• 検索結果がありません。

授業科目名 アレルギー対応食実習

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2023

シェア "授業科目名 アレルギー対応食実習"

Copied!
108
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

高齢者栄養実習計画(竹内) 6.

オリエンテーション

乳児期の栄養(調乳・果汁)

乳児期の栄養(離乳食① 生後5~6ケ月頃)

乳児期の栄養(離乳食② 生後9~11ケ月頃)

幼児期の栄養(1~2歳児の食事)

幼児期の栄養(3~5歳児の食事)

思春期、成人期の栄養(成人期の食事)

(2) 食育実践に必要な食育指導におけるPDCAサイクルと各プロセスのポイントを理解する。

栄養士業務と栄養士の社会的立場、役割について 2. 給食施設の献立作成の実際について

給食施設における食材料管理、原価管理について 4. 献立作成の実際とポイント

施設別による献立作成演習Ⅰ 6. 施設別による献立作成演習Ⅱ

学外講師による実務指導Ⅰ(学外講師)

学外講師による実務指導Ⅱ(学外講師)

食栄1-2】 栄養や健康に関する専門的な知識を学びます。

応用食品学の概要と食品の定義 2. 穀類

いも類

豆類、種実類 5. 野菜類

きのこ類、藻類 8. 肉類

魚介類 10.乳類、卵類

(1) 人体の正常な構造を理解することで、栄養と健康に関する専門的な知識を習得することができます。 (3) 人体の構造と機能についての基礎的な知識を習得します。

栄養の定義 2. 摂食の調節

消化・吸収の基本概念と仕組み 4. 糖質の栄養

脂質の栄養 6. タンパク質の栄養

無機質(ミネラル)の栄養

栄養素の代謝・エネルギーの代謝 10.水・電解質の代謝

プレゼンテーション 実習、フィールドワーク 【アクティブラーニング】 ディスカッション・討論 グループワーク ○ プレゼンテーション 実習、フィールドワーク ○ アクティブラーニング】 プレゼンテーション 実習、フィールドワーク

施設・設備管理の目的と方法

食映1~3】食映の実践に必要な知識と技能を身につける 食映3~5】食と健康に関する問題について積極的に学ぶ態度を身につける。

日常は、「食の安全」についての情報収集に努めてください。

食品の多様化や流通の国際化など食環境は大きく変化し、私たちの食生活の内容も大きく変化しています。これに伴い、大規模食中毒、残留農薬、食品添加物、異物混入、遺伝子組み換え食品、牛海綿状脳症、水質汚染、食品の有害物質汚染など、食をめぐる多くの問題が提起されています。増加。この授業では、これらの問題を通して食品の安全について学びます。 上記の管理方法を理解し、習得できる。

食品衛生行政 2. 食品と微生物

経口感染症と寄生虫  7. 有害物質による食品汚染

食品添加物(有用性と安全性)

器具および容器包装tと水に関する衛生 12. 作業従事者による食品衛生対策

食品の安全性と遺伝子組み換え食品 14. 試験

(1) 食品や調理器具の細菌検査ができるようになります。 (3) 食品中の食品添加物を検出および分析できるようになります。 (4) 食品の安全性を確保するための技術を学びます。

事前にテキストや配布プリントをよく読んでおいてください。

前半では一般細菌であるブドウ球菌や大腸菌の分離・同定について学び、後半では加工食品中の添加物の分析や飲料水の水質検査など食品衛生検査の基礎技術を学びます。細菌の形態学が可能になります。

基礎的な実験操作ができるようにしておいてください。

オリエンテーション 微生物実験の基礎知識。

オリエンテーション    微生物実験の基礎知識

細菌の染色法

空中落下菌の検査(生菌数・真菌数)

食品中の生菌数測定法

実験結果の発表方法の修得 9. 化学実験の基礎知識

食品添加物の分析

食品添加物の分析

食品添加物の分析

食品添加物の分析

(3) 基本的な実験のやり方を知り、授業後にはレポートを書いて実験内容をしっかりと理解してください。

実験の基本操作に関する実技試験と解説(中村) 4. 食品のpH測定(中村)

科目名 食品科学実験Ⅰ(順番や講師は変更になる場合があります)。

中和滴定による食品中の酸度測定(中村)

比色計の基礎と取り扱い方:食用色素の定量(中村) 7. 比色計による食品中のミネラル(鉄)の定量(中村)

醤油・みそなどの塩分定量(モール法) (赤桐)

授業前に教科書でシラバスの内容を確認し、教科書後には学習内容の理解を深めます。

食品保蔵と加工 2. 食品加工の操作

食品加工の技術と成分変化

食品添加物と加工食品の安全性と食品の表示と規格  6. 農産加工 (穀類・イモ類・豆類)

農産加工(野菜類・果実類・きのこ類)

畜産加工(畜肉・牛乳と乳製品・卵製品)

水産加工 10.発酵食品

インスタント食品と食用油脂 13.食用油脂

食映1-1】食に関する専門知識を習得しました 食映1-6】食と健康の研究を行うために必要な知識と技術を習得しました】食と健康について生涯学習する姿勢を身に付けました。

