前事 業 年度 末( 平 成17年3月31日現 在 )

Top PDF 前事 業 年度 末( 平 成17年3月31日現 在 ):

面 積 :1.46 平 方 キロメートル 人 口 :7,73 人 (H7 年 1 月 末 現 在 ) 世 帯 数 :,73 世 帯 (H7 年 1 月 末 現 在 ) 高 齢 化 率 :31.4%(H.4.1) 主 要 産 業 : 金 属 製 品 一 般 機 械 輸 送 機 械 械 製 造 業 繊

面 積 :1.46 平 方 キロメートル 人 口 :7,73 人 (H7 年 1 月 末 現 在 ) 世 帯 数 :,73 世 帯 (H7 年 1 月 末 現 在 ) 高 齢 化 率 :31.4%(H.4.1) 主 要 産 業 : 金 属 製 品 一 般 機 械 輸 送 機 械 械 製 造 業 繊

◎平成 25年度、他部署との チーム化を進め総合サポート センターへ移設 ◎平成 17年度、市民からの 様々な相談を受けるため に市民相談室を設置。苦 情から日々の悩み相談、 各種制度の相談などを受 けて、助言やつなぎをする 相談を実施

13 さらに読み込む

平 成 28 年 度 日 本 薬 剤 師 会 賞 同 功 労 賞 同 有 功 賞 ( 団 体 ) 授 賞 ( 者 ) 一 覧 ( 平 成 28 年 7 月 5 日 日 本 薬 剤 師 会 賞 等 選 考 委 員 会 にて 選 考 決 定 ) 年 齢 は 平 成 28 年 6 月 末 現 在 日 本

平 成 28 年 度 日 本 薬 剤 師 会 賞 同 功 労 賞 同 有 功 賞 ( 団 体 ) 授 賞 ( 者 ) 一 覧 ( 平 成 28 年 7 月 5 日 日 本 薬 剤 師 会 賞 等 選 考 委 員 会 にて 選 考 決 定 ) 年 齢 は 平 成 28 年 6 月 末 現 在 日 本

このように、調剤、医薬品の供給、安全管理を行うだけでなく、公衆衛生、福祉の分野 においても広く活動している。 具体的な事業として、平成25年度には「地域住民へ使用しない医薬品の処理方法を啓発 する」事業、平成26年度には「救急医療情報キットを利用して地域住民へ医薬品情報を啓 発する」事業を実施した。

6 さらに読み込む

決 算 平 成 25 年 度 決 算 を 見 る 町 の 積 立 金 町 債 の 現 在 高 ( 平 成 25 年 度 末 現 在 ) 基 金 現 在 高 財 政 調 整 基 金 6 億 6,615 万 円 減 債 基 金 4,452 万 円 教 育 施 設 基 金 153 万 円 青 少 年 育

決 算 平 成 25 年 度 決 算 を 見 る 町 の 積 立 金 町 債 の 現 在 高 ( 平 成 25 年 度 末 現 在 ) 基 金 現 在 高 財 政 調 整 基 金 6 億 6,615 万 円 減 債 基 金 4,452 万 円 教 育 施 設 基 金 153 万 円 青 少 年 育

 8月21の夜、北落の日吉神社境内で「おはなおどり」が奉納されました。  この祭事は国の「選択無形民俗文化財」であり、飾りを背負って太鼓をたたき勇壮に舞う男 たちと、花笠を被り優雅に舞い踊る児童らが織りなす伝統の舞いです。  「おはな伝説」を起源にもち、水の恵みに感謝を表すこのおどり。各地の祭事が土日に開催さ れることが一般的になった今日にあって、毎年8月21に催されています。大正13の大 渇水時に雨乞いをおこなったところ8月21に雨が降ったことから、そのお礼として同日に 奉納されるようになったのだとか。伝説は伝説を呼ぶということなのかもしれません。
さらに見せる

15 さらに読み込む

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16

平成28熊本地震における消防機関の活動(熊本県内)について 被害の状況 (※消防庁被害報第54報(平成285209時00分現在)) 〇 大規模火災には至らなかったまでも、地震によって発生した火災への消火活動や、 県内の随所で発生した建物倒壊による閉じ込め事故、並びに土砂災害による生き埋め事故での捜索を含む 救助活動を実施。

8 さらに読み込む

目 次 Ⅰ.2016( 平 成 28) 年 度 事 業 計 画 の 概 要 1 1. 本 学 の 現 状 2. 事 業 目 標 3. 予 算 編 成 方 針 Ⅱ.2016( 平 成 28) 年 度 の 主 な 事 業 計 画 5 1. 学 校 法 人 松 山 大 学 としての 重 点 事 業 2.

