事業部門の組織変更を実施

Top PDF 事業部門の組織変更を実施:

組織変更及び人事異動のお知らせ(2015/9/3)

組織変更及び人事異動のお知らせ(2015/9/3)

< 組 織 変 更 >(10月1日付) ※「 」内は新設または改称する組織 ○カンパニー制導入 ・顧客ニーズや市場変化に迅速に対応可能な競争力ある組織体へ変革実現するために、現在 5つ事業母体に、カンパニー制導入する。各カンパニーは、開発から生産、販売まで一貫 体制構築し、財務三表に基づく自律経営行い、収益基盤強化図るとともに、本社部門は、 各カンパニーへ統制利かせ、全社として規律あるスピード経営実現目指す。あわせて、 人事制度改革取り組み一環として、大幅な組織フラット化・シンプル化実施する。
さらに見せる

9 さらに読み込む

RIETI - 「企業パネルデータによる雇用効果分析~事業組織の変更と海外直接投資がその後の雇用に与える影響」

RIETI - 「企業パネルデータによる雇用効果分析~事業組織の変更と海外直接投資がその後の雇用に与える影響」

3―2 企業組織変更は付加価値成長率・労働生産性上昇率引き上げているか 次に(1)式から(5)式で示される理論モデル使って、事業組織変更が実質付加 価値成長率に与える効果推定された結果が表3である。この表見ると、事業組織変更 ダミーはプラスで統計的に有意な係数取っているから、変更当初は、変更しなかった場 合に比べ、付加価値額は上昇する。他方、組織変更ダミーに実施経過年数掛け合わ せた変数は有意な係数とっていないから、当初発生した差はその後も維持されることに なる。他変数見ると、研究開発費比率はプラスとっているから、研究開発費 増やすことにより付加価値も大きく成長することが確認される。一方、企業年齢はマイナ スとっているから、古い企業ほど付加価値成長率は低い傾向にあるといえよう。 他方、労働生産性について推定した結果が、表4に示されている。事業組織変更され た直後は付加価値成長率は上昇する一方、雇用者数は削減されたことからも推測されるよ うに、労働生産性は大きく上昇している。しかしその効果は時間経過とともに薄れ、5 年後からは組織変更しなかった企業とほぼ同程度になる。その一方、企業年齢は労働生 産性上昇率に有意な影響及ぼしていない。また、売上額に対する研究開発費割合
さらに見せる

30 さらに読み込む

Ⅰ. 組織変更 (2015 年 4 月 1 日 ) 1. 変更の内容 (1) 情報電子本部関係 1 情報電子品質保証室 を廃止する 2 LED 照明事業推進室 を廃止する 3 電子デバイスケミカルズ事業部 を ディスプレイマテリアルズ事業部 と 半導体マテリアルズ事業部 に分割する (2) 石化管理

Ⅰ. 組織変更 (2015 年 4 月 1 日 ) 1. 変更の内容 (1) 情報電子本部関係 1 情報電子品質保証室 を廃止する 2 LED 照明事業推進室 を廃止する 3 電子デバイスケミカルズ事業部 を ディスプレイマテリアルズ事業部 と 半導体マテリアルズ事業部 に分割する (2) 石化管理

(1)情報電子本部関係 石化管理部においては、石化基盤本部、化学品本部、ポリマー本部、石化企画本部に関わる人事・経理関連業務、機能商品管理部においては、 情報電子本部、機能化学本部、電池本部、炭素本部に関わる人事・経理およびRC関連業務所管しているが、人事部および経理部と間で一部 重複する業務も存在していることから、より効率的な運営とするとともに、全社コーポレートとして人事部・経理部と各事業部門更なる連携にも つなげるべく、人事関連業務については人事部に、経理関連業務は経理部に移管することとし、残るRC関係業務は各本部企画室に統合することと した。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2. 本運用ガイドライン変更について (1) 変更の理由本資産運用会社は 本投資法人合併に伴い 前記 1. 本組織変更について (1) 本組織変更の理由 に記載の本投資法人の運用資産及び投資対象の拡大に対応すべく 運用ガイドラインにつき所要の変更を行います (2) 本運用ガイドライン変更の概要 本運

2. 本運用ガイドライン変更について (1) 変更の理由本資産運用会社は 本投資法人合併に伴い 前記 1. 本組織変更について (1) 本組織変更の理由 に記載の本投資法人の運用資産及び投資対象の拡大に対応すべく 運用ガイドラインにつき所要の変更を行います (2) 本運用ガイドライン変更の概要 本運

