1 人(1 世帯)当たり社会保障費用

Top PDF 1 人(1 世帯)当たり社会保障費用:

病気により健康保険が適用 される手 術を受けたときに 個 人 が 負 担 する 手 術 費 用 治 療費 用 差 額 ベッド費 用 病院食等 手術日以降の入院 中の諸費用を保障します 疾病手術保障 1万円限度 諸費用の実費 および臨時費用 入院なし手術1.5万円 入院あり手術3万円 手術費用保険金

病気により健康保険が適用 される手 術を受けたときに 個 人 が 負 担 する 手 術 費 用 治 療費 用 差 額 ベッド費 用 病院食等 手術日以降の入院 中の諸費用を保障します 疾病手術保障 1万円限度 諸費用の実費 および臨時費用 入院なし手術1.5万円 入院あり手術3万円 手術費用保険金

◆保険金をお支払いした場合は、保険金のお支払い事由が生じた日の保険期間の満了(12月1日)をもってこの特約は終了となります。 (再加入はできま せん) ◆要介護状態についてはP.34・48をご参照ください。 ◆「介護一時金保障」と「介護年金保障」は同時に加入できます。 ◆加入申込票の健康 状況告知書の質問3に該当する場合、加入できません。 ◆ご加入前にすでに、病気あるいはその病気と医学上因果関係のある病気を発病していた場合、 またはケガを受傷していた場合は原則として保険金をお支払いしません。詳しくはP.34介護一時金保障の「保険金をお支払いしない主な場合」をご覧 ください。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 Ⅰ 社会保障制度改革の経緯 1 Ⅱ 社会保障制度改革が必要とされる背景 2 ( 現在の社会保障制度の骨格 ) ( 社会保障制度を取り巻く状況の変化 ) ( 社会保障制度改革に取り組む際の留意点 ) Ⅲ 東日本大震災を踏まえた新たな課題 5 ( 東日本大震災による新たな課題 ) ( 震災後の社会

目次 Ⅰ 社会保障制度改革の経緯 1 Ⅱ 社会保障制度改革が必要とされる背景 2 ( 現在の社会保障制度の骨格 ) ( 社会保障制度を取り巻く状況の変化 ) ( 社会保障制度改革に取り組む際の留意点 ) Ⅲ 東日本大震災を踏まえた新たな課題 5 ( 東日本大震災による新たな課題 ) ( 震災後の社会

○ さらには医療・介護分野における各種イノベーションの推進を通じ、成長す るアジア市場も含め、世界の需要を日本のサプライチェーンに取り込んでいく ことなど、需要面からの成長戦略に寄与する余地が大きい。 ○ また、若者、女性、高齢者等が就業しやすい環境整備、能力開発等を通じた 人的資本の形成など、人材と労働力の供給面においても、成長戦略に寄与する。 ○ こうした需要面、供給面双方の寄与による日本経済の成長は、社会保険料収
さらに見せる

22 さらに読み込む

平成 29 年度 くらしの保障についてのアンケート 調査結果について Ⅰ. 調査の概要 1. 調査要領 調査対象 正 准組合員の世帯主 ( 世帯主に準ずる人 ) 調査地域 全国 100 地点 (100JA) 調査規模 4,000 世帯 (1JAあたり40 世帯を抽出 ) 調査方法 JA 職員による訪

平成 29 年度 くらしの保障についてのアンケート 調査結果について Ⅰ. 調査の概要 1. 調査要領 調査対象 正 准組合員の世帯主 ( 世帯主に準ずる人 ) 調査地域 全国 100 地点 (100JA) 調査規模 4,000 世帯 (1JAあたり40 世帯を抽出 ) 調査方法 JA 職員による訪

 JAの事業・活動への関心 健康や介護に関する事業・活動への関心が高い JAが取り組んでいる様々な事業や活動等に対する組合員の関心度を聞いてみると、「定期健康 診断・人間ドック」への関心が76.2%(「かなり関心がある」、「ある程度関心がある」の合計、以下 同様)で最も高くなっている(図表19)。また、「高齢者世帯巡回サービス」(72.6%)、「定期的な青 空市や朝市」(71.0%)、「冠婚葬祭にかかるサービス」(70.6%)、「環境や自然を守る活動」 (70.2%)にも7割が回答している。組合員の高齢化もあり、健康管理や介護・福祉面での取組み が上位を占めるほか、農業と消費者を結ぶ活動についても強い関心がもたれている。
さらに見せる

