医療療養病床

Top PDF 医療療養病床:

日医発第 621 号 ( 保 110) 平成 29 年 9 月 22 日 都道府県医師会長殿 日本医師会長 横倉義武 入院時生活療養費等の見直しについて 現在 65 歳以上の者が保険医療機関の療養病床に入院したときに必要となる食費と居住費の一部について 入院時生活療養費が支給されており 食費 光熱水

日医発第 621 号 ( 保 110) 平成 29 年 9 月 22 日 都道府県医師会長殿 日本医師会長 横倉義武 入院時生活療養費等の見直しについて 現在 65 歳以上の者が保険医療機関の療養病床に入院したときに必要となる食費と居住費の一部について 入院時生活療養費が支給されており 食費 光熱水

そのうち、居住費(光熱水費相当額)につきましては、65 歳以上の医療療養病床に入院し ている医療区分Ⅰ(Ⅱ・Ⅲ以外の者)の患者に、1日あたり 320 円の自己負担を求めていると ころであります。 この入院時の居住費(光熱水費相当額)について、医療・介護を通じた居住に係る費用負担 の公平化の観点から、「経済・財政再生計画改革工程表(平成 27 年 12 月 24 日経済財政諮問 会議決定)」において、『入院時の光熱水費相当額に係る患者負担の見直しについて、関係審 議会等において検討し、2016 年末までに結論』とされていることから、社会保障審議会医療 保険部会において検討されました。
さらに見せる

39 さらに読み込む

一体として捉えて推計すると共に 療養病床の入院受療率の地域差解消を目指すこととなった 一般病床の C3( 医療資源投入量 225 点 ) 未満及び療養病床の医療区分 1 の 70% に相当する入院患者約 30 万人が現状に加えて新たに病院外の自宅 老人保健施設 特別養護老人ホーム 有料老人ホーム等で

一体として捉えて推計すると共に 療養病床の入院受療率の地域差解消を目指すこととなった 一般病床の C3( 医療資源投入量 225 点 ) 未満及び療養病床の医療区分 1 の 70% に相当する入院患者約 30 万人が現状に加えて新たに病院外の自宅 老人保健施設 特別養護老人ホーム 有料老人ホーム等で

<節目となった平成 18 年医療保険制度改革> 平成 18 年の診療報酬・介護報酬同時改定に際し、実態調査の結果、医療療養病床と介護療 養病床で入院患者の状況に大きな差は見られず、医療の必要性の高い患者と低い患者が同程 度混在していたことから、医療保険と介護保険の役割分担が課題であった。また、同年の医 療保険制度改革の中で、医療費総額抑制を主張する経済財政諮問会議の医療費適正化の議論 を踏まえ、患者の状態に応じた療養病床の再編成が改革の柱として位置付けられることによ り、介護療養病床の平成 23 年度末廃止及び老人保健施設等への転換促進の政策が打ち出され た。同時に、療養病床の診療報酬体系について、気管切開や難病等の患者の疾患・状態に着 目した「医療区分(1~3)」、食事・排泄等の患者の自立度に着目した「ADL 区分(1~3)」に よる評価が導入された。この時点において、主に医療を必要とする患者の受け皿となる医療 療養病床と介護を必要とする利用者の受け皿となる介護療養病床から転換する介護療養型老 人保健施設や従来の老人保健施設等に整理された。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint - (P)セット【参考資料1】療養病床・慢性期医療の在り方の検討に向けて~サービス提供体制の新たな選択肢の整理案について~に関する参考資料

Microsoft PowerPoint - (P)セット【参考資料1】療養病床・慢性期医療の在り方の検討に向けて~サービス提供体制の新たな選択肢の整理案について~に関する参考資料

