マツクス・ウエバア資本主義精神論の歸趨-香川大学学術情報リポジトリ

42 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

本稿は昭和二十二卑十﹁月に筆者が本研究取の商業僅酒折光都留に於で行?た軍費の内容を多少補充したもめであ各。甘 坤 でにいひ琶されたごの聞題字﹂と栗めて取上げた艶麗ほ∴ひとへに聾者白身の.賂儲の都合上、この間超にノ封する感度警應 改めて置きたかつたからに他ならない。しかし足掛ぎ﹂とぁりせねばならないこ 色阜隠扇情のた軌、蒜の昏瓢は紗論﹂是非必撃と思はれるり芸.了関係の夷献ノすらJ感ど入手貰呵絹なまよに・か三途に 聞踵に肇bれた諦であつて、讃際ウエバア自身の請労作の讃敬すら充分芳したてゐないゐで壁ぺ聡かしい極みでほあるが、 彼日朝寓に警し据裁きゼて.いた耳づ∑にした用加.ぶるに轟僅々酒を去つて撃音大煙で撃紛に鱒†ること三年、盛者の轟 黙及び警Hの轟通ほ同年輩の人々濫比しほるかに襲ってゐることを悠ぜざ乙をみない。それにも拘らず轡Lず発着に別して 塑問的刺瞥惜しまれない恩師大泉行幣上田辰老助両先生の深恩忙ほ容易に感謝の語学も見出せな、い。隠鮫就救援ほじあ 七の拙な、い宥恕を草する、に方つて、痘歓べず繭傭蟹に笈心つゝじんで蘭絶を申上げたい。八嶋ニニ∵闇、叫○︶ 叫 ヤツま。.ヤ早着∴︵宗誓繋ぎ哀†H琶︶棄そ莞宗教紀勢慧課﹂ ︵C蓬m鼓軋A註町叶N他 れ∴ W N弓R註篭届。浸鼻e.申出b・意ぞ筆意謡透こ一誌○︶のlやに潜りて展開してゐる攻撃爾斑の弼別的な 政争心建築的霧翠から、草†虹色々み手許簸びとる乙とが出来はぅ。就顧、ノその第⋮堀川∫枚の﹁ブ誓言夕しン

第二サー各節一班

マックス。ウ且ふハア資本塞義構瀬諭の掃趨

.′ こ と わ

藍 易

木 村

こハ

(2)

言ズムの論讐資本童碧精神=詳甘藍a註c紆ぎi打邑de増驚星瓜dの蒜a冨両isヨ奉Nu票︸

一芸\蔓属㌻†ん芋﹁新野雨魂﹂華魔髄十←紅海芋え′竃、藁本義摘細論巧い琵る慧羞慧将来乃

靂羞の闘欝つ笠マルクス産別の角祭ら、莞に細筆多くの深い示峻義へるもの

寒ウニヾハア完巴詣間警うちで\嘉警の資本義弊岬蒜警限準レ琴へで守ケよ云アの頗へる

示唆の音塊を︸應塾埋Uセ寛ぎたいと思ぶ。

莞は璧上、套苗警二石′豊つて考察をほじめ慧。す窪ち第諒資窒義の糀紳と調度との荒か

ら坐誉ところ蒜心論的慧軍唯物論的考察との対立の間撃この場合に警恩義マルクスを想鴫芸ぼ ゲネ辛ネイノシュウモーセノトリと ■警抜い。第二にい、は慧血攫的臣で牒来扱者的靂兜把嘩と春質的臣て標茶的た挺兜把晦との措別の問

題。こ1で讐ル、クスハ山芸豊美ゾムバルト登場が問警空で㌧冨う。故後転ブルジョア精神どし若資

窒義楠神官鰻の内管規挙るも雷撃の螢利罷る合憲の偶感、払笠淀の食違晶謂新琴爾警

の掴聯の問題、以上蔀畢飾革めるQ

固よ▲窒普凡ての開墾特に第義び讐の聞警通じて慧誓エバアの所謂﹁憲空音al−蔓且

棉成約・カ警諾せて考察じ経れ喋なふ應トぁせ一芸が、併し尋釜﹂構成的琴還そのもの富合科警

ぉナる表的蓋′につ笠は、夙に若パル忘ゴツ£芸イル′タイ雷ムメル等雷真澄ではワルタ

ァまイケンと竃聯纂て豪閲で針く字ぐ監餅究蛋訝ら増ゐるこ喜もあるし・蒜かの掛合

から鼓ではなるべく浣く立入らーないで提きたい。莞は以下に放て、まづ第て第二の南開越に紺する限.りウエ

ぶアの賓容量義精御研究が小壷見黎考成功恕放めたと見うる触由を主として重昭玲的乃至人鶴巻敵側固から明

らかにし、然る後に中心問題たる璧叫の問題にヂ1み、雷でウ芸ブを嘩姦としつ1ブル彗ア精神としての

マックス。ウニ▼ハア資本主務将紳静の蹄濁

⋮七

(3)

輩〓サン感㌻庖こ藤 立入 グム 森本鷹揚精神む腎∵本館とし㌣慧還性と葵掛とレ′〆いの新教鎗毯との儲聯に謡いて眺め、基礎的側面から吏め℃ .−J 藤本妾洩蹄紳号のものをつかみ沿心カ㌫と念願する勒のやあるざの場合、園より聾々のねが払はウニバアを放ら に琴果するので冬、否定しようとするのセもなく︰彼邪見忘れ東もめを塘心にぬはうょする鹿匿あ㌢のである。 よ∂弟∵に警は㌣バアの労作曙よらてい資本真義中腰奥地といふ適ビラ貢な問褐の安嫁が、賓は叫遠の ヽ ヽ 内容を食むもの蒼”空と.滋知るbす窪ち経済的に鬼串場合の鹿本義養親琴︵庭菜細粒︶ト一﹁資本の営利 ヽ−ノ lヽ 白油の凋に運用さるゝ温代的生産方鱒−︵ア′三レノイ︶︰としての資本量謁卜十・打勝変性の問題と∴そ粧から麿 ヽヽ 夜敷∴股的将克た場合の資本主義精神の歴史性の問題と払二面が∵別々浩二廠成立しうるといふこ、キ造れで ㌢ ヽヾ 、、 釘 自に資本凄儀の︹資本主義制度め十㌣木村︺故選手り以前に存瀕してゐた′﹄と甘ひ、草花 的﹂・形態宜、その痙螢止め精細とは、一鱒には﹁通計塑由聯㌔中耳藍色∵評Ni各旨平に.あ計ものやはある・が

凧︵︵賢

泳して遠別学祭臥係㌢甘か憲bFが最g賢に澄もわ露なやそれ佐ぉら苧⋮・合挺的劇 、ヽヽヽヽヽヽ 滴を職菜︵使命︸主して組絨的、合触的に追求亨る粘洒他態度G恩官岩鼻∴竺こ1ぬ暫く﹁壷代︶/資ヰ主張 ゐ緒紳﹂ど名づけあ卯纏、次の担うな歴史的規準に・満とづてもノのである。即ち‘この廠紬的駄慶の汲も適合的・隠 彩管吾たものが温代贋溶室萌的企兼で針卑戌た澄ぬ境木主静的企黄︵藤野Jり放せ勢晶臥精神的推挽カ 3 主計つた濁のが、′この粍碑的度態だつたといぶと の構想にはっ七とそウニバブほヤル■クスからの舵脚をなし冬た鴻のといふこと閏凍よう。 恩 想∴々 4)ル ク★・の資本、烹童慧弼から傭界親をしヤの唯物史観十十唯物朝隼−ゲル吏義1及び英樹流の由然槍測度の 忍腋甚差引・いた璧誓

(4)

挽 ︸ヽ 寒さ碁本嘉の制度諾浣なら敵い?軍⊥バアはマルクスの天才儲成忌め姦賞羞。≠レ姦智 申廠癖的及び故術的輯兼に.つい岩間鱒の富にー∵樋あ意の遥か竿特琴轟し遥遠姦晋澄。√英 L欲望れ登晶の慧に鳶賢こを藁・左のみ資す三助謁﹂壷糸の盟約濱の公分麗へのぬ 勘∵ 勧化若憲し・琴﹄ハマ掌ンヌ︶。嘉蟹夢エバア蜂世界戯としての唯物史翌雷諾意の窒化托 ‖∨

もとづ毒論讐誇璧悉遷して老の芸つて、←ル芸の差違率域雪のもの雪望は経琵 ∵り

蟹解警のあ選管去るの︰で照準。けれ言り真ア讐ル貢が′へ﹂ゲル及笠オイ貢ハツハ

葱昔東讐素富;もの、∵窪華→ゲを欝的側賢・7奈工ツハわ人望碧毒と姦に

晦魂雅由慮

末芸労作に

萎若宗、・言クスがイデ

オ芸−的国家護憲内諾の還して1′イ羊芸ア言探い蛋驚け、

貰クス姜バア雲義楓神韻の雷

(5)