16 さらに読み込む

社会人 1 年目と 2 年目の意識調査 2017 社会人 1 年目の金銭事情 社会人 1 年生の初任給の使いみち 貯蓄に回す 生活費に充てる 親への贈り物を買う 初任給は 貯蓄に回したい が 5 割半も 実際に 貯蓄に回した は 4 割弱社会人 1 年目にかかった費用の平均額 身だしなみ 5.0 万

社会人 1 年目と 2 年目の意識調査 2017 社会人 1 年目の金銭事情 社会人 1 年生の初任給の使いみち 貯蓄に回す 生活費に充てる 親への贈り物を買う 初任給は 貯蓄に回したい が 5 割半も 実際に 貯蓄に回した は 4 割弱社会人 1 年目にかかった費用の平均額 身だしなみ 5.0 万

社会 1 年生・2 年生のやる気を奪うセリフ ワースト 1 は「この仕事向いてないんじゃない?」、次に危険なセリフは「やる気ある?」 ◆社会 1 年生・2 年生に対しては「ゆとり世代」「常識でしょ」「私が若いころは」も NG ワード 反対に、先輩社会に言われたら、やる気が奪われるセリフは何か聞いたところ、「この仕事向 いてないんじゃない?」が 38.9%で最も多く、次いで、「やる気ある?」35.4%、「ゆとり世代だなぁ」 33.4%、「そんなことは常識でしょ」24.0%、「私が若いころは○○だったのに」22.9%が続きました。仕 事の適性や仕事のやる気を否定されるようなセリフを言われると、やる気が奪われてしまう社会 1 年生・2 年生が多いようです。
さらに見せる

19 さらに読み込む

的にし 大幅な削減に踏み込もうとしている しかし 公費負担は 低所得者層の社会保険料軽減だけでなく 社会保障としての社会保険制度全体にも投入すべきである 第 条 4 号 国民が広く受益する社会保障に係る費用をあらゆる世代が広く公平に分かち合う観点等から 社会保障 給付に要する費用に係る国及び地方公共

的にし 大幅な削減に踏み込もうとしている しかし 公費負担は 低所得者層の社会保険料軽減だけでなく 社会保障としての社会保険制度全体にも投入すべきである 第 条 4 号 国民が広く受益する社会保障に係る費用をあらゆる世代が広く公平に分かち合う観点等から 社会保障 給付に要する費用に係る国及び地方公共

①外来、入院、介護施設、住まいなど医療を受ける場を国民、患者の意思で選択できる、 ②日常生活圏域内でプライマリー・ケアが保障され、必要な医療機関への交通手段の確保な どアクセスを保障する、③系統的な予防、健診の実施で日常生活圏域内で健康が守られる、 ④救急、休日、夜間の急病時にも必要な医療を受けることができる、⑤医療機関に対するフ リーアクセスは保障される、などを基本にした医療提供体制の充実を検討すべきである。 ② 国民会議では、地域の複数の医療機関を抱える持ち株会社型化した医療法人を設置するこ
さらに見せる

5 さらに読み込む

社会保障制度における外国人介護士の意義

社会保障制度における外国人介護士の意義

・都内で働く看護師無資格者の介護士たち  2012年8月21日,都内の某特養ホームで働く2の介護士にインタビューを行った。彼女 らは,先のインドネシア介護士とは違い看護師有資格者ではなく日本に来日して3年目とな る。Cさんはインドネシアの大学で日本語学科を卒業して,日本に関心が高く EPA 事業に よって日本で働ける理由で来日を決めたという。「介護」「医療」の知識がないため,初歩的 な勉強から始めたという。来日した同期生の多くは看護師有資格者で,彼(女)らは専門用 語を「和英辞書」で調べて理解するが,自分は専門用語自体を学んでこなかったので非常に 苦労しているという。ただ,日本人職員が基礎的な介護知識も教えてくれて助かっている。  Dさんはインドネシアの大学で経済学部を卒業して,同じく日本に関心があったので来日 したという。やはり「介護」「医療」といった専門知識を初めから勉強して苦慮している。 その意味では,自分達は「日本語」「医療・介護知識」「国家試験対策」といった3分野を働 きながら勉強しなければならないので時間が足りない。なお,先の介護士と同じように2
さらに見せる

