内閣府大臣官房会計課調査官

Top PDF 内閣府大臣官房会計課調査官:

平成 30 年 7 月豪雨非常災害対策本部会議配席図 環境副大臣 総理大臣補佐官内閣官房副長官 ( 参 ) 内閣官房副長官 ( 衆 ) 内閣総理大臣内閣官房長官内閣官房副長官 ( 事 ) 内閣危機管理監 内閣府副大臣経済産業大臣厚生労働大臣防災大臣 国家公安委員長農林水産大臣防衛大臣国土交通副大臣

平成 30 年 7 月豪雨非常災害対策本部会議配席図 環境副大臣 総理大臣補佐官内閣官房副長官 ( 参 ) 内閣官房副長官 ( 衆 ) 内閣総理大臣内閣官房長官内閣官房副長官 ( 事 ) 内閣危機管理監 内閣府副大臣経済産業大臣厚生労働大臣防災大臣 国家公安委員長農林水産大臣防衛大臣国土交通副大臣

(平成30年7月9日(日)08時24分、行方不明者が発見されたことから、福岡県知 事から撤収要請を受け、人命救助活動を終了。) 京都 平成30年7月6日(金)、京都府内の河川が増水し、氾濫危険水位に達したため、同日 、京都府知事から陸上自衛隊第7普通科連隊長に対し、水防活動(堤防補強のための土嚢積 み)に係る災害派遣要請があり、水防活動を実施し、活動を終了。その後上流ダムの放水に より、更に水防活動が必要になったことから、同日18時35分、京都府知事から第7普通 科連隊長に対し、水防活動に係る災害派遣要請があった。
さらに見せる

123 さらに読み込む

平成28年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の年度末自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員  内閣府

平成28年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の年度末自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員 内閣府

・「価格交渉シート」及び「価格交渉事例集」により、 情報の共有化を図った。 ・マニュアルの作成等に向けて現状の分析、内容の 検討、各省会計担当者との情報交換等を実施。 ・随意契約案件(予定価格が100万円を超えるもの) の実施決裁時において、価格交渉の状況を明記。 価格交渉シートを添付し、会計担当者が内容の 確認を行うとともに、適宜指導等を実施。 ・「価格交渉シート」を見直し、交渉過程、交渉担当 者、引き下げられない理由等を明示。
さらに見せる

8 さらに読み込む

海洋プラスチックごみ対策の推進に関する関係閣僚会議議事要旨 1 日時 令和元年 5 月 31 日 ( 金 ) 午前 8 時 25 分 ~ 午前 8 時 40 分 2 場所 総理大臣官邸 4 階大会議室 3 出席者安倍内閣総理大臣 菅内閣官房長官 原田環境大臣 ( 司会 ) 宮腰内閣府特命担当大臣 (

海洋プラスチックごみ対策の推進に関する関係閣僚会議議事要旨 1 日時 令和元年 5 月 31 日 ( 金 ) 午前 8 時 25 分 ~ 午前 8 時 40 分 2 場所 総理大臣官邸 4 階大会議室 3 出席者安倍内閣総理大臣 菅内閣官房長官 原田環境大臣 ( 司会 ) 宮腰内閣府特命担当大臣 (

次に、吉川農林水産大臣からご発言をお願いします。 【吉川農林水産大臣】 農林水産業・食品産業では、飲料用ペットボトルや漁具など、多くのプラスチック製品を 利活用しており、そのうちの一部は海洋プラスチックごみになっていると思われます。農林 水産省としては、新たな汚染を生み出さないよう、環境省等関係各省と連携し、これらプラ スチック製品の回収や適正管理の徹底、更には漁業者による海洋ごみの回収・処理等、本ア クションプランに即した取組を強力に推進してまいります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成26年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の年度末自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員  内閣府

平成26年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の年度末自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員 内閣府

- A - 27年度も同様に実施。 「内閣官房及び内閣法制局・内 閣府本調達改善推進チーム」 を設置し、調達改善を推進する ための体制を整備する。 推進チームにおける会合は必要 に応じ開催する。また、内閣大 臣官房参事官(会計担当)の主 催により調達改善計画の推進状 況のフォローアップのための実 務者会合を半期に一度開催し、 進捗状況を推進チームへ報告す る。

9 さらに読み込む

平成27年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の年度末自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員  内閣府