あ、らゆる国家形而上学恕香発㌔政治藍単に故術としてとらへたウエ∴ハナにとつでは、周家は嘩に開成蕉清に封 ヽ.・ 0 する頑としてのみ安寧レた1日。︵故にこそ彼は、猫乙ゐ織成し孜フ書芸ナ化を求め、.翠たカリスマ分析に於て 奮約の塗票再認観民国家の危椒に際しての政治的デマゴーグと.呈把挺することが椚塞・たゎである。︶かぃる封立 政敵局慧粥寂として告ルクス主歴史家とし七のサニバアとの敷革を意味ずる鳩のであグ、前考の立場からす叶 ば櫓落の拒否は歴史的倭断片的、経験的事寮の/銀鈴味な辣列賢怒偲︰らし虜て科革そ抄ものの應発となる。巌増貯 pギツシュ怒能系瞥冬草十﹁科革焼こそ賓にマルク声紋愈壌乃東経・済塾の魅力の核心で.なくで何であちぅ。しか し乍ら、葦は屁あ融論はべーーコノン・やミルを保つ恵でもなく経験的罫琴によつ七⋮単純煤撃的に蹄約されて行くべ‘軋 ものでは琴く絶えずそれによつ笹+般化逼れ内容敬称へむれてゆくべぎも▲ので ふ に立脚しっ・1過お及び現在の鰻準復肖lら香果するが如き㊨の、で︰笹ぺて抵なら・監。淘にり‡ナ讐rルクスから の晩脚はソクテラスのソフィスヰ遅からの舵脚、戎ひはアウダス′一アイヌ不のマ一てケヴ丸か ハ 然増の要ざでは−孜h∵1イからフオイエル1.バツ人ゐÅ闇性骨定の立場へと汲戻って/ゐるのである。 マルクイやエ一ンゲルふ把怠ける〟﹁患繚礎築㌣た.宕ゐ嘉叡や蛮術は、レーダラアもいふやう匿時間の媒介把よ ・ヽ ヽノ ﹁⊥′ づて1−眈紅塵草牢︵精神的の︶tものとむてで・は町くて固定化し準︷制度的の︶ものとLで堵へられ七ゐる。そ \■ノ ノ2 こで賢耳イ㌃、バ㌢ハが違督敦の本館1﹂ぬ於て紛じたやう潅ご豪の塞照とし竃生きたん聞の本鱒の把 ヽヽヽヽヽ 嘩■それも置に鹿鰭感党的なる人瀾のせれで揉・筏ぐ、雷穫魔の意識恕ぎ、二轟偶人問につい芸慧祁1㌃ふ もの攫︹遽に風発はれて失・つゃゐ降格のとみてま㌣こわと、蒜儀等が兇述し冷やう匿、い偲ゆ㌢骨ふ&客 肋ySt百年望at官員牒温点.恕無樵件た受け各れ産とい勲へドニ=ズム∵からも由来す各ので塾つてごマンデゲイル 二〇 東〓十︼審 第劇耽

(6)

きスミスの自利心恩偲やベン汐A洗の功利滋義思想イ†固かり是から把夫々のニュアンス笹め1るにLでもー のうち托流れてゐる前提の吟味こそは入間の、草鰭的側斬を欒1げるものであるが、斯かる吟味むごS●、、ヾルの ぷ やうに憤黛乾布ふといふことも速か畷彼等の関心の外ほぉつたのである。徒つ七彼等が?彙ルの夫れとはちが

ヽヽヽヽ

って足を他につけてゐると誇る研詮法規、草笛際は別望霞で新トい親念的色彩を滞警こと∼彗た貿、や むを待ないことといはねぼ学芸い。,しかしそれにも拘らずヘーゲル約唯助産滋紅おける塗炭通念がダーゲイニ ズム乃蜜後・姑ダーウ王寺ムの遮甚の速急とほ典り、諒聾嘗められねネ唯物箋苧すなはち自学芸人問精 3/ぺ 沖の卓越せる存在によっこ昇華せしめられ一たる唯物主義1﹄︵ヴェブレン︶であつたところに、すなはち階級の 一r 塀詮慧椰刺霞、人間精神姦じて把挺しをト←ネふクス昇は、この⋮羞分認識しや禦ヱ†斗ところ ヽヽヽヽ′Y

紅こ是、廃兜を横倍賛庶の系列とみうる唯叫の根底があつ・把りである。若しさうでなけれぼマルクシズムは迭に

1−ノ 4 概略日額なぎ進化論の中に解消し′て恵三他はなかったで巌らう1。そこでウニバアの功績濾、何よりも歴史の

染慣性の把捉考い雷ルクスの朗郎を街皇と誓言、唯物兜観及び自然揺的他姓親の樟封化及び、それ軋作

ふ↑義的鰐系構成方法字ポ与を弟破り、和食規象に関す/る制度的称祭打撃して蹄伸的考察の可能と必要とむ 唯心論的に鮮やかに例琴しえたとところにある掛のといはぬぽならない。Lかト乍ら、それは琴芝形碕上的立 場に警といふょりも、むしろマンハイムのいふやう∼陀イデガロ碁ツシ芸階級概念−こ、精細的■孝硲丑場との榊 5 粁﹁精締約諸暦﹂なる媒介概念を挿入する、こいふ泣場に禦しゞあつノたといへよう1。斯く考へるときはじめて、 ■ ﹁新野爾讐の完成隻別に︰彼がγツか←1→に宛て,本論文は文化史的な芸の論文であり、現代の粗菓文化の ヽヽヽヽ 基礎としてのプ芸ダンテイデムあ常澄−現代の控済の唯せ論敵縫放で■める畠冒速?誓との意昧も、決し

て徒らろマルクス嫌悪の﹁偏狭な悲観的、凶凝的文化観、歴兜脱﹂の琴明ではなかつ、たことが、警に草しく了

マックス。ウヱバア雲義精神論の志

(7)

/ 肇二十−穏㍉審ふ駁 解出来るであらう。 ヽノ 2 \−ノ 3 ∼ 感∵↑A監事穿ゐEc。牒mic曾笥芦i邑⋮。n象㌢督鼻﹂空車Jワニ∽・ .∴♪瀞、 「

竹折教倫理﹂梶山力鐸、本文二儀十三五賀川げ 同 局、五〇賞。

せルクスにおける二偶の紆提概念の,うち空っが、英閉所.の昏戯破格封の思想であつを﹂と、さうして元来両立しがた

いこの二つの前提が﹁料率約紙留意蛮﹂の下に統盲れたところ肥マルクスの魅力の・鍵があつたこ守嶺銀く指摘したも 払T のとしでヴモプレンの次の論攻を参照。彼ほ明らかにこのと、ソトをマックス。ア†ファの唯物安田鮮輝から待てゐる。 .▼

皆計卦二属官∴詳SO邑is−EcOnOmic⋮呵搾邑、富貴a風速ヂ留吉思蒜−∴皆遠雷キち

sci昌$iヂ夢d針ci註i邑鼻声ルY.富子㌢古平思千首・鞍。m若宮旨†l。u邑

已∵寧呂n。恩c仇㌔。㌣㍍雨︸A童こ琶00・

芦田武嘩攣﹁落潮撃七億低利師の諮問野蒜者序耽∵三衰の数琵よる。ぷ†恩敦賀洛∴票資草庵甘

、 肇各勘定冨∴息薫風屡椚可菅・志戸祭老は碧雲の蒜票ア倦﹂毘ることが出驚かつた。

承 ﹃文化誌象の急が蒜琵.蒜草紙厳の所管しで、謹撰管して悪されをいふ‖古びた信仰からほ免れて 、、、、、、1、、、、、、 ヽヽ1ヽ 我蒜我々として、その符所蘭な酎約性と窟養との特殊な硯箱のも虻に於ける耽督親戚と究化事象との鼻析ほ創造的なh 軍り豊かな科襲的原野であしつをJてそしで細心に通用し猫紆的に囚は氷なければ︰あらゆる預潤しうる将衆にとつて もな習うでぁらうこと軍書﹂とに写るのである。﹁僧界攣、として、叉ほ虚史的雷の公介隆一tて・の調はゆる ヽへ 蒜物茫堅は陳平拒菅せらるべきである十レ鷹溺的、歴貯鰐贋をいとな払ことほ、我々や琴詣∴A乱罫こぶ†悪風

ヽヽヽ

賢i菅戸S乱aダγi水村︺‘の汲も本質的な目的の→つに掌る導︵′﹁政敵斜塔的及び数億軟質脱獄散の客間性j前 二二

(8)

叶′町 ﹁軒数倫理﹂梅山評、本文九九訂。 しわ上海潤、か凍鷹弐、﹁ヤルノ常ネ死簡五十年﹂増訂版、濫−〓嘉。 ︶ 10 戸田、前掲霹、繹潜序恕一九茄仁一九九貰の教玩。 呼 ︶ 3 1 揮 マックス・ウエバア資本蓬義糖掃除の蹄題 同、壱夏び宗精﹁文化祉愈轟﹂︵同氏編、琵琶掲感興、莞ニー由空誓よ基数永。憂.甲∴訂瓢針望 /﹁ル 〟イー一■へ Au官許n卦貪粥uぎrs。邑。笥E数nきngS蚤芝詳詳国禁b声Bd.甲︼琵㌢

Lぎe家慶Das碧s昌d金C詳t宮島首鼠−琵︵i戸S鼠邑i骨穿厨鼓訂ぎ率膏肇

㌘−訂戸声J。d−︸聾墓・−−苫髄.︶料嗣大有琵﹁キリスト教の本質﹂︵昭二二、金閣貴慮︶ 可・宕b首÷喀二i√竃・t告¢†払ト00︶畠−. ヽ、 1ヽ 唯物変囁が膚戯的挺仕でほなくLて償値的磨展を考へる限りほ、自らのうちに潜めてゐるところの目的論的構準を否帯 出衆ない。同旨、膏撃兇叫 ﹁基暦数と安泰主菜﹂︵昭六︶〓、〓∪†二二ハ昇 カアル‘†ソハ木ふ﹁知練敢督螢の間蔽﹂樺俊雄隷︵昭二こ二七馬。 なしいかな、筆者は間接にしか知ることが揖魂なかつた。 ゥ言バー研究の義L武藤光朗人一橋論警第ヰ八巻第四壁︶を蓼額。ヤスペサスやザ言芸ウ≡ア論もまたか 戸田∵聞馬琴二琴琴野乾≡宇土三︼六賓の琴ポ。俺どの瓢を碍調した最近の鋭い′論文﹁繹柄形嬉論の方法−マックス等 ●− 瑞垣細還彗 二元琵。︶

(9)

こ 第二㌧の由頗に移らう。遠雷々は主題に関する周知のブレンダーノ︵L B㌢tanO∴ゾムバルト︵薫SO苧 訂ヱ及びウニバブの間のボレiミケンを如何ぬ解樺すべきものであらうかJこゝではプレンタ﹁ノⅥゥェパテ 、1ノ 1

