京都府立医科大学附属病院 病院病理部

Top PDF 京都府立医科大学附属病院 病院病理部:

(1) 1 年目研修病院 病院の名称 所在地 受入上限 京都府立医科大学附属病院 (Aコース) 京都市上京区 18 名 京都府立医科大学附属病院 (Bコース及び周産期 ) 京都市上京区 4 名 京都第一赤十字病院 京都市東山区 6 名 京都第二赤十字病院 京都市上京区 6 名 京都鞍馬口医療センター

(1) 1 年目研修病院 病院の名称 所在地 受入上限 京都府立医科大学附属病院 (Aコース) 京都市上京区 18 名 京都府立医科大学附属病院 (Bコース及び周産期 ) 京都市上京区 4 名 京都第一赤十字病院 京都市東山区 6 名 京都第二赤十字病院 京都市上京区 6 名 京都鞍馬口医療センター

必修科目:救急+地域医療【計2ヵ月】福井愛育病院へ派遣 選択科目:原則として2ヵ月単位で次の科目から選択(臨床検査、総合診療、地域医 療を除き、重複選択可)【10ヵ月】 消化器内科、循環器内科、腎臓内科、呼吸器内科、内分泌・糖尿病・代謝内科、 血液内科、膠原病・リウマチ・アレルギー科、脳神経内科、消化器外科、心臓血管外 科、小児心臓血管外科、呼吸器外科、内分泌・乳腺外科、移植・一般外科、 形成外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、小児科、眼科、 皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、精神科・心療内科、麻酔科、放射線科、 疼痛・緩和ケア科、リハビリテーション科、臨床検査(感染症科含む)、病院(診断) 病理、集中治療、救急 、 総合診療
さらに見せる

6 さらに読み込む

都道府県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都 茨城県立中央病院 茨城県地域がんセンター国立大学法人筑波大学附属病院公益財団法人筑波メディカルセンター筑波メディカルセンター病院株式会社日立製作所日立総合病院学校法人獨協学園獨協医科大学病院学校法人自治医科大学自治医科大学附属病院日本赤十字社芳賀赤十字病

都道府県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都 茨城県立中央病院 茨城県地域がんセンター国立大学法人筑波大学附属病院公益財団法人筑波メディカルセンター筑波メディカルセンター病院株式会社日立製作所日立総合病院学校法人獨協学園獨協医科大学病院学校法人自治医科大学自治医科大学附属病院日本赤十字社芳賀赤十字病

社会福祉法人恩賜財団済生会岡山済生会総合病院 独立行政法人国立病院機構南岡山医療センター 広島県 国立大学法人広島大学病院 YMCA訪問看護ステーション・ピース 日本赤十字社広島赤十字・原爆病院 学校法人清水ヶ丘学園清水ヶ丘高等学校 独立行政法人国立病院機構呉医療センター 公立大学法人県立広島大学保健福祉学部

8 さらに読み込む

49 宮崎県 国立大学法人 宮崎大学医学部附属病院 50 鹿児島県 国立大学法人 鹿児島大学病院 51 沖縄県 国立大学法人 琉球大学医学部附属病院 計 51 病院 地域がん診療連携拠点病院 都道府県名 医療機関名 1 北海道 市立函館病院 2 北海道 市立札幌病院 3 北海道 砂川市立病院 4 北

49 宮崎県 国立大学法人 宮崎大学医学部附属病院 50 鹿児島県 国立大学法人 鹿児島大学病院 51 沖縄県 国立大学法人 琉球大学医学部附属病院 計 51 病院 地域がん診療連携拠点病院 都道府県名 医療機関名 1 北海道 市立函館病院 2 北海道 市立札幌病院 3 北海道 砂川市立病院 4 北

熊本県 独立行政法人国立病院機構 熊本医療センター 熊本県 社会福祉法人恩賜財団 済生会熊本病院 熊本県 荒尾市民病院 熊本県 独立行政法人労働者健康福祉機構 熊本労災病院 熊本県 独立行政法人地域医療機能推進機構 人吉医療センター 大分県 独立行政法人国立病院機構 別府医療センター

