信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理

Top PDF 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理:

Special Issue Magazine Contents Jul No.7 Top Message 02 Strategy Top Message 03 Case Study 05 FDA TCO IT

日本生命の経営につい54 統合的リスク管理 当社は 様々なリスクが全体として会社におよぼす影響を統合管理する観点から 各種リスクをリスク分類ごとに管理するとともに 各種リスクを総体的に捉え 経営体力ストレステストの実施当社では 大幅に運用環境が悪化するシナリオや 大地震等により保険金 給付金のお支払

与える影響を分析しています。ストレステスト結果 はリスク管理委員会報告され、財務基盤強化 検討役立てています。  当社では、リスク分散方策ひとつとして、再保険 を行っています。その際、リスク種類・特性を考慮 したうえで、リスク管理委員会 検討を通じ、 出再・受再取引内容を決定しています。また、再保険 取引では、主要格付機関格付けをベース出再 信用力を評価するとともに、特定出再過度な
さらに見せる

11 さらに読み込む

自己資本の充実の状況等項 目 経過措置による不算入額 オペレーショナル リスク相当額の合計額を八パーセントで除して得た額 100,678 98,342 信用リスク アセット調整額 オペレーショナル リスク相当額調整額 リスク アセット等の額の合計額 ( ニ ) 2,409,910 2,445,131

自己資本の充実の状況等項 目 経過措置による不算入額 オペレーショナル リスク相当額の合計額を八パーセントで除して得た額 100,678 98,342 信用リスク アセット調整額 オペレーショナル リスク相当額調整額 リスク アセット等の額の合計額 ( ニ ) 2,409,910 2,445,131

 当行では、金利リスク計量はVaR及び50BPVリスク指標 により行っています。そのうえで、円建及び外貨建資産・負債 VaRについて、統合リスク管理枠組みにおいて、株価リス クなど他市場リスク信用リスク及びオペレーショナル・リス クとともにリスク限度枠を設定・管理することにより、リス クを経営体力照らして適切な水準コントロールしています。  また、VaRによる管理適切性を確保するため、計量モデル 妥当性を検証するためバックテスト、想定を超える市場変動 よる影響を評価するためストレステストを他市場リスクとと も定期的実施しているほか、VaRを補完するため、50BPV リスク指標を併せてモニタリングしています。保有債券 かかる金利リスク量については、他市場取引かかるリスク量 とともに日次で把握・管理し、預貸金を含めた円金利リスク量 については、月次で把握・管理しています。
さらに見せる

42 さらに読み込む

リスク アセット等 (3) 項 目 当連結会計年度 信用リスク アセットの額の合計額 2,420,763 2,441,843 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 17,594 17,766 うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るものを除く

リスク アセット等 (3) 項 目 当連結会計年度 信用リスク アセットの額の合計額 2,420,763 2,441,843 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 17,594 17,766 うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るものを除く

3.適格金融資産担保は、現金及び自行預金担保、日本国政府が発行する円建て債券、東京証券取引所一部・二部上場している株式担保において信用リスク削減手法を用 いております。ただし、内部管理上、債務者と担保株式信用リスク相関関係があるとしている株式担保に関しては、信用リスク削減手法を用いておりません。 4.保証人及びクレジット・デリバティブ取引相手が以下場合、当該取引を適格保証及び適格クレジット・デリバティブとしております。 ・被保証債権又は原債権債務者よりも低いリスク・ウェイトが適用される中央政府及び中央銀行、我が国地方公共団体、地方公共団体金融機構、我が国政府関係機 関、外国中央政府以外公共部門、国際開発銀行、金融機関及びバーゼル銀行監督委員会定める自己資本比率基準又はこれと類似基準適用を受ける第一種金 融商品取引業者及び経営管理会社
さらに見せる

15 さらに読み込む

リスクについて お取引を開始するに際しては 取引所為替証拠金取引説明書 取引要綱 受託契約準則 為替証拠金取引口座設定約諾書 お取引のガイド ( 本ガイド ) 取引所為替証拠金取引約款 等をお読みの上 取引の内容や仕組み リスクについては十分ご理解の上ご自身の判断でお取引ください 価格変動リスク取引

