001-ŒÚ”Ł-2b

52 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

ダイヤモンド社

出版案内

7月の新刊書籍

[地球の街角へ]

ロンドンから南へ。

[著者が語る]

『逆境のリーダー・石橋信夫』

[編集者が語る]

『中小企業のM&A 交渉戦略』

連載

梶井厚志

森 達也

西村ヤスロウ

江本正記

佐和隆光

武田双雲

池内 紀

柴田 高

木下英臣

東山純也

天海 啓

エッセイ

中谷健一

櫻井よしこ

菅首相は改革の全体像を示せ

古谷文太

異色の上司が教えてくれた 「損得学」という考え方

(2)

【 巻 頭 エ ッ セ イ 】

菅首相は改革の全体像を示せ

櫻井よしこ

Sakurai Yoshiko ジャーナリスト、国家基本問題研究所理事長 櫻井よしこ氏の最新刊『日本を愛すればこそ、警鐘を鳴らす――論戦2010』(小社刊)絶賛発売中! 日 本 の 迷 走 は 一 体 何 が 原 因 か 。 衆 参 両 院 に は 合 計 七 二 二 名 も の 議 員 が い て 、 彼 ら は 日 夜 、 日 本 の 在 り 方 に 心 を 砕 い て い る は ず な の に 、 な ぜ 、 日 本 は こ ん な に 儚はか な く 頼 り な く な っ た の か 。 答 え は 明 ら か で あ る 。 ほ と ん ど の 人 が 目 先 の こ と し か 考 え な い か ら だ 。 民 主 党 を 見 て み よ う 。 菅 直 人 首 相 は 、 六 月 二 二 日 に 日 本 記 者 ク ラ ブ が 主 催 し た 与 野 党 九 党 首 討 論 会 に 出 席 し た が 、 ま だ 若 い あ の 年 齢 と 、 民 主 党 へ の 高 い 支 持 率 に も か か わ ら ず 、 お よ そ 迫 力 も 輝 き も な か っ た 。 首 相 は 消 費 税 問 題 を 中 心 に 語 っ た の だ が 、 そ れ も ﹁ 自 民 党 案 を 参 考 に し た ﹂ と の 前 振 り つ き で 語 る 。 自 ら の 責 任 で 国 民 に 負 担 を 求 め る 気 概 を 欠 い て い る の で あ る 。 他 党 首 の 批 判 に 対 し て は 手 元 に 置 い た メ モ で も 見 詰 め る よ う に 視 線 を 下 に 落 と し て 答 え る 。 そ の 覇 気 な き 姿 は 、 参 院 議 員 選 挙 ま で の 短 い 日 々 を 失 言 し な い よ う に 過 ご そ う と す る 精 一 杯 の 防 戦 の 姿 で あ る 。 首 相 の 心 を 占 め て い る の は 、 参 院 選 の こ と だ け だ 。 ﹁ 政 治 は 数 、 数 は 力 ﹂ で あ る か ら に は 、 首 相 が 選 挙 で の 数 に こ だ わ る の は 当 然 だ 。 問 題 は 何 に よ っ て 数 を 得 る の か で あ る 。 こ れ ま で ず っ と 、 政 治 は 世 論 に 媚こ び て き た 。 世 論 に 耳 を 傾 け る こ と と 媚 び る こ と は 別 で あ る 。 世 の 中 に 向 か っ て 、 今 、 何 を し な け れ ば な ら な い の か を 説 く の が 政 治 の 役 割 だ 。 税 に 関 し て な ら ば 、 日 本 の 財 政 が 真 に 危 機 に 瀕 し て い る こ と 、 早 け れ ば あ と 数 年 で 破 綻 し か ね な い こ と を 冷 静 に 説 く こ と か ら 始 め る の が 政 治 の 良 識 で あ ろ う 。 そ の う え で 、 経 済 全 体 を 成 長 さ せ る こ と の 重 要 性 を 説 き 、 手 段 と し て 、 企 業 も 個 人 も 経 済 活 動 を 活 発 に 行 え る よ う 、 国 際 水 準 に 比 し て ﹁ 非 常 に 高 い ﹂ 法 人 税 と 所 得 税 の 税 率 を 下 げ 、 国 際 比 較 で 低 水 準 に あ る 消 費 税 を 上 げ る こ と の 意 味 を 説 か な け れ ば な ら な い 。 だ が 、 そ れ だ け で は 不 十 分 だ 。 国 民 に 、 日 本 立 て 直 し の 努 力 と 負 担 を 求 め る な ら 、 そ の 前 に 、 ど う 見 て も 多 す ぎ る 政 治 家 の 数 を 減 ら す こ と だ 。 公 務 員 の 数 の 削 減 も 明 言 す る こ と だ 。 こ の よ う に 改 革 の 大 枠 を 示 し て か ら 各 論 に 入 ら な け れ ば 、 国 民 に は 全 体 像 が 見 え な い 。 全 体 像 が 示 さ れ て い な い た め に 、 有 権 者 も 事 案 毎 に 反 応 す る 。 国 全 体 が 大 目 的 達 成 の た め の 長 期 戦 略 と 無 関 係 に 具 体 論 で 右 に 行 き 左 に 走 る 。 そ う し た 状 況 の 下 で 、 政 治 家 は い よ い よ 、 一 メ ー ト ル 先 、 五 〇 セ ン チ 先 の こ と し か 考 え な く な る 。 長 期 戦 略 と 大 目 的 。 日 本 の 政 治 を 、 日 本 に 大 き な 影 響 を 及 ぼ す 米 中 両 国 と 比 べ て み る と 、 根 本 的 な 違 い は 、 そ の 二 つ が あ る か 否 か で あ る 。 そ ん な 日 本 を 真 に 立 て 直 す に は ど う し た ら よ い の か 。 そ の こ と を 常 に 考 え 、 毎 週 ﹁ 週 刊 ダ イ ヤ モ ン ド ﹂ に 連 載 し て き た 。 結 果 、 今 年 も ﹁ 論 戦 2 0 1 0 ﹂ を 出 版 す る こ と が で き た 。