目 次 Ⅰ.2016( 平 成 28) 年 度 事 業 計 画 の 概 要 1 1. 本 学 の 現 状 2. 事 業 目 標 3. 予 算 編 成 方 針 Ⅱ.2016( 平 成 28) 年 度 の 主 な 事 業 計 画 5 1. 学 校 法 人 松 山 大 学 としての 重 点 事 業 2.

課外活動については、活動を通じて自主性、達成感、コミュニケーション能力を身に つけて、社会人基礎力を体得できるよう支援を行います。具体的には、全国大会等出場 時の旅費の補助や備品購入にかかる助成のほか、例年実施している「サークルリーダー 研修」の内容を充実させ、各サークルで中心となって活躍する学生のリーダーシップ養 を行います。更に、2014(平成 26)年度より実施している四国インカレ応援バスツアー、 全日本大学女子駅伝対校選手権大会での学生応援、学生自治会と協同して行う全国大会 出場サークルの壮行会等を引き続き開催することで、学生の大学に対する帰属意識の醸 を図っていきます。そのほかには陸上競技場、テニスコートなど各種体育施設の改修 によってハード面の環境整備を進めていきますが、文化系サークルに対するサポートが 十分でないとの認識から、必要備品の購入や活動環境整備のための積極的な支援策を重 点的に講じていきます。
さらに見せる

36 さらに読み込む

薬 局 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 分 析 事 業 第 98 回 集 計 報 告 ( 平 成 年 71 月 ~12 ~6 月 ) 平 成 平 25 成 25 年 12 年 3 月 日 公 益 財 団 法 人 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 医 療 事 故 防 止

薬 局 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 分 析 事 業 第 98 回 集 計 報 告 ( 平 成 年 71 月 ~12 ~6 月 ) 平 成 平 25 成 25 年 12 年 3 月 日 公 益 財 団 法 人 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 医 療 事 故 防 止

事例4 疑義照会、薬剤削除に関する事例(事例番号:000000030118) 事例の内容 Rp1.テラビック錠250mg1分量6錠分2×7分朝夕食後服用 Rp2.レベトールカプ セル200mg1分量2カプセル分2×7分朝夕食後服用と処方せんに記載あり。前回(7 )にはRp1.レベトールカプセル200mg1分量2カプセル分2×7分朝夕食後服用の 処方のみで、患者さんから「テラビック錠250mgは服用開始から12週間飲んだので、今回で 終了となった」との申し出あり。本日、テラビック錠250mgが再開となっていた為、処方医師 に疑義照会を行う。Rp1.テラビック錠250mg1分量6錠分2×7分朝夕食後服用は中 止となった。
さらに見せる

51 さらに読み込む

1. 申 告 対 象 者 (1) 三 浦 市 内 で 事 業 をされている 方 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 三 浦 市 内 に 事 業 用 の 資 産 を 所 有 している 法 人 又 は 個 人 (2) 三 浦 市 内 に 貸 し 付 け 資 産 のある 方 平 成 28 年 1 月

1. 申 告 対 象 者 (1) 三 浦 市 内 で 事 業 をされている 方 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 三 浦 市 内 に 事 業 用 の 資 産 を 所 有 している 法 人 又 は 個 人 (2) 三 浦 市 内 に 貸 し 付 け 資 産 のある 方 平 成 28 年 1 月

平成281月1現在貸し付けを事業として市内に償却資産を貸し付けている法人又は個人。 2. 償却資産とは 固定資産税の対象となる償却資産とは、平成281月1現在所有する土地及び家屋以外の事業 の用に供することができる資産で、その減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計 算上、損金又は必要な経費に算入されるもの(法人税又は所得税を課されない者が所有するものを含 む)で次のようなものが申告の対象となります。
さらに見せる

15 さらに読み込む

中 途 退 学 の 現 状 中 途 退 学 者 7 名 中 退 率 6.6% 平 成 26 年 5 月 1 日 在 学 者 105 名 ( 平 成 26 年 4 月 入 学 者 を 含 む) 平 成 27 年 5 月 1 日 在 学 者 88 名 ( 平 成 27 年 4 月 入 学 者 を 含 む

