全体では69百万円減収(同4. 6%減)となりまし

Top PDF 全体では69百万円減収(同4. 6%減)となりまし:

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

本レポートの著作権、ならびに本レポートその他Shared Researchレポートの派生品の作成および利用についての権利、SR Inc.に帰属します。本レポート、個人 目的の使用において複製および修正が許されていますが、配布・転送その他の利用本レポートの著作権侵害に該当し、固く禁じられています。 SR Inc.の役員および従業員、SR Inc.の調査レポート対象している企業の発行する有価証券に関して何らかの取引を行っており、または将来行う可能性がありま す。そのため、SR Inc.の役員および従業員、該当企業に対し、本レポートの客観性に影響を与えうる利害を有する可能性があることにご留意ください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

それでは 2019 年 3 月期第 2 四半期の決算概要を説明いたします 資料 _P.4_ 業績ハイライト (PL) まずは 業績ハイライトです 売上高は 前期比 120.9% の 133 億 1,400 万円 営業利益は 同 156.8% の 27 億 6,700 万円となりました コンシューマ事

それでは 2019 年 3 月期第 2 四半期の決算概要を説明いたします 資料 _P.4_ 業績ハイライト (PL) まずは 業績ハイライトです 売上高は 前期比 120.9% の 133 億 1,400 万円 営業利益は 同 156.8% の 27 億 6,700 万円となりました コンシューマ事

長期運営タイトルの売上減少を前期サービスを開始したタイトル補いきれず減収減益なりました。 主力の長期運営タイトル「剣魔法のログレス いにしえの女神」や「ブラウザ三国志」堅調を維持するもの の前期比売上が減少いたしました。 前期リリースしたタイトルの中、「シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK」が好調に推移いたしました。

12 さらに読み込む

平成 30 年度当初予算の概要について 一般会計予算案について 平成 30 年度の一般会計予算は 24 億 9 千 4 百 90 万 3 千円で 平成 29 年度に比べて9 千 7 百 14 万 7 千円の減で 率にして 3.7% の減となっております 現在 まちづくりに資する事業として 地域資源を

平成 30 年度当初予算の概要について 一般会計予算案について 平成 30 年度の一般会計予算は 24 億 9 千 4 百 90 万 3 千円で 平成 29 年度に比べて9 千 7 百 14 万 7 千円の減で 率にして 3.7% の減となっております 現在 まちづくりに資する事業として 地域資源を

 期間4月1日から5月 20 日まで、この間、太地町全域においてもニホンジカ管理捕獲を実施い たしますのでお知らせします。  太地町、災害時の緊急情報や避難情報など、町民の皆さんの安全を守り、大切な情報をお届けす るために、防災行政無線(町内放送)を受信できる機能を持った「防災ラジオ」を貸し出しています。 ◇対象 太地町全世帯

16 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

(注)1. 28年3月期期末配当金の内訳 普通配当 250銭 記念配当 050銭   2. 当社、平成29年10月1日を効力発生日として普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施する予定 あるため、平成30年3月期(予想)の1株当たり期末配当金につきまし、当該株式併合を考慮した金額を 記載し、年間配当金合計「-」として記載しております。株式併合を考慮しない場合の平成30年3月期(予 想)の1株当たり期末配当金50銭なり、1株当たり年間配当金なります。詳細につきまし、「業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項」をご参照ください。
さらに見せる

19 さらに読み込む

はじめに 平成 24 年度の沖縄県の入域観光客数は 592 万 4,700 人と推計され 前年度実績 552 万 8,000 人を 39 万 6,700 人上回り 7% のプラスとなり ました 平成 21 年度に 8 年ぶりとなる前年実績 4.1% 減となりましたが 22 年度は僅かながら持ち直しま