18 さらに読み込む

社会保障国民会議最終報告 目次 平成 20 年 11 月 4 日 社会保障国民会議 1 最終報告の位置付け 1 2 これからの社会保障 ~ 中間報告が示す道筋 ~ 1 1 社会保障国民会議における議論の出発点 1 (1) 国民の安全と安心を支える社会保障 1 (2) 時代の要請 社会の変化に応える社

社会保障国民会議最終報告 目次 平成 20 年 11 月 4 日 社会保障国民会議 1 最終報告の位置付け 1 2 これからの社会保障 ~ 中間報告が示す道筋 ~ 1 1 社会保障国民会議における議論の出発点 1 (1) 国民の安全と安心を支える社会保障 1 (2) 時代の要請 社会の変化に応える社

その意味で、このような改革を実際に行っていくに際しては、実現されるサービスの姿を分 かりやすく国民に示し、国民的合意を得ながら具体的な改革の道筋(工程表)を明らかにし、一 つ一つ確実に改革を実現していくことが必要であることは言うまでもない。 さらに、これらに「子どもと家族を応援する日本」重点戦略において示された、少子化対策の 充実を図った場合の費用試算を合わせれば、社会保障制度の大宗を占める年金、医療・介護、 少子化対策について、その機能を充実強化していく「実現すべき・目指すべきサービスの姿」 としてどのようなものがあり、それを実現していくために必要な将来の費用がどの程度のもの であるのか、概ね明らかになる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

社会保障国民会議最終報告 目次 平成 20 年 11 月 4 日 社会保障国民会議 1 最終報告の位置付け 1 2 これからの社会保障 ~ 中間報告が示す道筋 ~ 1 1 社会保障国民会議における議論の出発点 1 (1) 国民の安全と安心を支える社会保障 1 (2) 時代の要請 社会の変化に応える社

社会保障国民会議最終報告 目次 平成 20 年 11 月 4 日 社会保障国民会議 1 最終報告の位置付け 1 2 これからの社会保障 ~ 中間報告が示す道筋 ~ 1 1 社会保障国民会議における議論の出発点 1 (1) 国民の安全と安心を支える社会保障 1 (2) 時代の要請 社会の変化に応える社

いて中間報告では、救急医療の問題、地域医療の困窮、産科小児科医の不足などの「当面の 緊急課題」について現段階で出来るだけの対策を講じていく必要性を指摘しつつ、同時に、こ れらの問題の背景にある「構造問題の解決への取組」が不可欠である旨指摘した。 今回の医療・介護費用に関するシミュレーションでは、中間報告で指摘されている現行制度 の様々な構造問題(サービスの不足・非効率な提供システムなど)について、サービスの充実 と効率化を同時に実施する改革を行い、「医療・介護サービスのあるべき姿」を実現した場合 の医療・介護費用について、大胆な仮定をおいて試算を行った。
さらに見せる

51 さらに読み込む

高い生活水準と安全な環境により スイスは世界屈指の長寿国となっています 手付かずの自然や多種多様な文化と娯楽が 多くの観光客だけでなく 高度な資格を持つ外国人就労者をも惹きつけています スイスの 1 世帯当たりの平均月間勤労所得は7,566スイスフランで このうちおよそ 70 % が社会保障費と税金

高い生活水準と安全な環境により スイスは世界屈指の長寿国となっています 手付かずの自然や多種多様な文化と娯楽が 多くの観光客だけでなく 高度な資格を持つ外国人就労者をも惹きつけています スイスの 1 世帯当たりの平均月間勤労所得は7,566スイスフランで このうちおよそ 70 % が社会保障費と税金