9 さらに読み込む

石橋浩晃 金沢医科大学 伊藤智雄 神戸大学医学部附属病院 伊藤仁 東海大学医学部付属病院 井野元智恵 東海大学 今井律子 公立西知多総合病院 伊豫田明 東邦大学 岩井幸子 産業医科大学病院 8:PCL 福岡病理細胞診センター 1 ~7 9~10 については該当なし 植田政嗣 大阪がん循環器病予防セン

石橋浩晃 金沢医科大学 伊藤智雄 神戸大学医学部附属病院 伊藤仁 東海大学医学部付属病院 井野元智恵 東海大学 今井律子 公立西知多総合病院 伊豫田明 東邦大学 岩井幸子 産業医科大学病院 8:PCL 福岡病理細胞診センター 1 ~7 9~10 については該当なし 植田政嗣 大阪がん循環器病予防セン

ター 全項目該当なし 川本 雅司 帝京大学医学部附属溝口病院 全項目該当なし 鬼島 宏 弘前大学大学院 全項目該当なし 岸本 浩次 昭和大学藤が丘病院 全項目該当なし 北川 泰之 日本医科大学付属多摩永山病院 全項目該当なし 北村 隆司 昭和大学横浜市北部病院 全項目該当なし 清川 貴子 東京慈恵会医科大学 全項目該当なし 金城 満 製鉄記念八幡病院 全項目該当なし 九嶋 亮治 滋賀医科大学医学部 全項目該当なし
さらに見せる

5 さらに読み込む

JSCT テクニカルガイドライン作成委員会 委員長 松原孝祐 金沢大学 副委員長 原田耕平 札幌医科大学附属病院 委員 大橋一也 名古屋市立大学病院 奥村悠祐 石川県立中央病院 木暮陽介 順天堂大学医学部附属順天堂医院 後藤光範 宮城県立がんセンター 西丸英治 広島大学病院 原 孝則 中津川市民病院

JSCT テクニカルガイドライン作成委員会 委員長 松原孝祐 金沢大学 副委員長 原田耕平 札幌医科大学附属病院 委員 大橋一也 名古屋市立大学病院 奥村悠祐 石川県立中央病院 木暮陽介 順天堂大学医学部附属順天堂医院 後藤光範 宮城県立がんセンター 西丸英治 広島大学病院 原 孝則 中津川市民病院

6 テクニカルガイドライン 2017 の公開にあたって 2016 年 7 月に,テクニカルガイドライン 2015 の改訂版であるテクニカルガイドライン 2016 を発行してから 1 年半あまりを要したが,ようやくテクニカルガイドライン 2017 を 公開する運びとなった.残念ながら 2017 年中の公開は間に合わなかったが,テクニカルガ イドライン委員各位の日々の献[r]

11 さらに読み込む

微生物学 叶一乃 新渡戸文化短期大学臨床検査学科 第 49 回 2004 年 ( 平成 16 年 ) 4 微生物学志田原郁子福山市医師会臨床検査センター検査部血液学波田野栄子越谷市立病院臨床検査科 免疫血清学 内藤勝人 山梨大学医学部附属病院検査部 微生物学 中澤武司 順天堂大学附属浦安病院臨床検査

微生物学 叶一乃 新渡戸文化短期大学臨床検査学科 第 49 回 2004 年 ( 平成 16 年 ) 4 微生物学志田原郁子福山市医師会臨床検査センター検査部血液学波田野栄子越谷市立病院臨床検査科 免疫血清学 内藤勝人 山梨大学医学部附属病院検査部 微生物学 中澤武司 順天堂大学附属浦安病院臨床検査

         *氏名,勤務先に変更がある人はご連絡ください。            変更届: http://clmj.umin.jp/nintei/henkou.html 回数,年 合格者数 科 目 氏 名 勤務先・所属 微生物学 河口 豊 川崎医科大学附属病院 中央検査

6 さらに読み込む

愛媛大学医学部附属病院

愛媛大学医学部附属病院

9) リスクマネジメントに寄与するための散薬調剤時における過誤防止への取り組み 河野 学,梅田賢太,山内伸男,藤堂信子,福本卓夫,木村尚人,末丸克矢,荒木博陽 県病薬誌 100:43-46(2007) 10) 愛媛大学医学部附属病院の自主臨床研究における試験薬管理体制の確立 岡本千恵,森豊隆志,末丸克矢,守口淑秀,荒木博陽,白川洋一,野元正弘 県病薬誌 100:47-52(2007)