リスクについて お取引を開始するに際しては 取引所為替証拠金取引説明書 取引要綱 受託契約準則 為替証拠金取引口座設定約諾書 お取引のガイド ( 本ガイド ) 取引所為替証拠金取引約款 等をお読みの上 取引の内容や仕組み リスクについては十分ご理解の上ご自身の判断でお取引ください 価格変動リスク取引

1、口座開設流れ・・・・・・・・・・・・・・・・4 2、お取引環境・・・・・・・・・・・・・・・・・・9 3、入力方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・10 4、入出金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11 5、注文方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・12 6、証拠金不足・・・・・・・・・・・・・・・・・14 7、アラート、ロスカット・・・・・・・・・・・・17 8、変更、紛失・・・・・・・・・・・・・・・・・19 9、税金について・・・・・・・・・・・・・・・・20 10、情報見方・・・・・・・・・・・・・・・・21 11、用語解説・・・・・・・・・・・・・・・・・22 12、個人情報お取扱い・・・・・・・・・・・・23 お問い合わせ・・・・・・・・・・・・・・・・・25
さらに見せる

25 さらに読み込む

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

ハ )証券化目的導管体を用いて第三者資産係る証券化取引を行った場合当該証券化目的導管体 名称及び当該証券化取引係る証券化エクスポージャーを保有しているかどうか別並びに会社グルー プ子法人(連結子法人を除く)及び関連法人うち、当該会社グループが行った証券化取引(当 該会社グループが証券化目的導管体を用いて行った証券化取引を含む)係る証券化エクスポージャー を保有し、かつ、当該会社グループがその経営関与し又は助言を提供しているものの名称
さらに見せる

52 さらに読み込む

対面取引用 信用取引の契約締結前交付書面 ( この書面は 金融商品取引法第 37 条の 3 の規定によりお渡しするものです ) この書面には 信用取引を行っていただく上でのリスクや留意点が記載されています あらかじめよくお読みいただき ご不明な点は お取引開始前に担当者にご確認ください 信用取引は

対面取引用 信用取引の契約締結前交付書面 ( この書面は 金融商品取引法第 37 条の 3 の規定によりお渡しするものです ) この書面には 信用取引を行っていただく上でのリスクや留意点が記載されています あらかじめよくお読みいただき ご不明な点は お取引開始前に担当者にご確認ください 信用取引は

 金融商品取引所は信用取引過度利用を未然防止するため、日々公表銘柄制度を設け、日々公 表銘柄に関するガイドライン該当した銘柄を「日々公表銘柄」としてその信用取引残高を日々公 表します。  お客様が当社差し入れた委託保証金については、当社自身財産とは分別して保管されておりま す。したがって、万一、当社経営が破綻した場合であっても、委託保証金については、当社 対する債務を完全履行している限り返還を受けることが可能です。これに対して、信用取引よ って買付けた株券及び信用取引によって株券を売付けた場合代金については、このような分 別保管対象とはなっておりません。したがって、万一、当社経営が破綻した場合においては、 売り返済・買い返済及び現引き・現渡しによる信用取引返済ができなくなる可能性があります。 このため、このような場合は、原則として、通常返済方法代え、金融商品取引所が定めた株 価をもって金銭により清算を行っていただくことなります。この場合において、お客様当社 に対する金銭支払請求権は一切優先的地位が与えられませんので、計算上利益が生じている場 合であっても、これを受け取ることができない可能性があります。なお、当該債権は、投資者保護 基金による補償対象もなりませんので、あらかじめご承知おきください。
さらに見せる

10 さらに読み込む

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

ハ ) 証券化目的導管体を用いて第三者資産係る証券化取引を行った場合当該証券化目的導管体 名称及び当該証券化取引係る証券化エクスポージャーを保有しているかどうか別並びに会社グルー プ子法人(連結子法人を除く)及び関連法人うち、当該会社グループが行った証券化取引(当 該会社グループが証券化目的導管体を用いて行った証券化取引を含む)係る証券化エクスポージャー を保有し、かつ、当該会社グループがその経営関与し又は助言を提供しているものの名称
さらに見せる

