名)を実施し

Top PDF 名)を実施し:

課題名 H24年度実施報告書

課題名 H24年度実施報告書

④ ④ ④ ④ カ カ カ カウンターパートへの技術移転の状況(日本側および相手国側と相互に交換された技術情報含む) ウンターパートへの技術移転の状況(日本側および相手国側と相互に交換された技術情報含む) ウンターパートへの技術移転の状況(日本側および相手国側と相互に交換された技術情報含む) ウンターパートへの技術移転の状況(日本側および相手国側と相互に交換された技術情報含む) RITM は、フィリピンの国家感染症研究拠点となっており、ウイルスの検出方法がすでに導入されている。しか 、本研究課題では、多様な呼吸器ウイルス検出対象とており、多くのウイルスも網羅的に検出する必要が ある。そこで、RITM に複数の培養細胞用いたウイルス分離方法導入、また、それらが継続的に活用され ていくための人材として、ウイルスおよび細菌検出に関する技能向上目的として、23 年 10 月より 2 カ月間、短 期研究員(2 受け入れ、現在帰国て RITM において検査部門の中心的な役割担っている。一方、国家 感染症研究拠点として RITM は疫学的解析技術の向上が期待され、特に疾病負荷に関する基礎データの解析 は重要な保健分野の戦略となるため、その人材育成が必須である。そのため、RITM 疫学部門より 2 短期研究 員として招聘、疾病負荷および空間疫学的解析に関する研修実施た。一方で、東北大学から医学部学 生・大学院生がフィリピン訪問、RITM ベースに研究活動実施、途上国におけるウイルス学・疫学研究 体制および国際保健分野幅広く学んだ。
さらに見せる

5 さらに読み込む

1 検討会議および総括( 意見交換会 ) について < 開催日時 実施内容等 > 開催日時 出席者 議題 内容 1 5/19 9 時 30 分 ~ 講師 2 名 国際課職員 2 名 1. 昨年度の成果と課題の共有 2. 今年度の実施に向け 昨年度の成果と課題を共有し 今年度の実施に向けて検討した 大

1 検討会議および総括( 意見交換会 ) について < 開催日時 実施内容等 > 開催日時 出席者 議題 内容 1 5/19 9 時 30 分 ~ 講師 2 名 国際課職員 2 名 1. 昨年度の成果と課題の共有 2. 今年度の実施に向け 昨年度の成果と課題を共有し 今年度の実施に向けて検討した 大

6. 成果と課題 (1)外国人の日本語学習の需要の掘り起こし 昨年度は平日午前に開催、対象と考える子ども持つ主婦等の参加も数あったが、応募者 数は 10 と定員 15 下回った。そこで、外国人キーパーソンから夜間に働く外国人は朝の授 業への参加は難しいのではないかとの意見もあったことから、参加やすい時間帯の検証も含め、 未だ実施ていない平日午後に開催することとた。また、あわせて開催回数や開催頻度、募集 チラシ見直すとともに、外国人キーパーソンに教材改訂や事業周知への協力依頼た。その 結果、今年度は募集 15 に対して 17 の応募があった。今年度は前述のようにさまざまな見直 行っており、応募者の増加につながった要因が何かは特定できないが、来年度もあらゆる可 能性試し、外国人の日本語学習の需要のさらなる掘り起こしに努めたい。
さらに見せる

16 さらに読み込む

6,113 名の女性が自己触診を実施し 16 名に腫瘍が見つかり その後の精密検査で 6 名が乳がんと診断され 治療を受けています 3 年目は活動地を変更し事業を継続しています 4. ミャンマー支援 ( 総事業費 1,094 万円 ):2014 年 8 月に保健省との事業合意書を締結し 2015 年

6,113 名の女性が自己触診を実施し 16 名に腫瘍が見つかり その後の精密検査で 6 名が乳がんと診断され 治療を受けています 3 年目は活動地を変更し事業を継続しています 4. ミャンマー支援 ( 総事業費 1,094 万円 ):2014 年 8 月に保健省との事業合意書を締結し 2015 年

