• 検索結果がありません。

助成金受領者報告書2021 - 日本農芸化学会

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2023

シェア "助成金受領者報告書2021 - 日本農芸化学会"

Copied!
118
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

糖尿病性筋芽細胞に対する myoDN の効果 癌悪液質モデルにおける筋芽細胞の分化能。 。

図 1. 糖尿病患者筋芽細胞の分化能.
図 1. 糖尿病患者筋芽細胞の分化能.

温泉微生物群集のセルロース合成者

白色から淡黄色から灰色の微生物塊が観察される。この微生物の集合体を採取し、セルラーゼ処理を行ったところ、集合体の構造が崩れ、菌体が分散し、グルコースが放出されることが確認された。微生物の集合体をカルコフルオールホワイトで染色し、蛍光顕微鏡で観察しました。 Calcofluor White は、β-グルカン構造を持つセルロースの蛍光色素として広く使用されています。図に示すように。図1に示すように、細胞を包み込む凝集塊全体にわたって繊維状構造が観察された。また、菌体から希アルカリ法により菌体を除去し、繊維状画分を抽出して電子顕微鏡で観察したところ(図2)、温泉微生物群集中のセルロース繊維が構成されていることが分かりました。酢酸菌が作り出す菌の塊で、セルロースに比べて太くて長いのが特徴です。 。

温泉微生物群集のセルロース合成量を決定する因子 中房温泉郷において,温泉水の水深や流速の異なるさま

発酵菌の活性に加え、微生物群集全体のエネルギーや窒素固定と炭酸固定のバランスが大きく影響しました。温泉地では、本研究で考察した化学合成独立栄養細菌群集のほかに、光合成細菌やシアノバクテリアなどの微生物群集も観察されています。これらは 70 °C 未満の温度範囲で表示され、セル

第16回農芸化学研究企画賞報告書

重点研究分野:生理活性物質の先導的研究と新技術開発 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 甲斐 健二(かい けんじ)

研究の背景

受賞テーマ:青枯病菌のクオラムセンシング機構を標的としたトマト青枯病の予防・治療薬の開発。

研究の課題

申請者らは、自分たちがコントロールされていることに気づきました。この研究応用では、萎凋病菌の潜在的なメカニズムを阻害することで萎凋病を予防し、植物感染を阻害することで萎凋病を「治療」する革新的な二重機能薬剤を開発しました。私たちは、農薬化学分野に革新的な進歩をもたらすことを目指しています。そして植物の保護。 。

研究の結果

どの化合物も増殖阻害活性を示さなかった。したがって、PQI-2-5 は QQ エージェントであることが示されました。これらの結果は、PQI-2-5 が 3-OH MAME の競合的アンタゴニストであることを強く示唆しています。 。

今後の実用化への展望

結果 3 結果 1 からタンパク質を回収、精製しました。これらのアレルゲンは検出されませんでした。したがって、この工程により回収されるタンパク質画分がコメアレルゲンタンパク質となる。

図 2. ΔmnoA およびΔaldA の低栄養生育.
図 2. ΔmnoA およびΔaldA の低栄養生育.

第1回中小企業産学・産官連携 研究助成報告書

本研究では、大麦若葉エキス粉末の抗肥満効果を検討しました。

図 1. 油と多糖を共生産する新種藻BX1.5.
図 1. 油と多糖を共生産する新種藻BX1.5.

背景:企業からの説明

岡山大学大学院環境生命科学研究科の森谷裕夫准教授と共同で行った。オリーブ葉成分の微生物変換に関する研究は、岡山大学、岡山県工業技術センター、日本オリーブ株式会社が設立した「岡山オリーブ成分微生物変換高機能化研究コンソーシアム」と共同で実施しています。この研究の一部は、岡山県工業技術センターとの共同研究でも実施されました。

研究成果:大学からの研究成果報告

1)メラニンの生成を阻害する物質の単離・精製。 。

謝辞

マウスB16メラノーマ細胞を用いてそれぞれの活性を評価したところ、全てSCCFrであった。 。

成果報告および参考文献

(4) 多糖類による多糖類金属イオン吸着能の評価。 。

表 1. 解析に用いた乳酸菌株とその多糖産生能.
表 1. 解析に用いた乳酸菌株とその多糖産生能.