13 さらに読み込む

愛媛大学医学部附属病院

愛媛大学医学部附属病院

愛媛大学病院における臨床研究専用病棟(Phase I Unit)の開設における CRC の役割 第 31 回日本臨床薬理学会年会 2010 年 11 月 30 日~12 月 2 日 京都 加賀山美沙,田中亮裕,井門敬子,末丸克矢,荒木博陽 ステロイド性骨粗鬆症の予防薬適正使用に向けた調査 第 8 回愛媛県薬剤師会学術大会 2011 年 1 月 松山

30 さらに読み込む

愛媛大学医学部附属病院放射線障害予防規程

愛媛大学医学部附属病院放射線障害予防規程

第27条 病院長は,放射線業務従事者が放射線障害を受け,又は受けたおそれのある場合 は,主任者と協議し,その程度に応じて,管理区域への立入りの時間短縮,立入りの禁 止等健康の保持に必要な措置を講じなければならない。 2 病院長は,本院内において,放射線業務従事者以外の者が放射線障害を受け,又は受 けたおそれのある場合は,遅滞なく医師による診断,保健指導等の適切な措置を講じな ければならない。

17 さらに読み込む

愛媛大学医学部附属病院 医療機関名 愛媛大学医学部附属病院 施設基本情報 所在地 愛媛大学医学部附属病院 病床数 628 床 ( 一般 :588 床 [ 含 ICU:22 床 PHCU:16 床 ] 精神 :40 床 ) がん診療連携拠点病院指定日 データ収集期間

愛媛大学医学部附属病院 医療機関名 愛媛大学医学部附属病院 施設基本情報 所在地 愛媛大学医学部附属病院 病床数 628 床 ( 一般 :588 床 [ 含 ICU:22 床 PHCU:16 床 ] 精神 :40 床 ) がん診療連携拠点病院指定日 データ収集期間

愛媛大学医学部医学科臨床腫瘍学講座 教授 愛媛大学医学部附属病院 腫瘍センター長 薬師神 芳洋 愛媛大学医学部附属病院(628 床)は、愛媛県の中心に位置する東温市に立地してい ます。担当するがん診療の医療圏(松山圏域と八幡浜・大洲圏域)は、人口の多い松山 市を始め、高齢化率が高い市町村が含まれます。また、松山圏域(2015 年の受診患者 の 46.4%)からの受診のみならず、大学病院(県内唯一の特定機能病院)であること
さらに見せる

28 さらに読み込む

名古屋大学医学部附属病院_中心静脈カテーテル挿入マニュアル

名古屋大学医学部附属病院_中心静脈カテーテル挿入マニュアル

【はじめに】 中心静脈カテーテルは、高カロリー輸液・中心静脈圧測定・血管作動薬の確実な微量持続投与などを可能 とし、全身管理に非常に有用であるが、同時にカテーテル挿入時・留置期間中に重篤な合併症を引き起こす 危険性が知られている。実際に、当院のインシデント・アクシデント報告においても中心静脈カテーテル挿入・ 留置に関連する重篤な合併症が報告されている。中心静脈カテーテル挿入に関連するマニュアルの類はすで に多数出版されているが、今回安全管理室から、安全に挿入するための名古屋大学医学部附属病院としての マニュアル作成の依頼を受けた。そこで、当教室の佐藤栄一、江間義郎、西脇公俊を中心に麻酔・蘇生医学 講座全員の知識・経験をもとに執筆し、さらに安全管理室から今までの報告事例をふまえた関連事項の追加・ 修正を受けて完成した。このマニュアルでは、始めに総論として穿刺部位の選択、各種カテーテルの特 徴と当院採用の推奨カテーテルキット、穿刺時の共通する注意事項について述べ、次に各論として内 頚静脈・鎖骨下静脈・大腿静脈・肘静脈の各穿刺部位別に、用意する器材、挿入の詳細な手順、静脈 の解剖学的位置、特有の合併症等について、安全性に重点をおいて可能な限り具体的に記載した。また、全 体を通読しなくても、総論と関心のある挿入部位の各論を拾い読みしていただければ不足のないよう作成した。 中心静脈カテーテル挿入はすべての医師に要求される基本的手技の一つとされているので、挿入に際しこの マニュアルが少しでも役に立ち、ひいては医療の安全性向上に寄与できれば幸いである。
さらに見せる