(3)

表紙デザイン=重原 隆/本文DTP=ダイヤモンド・グラフィック社 巻 頭 エ ッ セ イ

No.105

7

月号

2010

目次

連 載

エ ッ セ イ '最新MBA用語事典【グロービス経営大学院】……第49回 8 '7月の出版案内 19 'Editors Recommend……『中小企業のM&A 交渉戦略』 25 '地球の街角へ……ロンドンから南へ 24 'ビジネスマンのための健康ラボ……ピロリ菌退治にニンニク 41

2 10 12 [ 著 者 が 語 る ]

西

コ ト バ の 戦 略 思 考 ︵ 37 ︶ 4 リ ア ル 共 同 幻 想 論 ︵ 39 ︶ 14 ク リ エ イ タ ー の た め の コ ン テ ン ツ 検 定 入 門 ︵ 8 ︶ 23 59 ︶ 26 カ バ ラ   成 功 の 方 程 式 ︵ 4 ︶ 94 28 27 ︶ 30 漂 う 日 本 外 交 ︵ 10 ︶ 32 あ か ね 色 の 渦 ︵ 34 ︶ 36 外 科 医 の つ ぶ や き ︵ 19 ︶ 42 ハ ー ド ヘ ッ ド & ソ フ ト ハ ー ト ︵ 103 ︶ 44 62 ︶ 48 1 目 次

(4)

