児童生徒数等※推移への対応

Top PDF 児童生徒数等※推移への対応:

【資料2】平成30年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果の概要

【資料2】平成30年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果の概要

暴力行為状況について 小・中・高等学校における,暴力行為発生件数は72,940件(前年度63,325件)であり,児童生徒1,000人当 たり発生件数は5.5件(前年度4.8件)である。 本調査においては,「当該暴力行為によってけががあるかないかといったことや,けがによる病院診断書,被害者による警 察被害届有無などにかかわらず」,暴力行為に該当するものをすべて対象とすることとしている。
さらに見せる

23 さらに読み込む

別添1 児童生徒理解・支援シートの作成と活用について

別添1 児童生徒理解・支援シートの作成と活用について

(不登校児童生徒場合) 基本的には連続又は断続して 30 日以上欠席した児童生徒うち,何らかの 心理的,情緒的,身体的,あるいは社会的要因・背景により,登校しないある いはしたくともできない状況にある者について作成することが望まれます。な お,不登校児童生徒支援は,早期から行うことが重要であり,予兆対 応を含めた初期段階から情報を整理し,組織的・計画的な支援につながるよう にする必要があります。そのため, 30 日という期間にとらわれることなく,前 年度欠席状況や,遅刻,早退,保健室登校,別室登校等状況を鑑みて,早 期段階からシートを作成することが望まれます。以上ことから,それぞれ 地域実態に合わせて,教育委員会又は中学校区単位で,作成開始等基準 を設定し,地域として組織的に支援が行えるようにすることが重要です。
さらに見せる

13 さらに読み込む

学校に在籍する外国人児童生徒数 公立学校に在籍する外国人児童生徒数は 近年約 7 万人で推移 公立学校に在籍している外国人児童生徒数 出典 : 文部科学省平成 27 年度学校基本調査 (H 現在 ) 小学校中学校高等学校中等教育学校特別支援学校 70,345 69,817 70,936

学校に在籍する外国人児童生徒数 公立学校に在籍する外国人児童生徒数は 近年約 7 万人で推移 公立学校に在籍している外国人児童生徒数 出典 : 文部科学省平成 27 年度学校基本調査 (H 現在 ) 小学校中学校高等学校中等教育学校特別支援学校 70,345 69,817 70,936

外国人児童生徒等教育を担う教員養成・研修モデル・プログラム開発・普及 初任者研修・十年研修・免許状更新講習等における外国人児童生徒等教育に関連する研修内容充実 教職大学院等と連携した現職教員専門性養成ため研修プログラム(履修証明等)構築を促進 日本語指導や母語による支援を行う支援員に対し、学齢期児童生徒日本語・教科・生活指導上 基礎知識に関する研修機会充実
さらに見せる

8 さらに読み込む

Taro 情緒障害のある児童生徒の理解

Taro 情緒障害のある児童生徒の理解

知能機能程度を評価するには,知能検査効果的な利用が必要です。しかし, 自閉症は,一般に,新しい場面適応が困難であることが多いため,最初検 査だけで妥当性ある結果を得ることはほとんど不可能です。そのため,ほか 発達検査等を適切に組み合わせるなどして知能機能を明らかにすることが大切で す。また,検査等に加えて,更に行動観察などを同時に行い,自閉症ある児童 生徒知的発達程度や,言語面,社会・対人面,運動面などや,障害特性につ いて情報を総合的に集めて実態把握を行うことが大切です。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第 Ⅴ 章不登校状態が長期化している児童 生徒への支援 先生方はこれまでも児童 生徒に気になるところがあれば 本人と個別に面談して本人の状不登校状態が長期化している児童 生徒への対応も同様に まず 本人と直接会って状況を把握することが重要です 場合によっては 電話がつながらず 家庭訪問しても会うこと

第 Ⅴ 章不登校状態が長期化している児童 生徒への支援 先生方はこれまでも児童 生徒に気になるところがあれば 本人と個別に面談して本人の状不登校状態が長期化している児童 生徒への対応も同様に まず 本人と直接会って状況を把握することが重要です 場合によっては 電話がつながらず 家庭訪問しても会うこと

たとえ、保護者と連絡がとれていたり、本人が電話に出ることができていたとしても、実際には家庭で 保護者による虐待を受けていたり、不条理な苦労を強いられたりして、児童生徒が非常に苦しんでいる 可能性もあります。 また、対象児童生徒によっては、その状況を教職員等に話したがらない場合もあることを踏まえ、 関係機関や外部人材と連携しながら、多角的に情報を収集し、何としても対象児童生徒に直接会って、 状況を確認することが重要です。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」における「いじめ」に関する調査結果について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」における「いじめ」に関する調査結果について