はじめに 平成 24 年度の沖縄県の入域観光客数は 592 万 4,700 人と推計され 前年度実績 552 万 8,000 人を 39 万 6,700 人上回り 7% のプラスとなり ました 平成 21 年度に 8 年ぶりとなる前年実績 4.1% 減となりましたが 22 年度は僅かながら持ち直しま

342,377 区分 宿泊費 みやげ品費 交通費 飲食・娯楽費 雑費 計() 県(国)外観光客(人) 観光収入() 平成 5 年 13,545 20,075 17,858 16,310 6,108 73,896 3,108,800 229,728 平成 6 年 13,169 16,094 18,158 15,769 5,513 68,703 3,057,400 210,053 平成 7 年 13,634 16,294 15,711 14,466 8,762 68,867 3,140,500 216,277 平成 8 年 20,700 13,900 17,500 12,500 4,000 68,600 3,320,400 227,779 平成 9 年 11,900 14,400 17,600 13,800 6,600 64,300 3,661,000 235,402 平成 10 年 11,065 14,183 21,109 14,870 4,672 65,899 3,882,930 255,881 平成 11 年 12,868 18,429 10,771 15,216 6,451 63,735 4,400,200 280,447 平成 12 年 11,272 14,990 9,434 16,682 6,102 58,480 4,257,000 248,949 平成 13 年 10,854 15,808 8,648 17,267 7,199 59,776 4,177,600 249,720 平成 14 年 9,690 17,514 9,327 16,798 6,524 59,853 4,569,200 273,480 平成 15 年 18,804 15,418 7,325 16,465 5,826 63,838 4,753,459 303,451 平成 16 年 19,343 16,574 7,759 15,494 5,336 64,506 4,816,700 310,706 平成 17 年 19,127 17,276 6,958 20,878 5,418 69,657 5,155,600 359,124 平成 18 年度 19,100 16,093 7,172 22,646 5,070 70,081 5,434,700 318,292 平成 19 年度 21,669 17,259 6,690 26,373 5,157 77,148 5,706,200 369,656 平成 20 年度 20,012 15,894 6,333 26,829 6,530 75,598 5,749,540 372,130 平成 21 年度 20,685 16,384 7,328 30,728 8,404 83,529 5,466,045 374,704 平成 22 年度 17,089 14,910 6,845 22,515 5,212 66,571 5,539,272 311,555 平成 23 年度 14,679 11,875 6,761 28,064 9,594 70,973 5,379,472 346,561 平成 24 年度 17,246 11,840 6,957 26,791 6,111 68,945 5,746,325 342,377 対前年度増減率 1.17 1.00 1.03 0.95 0.64 0.97 1.07 0.94 ※平成 18 年度から「宿泊客」「通過客」を別々に算出し、その合計を那覇市における観光収入した。
さらに見せる

80 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

紙パルプ業界、情報伝達媒体の電子化や少子化の進行など紙の需要構造の変化に伴い、国内の市 場規模が漸減傾向推移するなか、企業間競争日々厳しさを増すなど、先行き不透明な状況が続いて おります。 このような状況下、当社グループ、中長期成長戦略プラン「ネクストステージ50」に邁進する もに、生産効率向上・安定操業確保による製造コストの縮減、拡販・新規需要の開拓による販売数量の 確保、木質バイオマス燃料発電設備を中心する発電事業の継続に注力してまいりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

当行グループ、銀行業務を中心に、リース業務等の金融サービスに係る事業を行っております。従いまして、 当行グループ金融サービス別のセグメントから構成されており、「銀行業」、「リース業」の2つを報告セグメ ントしております。 「銀行業」、預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務 等を行っております。「リース業」、事業向け金融サービスの一環としてリース業務を行っております。 ② 報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
さらに見せる

22 さらに読み込む

1 市税の決算状況 (1) 市税全体の決算 平成 27 年度決算における市税総額は,462 億円余で, 前年度と比較して,3 億 6400 万円余,0.8% の減となりました 市税全体に占める割合は, 市民税 ( 個人 法人 ) が 54.9%, 固定資産税は 35.0% となり, これらの二つの税