批判の吟味は讐て愚かう。さうし芸鰭的方誓いふ警農局ゾムパルトとウニブと笠間㌫立場

あること、それにも拘らす生じ▲袴鰭論の意簸は何度かも生じたのであらうかといふことを指摘しTみたい。勿論 ヽヽ ウエバア自身絃′﹁資本主麗﹂ 叫般疫ついての剛束的な・定義を持たなかつたし、亦持ちえ・なか▲つた。近代資本主義粍 紳の﹁理念﹂人Idee︶も亦西洋和事の扱禰約合理性に/卜ろて制約された希ブルジョア結締といふ以上には河撰躍 何等の規定をうけな小ので蕃つ㌧て、与れ濫炭的新教備珪といふ沌のによつ七相螢潜庶に内容づけノるトト葦は契 梯づける封1﹂﹂ことが朝来るといふの陀過ぎなかつたてこれは統率した彼の照系否定的、聖肌捷的後塵ようして常 療のことセぁる。貿本妻諾、彼にとつ七は∵いぼゞ監H料率のγプ㌃▼pな封象その場の・であ・リ、犀史的偶鰭 Es富isch針家i象喜m羞︰であつて尋くもそれに文化的意味畠ハへでm心惟形撃こし蒜鍵する眠り、眈止も /▲ヾ との歴史佃餞をば茅看なきコ表そそんLて、′すなはち聴取的生活の特定の詔隠係と諸過程とを、矛盾なく聯 圃せしめたるウト㌣−とし七、つ壷り額の所謂↓理念型﹂概念とLて構成Lてゐるの㌣ある。資本蓋還紳は、

か去■﹁理念型﹂としてe凰訃c訂よ莞t許†に成立す怒嘉し乍怠1る﹁理念讐軌念としての牽貰

螢精神すら、それが歴史的概念なる限り﹃笥u還思mum宍認許宣告℃濾許の方式でab笥眉nする ごと﹄やたく・い攣聖品に義的詮明を儲へ冤rj叔、三段冷淡で研究する教義的撃科の砲撃驚場合む除ふ そは空風味であ汀㌔.﹃研究に埜且って得ちれるもの替は葱く∵むしろ研究の由果濫おいで明らかにされるい・で思 ヽlノ 2 る∴這況んや歴妃的偶鰭、或ひ.は対象そのちのとLての資漆主義百鰭の範囲も亦流弊して悪晶もの安芸か 簡二†蒜二讐表 二田

(10)

ら、それ濾到底鹿某的固定的認識わ範酎に入りえない繹である。避にいへぼ﹃か1る︹鰐乳化の︺試みに於ては 専門的に匝別された、相互に屡々襲質的な、けそL・て牢離した数多くの親鮎の相空似列のみが渾てくるごとができ 去。共等の観瓢のもとに徽て.∵視覚態はそぁと凄どきに﹁文化﹂、即ちをの特性につせ有意試であらたし、又ほ宥 和 意義汝の、でわる 甘﹄こ∼に芸クス るこ左は.いふ遷もない。 ノグヾヽヽ、、ヽヽ ゾムバルトめ場合瞥のつては不可知なる封象が歴数的普茶なめではなくして、、虚数的寛恕即、迎解しうる聯開 であサ十十醸這資本主演正つい′ていへぼ、 フゴノーシュチーエン ,、,、 、,、ヽ,, 折方法︶の﹁つとしで目的冬き賛満としての様式聯関やあるといふ。換言すれぼ、二J址 解﹂する譜現糸の背後 ′ 笹昧、即ちり 3 小 正々ンゐ背彼には 窓昧迦衡卜十兎癒的▲11によるのではな守て∵静物嘩解すな、はち優勢的且解によつて抱視せられ牒ので・、芸から イヂ・1.ノテ,1シ▲⊥ 由らかた非力ント由で萄る。・﹃憩解の僕越はい認識、ま鷺七認細勤象∵即ち認故老とその製糸明同じで︵﹁同咽で﹂︶ ,1人V昇ンプ 漆るといふ寄に於て現れてゐる励の、、この静識按式の∴﹁内 在十佐藤する。ノ従づ七認識者は、謂はべその封衆の 中疫潜ん手芸こと誓つて、﹁内部よ佃﹂∵認撃去のでぁり、㌢ベンハヤ芸がノ﹁つの連朝急蒜によづて ︶、 5 冨.ひ香し㌧たやうに憲抗議﹁謂はば紫屋巴∴立つセゐるのである。、﹄かくてリムバんトはゃ芸アよ′りも嘉 入間輿釣魚止場忙徹してゐるあであ冴が、彼匿とつて資本主義曇その精神と路周↓の滋の笹偲ならなかつた雷匿 却つてかすトれら造かた遠ざかつた繹筆芸た。けれども、、それにも拘らず、遠史触発凝を槻念.に構成する上に ぉいゼは、ゾム.パルネの﹁嘩解﹂的憲法とりエバアの㌫産念型﹂的方法との問′に吟本署的な繹庭は存しないもの マックストウJパケ蒼本王嚢楷刷論の蹄率 土五

(11)

帯〓十仙春 男山耽′ 二大 とやほね灯ならない蒜に小は慧﹁姦過程﹂S乱雲苦g管領ふ義解方法ね蘭してゾム・バ苧絵シ宗ソ ノ フィ汐カルカトザ1トゲネチ Lィブ の′神秘的なやり方に辰野し〒心由、鱒泉的・琴盆的な親祭方法を鷺巳∵明瞭に類推寵︵シ言イエルマ ?ヘル、デイルタイ∵エ′ルドマン、ジムメ㌧ル等︶や感情移入詭′︵ワッブス︸や白岡琴︵マク.ス。シ≡フl,フも ヒナア︶を排してウニバブ、シ′晶プランガーの塾論、如ち人間は精紳G卦西左通じて、すなはち一線ての心轍 S邑昌が踊輿−宣ゐ、るH㌫精神貰いて、心越そのものを迦解するといふ立場掟、賛意む表明し譲るのであ ヽノ ′b る。ウエバア嘉教社命箪の日放怒そ驚把露掟あわた。扁もか\1る楠紳の典型として琴不主恭結締が措定される 場合転は、ヅムバルトはてれ貯勤して方法論約批難む浴せる飴地臆あをえなかづた詳である。 −ティYンヂクレフテ ヽサ ダムバルト誓つては、′心警鮮紅放て立ンゲル希い按⑩る轟重力ょしての際摘が問題な等ば李、﹁ . 、、 り 重機の側空蒜る倉規約契轍が問題であち■花やぅ庭†ウエぺアにとつても亦いはゆる誤謬の﹁解釈約可能性﹂ 、、1ヽ も骨材ti計試宣i註訂笹の範嘩誓つて恵去の歴史弥革驚をぼ、そ秒都度の改代の準星約硯常にqき攣レてバ主 ヽヽ 鯉的決意の購角・卜契梯を塗見することが課題であつ・た。▼・その㌍つれも虫鰹的判断恕中心に瑠へるといふ射では 異るところはない。1∵かし乍ら驚際には、覇者においては象く骨盤磯が同次に網羅的にハ‡広はち∵つ﹁つ弼卑 ヽヽ して而も平行的に、つまゎ罵純に同次元に率い㌧て︶考ぺられてゐろのに覿L、て、ウモハブでは腑角としての楽観 は芸め歴史的琉茸に謝しては噴石のものであり﹁1それ接他に契轍が窄凱的に可能であつてもーそれらとこ の鹿角′とLての爽撃とは次元を具にするとい㌧ふ意昧で唯山.なのであるご重、率ゞ歴兜的鋭蜜の凄故におやて、つ ヽヽ 寧り過ぎ去つね影においでハ娃じめて礪々の藤兇朗放資の親猿を﹁理恵警的に︵すなはち髄ぬ伺次兄にひき線 へl Lて︶蓮放せしめることが棋乗ると恒ふ棲妙なトポヰギー約立場が探られてゐ・るのであつて・・この鮨にぬいて病 者は鉄兜約な相異登不してゐるものといはねばならない。期︿してゾ′ム、ハル・1トの酪緑芽舐、レひかへると素数倫 /

(12)

ー モ・ 琴が主憾に射して=もつ蟄生幽玄配を香淀はしないがー飽くまで部分的野菜として取拷撃っとする年商的静苧を

撃筈主バブ′と昧たしめノたとてろのものぜある。す・琴はち・そこに教条除宥り芸ナに封する本質論者ゾムバルト

の面目かあるといへよぅ。毅ははPき、りと貫ふ.﹃紆痢的諸現象空つの憾系た形成し得べき観念は、経辞そのも

の★悪念よゎ渡接に誘導終れねぼならない。それは経済のあらゆる本質的諸特徴を含有し、又これら個々の詔野

戦曳つの統J山鹿に繚打.せぬぼなちない、。而もそ恥は抽象的風琴的形式rに於、てセは写\兵藤的屋努的明砥性に ヽ.ノー′ 8.′へ 放てなされぬぼなら・放い。﹄∴か1る理念とそ﹁経済餞系﹂あ埜食たのであつて、こ1にゾム∴ハルト︰のウエバ7

′・キ

よゎ

周知の㌣っにゾムバルトの資本量虫研究按、多くの記念すべ盲括珍な労作に収められてゐるが、そこでも上梓

の態鑑挽捻つきりし茂る。例へぼ﹁近場教本圭璧軽要は資本蓋の慧は﹁登利膵準﹂ 昏w富思せや で・あ㌢−︰これに射して・申極の総鱒弦清の療難路遂需吾蒜讐.入野da鼻骨骨点肇許草∵ぎ撃て仁、資 蘇生読は次のやうな解質によつて認めら牒1或る忘の耗済醍系であ賢とが放べられ言る。サなは㌢完は 凌換といふ由般皿の丑に狛轡鼠七ぁるこ妻、そのヰに竺ぢの梱輿る階級・‖−1生産手段の所帯者に、し﹁て作業む拓 箪し傍系の童撃となるものj、その客惟として所有財産なざ覇純なる弊働挙とトトが協働してゐること。且つ牽 ヽノ 覿及び経済的合霊魂宗即貰って嘉されてゐるとと、云㌔。孟規程窟方は、凡そ全くウニバア的で3 は監。史覧牟﹁噴本凄塞の緑野に泳いては﹁資本家的松神﹂■Ca首li簸ぜ早なるものは象での要素狩 ずたづた一に分解されてゐる。簡常にいへば、金銀慾詳乱○呵G監、と企霹粘紳・S号㌢阜.Un軒家粁in閑との 小.