オリエンテーション

研究テーマ決定に向けて情報収集①「分野」

研究テーマ決定に向けて情報収集②「対象」

研究テーマ決定に向けて情報収集③「現状」

研究計画の立案について 6. 研究テーマに基づいた研究①

中間発表と研究データのまとめ方について 9. 研究データのまとめ①「図」

研究データのまとめ②「表」

研究レポート作成①「構成」

研究レポート作成②「考察」

研究発表

(1)アスリートに必要な栄養と食事を理解することで、栄養と健康に関する専門知識を得ることができます。 (3) 運動や栄養摂取を理解し、健康の維持・増進を図る。 、食と健康に関する問題を解決する能力と判断力を身につけることができます。

運動とビタミン・ミネラル、女性アスリートの三主徴  (平野)

(1) 細胞の生化学的性質と生体の調節機能を理解することで、栄養と健康に関する専門知識を得ることができます。 (2) 細胞の生化学的性質と生体の調節機能を理解します。 (1) 栄養素の化学的性質について正しい知識を身につける。

酸・アルカリと中和について 3. タンパク質・アミノ酸の定性実験

核酸実験

緩衝溶液の緩衝作用について 7. 酵素実験Ⅰ(温度依存性、pH依存性)

授業前に実験の内容や方法を確認してください。授業後は速やかにレポートを作成し、実験内容を十分に理解してください。果物の酵素によるタンパク質の分解: これまでの実験の復習と説明。

調理の意義・目的と嗜好性

日常食の食事計画 家族の食事計画、栄養価計算の基礎 3. 調理操作

植物性食品の調理性 (米の調理)

植物性食品の調理性 (小麦粉の調理)

植物性食品の調理性 (いも類・豆類の調理)

植物性食品の調理性 (野菜類の調理)

動物性食品の調理性 (食肉類の調理)

動物性食品の調理性 (魚介類の調理)

動物性食品の調理性 (鶏卵の調理)

動物性食品の調理性 (牛乳、乳製品の調理)

成分抽出素材の調理性

嗜好飲料・ エネルギー源および調理器具 14. 試験

(1) 包丁の使い方、食材の切り方、盛り付け方など、基本的な調理技術を学ぶことができます。実習終了後は内容を理解した上で速やかにレポートを作成してください。ぜひ積極的に受講していただければと思います。また、欠席や遅刻をしてしまうと授業についていけなくなり、興味を失ってしまいますので注意してください。

包丁の扱い方と食材の切り方

たけのこ飯・鰆の塩焼き・きゅうりの酢の物・若竹汁 6. ちらし寿司・春菊のごま和え・潮汁

カレーライス・グリーンサラダ・グレープジュースゼリー 8. パン・魚のムニエル・野菜サラダ・コンソメジュリエーヌ

スパゲティーミートソース・マセドアンサラダ・カスタードプティング 13. 実技試験・解説

レポート等は授業時間外に提出してください 課題(試験、レポート等)のフィードバック方法 レポートは後日修正して返却し、授業内で説明します。授業に興味がなくなってしまうので注意してください。

白飯、青椒牛肉糸、粟米湯 2. 白飯、八宝菜、拌三絲、抜絲紅薯

パン、オイスターチャウダー、カリフラワーサラダ、パウンドケーキ 7. すし(のり巻き)、きのこのおろし和え、清汁

白飯、煮魚、白和え、さつま汁

組み合わせ献立作成について 14.試験

授業名 調理実習Ⅲ(食品加工実習、製菓・製パン製造を含む)実習、製菓・製パン作り含む)

マドレーヌ、わらび餅、ハーブティー

炒麺、涼拌生貝、清川鶉蛋、芝麻薯球

バターロール、ローストスペアリブ、ピクルス、トマトスープ

ミートローフ、豆乳スープ、デコレーションケーキ ただし献立は変更する場合があります。

1 各学習単元の最後にまとめを行います。授業ノートと合わせて見直して内容を修正してください。また、化学の基礎を中心とした内容となるため、高校段階で当該授業に関連する学科のディグリー・ポリシー(DP)を履修する必要があります。

オリエンテーション・ヒトの身体とエネルギーの関係 2. 糖の種類と性質・糖からエネルギーを得る仕組み

ビタミンとミネラルの働き 5. 細胞の構造と機能

DNAの構造と働き・DNAからタンパク質へ・タンパク質の働き 7. 細胞内外の情報伝達

細胞分裂の仕組みと制御 9. 発生と分化

(2) 臨床医学に必要な症状を理解する (3) 臨床医学に必要な疾患概念を理解する 疾患の診断と治療を理解するためには、疾患の病因を知ることが重要です。さらに、病因を認識し理解するには、生化学、生理学、解剖学の基礎知識が非常に重要です。各回の授業で取り上げる臓器について、授業前にもう一度基礎を復習してください。病因と診断

疾患診断の概要

消化器疾患-消化管

消化器疾患-消化管

消化器疾患-胆・肝・膵疾患

消化器疾患-胆・肝・膵疾患

循環器疾患

循環器疾患

腎・尿路系疾患

内分泌・代謝疾患Ⅰ

内分泌・代謝疾患Ⅱ

(1) それぞれの疾患に対してどのような栄養・食事療法が必要なのかを正しく理解できる。たんぱく質・塩分管理食 9. たんぱく質・塩分管理食の調理実習。

参照

関連したドキュメント

間で新たな語用論的規範が構築されていく。本デー タに見られたNS・NNS実習生による反対意見表 明の単位方略が近づいていく現象は,こうした共生 化を示していると考えられる。さらに,NNS実習 生による反対意見表明が議論の過程もなく不自然に NS実習生の意見に傾倒し収束しなかったことは, NS実習生が日本語を母語とすることに優位性を固