○ 同時報酬改定に際し、実態調査の結果、医療療養病床と介護療養病床で入院患者の状況に大きな差 が見られなかった(医療の必要性の高い患者と低い患者が同程度混在)ことから、医療保険と介護保 険の役割分担が課題 ○ また、医療保険制度改革の中で、医療費総額抑制を主張する経済財政諮問会議との医療費適正化の 議論を受け、患者の状態に応じた療養病床の再編成(老健施設等への転換促進と介護療養病床のH23 年度末廃止)を改革の柱として位置づけ
さらに見せる

23 さらに読み込む

平成27年度 病床機能報告制度の実施について(厚生労働省医政局地域医療計画課長:H )

平成27年度 病床機能報告制度の実施について(厚生労働省医政局地域医療計画課長:H )

3-2.貴院における【平成27年6月の診療】に当たって、一般病床療養病床に入院した患者の有無、一般病床医療療養病床に入院した患者の有無について、ご記入ください。また、一般病床医療療養病床に入院した患者の 【平成27年6月の診療】分について【平成27年7月審査の請求】の有無、請求時のレセプト種別をご記入ください。 ※本項目の情報は、報告様式2「Ⅱ② 具体的な医療の内容に関する項目」の様式の送付に当たって必要となります。記載がな い場合、「電子レセプトにより診療報酬請求を行っており、6月診療分であって7月審査分の電子の入院レセプトがある医療機関」 として取り扱うこととなりますので、ご了承ください。
さらに見せる

33 さらに読み込む

診療所名郵便番号住所 TEL 開設者管理者診療科目開設年月日一般病床療養病床病床合計 星野医院 久留米市小森野 4 丁目 星野弘也 星野弘也 外科 胃腸 リハ H 小篠医院 久留米市東櫛原町

診療所名郵便番号住所 TEL 開設者管理者診療科目開設年月日一般病床療養病床病床合計 星野医院 久留米市小森野 4 丁目 星野弘也 星野弘也 外科 胃腸 リハ H 小篠医院 久留米市東櫛原町

出口外科胃腸科医院 839-0814 久留米市山川追分2丁目10の12番地 43-2329 出口博子 出口博子 外科、胃腸、整形、脳神 H14.1.26 18 0 18 医療法人耳納・日高整形外科医院 839-0817 久留米市山川町1659-2 43-3177 (医)耳納・日高整形外科医院 日高紀幸 整形 H2.4.1 19 0 19 医療法人オーエヌシー岡田脳神経外科医院 839-0821 久留米市太郎原町1515-1 45-0220 (医)オーエヌシー 岡田和洋 脳神、外科、内科、整形、リハ H13.5.1 19 0 19 医療法人境胃腸科内科医院 839-0822 久留米市善導寺町木塚387-3 47-3558 (医)境胃腸科内科医院 境康彦 内科、胃腸、放射 H2.2.1 0 0 0
さらに見せる

16 さらに読み込む

区分 広島県 図表 一般診療所数 歯科診療所数 一般診療所 * 上段は実数, 下段は人口 10 万対 歯科診療所 施設数病床数施設数有床診療所無床診療所一般病床療養病床

区分 広島県 図表 一般診療所数 歯科診療所数 一般診療所 * 上段は実数, 下段は人口 10 万対 歯科診療所 施設数病床数施設数有床診療所無床診療所一般病床療養病床

る服薬管理指導を行う体制を整備する必要があります。 ○ 三次市歯科医師会においては,平成 27(2015)年度から在宅歯科医療連携室 ※ を設置 して,在宅歯科医療に関する相談対応をはじめ,医科や介護分野との連携・調整,在宅 歯科医療機器の貸し出し等を実施する体制を整えています。また,庄原市歯科医師会に おいても事業開始の準備を進めています。

11 さらに読み込む

1.2 回答者の属性回答病院の設置主体は医療法人が 81.7% 社会福祉法人が 7.4% 社会医療法人が 5.7% であった ( 図表 1) ( 図表 1) 設置主体 5.7% 4.6% 0.6% n=175 医療法人 7.4% 社会福祉法人 ( 図表 3) 療養病床割合 ( 対総病床数 ) n=1