給食貰って出発克た象舘紳晋温。岩n遺詠滞、芸⋮つの大きな要素で雪て、之によ㌧つ高安

埼葦蚕結締︵銀杯維持、都態維帝の綺紳︶が僻別せもれ、発にプルヂヨナ′︵中産階啓︶の合理的遇穂が計算披術の く

〓七

マックスゆクエパス督本︷エ義楷静論の踵超

(13)

轟連たより茶付けられ食ものがもう叫つの要素であつてー碑文後者を形成する部分的諸要素としてキリスト教倫 選があ・り、ふダヤ倫理があり、而もキサスト教繭埋に閲しでは、暫教と新教との本質的差異は殆どない、といふ 甚だ網羅的な考へ方である蒜濫十四≠紀伊太別のL・㊤Jサルペ′ルティの考へ冴キ、ンジャミン;ランクリ ヽ﹂ノ W ︵リ ンのそれとの酷似をば頻りに主張するのは明らかにウエバア入.の常てつけである1︶。こ1に注意すべきてとは、 アルベルティの温想がレオナールド・、ダ㌧ゲイ、ツチ兄弟の組父め萄への′みならヰ、厳に苗代ギヴ・シヤ、P−マ匿お けるストア約億もの、にすら及んでゐる・のを掛訳して㈲乳こと、す忽はちいはゆる商薬資車主義のみ忽ちザ企嵩的 ︵胃瞼的︶な紆榊叫俄についてすらジムバルトが考へて 神に問題を限哀し一等エバずと興るとこみである。ゾムバ〟ルトは資鷺遥か精神としてーまさしく古今に易らぬ ものを求心ようとしてぁる。その心理々解の態数億本質的でぁる。然る北洋芸1線番ら近代敵産ブルやヨア鱒 理と小ふ訊い南東けで垂醍性の解角を捉へようと与彗壷ヰ意昔らへられた尭鰻性の解約とし宰の禁欲的合迦 き嘉は、あらたぬて無数の次元の申の、﹂うの重光空音る唯Tの契機ともて次′々と践張せられて行く。・﹁新教 倫理﹂末尾の彼の立言をみよ。ノ﹃我芸森野としては、右の簡単最速では故初の解明をこ㌧ろ誉還すぎない ヽヽヽ、、、ヽ 薬俄雨合理童義の意味︵役割︶についいモー渉すゝん箪粗密政籠的船磯に射しtlす・なはち家庭薬脅から閲家庭 \1ヰ 草右告での、諸耐愈困鰹抄組織と梯鑓との棟桝に警壱、禁欲的合理喪義のもつ宕味を絞らかにすることであら ぅ。それが経ったならば人文黄義的合讐義とノその銀治嘩想、文化的彩轡への禁欲的合撃嘉義の閥係、変に哲 学及び衝撃にノおける経攣義′の葦展ぺゐ、ま一、た技術上の敬厳へキヰ養指摘的文化諾財へ=′の、γ禁欲的合攣主義 の関係を分節すべきであら先攻い七最後・に′は∵中世における陣俗的禁欲かちの∵この合撃歪嘉の■暴的埜戚を ヽヽヽヽ 定紋的に・⊥かも禁欲的庵加あ.偶々の普及範囲に如して魔新しなけれぼ凍らぬごあらう。かくして一はじめ菩近世 〓入 攣事一巻 静−牧

(14)

ヽヽ 女化の廟飴の退潮如労琴に比較してや∵禁欲的ブ竺アス、タンティズムL、の文化的意晩の緯度︵随兇︶を明瞭にする こ凌が拭来る。本舗で蜂ねゞV茸要ではあるが叫つの鮎¢みについての、禁欲的プロテスタ/ティズム.・の影響を ヽノ l その鹿園に遡つで、摩らかにしよ、ちょした砿すぎない。⋮・︰1﹄薔々は血てウニ一バブ由芸スの魔術の鐘∫i誠 片的腎拳る匿拘らや象煤的であ・りうる通由トト盗写ペきぜある¢之に.対してブムバルトは嘩兜忙ぼプレシ.クー 、ヾヽヽヽヽ.ヽ ノと、は選り、磨く蓮鮭に即して甜下げよすとはしたが、それ蜂結果におぃて濾焚生論的にと.いふよりも、依然と

して本質論的にであうたといふべきであ・つて、右こに﹁理念讐′敷買るところめ﹁総臍膿系﹂が璃氷上私ので

あらう。

′とわやうにしてヅやバルトが出発鮎に釈では、ウニバブ的心塩々解の方故に賛成しっ⊥も1結英として本質魂 論を盛んじたのに衷⊥て∵ゥ芸アは近代資本、事喜赦念農機頭機尾無償系的に、すなはち.確蜃的にではなく、鹿

ゲオナィツシり

くまでも獲生的に把捉しようとしたrわけであつで、このことは彼の他の論文によウて・も推察しうるところで わ ぁる1。典型的市民としてのセァンクワン材ダニ完・デフォーの流速が、

達︵例へ若造の㍗野路訂邑姦め∵宣末勧のフィレツッェ.のAnざ已ミナの評者首等︶宗

視乃至些かのヤコブ・;ツガア ︵買。b苫g杓旦の思想と同′㌫粘坤濫よゎ、衰かれてゐるもの皇左か香か は、以上のやう−な雨着の嚢度の開き樗基づく・ものであることを考、∼畠な1らぼ、、彼等の村レミ、クは、いはゞ末端

把於てゞ思っ潅に過ぎ獲いととが判明するであらう。裁にいぶ追撃ないことである、が二般佗監爵畢に於て偲

野蒜念の警頭蓋がその本諾琴晋往々漂うる

っヰ量もなく、墳鰻め短産的毎食後ど媒よく引合ひに招ざれ驚ウニしバア自らも亦斯かも例をぼ、フランクかン

、釘 及びキ;シベルガアの蓋宗ら引用し′てゐ′彗。教年給的考察の場合に、それが心珪分析に.錆びらぐところに

マ、ックス。ウオバアな本曇哉将帥論のノ蘭鱒

二九

(15)

筈○ 第二十鵬巷 箪÷琴 起るべき危険は、或る窓味でゐ形而上率の導入といぶことであるが、これ蜂墜数的貯∼鐙の礫蟹さにょつモのみ避 けられ絹よう。そこでウニバアの転流址的側面ば資李葦塞の戯兼として壁弟たも鋸・放りといふ見触一︹ゾんパルノ⋮ ヽ.ヽヽヽヽヽ の見解、﹂−木村︺に反して、我々蜂谷研究の目的のムで′はそ申反対の候定をょつて為かれぼならないぺ漁場的な ヽ,ノ 4 立場の開明は、研究わ経り忙寧らなけれぽ不可能である1。隼といふ撃鑑に由ずる蜜々空瓶懸りも”彼の攣東的 雀詮の成典が翠るととによつてのみ消え去右辛いへよう。同時に青々琴二者にとつてほ、とのことに依って資奉 妻裁の登監弼がそのネ頁論から雫離することが避けられう 方法の上では伺血の立場卜契碗に即しての心迅規解約立場− に寧ち乍ら、たゞ契機を瞬間的硯普に於七噂↓ っにとらぺるか、そ机空也鳥概的に期間的に網羅的にとらへるかの造ひ紅よ・つて、問題の展開方向教則途にしぬ ものと湾へてよいであらう。筏・撃とし.てのゾムバんトがいはゞウニバアをマークしてゐたのに封して、ウノエバア 自身は造かにヤルタス\をマークしてゐたと.ヤふ侍記朋壌情は、ゾムパル輯卜を成育味でマルクス毒づかしめ、ひを 針ウ⊥ぶブに猫特や宗教敢倉拳を樹立させることゝな.つたわけや率?て﹂ウニバアが競なる背撰者でもなけれぼ J 又シム号ファのやうな政教約藤駁撃諒ともなをなか?準例以がぢゝにあ範でから㌣かゝる立場に振ってはじめ で産共生清の倫理乃革帯民選穏をその莞生の瞬閥社規在としつ1社食的嘉憾の※鍬約、成中量替歌的舶用に吏で 統∵するごとが親米たわけである。以上のやうにし雪ウエバアの精神と削煙た︰糧別といふこと鱒1第二笹既 述のやう収唯心論を正しい意塊頂喝物論に対して確立すると倶に、第二笹は驚際ぬ亦断片的教生的考察が、鰐系 的峯貨的考察匿充分持続しうる七と整芋ことゝな少、喜美の展望畏咋於て麺乙歴栗沢め爆沈fし但しシ芸 ラ1のではなくして、ロッシ宵アやクエ一箪の夫れ1卜をプ一雰サティズムに披露したものとすら云つ′てよいで ㌔は韮で饗応問題のそれ以上の追求変人間拳的研究に譲らねぼならない。攣とれた閥嘩は噂堺上の ぁらう。宮

(16)

、′√ やうにし、て鞘軍とれた牽警義粍摘の紆辞そのものト慣路の吟味以外にはない。換言すれぼ∵感更触感庸として ¢賓承主義そのもの1吟味から船場るのでぼなくし′て、いはゆる由利蓋滋、奇警志の禦蓋転成から始︰等、 これ藍不敬輪執との間の摘断に︰ぁいて把へるこせの他虹はない。 り この粘については′、梶山、紺掲謬、繹賓序説、三八卜四七罵の麒左を参照。水防群﹁モラルの歴兜性﹂ ︵欝京蘭五﹁ヘ ルメス﹂ご怨讐一年択所収︶ 都議塀昏前橋野望ハ富、﹁凝臥倫理L、前輪鍔二〓土言罵。 和一﹁客翫聴こ澤、四六巽。 ウニバアの此の瓢への論及ほ梶山罪、四九罵や ヽノ 用∴肇∴甘首富男・▼ぎ曾伸蔓s卦ce監督邑ism.E讃.ぎ首率塚再卦こ芸.此の駁撃るり⋮ 鋸 伺 二仙入賞。 乃 同 二大八葦。 ヽヾ や∴讐∴ぎ且卦や長官∵羊巻数粁衰対数哉乳首ずや腰e.in麻∵拉A私︼. ▲ ¢一撃SO針訂声崇e計軋崇a富鼓が粁呂0鼓ぞ㌫鎚①.小鼻竃太郎霹、二三叫二罵。土一大営も参照。 和 小数評、±ニ画質。 丘 わ 間 叫山六五冤。 − J、 アの反批判は1新教倫瑠﹂前掲誕、三五−ニ⋮九貫ぐ マ㌢クネもり′キハア竃を字滋野紳論の錯謁 象訂00・H∵S・㌍り.何∵しれ紅封する詳しい批列として 甲声誉官署鼠 A瑠宣劇。f 拘g一芸mic回数il乱計a訂声A C註icisヨ﹂○叫崇a国司e訂rand巴軒S争乳†軒数ヂー器00い だ罠蒔∵ぬ11訪∵匪象L ㍍岩垂−一時再” t訂∵寧訂W β 竃・監r去声 ′一ン

