取 締 役 お よ び 取 締 役 会 等

Top PDF 取 締 役 お よ び 取 締 役 会 等:

3. 組 織 人 事 1) 当 社 ( 株 式 会 社 ココカラファイン) 取 締 役 の 辞 任 1 辞 任 する 取 締 役 取 締 役 副 社 長 兼 営 本 部 長 石 橋 一 郎 2 辞 任 日 平 成 28 年 3 月 31 日 3 辞 任 の 理 由 一 身 上 の 理 由 によるもの

3. 組 織 人 事 1) 当 社 ( 株 式 会 社 ココカラファイン) 取 締 役 の 辞 任 1 辞 任 する 取 締 役 取 締 役 副 社 長 兼 営 本 部 長 石 橋 一 郎 2 辞 任 日 平 成 28 年 3 月 31 日 3 辞 任 の 理 由 一 身 上 の 理 由 によるもの

組織変更および組織人事に関するお知らせ 当社は、本日開催の取締役において、平成 28 年4月1日付の組織変更ならびに組織人事を下記の とおり決定いたしましたのでお知らせいたします。 なお、子会社の役員人事に関しましては、今後開催予定の各社株主総会における承認を前提とする ものであります。

6 さらに読み込む

Ⅱ 経 営 上 の 意 思 決 定 執 行 及 び 監 督 に 係 る 経 営 管 理 組 織 その 他 のコーポレート ガバナンス 体 制 の 状 況 1. 機 関 構 成 組 織 運 営 等 に 係 る 事 項 組 織 形 態 監 査 役 設 置 会 社 取 締 役 関 係 定 款 上 の 取

Ⅱ 経 営 上 の 意 思 決 定 執 行 及 び 監 督 に 係 る 経 営 管 理 組 織 その 他 のコーポレート ガバナンス 体 制 の 状 況 1. 機 関 構 成 組 織 運 営 等 に 係 る 事 項 組 織 形 態 監 査 役 設 置 会 社 取 締 役 関 係 定 款 上 の 取

【企業統治の体制】 当社は、企業統治の体制として、取締役、監査制度を採用しております。 取締役は社外取締役1名を含め取締役9名で構成しており、毎月1回開催されるほか、必要に応じ臨時で開催することに加え、取締役間で随時 打合せを行い、経営環境の変化による戦略決定、重要事項や業績報告及びその対策についての付議など会社の業務執行を効率的に行って おります。

7 さらに読み込む

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

当社の管理部門は、経営管理部で構成されており、事業計画の策定、予算実績管理及び社内規程の整備、決裁書社内承認制度の運用、各 種契約書類の確認などを通じて、業務執行に対する監督の強化・充実を図っております。 (2)リスクマネジメント委員 当社は、事業部門から独立した会議体としてリスクマネジメント委員を設置し、経営リスクの評価、潜在的リスクへの対応、顕在化したリスク・事 故への対応方針の決定、コンプライアンスに関する会社として方針の協議及び社内への伝達など、社内のリスクに対する対応策の検討を行っ ております。リスクマネジメント委員は、常勤取締役、常勤監査、経営管理部門責任者及びリスクマネジメント担当部門責任者により構成され ており、効果的な全社リスクの評価・把握、顕在したリスクに関する情報の共有を行っております。また、リスクマネジメント委員の活動方針 及び活動内容並びに共有された各事業部門の状況は、取締役及び監査に報告され、全社のリスク関連情報の取締役及び監査への伝 達機能を果たしております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平 成 21 年 3 月 株 式 会 社 スパイア 代 表 取 締 役 社 長 CEO 就 任 ( 現 任 ) 平 成 22 年 3 月 株 式 会 社 インターナショナルスポーツマーケティング 取 締 役 就 任 ( 現 任 ) 氏 名 : 金 子 陽 三 (かねこ ようぞう) 生 年 月 日 :

平 成 21 年 3 月 株 式 会 社 スパイア 代 表 取 締 役 社 長 CEO 就 任 ( 現 任 ) 平 成 22 年 3 月 株 式 会 社 インターナショナルスポーツマーケティング 取 締 役 就 任 ( 現 任 ) 氏 名 : 金 子 陽 三 (かねこ ようぞう) 生 年 月 日 :