言語:ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、日本語 13.7.2 クラブ活動とボランティア活動 スイスでは、多くの市民が余暇を利用してクラブ活動に積極的に参 加し、趣味を楽しんでいます。 小さな市町村も文化活動やクラブ活動 を積極的に支援しており、インフラ設備も整備されています。 音楽、演 劇、スポーツ、政治から、ハイキングや自然保護に至るまで、クラブが 存在しない分野はないと言っていいほどです。 多くの場合、趣味とボ ランティア活動の間に、はっきりとした境界線はありません。 スイスで は、人口のおよそ5分の1が組織化されている無償のボランティア活 動に参加しています。 スイスではクラブや団体の登録が義務付けら れていないため、すべてを網羅するリストはありません。 しかし、各市 町村のホームページには、現地のクラブに関する情報が掲載されて います。
さらに見せる

8 さらに読み込む

年金給付 6 社会扶助給付 7 社会保障負担といった表現が使われ 脚注にあるようにそれぞれに定義が定められている したがって その定義を満たさなければ 社会保障費用統計では社会保障として扱われる項目であっても SNA では社会保障として扱われないことになる 一方 社会保障費用統計の財源として社会保障

年金給付 6 社会扶助給付 7 社会保障負担といった表現が使われ 脚注にあるようにそれぞれに定義が定められている したがって その定義を満たさなければ 社会保障費用統計では社会保障として扱われる項目であっても SNA では社会保障として扱われないことになる 一方 社会保障費用統計の財源として社会保障

(2) 現物社会移転(市場産出の購入) 現物社会移転(市場産出の購入)は、一般政府が家計に現物の形で支給するために市場生産者 から購入する財貨・サービスである。①社会保障制度の医療保険や介護保険における医療費、 介護費のうち保険給付分、 ②公費負担医療給付、 ③義務教育に係る政府による教科書の購入費、 戦傷病者無賃乗車船の負担金が含まれており、これらは 1993SNA においては、それぞれ①は 現物社会移転のうち現物社会給付、②は現物社会移転以外の社会給付における社会扶助給付、 ③は現物社会移転のうち個別的非市場財・サービスの移転に含まれていた。これらをまとめた ものが以下の図になる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

世帯主の就業形態と有子現役世帯の貧困の動態分析-二人親世帯と一人親世帯の比較-

世帯主の就業形態と有子現役世帯の貧困の動態分析-二人親世帯と一人親世帯の比較-

挙げられよう 2 。さらに、所得再分配政策の公平性の視点からみると、80 年代以後、厚生年金制度 の改革に伴って高年齢者の貧困状態が改善される一方、有子現役世帯の貧困削減に関する所 得再配分政策が限定的にしか機能しておらず、問題視されている(阿部 2006a,b)。この背景に は、1980 年代以後、欧米の社会福祉政策が“welfare to work”へと変更され、貧困層向けの政策 も経済的支援から就業促進による自立政策へと転換されたことがある。この影響を受け、日本でも 2000 年以降、一世帯への支援政策は生活保護給付のような経済的援助から就業促進政策 へと転換した。しかし、OECD(2008)によると、日本における一世帯の相対的貧困率は、世帯 主が就業している世帯で 58%、就業していない世帯で 60%となっており、両者間の差はわずか である。また、一世帯において世帯主が就業するグループの相対的貧困率は、日本が OECD 加盟の 30 か国中で最も高い。
さらに見せる

20 さらに読み込む

目次 第 1 章序章 1.1 研究の目的 背景 1 第 2 章社会保険制度 2.1 社会保険制度とは 社会保険制度の推移と構成 社会保障費用 ( 社会保障給付費 ) の推移 社会保障給付費と社会保障財源 4 第 3 章建設業における社会保険未加入問題 3.

目次 第 1 章序章 1.1 研究の目的 背景 1 第 2 章社会保険制度 2.1 社会保険制度とは 社会保険制度の推移と構成 社会保障費用 ( 社会保障給付費 ) の推移 社会保障給付費と社会保障財源 4 第 3 章建設業における社会保険未加入問題 3.