(17)

三 かくて夢二の問題としてブルサヨア梼紳としての近代資本、至義の精紳と禁欲■往攣ま儀との闘聯を考へることノ1 なるが、ウニバアが彼自身め悶撃として純音を﹂暇後産によつて鴎接に規定する以外にないといふ肇厨をとつた ことを考へるなら鱒二イ︶ まっ資本棄誠の精神の内容を規定するものとし七の ﹁煎硯﹂に代る﹁合班性﹂の悶 コーリング 題 ︵ヱ︶ 次にとの合建性斌輿宥十十恕酪としての禁欲的嘩尭繭遥の普遍性の問題/として順次紅考察むす1 めてよいであらう。換言す、れば、ブルジョノア又は′ミ㌣ドル中クラスノ町精神としてり資本圭義精細の内容を合理性 で規定し寸〓つとす撃とき、後逓の如くウキハーの労力にも拘ら/ず†.且回避せられてゐ埠革質上の問題が忍び入つ て来ざるを穆ないが、倣掟乙の矛盾宅リムバルト的甚場に・立って考へに人れぬ√とすれば、この合通性と営利とα ヽヽ.■ヽ 闊聯は∵過して二女讐的であらうか、また分速性の慮撃としての宗教両班︵痛仰やはない︶せ中心的に取上げ ぁことは正しbのであらうか、といふことである。戴に着々が契機といふのは、人肌の雨域的行為のみならす、 払ろく人間の本質的活動を動機づけるものといふ意味である。勿論宗教や、それに瑞足せられる倫理、又は′二瞑 に人間相互の遣琴孜ど、すべて夫夕日らの契横臥もちつi叉互ひに、或ひは他の、諸々の歴史的硯驚とその敢愈 甥象め契奴・となゆうるものであり、・結局その横顔政人問の本質としての如、鵬、恵に翻する。従つて此等線路棟 の輔係は並列的ず面的ではなくし・て、階鹿的立鴫的であ少うるがハ重たさうでないことも宮邸にありシる・。ウエ 東二十†穏r第十批 \.■ 11 堀山、前端霹、二四七貫。 ヽノ ㍑ 例へぼ﹁峯現時﹂、新潟鐸、襲二貫。 ︶ 13 梶山﹂前掲謬、±毎−二七貫。 ヽノ 14 同 こ九罠。 ニ.叫一

(18)

∼ バアゐ璧葦あうて璧琴既約信仰トト⋮示率涌適ト1十1鹿央倫理嘉欽奥還、蓋︶﹁∴l・十守資本重義精油︵ブルジ.ヨ

ァ輪紳︶の問には、速さ掟階謄的偲契欒の甜係があ㌣庖等の細にはぎの鮎で忘の﹁壌和カナが恵めむれる

−一 か季かを究明するよ欄外匿噂は・琴い誓の棄のるが、こ・曙璧昆こめ究明転より資本、墓精細を虎後に・還念型﹂

ヽ、ヽヽヽ と心耳滞び上が怠る・ため護、由時に蜂爾他の諸表農技孟に芳書宣京菜な苦いふ・、﹂と芸

斎せねぼならない○

り そ毒警蒜つ三論集序撃た苦る三愛′の次の豊から畠警よう︰。﹃票慾、・和宣究、壷攣明 し芸豊富警姦㌫欲澄ど基いふことは、元釜本毒慧塞と窒藷偵が禁つ・た。▲か←牒追

究賃慧1イ、壌粛㌫︰軍票家、壷蒜、牧管掌軍人、意・蔓草讐、漂着−乞食∵十如ち客

、観的情勢償還り転瞥∵時を塵とを間疫本丸める意義讐晶攣る五這共讐宕軍芸。\︰これ

茎本義に結び・つ富や去来朴姦嘉誓つば2警去急窪奮やき貫こと他誓文貸基ぶ

鴻の雷管姦ヘヤ賃。無敵の麗新慾は賢基本主義と同志で各キ号蒜響塞い産業︰篭 、、、、.一11、ヽ

漂垂諾驚こゐ非怠的登の抑削か、晋滝その羞約諾でさ、へあ為る。勿学資本義は、感撞 ヽヽ 的

合畢約恵資本、竃琶に於貰利準即ちつノぬ姦し霜華警是ぼ利選べの追究愚昧し去るbそ ーヽヽ れ

はそれ穿では溜得ない。衆望宏序塞ぐ経莞の内欝㌫潤性▼の確保告管しな基票あつた

なら、それ造落す、る蓋ひないギ穿て厳寧是警を蜂ぺ資要語﹂蕃行警は﹃交換の馨完 .ヽ せ羞

用モ、利益竃待嘉若鮎雲形蕾︶1蒜的寅の警盈ふ海馬﹄といふ意準匿用ふべく、 ﹃

︵形式嘉び驚警︶←刀づくによ孟利は完の内芸例差すもので告ごれ牢番伺賽て︶衰換によ

る別宴待長日とす嘉警周嬰る蓬は︵仲遥遠旨と冨るが︶∵漕ぎは琵待ない。﹄票てか

マックス?ワネ云ア.讃本茸義楷静論の励磁

三三

(19)

紺闘叫弾⋮ ∴嘉 攣亨忘.、警視 ヽ.ヽヽヽヽヽ′1ヽ、− 射る金塊的営利追求は貨幣的資本計算に基いて欄噂的になされるときにはじ欄て秩学芸ものとなり、家計、麓 ▼一 ヽヽヽヽヽ、 営分離の原則と合理的簿記法の確立・及び法制の巷備とと㈲軽斗番頭なる螢廟︵即ち南蓮、薄にブルジョアジトJ 、、、、′、、、 ヽ1・1、ヽヽ1111 ヽ1− の瀞織によぅて、昭雄西洋に忠信てわみ近代的にその榊皮を確寧レ得たょする。そこで文化妃的に視 るとき、琴 ▲ 済的怒味では軽々の華式の資本蓋蓑的活動、眉瞼衆的ハ商烹的活動、東に政争、政治露政及びそれら貯よ島牧益 所動等︶それ自餞ではなくーLむしろ賃銭拶働の、合理的阻線化を樺へる市確約経営慣資本へ玉義の成立−しかも資 ハヽヽヽヽ、ヽ 本重態的労働組戯化︵本釆の相澤資本違嚢制度の成立︶と、身分とし・ての西洋市好調度の戚澄とは決して同時で ヽ/ヽヽ はないが、何れも.闇詳解のみ庸宥め思わ十﹂が中心問題である。γ歩を進めて、此時の諸特徴はすべて西禅文化 、ヽヽ そのもわ1苺忠恕三谷盛妄惑﹂堅不すもわに他たら、ない。固より囲い壌味では﹁倉璃化﹂なるものは﹃すべてぬ 照明閻に虜校の形で凡ゆる生活領域に計って存在したのであつ、花。その文化兜的差異を侍域づけるものは、如何 庭る嶺域が、如何なる方向に合理化され準か、とい・ふ弾絃求めゝ昆ぬぼなぎない。そとで第十の課題と凝るのはゼ ヽヽ 西洋殊に近代西洋の合撃空襲の特徴を見極めて、その成琵につい乞解明することせあらう。牢番は躍済にあると 心ふ意味、に於て、さケt・た解明を試みる際には、恒匿発づ経済的緒傭件をとりとげねぼならない。だがそれと蔑 の因果開儲協てれ孟絶し蒜ならない芸皿し控肇的・篭岩嘉の成耳竿合躁的技術及警護的法制のみならず ヽヽヽヽ 完の現賓的生活方法を茂り緒るといふ人間の籠力及び資格に依存するもの・だから。ごれが精神的に妨厚され ゝ ヽ一ヽヽ ば経済的脊澄明生碍の準逮も困碓な周部親疎忙遭遇せぎるを得應かつ潅。而Lて生活者法変構成㌻る要率の内、 呪術及び筑教力在朝か、る僧仰に捕聯する繭嘩的嶺務観念とは、過蛍忙放て慶安なも少佐率して勾駕宗教祀倉壌 ヽ、 論賂桝牧の論文如取扱はん∵とするのはこの閤題でぁる。去わ内′、姦初の一二論文;新琴滑空友び﹁新教緒準︶、

故﹂つゐ

於七﹂通例慮寓

し難い問題の側面に近づかうとするものであるや即ち∵発宗教的信仰内

(20)

壷が雑酒税念.その特性、経済攣碧成宰潅制約するといふ聞窄む、温付的経済り性瞥姦欲約プロ、オズタン≠ ィ宕の、・貧的豊畠蘭聯姦賢つて澱扱つ・芸であ/芽や警は盛闘係の嘉のみが取扱松組た。完つ

ゞく﹁繚璧宗の鮭準鮮碧佐相する緒論常嫁∵蝉渾繹桝ノあ比較鮎計見紺す篤に必馨な隕やに於て、凄諒と

ヽヽヽ

、、、ヽンヽ

以上⋮齢り車バナの﹁論基序説﹂の慧墨あるが、臆に彼が如何拓宗教愉讐に於て1カ・ルタイニズム夏びそ の系統を払・いた基督新教這に噂ずる致欲的畠諷詠・乱・・監粁致畏な職分鎗捜︵指呼セのものから準迄嘉 した澄ぶなはちいはゆる予C崇童野私・わ諦讐が西洋わ近代資本主義精神の威光に寄興した次警1還