代表取締役及びその他役員の異動に関するお知らせ 当社は、平成24年12月6日開催予定の臨時株主総会において、当社と株式会社スパイアとの合併契約 締結及び「定款一部変更の件」が承認されることを前提として、本日開催の取締役において、委員 設置会社から監査設置会社への移行を決定したことに伴い、代表取締役の異動及びその他役員の異 動を内定し、平成24年12月6日開催予定の臨時株主総会に付議する役員の候補者を決定いたしましたの で、下記のとおりお知らせいたします。
さらに見せる

8 さらに読み込む

コーポレートガバナンス コードの 各 原 則 に 基 づく 開 示 原 則 14 政 策 保 有 株 式 としての 上 場 株 式 は 保 有 致 しません 原 則 17 当 社 は 役 員 や 主 要 株 主 等 との 取 引 を 行 う 場 合 には 取 締 役 会 において 監 査 等 委 員

コーポレートガバナンス コードの 各 原 則 に 基 づく 開 示 原 則 14 政 策 保 有 株 式 としての 上 場 株 式 は 保 有 致 しません 原 則 17 当 社 は 役 員 や 主 要 株 主 等 との 取 引 を 行 う 場 合 には 取 締 役 会 において 監 査 等 委 員

(ii) コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方は、本報告書「I.1.基本的な考え方」に記載 しております。 (iii) 取締役(監査委員である取締役を除く。)・監査委員の報酬額の決定に関する方針は、株主総 の決議による取締役(監査委員である取締役を除く。)及び監査委員それぞれの報酬総額 の限度内で、企業業績、関連業界の他社の報酬といった定量的な要素に加え、各取締役(監査 委員である取締役を除く。 ) ・監査委員の経営能力、功績、貢献度の定性的な要素も考慮して 基本報酬を決定しております。決定手続は、取締役(監査委員である取締役を除く。)の報酬 は取締役にて審議の上決定し、監査委員の報酬は監査委員で協議の上決定しておりま す。
さらに見せる

16 さらに読み込む

ご 挨 拶 ケネディクス 商 業 リート 投 資 法 人 執 行 役 員 ケネディクス 不 動 産 投 資 顧 問 株 式 会 社 取 締 役 最 高 業 務 執 行 者 (COO) 兼 商 業 リート 本 部 長 浅 野 晃 弘 皆 様 におかれましては ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申

ご 挨 拶 ケネディクス 商 業 リート 投 資 法 人 執 行 役 員 ケネディクス 不 動 産 投 資 顧 問 株 式 会 社 取 締 役 最 高 業 務 執 行 者 (COO) 兼 商 業 リート 本 部 長 浅 野 晃 弘 皆 様 におかれましては ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申

合  計 76,662 (注5) - (注5) - - 86.8 (注1) 「賃貸可能面積」には、各保有資産に係る建物の(ただし、底地物件については、その土地の)本投資法人が賃貸が可能と考える面積を記載しています。 なお、ロゼオ水戸で増築を行っている土地区画については、賃貸可能面積から除外しています。 (注2) 「賃貸面積」には、平成27年9月30日現在の各保有資産に係るテナントとの間で締結されている各賃貸借契約に表示された賃貸面積の合計を記載してい ます(ただし、建物に係る賃貸借契約においては、倉庫及び土地(平面駐車場を含みます。)の賃貸面積を含みません。)。ただし、マスターリース会社が 賃貸人との間でパス・スルー型マスターリース契約(マスターリース契約における賃料がエンドテナントとの賃貸借契約における賃料と連動している ものをいいます。以下同じです。)による賃貸借契約を締結している場合には、平成27年9月30日現在の各保有資産に係るエンドテナントとの間で締結 されている各転貸借契約書に表示された賃貸面積の合計を記載しています。また、マスターリース会社が賃貸人との間でサブ・リース型マスターリー ス契約(エンドテナントとの賃貸借契約における賃料にかかわらず一定の賃料を受け取るものをいいます。以下同じです。)による賃貸借契約を締結して いる場合には、マスターリース契約に表示された賃貸面積を記載しています。
さらに見せる