30 このデータから推測するに、建設企業の売上高は減となったが、会社経営を維持していく経費は 確保していることを示している。また、労働者の賃金に対して以下の記述で表現している。 「一方,賃金は一般的に,売上高に比例して変動する材料費等とは異なり変動しにくいことから, 売上高が減少した場合,通常は売上原価率が上昇し,粗利率は低下することとなる。しかしながら, 前述のように,売上高減少局面において,粗利率が一定の範囲において推移していることは,売上 原価率(売上原価の多くは労務費,外注費等の工事原価である)の上昇が抑えられていることを示 している。実際に,建設産業全体で見ると,技能労働者数は,ピーク時の平成9年から21年に至 る過程で約 25%減少しているが,その間の建設投資額は約 44%減少しているところである。技能 労働者数の 25%減だけでは,粗利率を一定に保つだけの売上高減に対応した売上原価の減少にはつ ながらない。そこで,この間の1当たりの給与水準の変化を見てみると,企業規模2,000万 円未満の建設業に従事する従業員の年間給与は,平成9年から21年にかけて約 18%低下してお り,建設投資の減少 44%を技能労働者数の減少 25%と1当たり給与の低下 18%により吸収して いる構図が見られるところである。 」と論じている。
さらに見せる

43 さらに読み込む

外国人労働者の就労・雇用・社会保障の現状と課題

外国人労働者の就労・雇用・社会保障の現状と課題

6 法務省 「第3次出入国管理基本計画」 ( 平成17年3月29日 ) 法務省は、 今後5年間の外国の入国、 在留 管理の指針を示す 「第3次出入国管理基本計画」 を策定した。 非熟練労働者の受け入れについて は、 平成4年の第1次計画、 平成12年の第2次 計画とも 「慎重に検討していく」 としていたが、 今回、 少子化の進行などを踏まえ、 生産年齢 口の減少の中で、 我が国経済の活力および国民 生活の水準を維持する必要性、 国民の意識及び 我が国の経済社会の状況等を勘案しつつ、 現在 では専門的、 技術的分野に該当するとは評価さ れていない分野における外国労働者の受け入 れについて 「着実に検討していく」 との方針を 打ち出している。 その際には、 新たに受け入れ を検討すべき産業分野や日本語能力など受け入 れ要件を検討するだけでなく、 その受け入れが、 我が国の産業及び国民生活に与える正負両面の 影響を十分勘案する必要があり、 その中には例 えば国内の治安に与える影響、 国内労働市場に 与える影響、 産業の発展・構造転換に与える影 響、 社会的コスト等多様な観点が含まれるとし て検討の必要性を示唆している。 (31)
さらに見せる

27 さらに読み込む

1. 年度別人口 世帯数 選挙人名簿登録者数の推移 (1) 年度別人口 世帯数 ( 各年度 12 月末日現在 ) 年度 人 口 男女計 世帯数 1 世帯あたりの人口 平成 6 年度 17,035 23,794 26,339 50, 平成 7 年度 17,264 23,894 26,4

1. 年度別人口 世帯数 選挙人名簿登録者数の推移 (1) 年度別人口 世帯数 ( 各年度 12 月末日現在 ) 年度 人 口 男女計 世帯数 1 世帯あたりの人口 平成 6 年度 17,035 23,794 26,339 50, 平成 7 年度 17,264 23,894 26,4

順位 党  派 氏   名 年齢 得 票 数 当落 1 無 所 属 櫛   引   ユ キ 子 48 1,957.000 当選 2 無 所 属 寺   田   武   造 54 1,646.504 当選 3 無 所 属 寺   田   達   也 38 1,644.495 当選 4 無 所 属 斉   藤   一   郎 71 1,615.164 当選 5 無 所 属 木   村   清   一 48 1,613.000 当選 6 無 所 属 福   士   寛   美 57 1,510.000 当選 7 無 所 属 磯   辺   勇   司 60 1,443.000 当選 8 無 所 属 稲   葉   好   彦 39 1,398.000 当選 9 無 所 属 阿   部   春   市 53 1,369.000 当選 10 無 所 属 川   浪   茂   浩 58 1,331.000 当選 11 日 本 共 産 党 工   藤   善   司 73 1,324.000 当選 12 無 所 属 山   口   孝   夫 52 1,284.000 当選 13 公 明 党 平   山   秀   直 43 1,282.986 当選 14 無 所 属 葛   西   収   三 64 1,257.474 当選 15 無 所 属 笠   井   幸   市 51 1,247.792 当選 16 無 所 属 長 谷 川   清   勝 70 1,199.023 当選 17 無 所 属 大   野   欽   也 69 1,166.000 当選 18 無 所 属 平   山   則   雄 63 1,158.013 当選 19 無 所 属 吉   岡       浩 64 1,158.000 当選 20 無 所 属 前   田   清   勝 60 1,142.976 当選 21 無 所 属 野   呂   国 四 郎 70 1,131.000 当選 22 社 会 民 主 党 葛   西   ノ リ ヱ 53 1,081.731 当選 23 無 所 属 松   野   武   司 50 1,071.000 当選 24 民 主 党 東       茂   美 61 983.000 当選 25 無 所 属 斎   藤   廣   光 64 480.835 次点  平成13年9月9日執行
さらに見せる