(注1) いじめ防止対策推進法第28条第1項第1号規定は「いじめにより当該学校に在籍する児童生命、心身又は     財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。」であり、同第2号規定は「いじめにより当該学校に在籍す     る児童等が相当期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。」である。 (注2) 1件「重大事態」が、いじめ防止対策推進法第28条第1項第1号及び同第2号両方に該当する場合は、それ     ぞれ項目に計上されている。
さらに見せる

39 さらに読み込む

スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 趣旨 いじめ 不登校 暴力行為 児童虐待などの背景には 児童生徒が置かれた様々な環境の問題が複雑に絡み合っています そのため 1 関係機関等と連携 調整するコーディネート 2 児童生徒が置かれた環境の問題 ( 家庭 友人関係等 ) への働きかけなどを

スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 趣旨 いじめ 不登校 暴力行為 児童虐待などの背景には 児童生徒が置かれた様々な環境の問題が複雑に絡み合っています そのため 1 関係機関等と連携 調整するコーディネート 2 児童生徒が置かれた環境の問題 ( 家庭 友人関係等 ) への働きかけなどを

現状について交流したり、SSWが助言する機会を設定したりするなど、学校 とSSWが問題発生前から連携する基盤を築いている。 ③ 市町村SSW活用事業運営協議会等においてエリア・スーパーバイザーを 活用した研修会等を開催してSSW専門性向上を図るとともに、教職員や 関係機関職員を交えて関係機関連携した対応について理解を深めている。 ④ 問題行動等対応に当たっては、SSWと情報交換を緊密に行い、状況 に応じて学校指導するとともに、児童相談所や福祉課等関係機関積極 的な働きかけを行い、SSW活動をサポートしている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

H 児童・生徒の交通事故

H 児童・生徒の交通事故

・ 自転車死亡事故では、頭部損傷によるものが最も多いことから、ヘルメット着用必要性を周知すること(特に高校生)。 ・ ヘルメット着用については、本人に加えて、家族や学校に対して着用推進を図ること。 ● 相手当事者救済を図るため損害賠償責任保険等加入 ・ 自転車と歩行者事故では、自転車側が第1当事者になることが多いことから、万が一事故に備え、相手当事者救済を図るため損害賠償責任保険等
さらに見せる

23 さらに読み込む

目次 はじめに 1 1 印西市がめざす学校教育について 2 2 印西市立小学校及び中学校の現状について 3 (1) 印西市の人口推移 3 (2) 児童生徒数の現状及び推移 4 (3) 学校の配置状況及び通学区域 4 (4) 最小規模校と最大規模校の児童生徒数の推移 6 (5) 住宅開発の状況 6 3

目次 はじめに 1 1 印西市がめざす学校教育について 2 2 印西市立小学校及び中学校の現状について 3 (1) 印西市の人口推移 3 (2) 児童生徒数の現状及び推移 4 (3) 学校の配置状況及び通学区域 4 (4) 最小規模校と最大規模校の児童生徒数の推移 6 (5) 住宅開発の状況 6 3

目 次 ◎はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 1 印西市がめざす学校教育について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2 2 印西市立小学校及び中学校現状について・・・・・・・・・・・・・・・・3 (1)印西市人口推移・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 (2)児童生徒現状及び推移・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 (3)学校配置状況及び通学区域・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 (4)最小規模校と最大規模校児童生徒推移・・・・・・・・・・・・・・6 (5)住宅開発状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6
さらに見せる

25 さらに読み込む

外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメントDLA【一括DL】

外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメントDLA【一括DL】

2.「DLA」特徴 ・ 「DLA」は、いわゆる従来型紙筆テストや集団テストとは異なっています。 ・それは、子どもたち母語、年齢、入国年齢、滞在年数(四大要因)によって影 響を受ける言語運用力や思考力、学び方法等が多様であるために、これまで画 一的なテストでは、子どもたち本来力を引き出すには限界があるからです。 ・ 「DLA」は、テストから得られる結果を序列化するためものではなく、むしろ、 テスト実施過程そのものを、学び機会として捉えるところに特徴があります。 ・さらに、一番早く伸びる会話力を使って、紙筆テストでは決して現れることな い、潜在的な力を引き出します。
さらに見せる

