業を除く )) 前年同期比季節調整済前期比景気後退期 売上高 % H H H H 年 10

... 米国商務省センサス局で開発しているX-12-ARIMA(2002)(Version0.2.10)を用いて季節調整系列を作成しています。 変化点・異常値分析の結果、消費税の影響については、平成元年1-3月期及び4-6月期、平成9年1-3月期及び4-6月期、平成26年1-3月期及び4-6月期において、上記の ...

23

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

... 外国人や女性を含む多様な人材の登用 積極的な IR 活動 将来的な少子高齢化による労働力人口の減少に対応した人材確保の観点から多様な人材の登用(ダイバーシティ) に取り組む企業が増加しているが、同社も女性社員や外国人社員に対し、積極的に活躍の場を提供している。 前述のように、「Arma-L(アルマーレ)」や「Arma-L tri-EL(アルマーレ・トライ-エル)」といったワンルームの商品開発 ...

17

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

... 仕入れが苦戦する一方、販売は順調に進捗したため、2Q 末の販売用不動 産は 70.5 億(前期末 6.4 億)と減少した。2Q 末の販売用不動産の 内訳は、底地 53%、居抜き 35%、所有権 12%となっている。 こうした仕入れ環境に対し、仕入れ強化の方策として、①測量を地主任せ にせず、当社で費用負担し時間短縮に努める(測量による地積の増減リスク を当社が負う) ...

11

2019 年 3 月期上期連結業績 (2018/4~9 月 ) 2019 年 3 月期上期 (2018/4~9) 実績 (a) 前年同期比 増収増益を達成 売上高 +18.6%( 前年同期比 ) 営業利益 +16.5%( 同 ) 経常利益 +14.4%( 同 ) 四半期純利益 +55.1%( 同 )

2019 年 3 月期上期連結業績 (2018/4~9 月 ) 2019 年 3 月期上期 (2018/4~9) 実績 (a) 前年同期比 増収増益を達成 売上高 +18.6%( 前年同期比 ) 営業利益 +16.5%( 同 ) 経常利益 +14.4%( 同 ) 四半期純利益 +55.1%( 同 )

... 857 9,229 1986年7月 51 ユニゾ大井四丁目ビル 東京都品川区 1,940 20,882 1993年5月 52 ユニゾ大森ビル 東京都品川区 1,479 15,920 1990年3月 53 ユニゾ高田馬場看山ビル 東京都新宿区 3,177 34,205 1993年7月 54 ユニゾ高田馬場四丁目ビル 東京都新宿区 3,026 32,572 1988年3月 ...

16

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 2,674, ,851, ,048, ,920, 営業収益 1,468,

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 2,674, ,851, ,048, ,920, 営業収益 1,468,

... 70,607 +13,920 経常利益の増加、特別損失の減少 42,887 +9,258 *1.「グループ売上」は、セブン‐イレブン・ジャパンおよび7-Eleven, Inc.における加盟店売上を含めた数値を表示しております。 *2. 商品荒利のマイナスを上回るガソリン荒利により、荒利率はプラスとなっております。 ...

21

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 5,499, ,950, ,048, ,920, 営業収益 2,987,

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 5,499, ,950, ,048, ,920, 営業収益 2,987,

... 注) 5. 「のれん償却費」は販売費および一般管理費に含まれるのれん償却費のみを表示しております。 注) 6. 「減損損失」の内、17/8期は17,413、18/8期は1,078、18/2期は31,809が決算短信における連結損益計算書の事業構造改革費用に 注)6. ...

21

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

...  西日本最大級の道の駅を運営する株式会社丹後王国では、施設の運営に留まらず地域商社としての販路の拡大、 商材のブランド化など様々な施策による売上拡大と運営コストの効率化を図り収益改善を着々と進めています。 また淡路島では、兵庫県立淡路島公園で豊かな自然環境を活かした体験型エンターテインメント「ニジゲンノモ リ」を運営しており、6月には宿泊施設「グランシャリオ 北斗七星135°」をオープンしました。また同じく淡路 ...

6

売上高 営業利益の推移 ( 百万円 ) ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪事業概要伪 無料ネイティブアプリ と ネイティブソーシャルゲーム が事業の柱 同社は スマートフォン向けネイティブアプリの企画 開発 運営 販売を手掛けている

売上高 営業利益の推移 ( 百万円 ) ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪事業概要伪 無料ネイティブアプリ と ネイティブソーシャルゲーム が事業の柱 同社は スマートフォン向けネイティブアプリの企画 開発 運営 販売を手掛けている

... 経常利益 -148 - - - 700 17.5% - - 当期純利益 -306 - - - 550 13.8% - - 弊社では、「ぼくとドラゴン」が第 1 四半期だけで 11.8 億売上を計上したことに加えて、 コンテンツの拡充やイベントの実施など開発及び運営体制の強化により更なる成長の余地が あることから、 同社の業績予想はやや固めの水準とみている。 また、 ...