1 市税の決算状況 (1) 市税全体の決算 平成 27 年度決算における市税総額は,462 億円余で, 前年度と比較して,3 億 6400 万円余,0.8% の減となりました 市税全体に占める割合は, 市民税 ( 個人 法人 ) が 54.9%, 固定資産税は 35.0% となり, これらの二つの税

市 税 総 額 市 民 税  市税収入,前年度決算額比較して22億1800余増の総額465億なりました。  法人市民税の法人収益増に伴う大幅な増収のほか,固定資産税,土地の制度改正の影響に伴う増 及び家屋の新増築分が増なり,また,個人市民税,納税義務者の増及び個人所得の回復傾向に伴 う増などが主な特徴として挙げられます。

13 さらに読み込む

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

モビリティのネットワーク化 インターネットの一部としてアクティブに機能するクルマを目指して ボッシュ、ドライビング・エクスペリエンス をよりインテリジェントスマートなものにす るため、車内外のシステムをネットワークに接 続させるソリューションを提供しています。モ ビリティネットワーク化により、ドライバー だけなく同乗者にとっても、安全環境に優 しく、経済的なものになります。代表的な製 品・テクノロジー:Vehicle-to-Vehicle(車車 間)およびVehicle-to-infrastructure(路車 間)通信、ユーザーフレンドリーなインフォテ インメントシステム、クラウドベースのネット ワーク化ソリューションなど
さらに見せる

68 さらに読み込む

213 年 5 月 23 日 ( 木 ) 当期純利益は 6 期ぶりに過去最高益を更新し大幅増配 (1)213 年 3 月期決算 213 年 3 月期の連結業績は 売上高で前期比 8.5% 増の 82,623 百万円 営業利益で同 2.4% 増の 2,622 百万円 経常利益で同 3.4% 増の 2,

213 年 5 月 23 日 ( 木 ) 当期純利益は 6 期ぶりに過去最高益を更新し大幅増配 (1)213 年 3 月期決算 213 年 3 月期の連結業績は 売上高で前期比 8.5% 増の 82,623 百万円 営業利益で同 2.4% 増の 2,622 百万円 経常利益で同 3.4% 増の 2,

2014年3月期の見通しも増収増益が続く見通し。「オートバックス」「業務 スーパー」の主力2事業が引き続き業績を牽引する。両事業ともに、グループ のなかの収益成長力平均を上回っており、経営能力の高さが注目される。 同社強さの秘密について、「人材育成力」を挙げている。両事業ともにそ れぞれ手法異なるものの、着実な店舗展開により今後も収益拡大が見込めよ う。また、前期主要子会社5社の社名に「G-7」の冠を共通付けブランド力 の向上を図ったほか、G-7グループが複数店舗集積した「モール化」展開を行 うことによって、集客力アップを進めるなど、グループ全体のシナジー効果を 高めるための取り組みも強化している。
さらに見せる

13 さらに読み込む

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

一方、タイ子会社を軸するASEAN展開にお いても、ソリューション提案が今後の成長のカギ なります。技術開発面や製造面日本国内から の協力を受け、ローカルニーズを充足するカスタ マイズを図りつつ、現地のリーディングカンパ ニーに対して、より高付加価値な製品を提案し ていきます。インド事業先行投資状況が続いて いますが、当社にとって川下領域なるRCS(レ ジンコーテッドサンド)を手掛けており、事業ノ ウハウを獲得しつつ、早期の軌道化を目指します。
さらに見せる

6 さらに読み込む

ファンドマネージャーのコメント 市況概況 6 月の世界債券市場は シティ世界国債インデックス ( 円建て日本含む ) で 4.08% となりました 外国為替市場では 円相場が対ドルで 7% 程度円高に推移したことで 円換算ベースでの収益にはマイナスの要因となりました 6 月の金融市場では 世界的な景