事業では、3 日間にわたり、 ハンドン地区(地域住民対象)、メーリム地区、ムアン 地区(共に中学生対象)にて予防教育行いました。特 に、2 つの地区の中学校での活動に関しては、高等専 門学校生に対して行っているもの参考に実施まし た。等身大の絵作成て自分たちの体よく知るこ と、避妊具の正確な使い方の説明、水交換ゲーム(HIV 感染がどのように広まっていくか視覚で表したゲー ム)による知識の習得などが主な内容です。合計 185 の生徒が参加ました。どの生徒も恥ずかしがるこ となく、真剣に話聞き、そしてゲームや実技の時間 になるととても楽しんで活動に参加ていました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

実施日 2018 年 4 月 8 日 ( 日 ) 実施ブロック第 6 ブロック参加人数 100 名 指導会当日の概要 6ブロックが開催している試合を担当している審判員を対象に( 約 100 名 ) 実技講習および座学を実施しました 実技講習(90 分 ) は 主審の動きとポジショニング 副審の動きと

実施日 2018 年 4 月 8 日 ( 日 ) 実施ブロック第 6 ブロック参加人数 100 名 指導会当日の概要 6ブロックが開催している試合を担当している審判員を対象に( 約 100 名 ) 実技講習および座学を実施しました 実技講習(90 分 ) は 主審の動きとポジショニング 副審の動きと

・審判割当(主審,副審,第4審)は14ブロックが実施ました(主審は審判経験考慮)。 審判団以外には試合観戦ながら指導行いました。 ・東京都少年サッカー連盟審判部より2の講師お招きて実技研修行いました。 ・試合は、小平市協会少年部のご協力により、選抜招待大会2日目の順位別リーグ12試合(2面同時進行、 午前6試合、午後6試合)利用させていただきました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

また 四半期毎に部門長を対象とした勤務実績報告会で テレワークを含めたワークスタイル改革を推進させるための施策について議論を実施している 周知 啓発方法 2015 年から約 2,000 名の間接部門社員を対象にしたスキルアップワークショップを実施している ワークショップでは テレワークのススメ とい

また 四半期毎に部門長を対象とした勤務実績報告会で テレワークを含めたワークスタイル改革を推進させるための施策について議論を実施している 周知 啓発方法 2015 年から約 2,000 名の間接部門社員を対象にしたスキルアップワークショップを実施している ワークショップでは テレワークのススメ とい

 テレワーク利用者の人事評価は、テレワーク実施てどのような成果挙げたか重点に おいて評価ており、毎年 1,000 規模の人事評価者に対して、人事部が評価のあり方、考え方、 ケーススタディ、ロールプレイなどの研修実施ている。  開始時と終了時に会社支給携帯のスマートフォンのコミュニケーションアプリ用いて上司 とコミュニケーションとり、テレワーク実施中にもコミュニケーション推奨ている。ま たテレワーク時の残業は原則禁止ている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