10

売上高 営業利益の推移 売上高 百万円 4, 35, 3, 25, 34,253 37,572 3,224 34,813 営業利益 百万円 36,23 33,826 36,1 3,5 3,618 3, 2,5 1,979 2, 2, 15, 214 年 5 月 19 日 月 4, 1,

売上高 営業利益の推移 売上高 百万円 4, 35, 3, 25, 34,253 37,572 3,224 34,813 営業利益 百万円 36,23 33,826 36,1 3,5 3,618 3, 2,5 1,979 2, 2, 15, 214 年 5 月 19 日 月 4, 1,

... 4,000 に関しては、M&A などを想定しているが、現段階で具体的に決まっている案件はない。 対象としては、 既存事業とのシナジー効果が見込める案件を検討している。 例えば、 商品力 の強化につながる番組制作会社や販売力の強化につながる広告代理店などが候補先として 挙げられよう。 なお、 今回は新たに ROE や EBITDA (利払い ・ 税金 ・ 償却前利益) など資 ...

14

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

...  (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い等の適用) 「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36 号 平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を平成30年4月1日以後適用し、従業員等に 対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計 基準」(企業会計基準第8号 ...

12

セグメント別業績 以下 ( ) 内は前期比 HR ソリューション エキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 176,928 百万円 (+13.4%) 営業利益 2,661 百万円 (+20.4%) エキスパートサービス 企業の景況感改善に加えて 派遣職種適

セグメント別業績 以下 ( ) 内は前期比 HR ソリューション エキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 176,928 百万円 (+13.4%) 営業利益 2,661 百万円 (+20.4%) エキスパートサービス 企業の景況感改善に加えて 派遣職種適

...  官公庁・自治体等のパブリック分野も行政事務代行の受託が順調に拡大  キャプラン(株)が今年 1 月に子会社化した、アサヒビールの工場見学業務を手がける(株)アサヒビールコミュニケー ションズがグループに加わり、商品の受発注業務などの分野も拡大 〔HR コンサルティング、教育・研修他〕 売上 4,094 (+131.6%)  キャプラン(株)が運営する ...

7

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

... (3)報告セグメントの変更等に関する事項 第1四半期連結会計期間から、報告セグメントに含まれていた「紙加工品製造事業」について重要性が乏し くなったため、「その他」に含めて記載する方法に変更しております。 なお、前連結会計年度のセグメント情報は、変更後の区分に基づき作成したものを開示しております。 2 報告セグメントごとの売上、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法 ...

19

前年同期比及び季節調整済前期比の推移 ( 全産業 ( 金融業 保険業を除く )) 前年同期比季節調整済前期比景気後退期 売上高 % H H H H 年 4 6

前年同期比及び季節調整済前期比の推移 ( 全産業 ( 金融業 保険業を除く )) 前年同期比季節調整済前期比景気後退期 売上高 % H H H H 年 4 6

... 2.9 9.0 仕掛品 335,329 354,440 387,031 329,760 340,265 ...1,795,635 0.3 3.1 2.2 5.8 7.0 固定資産 8,630,376 8,809,949 8,961,845 8,989,771 9,095,255 ...8,920,268 9,292,643 ...

23

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

... 2016 年 3 月期は、引き続き増収・増益を予想している。 特に各利益 (営業利益、経常利益、 当期純利益) は 2 ケタの成長を目指し、 利益重視の経営を進める。 業績予想の実現のため の戦略として、 構造改革をさらに推し進める。 大きな柱になるのは、 3 つの注力事業間の 「ク ロスセル戦略」 である。 2015 年 3 月期は、 データアナリティクス、 セキュリティソリューション、 ...

12

会社概要 売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 40,000 2,500 35,000 30,000 25,000 28,174 29,614 1,288 32,185 32,703 1,593 1,463 34,000 1,700 2

会社概要 売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 40,000 2,500 35,000 30,000 25,000 28,174 29,614 1,288 32,185 32,703 1,593 1,463 34,000 1,700 2

... ■中期的な見通し ○業績コミットメント型のストックオプション 2013年5月20日に開かれた取締役会で、同社は取締役および子会社を含めた 従業員に対し、業績コミットメント型ストックオプションを与えることを決め た。これは、業績が一定の条件を満たしたときに権利を行使できるタイプのス トックオプション。同社が決定した行使条件は、2014年3月期から2016年3月 ...

12

Show all 10000 documents...

関連した話題