総論謝し去るか、ま琵琶の遍荒坤への顔欝﹁新富沃﹂に祭孟伺蒜やか浣づ誓溜か、■こ

れら葦い′ては璧冒るまでも放いセ参らう。去も牢紬以歪おいてウニバア枚要するノに1第蒜合磁性と楼韻

ヽヽヽ

ヽ ヽ l 陳姦航し訟営利壷∵す奈ち不時¢力づくの登刹が牽芸義柵紳と会孟⋮綱領であ・ること1、しかし合叛的磯 針︺ 舘的鎧捻れる利潤碧1ト是妾企栄家相沖に他誉−なれートは却つて資窒凝轍の慧であるごと。、こ 舟〆ソ′イブンー れ咋西滞隼。妹造化西洋時のみ見られるとと℃警品酵孟の指貴賓計盟約な乃至技術的な︶合雄性こ ヽ、ヽ

そ肇芸鶴の軍柑警欒蒜義挙る蓋であるこ告蜜露文化史的にみ、段1か去・姦他の兵糟化は、

懇意阜苦ろの経臍的絡牧掌別賢れぼ∵人絹の芸去精神的豊誓言急伸づけられ十両浮立佗セ

ヽヽ一ヽヽヽ 改新警真如豊鎗嘩が重富這差し撃と■、ゐ≡警志する穿で雪が一撃の讐・蜂眈遷した盛

挙薔署長る憾み晶守して、I彼護鼻明紀墓室義の慧漂解禁賃・嘗芸者危警欝る、琶

、−、

√ヽヽ 把、赦て問題を近代奉幣義の梯蕗に般足したわけで傷る。しかし乍ら箪∵嘉二め鮎匿ぬいて′−彼は具して隷

言⋮クス、還芸ア章本妻戟楷紺翰の園瀾

二寿

(21)

、 J〃 二⋮六 第二ナ仙雀 爵W翫 、ヽヽ 魂でるりえたであらうか。禦卜七っての本来的演題は、鮨周文化兜の犬れ・枚のであり・普耐に固い㌧で拭近代西澤 ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ、ヽ の梼茸1←禁欲的合攣義としての新率個規が中心セあつで:資雇主義締油右のものが中心−孜のではなかつた。 それ故妃て亀?冒険的乃至鴬制約資本主義が閲題とされなやこ同比やうに、﹁身、外よしての・而属﹂の成立も﹁東束 の資本主義﹂ る限り、、アニバアの問題た少えなかノつなので紗驚Jかりくてりよパテ¢おいては∵近代的合理性は真髄的掟は技術 といふ、制要約要素によつて屈む蕗竃歴史吋鰍盟約に規程され、それを近代琴李寄寓よ℃て﹁且把擾した限サ掟 簸て、その契韓として申粘紬が新教僻軍に求められる。′り土バアめ瑠へてゐる精榊といふものは、歴史的偶蔑の 為にのそ由り、亘れ菖身が蛮み〓つの歴史的桝鰻なのであつて∴合理性が∴園戯に精坤孜わで埠ない。﹁そこで正二 般に屋敷匿おけ▲る精神の逓槙性と心ふものは挙足甘られる!逼把浴へぼ雁好に於て温結してゐるのは、ひと少 準色な食塩性のみであるが﹁ こ1の奇麗性は技術の進歩によサて■のみ壊鹿可能なものである。︶薫るにプ′ルジョア 総和なるもめは、何よりも野民の去櫨的締御で∴めづ七 ぺえないし∵そゆ連鎖性忍者追することもむ?か/七ノ‰、然らばウニバアの考へ七ゐる近代資本、登載摘赫捻、記し 一 的食理性は金糸投礫的嬰東や1い衝動的・篭健勝意慾の並存を心姿としなぃほどに﹁合速的﹂でありうるもの軍めら うか。﹁斑念型﹂主虻果してこのやヶな畢軌さを用哲各こと′灯せっせ・のみ湖水ヒ︰つ七索そ元のであらうか。これ “ 政暫く別としよう。薔努は嘩ガにお沐て予禁欲的怠学至盛の西洋史化併樽堵としての班蒐をみる。濠・君し∵食感 主義は粉紳ではなく歴史的個膿ではないが故に、ひとり銃充が可能なのであるα資本薫裁精神の概念把おいて凍 過れ寒空甜萬回遊の焼薫さ隠、・思ひきや稽で榛野澤的合撃‡艶の峯彗岬的考察の受け容れによつて、壷さに補償

(22)

せられで濁るのせはないだらうか。

このこ息慮に引用麦・﹁新教凛﹂、空軍富も棒誓管こ巷ある。資重義精神若心琶て見る凝

らぼ.、り云云アは三の次元意い■て、資本主義粍紳担封しで禁欲的新教倫理といふ三の・契轢わ環系又は﹁暦﹂

を考へてゐる。か1る茅膚欝コス賢﹂は勿翰多くの垂票就品へば踵誓いふ次元﹀につ心て考へるこ

一新 とが的釆よう。・′り干バアがマルクス¢経済的歴史解稗藍還したといふの拭、・まを督の同質の諸突放の異次布

鞄の標茶化、叉磯城暦化好みとめ配こ、とを意味する。同時誓ルクスの唯物兜鶴を否尽したといふのは、同義

先における異常の緒契磯の垂皿i鰭系化をゆるさ喝と′いぶ意味であつた庵のと看る′べきであらを・さうして、

一事同に

警転こ聖扇の空費盾芸笠、亘エバ志和撃志望槻索否定の態度窟界があゎた時本質筒 l▼・

へ、の躇込み宗可週な第′妄があるものと省還考へ転けれぼなら監。壷こと、鹿系化の光射的香慮の下に峠

、−ノ 2

科挙蜂成立しえない。吾々拭ウニバアの轟音に▲つハい・てほど﹃拳間は塾術である▲﹄ といふ命題を深い感銘を以て

受けとる場合を見出しえな是警ン等差琶今や明らかなやう把、ウニ六アは琴賃金蹄紳の本質として蹄 ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ

、、、ヽ、∼ヽ 洋的合磯至晋考へてゐるのであ、る彼が眞にゾムバルトと撃掌ろのは、埠湯が′考へてゆる資料室豪精細に 拳b七では・なく、葦は西洋的奇麗姦義そめ匁のにおい七ゞなけれぼなちないで.めらう

そこではじめ豊芸は極めて素朴忙次のや、う.に問題を援用することが出挙る。すなはち.ウエバアは無限の営利

愁握代へ為に、′経済的合理灘或

ご名籍蒜の急かどうか幸いふ。と走れ冨慰問時に今や・しかしこれに封する灘谷羞眈に明らかなヰうに

、、、、、111︸、1、、11111、、∼ヽヽヽヽヽ1 畢はれるヾウ写バブほ禁欲的食塩性といふ通念のうもに、賢は人闘催そのものをみためであつた。彼は○打Nid昌㌣ 乳乳∴宗旨SCh′を以て入間申の人間的奪やぁのとみた。・この考へか正しいならば、・いはゆるニストと革も転パー

マツクスて。ウエハア資本ま義輝抑論の即題 鵬二七

(23)

J 二大 讐宇山螢 欝山撃 スも■慧た、虞に人間的、なものと㌦てプル学ヨア的程もめであらぬば放らな㌔然らば草々は∴発・麗隼李質問懲と して、すなは量舘愈箪的檻悶嵩豊蒸する隈や空将いて、資本、‡嘉純綿をぼむしろこのエースざしこの合礎章璃 ヽ−ノ 3

とパト‡しセめ無駄飽和欲といふ、二つのもの1書籍誓言響誉れ孟宗て誓うで一芸う。す

すんやいへぼ∵管くさ人間が﹁撃へ普選の鷹の、計略での︶を日韓すと翠へ烏れる管、すなはち入野としての ヽヽヽ 壁を肯哀ずる限わ、むしろ恒に合理性そのもの庵、ウ芸アが狩別現象とみた士こち¢蜜苧﹂ノ鱒射的︵力づく拙 1\ ヽ﹀ め螢利追求■・︵それ昧俵管し・て賛である︶∵1の診で揉■たかったであらうか?・い讐アウダスティ貫義とペラギ タズ人工議との撃且は村野的のもわ隠すぎないのである。否、りやハア卦身が示した会潤的、九蘭箪的乃至プラグ マ∴デイツシチな歴史解樺の・ガ訟紀徹する怒らぼ十人醸燈そのものゝ解明把方っては、ユダヤ勒鷲利他と蕾約的合′ す 噂性との三者鐸■蜂決心て必然でぼあ少えない管であらう。牽芸拳精神としての合準芸が、⋮乳液る﹁璧芸 ′ 畿﹂乃至﹁八女的令攣崇蓑﹂・トこ興ろ桝以は、そ紘がヰ禁欲的十である断紅豪富といふ、よりも、むしろ﹁登別的﹂ で一ある基いふ鮎澤あるので捻恵からうか。こ√の竿へ㌧は結庸苗民たる諾々肖身の胸の内把払考んでゐる。はウきり 心埠うヾ愁箋なきととろ五経研がどうL七あり、えよう。さうして警芸戎精細披経済の描沖㍊外ぬ如何なる精細 り、ヽ1 でありえよう。 ㌧J り∴移浦盤恕∴アメガカ鷲空義とキサ=スト竪√嵐和二十蒜一、褒久韓鶉店︶に揺る。これほほ、﹁序監と﹁新徽諮準の、㌦ 翻霹が収められてゐる。 わ 大歳教授壷問へ1の反省L哀訴潰船難参照。.勿論この命踵は誤解ぜれてほ凝らないヤ蓼暫覇識乃著それにもとづ・く閻系 化が飽何なる意警もつ去るかについては、ヾ抽選授最近の論雷参照すべ計であらう畠田竺∵﹁揮駿科管して lⅥ¶ の躍済讐︵▲﹁職櫻澤研笹の課讐︵2︶有感据、所収︶。しかじ敬一授のいぼ伊る﹁経験科讐以外に﹁際粥撃﹂の筋域が ないかどうかほ全く別の開聞であらう。

(24)