1.2 回答者の属性回答病院の設置主体は医療法人が 81.7% 社会福祉法人が 7.4% 社会医療法人が 5.7% であった ( 図表 1) ( 図表 1) 設置主体 5.7% 4.6% 0.6% n=175 医療法人 7.4% 社会福祉法人 ( 図表 3) 療養病床割合 ( 対総病床数 ) n=1

冒頭でも述べたとおり、今次調査は、療養病 床の運営状況や介護医療院等への転換等の予定 などを集計・分析し、各法人が今後の事業運営 の参考とすることを目的に実施したものである。 比較的早期に転換を予定している病院が多い一 方で、必ずしも医療療養 1、介護医療院のみに 転換するのではなく、その 2 つの組み合わせ、 あるいは他の病床、施設への転換など地域の実 情に応じた様々な転換策を模索していることが うかがえた。
さらに見せる

8 さらに読み込む

オ 療養病床療養環境改善 平成31年度以降沖縄振興公共投資交付金に係る各事業の事業計画調査について/沖縄県

オ 療養病床療養環境改善 平成31年度以降沖縄振興公共投資交付金に係る各事業の事業計画調査について/沖縄県

団 体 名(開設者) 病 院 (診 療 所) 名 所 在 地 医療法人の場合の種類 1.社団医療法人(出資持分 有 ・ 無 ) 2.財団医療法人 3.特定医療法人 1.病院(診療所)の現況 病床数の現況( 床)一般病床  床  療養病床  床  精神病床  床  感染症・結核 床 機能訓練室の現況( 室 ㎡)

2 さらに読み込む

療養病床・慢性期医療をめぐる動き ~地域包括ケア実現の中で~

療養病床・慢性期医療をめぐる動き ~地域包括ケア実現の中で~

4.高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施等 【高確法、国民健康保険法、介護保険法】 ・ 75歳以上高齢者に対する保健事業を市町村が介護保険の地域支援事業等と一体的に実施することができるよう、国、広域連合、市町村の役割等に ついて定めるとともに、市町村等において、各高齢者の医療・健診・介護情報等を一括して把握できるよう規定の整備等を行う。 5.被扶養者等の要件の見直し、国民健康保険の資格管理の適正化 【健康保険法、船員保険法 、国民年金法、国民健康保険法】 ⑴ 被用者保険の被扶養者等の要件について、一定の例外を設けつつ、原則として、国内に居住していること等を追加する。
さらに見せる

61 さらに読み込む

1. 病床機能報告の基本的考え方 病床機能報告は 医療機関のそれぞれの病棟が担っている医療機能を把握し その報告を基に 地域における医療機能の分化 連携を進めることが目的です 各医療機関においては その有する病床において主に担っている医療機能を自主的に選択し 病棟単位で その医療機能について 都道府

1. 病床機能報告の基本的考え方 病床機能報告は 医療機関のそれぞれの病棟が担っている医療機能を把握し その報告を基に 地域における医療機能の分化 連携を進めることが目的です 各医療機関においては その有する病床において主に担っている医療機能を自主的に選択し 病棟単位で その医療機能について 都道府

第三十条の三の二 厚生労働大臣は、前条第二項第五号又は第六号に掲げる事項を定め、又はこれ を変更するために必要があると認めるときは、都道府県知事又は第三十条の十三第一項に規定 する病床機能報告対象病院等の開設者若しくは管理者に対し、厚生労働省令で定めるところに より、同項の規定による報告の内容その他の必要な情報の提供を求めることができる。 第三十条の十三 病院又は診療所であつて一般病床又は療養病床を有するもの(以下「病床機能報
さらに見せる

8 さらに読み込む

第 2 部 医療圏と基準病床数 ( 第 1 章医療圏 ) 第 2 部 医療圏と基準病床数 医療圏とは 地域の医療需要に対応して包括的な医療を提供していくための区域であり 具体的には 医療資源の適正な配置と医療提供体制の体系化を図るための 地域的単位のこ とです 医療圏は 医療法により 初期の診断 治