ファンドマネージャーのコメント 市況概況 6 月の世界債券市場は シティ世界国債インデックス ( 円建て日本含む ) で 4.08% となりました 外国為替市場では 円相場が対ドルで 7% 程度円高に推移したことで 円換算ベースでの収益にはマイナスの要因となりました 6 月の金融市場では 世界的な景

6月の金融市場、世界的な景気減速懸念などから各国金利低下傾向なり、また英国行われたEU離脱の是非を問う国民投 票離脱派が過半数獲得という予想外の結果なったことリスク回避の動きが強まったため、債券市場より安全見られる発行 体に資金が集中して不安なところ売られるという二極化が進みました。日本超長期国債が最低金利を更新しています。 月末にかけて、ECBはじめ各国中銀が経済下支えのために一段の刺激策を出すの観測などから買い安心感が広がり、金利全 般に一段と低下、リスク回避傾向も鈍化しています。
さらに見せる

7 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 対前期増減率 ) 経常収益 経常利益 親会社株主に帰属する 1 株当たり当期純利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭 通 期 6,429,

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 対前期増減率 ) 経常収益 経常利益 親会社株主に帰属する 1 株当たり当期純利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭 通 期 6,429,

この結果、当中間連結会計期間の期首において、利益剰余金が10,455減少しております。なお、当中 間連結会計期間の損益に与える影響軽微あります。 ② 一部の在外連結子会社において、FASBが公表したASU第2016-01号「金融資産及び金融負債の認識及び測定」 を当中間連結会計期間より適用しております。

12 さらに読み込む

大幅な増益となった 前年度の税金の追加支払い ( 特定費用準備資金の積立額の税務処理につき税務署との解釈の相違によるもの )103 百万円も含め 最終利益は 225 百万円となり 予算との対比では 2 年連続で増収 増益となった 収入予算に対する増加の要因は ワールドグランドチャンピオンズカップでの

大幅な増益となった 前年度の税金の追加支払い ( 特定費用準備資金の積立額の税務処理につき税務署との解釈の相違によるもの )103 百万円も含め 最終利益は 225 百万円となり 予算との対比では 2 年連続で増収 増益となった 収入予算に対する増加の要因は ワールドグランドチャンピオンズカップでの

現在、定款において委員会の設置委員の選任について理事会の決議による規定されている。しかし、 JVA の委員会関係者一人が兼務する数も含める、300 人以上なり、その全員分の資料を準備し理事 会に上申すること、非常に困難な状況にあるため、今後下記の手順することをご了承願いたい。 【原則】委員会委員の選任手順

9 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(注1)三井不動産の物流施設事業において、三井不動産グループ(注2)が掲げる「共生・共存」及び「多様な価値観の連繁」の理念の もと、オフィスビル事業及び商業施設事業等において培ってきた専門性が高くかつ先進的な管理・運営ノウハウ等に加えて、総合不 動産会社としての街づくりをはじめする革新的な先行事例を通じて培ったノウハウ等を取り入れるとともに、物流施設に関わる 様々な主体(テナント、物流施設働く従業員及び地域社会)の時代に応じて変化する多様なニーズを取り込み、物流施設の空間提 供にとどまらず、既存の枠にとらわれない価値づくりを目指した取組みを続けています。本投資法人、このような取組みから実現 した物流施設のクオリティを「三井不動産クオリティ」呼称しています。
さらに見せる

38 さらに読み込む

1 市税の決算状況 (1) 市税全体の決算 平成 29 年度決算における市税総額は,457 億円余で, 前年度と比較して,1 億 1 万円余, 2.3% の増となりました 市税全体に占める割合は, 市民税 ( 個人 法人 ) が 53.6%, 固定資産税は 36.2% となり, これらの二つの税で市