そそ賓蒼々の鍍槌の激越挺る蟄挙宏武蹄紳の歴史性といム問題の意昧も、また噺く明逐かとなつrくる†今や ゝ伊 ヽヽヽ ヽヽヽヽヽヽ 艶倉蚤裁との観取を迫られ私感る蓼昧甘む垂木、㌫姦の問題転卜忘佐ぉいてはたしかノに近代的問題である。すな ぼち攣∵甘利数的間管しては、′.それ終生魔力敬巌と桝得分配の・不均秘との矛盾として∵凝二匿略精細的聞損と ヽ、ヽ ヽヽヽヽヽ しては、それは崇敬的倫理の手段化によ患粟粒の治減車いふ形.拡患いて、まさに近代のみに係る問題であ.鳶し ノ・▼− ヽ′ヽヽヽヽヽ かし乍ら他面にぉぃては、足れは決して罫陀近代的問題なめで.吼琴誓中世、∴苗代をも食めて、人間の過去の事 華時代と倶にあり克ところの、私有財塵制度及びそ.の鎗致笹封する歴兜性認識の醸純な閏畢この問題こそ吾々か 箪ひは・[経済的騎士遭の敵愈的可能性﹂∴マ一斗ヤル︶を考へ、或ひはいはゆる.﹁精紳革命﹂を考へるととの、 し 親木ぬ鮮警誇れぼな、敷いとの場食−奉還資漆義教以て決し靂吋﹃蹄拝毘窮な近代の合致的舎叫 義精鯛の歴兜性とをが1つま凱営利追求掛野坤の歴史性こそが、ぬ胱及び将来の杏 一り、、, 発脊にかる琴李ま鼓 ﹄をも包含せしめて・、すなはち滋賀的にごれを考へ宅ゐるので庖って、こ望風味の琴禁二 る急ぎ〓千年佃世界に携恵つ宅ぁるとごろノの高利褒、恕争蘭魚勢頑、甘撤ならびに徴税引−卒人、大商人、大金轡 扮ぜれ蟹のみ叡考へてゐるのでぬなく∵買郵﹂印度、 々打撃本間恕卑のである?と の本質上の問題望芸に、㌧い漁ゆ計功相生襲j般の′瞬い吟味どいふ福祉な副題む戯興ずる。それはあめマ・ルクス の後底的野卑にキりて簡単に掬し蒙られ挺寄のべ・ンクミズムの紛併箪約再吟味といふ滋味掟兼てゞ疫な、ぐ羅坪 ∴﹁九 瑠ツタズーウモハア督単五義聴許論の原題

償、拙滞読本墓碑買賢ハ四臥瓢雷−単二り乳嘉、

′ あ軋が、漁して臥に静観的乃蟄ほヘーゲル懸紛展のみを考へたわけでほない。⋮渇この諭相と牙屈するやうにみたる の㌧で∵誓言したい。 田

(25)

、 ● 讐革ナ攣第γ耽章 に思想兜的琴意昧で1¢ひろ空疎腹でなけれぽならなり品蕗ではしか‘しこ や︶。この課題を管して・はじめて吾乍軋、人間性の璧少に射する規範を嘩じぺ敏扱ひうること十瞥掛るせあらう。 ′一 廃してさうである怒らぼ、㌦ウHバアの安永、王磯野紳蹄の番数略、その本質的関野の究明にではな㍗して、そわ 努麟的間轡の分析把あっ率のであるどhぶとと\はぃ憩冬朋むか号数つで乗啓やぁむう。河畔にその契機、花るアス

ため匿はー間

ケ1Lテイ㌢シ苛な新教職尭紛嘩が∵近代賓本妻盛精神の内容に符合する如︷忽かれうる・野郎東経葦 ■ を表和では避けて、慧箭食草薫裁とと1も軽仰の∵謬利﹂精油許せ英威から繍鹿ぬ廊.斥す甘粕掟なかづたといふ \.ノ 2 感情悪制明するであらう。吾やは賛誇を作はぎを穿易な直観む排斥す奪しかt愛た特殊.草履史的賛謹掟ぉぼ れて本野間琴に射する塩観の虞響芸見寧言とがあつノではなら■ない。重言ノ把ケニアが取扱′つたものは、資 本主義の契機﹁ト戯茶化され竺′つの麺棟であ・つ七、嬢が放て腐放かむ取除′やたとこ・みの営利慾と合撃王撃般 とそ、豊は琴茶室琴柑紳の承繹内容を現再疋するもの咋鱒凝ら・翠かつたのである。とゝで常然票完はしぼし楷丑 空つで冷静に琴準主義︵精神︶ゐ正食草的考察を↓應顧み嶽け/れば●孜らない。 高田傑爵将草の朗読ぼ∵この登別慾芝還性との開聯にぬやで琴琳、壷精確の・埜煤をば酢倉革的︵カ富敢愈心 釘√ 淫革的・︶、に考察した典型で挙ると見られよう、?薫こやは或る嘩の宗野去勢カ、∵或る民放の特殊の性格とい、ふ

が如を歴史的個瑚駒慕情豊党誉れ摩いが杓警雪ごアシ㌧ニスぁい披ゆる諏毅郎﹂一志聾芸

義政禽の問琴豊謬廃すかわけであつて†安東主義抄十養的■繋蛋は﹁利潤の勢和らぬ和む徹底せる合理的追求﹂ ﹁利潤の狩猫﹂、﹁琴不の自己増殖傾向﹂・であわーその利潤題求良﹁傘光警護痙絡せらるべき飴禦嚢特約︶ の追求﹂・の七を雪がバか1る告、と七﹂の琴芸警告華的考察の毒液這﹂纂讐慧若菜違 . ヽ 、 、 、ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ − Lて、第二に蝮伸子の人間¢終力欲望、又は九蘭禰宜の不畢尊称重態別.へ=の傾向の蜜硯過程とし七、▲把擾せられ

(26)

ヽノ 5 ゥィワトウォーゲルが指摘してゐるやう軋、敏雄巴匿ぁける家長的農民家族め億威胡或は、束滞の集約的因 襲的農耕法華軌的蒐組敷的農耕め為に数求され藩偶感的仕魔の倣彗傾くから矛盾を放ちみ、基い封養制度その 畢のもV東洋の莱れ程には紆暦的′のものセはなかったのカ畢い織巣寮永の形成が芝に作用ナるに及び∵不瞞なろ 恵もの、乃至時鹿的私産をう骨たも働と七て努へられた資季重義・はJ乃至はその1﹁憩念讐∴たる撃不要基粍紳は 葛透ころ・に率るとされるⅦで警やご㌢なはちメモハル.ト及びウ.ェバ7紅於ては多くの葺こをあれ∵と亀鑑歴史的

ヽヽヽヽヽヽヽ

蒔勒伸串の場合には全英時制と場所払超越した−﹁濁度の敢轡町有する傾向め駁琴概念﹂にすぎない抄であ\少、示

薯論が虞正面かも取上げられて偽るゎけであって、こ船場今に資本主豪︵玖蹄紳︶は合激化計れ一た勢力乃至樺威

欲望にせって琴誓亡れあよごろの贋臍的爛入違嚢め歴規過恕として把握せられてゐるものと考へ=られるヾ以上の 考察は明らかに資李義・︵精細︶が合地顔胤と健勝欲警あ釈義とし√て把捉されぬぼ・老警と登不してゐる 鉛で一めるが、とのうち合漣原期礎攣崇㈹じたやう牒㍉僻統、薫裁﹂.や﹁啓蒙違惑﹂.をも含めて琴ぺ為限り、∵いはゞ 麗應東的、又嫁即人間的なもの七渚へねぼならないであらう一?すなはち赦寧玉串が畢思慮言れ矩蛙陀も、例へ

ぼ幡差の問題としてソ又聡分に封する報酬の霊屋ぬ問題として、やは■少経済的人間敢禽の中や放題たらざるを

4

待ないわけであらう。をこ骨問凝はノ、\わはゆる不平等又は権威の欲望凝る戊のか束帯に席史的たものかどうか

といふことで参り、さうして唯心論的側面転おける凡ゆか琴茶寮麗敬めぐる論議も、こめ新卒中心に旋回するの

ノ√

である9∴トー一斉、。ペアトツン、バイ.ンズ、雰ラウス等のウニア批判の準不扮掃海聖恵貴地にあつたもの 逢着ぬぼならないダ右の問題につき欒鶴的精神串愛弼者は箇箪に見れを骨耗t、恵準舵愈、蓋論・乱は忍有財務御 慶の凝壊によつてのみ之を蜜現しダる、㊦勒と考へてゐる。か1る議論の分喋ぬ÷醍如何なる笥偶によるのであち うか。 マックス。ウ.車バ、ア督本‡蕊椅紳諭の掃趨 四ナ

(27)

11J る功利、悪戯酌スコラ哲質により基礎ヴけちれるi︺滋撃∬する。ルネツすンネは政令の成るム腐′に衝心牒路こ の禁欲︵殊に標的誹諜︶の鴇系からの叫蕗的脱出を蘭昧する。しかし乍ら↓か1る脱出が⋮厳に必蟄ガつたといふ ととそれ白身が、やはり霊等あ還。﹃ルネヤサノンスゐ後1﹁肉の制御﹂が宕♭肇管玉法灯基礎の・土にあらためて そして激象瓜根扱に立って茎冒され一た時、欧許巴においては、全潜行欝時代が建設し計愈が丼ネッサンスの間 にも決して完全陀は克服しなかつたせころの観念む、後れ.引草炭すて注が出来た。﹄この推論を侶サベきもゐと 率へうるとすれぼい禁欲的粍輌は放して罫に成代的転産物では・なく、その盛儀においては擢威に勤する放縦、・挟 首すれば梼威そのものの較棟的容認で、あり、厳にす㌧んでいへば敢愈的楷威を縛る偶人約健勝恕璧の骨耗に触な らない。これが経済的飴劉を屈める方向にあふ蛙れると J ろの取締革命論せイ敵愈転義的革命腐も、利鞘蔑凍の香淀を億℃て墓場把淑曾的概威の各党によるルネツ・サンス あ鞘輿世目指してゐ、滝の▲で捺滴るが、とのごっの\改革論の闘の鼎凝は、商人わ肖然経としての柊力欲堅そのも β、液諺兜約の.ものとして華麗しょうとす薄かヅゑれ凄も依然とレ常長れ必敬瓶射的繭凝と一して認めつ、与出費す \ るか一、一把懸つノてゐ.藩港のといぺようご已切慧昧に海瀬て橿野の粍湘軍命論はマルクスので掟なく、蛮た雪ごル ケゼールのでもなく、革貯木イゲルの蹴念的鋸許汝の、みむ必蜜華サるぜ そて.巧厳に利潤過求の粘潮の旋妃性にわいて。料考として考へねばならぬこと略、撃邪、む鱒を倉政的刹軌追求 の舘野として捉へる・場合掟、傘瓢利鞘とし℃の利桝紙念絃凝らか畝鮮史的なものセある推しでも、い按ゆるへ﹁滑 ヽ−ノ ′0 驚晶荊﹂︵、て㌣ヤ′ル∵の迫思を香定すること枚不可隈だか心ふことである。\潮となればをの否定は既に経絡 や′