投資対象とする海外不動産については、国内不動産と同様、プライム・プロパティ中心 に投資行います。また、本投資法人は、海外不動産へ投資に当たっては、政治動向、人 口動態、経済成長等マクロ的な観点踏まえ、各国不動産市場動向・制度及び規則等含 めた投資対象資産位置する市場総合的に分析します。また、投資収益性と投資に関わる 潜在的リスク検証(投資適格性検証)に加え、取得後現地における管理・運営(リス ク管理)実施が必要になることから、原則として、スポンサーである積水ハウス、又は積 水ハウスが出資する事業体等が開発に関与し、当該国・地域で信頼おける不動産運営事 業者が運営し、本投資法人が、投資判断における充分な情報及び管理・運営面サポート 容易に得られる不動産投資対象とする方針です。本投資法人海外不動産に関する投資対 象地域は、積水ハウス開発実績に基づき知見があるシンガポール、オーストラリア及びア メリカ中心的な投資対象エリアとしています。また、各国法制度、会計制度、税制等 リスクや投資及び収益還元に関連する為替リスク等も総合的に勘案し、慎重に投資行う方 針です。なお、本書日付現在、積水ハウスは、海外不動産事業、原則として、当該国・ 地域における有力な不動産開発・運営事業者(以下「現地パートナー」といいます。 )と 協働事業として取り組んでいます。そのため、本投資法人が海外不動産へ投資検討する 際には、当該現地パートナーが当該物件に対して有する運営力等も重視して、投資判断行 う方針です。
さらに見せる

25 さらに読み込む

組織変更・人事異動について

組織変更・人事異動について

なお、 前 リーガルコンサル&ソリューションセンター所長 奥田 真 は、グローバル コンシューマー マーケティング部門 法務グループマネージャーとする。 8.「CITAプロセス推進センター」新設等 プロセス革新全社的に牽引・推進する組織強化することにより、パナソニックグループへCITA 推進加速とIT生産性向上図るため、「CITAプロセス推進センター」コーポレート情報システム社 傘下に新設し、CITA行政ライン機能一部情報企画グループから移管する。
さらに見せる

17 さらに読み込む

役員の選任と退任、および組織変更と役員を含む人事異動に関するお知らせ

役員の選任と退任、および組織変更と役員を含む人事異動に関するお知らせ

IT マ ネ ジ メ ン ト 部 イメージデバイスソリューショ プ ロ ジ ェ ク ト C & C 部 ビ ジ ネ ス ソ リ ュ ー シ ョ ン 部 インフォメーションビジネス事業営業部 m o r e N O T E 事 業 部 ⾦ 融 パ ー ト ナ ー 推 進 部 マニュファクチャリングソリューション部 イ ン フ ラ 事 業 営 業 部 み ら い ス ク ー ル 事 業 部 フ ィ ン テ ッ ク 推 進 部 営 業 部 第 3 営 業 部 エンベデッドプロダクト事業推 ⾦ 融 事 業 本 部 ビ ジ ネ ス ソ リ ュ ー シ ョ ン 部 インダストリービジネス事業営業部 P A L R O 事 業 部 事 業 企 画 部 札 幌 事 業 所
さらに見せる

12 さらに読み込む

3 組織 職員数 2 人 ( 公共 農集排 特環 個別 4 事業兼務 ) 事業運営組織 下水道 4 事業の整備事業量減少により 下水道事業に係わる職員削減を実施下水道係職員数の近年の状況 ( 係長 係員数 ) 平成 18 年度 4 名平成 19 年度 ~ 3 名平成 22 年度 ~ 2 名となり 平

3 組織 職員数 2 人 ( 公共 農集排 特環 個別 4 事業兼務 ) 事業運営組織 下水道 4 事業の整備事業量減少により 下水道事業に係わる職員削減を実施下水道係職員数の近年の状況 ( 係長 係員数 ) 平成 18 年度 4 名平成 19 年度 ~ 3 名平成 22 年度 ~ 2 名となり 平

① 収支計画うち投資について説明 ② 収支計画うち財源について説明 ③ 収支計画うち投資以外経費について説明  ・供用開始が早い北部浄化センター(野尻処理区)において、平成24年度末策定「長寿命化計画」に基づき平成31年度まで事業費用計上している。   マンホールポンプ更新について、国費対象とするためストックマネジメント計画策定後、平成32年度から野尻処理区より4箇所ずつ更新実施する予定である。   (前記通り平成30年度末までに下水道ストックマネジメント計画策定予定しているが、この策定内容により、更新基数、時期が変わる可能性が有り)  ・下水道事業計画上、整備区域となって現段階で未整備となっている地域について、今後整備方針含め、現在検討中であることから、今回投資計画   には費用計上していない。
さらに見せる