自 滅 型 リ ー ダ ー が 続 く 日 本 鳩 山 由 紀 夫 内 閣 が 一 年 も た ず に 潰 れ ま し た 。 発 足 時 に は 、 七 〇 パ ー セ ン ト を 超 え る 支 持 率 が あ り 、 国 会 で も 安 定 多 数 を 確 保 し て い る に も か か わ ら ず 、 自 滅 し ま し た 。 自 身 の 政 治 資 金 の 問 題 、 小 沢 一 郎 さ ん の 問 題 、 普 天 間 と 、 数 え れ ば 理 由 は い ろ い ろ 上 が る で し ょ う が 、 最 大 の 原 因 は 鳩 山 さ ん 自 身 の 指 導 力 の 欠 如 で し ょ う 。 問 題 解 決 の た め に は 、 そ れ ま で の 経 緯 と 現 状 を 正 確 に 把 握 し 、 方 針 を 決 定 し 、 そ れ を 実 現 す る た め の 機 構 、 体 制 を 作 り 、 有 能 な 人 材 に 権 限 を 与 え て や る べ き こ と を 実 行 さ せ ね ば な り ま せ ん 。 そ し て 人 事 権 を 持 っ て い る の だ か ら 、 官 房 長 官 が 機 能 し な け れ ば 適 任 者 に 替 え る 、 幹 事 長 に 問 題 が あ れ ば 更 迭 す る ⋮ ⋮ 。 鳩 山 さ ん は 首 相 と し て 、 誰 に 何 を 指 示 し て い た の か 、 最 後 ま で よ く 分 か り ま せ ん で し た 。 リ ー ダ ー と し て の 資 質 に 疑 問 が あ っ た の は 、 鳩 山 さ ん の 前 の 麻 生 、 福 田 、 安 倍 政 権 も 同 じ で す 。 み な 自 滅 に 近 い 形 で 短 命 政 権 に 終 わ り ま し た 。 そ の 状 況 は 、 政 界 だ け で な く 経 済 界 も 同 じ で す 。 失 わ れ た 一 〇 年 と 言 わ れ た 九 〇 年 代 、 多 額 の 不 良 債 権 に 立 ち す く ん だ 金 融 界 の リ ー ダ ー 達 は 、 決 断 が 出 来 ず に そ の 処 理 を 先 延 ば し す る だ け で し た 。 そ し て 、 そ れ に 続 く 二 一 世 紀 と な っ て か ら の 一 〇 年 も 、 停 滞 し た ま ま 日 本 は 進 む べ き 方 向 を 見 出 せ て い ま せ ん 。 率 先 垂 範 型 リ ー ダ ー の 必 要 性 リ ー ダ ー の 不 在 。 こ れ が 、 日 本 が 停 滞 し 続 け て い る 最 大 の 原 因 で し ょ う 。 も ち ろ ん 日 本 に も リ ー ダ ー が い な い わ け で は あ り ま せ ん 。 現 に 国 会 議 員 も い る し 、 各 企 業 に は 社 長 も 会 長 も い る し 、 官 僚 の ボ ス 、 業 界 の ボ ス も い ま す 。 し か し 、 そ れ ら の 多 く は 、 談 合 の 差 配 役 と 言 う と 言 い 過 ぎ か も し れ ま せ ん が 、 調 整 型 の リ ー ダ ー で す 。 進 む べ き 道 が 欧 米 を 範 と す る だ け で 足 り 、 あ と は ひ た す ら 働 け ば 、 右 肩 上 が り の 成 長 が 期 待 で き た 時 代 は 、 調 整 型 の リ ー ダ ー が い れ ば 充 分 だ っ た 。 し か し 、 そ れ は 八 〇 年 代 で 終 わ り ま し た 。 調 整 型 の リ ー ダ ー は 、 現 在 必 要 と さ れ る リ ー ダ ー の 役 割 を 果 た し て い る と は 思 え ま せ ん 。 で は 、 今 必 要 と さ れ る リ ー ダ ー と は ど ん な タ イ プ で し ょ う か 。 最 初 に 思 い 浮 か べ る の は 先 見 性 に 富 ん だ リ ー ダ ー で す 。 し か し そ れ は 、 ア イ デ ア を 募 集 し た り 、 コ ン サ ル に 依 頼 し た り す れ ば あ る 程 度 補 え る で し ょ う 。 そ れ よ り も む し ろ 、 ど ん な こ と が あ っ て も あ き ら め な い 強 い 精 神 力 を 持 ち 、 人 々 を 感 奮 興 起 さ せ 、 持 て る 力 を 引 き

❖……著者が語る ● 定 価 一 六 八 〇 円 ︵ 税 5 % ︶ 野 口 均Noguchi Hitoshi 一 九 四 七 年 埼 玉 県 生 ま れ 。 フ リ ー ラ ン ス ・ ジ ャ ー ナ リ ス ト 。

(5)