平成27年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の年度末自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員 内閣府

④わかりやすい取扱説明書の作成については、CIO補佐官のご意見を伺いながら仕様 書や検査項目を工夫することで実現できないか検討する。また、従来から実施している 仕様書への引き継ぎ事項の記載は、引き続き実施する。 ⑤現在、CIO補佐官が作成中の模範例を府内に周知するとともに、会計実務者研修で のCIO補佐官による説明機会の新設等を検討する。

10 さらに読み込む

平成29年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画のポイント(概要版)

平成29年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画のポイント(概要版)

【調達改善の推進体制】 「内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本調達改善推進チーム」を設置、入札等監視委員会、外部 有識者(調達アドバイザー等)の意見を積極的に活用しながら、調達改善を推進。 ◎カード決済

1 さらに読み込む

平成28年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員  内閣府

平成28年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員 内閣府

また、運用の見直しに係る独自の試算を行い、旅費と事務作業の効率化 に向けた検証を実施。 (会計業務) 資金前渡官吏廃止に向けた取組について、関係者間で打合せを実施。 地方支分部局については、8/29に関係者の役割を明確にするためにPT を発足し、支出官払への移行スケジュール及び進捗管理表を作成し、支 出官払を検討している出先機関とのヒアリング内容等をPT会議にて実 施。

8 さらに読み込む

平成29年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員  内閣府

平成29年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員 内閣府

- (4)特殊かつ専門性が高い2経費(宇宙関係経費、遺棄化学関係経費)における契約 後に代価が確定する契約については、悪質な過大請求を未然に防ぎ、過大請求があった 場合にその結果として被った損害額を補償させるよう違約金に関する特約条項を盛り込 み契約手続きの厳正な執行に努めるとともに、宇宙関係経費については、契約に係る過 大請求等の不正事案の発生を未然に防止するため、引き続き関係機関と連携して契約相 手方に対する制度調査(企業の会計制度の信頼性を確認するための調査)を行う。
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成27年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員  内閣府

平成27年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員 内閣府

・調達アドバイザーやCIO補佐官 の助言により、見積額の精査や 仕様のスリム化を図った。 ・会計実務研修において「価格交 渉心得・チェックリスト」の情報共 有化を図るとともに、調達アドバ イザーによる講演を実施した。 ・新規契約時など随時相談を行 い、助言により価格交渉を進め た。

10 さらに読み込む

平成28年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画のポイント(概要版)

平成28年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画のポイント(概要版)

◎ 【調達改善の推進体制】 「内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本調達改善推進チーム」を設置、入札等監視委員会、外部 有識者(調達アドバイザー等)の意見を積極的に活用しながら、調達改善を推進。

1 さらに読み込む

Ⅰ 近年の行政改革の実績 1. 政治主導体制の強化 1 内閣主導の体制整備 ( 平成 13 年 1 月 ) 内閣府の新設 特命担当大臣の新設 ( 経済財政政策 科学技術政策 防災等 ) 内閣官房の幹部を政治任用化 内閣総理大臣補佐官を3 人以内から5 人以内に拡充 2 政務次官制 (24 人 ) を

Ⅰ 近年の行政改革の実績 1. 政治主導体制の強化 1 内閣主導の体制整備 ( 平成 13 年 1 月 ) 内閣府の新設 特命担当大臣の新設 ( 経済財政政策 科学技術政策 防災等 ) 内閣官房の幹部を政治任用化 内閣総理大臣補佐官を3 人以内から5 人以内に拡充 2 政務次官制 (24 人 ) を

8.電子政府の実現 15 年7月に「電子政府構築計画」を決定(各省情報化統括責任者連絡会議決定。 16 年 6 月改定) 。17 年度末までを計画期間として推進 ① 国民の利便性・サービスの向上を推進。15 年度までに国の行政機 関が扱う申請・届出等手続の96%(13,317 件) をオンライン化 ② IT化に対応した業務改革を推進。省横断的な業務・システム(人

8 さらに読み込む

情報セキュリティ政策の概略 組織 方針 実施計画 内閣総理大臣 森喜朗総理大臣 ( 当時 ) 内閣官房 内閣 e-japan 基本戦略 (2001 年 ) IT 戦略本部 IT 担当室 事務局 e-japan 重点計画 (2001 年 ~) 情報セキュリティセンター (NISC) 事務局 情報セキュ