1 市税の決算状況 (1) 市税全体の決算 平成 29 年度決算における市税総額は,457 億円余で, 前年度と比較して,1 億 1 万円余, 2.3% の増となりました 市税全体に占める割合は, 市民税 ( 個人 法人 ) が 53.6%, 固定資産税は 36.2% となり, これらの二つの税で市

 都市計画税,固定資産税同様の増減理由により,決算額32億9300,前年度比較して 4900余の増なりました。また,市税全体に占める割合7.2%,前年度より0.1ポイント減少しまし た。  決算額6か年の推移,固定資産税(土地・家屋分)同様評価替え基準年度微増ですが,年々増加傾向に あります。また,納税義務者数についても,家屋における新築分等の増などにより増加傾向にあります。
さらに見せる

25 さらに読み込む

1. 改正のポイント 1 の新設 旧制度の と別枠で が創設され 3 つの枠組みとなりました 2 適用限度額の変更 個人年金保険料控除 の対象となる保険料の適用限度額が それぞれ所得税 4 万 円 住民税 2.8 万円になりました 3 制度全体の適用限度額の拡大 個人年金保険料控除 をあわせた全体の

1. 改正のポイント 1 の新設 旧制度の と別枠で が創設され 3 つの枠組みとなりました 2 適用限度額の変更 個人年金保険料控除 の対象となる保険料の適用限度額が それぞれ所得税 4 万 円 住民税 2.8 万円になりました 3 制度全体の適用限度額の拡大 個人年金保険料控除 をあわせた全体の

<参考> 控除制度適用における新・旧対比例 「新制度」が適用されることにより、同じ主契約・特約も保障内容に応じて以下のように生命保険料控除の区分が変更されます。 【具体例】弊社商品 「ケア・イズム アドバンス」 における主契約特約ごとの保険料控除の例 ※契約日が平成 23 年 12 月 31 日以前の場合【旧制度】、平成 24 年 1 月 1 日以降の場合【新制度】なります

8 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

当第1四半期連結会計期間末における固定負債53なり、前連結会計年度末に比べ27増加いたし ました。これ主に資産除去債務が27増加したことによるものあります。 (純資産) 当第1四半期連結会計期間末における純資産合計3,644なり、前連結会計年度末に比べ67増加 いたしました。これ主に親会社株主に帰属する四半期純利益を81計上したこと及び20の配当実施に より、利益剰余金が60増加したことによるものあります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

・減価償却費について、付随費用等を含めて定額法により算出しており、平成29年2月期に584 、平成29年8月期に585を想定しています。 ・一般に不動産等の売買にあたり固定資産税及び都市計画税等について売主期間按分による 計算を行い取得時に精算しますが、本投資法人において当該精算金当該不動産等の取得原 価に算入します。したがいまして、平成28年2月に取得した現保有資産において当該精算金 相当分が取得原価に算入されるため平成28年8月期及び平成29年2月期について費用計上さ れず、平成29年度の固定資産税及び都市計画税等が平成29年8月期から費用計上されること なります。現保有資産について取得原価に算入された固定資産税及び都市計画税等の総額702 (319日分に相当)です。
さらに見せる

35 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

本投資法人の規約第35条第1項に定 める分配方針に基づき、分配金額 、租税特別措置法第67条の15に規 定されている「配当可能利益の額」 の100分の90に相当する金額を超え るものしています。かかる方針に より、当期について、当期未処分 利益を超えない額発行済投資口の 総口数214,000口の整数倍の最大値 なる1,002,590,000を利益分配 金として分配することました。  なお、本投資法人、本投資法人 の規約第35条第2項に定める金銭の 分配の方針に基づき、毎期継続的に 利益を超える金銭の分配(税法上の 出資等減少分配に該当する出資の払 戻し)を行います。かかる方針をふ まえ、減価償却費の30%にほぼ相当 する額ある129,898,000を、利 益を超える金銭の分配(税法上の出 資等減少分配に該当する出資の払戻 し)として分配することまし た。
さらに見せる

38 さらに読み込む

Show all 10000 documents...