出 し 、 不 可 能 と 思 わ れ る こ と ま で 達 成 し て し ま う リ ー ダ ー で は な い で し ょ う か 。 そ ん な リ ー ダ ー は 実 在 し な い と 、 ほ と ん ど の 人 は 言 う で し ょ う 。 た し か に 滅 多 に い ま せ ん 。 で す が 、 い ま す 。 正 確 に は 、 つ い こ の 間 ま で い ま し た 。 敗 戦 後 シ ベ リ ア 抑 留 か ら 引 き 揚 げ 、 徒 手 空 拳 で 一 か ら 大 和 ハ ウ ス 工 業 を 作 り 上 げ た 石 橋 信 夫 が そ の 人 で す 。 石 橋 が 現 代 の 日 本 で は き わ め て 希 な 、 自 ら 困 難 に 立 ち 向 か う 率 先 垂 範 型 の リ ー ダ ー で あ る こ と を 知 り 、 こ れ こ そ 今 日 本 が 必 要 と す る リ ー ダ ー 像 で あ る と 確 信 し 、 そ の 足 跡 を ﹃ 逆 境 の リ ー ダ ー ・ 石 橋 信 夫 ﹄ に ま と め ま し た 。 戦 地 と 抑 留 生 活 で 、 リ ー ダ ー の 資 質 が 開 花 石 橋 は 、 驚 く ほ ど 強 運 の 持 ち 主 で す が 、 一 方 で 次 々 と 不 運 に 見 舞 わ れ ま す 。 昭 和 一 四 年 に 奈 良 の 吉 野 林 業 学 校 を 卒 業 し 、 赤 い 夕 陽 の 満 州 に 憧 れ て 満 州 国 営 林 庁 に 入 り ま す 。 そ し て 森 林 伐 採 地 で 馬 賊 に 襲 わ れ 、 三 日 間 厳 寒 の 森 林 を 逃 げ 回 っ て 、 九 死 に 一 生 を 得 る 。 召 集 を 受 け 、 関 東 軍 の 小 隊 長 と し て 抗 日 ゲ リ ラ と 戦 闘 。 上 官 の 無 謀 な 突 撃 命 令 を 部 下 の 犬 死 を 避 け る た め 抗 命 罪 覚 悟 で 突 っ ぱ ね る 。 本 来 な ら 銃 殺 も の で す が 、 戦 力 を 南 方 に 割 い て 現 場 指 揮 官 が 払 底 し て い た た め 、 ビ ン タ の 嵐 で す み ま す 。 石 橋 も 南 方 戦 線 に 送 ら れ る 運 命 に あ っ た の で す が 、 演 習 中 の 事 故 で 下 半 身 不 随 に 陥 り 、 南 方 で の 玉 砕 は 免 れ ま す 。 し か し ベ ッ ド か ら 起 き あ が れ ぬ 体 と な り 、 自 暴 自 棄 に 陥 り ま す 。 と こ ろ が 、 名 医 と 出 会 い 、 下 半 身 の 神 経 が 奇 跡 的 に 復 活 。 す る と 制 止 を 振 り 切 り 、 石 橋 は 足 を 引 き ず り な が ら 、 最 前 線 に 復 帰 。 そ れ が な ん と ソ 連 参 戦 の 当 日 で し た 。 そ し て 敗 戦 。 ソ 連 軍 の 監 視 の 下 、 石 橋 は 一 〇 〇 〇 人 を 超 え る 大 隊 の 隊 長 を 命 じ ら れ 、 行 進 を 始 め ま す 。 こ の 時 、 最 初 は 帰 国 で き る も の と 信 じ て 、 行 進 を は じ め ま す が 、 行 き 先 は シ ベ リ ア で し た 。 過 酷 な 抑 留 生 活 に 、 石 橋 は 、 隊 員 の 待 遇 改 善 の た め に ソ 連 側 に 抗 議 し ま す 。 そ し て そ れ が ア ダ と な り 、 拷 問 に 等 し い 過 酷 な 取 り 調 べ を 受 け る 。 こ れ を 、 不 屈 の 闘 志 で 乗 り 切 り 、 昭 和 二 三 年 に よ う や く シ ベ リ ア か ら 帰 還 。 こ の 時 は ま だ 二 六 歳 の 青 年 で す が 、 森 林 伐 採 の た め に 満 州 に 渡 っ て か ら 九 年 の 間 に 、 死 線 を い く つ も 乗 り 越 え 、 類 い 希 な リ ー ダ ー と し て の 資 質 を 開 花 さ せ て い ま し た 。 人 が 全 て 昭 和 三 十 年 、 三 十 三 歳 で 大 和 ハ ウ ス 工 業 を 創 業 す る と 、 石 橋 は 凄 ま じ い 勢 い で 働 き ま す 。 で す が 、 こ こ で 注 目 し た い の は 、 創 業 に 当 た っ て 掲 げ た 社 是 の 第 一 に ﹁ 事 業 を 通 じ て 人 を 育 て る こ と ﹂ と し て い る こ と で す 。 関 東 軍 上 層 部 の 無 責 任 き わ ま り な い 敗 戦 処 理 、 シ ベ リ ア の 収 容 所 で の ソ 連 の 洗 脳 、 隊 員 の 裏 切 り な ど な ど 、 人 間 不 信 に 陥 っ て も 当 然 な の に 、 石 橋 は ﹁ 人 を 育 て る ﹂ こ と を 事 業 活 動 の 第 一 に 揚 げ る 。 結 局 は 人 だ 、 と い う こ と な ん で し ょ う ね 。 石 橋 は 戦 争 、 抑 留 生 活 を 通 し て 、 企 業 も 国 も 、 真 面 目 に 努 力 し 、 相 互 に 信 頼 で き る 人 間 が 、 ど れ だ け い る か 、 そ れ が 全 て だ と 、 骨 身 に 徹 し て 知 っ た ん じ ゃ な い で し ょ う か 。 石 橋 の 人 材 育 成 法 は 、 凄 ま じ い で す 。 鬼 手 仏 心 と い う の で し ょ う か 、 時 に 理 不 尽 と も 思 え る 試 練 を 与 え て 、 能 力 を 引 き 出 し ま す 。 し か し 、 そ の 前 に 石 橋 自 身 が 命 が け で 働 く 姿 を 身 を も っ て 示 し ま す 。 ま た 、 鬼 手 仏 心 の 鬼 手 は 、 最 愛 の わ が 子 に も 容 赦 な く 及 び ま す 。 ぜ ひ 石 橋 信 夫 と い う 一 人 の リ ー ダ ー の 波 瀾 万 丈 な ス ト ー リ ー を 楽 し み な が ら 、 停 滞 し た 組 織 を ど う 活 性 化 さ せ る か 、 社 会 の 激 変 に よ る 経 営 の 危 機 を ど う 乗 り 越 え る か 、 人 材 を ど う 鍛 え る か 、 参 考 に し て 頂 け る と 嬉 し い で す 。