7 さらに読み込む

組織変更・人事異動について

組織変更・人事異動について

意思決定迅速化と開発業務効率一層向上、および全社AV関連技術資産有効に活用 し外販含めた事業拡大図るため、デバイス社と本社R&D部門システムLSI関連部門統 合し、パナソニック(株)直轄下に「システムLSIビジネスユニット」新設する。 これにより、本社R&D部門「半導体技術戦略室」、「デジタルコア開発センター」、およびデバイ ス社 半導体事業グループ 「システムLSIビジネスユニット」は、その機能新設する「システムLSI ビジネスユニット」に移管し、発展的に解消する。
さらに見せる

10 さらに読み込む

3 組織 職員数 2 人 ( 公共 農集排 特環 個別 4 事業兼務 ) 事業運営組織 下水道 4 事業の整備事業量減少により 下水道事業に係わる職員削減を実施下水道係職員数の近年の状況 ( 係長 係員数 ) 平成 18 年度 4 名平成 19 年度 ~ 3 名平成 22 年度 ~ 2 名となり 平

3 組織 職員数 2 人 ( 公共 農集排 特環 個別 4 事業兼務 ) 事業運営組織 下水道 4 事業の整備事業量減少により 下水道事業に係わる職員削減を実施下水道係職員数の近年の状況 ( 係長 係員数 ) 平成 18 年度 4 名平成 19 年度 ~ 3 名平成 22 年度 ~ 2 名となり 平

*1 「広域化」とは、一部事務組合による事業実施自治体と事業統合、流域下水道へ接続指す。    「共同化」とは、複数自治体で共同して使用する施設建設(定住自立圏構想や連携中枢都市圏に基づくもの含む)、広域化・共同化推進するため計画に基づき実施 する施設整備(総務副大臣通知)、事務一部共同して管理・執行する場合(料金徴収等事務一部一部事務組合によって実施する場合等)指す。    「最適化」とは、①他事業統廃合、②公共下水・集排、浄化槽等各種処理施設中から、地理的・社会的条件に応じて最適なもの選択すること(処理区統廃合含 む。)、③施設統廃合(処理区統廃合伴わない。)指す。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Ⅰ. 組織変更 (2013 年 4 月 1 日付 ) ( 別紙 参照 ) 1. 変更の内容 (1) 石化開発部門 石化企画管理部門 化学品本部およびポリマー本部に関するもの 1 石化開発部門 と 石化企画管理部門 を統合し 石化企画本部 を設置する 2 化学品本部ナレッジビジネス推進室 を 石化企画

Ⅰ. 組織変更 (2013 年 4 月 1 日付 ) ( 別紙 参照 ) 1. 変更の内容 (1) 石化開発部門 石化企画管理部門 化学品本部およびポリマー本部に関するもの 1 石化開発部門 と 石化企画管理部門 を統合し 石化企画本部 を設置する 2 化学品本部ナレッジビジネス推進室 を 石化企画

Ⅲ. 人事異動 (2013年4月1日付) Ⅳ. 各執行役員分担 (2013年4月1日付) Ⅴ. グループ会社社長人事 (2013年3月27日および4月1日付) 本件に関するお問合せ先 : (株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室 (電話: 03-6748-7140)

10 さらに読み込む

組織変更・人事異動について

組織変更・人事異動について

4.エコソリューションズ社における組織変更等 ( 趣旨・内容 ) ①マーケティング本部における組織変更 ・ 縮小する住宅市場において、電材・住建が真に一体化してお客様へ営業活動推進し、各エリ アで様々なライフスタイルへワンストップで対応する組織構築するため、営業部統括する 「電材営業統括部」および「住建営業統括部」発展的に解消する。

6 さらに読み込む

組織変更・人事異動等について

組織変更・人事異動等について

②プロセスオートメーション事業部 AVCネットワークス社が保有するIoT技術とシナジーで、装置販売中心既存事業ビジネ スモデル変革や新規重点分野開発及び非製造業で事業創出による成長目指すこと 狙いとして、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社ファクトリーソリューション事業 コネクティッドソリューションズ社へ移管し、「プロセスオートメーション事業部」新設する。 また、 リソース柔軟活用、更なるスピード経営実現と変革加速狙いとして、現在パナソニッ ク ファクトリーソリューションズ(株)、パナソニック溶接システム(株)、パナソニック溶接システム 加賀(株)統合し、同事業部傘下に「パナソニック スマートファクトリーソリューションズ(株)」 新設する。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 ごあいさつ 1 トラック運送事業の健全な発展を願って 組織と事業 2 社会的要請に応えて誕生 指導環境 4 8 万 3 千を超える全事業所を指導対象に 全国実施機関の役割 6 社会的ニーズに応える適正化事業の推進役として 地方実施機関の役割 8 トラック運送事業者のグッド パートナーとして 適