第 2 部 医療圏と基準病床数 ( 第 1 章医療圏 ) 第 2 部 医療圏と基準病床数 医療圏とは 地域の医療需要に対応して包括的な医療を提供していくための区域であり 具体的には 医療資源の適正な配置と医療提供体制の体系化を図るための 地域的単位のこ とです 医療圏は 医療法により 初期の診断 治

上表の病床過剰地域であっても、以下の1から3に該当する診療所における療養病床または 一般病床については、医療審議会の審議を経た上で、新たな設置が可能です。(医療法第7条 第3項、医療法施行規則第1条の14第7項第1号から第3号)  1  法第30条の7第2項第2号に掲げる医療の提供の推進のために必要な診療所その他の地 域包括ケアシステムの構築のために必要な診療所であること

5 さらに読み込む

27 大阪府 A. 医療提供体制の現状 大阪府の特徴は (1) 府全域で高度医療が行われている (2) 東京都や愛知県と比較す ると医療提供が過剰 (3) 堺 泉州に多い療養や精神病床である (1) 府全域で高度医療が行われている 大阪の 8 つ全ての医療圏において 年間 1,000 件以上の全身麻

27 大阪府 A. 医療提供体制の現状 大阪府の特徴は (1) 府全域で高度医療が行われている (2) 東京都や愛知県と比較す ると医療提供が過剰 (3) 堺 泉州に多い療養や精神病床である (1) 府全域で高度医療が行われている 大阪の 8 つ全ての医療圏において 年間 1,000 件以上の全身麻

総医師数が 47(病院勤務医数 48、診療所医師 44)、総看護師数 51、全身麻酔数 52 であり、 医学部のない地域としては医療資源レベルの高い地域である。また、精神病床が多いことが 泉州の大きな特徴である。 2010→40 年の医療の総需要が 13%増、0-64 歳が 28%減、75 歳以上が 74%増と、地域の 医療・介護の高い需要増や大阪市からの高齢者の流入が見込まれる地域なので、高齢者向け の施設や療養、亜急性期、回復期病床の増強、地域内や大阪市、堺市とのネットワークの強 化などが必要である。
さらに見せる

14 さらに読み込む

入院医療 ( その 9) 1. 療養病棟入院基本料 1-1) 療養病棟入院基本料の評価体系 1-2) 医療区分 1-3) 在宅復帰機能強化加算 2. 入退院支援 ( その 2) MC-42 2

入院医療 ( その 9) 1. 療養病棟入院基本料 1-1) 療養病棟入院基本料の評価体系 1-2) 医療区分 1-3) 在宅復帰機能強化加算 2. 入退院支援 ( その 2) MC-42 2

② 先般の介護保険法等の一部改正法により、現在存在する介護療養病床については、6年間転換 期限が延長されたことを踏まえ、介護療養病床にかかる医療法上の人員配置標準の経過措置も同 様に 6年間延長 することとしてはどうか。 ③ 従来からの経過措置の延長という性格に鑑み、平成30年度からの上記経過措置の対象は、平成 24年の所定期日までに届出を行っていた医療機関に限るものとしてはどうか。(新たな医療機関が上 記経過措置の対象となることは認めない。)
さらに見せる

32 さらに読み込む

06 資料3 介護療養型医療施設、介護医療院の報酬・基準について

06 資料3 介護療養型医療施設、介護医療院の報酬・基準について

介護療養病床における入院患者の診断群分類(DPCコード)に基づく現状について ○ 介護療養病床療養機能強化型)の入院患者(約3.7万人)について、主要診断群(MDC:Major Diagnostic Category)別に見ると、MDC01神経系疾患が66.8%、MDC05循環器系疾患が6.8%、MDC外傷・熱傷・中毒が 6.0%であり、例えば脳神経系疾患の詳細(件数)をみると脳梗塞、認知症、脳卒中の続発症の順であった。