48 さらに読み込む

トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 豊 と よ だ 田 章 男 あ き お O n A i r プロフィール 1956 年 5 月 生 まれ 79 年 慶 応 義 塾 大 学 法 学 部 卒 業 84 年 トヨタ 自 動 車 入 社 2009 年 同 社 代 表 取 締

トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 豊 と よ だ 田 章 男 あ き お O n A i r プロフィール 1956 年 5 月 生 まれ 79 年 慶 応 義 塾 大 学 法 学 部 卒 業 84 年 トヨタ 自 動 車 入 社 2009 年 同 社 代 表 取 締

 続いて総務大臣賞が樽床伸二・総務大臣より 直々に贈られ、受賞者であるファーストリテイリン グの柳井正氏、パナソニックの石井純氏、トヨタ自 動車の豊田章男氏、本田技研工業の伊東孝紳氏 り受賞のあいさつがあった。(詳細はP7)  贈賞式に引き続き、午後6時半より会場を帝国 ホテル「富士の間」に移して記念パーティが行わ れた。冒頭、フジテレビジョン・代表取締役社長の 豊田皓氏による乾杯の音頭がとられ、「自動車産 業、住宅産業といった裾野の広い業種の方々が、 経済だけでなく人を元気にしてくれたと感じます。 放送界もCMに負けず『ReBORN』、『負けるもん か』とがんばっていきたい」とあいさつ。その後は 歓談の時間となり、会場は大いに盛り上がった。
さらに見せる

16 さらに読み込む

2. 取 締 役 および 部 長 級 以 上 の 異 動 について (1) 取 締 役 (4 月 1 日 付 ) ( 下 線 部 が 新 役 職 となります) 新 職 旧 職 氏 名 代 表 取 締 役 社 長 内 部 監 査 部 経 営 企 画 部 直 轄 代 表 取 締 役 社 長 ト ミノ 事

2. 取 締 役 および 部 長 級 以 上 の 異 動 について (1) 取 締 役 (4 月 1 日 付 ) ( 下 線 部 が 新 役 職 となります) 新 職 旧 職 氏 名 代 表 取 締 役 社 長 内 部 監 査 部 経 営 企 画 部 直 轄 代 表 取 締 役 社 長 ト ミノ 事

パーソナル・アンド・ホーム カンパニー マシナリー・アンド・ソリューション カンパニー 経営企画部 営業企画部 新事業推進部 QMCS推進部 開発部 生産革新部 経営企画部 戦略技術部 製造部 開発部 産業機器 QM推進部 工業ミシン 産業機器 CS推進部 営業部 営業部 監査 監査

12 さらに読み込む

株 主 のみなさまへ 食 品 から 医 薬 品 まで 幅 広 い 分 野 で 貢 献 する ユニークな 企 業 グループを 目 指 して 明 治 ホールディングス 株 式 会 社 代 表 取 締 役 会 長 佐 藤 尚 忠 明 治 ホールディングス 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 浅 野

株 主 のみなさまへ 食 品 から 医 薬 品 まで 幅 広 い 分 野 で 貢 献 する ユニークな 企 業 グループを 目 指 して 明 治 ホールディングス 株 式 会 社 代 表 取 締 役 会 長 佐 藤 尚 忠 明 治 ホールディングス 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 浅 野

「株主優待品寄贈選択制度」のご案内および実施のご報告 ご寄贈結果のご報告  当社では、株主さまのご意志により優待品の送付に代えて同等品を福 祉団体へ寄贈する「株主優待品寄贈選択制度」を設けております。  この制度にご賛同いただきました株主さまの気持ちと、優待品を、当 社の気持ちとあわせて福祉団体へ寄贈させていただいております。  今年度は、東日本大震災の被災地の方々および自宅から離れて生活さ れている方々、また全国の障がいのある児童の支援団体への寄贈を、認 定特定非営利活動法人日本NPOセンターを通じて実施いたしました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