目次 ごあいさつ 1 トラック運送事業の健全な発展を願って 組織と事業 2 社会的要請に応えて誕生 指導環境 4 8 万 3 千を超える全事業所を指導対象に 全国実施機関の役割 6 社会的ニーズに応える適正化事業の推進役として 地方実施機関の役割 8 トラック運送事業者のグッド パートナーとして 適

 また、平成15年度より、事業安全性正当に評価し、認定・公表する貨物自動車運 送事業安全性評価事業「Gマーク制度」実施しています。 (12〜13頁に詳細記載) ・初級研修   適正化事業指導員志す人ため 初級研修では、貨物自動車運送事 業法や労働基準法等関係法令学 ぶだけではなく、巡回指導項目調査 手法や専門的知識習得、ベテラン指 導員から指導員として心構えなど、 より多く教育内容採用しています。
さらに見せる

16 さらに読み込む

農林水産部長とする 以下 本部長等 という ) を経由して知事に提出するものとする 2 事業実施計画の承認要項第 4 条の規定に基づく事業実施計画の承認は 別記第 2 号様式により通知するものとする 3 事業実施計画の変更要項第 5 条第 1 項及び第 2 項に規定する事業実施計画の変更については

農林水産部長とする 以下 本部長等 という ) を経由して知事に提出するものとする 2 事業実施計画の承認要項第 4 条の規定に基づく事業実施計画の承認は 別記第 2 号様式により通知するものとする 3 事業実施計画の変更要項第 5 条第 1 項及び第 2 項に規定する事業実施計画の変更については

本部長等は、前項規定による完了届提出があった場合には、補助事業適否に ついて確認検査行うものとする。 第6 事業実績報告 補助事業者は、別に定める期限までに、規則第13条及び要項第13条に定める実 績報告書作成うえ、本部長等に提出するものとする。なお、要項第13条第2項 第1号規定に基づく事業実績書は、別記第1号様式準用するものとする。
さらに見せる

14 さらに読み込む

別表 ( 第 2 第 3 第 7 関係 ) 区分経費補助率 重要な変更経費の配分の変更事業の内容の変更 (2) 動物用医薬品安全等対策事 定 額 経費の欄に掲げるア 業費 からウまでの経費の相互間における経費の増 ア 動物用医薬品国際基準等 減 対策費 事業実施主体が実施要領に基づいて事業を行うのに

別表 ( 第 2 第 3 第 7 関係 ) 区分経費補助率 重要な変更経費の配分の変更事業の内容の変更 (2) 動物用医薬品安全等対策事 定 額 経費の欄に掲げるア 業費 からウまでの経費の相互間における経費の増 ア 動物用医薬品国際基準等 減 対策費 事業実施主体が実施要領に基づいて事業を行うのに

2 「6.外部へ支出」については、当該補助金等目的たる事業に関し外部に支出されるものについて、 「(1)外部に再補助等されているものに関する支出」及び「(2)(1)以外支出」に分類し、支出内容、支出先 明らかにした上で、その金額記入する。 「外部に再補助等されているものに関する支出」とは、①当該特例民法法人から第三者に交付されている補 助金、助成金、利子補給金等、②補助金等交付目的たる事業主たる部分について、第三者が業務担うも 、とする。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Ⅰ. 組織改正 (2018 年 4 月 1 日付 ) (1) 改正の内容 1MMA 部門イ. MMA Europe&US 本部 を MMA Europe 本部 と MMA US 本部 に分割し 従来 MMA Europe&US 本部の配下にあった Europe 事業部 US 事業部 をそれぞれ MM

Ⅰ. 組織改正 (2018 年 4 月 1 日付 ) (1) 改正の内容 1MMA 部門イ. MMA Europe&US 本部 を MMA Europe 本部 と MMA US 本部 に分割し 従来 MMA Europe&US 本部の配下にあった Europe 事業部 US 事業部 をそれぞれ MM