52 さらに読み込む

信用取引のリスクについて 信用取引は 少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから 時として多額の損失が発生する可能性を有しています したがって 信用取引の開始にあたっては 下記の内容を十分に把握する必要があります 信用取引を行うにあたっては 株式相場 金利水準 為替相場 不動産相場 商品

信用取引のリスクについて 信用取引は 少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから 時として多額の損失が発生する可能性を有しています したがって 信用取引の開始にあたっては 下記の内容を十分に把握する必要があります 信用取引を行うにあたっては 株式相場 金利水準 為替相場 不動産相場 商品

(7) 当社では「制度信用取引」、 「一般信用取引」、並びに一般信用取引仕組みを利用した約定 日当日が返済期限「日計り信用取引」をお取扱いいたします。 (8) 建玉代金総額は、当社定める範囲(以下「建玉限度額」といいます。)内とします。建玉 限度額を超えることとなる新規建ご注文は行うことができません。建玉限度額増額をご 希望されるお客様は、コールセンターへその旨お申し出ください。所定審査を行った後、 当社が承認した場合限り、建玉限度額増額を行うことができます。審査結果、建玉限 度額増額を行うことができない場合がございます。その場合、当社はその事由については 開示いたしません。また、建玉限度額増額を行ったお客様であっても、与信管理観点か ら銘柄別、およびお客様ごと建玉を制限することがございます。さらに一般信用取引、お よび日計り信用取引売建は、当社において銘柄ごと株券在庫状況応じて上限株数 を設定いたしておりますので、在庫不足となった場合は、建玉限度額内ご注文であっても 受け付けできません。なお、各銘柄売建注文可否詳細は当社ウェブサイトをご覧くださ い。
さらに見せる

26 さらに読み込む

信用取引に係る委託保証金代用有価証券の掛目の変更等の取扱いに関する規則 自主規制規則・協会員における顧客管理、内部管理等 | 日本証券業協会

信用取引に係る委託保証金代用有価証券の掛目の変更等の取扱いに関する規則 自主規制規則・協会員における顧客管理、内部管理等 | 日本証券業協会

第 2 条 会員は、掛目変更を行う場合は、この規則によるほか、金融商品取引法その他関係法令、諸 規則を遵守するとともに、投資者保護観点からリスク見合った合理的かつ適切な範囲で行わなければ ならない。 (掛目変更を行う事象顧客へ説明及び周知)

2 さらに読み込む

項 目 リスク アセット等 (3) 信用リスク アセットの額の合計額 253, ,335 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 1,659 1,572 うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) 11 5 うち 繰延税

項 目 リスク アセット等 (3) 信用リスク アセットの額の合計額 253, ,335 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 1,659 1,572 うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) 11 5 うち 繰延税

個別債務者新規与信時信用リスク管理について は、審査部門(審査部)が個別債務者毎財務分析、 業界動向、資金使途、返済計画を審査し、同時に信 用格付基づく評価を行っています。与信実行後つ いても信用格付見直しを実施し、自己査定により個 別債務者信用状況確認を行い取締役会報告して います。銀行全体ポートフォリオ管理は、リスク分 散化を基本として同一業種集中状況や大口与信 集中状況を信用リスク管理部門(審査部)が計測し、 最適なポートフォリオ構築を図っています。また計 測した結果は「リスク管理常務会」及び「取締役会」 で報告しています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

の状況自己資本の充実度に関する事項 1. 信用リスクに対する所要自己資本の額及び区分ごとの内訳 信用リスク アセット エクスポージャーの期末残高 リスク アセット額 所要自己資本額 エクスポージャーの期末残高 リスク アセット額 所要自己資本額 我が国の中央政府及び中央銀行向け 9,644 8,55

の状況自己資本の充実度に関する事項 1. 信用リスクに対する所要自己資本の額及び区分ごとの内訳 信用リスク アセット エクスポージャーの期末残高 リスク アセット額 所要自己資本額 エクスポージャーの期末残高 リスク アセット額 所要自己資本額 我が国の中央政府及び中央銀行向け 9,644 8,55