84 さらに読み込む

1 社会保障 税一体改革における年金制度改革の内容と到達点 1

1 社会保障 税一体改革における年金制度改革の内容と到達点 1

年金政策には常に、給付額の「十分性」と「給付可能性」の舵とりが関係してきた。この舵とりは、最近の経済・財政危機の結果、より難 しくなっている。・・・まず、「十分性」と「持続可能性」との間の明らかな矛盾がある。つまり、より高い公的年金はより高い所得をもらたすが、 より多くの費用がかかる。同様に、年金給付額が高すぎると、財政的に制度自体を持続不能に陥らせる結果となる。(略)・・・どのよう にすれば政府は、財政的な持続可能性を危険にさらすことなく十分な退職所得を維持することができるのだろうか?このよ うなジレンマから抜け出すルートは主に三つある。
さらに見せる

22 さらに読み込む

目 次 1 章仙台市の人口 世帯動向 1-1. 仙台市の人口 人口 世帯数の推移 年齢別人口構成 合計特殊出生率 自然動態 転入出状況 ( 社会動態 ) 通勤状況 仙台市の世帯

目 次 1 章仙台市の人口 世帯動向 1-1. 仙台市の人口 人口 世帯数の推移 年齢別人口構成 合計特殊出生率 自然動態 転入出状況 ( 社会動態 ) 通勤状況 仙台市の世帯

0.2 3.8 0 10 20 30 40 50 親、配偶者などの世帯からの独立 親、子などとの同居・隣居・近居 就職、転職、転勤などに対応 退職・離職後の生活の充実・平穏 子育て・教育の環境を整える 高齢期の生活の安全・安心や住みやすさの向上 介護をしやすく、受けやすくする 住宅を広くする、部屋を増やす 間取り、収納、設備などを使いやすくする 住宅のいたみを直す、きれいにする 趣味などに適した住宅・環境にする 住宅の維持管理をしやすくする 雪処理の負担軽減 地震に対する安全性の向上 台風に対する安全性の向上 水害・津波を避ける 犯罪に対する安全性の向上 省エネルギー性能の向上 換気、採光、遮音などの住宅性能の向上 日照、通風、騒音、眺望など立地条件の改善 緑、まちなみなど居住環境の改善 通勤、通学などの利便の向上 日常の買物、医療などの利便の向上 住んでいた住宅が被災したため 原発事故による避難指示または不安の軽減 相続した・譲り受けた住宅の有効活用 ローン、家賃など住居費負担の軽減 資産の形成(不動産の所有) 立ち退き要求、契約期限切れへの対応 その他 不明
さらに見せる

243 さらに読み込む

図表世帯主の年齢別 1 世帯 月当たり消費支出の比較 (2004 年 ) ( 万円 / 月 ) 平均 -29 歳 30 歳代 40 歳代 歳 ( 団塊世代 ) 歳

図表世帯主の年齢別 1 世帯 月当たり消費支出の比較 (2004 年 ) ( 万円 / 月 ) 平均 -29 歳 30 歳代 40 歳代 歳 ( 団塊世代 ) 歳