第46回研究奨励金報告書

LOX による DHA の酸化は、高い位置選択性で進行します。

Scheme 1. DHA の酸化的代謝機構による抗炎症性脂質メディエーターの生成.

多価不飽和脂肪酸の直接酸化による生理活性脂質メディエーターの集団的生成。

Scheme 2. リノール酸(1)の直接酸化の検討.

研究の背景・目的

私たちは、糸状菌から単離したピレノシンA(図1)が、培養細胞において単極紡錘体という特異な現象を引き起こし、がん細胞の増殖を抑制することを明らかにしました。単極紡錘体とは、通常は双極性である紡錘体が細胞分裂(M期)の際に一方の極になる現象です。キネシン Eg5 阻害剤は単極紡錘体を誘導する化合物として知られていますが、ピレノシン A は Eg5 の酵素活性をまったく阻害しませんでした。したがって、ピレノシン A は、これまで報告されていないタイプの単極紡錘体を誘導する化合物であると考えられます。単極紡錘体を誘導するEg5阻害剤は副作用の少ない抗がん剤として注目されており、ピレノシンAも抗がん剤としての可能性が期待されています。そこで本研究では、2)ピレノシンAを産生する糸状菌を異なる培養条件下で増殖させ、ピレノシンAに構造的に類似した類似体を探索し、構造活性相関を調査する。 。

研究成果

3)ピレノシンAの作用点を明らかにするために、プルダウン法を用いて細胞内結合タンパク質を同定し、作用点を明らかにする。子宮頸がん細胞)を測定しました(表1)。 。

発表論文

SNSに基づく系統Aミミウイルスの分類。さらに、主要な分泌タンパク質であるα-アミラーゼは、

図 1. SNS に基づく系統Aミミウイルスの分類.
図 1. SNS に基づく系統Aミミウイルスの分類.

第47回研究奨励金報告書

好気条件下でのグルコース利用率と代謝遺伝子発現 嫌気条件下でのグルコース利用率と代謝遺伝子発現量。

図 1.   植物細胞膜透過ペプチド修飾リポソーム(His20-Lipo)
図 1. 植物細胞膜透過ペプチド修飾リポソーム(His20-Lipo)

第71回国際会議出席費補助金報告書

14th Asian Apicultural Association Conference 2018

現地でお会いした研究者の方とディスカッションすることができましたが、「同じタイでもプロポリスは採れる場所によって成分が違うのですか?」と質問されました。採取地は異なりますが、学会で発表したプロポリス(タイ・チャンタブリー県の果樹園で採取)と同じ化学組成を示すプロポリスもあれば、異なる化学組成を示すプロポリスもあります。私の研究室では現在、タイのさまざまな供給源から得たプロポリスと、他の国のハリナバチから得たプロポリスを研究しています。 。

6 th  Biennial International Conference on New Developments in  Drug Discovery from Natural Products and Traditional Medicines)

小谷准教授は放線菌のラッソペプチドに関する最新の研究を、静岡大学渡辺教授は大腸がんのバイオマーカーであるコリバクチンに関する最新研究を発表した。私は、北海道大学を含む日本の大学で学位を取得したり博士研究員として働いている多くのインド人研究者と話すことができました。会話も弾んで楽しかったですが、

International Congress on Pure & Applied Chemistry Langkawi

2日目は各セッションに分かれて講義が行われました。 3日目の主なテーマは、特定の細菌種によって引き起こされるアルツハイマー病の症状の緩和など、脳機能と腸内細菌に関連したものでした。

32nd EFFoST International Conference

私たちはたくさんの議論をしました。ここで頂いたご意見を今後の研究の発展に活かしていきたいと思います。最後になりましたが、本会議への参加に当たりましては、公益財団法人農芸化学研究振興財団のご支援を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。 。

19 th  IUFoST World Congress of Food Science and Technology  2018 に参加して

第72回国際会議出席費補助金報告書

アキラルな芳香族アルデヒドとシアン化ナトリウムは、高いレベルまで酸化されました。我々の結果は、TSC2のメチル化レベルの変化がAKTによるリン酸化レベルに影響を与えることを示しました。 。

図 2. エナンチオ選択的ストレッカー反応(固固反応).
図 2. エナンチオ選択的ストレッカー反応(固固反応).