・ 5.「リスク・ウエイト」とは、当該資産を保有するため必要な自己資本額を算出するため掛目ことです。 ・ 6.「証券化」とは、原資産かかる信用リスクを優先劣後構造ある二以上エクスポージャー階層化し、その一部ま たは全部を第三者移転する性質を有する取引かかるエクスポージャーことです。 ・ 7.「経過措置によりリスク・アセット算入、不算入となるもの」とは、他金融機関対象資本調達手段、 コア資本係る調整項目(無形固定資産、前払年金費用、繰延税金資産)および土地再評価差額金係る経過 措置により、リスク・アセット算入したもの、不算入としたものが該当します。
さらに見せる

10 さらに読み込む

信用取引サービスのリスクについて信用取引サービスは 少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから 時として多額の損失が発生する可能性を有しています したがって 信用取引サービスの開始にあたっては 下記の内容を十分に把握する必要があります 信用取引サービスを行うにあたっては 株式相場 金利水

信用取引サービスのリスクについて信用取引サービスは 少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから 時として多額の損失が発生する可能性を有しています したがって 信用取引サービスの開始にあたっては 下記の内容を十分に把握する必要があります 信用取引サービスを行うにあたっては 株式相場 金利水

・ 金融商品取引所は信用取引過度利用を未然防止するため、日々公表銘柄制度を設け、 「 「日々公表銘柄」指定 に関するガイドライン」該当した銘柄を「日々公表銘柄」としてその信用取引残高を日々公表します。 ・ お客様が当社差し入れた委託保証金については、当社自身財産とは分別して保管されております。したがって、 万一、当社経営が破綻した場合であっても、委託保証金については、当社に対する債務を完全履行している限 り返還を受けることが可能です。これに対して、信用取引サービスによって買付けた株券及び信用取引サービス よって株券を売付けた場合代金については、このような分別保管対象とはなっておりません。したがって、万 一、当社経営が破綻した場合においては、売り返済(売埋)・買い返済(買埋)及び現引・現渡による信用取引 サービス返済ができなくなる可能性があります。このため、このような場合は、原則として、通常返済方法 代え、金融商品取引所が定めた株価をもって金銭により清算を行っていただくことなります。この場合において、 お客様当社に対する金銭支払請求権は一切優先的地位が与えられませんので、計算上利益が生じている場合で あっても、これを受け取ることができない可能性があります。なお、当該債権は、投資者保護基金による補償対象 もなりませんので、あらかじめご承知おきください。
さらに見せる

10 さらに読み込む

自己資本の充実の状況等項目 経過措置による不算入額 リスク アセット等 (3) 信用リスク アセットの額の合計額 1,951,126 2,142,371 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 1, うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ラ

自己資本の充実の状況等項目 経過措置による不算入額 リスク アセット等 (3) 信用リスク アセットの額の合計額 1,951,126 2,142,371 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 1, うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ラ

2. 「債券」は、有価証券他、預け金、コールローン、商品有価証券、外国他店預けです。 3. 「派生商品取引以外オフ・バランス取引」は、コミットメント未実行額他、支払承諾見返、貸付有価証券、担保提供です。 4. 「その他(左記いずれも該当しない資産)」は、株式他、現金、有形固定資産です。 5. 「三月以上延滞又はデフォルトしたエクスポージャー」は、内部格付手法を適用したエクスポージャーうち与信債務者区分が「要管理」以下であるもの、標準的手法を適用したエクスポージャーうち元 本又は利息支払が3か月以上延滞しているもの、または引当金勘案前でリスク・ウェイトが150%となるものです。
さらに見せる

28 さらに読み込む

目次 ビットポイント FX 取引のリスク及び財産の管理方法等重要事項について 3 ビットポイント FX 取引のリスクについて 4 システムトレードに関する注意喚起 9 ビットポイント FX 取引の概要と仕組みについて 11 ビットポイント FX 取引の手続きについて 25 当社の概要について 29