(6)

あ る 日 の こ と 、 法 輪 寺 に 詣 で た 後 で つ ま ら ぬ こ と に 時 間 を 取 ら れ て い る う ち に 、 日 が 暮 れ て 比 叡 山 に 帰 れ な く な っ た 。 付 近 に 住 む 知 り 合 い た ち は あ い に く み な 留 守 だ っ た も の で 、 仕 方 な く 泊 ま る 場 所 を 求 め て 探 し 歩 い た 。 そ の う ち に 、 風 雅 な 唐 風 の 門 の あ る 家 に た ど り 着 い た 。 出 て き た 女 中 に 事 情 を 話 し 、 主 人 に 取 り 次 ぎ を 乞 う と 、 こ の 屋 の 主 人 は う ら 若 い 女 で あ っ た が 、 比 叡 山 の 僧 で あ れ ば と 泊 め て も ら え る こ と に な っ た 。 と こ ろ が 、 こ の 女 主 人 の 姿 か た ち は と ろ け る ほ ど に 美 し く て 、 若 い 僧 は そ れ を 垣 間 見 た だ け な の に 夢 中 に な っ て し ま っ た 。 こ れ も 前 世 か ら の 宿 縁 だ ろ う か 、 こ こ で 思 い を 遂 京 都 の 名 所 、 嵐 山 の 中 腹 に あ る 法 輪 寺 は 、 虚 空 蔵 菩 薩 を 本 尊 と し 、 ﹃ 十 三 ま い り ﹄ の お 寺 と し て も 知 ら れ て い る 。 ﹃ 十 三 ま い り ﹄ と は 、 数 え 年 一 三 歳 の と き に 、 智 恵 を 授 か る よ う 虚 空 蔵 菩 薩 に 祈 願 す る も の で あ る 。 法 輪 寺 の 起 源 は 奈 良 時 代 に さ か の ぼ る 。 ﹃ 今 昔 物 語 ﹄ に は 、 法 輪 寺 に ま つ わ る 次 の よ う な 興 味 深 い 話 が あ る* 1 。 昔 、 比 叡 山 の あ る 若 い 僧 が 、 遊 び に 気 が 散 っ て な か な か 勉 強 に 身 が 入 ら ず 、 そ の た め に 無 学 の 輩 と さ げ す ま れ て い た 。 そ れ で も こ の 若 い 僧 に は 学 問 を す る 志 は あ る も の だ か ら 、 た び た び 法 輪 寺 に 詣 で て 、 虚 空 蔵 菩 薩 に 知 恵 を 授 か る よ う 祈 願 し た 。

梶井厚志

Kajii Atsushi 1963年生まれ。京都大学経済研究所教授。専攻はミクロ 経済学、ゲーム理論。著書に『戦略的思考の技術』『故事 成語でわかる経済学のキーワード』『コトバの戦略的思考』 等がある。 第

37

(7)