35 さらに読み込む

秋田大学医学部附属病院  救急科専門研修プログラム

秋田大学医学部附属病院  救急科専門研修プログラム

② 救急科専門医の社会的責務は、医の倫理に基づき、急病、外傷、中毒など疾病の種類に 関わらず、救急搬送患者を中心に、速やかに受け入れて初期診療に当たり、必要に応じ て適切な診療科の専門医と連携して、迅速かつ安全に診断・治療を進めることにありま す。さらに、救急搬送および病院連携の維持・発展に関与することにより、地域全体の 救急医療の安全確保の中核を担うことが使命です。本研修プログラムを修了すること により、このような社会的責務を果たすことができる救急科専門医となる資格が得ら れます。
さらに見せる

30 さらに読み込む

大阪医科大学附属病院 整形外科専門研修プログラム

大阪医科大学附属病院 整形外科専門研修プログラム

河端病院は昭和 39 年に京都市右京区で開院されました。近くには嵯峨野、嵐⼭と いった観光地がある⻑閑な地域であるためか、患者さんも穏やかな⽅が多くアット ホームな雰囲気の中で治療を⾏うことが出来る病院です。平成 25 年に JR 太秦駅前 に移転しましたが、病院より駅までは 1 分もかからないという好⽴地条件にあり、 嵯峨野線に乗⾞すれば京都駅から約 16 分で病院まで到達することが出来るため京 都市内はもちろん⼤阪や滋賀、奈良からの通勤にも⾮常に便利な位置に存在します。 50 床からなる整形外科中⼼の急性期病棟を有しており、院内に CT、MRI を完備し ています。救急指定を受けており、年間約 500 件の救急が搬⼊されますが、その約 8 割が整形外科疾患です。その中には⾼齢者の外傷も多く、そのほとんどが多くの 合併症をもたれています。そんなときにも内科、外科と密に連携し直接医者同⼠で 話し合いながら治療にあたれることが我々のような⼩さな病院での⼤きな強みで あります。また、最近は多くの病院が急性期のみの治療を⾏い回復期は他院でリハ ビリを⾏う事が多くなっていますが、当院は地域密着型の病院であるため出来るだ けリハビリも⾃院で⾏い受傷から在宅まで⼀連の治療を継続して⾏なう事を⼼が けています。⼿術のみではなく術後の⼊院での経過やリハビリ、また在宅になって も外来で経過を⾒ることができるなど、⼀貫して⾃ら治療を⾏えることは後期研修 医にとっては⾮常によい勉強になると考えます。
さらに見せる

48 さらに読み込む

自治医科大学附属病院医療安全管理指針

自治医科大学附属病院医療安全管理指針

ア 医療安全対策の業務に関する企画立案、及び、評価を行うこと。 イ 医療安全管理に関する問題点の把握、分析、対策の立案、実施、評価等を行うこ と。 ウ 医療安全管理に関する職員研修の企画、実施すること。 エ 職員の医療安全管理に関する意識の向上、指導等を行うこと。 オ 病院の各部門・部署間の連携を図るための調整を行うこと。 カ その他医療安全対策の業務を行うこと。