中 途 退 学 の 現 状 中 途 退 学 者 7 名 中 退 率 6.6% 平 成 26 年 5 月 1 日 在 学 者 105 名 ( 平 成 26 年 4 月 入 学 者 を 含 む) 平 成 27 年 5 月 1 日 在 学 者 88 名 ( 平 成 27 年 4 月 入 学 者 を 含 む

(学校関係者評価委員会の全委員の名簿) 平成 27 10 1 現在 名前 所属団体・企業等 有野 一馬 一般社団法人全国旅行協会 専務理事 飯田 惣三 株式会社小田急トラベル 常務取締役 髙野 光司 株式会社 JTB ガイアレック 取締役総務部長

7 さらに読み込む

平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 ( 自 平 成 21 年 4 月 1 日 ~ 至 平 成 22 年 3 月 31 日 ) 平 成 21 年 度 の 日 本 バレエ 協 会 の 事 業 は 平 成 21 年 4 月 1 日 に 始 まり 平 成 22 年 3 月 31 日 に 終 了 した

平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 ( 自 平 成 21 年 4 月 1 日 ~ 至 平 成 22 年 3 月 31 日 ) 平 成 21 年 度 の 日 本 バレエ 協 会 の 事 業 は 平 成 21 年 4 月 1 日 に 始 まり 平 成 22 年 3 月 31 日 に 終 了 した

 本事業は、全国各地で舞踊活動を行っている舞踊家、及びバレエ研修中の青少年に大規模劇場に於けるオー ケストラ付き本格的舞台での演技、若しくは振付作品発表の場を提供するを目的の第一とし、その目的の第二 には、特に出演青少年にあっては他研究所の生徒と共に作品を作る経験の機会、また全国各地の同年代の技術 的レベルを見ることでより一層の切磋琢磨の動機づけとなる機会を提供することがあり、目的の第三には全国のバ レエ関係者が一堂に会するで、我が国バレエの総体的レベルと実情を把握して懇談する機会としての位置づけ で開催される。尚、今回は協力の新国立劇場運営財団の都合により、新国立劇場中劇場での開催となった。
さらに見せる

33 さらに読み込む

公 益 財 団 法 人 仏 教 伝 道 協 会 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 25 年 度 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 )は 仏 教 伝 道 協 会 が 公 益 法 人 へ と 移 行 した 初 年 度 にあたり 日 本 文 化

公 益 財 団 法 人 仏 教 伝 道 協 会 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 25 年 度 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 )は 仏 教 伝 道 協 会 が 公 益 法 人 へ と 移 行 した 初 年 度 にあたり 日 本 文 化

(3)機関誌の発行、ホームページでの広報等に関する事項 仏教伝道協会の事業を広く知っていただくために必要なツールとして、公益法 人移行に際し、協会概要紹介冊子「あゆみ(和文・英文)」を刷新、協会の近況 を報告する「心のかけはしカード」や前年度の活動をまとめた「ニュースレター 道(2013.No.2)」を刊行した。また、一般向けの経済誌である『週刊東洋経済 (20131012号)』に「現代のビジネスパーソンにとって仏教とは?」とい う特集記事を掲載、その抜き刷り冊子を作成し、広報活動に活用した。その他、 中外日報紙、仏教タイムス紙にそれぞれ公益財団法人移行特集記事を掲載、ホー ムページでBDKシンポジウムの動画配信等を行うなど、広報に努めた。
さらに見せる

9 さらに読み込む

( 添 付 書 類 ) 事 業 報 告 平 成 26 年 4 月 1 日 から ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで) ( ) 記 載 金 額 ( 消 費 税 等 抜 き)は 原 則 として 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 1. 企 業 集 団 の 現 況 に

( 添 付 書 類 ) 事 業 報 告 平 成 26 年 4 月 1 日 から ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで) ( ) 記 載 金 額 ( 消 費 税 等 抜 き)は 原 則 として 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 1. 企 業 集 団 の 現 況 に