課題名 H25年度実施報告書

課題名 H25年度実施報告書

3)相手国側研究メンバーの招聘 相手国研究参画機関の主要メンバーの一人であるフィリピン大学ディリマン校の Dr. Ariel Blanco H22 年の 8月中旬から9月上旬にかけて研究代表者の研究室(東京工業大学)に招聘、その間、本プロジェクトの比較 サイトの一つである沖縄・石垣島での合同現地調査への参加を通じて、地下水中心とた陸源環境負荷に関 する現地調査実施するとともに、調査データの整理・解析行った。また、陸現環境負荷評価モデル開発に 関する検討上記研究室で実施た。また、H22 年 11 月下旬から 12 月上旬にかけて、同氏上記研究室に同 氏の RA である Ms. Ayin Tamondong とともに再び招へいた。その間、両氏は H22 年 12 月上旬につくばで開 催された日本サンゴ礁学会第 13 回大会に参加、関連する情報収集行うとともに、Dr. Blanco は上記の H22 年 8 月の石垣調査で得られたデータ等に基づいて成果発表行った。そして、上記研究室において、Dr. Blanco は上記の陸源負荷評価モデル中心とたモデル開発検討進め、Ms. Ayin Tamondongha は海草藻 場の人工衛星マッピングや海草藻場中心とた生態系モデル開発の予備検討実施た。H23 年には、Dr. Siringan, Dr. Blanco, Ms. Danica Mancenido, Ms. Ed Carla Tomoling, Mr. Lawrence Bernardo の5招へい 、沖縄石垣島の吹通川河口周辺沿岸域において、地下水流出に関する合同調査実施た。また、フィリピ ン大学海洋研究所で修士課程修了た Mr. Lawrence Patrick C. Bernardo 文科省国費留学生として H23 年 10 月から受け入れた。H24 年には、10 月から、MSU-Naawan の Assistant Professor の Mr. Dan Arriesgado、 ならびに UP-MSI の RA の Ms. Charissa Ferrera JICA 長期研修員として招聘、ともに東京工業大学の博士 課程学生として受け入れた。このうち Mr. Dan Arriesgado は H26 年 6 月までの殆どの時間、東大・練氏の研究 室で指導受ける形と、生態学グループ B と密接に関わる形で活動ている。また Ms. Charissa Ferrera は1 /3程度の時間東大・大気海洋研の宮島氏のもとで指導受ける形と、地球化学グループと密接に関わる 形で活動ている。さらに同年 10 月に Dr. Ariel Blanco、Mr. Jeark A. Principe、Ms. Sheryl Rose Reyes、Ms. Ed Carla Tomoling の 4 短期研修員として受け入れ、damage potential map 開発および IDSS 開発に関する検 討行った。H25 年には 12 月に、Dr. Ariel Blanco, Mr. Homer Pagkalinawan, Ms. Roseanne Ramos, Dr. Eugene C. Herrera, Mr. Bryan Clark Hernandez の 5 短期研修員として受け入れ、前年に引き続き damage potential map 開発および IDSS 開発に関する検討行った。
さらに見せる

23 さらに読み込む

課題名 H21年度実施報告書

課題名 H21年度実施報告書

③  当初の計画(全体計画)に対する現在の進捗状況 ・ キックオフ会議(4 月)、勉強会(5~7 月毎月 1 回計 3 回)、詳細計画策定調査と R/D ミニッツ調印(8 月)経て、1 月に R/D 調印、2 月に BPPT との間の合意書(CRA)調印と JST との正式契約行った。 ・ 上記に伴い、両国研究者の合意のもとに、マスタープラン記載の研究実施期間次年度から 4 年度間 (2010 年 4 月~2014 年 3 月)に修正た(正式には次年度 6 月開催予定の JCC の議経て決定する)。 ・ JST 直接経費(4 、①に記載の A~D に該当)および間接経費(1 )で雇用する人員の公募・選考
さらに見せる

7 さらに読み込む

課題名 H24年度実施報告書

課題名 H24年度実施報告書

催された日本サンゴ礁学会第 13 回大会に参加、関連する情報収集行うとともに、Dr. Blanco は上記の H22 年 8 月の石垣調査で得られたデータ等に基づいて成果発表行った。そして、上記研究室において、Dr. Blanco は上記の陸源負荷評価モデル中心とたモデル開発検討進め、Ms. Ayin Tamondongha は海草藻 場の人工衛星マッピングや海草藻場中心とた生態系モデル開発の予備検討実施た。H23 年には、Dr. Siringan, Dr. Blanco, Ms. Danica Mancenido, Ms. Ed Carla Tomoling, Mr. Lawrence Bernardo の5招へい 、沖縄石垣島の吹通川河口周辺沿岸域において、地下水流出に関する合同調査実施た。また、フィリピ ン大学海洋研究所で修士課程修了た Mr. Lawrence Patrick C. Bernardo 文科省国費留学生として H23 年 10 月から受け入れた。H24 年には、10 月から、MSU-Naawan の Assistant Professor の Mr. Dan Arriesgado、 ならびに UP-MSI の RA の Ms. Charissa Ferrera JICA 長期研修員として招聘、ともに東京工業大学の博士 課程学生として受け入れた。このうち Mr. Dan Arriesgado は殆どの時間、東大・練氏の研究室で指導受ける形 と、生態学グループ B と密接に関わる形で活動ている。また Ms. Charissa Ferrera は1/3程度の時間東 大・大気海洋研の宮島氏のもとで指導受ける形と、地球化学グループと密接に関わる形で活動ている。さ らに同年 10 月に Dr. Ariel Blanco、Mr. Jeark A. Principe、Ms. Sheryl Rose Reyes、Ms. Ed Carla Tomoling の 4 短期研修員として受け入れ、damage potential map 開発および IDSS 開発に関する検討行った。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3 生徒の実態 ( 省略 ) 読書に関するアンケートを実施したところ 次のような結果になった ( 回答者 28 名 ) 1 本を読むことは好きですか 好き 名 どちらかというと好き 名 嫌い 名 どちらかというと嫌い 名 無記入 名 2 一ヶ月に平均どれくらい本を読みますか 10 冊以上 名 6~9