情報セキュリティ政策の概略 組織 方針 実施計画 内閣総理大臣 森喜朗総理大臣 ( 当時 ) 内閣官房 内閣 e-japan 基本戦略 (2001 年 ) IT 戦略本部 IT 担当室 事務局 e-japan 重点計画 (2001 年 ~) 情報セキュリティセンター (NISC) 事務局 情報セキュ

2001年 IT本部情報セキュリティ専門調査会設置 官民における情報セキュリティ対策の推進に係る事項の調査のため、情報セ キュリティ専門調査会を設置。2004年までに6回開催。 2005年 IT本部情報セキュリティ政策会議設置 「わが国の情報セキュリティに関する問題の根幹に関する事項を決定する母 体」となる。二ヶ月に一度、現在(平成21年6月22日)までに22回開催 内閣官房情報セキュリティセンター設置 情報セキュリティ政策会議で決定された基本戦略の遂行機関として設置される。
さらに見せる

21 さらに読み込む

大臣官房受入れ計画

大臣官房受入れ計画

 総務広報室は、文部科学省の広報に関する司令塔として、ホームページの運営や広報誌の作成を 行っており、文部科学省で実施している施策を、どのように広く国民各層に周知できるかを常に戦略的 に検討している部署です。  また、報道対応では、大臣等の定例会見の対応や、各部署が実施するプレス発表が円滑に実施でき るよう調整しており、省全体の施策動向などの情報が集まってくる所でもあります。

9 さらに読み込む

適宜の処置を要求し及び是正改善の処置を求めたものの全文 内閣官房及び内閣府本府における物品の管理等について ( 平成 28 年 10 月 27 日付け内閣総理大臣宛て ) 標記について 会計検査院法第 34 条の規定により 下記のとおり是正の処置を要求し及び是正改善の処置を求める 記 1 物品の管理

適宜の処置を要求し及び是正改善の処置を求めたものの全文 内閣官房及び内閣府本府における物品の管理等について ( 平成 28 年 10 月 27 日付け内閣総理大臣宛て ) 標記について 会計検査院法第 34 条の規定により 下記のとおり是正の処置を要求し及び是正改善の処置を求める 記 1 物品の管理

内閣官房において、物品の管理が適切に行われ、物品検査が適切に行われるよう、 業務担当職員と物品供用官との間の連絡体制を整備すること(同法第34条の規定によ り是正改善の処置を求めるもの) ウ 内閣府本において、自らが直接管理する建物以外に設置されている物品等の管理 が適切に行われ、物品検査が適切に行われるよう、業務担当職員と物品供用官との間 の連絡体制を整備すること、また、組織の新設・統廃合及びそれに伴う執務室の移転 の際、物品検査を行うよう事務手続を定めること(同法第34条の規定により是正改善 の処置を求めるもの)
さらに見せる

8 さらに読み込む

座間市における事件の再発防止に関する関係閣僚会議 議事録 1 日時 平成 29 年 11 月 10 日 ( 金 )9:30~9:55 2 場所官邸 3 階南会議室 3 出席者菅内閣官房長官 野田総務大臣 林文部科学大臣 小此木国家公安委員会委員長 上川法務大臣 加藤厚生労働大臣 松山内閣府特命担当大

座間市における事件の再発防止に関する関係閣僚会議 議事録 1 日時 平成 29 年 11 月 10 日 ( 金 )9:30~9:55 2 場所官邸 3 階南会議室 3 出席者菅内閣官房長官 野田総務大臣 林文部科学大臣 小此木国家公安委員会委員長 上川法務大臣 加藤厚生労働大臣 松山内閣府特命担当大

○松山内閣特命担当大臣 ・座間市における死体遺棄事件は、極めて痛ましい事案であり、被害者のご冥福を お祈りいたします。 ・現在、中学生の約半数、高校生の9割以上がスマートフォンを利用するなど、青 少年にとってインターネットの利用は、身近で当たり前のものとなっています。 一方で、フィルタリングの利用率は4割強にとどまっており、今般の事案に限ら ず、SNSなどに起因する犯罪被害が増加しています。
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成26年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価(概要)

平成26年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価(概要)

調達ア バイ やCIO補佐 の助言 見積額の 精査 様の 化を実施. →当初提示額 前 度以上の削減を目指す →当初提示額の[r]