次にセグメント別の概況をご報告いたします。 ① 総合レジャー事業 [公営競技部門]  川崎競馬は、前期同様63開催されました。重賞競走は6月の「関東オーク ス」、12の「全日本2歳優駿」、1月の川崎競馬最大のレース「川崎記念」 などが開催され、多くのファンが来場した結果、投票券総売上高は増加いたし ました。イベントは、9月の「川崎競馬秋まつり2014」や10の「神奈川キ ャンピングカーフェア」などを実施し、多くの来場者で賑わいを見せました。 また、3号スタンドの解体工事が完了し、平成27年度の商業施設完成に向け た工事に着手いたしております。なお、南関東の他場開催(船橋・大井・浦 和)の場外発売は、前期比2増の206実施されました。また、JRAの場 外発売「ウインズ川崎」は前期比1増の107実施され、好調に推移いたし ました。
さらに見せる

44 さらに読み込む

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

3 機構の成立のの前日に宇宙科学研究所、独立行政法人航空宇宙技術研究所又は宇宙 開発事業団の職員(以下「旧宇宙3機関職員」という。)であった者から機構の成立のに 引き続き機構の職員となった者のうち、退職し又は死亡したにおける本給月額が機構 の成立のの前日の俸給月額又は本給月額を下回る者については、第4条の2中「退職し 又は死亡したにおける本給及び本給の調整額」とあるのは、「機構の成立のの前日の 俸給又は本給並びに退職し又は死亡したにおける本給の調整額」と、第11条中「死亡 したにおける算定基礎額」とあるのは「機構の成立のの前日の俸給又は本給並びに 死亡したにおける本給の調整額の月額の合計額」とする。この場合において、機構の 成立の以後に、給与改定又は降格等により本給月額が減額された場合は、機構の成立 のの前日の俸給月額又は本給月額は、当該減額された額を差し引いた額とする。 4 機構の成立のの前日に旧宇宙3機関職員であった者から機構の成立のに引き続き
さらに見せる

10 さらに読み込む

4 業 務 概 要 及 び 委 託 期 間 (1)ウェブサイトの 企 画 設 計 及 び 構 築 業 務 契 約 の 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで (2)ウェブサイトの 運 用 保 守 更 新 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 平 成

4 業 務 概 要 及 び 委 託 期 間 (1)ウェブサイトの 企 画 設 計 及 び 構 築 業 務 契 約 の 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで (2)ウェブサイトの 運 用 保 守 更 新 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 平 成

※平成 27 4 以降の契約については、平成 27 2 末日までに別途協議する。 5 著作物の使用等 (1)受託者は、本業務の実施に当たって、第三者が権利を有する著作物を使用しようとする時は、 当該著作物の使用に必要な費用の負担及び使用許諾契約にかかる一切の手続きを行わなければ ならない。この場合において、受託者は当該契約等の内容について事前に財団の承諾を得るも のとする。

5 さらに読み込む

平 平 平 平 平 成 成 成 成 成 免 免 許 許 日 日 年 年 の 前 前 後 月 翌 免許の有効期間 の 日 日 免許応 更新申請書 答 提出期間 日 4 免許を受けるための要件 宅建業の免許の申請はだれ

平 平 平 平 平 成 成 成 成 成 免 免 許 許 日 日 年 年 の 前 前 後 月 翌 免許の有効期間 の 日 日 免許応 更新申請書 答 提出期間 日 4 免許を受けるための要件 宅建業の免許の申請はだれ

「宅地建物取引士」とは、資格試験に合格し、かつ2以上の実務経験があり(又は実 務講習を終了し)、その資格を登録後、宅地建物取引士証の交付を受けた者をいいます。 宅建業法は免許取得に際し「宅地建物取引士」のうちから、一つの事務所にいて従事 者(代表者を含む)5名に対して1名以上の割合で「専任」として設置することを義務づ けています。また、法50条第2項での案内所等には1名以上の設置が必要です。
さらに見せる

7 さらに読み込む

平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 概 況 本 年 度 は 通 信 自 由 化 30 周 年 を 記 念 し 春 秋 2 回 のシンポジウムを 開 催 した 春 は 通 信 自 由 化 30 周 年 次 の10

平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 概 況 本 年 度 は 通 信 自 由 化 30 周 年 を 記 念 し 春 秋 2 回 のシンポジウムを 開 催 した 春 は 通 信 自 由 化 30 周 年 次 の10

「欧州におけるインターネット・アクセス・サービスの実効速度計測に関わる法的側面」発表 者: 佐々木勉( Policy Research Unit 代表) ・ 12 12 (土)13:00~15:30 名古屋大学東京オフィス 「地区防災計画と情報通信 ~コミュニティの共助から ICT の活用まで~」パネリスト:林秀弥 (名古屋大学大学院法学研究科教授/日本学術会議連携会員) 、井上禎男(福岡大学法学部准教 授) 、澤田雅浩(長岡造形大学建築・環境デザイン学科准教授) 、田中行男(一般財団関西情報セ ンター専務理事) 、守茂昭(都市防災研究所上席研究員) 、西澤雅道(元内閣府防災担当/内閣府 大臣官房総務課企画調整官)
さらに見せる

32 さらに読み込む

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23.