5 コトバの戦略的思考 げ ね ば こ の 世 に 生 ま れ た 甲 斐 も な い と 思 い 、 若 い 僧 は 女 主 人 の も と に 忍 ん で い っ た 。 頑 と し て 拒 む か と 思 い き や 、 法 華 経 を 修 め た 偉 い 僧 と で あ れ ば こ の よ う な こ と も 厭 で は な い か ら 、 あ な た が 法 華 経 を 空 で 読 め る の か 知 り た い と 、 女 主 人 は 意 外 な こ と を 言 う 。 若 い 僧 は 根 が 正 直 な も の だ か ら 、 法 華 経 の 勉 強 は し て い る が 、 ま だ 空 で 読 め る ま で に は な っ て い な い と 白 状 し た 。 で は 、 法 華 経 を 空 で 読 め る よ う に な っ た ら 、 あ な た の も の に な り ま し ょ う と 女 は 言 っ た 。 力 づ く で も 思 い を 遂 げ よ う と し て い た の に 、 こ の よ う に 言 わ れ る と そ う も い か な い 。 不 純 な 動 機 で は あ っ た が 、 若 い 僧 は 比 叡 山 に 戻 り 一 心 不 乱 に 勉 強 し た 。 二 〇 日 ほ ど で 法 華 経 を 空 で 読 め る よ う に な り 、 勇 ん で 女 の も と に 出 か け た 。 し か し 、 女 は 許 さ ず に こ う 言 っ た 。 お 経 が 上 手 に 読 め る だ け の 若 い 僧 に か し ず け ば 、 た や す く 情 に お ぼ れ た つ ま ら ぬ 女 だ と 世 間 で さ げ す ま れ る 。 こ の う え は 比 叡 山 で 三 年 修 行 し 、 誰 か ら も 尊 敬 さ れ る 立 派 な 学 生 が く し ょ う に な っ て 戻 っ て き て ほ し い 。 そ の と き こ そ は 、 自 ら す す ん で 衣 の 紐 を 解 き ま し ょ う 。 女 が 心 配 す る の も 当 然 だ と 納 得 し 、 若 い 僧 は 再 び 比 叡 山 に 籠 っ た 。 昼 夜 を 問 わ ず 学 問 に は げ み 精 進 し た も の だ か ら 、 同 年 代 で は 最 も 優 れ て い る と 、 周 囲 か ら 一 目 置 か れ る 学 生 に な れ た 。 三 年 間 の 修 行 が 終 わ り 、 若 い 僧 は 比 叡 山 か ら 女 の も と に 馳 せ 参 じ た 。 女 は 喜 び 、 若 い 僧 の 手 を 取 り 寝 床 に 招 き 入 れ た 。 男 は 、 つ い に こ の 時 が き た と 女 の 脇 に 体 を 横 た え 、 女 の や わ ら か な 体 を 抱 き し め た の だ が 、 長 旅 の 疲 れ が 出 た た め か 、 不 覚 に も 思 い を 遂 げ る 前 に 眠 っ て し ま っ た 。 す る と 、 夢 枕 に 虚 空 蔵 菩 薩 が 出 て き て こ う 言 っ た 。 お 前 は 学 才 が あ り な が ら 努 力 を し な い 愚 か 者 だ が 、 何 度 と な く き て 熱 心 に 祈 願 す る か ら 、 こ の よ う に 取 り 計 ら っ た ぞ 。 若 い 僧 が 目 を 覚 ま す と 、 誰 も い な い 嵯 峨 野 の 原 っ ぱ で 、 衣 を 脱 ぎ 裸 で ス ス キ を 抱 き か か え て い た 。 彼 は こ れ を 大 い に 恥 じ て 再 び 比 叡 山 に 籠 っ た 。 今 度 は 純 粋 に 学 問 に 打 ち 込 み 、 つ い に は 比 叡 山 で 第 一 と い わ れ る 学 生 に な っ た 。 た と え 話 で 人 を 正 し い 方 向 に 導 こ う と 意 図 す る 昔 話 は 数 多 い が 、 道 に 反 す る こ と を し た 人 が 恐 ろ し い 目 に あ う の が 通 常 の 筋 で あ る 。 こ の 物 語 の よ う に 、 遊 ん で ば か り で 学 問 に 身 が 入 ら な い よ う な 人 物 が 、 甘 い 誘 惑 で 動 機 づ け ら れ て 導 か れ る よ う な 話 は 珍 し い 。 珍 し い だ け で は な く 、 女 が 用 い た 動 機 づ け の 戦 略 に も 味 わ い が あ る た め に 、 こ の 話 の 魅 力 が 増 し て い る よ う に 思 う 。 女 の 戦 略 は 、 将 来 の 見 返 り を 思 わ せ ぶ り に ち ら つ か せ る こ と で 、 若 い 僧 を 現 時 点 で 修 行 を さ せ よ う と す る 、 ﹁ 思 わ せ ぶ り 戦 略 ﹂ に 属 す る も の で あ る 。 し か も 、 結 局 女 は 自 分 の 約 束 を 守 ら な か っ た わ け だ か ら 、 こ れ は 実 に 安 上 が り な 動 機 づ け の 戦 略 で あ る 。 こ の 最 高 級 の 思 わ せ ぶ り 戦 略 を 、 私 は か つ て ﹁ ヤ ラ ズ ボ ッ タ ク リ 戦 略 ﹂ と 命 名 し た が 、 コ ス * 1 福 永 武 彦 訳 ﹃ 今 昔 物 語 ﹄ ︵ ち く ま 文 庫 、 一 九 九 一 年 ︶ に あ る ﹁ 恋 の 虜 と な っ て 仏 道 に 励 む 話 ﹂ を 参 考 に 創 作 し た 。