第73回国際会議出席費補助金報告書

CLSM 観察と並行して、ゲルサンプルが採取され、この研究で使用された超音波分光計は、超音波速度と減衰という 2 つのパラメーターの変化を観察することができました。初め、。

第74回国際会議出席費補助金報告書

Report of JSBBA International Conference Attendance Subsidy

由来翻訳伸長因子( EF-Tu)の ダイナミックなアシル化修飾変化とその意義に関する

フラバン-3-オール誘導体はカテキンとも呼ばれ、フラボノイドの一種として知られています。近年、ラズベリーは食品の機能性を示す素材として注目され、機能性食品の素材として使用されています。存在することに気づきました。

フラバン-3-オール誘導体の構造-活性相関研究

物体が発見されたのは今回が初めて。量は非常に微量ですが、標準化合物を使用しなければ検出できなかったと考えられています。化合物 1 がその活性を発揮するメカニズムを詳しく調べた結果、がん細胞の細胞周期を M 期で停止させ、アポトーシスを誘導することで細胞死を誘導することが確認されました [4]。さらに、化合物1をリードとしてフッ素化誘導体を合成したところ、化合物1とは全く異なる機構で細胞死を誘導することが確認されました。フッ素化化合物はミトコンドリアの膜電位を低下させますが、それとは別の経路で活性を発揮します。アポトーシスよりも。 。

生体触媒によるフラバン-3-オール誘導体の合成研究 精密有機合成だけでなく生体触媒を用いた誘導体の合成

この化合物群については、がん細胞を用いた研究により、3位と5位にガロイル基(G)が導入された化合物1は高い細胞増殖阻害活性を有するが、3位が立体的に反転していることが示されている。 2 は化合物として扱われているが活性を示さない 2)。化合物 1 のような活性を示さないことが判明しました。 このように、フラバン-3-オール誘導体の活性はその微細構造によって大きく異なり、水酸基の数や水酸基の数から機能性を評価することは困難であることが示唆されています。化合物の総量。生体触媒を用いたフラバン-3-オール誘導体の合成 生体触媒を用いたフラバン-3-オール誘導体の合成と精密有機合成。

タンパク質との相互作用を利用した研究

心肥大モデル細胞の糖鎖プロファイル解析により、心肥大モデル細胞および正常細胞と比較されます。 。

図 1. 甘味・旨味受容体.
図 1. 甘味・旨味受容体.

次代謝産物に関する化学的研究

上で述べたように、さまざまな生物において多くのタンパク質がアセチル化されることが示されています。

図 1. 糖尿病患者筋芽細胞の分化能.
Fig. 1. タンパク質・リン連続回収プロセス(IP-EWT法).
Fig. 2.  Effect  of  NaOH  concentration  and  iso-electric  precipitation  on  rice  protein  extraction  and  recovery  process  for  protein  content and its recovery ratio of protein isolates from Heat stabilized defatted rice bran (HSDFRB).
Fig. 4. Comparison of dynamic viscoelasticity of rice protein isolate (A) and soy bean protein (B).
+7

参照

関連したドキュメント

Ⅰ ■出題のねらい ある 日の家族の会話を題材に,空所補充問題と内容把握を問う問題から構成されています。 まず,会話でよく用いられる基本的な表現を知っている必要があります。そして,理解にあ たっては,本問が 人による会話であることを踏まえ,誰が誰に向かって言っているのかを把 握することが重要です。英文自体はそれほど難しいものではありません。 ■採点講評 ,