16 さらに読み込む

H25児童生徒の健康体力-本文4.indd

H25児童生徒の健康体力-本文4.indd

目 次 第1部 「学校保健調査結果」 Ⅰ 調査概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 Ⅱ 調査結果概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2 1 児童生徒体格 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2 2 児童生徒疾病・異常状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 3 裸眼視力 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 4 う 歯 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6 (1) う歯被患率状況と校種別年次推移 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6 (2) 地区別う歯被患率(男女合計)状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7 (3) 永久歯一人当たり平均う歯等数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7 5 肥満度(過体重度)について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9 (1) 肥満傾向児及び痩身傾向児出現率状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 (2) 地区別肥満傾向児及び痩身傾向児出現率状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 (3) 地区別、男女別肥満傾向児出現率状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 (4) 地区別、男女別痩身傾向児出現率状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10
さらに見せる

90 さらに読み込む

(2) 不登校児童生徒の状況について ( 児童生徒調査より ) 不登校児童生徒は, 中学 2 年生が最も多く 867 人, 次いで中学 3 年生が 786 人となっている 不登校になった学年は, 中学 1 年からが 970 人であり, 不登校児童生徒全体の約 34.8% を占める 依然として中学 1

(2) 不登校児童生徒の状況について ( 児童生徒調査より ) 不登校児童生徒は, 中学 2 年生が最も多く 867 人, 次いで中学 3 年生が 786 人となっている 不登校になった学年は, 中学 1 年からが 970 人であり, 不登校児童生徒全体の約 34.8% を占める 依然として中学 1

○ 中学校においては,全般的に「⑧気がかりな点は,すぐに管理職や学年主任,教育相談担当等に報 告する体制ができていた。」 , 「⑪欠席1日目電話対応,欠席2~3日目家庭訪問等早期対応を 心がけていた。」数値が高く, 「④子供と信頼関係ができており,子供は悩みなどを相談してきて いた。」等数値が低い。不登校出現率低い中学校と高い中学校を比べると「①子供といっしょ に遊んだり,話したりする触れ合い時間をつくっていた。」,「⑨日常生活変化など気になるこ とをすぐ保護者と話し合っていた。」等に差が見られる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

外国人児童生徒等に対する日本語指導

外国人児童生徒等に対する日本語指導

小学校,中学校,中等教育学校前期課程又は特別支援学校小学部若しくは中学 部において,日本語に通じない児童又は生徒うち,当該児童又は生徒日本語を 理解し,使用する能力に応じた特別指導(以下「日本語能力に応じた特別指 導」という。)を行う必要があるものを教育する場合には,文部科学大臣が別に定 めるところにより,特別教育課程によることができることとすること。
さらに見せる

31 さらに読み込む

Microsoft Word - 児童・生徒の食育に関する研究(紀要).確定版

Microsoft Word - 児童・生徒の食育に関する研究(紀要).確定版

食べる「個食」が増加している。その結果、肥満傾向や痩身傾向子供増加、生活習慣病増加 など、 「食」にかかわる心と体健康課題が生じ ている。 東京都教育委員会では、児童生徒健康や 生活習慣について把握するために、平成4年度 から5年に一度「児童生徒健康に関するア ンケート調査」 を実施し、児童生徒「朝食 欠食」(図1)や「孤食」(図2)など割合に ついて経年推移を計っている。平成 14 年度は、 都内公立小学校 62 校・中学校 34 校・高等学校 18 校児童生徒(小学校第4学年 3,455 名、 中学校第1学年 3,843 名、高等学校第1学年 4,949 名、合計 12,247 名)を対象に調査を実施 した。その結果、 「朝食欠食」及び「子ども 孤食」割合は、平成9年度と比較し増えてい る。また、食べる姿勢や食事行儀・マナーな ど基本的な食習慣が身に付いていない子供がい る状況について指摘されている。さらに、東京 都では、食に関して消費者多様なニーズに応 えられる便利さがある一方で、生産者や生産地 が身近に感じられないという特徴があり、食材 や料理を作ってくれた人々感謝気持ちな ど食を大切にする心を実感させることができな い状況がある。
さらに見せる

20 さらに読み込む

外国人児童生徒のための就学ガイドブック フィリピン語

外国人児童生徒のための就学ガイドブック フィリピン語

● 高校段階で経済的支援について 国公私立を問わず、授業料にあてるため高等学校等就学支援金を受給でき ます(受給要件あり) 。また、私立高校等に通う場合、所得に応じて支給額が加 算されます。返済必要はありません。学校から申請用紙が配付されます。 なお、各都道府県では、低所得世帯に対する、授業料以外教育費(教科書