3 生徒の実態 ( 省略 ) 読書に関するアンケートを実施したところ 次のような結果になった ( 回答者 28 名 ) 1 本を読むことは好きですか 好き 名 どちらかというと好き 名 嫌い 名 どちらかというと嫌い 名 無記入 名 2 一ヶ月に平均どれくらい本を読みますか 10 冊以上 名 6~9

多くの学校で実施ているように、本校でも「朝の読書タイム」設けて、毎日十分間読書行って いる。各自好きな本持ち寄り、その時間は集中て読んでいる。中には時間になってもなかなかやめ られず続きが気になっている様子も見られる。特に3年生は塾通いで家に帰ってからも本読む時間が 作れず、一か月で1~2冊読めるか読めないかという状態なので、朝の読書タイムは貴重な時間と言え る。読書が嫌いな生徒もいるが、大多数は好きな方と答えているので、本に触れる機会と時間が確保さ れていれば、読書に対して抵抗はないようである。しかし、幅広い分野で読書ているかというとそ うではない。朝読の時間に生徒の読む本や図書館でリクエストする本見ていると、最も多いのがいわ ゆるライトノベルと言われる小説である。有名イラストレーターや漫画家による挿絵が豊富で、主人公 たちの軽妙な会話が主体で、行間も読みやすく空いている作品が多い。他に映像化た作品の原作や漫 画、映画のノベライズ本などもよく読まれている。図書館では近代文学コーナーもあるが、手にとって 読む生徒はほとんどいない。教科書に載っている『蜘蛛の糸』や『走れメロス』『坊っちゃん』楽し そうに読むが、他の作品手に取ることはない。『坊っちゃん』の学習た後に、図書館で近代文学 読む時間設けたとき、あらすじ紹介するとその本読む生徒がいたので、興味引くように中身 紹介することで、ふだん手に取ることのない近代文学も読むのではないだろうか。
さらに見せる

8 さらに読み込む

課題名 H25年度実施報告書

課題名 H25年度実施報告書

メキシコについては、モントレー、グアダラハラにおける観測が全く実施されていない。メキシコ側ではデータ 解析はあまり進捗ていなかったが、捕集された試料について一部日本側で分析進め、メキシコシティでの PM2.5 成分が明らかとなってきた。また、2013 年の 10 月に 1 週間のサンプル採取持ち帰って分析実施 た。この結果により、特定の期間ではあるがメキシコシティにおける PM2.5 の組成が明らかとなった。日本とメキ シコとで、同じサンプリングシステム用いての PM2.5 と PM coarse (PM10-PM2.5)の試料採取が出来た事が特 筆すべ成果である。当初の計画に含まれていたものである。このような試料は世界的にも例が無く極めて貴重で ある。大阪での1年間の採取試料の成分分析は実施されてデータが確定ているが、メキシコの成分分析結果 は精査が必要な状況にある。今後の分析精度向上が課題である。
さらに見せる

16 さらに読み込む

課題名 H24年度実施報告書

課題名 H24年度実施報告書

2012 年度には、上記の動的載荷非排水リングせん断試験機のクロアチア仕様機材製作、リエカ大 学土木工学部に納入・設置た。同機材の機能確認試験実施、所定の性能が得られたこと確認た。 また、佐々が 2012 年 9 月にリエカ大学の試験室訪問、同試験機の稼働状況確認た。また、2013 年 3 月にザグレブ市で開催された国際ワークショップに参加た際、プロジェクトの初年度にクロアチアから 招聘、現在、京都大学博士課程の 3 年に在籍する留学生リエカ大学に派遣、試験共同で実施、 実験研究の推進図った。クロアチアプロジェクトにおいて開発されたこの試験機の汎用性が確認されて いる。すなわち、深海掘削計画(IODP)の一環として南海トラフで掘削されたボーリングにより、過去の海底 地すべりの底面(海底 200m に位置するすべりゾーン)から採取された火山灰層の試料使用、本試験機 用いて実験行い、東北地震の波形載荷た地すべり再現実験行い、勾配 9 度の緩勾配の海底斜 面で海底地すべりが発生うること実験的に提示た。また、駿河湾にある石花海とよばれる海底陥没地 形が、過去の大地震で発生た海底地すべりで生じた可能性があること、本試験機により計測された強 度定数用いた地すべりシミュレーションから説明た。クロアチア研究グループとクロアチアからの留学生 含むメンバーによるこの研究成果国際誌に投稿、2012 年12月に出版された(Landslides Vol.9, No.4)。
さらに見せる

25 さらに読み込む

課題名 H23年度実施報告書

課題名 H23年度実施報告書

・ Outputs 2 (レーダー陸上観測網運用)については、既存 5 基(パダン MIA の XDR、ジャカルタ Serpong-PUSPIPTEK の CDR、ポンティアナ・マナド・ビアクの WPRs)の運用が計画通り本年度まで JICA 予算で順調に継続され、CDR 除く文科省資産 4 基のインドネシア政府への譲渡も日本文科・ 財務・外務各省の調整・了解完了次(24)年度初めの執行へ向けて在ジャカルタ日本大使館とイン ドネシア外務省との間で最終調整に入っている。また新規導入の可搬型マルチパラメタレーダー (MPR)が完成、8 月に独工場研修、10 月到着・通関、11 月現場(ボゴール仮設置)研修・検収経て、 12 月に西スマトラ州内において集中観測(実地研修含む)に使用された。このスマトラ集中観測は、 他経費・協力者(インド洋上のインドネシア観測船による CINDY 連携観測含む)とも連携実施さ れ、インドネシア側が主体的に運用(ブログによる実時間情報交換・公開含む)行い、典型的な MJO(松野 Gill パターン伴う)の海大陸上陸期の対流活動の変化など捉えることに成功、現在両 国共同で解析中である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

課題名 H25年度実施報告書

課題名 H25年度実施報告書

上記のいずれの鉱山も、地震活動の活発化はこれからであり、採掘に伴って岩盤が様々に変形する 様が観察できると期待される。カウンターパートの薄板状の採掘跡の閉塞の監視も、地震活動の活発 化の前に始められるよう努力ている。 日本で多用されている応力測定方法(円錐孔底ひずみ法)、より小さい口径で、より容易に行うこと ができるようにてモアプ・コツォン鉱山で試みた。最初は失敗たが、南アの悪いドリリング条件でも成 功するように改良加え、平成 23 年 9 月に成功することができた。以後、南アの多くの鉱山関係者から 引き合いがあり、平成 25 年 1~2 月に南アのコンサル会社と鉱山関係者に広く呼びかけ、ムポネン鉱山 の地下約 3.4km およびタウ・トナ鉱山の地下約 3km において測定が行われた。前者は南ア最大の金鉱 山であるが、以前には応力測定が一度も行われていなかった。また、後者は、タウ・トナ鉱山で2つ目の 測定例であるが、M L 1.5 の被害地震の近くの測定であった。後者は最大圧縮応力が 146MPa と非常に
さらに見せる

21 さらに読み込む

課題名 H23年度実施報告書

課題名 H23年度実施報告書

フィリピンにおいても、小児死亡の主たる原因が肺炎であり(図1)、その対応策が求められている。そこで、本 プロジェクトではフィリピンの小児において重症呼吸器感染症の重症化因子さまざまな角度から包括的に明ら かにすると共に、重症化阻止、特に死亡の軽減につながるような、より有効な診断、治療および予防方法確立 すること目的とている。