31 さらに読み込む

< 糖尿病療養指導体制の整備状況 > 療養指導士のいる医療機関の割合は増加しつつある 図 1 療養指導士のいる医療機関の割合の変化 平成 20 年度 8.9% 平成 28 年度 11.1% 本糖尿病療養指導士を配置しているところは 33 医療機関 (11.1%) で 平成 20 年に実施した同調査

< 糖尿病療養指導体制の整備状況 > 療養指導士のいる医療機関の割合は増加しつつある 図 1 療養指導士のいる医療機関の割合の変化 平成 20 年度 8.9% 平成 28 年度 11.1% 本糖尿病療養指導士を配置しているところは 33 医療機関 (11.1%) で 平成 20 年に実施した同調査

平成20年度 ⽇本糖尿病療養指導士を配置しているところは、33医療機関(11.1%)で、平成20年に実施 した同調査(以下、前回調査)の29施設(8.9%)から、増加しています(図1)。 ⽇本糖尿病療養指導士は前回調査の合計100人から162人に増加し、看護師、管理栄養士、 薬剤師、理学療法士、臨床検査技師等が各専門分野において、きめ細かく対応できるように なってきています。

10 さらに読み込む

2. 療養型病院 (1) 機能性の状況 療養型病院 施設数 ( 施設 ) 470 病床数 ( 床 ) 利用率 90.3 在院日数 ( 日 ) 92.7 入院外来比 0.52 新患率 日平均患者数 ( 人 ) 入院 外来 床当たり医業収益 ( 千円 )

2. 療養型病院 (1) 機能性の状況 療養型病院 施設数 ( 施設 ) 470 病床数 ( 床 ) 利用率 90.3 在院日数 ( 日 ) 92.7 入院外来比 0.52 新患率 日平均患者数 ( 人 ) 入院 外来 床当たり医業収益 ( 千円 )

労働分配率(%) 99.4 経常収益対支払利息率(%) 0.9 (注1)全病床に占める一般病床の割合が 50%を超える病院を「一般病院」としています。 (注2)医育機関附属病院及び医師会立病院は含まれていません。

6 さらに読み込む

基本情報 ( 職員配置 届出の状況など ) 病床の状況 一般病床 療養病床 許可病床医療機関の病床 ( ベッド ) は 法律 ( 医療法 ) の許可を得た上で設置することとされており 許可を受けた病床のうち 過去 51 床 51 床 稼働病床 1 年間に実際に患者を受け入れた病床数を稼働病床数とし

基本情報 ( 職員配置 届出の状況など ) 病床の状況 一般病床 療養病床 許可病床医療機関の病床 ( ベッド ) は 法律 ( 医療法 ) の許可を得た上で設置することとされており 許可を受けた病床のうち 過去 51 床 51 床 稼働病床 1 年間に実際に患者を受け入れた病床数を稼働病床数とし

 退院後に在宅で療養する患者について、入院している医療 機関の医師等が退院後の在宅医療を担う医師や訪問看護 事業所等の看護師等と連携し,共同で患者に指導や説明を 行っていることを示す項目です。値は、患者が入院している 医療機関が、指導や説明を行った患者数です。  退院後に導入することが望ましい介護サービス等につい て、入院中の医療機関と介護支援専門員(ケアマネー ジャー)が連携し、共同で指導や説明を行っていることを示す 項目です。値は指導や説明を行った患者数です。  退院の際に患者に対し、病状や退院後に生活する家屋の 構造、介護力等を考慮し、リハビリテーションの観点から指導 や説明を行っていることを示す項目です。値は指導や説明を 行った患者数です。
さらに見せる

18 さらに読み込む

医科診療報酬点数表関係 別添 1 在宅患者支援療養病床初期加算 在宅患者支援病床初期加算 問 1 療養病棟入院基本料の注 6の在宅患者支援療養病床初期加算及び地域包括ケア病棟入院料の注 5の在宅患者支援病床初期加算の算定要件に 人生の最終段階における医療 ケアの決定プロセスに関するガイドライン 等の