42 さらに読み込む

Microsoft Word - 運動障害のある児童生徒の「食べる力」の育成に関する

Microsoft Word - 運動障害のある児童生徒の「食べる力」の育成に関する

永長妙子(平成20年)は,児童生徒将来「食べ る」姿を大切にした指導について,次ように述べ ている。 24) 数年を経て,ある程度基礎知識は身に付いたも ,摂食指導が生徒たち将来にどう結びつき, なんために行うかイメージができないまま,そ 重要性を見過ごしていた時期もありました。時に は「お母さんとその子間で,食べられるならいい か。嫌がる介助を無理矢理してまで,食べさせなく てもいいか。」と思ったこともありました。しかし, 中学部,高等部と年齢が上がるにつれ,加齢に伴い 食べる機能が衰えていく子供を目の当たりにし,摂 食指導に対する考え方が変わってきました。子供た ちが将来にわたって毎日継続して得られる楽しみや 喜び一つである「食べる」ということを学習する 場が摂食指導なだと。将来,子供たちが色々なサ ービスを利用する中で, 家族や友だち, 支援者方々 と共に,できるだけ長い期間,安全に楽しく食事を とり,より豊かな生活を送ることができるよう,摂 食指導が役立って欲しいと願っています。
さらに見せる

22 さらに読み込む

H23児童生徒の健康体力-本文4.indd

H23児童生徒の健康体力-本文4.indd

このような中、新学習指導要領では、小学校第1学年から高等学校卒業年次まで体つく り運動に取り組ませることや、自主的に健康な生活を実践することできる資質や能力を 育成することが明示され、体力向上や健康教育充実が課題となっております。 本県においては、児童生徒体力は、少しずつ向上は見られるものの、全国と比較する と低い傾向が続いているとともに、肥満傾向児出現率は、男女全て年齢層で全国平均 を上回っている状況にあります。これら課題解決に向け、各学校において、積極的な取 組が必要です。その取組を効果的に進めるには、新体力テストなどを用いて児童生徒体 力や健康状態等実態を的確に把握し、それに対応した全体計画もと、学校、家庭、地 域社会、関係機関等が連携した、計画的、継続的な指導が重要であります。
さらに見せる

90 さらに読み込む

学級経営講座-6月 ④児童生徒の健康診断

学級経営講座-6月 ④児童生徒の健康診断

※6月30日(最終期限)に健康診断を終了すれば、7月21日までに通知す ることになります。 学級担任として、日常学級生活中で児童生徒に対して行うこと、電話連絡や 家庭訪問、保護者会等を通じて保護者に対して行うこと、保健主事や養護教諭と連 携し、学校や学年として行うことなど、対応を整理して事後措置を進めていきまし ょう。

5 さらに読み込む

児童・生徒ボランティアガイド普及促進事業の問合せ について

児童・生徒ボランティアガイド普及促進事業の問合せ について

るといった、自分ために現地で支出するという観光客消費動向がうかがえる結果となった。 自由記述から課題は、 「情報発信不足」、「施設メンテナンス」、「環境整備」、「外国語対応」 に分類 でき、群島全体観光振興を考えていくうえで早急な整備や改善が求められるものといえる。魅力 では、沖縄と比較にもとづく意見が多く、 世界自然遺産登録後は、さらなる沖縄と比較が予測さ れるため、「観光地化されていない雰囲気」、「海はとてもきれい」、「ホテル等で完結しないことが、いろいろ見れ たり体験できることにつながる」、「のんびりで監視されていない感じ」等要素を損なわない観光振興方策や関 係者意識作りを進める必要がある。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Microsoft Word 第3章 Ⅳ 聴覚障害のある児童生徒の指導

Microsoft Word 第3章 Ⅳ 聴覚障害のある児童生徒の指導

①-2 教育方法 ①-2-1 情報・コミュニケーション及び教材配慮 聞こえにくさに応じた視覚的な情報提供を行う。(分かりやすい板書、教科書音読箇所位置明示、要 点を視覚的な情報で提示、身振り、簡単な手話等使用 等) また、聞こえにくさに応じた聴覚的な情報・環 境提示を図る。(座席位置、話者音量調節、机・椅子ノイズ軽減対策(使用済みテニスボール利 用等)、防音環境ある指導室、必要に応じてFM式補聴器等使用 等)
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...