5 さらに読み込む

課題名 H24年度実施報告書

課題名 H24年度実施報告書

・ Outputs 2 (レーダー陸上観測網運用)については、文部科学省資産の 4 基(パダン MIA の XDR、ポ ンティアナ・マナド・ビアクの WPRs)と JAMSTEC 資産の1基(ジャカルタ Serpong-PUSPIPTEK の CDR) の全てが、当初計画通り今年度からイ国側の運用となった。特に首都防災にも多大に貢献可能な CDR については、イ国政府(BPPT)予算により順調に観測が継続され、通信ネットワークも改善(VSAT 衛星通信から NEONET 光通信へ改修)、さらには独自に観測データ回収体制も整えるなど、ほぼ自主 運用体制が整った。2013 年 1 月 17 日中心に洪水引き起こした豪雨についても観測が実施され、 その際に問題のあったインフラ(停電・ネット不通)についても直後に改善策が取られた。しかしながら XDR および WPRs はイ国側移譲先正式決定(に伴う予算措置)が間に合わなかったため、今年度初め より連続観測が停止ており、11 月の Fadli イ国側代表・福田調整員の現地視察経て、早期の観測 再開に向けた調整が継続されている。一方で、イ国側には高度精密機械であるレーダーの保守管理 に対する認識が弱く、不具合が散見されたため、今後一層の指導と改善が望まれる。本年度まで 3 年 間の Output 2 の活動総括行うと共に、次年度本格化する Output 5 についても議論する「MCCOE レ ーダー気象/気候学ワークショップ」 2 月 28 日に実施た。
さらに見せる

11 さらに読み込む

課題名 H23年度実施報告書

課題名 H23年度実施報告書

2011 年 4 月、新潟大学からジオモス社(旧ライカ社より独立)に対して計画に沿った発注行い、9 月に 設置工事完了、伸縮計、GPS, Total Station 組み合わせた総合モニタリング・システムが完成、観測 開始た。 ④ カウンターパートへの技術移転の状況(日本側および相手国側と相互に交換された技術情報含む) 2010 年9月15-27日にクロアチアに行き、地すべりグループのリーダーであるリエカ大学のアルバナス 教授以下とグロホボ地すべり地における観測システムについての打合及び作業実施た。地すべり計測 に関わる測線の位置の選定、測定機の必要な精度、信頼できるデータの時間間隔(GPS連続観測、 Robotic Total Station, 伸縮計)におけるデータ解析間隔とその精度についての検討と討論を通じて、技術 移転ができた。 プロジェクト申請前から、招聘検討ていたクロアチア水利局(Croatian Water)からの本 共同研究のメンバーが、博士課程の院生として、10 月 1 日に京都大学大学院に入学た。そしてポータブ ル非排水リングせん断試験機の開発、試用、基礎実験に参画、試験に必要な地すべりダイナミクスの学 習行っている。2010 年9月には、クロアチアにおいて、若手研究者対象に、せん断試験の地すべり現 地及び室内での実習、航空写真より数値地形図作成の実習実施、11月には日本において、地すべり シミュレーションの講習実施た。
さらに見せる

14 さらに読み込む

1 募集人員等 学科 入試種別 募集人員 修業年限 マイスター科 一般入試 推薦入試 Ⅰ 推薦入試 Ⅱ 第 1 回 第 2 回 名程度若干名 5 名程度 若干名 第 3 回 若干名 募集定員を満たした場合は 一般入試 ( 第 3 回 ) を実施しないことがあります 2 受験資格 1 推

1 募集人員等 学科 入試種別 募集人員 修業年限 マイスター科 一般入試 推薦入試 Ⅰ 推薦入試 Ⅱ 第 1 回 第 2 回 名程度若干名 5 名程度 若干名 第 3 回 若干名 募集定員を満たした場合は 一般入試 ( 第 3 回 ) を実施しないことがあります 2 受験資格 1 推

○合格発表は、校内掲示板及び本校ホームページ上で行うとともに、合格者には文書で通知ます。 ※電話での合否の問い合わせには応じません。 ○推薦入試Ⅰ及びⅡの合格者については推薦学校長に結果通知ます。 ○合格発表の日から1ヶ月間、志願者の科目別得点について、岐阜県立国際園芸アカデミー事務室 にて情報提供ます。情報提供ご希望の方は、志願者本人であること確認するために、以下 の2つの書類持参てください。
さらに見せる

11 さらに読み込む

施策評価シート ( 平成 30 年度評価実施 ) 担当部課名 市民福祉部子育て支援課 関連部課名 庶務課福祉課 第四次蒲郡市総合計画 ( ~ ) 施策名 子育て支援 基本目標 笑顔で安心して暮らせるまちづくり 健康 福祉 施策の説明 子育ての悩みを解消して安心して子育

施策評価シート ( 平成 30 年度評価実施 ) 担当部課名 市民福祉部子育て支援課 関連部課名 庶務課福祉課 第四次蒲郡市総合計画 ( ~ ) 施策名 子育て支援 基本目標 笑顔で安心して暮らせるまちづくり 健康 福祉 施策の説明 子育ての悩みを解消して安心して子育

につなげていけるような取組 取組 取組 取組 進 進 進める 進 める める める必要 必要があります 必要 必要 があります があります があります。 。 。 。また また また また、 、 、 、利用者 利用者の 利用者 利用者 の の の立場 立場 立場に 立場 に に に立 立 立った 立 った質 った った 質 質 質の の の向上 の 向上 向上 向上 図 図 図 りつつ りつつ りつつ りつつ、 、 、 、事業 事業 事業 事業の の の の周知 周知に 周知 周知 に に に努 努 努 努めるべきです めるべきです めるべきです。 めるべきです 。 。 。 国
さらに見せる

7 さらに読み込む

委託試験成績 ( 平成 29 年度 ) 担当機関名部 室名 実施期間 大課題名 課題名 目的 群馬県畜産試験場飼料環境係 平成 29 年度 ~ 平成 30 年度 新規 Ⅲ 水田を活用した資源作物の効率的生産 供給技術の確立 汎用コンバインを利用した子実用トウモロコシとオオムギ二毛作体系における自給濃

委託試験成績 ( 平成 29 年度 ) 担当機関名部 室名 実施期間 大課題名 課題名 目的 群馬県畜産試験場飼料環境係 平成 29 年度 ~ 平成 30 年度 新規 Ⅲ 水田を活用した資源作物の効率的生産 供給技術の確立 汎用コンバインを利用した子実用トウモロコシとオオムギ二毛作体系における自給濃

HMSC の品質は良好であったが、微発酵に留まったことから乳酸菌製剤や収穫時期の検討行 っていく必要があると考えられた。 (5) オオムギ SGS および HMSC の生産費は輸入トウモロコシ価格や籾米サイレージよりも安価で できるため、水田フル活用た自給濃厚飼料二毛作栽培として有効な栽培体系であると考えら れた。自給濃厚飼料生産検討ているコントラクタへの導入やオオムギ SGS は通常の自脱型 コンバインで収穫可能なことから、コントラクタのみならず、耕種農家による冬作栽培が行わ れていない空き水田における生産が有効であると思われる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1 排出削減事業者の情報排出削減事業者会社名株式会社シンセラ排出削減事業を実施する事業所事業所名株式会社シンセラ排出削減事業共同実施者 ( 国内クレジット保有予定者 ) 排出削減事業共同実施者名一般社団法人低炭素投資促進機構 1

1 排出削減事業者の情報排出削減事業者会社名株式会社シンセラ排出削減事業を実施する事業所事業所名株式会社シンセラ排出削減事業共同実施者 ( 国内クレジット保有予定者 ) 排出削減事業共同実施者名一般社団法人低炭素投資促進機構 1

 本事業は、電気式コンプレッサー高効率の電気式コンプレッサーに更新することで CO2排出量削減する。  2.3    温室効果ガス排出量の削減方法 電気式コンプレッサー高効率の電気式コンプレッサー及びインバータータイプの 高効率の電気式コンプレッサーに更新することで、CO2排出量削減する。

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...