22 さらに読み込む

大阪医科大学附属病院 放射線科専門研修プログラム

大阪医科大学附属病院 放射線科専門研修プログラム

放射線科専⾨医の使命は、画像診断(X 線撮影、超⾳波検査、CT、MRI、核医学検査 等)、IVR、放射性同位元素(RI)内⽤療法を含む放射線治療の知識と経験を有し、放 射線障害の防⽌に努めつつ、安全で質の⾼い放射線診療を提供することにあります。 ⽇本医学放射線学会が認定し⽇本専⾨医機構が承認した放射線科専⾨研修プログラ ム新整備基準では、放射線科専⾨医制度の理念のもと、放射線科専⾨医としての使命 を果たす⼈材育成を⽬的として専⾨研修の到達⽬標および経験⽬標を定めています。 本研修プログラムでは、研修施設群内における実地診療によって専⾨研修の到達⽬標 および経験⽬標を⼗分に達成できる研修体制の構築に努めていますが、実地診療のみ では経験が不⾜する⼀の研修については、⽇本専⾨医機構が認める講習会(ハンズ オン・トレーニング等)及び e-learning の活⽤等によって、その研修を補完します。 平成 30 年度⼤阪医科⼤学附属病院放射線科専⾨研修プログラムは上記の新整備基準 に従い、 3 年以上の専⾨研修により、放射線科領域における幅広い知識と錬磨された技 能、ならびに医師としての⾼い倫理性、コミュニケーション能⼒およびプロフェッシ ョナリズムを備えた放射線科専⾨医をめざし、放射線科専攻医(以下、専攻医)を教 育します。
さらに見せる

25 さらに読み込む

大阪医科大学附属病院 眼科専門研修プログラム

大阪医科大学附属病院 眼科専門研修プログラム

4) 専門研修施設群で、専門研修指導医が在籍していない場合や、僻地、離島などで研 修を行う場合には、専門研修基幹施設が推薦する病院として指導の責任をもち、専 門研修基幹施設の専門研修指導医が必ず週 1 回以上指導を行う。 5) 専門研修基幹施設と専門研修連携施設の地理的分布に関しては、地域性も考慮し、 都市圏に集中することなく地域全体に分布し、地域医療を積極的に行っている施設 を含む。

27 さらに読み込む

茨城県 (10) 茨城県立中央病院 独立行政法人国立病院機構水戸医療センター 株式会社日立製作所日立総合病院 株式会社日立製作所ひたちなか総合病院 新規指定 ( 拠点 ) 総合病院土浦協同病院 筑波メディカルセンター病院 国立大学法人筑波大学附属病院 東京医科大学茨城医療センター 友愛記念病院 茨城

茨城県 (10) 茨城県立中央病院 独立行政法人国立病院機構水戸医療センター 株式会社日立製作所日立総合病院 株式会社日立製作所ひたちなか総合病院 新規指定 ( 拠点 ) 総合病院土浦協同病院 筑波メディカルセンター病院 国立大学法人筑波大学附属病院 東京医科大学茨城医療センター 友愛記念病院 茨城

福山市民病院 指定更新 市立三次中央病院(みよしちゅうおうびょういん) 指定更新 山口県(7) 独立行政法人国立病院機構 岩国医療センター 指定更新 山口県厚生農業協同組合連合会 周東総合病院 指定更新 独立行政法人地域医療機能推進機構 徳山中央病院 指定更新 地方独立行政法人山口県立病院機構 山口県立総合医療センター 指定更新

6 さらに読み込む

自治医科大学自己点検 評価報告書 ( 平成 24 年度病院版 ) 目次 第 1 章附属病院の現状とその評価 附属病院の理念 目的等 組織 運営 管理 診療活動 病院経営 第 2 章附属さいたま医療センターの現状とその評価... 2

自治医科大学自己点検 評価報告書 ( 平成 24 年度病院版 ) 目次 第 1 章附属病院の現状とその評価 附属病院の理念 目的等 組織 運営 管理 診療活動 病院経営 第 2 章附属さいたま医療センターの現状とその評価... 2

医療安全対策については、医療安全対策において、インシデント・アクシデントレポートの情報をも とに、各種分析方法を用いて背景・要因から改善策まで検討し、各部署に還元・周知を行った。そのほか、 リスクマネージャー会議や「あんぜん便り」などにより警鐘事例報告を行い、職員の医療安全に対する意 識の向上を高めることができた。また、全職員を対象とした医療安全対策講演会は毎回出席者が多く、職 員への医療安全に対する意識の向上が実証された。今後も引き続き講演会を開催することによって、医療 安全に対する職員の意識を継続・維持することができるものと思われる。同時にeラーニング等、より効 率的な教育手法の導入も遂行中である。
さらに見せる

53 さらに読み込む

Show all 10000 documents...