相手方番名称ランク住所 土木一式 丸升山崎工業株式会社東根営業所取 締役所長佐藤昭栄株式会社新東京ジオ システム代表取 締役奥山紘一新和産業株式会社代表取締役新目 晴三株式会社ピーエス三菱東北支店執行 役員支店長

相手方番名称ランク住所 土木一式 丸升山崎工業株式会社東根営業所取 締役所長佐藤昭栄株式会社新東京ジオ システム代表取 締役奥山紘一新和産業株式会社代表取締役新目 晴三株式会社ピーエス三菱東北支店執行 役員支店長

義則 C 山形県 天童市 大字干布436番地 1000000448 共和化工株式会社 東北支店 支店長 土生 正元 C 宮城県 仙台市青葉区 立町1番3号 1000000647 株式会社スカワ 代表取締役 増田 隆 C 山形県 山形市 北町1丁目2番20号 1000000677 有限会社創夢空間 代表取締役 花

93 さらに読み込む

2017 年 3 期 ー2019 年 3 期 中 期 経 営 計 画 代 表 取 締 役 社 阪 克 彦 2016 Softfront All rights reserved

2017 年 3 期 ー2019 年 3 期 中 期 経 営 計 画 代 表 取 締 役 社 阪 克 彦 2016 Softfront All rights reserved

© 2016 Softfront All Rights Reserved. 7 〜 M&Aを主軸とした『事業基盤の拡⼤』 M&Aを積極的に展開し、『収益基盤の拡⼤』を図ります。 また、持ち株会社体制に移⾏し、統⼀された⽅向性の下で「技術・ノウハウの交流・共有・拡充」、

19 さらに読み込む

2016 年 1 月 21 日 年 度 役 員 人 事 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 1. 役 員 の 退 任 7 名 (3 月 31 日 付 ) 氏 名 新 (4 月 1 日 付 ) 現 中 村 一 郎 顧 問 専 務 塩 見 崇 夫 理 事 取 締 役 専 務 佐 々 木

2016 年 1 月 21 日 年 度 役 員 人 事 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 1. 役 員 の 退 任 7 名 (3 月 31 日 付 ) 氏 名 新 (4 月 1 日 付 ) 現 中 村 一 郎 顧 問 専 務 塩 見 崇 夫 理 事 取 締 役 専 務 佐 々 木

2.コーポレート・ガバナンス体制の強化に向けた 2016 年度の施策について 当社は、コーポレート・ガバナンス体制の強化のため、従来より、複数の社外取締役の選任(2011 年度)や取締役の任意諮問委員としての指名委員及びガバナンス・報酬委員の設置(2015 年度)の施策を実施してきました。コーポレート・ガバナンス体制の更なる強化については取締 において継続的に議論を行っており、2016 年度においては以下の施策を実施することとなりま したので、ご連絡します。
さらに見せる

27 さらに読み込む

事 業 所 の 概 要 1 事 業 所 名 三 和 興 業 有 限 会 社 代 表 者 代 表 取 締 役 久 保 田 芳 男 2 所 在 地 東 京 都 八 王 子 市 加 住 町 一 丁 目 番 地 3 環 境 管 理 責 任 者 専 務 取 締 役 佐 々 木 悟

事 業 所 の 概 要 1 事 業 所 名 三 和 興 業 有 限 会 社 代 表 者 代 表 取 締 役 久 保 田 芳 男 2 所 在 地 東 京 都 八 王 子 市 加 住 町 一 丁 目 番 地 3 環 境 管 理 責 任 者 専 務 取 締 役 佐 々 木 悟

*見直し* 収集運搬量原単位(1トン)を基準として、   1)原単位あたりの作業量(労働時間)把握と労働環境改善策の検討・実施   2)原単位あたりの車両費(燃料量・油脂・タイヤ消耗品)低減策検討・実施

9 さらに読み込む

各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 平 成 27 年 4 月 10 日 トモニホールディングス 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO 遠 山 誠 司 (コード 番 号 8600 東 証 第 一 部 ) 取 締 役 常 務 経 営 企 画 部 長 高 橋 邦 明 (T

各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 平 成 27 年 4 月 10 日 トモニホールディングス 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO 遠 山 誠 司 (コード 番 号 8600 東 証 第 一 部 ) 取 締 役 常 務 経 営 企 画 部 長 高 橋 邦 明 (T

トモニホールディングス株式会社と株式会社大正銀行の経営統合に関する基本合意について トモニホールディングス株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役社長兼 CEO :遠山 誠司 以下「トモ ニホールディングス」といいます。 )と株式会社大正銀行(本店:大阪市中央区、取締役社長:吉田 雅昭 以 下「大正銀行」といいます。 )は、本日開催したそれぞれの取締役において、トモニホールディングスを完 全親会社とし、大正銀行を完全子会社とする株式交換による経営統合(以下「本株式交換」といいます。 )に 向けて協議・検討を進めていくことについて合意に達し、大正銀行を持分法適用関連会社としている株式会社 三菱東京 UFJ 銀行(本社:東京都千代田区、頭取:平野 信行)を含む3社で基本合意書を締結することを決 議いたしましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

株 主 優 待 制 度 導 入 の 背 景 2000 代 表 取 締 役 社 長 梶 本 雄 介 IP

株 主 優 待 制 度 導 入 の 背 景 2000 代 表 取 締 役 社 長 梶 本 雄 介 IP

ある小説・漫画のコンテンツを書籍化する 」 という既存出版社 とは全く異なるビジネスモデルを創造することにより、既存出版 社とは一線を画した成長率で売上高及び利益を順調に伸ばして参りました。  今後は、環境にあわせて当社ビジネスモデルを進化させることで、出版分野をより一層 強化するとともに、出版事業を通して蓄積した自社 IP を活かして他分野(ゲーム、グッ ズ販売、メディア展開)へのビジネス展開を目指しております。そこで当社は、その実 現に向け、優秀な人材確保や機動的な財務戦略を実行するために、 2014 年 10 月 30 日に、 東京証券取引所マザーズ市場に上場いたしました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

東 京 放 送 ホールディングス/TBSテレビ 代 表 取 締 役 会 長 一 般 社 団 法 人 日 本 民 間 放 送 連 盟 会 長 井 上 弘 い の う え ひろし O n A i r プロフィール 1963 年 東 京 放 送 (TBS) 入 社 2002 年 から 同 社 代 表 取

東 京 放 送 ホールディングス/TBSテレビ 代 表 取 締 役 会 長 一 般 社 団 法 人 日 本 民 間 放 送 連 盟 会 長 井 上 弘 い の う え ひろし O n A i r プロフィール 1963 年 東 京 放 送 (TBS) 入 社 2002 年 から 同 社 代 表 取

 以下、その要旨をご紹介します。(文:勝田正仁委員長) ACC技術委員報告 ◆家庭用無線LAN(WiFi)の高速化で一気に広がったTVの可能性  ここ1年ほどで、家庭用無線LANの性能は飛躍的に高まり、HDクラスの映像を十分に送れるほどのパ フォーマンスを持つようになった。また、無線LAN環境に簡単に接続できるWiFi規格がPC、スマートフォン、 タブレット、ゲーム機などのあらゆる映像・通信機器に浸透し、お互いのデータを手軽に高速でやり取りでき るようになった。TVもそういう機器のひとつの仲間となった。この変化は、「アンテナやケーブルをつないで、 決まった場所で決まった時間に見る」という今までのTV視聴の概念を大きく変え、好きな時に好きな場所で 好きなカタチでコンテンツを見ることのできるデバイスへと進化させていく。これが「スマートTV」のひとつの 形と言える。
さらに見せる

13 さらに読み込む

株 主 の 皆 様 へ To Our Shareholders Otsuka-people creating new products for better health worldwide 大 大 だからできること にしかできないこと 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO 株 主 の 皆 様 に

株 主 の 皆 様 へ To Our Shareholders Otsuka-people creating new products for better health worldwide 大 大 だからできること にしかできないこと 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO 株 主 の 皆 様 に