(8)

ト を か け ず に 動 機 づ け を す る こ の 究 極 の 手 法 は 、 実 に ﹃ 今 昔 物 語 ﹄ の 昔 か ら 知 ら れ て い た の で あ る* 2 。 ま た 、 僧 に 対 し て い き な り 学 生 に な れ と 要 求 す る の で は な く 、 ま ず は 法 華 経 を 空 で 読 め る よ う に な れ と 女 に 言 わ せ た と こ ろ に 、 私 は こ の 話 の 作 者 が 持 つ 感 覚 の 良 さ を 感 じ る 。 立 派 な 学 生 に な ら な け れ ば 私 は い や で す と 初 め か ら 女 に 言 わ せ 、 そ の た め に 若 い 僧 が 修 行 し て 学 生 に な る と い う 展 開 で も 、 動 機 づ け の 論 理 は 通 じ よ う 。 し か し 、 そ れ で は 修 行 の 厳 し さ や 難 し さ が 伝 わ ら な い 。 修 行 の 困 難 を 強 調 す る た め に は 、 学 生 な ど と は 途 方 も な い こ と と 即 座 に あ き ら め 、 力 づ く で 思 い を 遂 げ た と い う 筋 に し た ほ う が よ い く ら い だ 。 し た が っ て 、 ま ず は 法 華 経 を 暗 記 せ よ と い う 小 目 標 か ら 始 め さ せ る こ と で 、 学 生 に な る こ と の 大 変 さ と 、 崇 高 な 目 標 に 達 す る た め に は 目 標 を 小 刻 み に す る の が 良 い と い う 考 え を 、 同 時 に 巧 妙 に 示 し て い る の で あ る 。 さ て 、 動 機 づ け ら れ て 立 派 な 学 生 に な る と い う の は い い が 、 用 い ら れ た イ ン セ ン テ ィ ブ は い か に も 不 純 な も の で は な い か 。 あ り が た い 虚 空 蔵 菩 薩 と も あ ろ う も の が 、 こ の よ う な 導 き 方 を し て よ い も の だ ろ う か と い う 疑 問 も 生 じ る 。 法 律 や 社 会 制 度 に 反 す る こ と が 動 機 づ け に な っ て い る 状 態 を 指 し て 、 不 純 な 動 機 と 呼 ぶ 場 合 が あ る 。 こ の よ う な も の は 動 機 で あ れ 何 で あ れ た し か に 非 難 に 値 す る 。 し か し 、 若 い 僧 が 修 行 に 励 ん だ 動 機 は こ れ に は あ た ら な い だ ろ う 。 不 純 な 動 機 の 意 義 を 理 解 す る た め に は 、 そ の 反 対 語 と 思 わ れ る 、 純 粋 な 動 機 と は 何 か 問 う て み る の が わ か り や す い 。 純 粋 な 動 機 に 基 づ い て 努 力 す る と は 、 目 標 そ の も の が 努 力 を 引 き 出 す イ ン セ ン テ ィ ブ に な っ て い る と い う こ と で あ る 。 す な わ ち 、 目 標 を 達 成 す る こ と か ら 得 ら れ る 便 益 が 、 そ れ に 至 る 努 力 を す る 費 用 よ り も 大 き い と 本 人 が 予 想 し て い る と き に 、 私 た ち は 純 粋 な 動 機 で 努 力 す る 美 し い 姿 を 観 察 で き る の で あ る 。 若 い 僧 の 例 で い え ば 、 そ も そ も 彼 は 学 問 を 修 め 学 生 に な る こ と を 目 標 に し て い た の だ か ら 、 も し も そ の 達 成 感 を 楽 し み に 修 行 を し た の で あ れ ば 、 そ の 動 機 は 純 粋 だ っ た と い え る だ ろ う 。 こ こ に お い て 、 崇 高 な 目 標 で あ れ ば 、 そ れ が 達 成 さ れ た と き の 便 益 は 大 き い は ず だ か ら 、 お の ず か ら 純 粋 な 動 機 で 十 分 で は な い か と い う 反 論 も あ り う る 。 し か し 、 第 三 者 に 崇 高 に 見 え て も 、 努 力 が 求 め ら れ る 本 人 に 同 様 に 感 じ ら れ る か ど う か は 定 か で な い 。 ま た 、 そ の よ う な 崇 高 な 目 標 の 真 の 便 益 は 、 そ れ が 達 成 さ れ て 初 め て わ か る の に 対 し 、 そ れ に 至 る 努 力 は 現 実 的 な 費 用 と し て 感 得 さ れ る も の で あ る 。 し た が っ て 、 目 標 が 立 派 で あ っ て も 純 粋 な 動 機 に な る と は 限 ら な い の だ 。 し て み る と 、 純 粋 な 動 機 が 機 能 す る 環 境 と い う の は 、 行 動 の 動 機 づ け が 簡 単 か つ 単 純 で あ る と い う 場 合 に 他 な ら な い 。 純 粋 な 動 機 で 努 力 し た と い う と 何 や ら 聞 こ え は よ い の で あ る が 、 称 賛 に 値 す る か ど う か は む し ろ 疑 わ し い 。 多 く * 2 梶 井 厚 志 ﹃ 戦 略 的 思 考 の 技 術 ﹄ ︵ 二 〇 〇 二 年 、 中 公 新 書 ︶ 第 4 章 参 照 。