目次 ビットポイント FX 取引のリスク及び財産の管理方法等重要事項について 3 ビットポイント FX 取引のリスクについて 4 システムトレードに関する注意喚起 9 ビットポイント FX 取引の概要と仕組みについて 11 ビットポイント FX 取引の手続きについて 25 当社の概要について 29

12 客様自己責任において行ってください。 本取引に際しお客様がEAを利用する場合、当該EAプログラム内容によっては当社また はそのカバーが運営管理するサーバー機器に対して過剰な負荷もしくは障害を与え、他 お客様に対して、機器不調または緊急停止による取引不能、約定確認遅延、注文発注・確 認・取消・訂正不能及び遅延、並びに予期せぬ約定伴う損失が発生する可能性があり ます。その場合、当社は当該プログラム使用によって約定されたお客様取引変更及び約定 取消を行うことができるものとします。また、当社は事前通告なく当該プログラムをご利用 お客様取引並びに取引システムへログイン停止を行うことができるものとします。
さらに見せる

33 さらに読み込む

目次 1 リスク管理... 3 (1) 1 リスクマネジメント 保険制度全般 生命保険 損害保険 第三分野の保険 リスク管理と保険

目次 1 リスク管理... 3 (1) 1 リスクマネジメント 保険制度全般 生命保険 損害保険 第三分野の保険 リスク管理と保険

2.飲食業を営む企業が、火災・爆発災害による営業休止または損害による利益減少 備えて、店舗休業保険を契約した。 3.製造業を営む企業が、生産設備不具合により製品が生産できなかった場合取引から損害 賠償を請求されることにより被る損害備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。 4.建設業を営む企業が、請負業務遂行中発生した事故により、他人ケガを負わせた場合、 法律上損害賠償責任を負うことにより被る損害備えて、請負業者賠償責任保険を契約した。 (2 級学科/2011 年度 5 月)
さらに見せる

37 さらに読み込む

項 目 リスク アセット等 (3) 信用リスク アセットの額の合計額 243, ,528 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 1,782 1,659 うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) うち 繰延

項 目 リスク アセット等 (3) 信用リスク アセットの額の合計額 243, ,528 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 1,782 1,659 うち 無形固定資産 ( のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) うち 繰延

当行における派生商品取引としては、外国為替先物 予約取引があります。派生商品取引における取引相 手信用リスクについては、取引相手毎信用状況 見合った信用リスク限度額を設定し、カレント・エク スポージャー方式により算出した信用リスク量が、限 度額を超過しないよう管理しています。また、派生 商品取引オフバランス取引信用リスク額と、貸 出オンバランス取引与信額を合計して管理して います。
さらに見せる

11 さらに読み込む

第 1 当行における取引のリスク評価の考え方当行における取引のリスク評価の考え方は 平成 28 年 10 月 1 日に施行される改正後の犯収法の取引時確認及び調査書におけるリスク評価に基づき 別添の 当行におけるリスク評価と管理方法 のとおりとする 第 2 高リスク取引以下では 第 1において 高リ

第 1 当行における取引のリスク評価の考え方当行における取引のリスク評価の考え方は 平成 28 年 10 月 1 日に施行される改正後の犯収法の取引時確認及び調査書におけるリスク評価に基づき 別添の 当行におけるリスク評価と管理方法 のとおりとする 第 2 高リスク取引以下では 第 1において 高リ

13 取引は、写真付き証明書を用いた取引と比べて危険度が高いと認められ る。 さらに、平成 28 年 10 月1日施行改正後犯収法においては、健康保険証や年金手 帳顔写真ない身分証明書について、二次的な確認手段として「他本人確認書 類又は補完書類提示又は送付」、「取引関係文書転送不要郵便による送付」が必 要となる。また、当行は一般個人客へサービス提供は行っておらず、身分証明書 確認を必要とする個人は、原則、法人代表者または取引代理人限定されることか ら、調査書判断とは異なるものの、当行においては、 「写真付きでない身分証明書を 用いる顧客」と取引について、「危険度が低い」取引と位置付けるものとする。
さらに見せる