これらの施設の分布図からは、病院が市の中心部に多く立地していること、小学校が 市域に偏りなく立地していること等が確認できる。 図表 各市の主要な公共施設及び社会資本 熊谷市 春日部市 狭山市 鳩ヶ谷市 柏市 佐倉市 茂原市 藤沢市 小田原市 厚木市 単位 市域面積 13703 6598 4904 622 11490 10359 10001 6951 11409 9383 ha 市街化区域面積 2451 2231 1483 620 5410 2409 1580 4686 2797 3123 ha 市街化区域面積比率 17.9% 33.8% 30.2% 99.7% 47.1% 23.3% 15.8% 67.4% 24.5% 33.3% 住居系用途面積 1540.4 1847 1097 518.6 4734 1989 1286 3640 1938 1966 ha 商業系用途面積 247.4 116.4 59.8 31.7 142 93 70 315 266 174 ha 工業系用途面積 668.4 268.1 326.8 69.7 534 327 224 731 593 983 ha 住居系用途面積比率 62.8% 82.8% 74.0% 83.6% 87.5% 82.6% 81.4% 77.7% 69.3% 63.0% 商業系用途面積比率 10.1% 5.2% 4.0% 5.1% 2.6% 3.9% 4.4% 6.7% 9.5% 5.6% 工業系用途面積比率 27.3% 12.0% 22.0% 11.2% 9.9% 13.6% 14.2% 15.6% 21.2% 31.5% 人口 192.5 240.9 161.5 54.5 373.8 170.9 93.8 379.2 200.2 217.4 千 市街化区域人口 119.9 208.3 118.5 54.5 337.9 137.8 NA 359 176.6 194.3 千 市街化区域人口比率 62.3% 86.5% 73.4% 100.0% 90.4% 80.6% NA 94.7% 88.2% 89.4%
さらに見せる

39 さらに読み込む

高齢者世帯の経済的余力を検証―社会保障と税の一体改革を進めるに当たって―

高齢者世帯の経済的余力を検証―社会保障と税の一体改革を進めるに当たって―

(%) 出所:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(2011 年)」 (5)高齢者世帯の消費は所得ほどは減少しない 世代別の消費支出(勤労者世帯だけではなく、無職世帯も含む)を見ると、世帯主が 50 歳代前半でピークに達し、その後は逓減している(図表8)。「等価消費」(消費支出 ÷ 世帯人員)も 50 歳代前半でピークを迎えるが、その後の減少ペースは緩やかなもの に留まっている。60 歳代前半の等価消費は 40 歳代後半と同水準、70 歳以上でも 40 歳代 前半と同水準である。高齢者世帯の消費が所得ほど減少しないのは、世帯主が無職の世 帯を中心に貯蓄を取り崩しながら生活していることが要因と考えられる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

ひきこもり等社会から孤立する人(世帯)への多機関による支援体制構築に関する研究

ひきこもり等社会から孤立する人(世帯)への多機関による支援体制構築に関する研究

A 市の研究参加機関は、子ども・障がい者・高齢者等の複合的な相談にのる専門 機関(多機関型地域包括支援センター)である。多機関型地域包括支援センター (以下、多機関センターとする)は、A 市が受託している厚生労働省モデル事業 「多機関の協働による包括的支援体制構築事業」により試行的に設置されている機 関の一つで、A 市の約半分のエリア(対象口約 20 万、面積約 200km 2 )を 3 で 担当とし、 「福祉分野に関連する複合的な課題を抱えている(世帯)」の総合相談窓 口として設置されていた。単独の機関では十分対応できない「制度のはざま(個人 や家族が抱える複合的な課題)」の解決を図るために、包括的支援システムの構築を 目的に平成 28 年 10 月から活動を開始している。多機関センターは、委託元の市の 担当者ともう一つの多機関センターとの定例戦略会議を毎月持っており、そこでは それぞれの活動の報告と振り返り、方針の検討などがおこなわれている。平成 29 年 度は、多機関センターの一つと協働した。
さらに見せる

13 さらに読み込む

ひきこもり等社会から孤立する人(世帯)への多機関による支援体制構築に関する研究

ひきこもり等社会から孤立する人(世帯)への多機関による支援体制構築に関する研究

活動、住民や関係機関向けのワークショップ等、多機関の紹介やネットワーク形成のため におこなう活動の企画・評価の一部を協働で行い、会議録・参与観察記録・多機関職員イ ンタビュー記録を随時収集した。多機関の活動の評価と課題については、他機関職員 3 名 及び事業委託元の A 市担当課の担当者 3 名へのグループインタビュー、多機関と連携が深 い最寄りの行政センター保健師(係長)1 名と地域包括支援センター長 1 名に個別インタ ビューを行った。その他、関係資料を収集した。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...