伸長により、連結売上高は7,458億円(前年同期比1.6%増)となりました。 当社は、前期より連結決算日(当社の事業年度の末日)を3月から12月に変更しています。この結果、前期は2014年4月から2014年12月までの9ヵ月決算となっています。 このため、前年比較にあたっては、すべての連結対象会社について、2014年1月1日から2014年12月31日まで(第2四半期は2014年1月1日から2014年6月30日まで)の損益を連結し た参考値を算出し、当該数値を記載しています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

オーウェン マホニー 代 表 取 締 役 社 長

オーウェン マホニー 代 表 取 締 役 社 長

31 免責事項 本プレゼンテーションは、投資家の方々に当グループに関する参照情報をご提供することを目的としており、当社の株式その他の有価証券の売買を勧誘又は推 奨するものではありません。株式会社ネクソン(「ネクソン」)は本プレゼンテーションの正確性、適用性または網羅性を検証しておらず、これらに対する責任も引き受 けいたしません。 本プレゼンテーションには、年次報告書の「リスク要因」「経営陣による財務状態と業績結果の説明と分析」及び「事業」の見出しのもとで記載される 情報など、ネクソンまたはその株式売却に関する全ての該当情報を記載していません。 当社の株式に関する投資決定は、開示文書に記載されている情報のみに基 づいて行うものとし、開示文書に掲載されている詳細情報を参照しつつ、全てを考慮した投資決定が適格とされます。
さらに見せる

32 さらに読み込む

異 動 対 応 表 氏 名 新 所 属 旧 所 属 取 締 役 本 横 山 勇 取 締 役 常 務 執 行 役 員 (システムソリューション 本 部 インフラソリューション 本 部 分 担 ) 取 締 役 常 務 執 行 役 員 システムソリューション 本 部 長 ( 公 共 システム 本 部 フ

異 動 対 応 表 氏 名 新 所 属 旧 所 属 取 締 役 本 横 山 勇 取 締 役 常 務 執 行 役 員 (システムソリューション 本 部 インフラソリューション 本 部 分 担 ) 取 締 役 常 務 執 行 役 員 システムソリューション 本 部 長 ( 公 共 システム 本 部 フ

コーポレート本部長 渡 邊 高 男 (TEL03-3266-8111) 機構改正および主要人事異動のお知らせ 本日開催いたしました取締役におきまして、平成 25 年4月1日付をもって下記のとおり機構改 正および主要人事異動を行うことを決定いたしましたのでお知らせいたします。

5 さらに読み込む

オーウェン マホニー 代 表 取 締 役 社 長 2

オーウェン マホニー 代 表 取 締 役 社 長 2

本プレゼンテーションは一般に公正妥当と認められている会計基準( GAAP)以外の財務指標もご提供しており、売上収益、営業利益と純利益、およびこれらに基 づいて計算した比率なども記載しております。 GAAPではない財務指標のみを考慮することや、IFRSに準拠しつつ当社の連結財務諸表に表示して最も直接的に 比較できる財務指標の代替指標として、 GAAPではない財務指標を考慮することは行ってはならないものとします。 本プレゼンテーションには、将来に関する記述が含まれています。 場合によっては、将来に関する記述であることが、「予想する」「仮定する」「信じる」「推定する」 「期待する」「予想する」「かもしれない」「計画する」「潜在的な」「予測する」「模索する」「・・・べきである」または「・・・であろう」などの用語や、その他の同じような文 言によって特定することができます。 これらの記述では、当社の財務状況や業績結果について、予想を説明し、戦略を特定し、試算を述べ、その他の将来に関す る情報を述べています。 本プレゼンテーションの将来に関する記述には、当社の事業と業績に関する各種リスク、不確実性、仮定があります。 これらの将来に関 する記述で表明されている予想が達成されず、実際の結果が予想と大幅に異なり、予想より悪くなることもありえます。 予想と大幅に異なる実際の結果を生じさ せる可能性がある潜在リスクと不確実性には、以下があります。
さらに見せる

37 さらに読み込む

Show all 10000 documents...