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23.

現行では定率法を選択できる建物附属設備、 構築物及び鉱業用建 物について、平成 28 4 1 以後取得の資産から償却方法を定 額法に一本化する(所得税についても同様とする) 。 ※鉱業用の建物、建物附属設備、構築物については、定額法又は生産高比例法

7 さらに読み込む

議 事 次 第 1. 開 会 の 辞 2. 会 長 挨 拶 3. 議 事 議 題 1. 平 成 26 年 度 事 業 報 告 議 題 2. 平 成 26 年 度 収 支 決 算 及 び 監 査 報 告 議 題 3. 平 成 27 年 度 事 業 計 画 議 題 4. 平 成 27 年 度 予 算 議

議 事 次 第 1. 開 会 の 辞 2. 会 長 挨 拶 3. 議 事 議 題 1. 平 成 26 年 度 事 業 報 告 議 題 2. 平 成 26 年 度 収 支 決 算 及 び 監 査 報 告 議 題 3. 平 成 27 年 度 事 業 計 画 議 題 4. 平 成 27 年 度 予 算 議

   登録料は5月3の大会当日に納入すること。    その際、責任者の氏名、連絡先、メールアドレスを必ず記載すること。 4.その他 (1)ドロー作成上、エントリー締切を厳守し、申込書には、必ず代表者の連絡先を記載 すること。(代表者、責任者が複数の場合も、それぞれの連絡先を記載すること。) (2)出場者には、所属団体を通じドロー表・日程を通知する。

18 さらに読み込む

1 生 徒 数 ( 平 成 27 年 度 ) 男 子 女 子 計 3 年 生 年 生 年 生 新 入 生 (1 月 8 日 現 在 ) 2 学 校 教 育 目 標 ( 平 成 27 年 度 ) < 目 指 す 学

1 生 徒 数 ( 平 成 27 年 度 ) 男 子 女 子 計 3 年 生 年 生 年 生 新 入 生 (1 月 8 日 現 在 ) 2 学 校 教 育 目 標 ( 平 成 27 年 度 ) < 目 指 す 学

※ 週一回スクールカウンセラーの先生が学校に来ています。悩み等の相談もしてください。 ○中学生は多感な時期であり一人で悩んだりすることもありますから、顔色や行動の変化を注意して観察して ください。 ○携帯電話(スマ-トホン)、LINE、インターネットのトラブル防止に努めてください。 ※ 親子で携帯電話(スマホ)、インターネットの使用についての約束を決めてください。 ※ 情報モラル、マナ-についてしっかりと話をしてください。
さらに見せる

32 さらに読み込む

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23.

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23.

【増税】 消費税の還付スキームを封じるための 改正です。平成 22 年度改正でいわゆる 自販機スキームを封じる法整備が行われ しましたが、法人を設立し、課税事業者 を選択した状態で 2 期間を置き、その 後の事業年度で建物等を取得して消費税 の還付を受けた場合、翌事業年度から免 税事業者又は簡易課税制度を選択するこ とができました。本改正により、このス キームが利用できなくなります。

8 さらに読み込む

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市

第 1 章 計 画 の策 定 にあたって 1 計画策定の趣旨 国は少子化対策として平成 15 7 に「次世代育成支援対策推進法」を制定。 22 には子ども・子育てを取り巻く社会情勢の変化を受け新たな支援制度を構築 していくため、 「子ども・子育てビジョン」を閣議決定し、幼保一体化を含む新たな 次世代育成支援のための包括的・一元的なシステムの構築についての検討を始め、 24 には、認定こども園、幼稚園、保育園を通じた共通の新たな給付や、認定こ ども園法の改善などが盛り込まれた「子ども・子育て関連3法」を制定しました。
さらに見せる

81 さらに読み込む

Show all 10000 documents...