四二

革〓ナナ批∴磨一谷

市民赦愈の教生がみられ、こ家長的樺威略啓くから欠魔す藩。∴しかし隼ちちれ艦代るととろの諒恕的撞威.殊に中 ′u せ敢愈に.翠げる致命の療威は∵嵐洋のご大赦禽の何れ軋もない′張力な禁欲鎗払ふ十十それ揉私布財産制度匿閲す

(28)

決して凝粟近代應許恥鱒の攣八−宣眩惑をれた牒の&解すペ澄やほなく、むしろ潤筆青飴剰わ道東め粛惑慈毎新 味ぐ柑猫払おものと潔へぬばだらない。人醗に蕉餌欲望がある限守拭.汚準項飴剰の追求が行はれざる︰む待ず、 ヽ、ヽ.ヽヽ 畢づセ靡い蔚嘩での、利潤り捏・追求、は琴誓入組軋脅呼水野際脊サるもの蓋賢ぬはならぬであらう。巌早野かをむ紆 、、 ヽヽ 黎﹁螢机ゐ離紳﹂.と呼び錯ないで抵−ないかとヤか雲脚虹射しては、筆意誓感別の粁紳﹂む考へてゐるのだー﹁呑 ぺる飽墜票。固より忍宥灘産制卑の廃幣又は仰恕≠の之、に代る酢阻的軽率によつて一明有軋基タぐ優勝欲望 繁他の形の傍腱欲誓掟蝉憲心ことは招覇よう。しかし乍むそれは依然として消費者の敵対追求を否定するーもの ′/ で鱒葦い一。・こゐ穀昧で拭書滋はプレン針1′療の通俗な見解に、/二鶴的乍むも激外の甫嶺が分葱れせぁる≠いふ こと滋兇償さ放けれなら恋い帯解し飽く葱で∵簡約に、やあるh。 ∴ぬて璃置な以北のやう′虹本勢の璃かち﹂.政敵心坪野的鱒つ霊腑めることは、或る常昧.で針牲鰐極めて釜聖二砂 牒、・放艦絶望踊町に鮮碧封鮮の開放を究め也掟も.﹂仏経ゆる典侍分節やハ、不可紋わものやあらうやしかし薔々の ウ鳶ぢに、那甘も懲罰監業はそこに甘な誓書†の論点ほ∵こ′わやう庵散剤追求の揺榊が、何故た近代にお′い 革帯別に鮮明な形でクロづズ†ケツブされねかr凄いふ封を考、ぺる′こせにあるのであつて、をれ、は決セ﹂純轡的笹 解決留ら竃べき・関野で一偏莞薄サ悉音素れそせまき陪藤鹿的賽誇由研兇の成凝潜伏一つては℃めて嘲らかになる 択垂ものと心はぬぼなら怒心。カ票ハア抹明らか払℃働ことを撞く撃へ乍ら資李‡琴粧紳の問匙を放卜薩たので マツ久スぺ寧ウニプ台本蓬莱粍紳給の踪超 望⋮ そのものム香肇に飽なら放心らである。﹁交換﹂といひ﹁流通の巌義﹂といひ′﹁経臍的公jE﹂成ひは﹁畢寵への琴﹂ といふやiな観念梅沢して第に近代的改ものでは恵ぐ、むしろ恐らく人間雛愈の堅且とともに紛針つ′た根源的術 数約なものとすらいひうるか、.批等の槽念掟何縄も終臍的にみれぼ、滑選登飴猫m追求豊酌拉とLてゐるペア〆 基。スミ、スが﹁登撞性向L′竜⊇憬昌象y箪ノe舛C訂呵璃︰OH許諾Hを以て人阻の東経樗鵜ざすもの・と考へたのは 7)

(29)

第二十丁巷 第ナ耽・∵ ヽ 酪四 濾革るが、豪富痘の敢曾革が民族的室閻の心埋分所を次いて株成立しが溶いや 、ヽヽヽ た国民斯型の間魔せ礫澱する・慣周東竃の優勢認識か畠離れざる.をえないや凍モハ才略翠た氏族畢約及びÅ斯箪的 ㌧−

∴ ト ∵..、.:二−: :.こ︰、..二..

−i昔風≡息itrium人自勅裁断︶を協ノウ民族性は資李立並の・夜めの必螢練件ず琴芝が一例の.機業倫理を育成せる 、 、ノ q− 地儲で・は決tてないと∵㍑.は嘗巳てすらゐる。拐薫バタがむしろ結琴略恕や℃藤兜撃着たるより針、敢脅攣 着であちたとい、漁れる転由は叢にあり、∵同原に戯の﹁啓開が跡片的I√壷系否定的といはれ乍ら成る督昧で自づから て?誓型帝を作打えた速いはれ昂所以染地陀奉るセ取らうで漆う考べてはじめて吾々塗ウェバアの輪珪的合鍵 主義としての近代資永主義締紳解群の意味と限界とを嘩解する乙とが嘩琴る。′吾々は叫方略率い耳ウエ・バア?烹 琴にも拘らず、依然として﹁令埋的傑膠澄慾﹂として、合轢的螢鎧重恩て琴本義去満仲の本学虹捉\へでゆく ことが出来るが∵而も他方では筒宗教上め勢力の薮なら悌民敵性や掛導番線個性や、品埋的環境な乱といぶ諸々 ヽヽ の突破釣要素を衝兜蒜しで、雨風容概的にではー㌣姦的に、豪華義満沖に、勤し孟tく位混づけて晩かぬ ば・ならーないのであ=つ七、壷の意味の本彗論と契機論とは乾して互Ⅵ排しあ∴ふべ針巌のではない。さうして文化醒 霊前に表現すれぼ、この三つわも鋸−いはぼ沈静と終乳牛十畝疲介するものこをごぼ掛る﹁形態の詞讐 夢阜01鼻ゎに他・孜らなヤで参らう。︵・﹁・ゴ㌢トル痙臍堅乃至生活経済学が愈て踏込んだ膨潤七撃的領域は、 間よわ奮々にと・つて永遠にオフ‘“ソ、、、ヅトで・吼骨れば,なむ革い。しかし乍ら経済のモル・フォロギしを愕グーデ 憂超えて、更には賛たアルフレツ下・ケエ/バ・笹を超えて黎屁鼓せ姦ことについ、て、或る億昧で此の次の人†が威 しとげた業法章でも無下麿番空言赦近の∴般の考へ方に勘して、は∵璧朴は;め丸きな疑問姦じてゐ㌢︶ り 梶山ヾ即常識、鱒二卑∵

(30)

L ヽ.ノ 4 ヽノ 5 S−1せ宏\■ほ明らかに制瞳的、ノ従って歴史的なものである。ibid・憎ワ∞豊−00だ● 乃 A・Sヨt野:司邑許0﹃弼aぎn㌣鹿こ.ch.ii.℃∴㌣ 〟 勒 移捕、離職諾、序説末尾︵三丁叫一四貫︸参照。 町 梶山、前拭滋、六入賞。 ヽ 用 群潜の右ルアオロギーの.閑適そのものにPいてほ、賃は曾て極めて翫米な屋耀を試ふたことがあるが ︵筆者、東京歯 大卒業論攻﹁恕蒸のキルフォロ単一や形而上離基躍﹂昭十七︶、その巌簡な考案ほ遥か他日に期する他はない。聞これ ︶ ′LU 衿 ウニバアほ ﹁符本主義精辞Lの発展を以⊂合理主義の大きい教展の部分的現袋と挑めることに、はげじ′滋射する。弘 滞ツ=クス占り箪バア農本主義禰坤論の紆趨 いふ迄鬼なくマーyヤルほ此の詔 ︵∽雀溜竃意1溜直見を撃義解脛瀾的意味に膚偏して周ひ.てゐるが、しかし 効用と犠牲と、の寓較が可準な限れは、札ゆる葱這湖充されう藩宣のと思ふ。A∵才ど卦aヂPri宍i笠のび○﹃EcO・ 。溜竃1、00ざ・濃∴竃∴竜や⊥督・之に反んて勤労者節制∴w。許諒諸色us︶及び貯蓄登録制 首ve誌 ′ ノ/ 怨の合理化を例に探つてあ限らかなやうに、合窄蓋義の螢展は歴史上∵様々な人間の畢清濁城でパラレルに頚蓮したも の\でば決しr.ない、と︵梶山璧ハ七讐。じかしごJれほ鰍やに占ヂ索ルな議論であるつ合理性の静鰐を人・閻嘩の靡展と解 ㌻滝ならば∵﹂れは、だ堪る繊を見て森を計ざる議論といほね瓜ならない・。 高庖保題﹁閲家法階級三唱九︶軍窓論﹁蒼本意義が融暫数的考應L 参照、離間拙稿。周砿凝煎のいほゆる祀昏萎凝計滞踵所論がベーゼスの痛烈な批判′︵亀済計算イ髄論γを遍服じ、ぅるた ぐ ∴r㍉ めにほ、結嵐に恵い㌣好評選録及び職業温搾の自由を謂めざる孝義いといふ方面に効きつ1、あるーしとほ周期のことが ∴.\ ら、であらう。 ウィットワ・考ゲル∵粛滞的赦留の車輪﹂森谷隕野蒜福、、完九ユ一5七莞 \芦戸ヨ芭○乱丁重富c冨夢 温風首肯官甘÷悪風d︸ag昌\d漂E蔓音字讃∴d甥、.署旦官昔壱鞍ぎS邑i昌・㌦宮rrA喜rit恥t戸 明a邑lざS甘烏甘ふゃせ首鼠三富S窟遷宮官爵完・d.、ひ1..−諾の.︺∴ 四五 工∵∴∴㌻

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :