各国規制緩和ないし金融自由化

Top PDF 各国規制緩和ないし金融自由化:

航空輸送の国際間の枠組み 1 規制と規制緩和 枠組みの形成 各国の規制緩和の動き 海運との違い 海運の歴史 航空輸送はなぜ規制されてきたか? 規制とは何か? なぜ規制緩和 自由化の方に動いているか? 航空協定 - 自由化の動き 国際民間航空の枠組み作りは戦後行われた シカゴ会議の成果とシカゴ条約の主

航空輸送の国際間の枠組み 1 規制と規制緩和 枠組みの形成 各国の規制緩和の動き 海運との違い 海運の歴史 航空輸送はなぜ規制されてきたか? 規制とは何か? なぜ規制緩和 自由化の方に動いているか? 航空協定 - 自由化の動き 国際民間航空の枠組み作りは戦後行われた シカゴ会議の成果とシカゴ条約の主

海運は自由だが、航空は? ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 注1) 「海運自由の原則」:海運事業に対する参入撤退の自由を保証し、貨物の積取りに ついて政府の介入により自国の商船隊や自国籍船による輸送を優先させたりす ることなく、海運企業や船舶の選択を企業間の自由かつ公正な競争の委ねると の原則をいい、イギリスや日本など先進海運国における海運政策の基本とされ ている。現実には、国家安全保障等を口実とした政府介入が行われることも多
さらに見せる

16 さらに読み込む

企画主旨 世界の金融業界を活気づかせている FinTech の大波が これまで規制で守られてきた日本の金融業界に押し寄せようとしています 高度な決済サービスを可能にしたり 金融機関の事業の自由度を高めたりすることを目的に 政府が規制緩和を検討し始めました ようやく日本でもテクノロジーを駆使した金融サ

企画主旨 世界の金融業界を活気づかせている FinTech の大波が これまで規制で守られてきた日本の金融業界に押し寄せようとしています 高度な決済サービスを可能にしたり 金融機関の事業の自由度を高めたりすることを目的に 政府が規制緩和を検討し始めました ようやく日本でもテクノロジーを駆使した金融サ

企画主旨 世界の金融業界を活気づかせているFinTechの大波が、これまで規制で守られてきた日本の金 融業界に押し寄せようとしています。高度な決済サービスを可能にしたり、金融機関の事業の自由 度を高めたりすることを目的に、政府が規制緩和を検討し始めました。ようやく日本でもテクノロジー を駆使した金融サービスの市場競争が本格的にスタートしたのです。

13 さらに読み込む

構造問題と規制緩和

構造問題と規制緩和

こうした問題は,全国民の多数意見ないし中位値投票者の決定するイ シューである.このことは,最近の総選挙で小泉内閣の「改革なくして成長 なし」というキャッチ・フレーズないし理念に立った郵政民営論が雪崩現 象的な政治の旋回をもたらし,官僚機構と政治のあり方を大きく変えたこと からも明らかであろう.後に触れるが,この理念自体かなり問題含みなもの であるが,ここで重要なことは,こうした問題は,少なくとも完全な普通選 挙制に立つ民主制をとっている日本では,政治学でいうところの中位値投票 者の決定することであるということである.また政治学では,しばしば官僚 と政党・政治家を比較して,どちらが決定力をもっているかという議論がな されるが,それは狭い利益集団政治の執行にかかわる権力配分については重 要な問題であっても,ここで問題とする社会秩序の根幹にかかわる問題につ いては無関係である,ことも重要である.4 対 6 で官僚が力をもっていよう と,7 対 3 で政党が力をもっていようと,この種の問題に関しては官僚・政 党ともに有権者の意向に従うしかないのである 2) .開発主義のもとで補助金 の配分にあたって,官僚がいかに権力をもっているとしても,彼らが開発主 義的手法の採用を決めたわけではない,ということが重要なのである.ジョ ンソンや野口の議論はこの点の完全な誤解のうえに成り立っている.
さらに見せる

13 さらに読み込む

中国金融経済システムの構造問題と不動産バブル崩壊の予兆 : 金融「自由化」の政治経済学

中国金融経済システムの構造問題と不動産バブル崩壊の予兆 : 金融「自由化」の政治経済学

となった(数字は、中国人民銀行資料より)。ちなみに、其他存款性公司とは、政策性銀行、四大国有 銀行、株式制銀行等である。 32)中国経済のバブルは、単に国内経済だけに止まらない。例えば、中国の銅関連業者は、取引先銀行にL/C を発行させて銅を輸入し、これを高利で転貸し或いは売却して得た資金を高利回りの理財商品等に投融 資してきた。また、この間の人民元為替相場上昇を背景に、ドル建輸入契約時と支払い決済時の人民元 建実質費用の差額を目当てに、これを香港所在商業銀行のオフショア人民元建勘定で行うことで、資本 規制を回避したドル建投機資金を得ることもできたであろう。そうした中国からの銅輸入が、2014年 ₃ 月大きく減少し、ロンドン金属取引所(LME)の銅価格は2011年の最高値よりも約 ₄ 割下落した(Polly Yam, 'Use of copper in financing loses allure in China', Reuter, July 5, 2012, http://in.reuters.com/ article/2012/07/05/us-china-copper-idINBRE8640BK20120705←2014年 ₃ 月30日 閲 覧, Brett Miller, 'China Rule Changes May Halt Copper-Financing, Goldman Says', Bloomberg, May 23, 2013, http://www. bloomberg.com/news/2013-05-23/china-rule-changes-may-halt-copper-financing-deals-goldman-says. html←2014年 ₃ 月30日閲覧、梅沢正邦「銅価格が急落、 中国から広がる“赤い”不安 爆食の陰で浮か び上がる、 もう ₁ つの『影の銀行』」『週刊 東洋経済』2014年 ₄ 月13日号。
さらに見せる

21 さらに読み込む

EU、製品包装容量・サイズ規制を緩和

EU、製品包装容量・サイズ規制を緩和

欧州委員会運輸・エネルギー総局は、「2009 年 EU 域内電力・ガス市場の創設に関する 進捗報告書」 1 を 2010 年 3 月 11 日に発表した。通称「ベンチマーキング・レポート (Benchmarking reports)」と呼ばれるもので、域内電力・ガス市場に関する現行の第二次 EU 域内エネルギー市場法令パッケージ(表 1 参照)で、欧州委員会が毎年、作成・発表 することを義務付けられている。2009 年の報告書では、関連指令、規則の各国での適用状 況のほか、金融・経済危機の電力・ガス価格への影響やロシアとウクライナのガス紛争、 2009 年 7 月に採択された第三次域内エネルギー市場法令パッケージなど、2009 年中の出
さらに見せる

13 さらに読み込む

EU、製品包装容量・サイズ規制を緩和

EU、製品包装容量・サイズ規制を緩和

法分野の政策評価メカニズムなどである。なかでも最も大きな変化は補完性原則の強化で あり、 EU がこの原則を尊重していないと加盟国議会が考えた場合に異議を唱えることが可 能となる。すなわち、欧州委員会は、法案を理事会、欧州議会に提出すると同時に、加盟 各国議会にも送付しなければならない。加盟各国議会には 2 票が割り当てられ(両院制で は各院 1 票)、8 週間以内に当該法案が補完性原則に違反しないかどうか審査し意見を述べ ることができる。①加盟国議会に割り当てられた票数の 3 分の 1(現行では 18 票)以上が EU 法案の見直しを要求した場合、欧州委員会は当該の法案を再検討しなければならないが、 維持・修正・撤回のいずれかの措置をとることもできる(イエロー・カード手続き) 。また、 ②過半数が法案に異議を唱えた場合、欧州委は再検討し維持・修正・撤回いずれの措置を とることもできるが、欧州委員会がこれを維持する場合、欧州委員会は維持を正当する 理由を付した意見書を理事会および欧州議会に提出しなければならない。欧州議会と閣僚 理事会は、第 1 読会を終える前に、補完性原則について検討し、理事会の 55%の多数、ま たは欧州議会の過半数が補完性原則に違反するという意見に達した場合、当該法案は廃案 となる。なお、EU 脱退の権利がリスボン条約により初めて規定される。
さらに見せる

9 さらに読み込む

EU、製品包装容量・サイズ規制を緩和

EU、製品包装容量・サイズ規制を緩和

(1) 送電網の増強 各国が行動計画で示した予測が実現すると、2020 年の発電容量に占める再生可能エネル ギーの比率は 37%に高まる見通しである。しかし、風力や太陽光に代表される再生可能エ ネルギー源は各地に分散している上、自然条件により出力が大きく変動するという特徴が ある。従来の大型発電所による集中発電方式から分散型発電に対応した設備で、かつ大き な需給変動に耐えうる柔軟性を備えた送電網を、欧州全域を統合したシステムとして実現 する必要があり、そのためにはスマートグリッド技術を含めた新たな送電網の設置や既存 設備の近代が必須であるとしている。中でも、大型洋上風力発電所の建設が多数計画さ れている北海における洋上送電網の構築が大きな課題である。
さらに見せる

16 さらに読み込む

EU、製品包装容量・サイズ規制を緩和

EU、製品包装容量・サイズ規制を緩和

6.定年退職後の再就職の自由 退職年金を受給しながら勤労を希望する定年退職者の増加に応え、かつ年金基金の財源 危機を考慮し、定年再就職の自由が 09 年 1 月 1 日から始まっている。自由によって、 60 歳以上で退職年金を満額で受給する資格を持つ者は、基礎退職年金を受給しながら、再 就職して所得を得ることができるようになった。65 歳からはすべての定年退職者が対象に なる。いったん定年退職して、その後に同じ企業で再就職することもできるようになった。 再就職後の給与の上限はない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

書評 安原毅著『メキシコ経済の金融不安定性 -- 金融自由化・開放化政策の批判的研究』

書評 安原毅著『メキシコ経済の金融不安定性 -- 金融自由化・開放化政策の批判的研究』

ティグリッツ・グリーンワルド 2003] 。彼らによれ ば,重要なのは貨幣ではなく信用であって,信用市 場はそもそも財市場のようなオークション市場とは 異なる特殊な性格(市場の非匿名性,リスク回避的 な銀行行動,信用割当,逆選択,逆インセンティブ の存在など)を有しており,貸出市場での均衡は財 市場での均衡とは似て非なるものである。このよう な特殊性があるがために,金融自由はむしろシ ステムの不安定性を増幅するだけの結果に終わるこ とが多い。ゆえに,採用されるべきは,銀行への影 響を正しく考慮したマクロ金融政策とプルデンシャ ルな銀行規制であり,IMFがかつて途上国に課した ような規制緩和と高金利政策は,途上国経済の金融 システムを弱体させるだけの誤った政策である。 彼らはこのような主張を行い,IMF流の金融自由 論を手厳しくこきおろしている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

郵便事業自由化と社会的規制 -ドイツにおける最低賃金導入問題を中心に

郵便事業自由化と社会的規制 -ドイツにおける最低賃金導入問題を中心に

 事実,PIN Groupk 会長は,ドイツ・ポストと ver.di が合意した最低賃金が実現すれば,生 き残れないし, 1,000 人の従業員を解雇せざるをえないと述べ,また独立系ライセンス事業者 Xanto も市場撤退の可能性があるといわれる 70) 。  最低賃金導入が実際に行われるか否かは,労働社会大臣の設置する労働協約委員会で同意が 得られるか否か,また,ライセンス事業者が法的手段に訴えた場合の司法判断にも関係する。 とはいえ,ドイツにおいて,最低賃金導入という社会的規制の強化が,緩和した経済的規制, とくに参入規制を代替する役割を果たしつつあるといえよう。
さらに見せる

26 さらに読み込む

野村資本市場研究所|米労働省フィデューシャリー・デューティー規則の見直しを巡る議論-トランプ新政権による金融規制緩和の期待と現実-(PDF)

野村資本市場研究所|米労働省フィデューシャリー・デューティー規則の見直しを巡る議論-トランプ新政権による金融規制緩和の期待と現実-(PDF)

労働省は現在、DOLFD 規則を巡る 4 件の訴訟を提起されている(図表 4)。こられに ついては、トランプ新大統領の下、司法省が係争における抗弁を取りやめることも可能で ある。そうすることにより、裁判所が原告の主張を認め規則が無効する可能性が高まる。 主な争点を挙げると、第一に、労働省は ERISA における IRA のフィデューシャリーの規 定を労働省が拡大解釈し、その結果、人々の退職プランに関する選択肢やアクセスを狭め ているか否かである。第二に、IRA 加入者に対する投資アドバイス提供者は、証券取引委 員会(SEC)、金融規制機構(FINRA)、保険監督当局の管轄下であり、労働省は他省 庁の管轄下にある業者に対する規則を策定しているのではないかという点である。第三に、 フィナンシャル・アドバイザーと顧客の間のやり取りに対する過剰な制約は、言論の自由 を保証する米国連邦憲法修正第 1 条(言論の自由)違反ではないかという点である。
さらに見せる

15 さらに読み込む

金融調査研究会報告書 金融規制の新展開-金融危機後のグローバルな金融規制改革の実体経済・金融市場への影響分析-

金融調査研究会報告書 金融規制の新展開-金融危機後のグローバルな金融規制改革の実体経済・金融市場への影響分析-

各国独自規制導入の動きと域外適用 一方、国際合意とは別に、自国金融システムの強化を目的とした独自規制の導入を図る動 きも見られる。 欧米では、今般の金融危機の反省から、ハイリスク業務を禁止ないし銀行本体から隔離す る、銀行構造改革(Bank Structure Reform)を巡る議論が進められている。米国では、 銀行グループでの自己勘定取引およびPEファンド取引を禁止するボルカールールの最終規 則が2013年12月に承認された。また、英国では、2013年12月に、大手行を対象にリテー ル業務のグループ内での隔離(リテール・リングフェンス)や自己資本規制のさらなる強化 を図る銀行改革法案が成立したほか、欧州でも、大手行を対象に自己勘定トレーディング業 務等のグループ内の別法人への分離を義務付ける案が検討されている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

規制緩和の政治過程――何が変わったのか

規制緩和の政治過程――何が変わったのか

めたこと,そして「鉄の三角形」との関係が薄い非自民党政権が誕生し,規 制緩和を正面から政策として打ち出したことである.細川首相の私的諮問委 員会として設置された経済改革研究会(平岩外四座長)が経済活動について 「原則自由,例外規制」の方針を提唱したのは 1993 年 11 月だった.その前 月には,自民党政権時代から受け継いだ第 3 次行政改革審議会(鈴木英二会 長)も,その最終答申で規制緩和の推進計画を策定するよう提言していた. 規制緩和のアイディアを時代の潮流とするもう 1 つの要因は,バブル崩壊 後の経済不況が長引いて,経済的閉塞感が国民の間に広がり,日本経済の凋 落が本気で懸念されたことだった.「無能」な官僚に対する国民の怒りは いっそう広まり,強い政治的リーダーシップによる打開が期待された.日本 の経済を再活性させるうえで,規制緩和が重要な手段になりうるという言 説が影響力をもつようになった.規制緩和は新しい産業を生むことが期待さ れたし,通信,エネルギー,流通などのコストを下げることで,産業の国際 競争力の回復にも寄与すると主張されたのである.実際,細川内閣が発足し て最初に打ち出した施策の 1 つである大店法営業規制の見直し,地ビール解 禁,酒販店規制緩和など 94 項目の規制緩和策は「緊急経済対策」と呼ばれ たし,村山内閣が細川時代から受け継いだ行政改革推進本部(首相が本部 長)の「規制緩和検討委員会」にまとめさせた「規制緩和推進 5 カ年計画」 (1995 年 3 月)が 2 週間後に「3 カ年」に前倒しされたのは,「緊急円高対 策」としてだった.続く橋本内閣は,行政改革と規制緩和を公約に掲げて 戦った 1996 年 10 月の総選挙に勝利した 2 カ月後,2001 年までに日本の諸 コストを国際水準まで引き下げることを目指す「経済構造の変革と創造のた めのプログラム」を打ち出した.
さらに見せる

71 さらに読み込む

金融機関の規制監督における規制当局の行動(1)米国の金融規制監督における「先送り」の問題を手がかりとして-香川大学学術情報リポジトリ

金融機関の規制監督における規制当局の行動(1)米国の金融規制監督における「先送り」の問題を手がかりとして-香川大学学術情報リポジトリ

質な手口の行為を阻止するための広範な権限を有していたものの $ ,自由な 思想をよしとする考え % の下で,自由市場・金融革新・規制緩和のイデオロ ギーに傾倒して消極的な対応に終始していた & 。 ! 一般的には,ローンの条件を偽ったり,ローン関係書類の署名を偽造したりするよ うな違法または不合理な行為はもとより,最終的に借手が必要以上の返済を迫られた り,借手の返済能力を考慮したりしないような当然に違法とはならない行為も略奪的 貸付(predatory lending)にあたる。例えば,過剰な手数料(excessive fees)や法外な 金 利(outrageous interest rates)の ほ か,変 動 金 利 型 住 宅 抵 当 貸 付(adjustable-rate mortgage,ローン金利を適切に開示せず,または欺瞞もしくは威圧的な販売方法でロ ーンを勧誘して,契約当初の数ヶ月間はティーザーレート(teaser rate:当初優遇金 利)でローンを提供し,期間経過後には金利が急上昇して借手が返済できなくなるこ とで,抵当権実行手続が開始されるもの)やパッキング(packing,不要な商品を借 手 に 販 売 し,ロ ー ン で の 返 済 を 強 要 す る も の),期 限 前 弁 済 賠 償 金(prepayment penalties,借手が期限前に弁済すれば貸手が受け取る利息は少なくなるため,弁済期 到来前の弁済に対して追加の支払いが課されるもの),ローンフリッピング(loan flipping,借手に目に見える便益を提供することなしに,ローンの借換えをさせるこ と)等も略奪的な貸付行為とみなされている。Id. at − . 板野友昭「米国の消 費者金融サービス市場における最近の規制問題について」消費者金融サービス研究学 会年報 号 頁( 年)。
さらに見せる

27 さらに読み込む

オフバランス金融と会計規制の論理

オフバランス金融と会計規制の論理

クに基づき,基本的・全般的原則を確立し,それを各取引の特性に則して,全般的統一性をも って適用しようとするアプローチ”である (図表 3 連結バランスシート関連部分参照) 。 他方,米国の FASB が採用してきたのは,個別的・ルール型アプローチである 16 ) 。ところが, その後の連結範囲の決定における実質支配基準を導入する数々の公開草案の失敗,金融資産負 債のオフバランスにおける財務構成要素アプローチ,さらには最近の米国における特別目的 事業体の見直し (連結対象外の適格特別目的事業体=QSPE から,変動持分事業体=VIE へ) では,包 括的・原則型アプローチへの動きが若干見られるが,そのスピードは極めて緩慢であり,そこ で新たに創出された概念はあくまでもオフバランスを維持するための苦肉の策という感があ る。概念フレームワークでは,一般的資産負債の定義では単独支配概念があり,特別な資産負 債の定義では共同支配概念が併存するにもかかわらず,ジョイント・ベンチャーへの比例連結 には及び腰である。最近 AAA 財務会計基準委員会 (注 3 参照) は,混迷を深める SPE 問題に 関するコメントの中で,資産の定義に忠実な実質支配を重視し,原則主義基準 (principles―based standards) の採用を促している。
さらに見せる

24 さらに読み込む

日本経済の変貌と量的・質的金融緩和

日本経済の変貌と量的・質的金融緩和

4.おわりに デフレからの脱却が明確になってくれば、成長力強化の動きは加速します。 政府は、規制・制度改革などの成長戦略を推進しています。これまでも、幾 多の成長戦略が打ち出されましたが、それらの結果は、皆さんを失望させて きたと思います。理由は、実現に向けたインセンティブや推進力が不足して いたからです。企業がやる気にならない中では、ハードルを取り除いても効 果はありませんし、取り除くための政治的なエネルギーも生まれません。し かしながら、今回は違います。デフレ脱却を意識した日本企業と日本経済に おいては、様々な変化が実現するのです。企業は、デフレ下では合理的であ った「現状維持」という経営スタンスが許されなくなり、行動を開始しまし た。積極的な企業行動は、経済成長の障害となる規制や制度を変える強い driving force となります。実際、企業行動が積極するとともに、労働需 給がタイトするもとで、政府による成長戦略を通じた後押しもあり、日本 経済の長年の課題であった女性の労働参加率の上昇が実現しました。成長戦 略の鍵は「実行」であり、その環境が整っているということを申し上げたい
さらに見せる

13 さらに読み込む

EUにおける金融規制策の新展開

EUにおける金融規制策の新展開

その内容を見ることにしよう (23) 。 バーゼル委員会の委員長でオランダ銀行総裁の N.ウェリンク(Wellink)は, 中央銀行と金融監督者は,ミクロ・プルーデンシャルな規制,とくにバーゼル Ⅱ対策を強化しながら危機に対応すると共に,マクロ・プルーデンシャルな対 策を現実に設定することを表明した。実際に,中央銀行総裁と金融監督者は, 銀行部門の規制強化を目的とした対策に合意する。それらは次のようであった。 第1に,レベル1の自己資本の質,一貫性,並びに透明性を改善すること,第 2に,バーゼルⅡの対策を補填しながらテコの効果を測る比率を導入すること。 しかも,この比率の方法は,比較可能を保証するために国際的レベルで同調す ること。第3に,銀行の流動性と金融に関して,最小限の国際的基準を導入す ること。それは,より長期の構造的な流動性比率と共に,緊張時の最小限の流 動性比率を含む。第4に,最小限の要求を上回る反景気循環的な資本の緩衝を 作るための枠組を導入すること。そして第5に,銀行の国境を越えた活動と結 びついたシステミック・リスクを減少させるための勧告を行うこと。以上に見 られるように,これらの合意点は,銀行システムの脆弱とそこから生じるシ ステミック・リスクを阻止するために考えられる基本的要件を網羅している。 ウェリンクは,これらの対策が最終的に,次のような効果を導く,と強調す る。それは,資本と流動性の要求をより引き上げ,銀行システムにおけるテコ の効果をより小さくし,景気循環性を減少させ,危機時の銀行部門の抵抗をよ
さらに見せる

28 さらに読み込む

中国P2Pネット金融規制について

中国P2Pネット金融規制について

景気循環リスク  不景気になれば、ローンが不良債権する確率 が高くなるのは当然であり、すべての金融機関は 景気循環リスクに直面せざるを得ない(Allen and Gale, 1998)。銀行はこのようなリスクを避けるため に、自己資本比率規制や預金保険制度などいくつか のリスク軽減策を採っている(Diamond and Dybvig, 1983)。一方、未防備な P2P ネット金融においては、 なんらかの理由で取り付け騒ぎが起きた場合、優 良 PF でさえも即座に資金ショートに陥りかねな い。P2P ネット金融への投資が自己責任であること は、すでに投資家の間に浸透しており、株の連想売 りと同じように他の PF へと取り付け騒ぎが伝染す ることは十分に起こり得る。例として、後述する「e 祖宝」事件が 2015 年 12 月にマスコミに暴露された 後、P2P ネット金融全体のローン証券取引総額が翌 2016 年 1 月から減少し、3 月になってようやく元の 取引高に回復した 9 。
さらに見せる

18 さらに読み込む

米独の金融自由化とセイフティ・ネットの展開( )

米独の金融自由化とセイフティ・ネットの展開( )

預金金利規制緩和は、1970 年代初頭に実質的にスタートした[表 1]。まず、10 万ドル以上 の大口定期預金金利の自由が 1970 年 6 月に始まり、1973 年 7 月に完了した。1978 年 6 月に 市場金利連動型定期預金(MMC)が解禁されたことで、1 万ドル以上の定期預金についても預金 金利規制緩和された。緩和された領域は拡大したとはいえ 1 万ドル以上の預金にその対象が限 定されていたことから、小口預金の預金流出の歯止めとはならなかった。抜本的な規制撤廃が実 現したのは、 1980 年預金金融機関規制緩和・通貨管理法(Depository Institutions Deregulation and Monetary Control Act of 1980、 DIDMCA)によってである。DIDMCA は 6 年以内の預金 金利の上限規制の廃止を決定し、自由金利の利付き決済性預金として NOW 勘定を全米レベルで
さらに見せる

19 さらに読み込む

金融規制強化と証券化市場

金融規制強化と証券化市場

 我が国の債権流動・証券スキームでは,ほとんどの場合,オリジネーターが5%以上の 劣後部分を保有して,原債権の信用リスクを負担するとともに,サービサーも兼ねている.そ のため,もともと,米国等の組成・転売型モデルの証券にみられたような,モラルハザード の問題は少なく,敢えて新たなリスク・リテンション規制を導入する必要性は乏しい.  一方,銀行が自ら保有する信用リスクを外部に移転し,バーゼルⅡ等の自己資本比率規制に 関わる所要自己資本の軽減(regulatory capital relief)効果を得て,貸出余力を高めるために, 証券取引を活用するという潜在的なニーズがある.現在の我が国では,そうした効果を主目 的とするローン債権の証券はほとんど行われていない.ただ,リスク・リテンション規制が 導入されれば,そのような証券取引を行う余地が,制度的に封じられる結果になる.そうし た目的を達成することが,単純な貸出債権の売却(ローン・セール)であれば可能で,証券 の形態をとれば不可能となる,という帰結を正当する理由も乏しいと考えられる.
さらに見せる

17 さらに読み込む

Show all 10000 documents...