執行役員 飯田 仁 炭素部門部門長 執行役員 黒川 聡 執行役員 フィル・ベイリー 執行役員 加峯 靖弘 執行役員 クライブ・メイキン 執行役員 マイク・グラッツマン 執行役員 江口 幸治 執行役員 葛城 俊哉 執行役員 伊藤 能彦 執行役員 相川 幹治 執行役員 華房 実保 執行役員 江川 洋介 執行役員 ビル・ラドライン 執行役員 池田 宏樹 執行役員 米原 稔一 執行役員 河﨑 隆雄 執行役員 木村 武司 執行役員 小林 正英 執行役員 北田 裕二 執行役員 小野 貴弘 執行役員 三木 崇利 執行役員 森 崇 執行役員 瀬戸山 亨 執行役員 佐藤 晴基 執行役員 岩本 泰広 執行役員 谷口 芳行 執行役員 長崎 祐一 執行役員 上南 善生 執行役員 赤井 一隆 執行役員 宮森 隆雄 執行役員 羽尾 務 執行役員 重光 英之 執行役員 片山 義敬 執行役員 坂口 正範 執行役員 髙阪 肇 執行役員 金丸 光一郎 執行役員 中田 るみ子 執行役員 デニス・トライス 執行役員 アンスガー・ポール 執行役員 白上 博能 執行役員 稲見 英紀 共通部門各部署所管
さらに見せる

12 さらに読み込む

2019 年 2 28 ブラザー 業株式会社 組織変更および取締役 執 役員 部 級以上の 事異動について ブラザー 業株式会社 ( 社 : 佐々 郎 ) は 下記の通り組織変更および取締役 執 役員 部 級以上の 事異動を決定いたしましたので お知らせいたします 1. 組織変更について (4 1

2019 年 2 28 ブラザー 業株式会社 組織変更および取締役 執 役員 部 級以上の 事異動について ブラザー 業株式会社 ( 社 : 佐々 郎 ) は 下記の通り組織変更および取締役 執 役員 部 級以上の 事異動を決定いたしましたので お知らせいたします 1. 組織変更について (4 1

P&S 事業 LM 開発部⻑ L&M 事業 開発部⻑ 林 祐⼆ マシナリー事業 技術部⻑ 品質・製造センター 技術開発部⻑ 寺倉 達雄 マシナリー事業 製造部⻑ マシナリー事業 戦略技術部⻑ 渡辺 俊也 マシナリー事業 産業機器 CS 推進部⻑ マシナリー事業 産業機器開発部

6 さらに読み込む

<組織変更と企業再編>

<組織変更と企業再編>

いうほかない。 」 もっとも,本判決は,次ように述べて,被告人甲は同時傷害特例(刑法§207) 適用により,共犯解消後⑵及び⑶傷害結果についても責任負うとした。 「しかしながら,叙上事実関係によれば,被告人は第一暴行結果である⑴ 傷害について共同正犯者として刑責負うだけでなく,⑵及び⑶各傷害についても 同時傷害規定によって刑責負うべきものであって,被害者被った最も重い傷が ⑴傷害である本件においては,⑵及び⑶各傷害について訴因変更手続とるこ となく上記規定による刑責認定することが許されると解されるから,結局,原判決 が⑵及び⑶各傷害について被告人責任肯認したことに誤りはなく,原判決は
さらに見せる

13 さらに読み込む

Ⅱ. 役員の組織担当の変更 常務役員の組織担当の変更 ( 変更分のみ ) 氏名新担当旧担当 篠原幸弘 山崎康彦 エレクトリフィケーションシステム事業 グループ ( 注 ) 下線部が今回の変更点 パワトレイン事業グループ ( 副 ) ダントツ工場推進部 生産技術研究部 ダントツ工場推進部 生産技術研究

Ⅱ. 役員の組織担当の変更 常務役員の組織担当の変更 ( 変更分のみ ) 氏名新担当旧担当 篠原幸弘 山崎康彦 エレクトリフィケーションシステム事業 グループ ( 注 ) 下線部が今回の変更点 パワトレイン事業グループ ( 副 ) ダントツ工場推進部 生産技術研究部 ダントツ工場推進部 生産技術研究

・全社計測技術開発・統括強化するため、計測技術室組織化し、計測技術部とする。 2.機能強化 (1)全社工機機能統合 ・サーマルシステム事業グループとパワトレインシステム事業グループ工機設備部門工機部に 集約し、再編する。

6 さらに読み込む

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

④ 助成事業に係る土壌汚染生じさせる行為した者から汚染除去等措置 に要した費用返還受けたときは、その額に応じて、助成した額全部又は 一部返還するものとする。 ク キ②条件により助成事業対象者より財産処分することによる収入返還受 けたとき、又は、キ④条件により助成事業対象者より汚染除去等措置に要し た費用返還受けたときは、その額全部又は一部返還するものとする。 (2)3(2)に係る助成金交付決定には、次に掲げるものほか、(1)アからカ
さらに見せる

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...