1 さらに読み込む

社会保障改革に関する集中検討会議 委員名簿 資料 1 ( 平成 23 年 7 月 14 日現在 ) < 幹事委員 > ( 政府 与党 ) 菅 直人 内閣総理大臣 ( 議長 ) 与謝野馨 社会保障 税一体改革担当大臣 ( 議長補佐 ) 枝野幸男 内閣官房長官 仙谷由人 内閣官房副長官 片山善博 総務大

社会保障改革に関する集中検討会議 委員名簿 資料 1 ( 平成 23 年 7 月 14 日現在 ) < 幹事委員 > ( 政府 与党 ) 菅 直人 内閣総理大臣 ( 議長 ) 与謝野馨 社会保障 税一体改革担当大臣 ( 議長補佐 ) 枝野幸男 内閣官房長官 仙谷由人 内閣官房副長官 片山善博 総務大

(注1) 「財政運営戦略」(平成22年6月22日閣議決定)における財政健全化目標において、国・地方及び国の基礎的財政収支赤字の対GDP比を、2015年度までに2010年度の水準から半減し、 2020年度までに黒字化することとされている。内閣試算(平成23年1月)の2015年度の試算結果からは、消費税率換算で約3%のPB(国・地方)の改善が必要。 (注2) 改革後ベースにおける「高齢化等に伴う増」は、いわゆる自然増のうち経済成長による伸び(「機能維持」に含まれる)を超える増加のことである。 (注3) 社会保障給付には、基本的に地方単独事業を含んでおらず、今後、その全体状況の把握を進め、地方単独事業を含めた社会保障給付の全体像及び費用推計を総合的に整理する。
さらに見せる

91 さらに読み込む

補助事業等の実施に要する人件費の算定等の適正化について 平成 22 年 9 月 27 日 22 経第 960 号大臣官房経理課長から大臣官房総務課長 大臣官房政策課長 大臣官房厚生課長 大臣官房地方課長 大臣官房環境バイオ マス政策課長 大臣官房国際部長 大臣官房統計部長 各局 ( 庁 ) 長 沖縄

補助事業等の実施に要する人件費の算定等の適正化について 平成 22 年 9 月 27 日 22 経第 960 号大臣官房経理課長から大臣官房総務課長 大臣官房政策課長 大臣官房厚生課長 大臣官房地方課長 大臣官房環境バイオ マス政策課長 大臣官房国際部長 大臣官房統計部長 各局 ( 庁 ) 長 沖縄

補助事業等の執行に当たっては、従来から機会あるごとに適正な執行をお願 いしているところである。 しかしながら、今般、会計検査院事務総局第5局の公益法人に対する会計実 地検査において、当省所管の補助事業等の実施に要する人件費の算定等に関し 指摘を受けたことは誠に遺憾である。

6 さらに読み込む

閣議及び閣僚懇談会議事録 開催日時 : 平成 30 年 3 月 16 日 ( 金 ) 8:24~8:40 開催場所 : 総理大臣官邸閣議室 出席者 : 安倍晋三内閣総理大臣麻生太郎国務大臣 ( 副総理, 財務大臣, 内閣府特命担当大臣 ) 野田聖子国務大臣 ( 総務大臣, 内閣府特命担当大臣 ) 上

閣議及び閣僚懇談会議事録 開催日時 : 平成 30 年 3 月 16 日 ( 金 ) 8:24~8:40 開催場所 : 総理大臣官邸閣議室 出席者 : 安倍晋三内閣総理大臣麻生太郎国務大臣 ( 副総理, 財務大臣, 内閣府特命担当大臣 ) 野田聖子国務大臣 ( 総務大臣, 内閣府特命担当大臣 ) 上

次に,「いじめ防止対策の推進に関する調査」の結果について申し上げます。 本日, 「いじめ防止対策の推進に関する調査」の結果に基づく勧告を,文部科学大 臣及び法務大臣に対して行います。 本勧告においては,いじめ防止対策を推進する観点から,①いじめの定義を限定 解釈しないこと,②重大事態の発生報告などいじめ防止対策推進法等に基づく措置 を確実・適切に講ずること,③いじめ相談事案を解決する上で効果的な措置を講ず ることの徹底などを求めております。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Show all 8953 documents...