22 さらに読み込む

コア資本に係る調整項目の額 ( ロ ) 自己資本自己資本の額 (( イ )-( ロ ))( ハ ) リスク アセット等信用リスク アセットの額の合計額資産 ( オン バランス ) 項目 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 うち 調整項目に係る経過措置により なお従前の例に

コア資本に係る調整項目の額 ( ロ ) 自己資本自己資本の額 (( イ )-( ロ ))( ハ ) リスク アセット等信用リスク アセットの額の合計額資産 ( オン バランス ) 項目 うち 経過措置によりリスク アセットの額に算入される額の合計額 うち 調整項目に係る経過措置により なお従前の例に

 貸出金と自組合貯金相殺については,①取引相手債務超過、破産手続開始決定その他これら類する 事由かかわらず、貸出金と自組合貯金相殺が法的有効であることを示す十分な根拠を有していること、② 同一取引相手と間で相殺契約ある貸出金と自組合貯金をいずれ時点においても特定することができ ること、③自組合貯金が継続されないリスクが監視及び管理されていること、④貸出金と自組合貯金相殺後 額が、監視および管理されていること、条件をすべて満たす場合、相殺契約ある貸出金と自組合貯金 相殺後額を信用リスク削減手法適用後エクスポージャー額としています。‌
さらに見せる

8 さらに読み込む

2015 DISCLOSURE リスク統括部門が適切に連携し 投資対象商品の特性 潜在するリスク等を特定するとともに 可能な限り保守的な方法で信用リスクや金利リスクを把握しております また 定期的に時価を把握するとともに 格付状況の変化を確認することにより 信用リスク等の変化についてもモニタリングし

2015 DISCLOSURE リスク統括部門が適切に連携し 投資対象商品の特性 潜在するリスク等を特定するとともに 可能な限り保守的な方法で信用リスクや金利リスクを把握しております また 定期的に時価を把握するとともに 格付状況の変化を確認することにより 信用リスク等の変化についてもモニタリングし

 証券化取引伴い、当金庫は信用補完を目的としたエクス ポージャーを保有することとなりますが、これらリスクは証 券化裏付資産である住宅ローンリスクそのものであること から、この裏付資産住宅ローンを証券化していない住宅ロー ンと同様管理することで信用リスク把握・管理を行ってお ります。また、流動性補完を目的としたエクスポージャーつ いては、流動性補完発生可能性について把握・管理してお ります。なお、証券化実施にあたっては、各種データつい ては監査法人において、契約については弁護士によって チェックを受けております。
さらに見せる

10 さらに読み込む

甲が振り出したであろうと思われる日付を記入した 4 一方, 甲は, 手形が不渡りになったのは乙銀行が融資の約束を履行しなかったからであり, これは諾成的金銭消費貸借契約の不履行であって, この不履行のために手形の不渡りによる信用毀損等のため総額 1 億円の損害を被ったと主張し, 乙銀行に対し1 億円

甲が振り出したであろうと思われる日付を記入した 4 一方, 甲は, 手形が不渡りになったのは乙銀行が融資の約束を履行しなかったからであり, これは諾成的金銭消費貸借契約の不履行であって, この不履行のために手形の不渡りによる信用毀損等のため総額 1 億円の損害を被ったと主張し, 乙銀行に対し1 億円

*1 金融業者手形割引については,手形売買ではなく,金銭消費貸借契約であると解する が判例通説である。 1 融通手形は手形を利用した金融手段である。融通者は被融通者に対し,現金その他 経済的利益を交付する代わり,手形を振り出す。すなわち,融通者は被融通者 対し,手形という紙片を渡す。被融通者は手形紙片を金融業者持ち込み現金化す る。すなわち,被融通者は金融業者手形を裏書きする。手形所持人となった金融業 者は銀行金融機関を通じて満期手形を支払呈示する。振出人である融通者が その手形を決済するが,その決済資金は被融通者が用意する。すなわち,満期まで 決済資金を被融通者から融通者へ送金する。しかし,送金されなければ,融通者は自 ら資金で決済しなければ手形を不渡りしてしまうことなる。本件では,第1 手形決済ため,第2融通手形が振り出され,最後は決済資金が用意できず 倒産した。融通手形による倒産典型的な例である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...