医科診療報酬点数表関係 別添 1 在宅患者支援療養病床初期加算 在宅患者支援病床初期加算 問 1 療養病棟入院基本料の注 6の在宅患者支援療養病床初期加算及び地域包括ケア病棟入院料の注 5の在宅患者支援病床初期加算の算定要件に 人生の最終段階における医療 ケアの決定プロセスに関するガイドライン 等の

(答)現時点では、独立行政法人労働者健康安全機構の主催する両立支援コー ディネーター基礎研修等を指す。 【ハイリスク妊産婦連携指導料1】 問9 区分番号「B005-10」ハイリスク妊産婦連携指導料1について、「原 則として当該保険医療機関を受診する全ての妊産婦を対象に、エジンバラ産後 うつ病質問票(EPDS)等を参考にしてメンタルヘルスのスクリーニングを 適切に実施していること。」とあるが、妊産婦が急性外傷等で救急外来を受診 した場合や感冒等で内科外来を受診した場合についてもスクリーニングを実 施する必要があるか。
さらに見せる

13 さらに読み込む

医科診療報酬点数表関係 別添 1 在宅患者支援療養病床初期加算 在宅患者支援病床初期加算 問 1 療養病棟入院基本料の注 6の在宅患者支援療養病床初期加算及び地域包括ケア病棟入院料の注 5の在宅患者支援病床初期加算の算定要件に 人生の最終段階における医療 ケアの決定プロセスに関するガイドライン 等の

医科診療報酬点数表関係 別添 1 在宅患者支援療養病床初期加算 在宅患者支援病床初期加算 問 1 療養病棟入院基本料の注 6の在宅患者支援療養病床初期加算及び地域包括ケア病棟入院料の注 5の在宅患者支援病床初期加算の算定要件に 人生の最終段階における医療 ケアの決定プロセスに関するガイドライン 等の

(答)産科又は産婦人科以外の診療科を受診した場合については、原則として スクリーニングを実施する必要はない。 問 10 「原則として当該保険医療機関を受診する全ての妊産婦を対象に、エジ ンバラ産後うつ病質問票(EPDS)等を参考にしてメンタルヘルスのスクリ ーニングを適切に実施していること。」とあるが、市町村等において妊産婦に メンタルヘルスのスクリーニングが実施されている場合についても、当該保険 医療機関で重複してスクリーニングを実施する必要があるか。
さらに見せる

6 さらに読み込む

基本情報 ( 職員配置 届出の状況など ) 病床の状況 一般病床 療養病床 許可病床医療機関の病床 ( ベッド ) は 法律 ( 医療法 ) の許可を得た上で設置することとされており 許可を受けた病床のうち 過 51 床 51 床 上記のうち医療法上の経過措置に該当する病床数去 1 年間に実際に患者

基本情報 ( 職員配置 届出の状況など ) 病床の状況 一般病床 療養病床 許可病床医療機関の病床 ( ベッド ) は 法律 ( 医療法 ) の許可を得た上で設置することとされており 許可を受けた病床のうち 過 51 床 51 床 上記のうち医療法上の経過措置に該当する病床数去 1 年間に実際に患者

0件 算定する入院基本料・特定入院料  入院基本料・特定入院料とは、入院時の基本料金に該当 する点数ですが、種類によっては基本料金だけでなく、一定 の検査や薬の費用などが包括されている場合もあります。病 床を利用する患者の状態や職員の配置状況に応じて入院1 日あたりの点数が設定されていて、様々な区分があります。 この項目は、医療機関において、どの入院基本料・特定入院 料の病床がいくつ設定され(届出病床数)、実際にどれだけ の患者にその入院料が適用されているか(レセプト件数)を 示します。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Show all 5711 documents...