(9)

7 コトバの戦略的思考 の 人 は 、 食 事 を と る こ と に 特 殊 な 動 機 付 け を 必 要 と し な い 。 そ れ は 食 事 を と る 便 益 が 、 食 事 を と る ま で に 要 す る 労 力 を 上 回 る こ と を 知 っ て い る か ら で あ る 。 よ っ て 食 事 を と る の は 純 粋 な 動 機 に 基 づ く 行 為 だ が 、 こ れ を わ ざ わ ざ 褒 め た た え る 必 要 は な い だ ろ う 。 こ の 分 析 結 果 は 重 要 な こ と を 意 味 す る 。 動 機 が 不 純 に な る の は 、 本 人 が 予 想 す る 目 標 達 成 の 便 益 が 、 努 力 の 費 用 を 下 回 っ て い る と き で あ り 、 ま た 逆 に 予 想 便 益 が 予 想 費 用 を 下 回 る の で あ れ ば 、 目 標 達 成 の た め の 動 機 は 不 純 に な ら ざ る を 得 な い と い う こ と だ 。 さ す れ ば 不 純 な 動 機 が 用 い ら れ る べ き は 、 目 標 自 体 が 十 分 な 動 機 づ け と し て 機 能 し な い と う 、 よ り 難 し い 状 況 に お い て で あ る 。 よ っ て 、 不 純 な 動 機 を 使 い こ な し て こ そ 、 称 賛 に 値 す る の で は な い だ ろ う か 。 廃 品 回 収 を 効 率 的 に す る た め の 手 段 と し て 、 デ ィ ポ ジ ッ ト 制 度 が 有 力 で あ る 。 デ ィ ポ ジ ッ ト 制 度 と は 、 製 品 の 販 売 時 に 預 か り 金 と し て い く ら か の 金 額 を 上 乗 せ し 、 使 用 後 の 製 品 が 回 収 さ れ た と き に そ の 預 か り 金 を 返 済 す る と い う も の で あ る 。 デ ィ ポ ジ ッ ト 制 度 に 対 す る 反 論 は 多 数 あ る 。 な か で も 動 機 づ け の 文 脈 で 興 味 深 い の は 、 次 の よ う な も の だ 。 ゴ ミ を き ち ん と 捨 て る な ど は 国 民 の 義 務 と 言 う べ き も の で あ り 、 義 務 を 果 た し た に す ぎ な い も の が 金 銭 を 受 け 取 る の は 筋 が 通 ら な い 。 よ っ て 、 デ ィ ポ ジ ッ ト 制 度 に よ り 廃 品 回 収 が 行 わ れ た と し て も 、 そ れ は 動 機 が 不 純 で あ る が 故 に 潔 し と し な い と い う も の だ 。 も ち ろ ん 、 廃 品 回 収 と い う 崇 高 な 目 標 が 、 そ の ま ま 純 粋 な 動 機 と し て 機 能 す る の で あ れ ば 、 こ の よ う な 小 細 工 を す る 必 要 は な い 。 し か し な が ら 、 こ れ が 純 粋 な 動 機 に な る 人 ば か り が 、 世 の 中 に い る わ け で は な い 。 た と え ば 、 家 電 リ サ イ ク ル 法 に よ れ ば 、 我 が 国 で 廃 棄 さ れ る エ ア コ ン や テ レ ビ な ど の 指 定 さ れ た 家 電 製 品 は 、 原 則 と し て 法 に 応 じ た 正 規 の 手 続 き に 従 い 回 収 さ れ る こ と が 義 務 付 け ら れ て い る 。 に も か か わ ら ず 、 実 際 に 対 象 と な っ て い る は ず の 家 電 製 品 の う ち 、 正 規 手 続 き で 廃 棄 さ れ て い る も の は 、 お よ そ 半 数 で あ る と 推 測 さ れ て い る* 3 。 私 た ち は 、 と も す る と 動 機 の 不 純 さ に 眉 を ひ そ め る 。 し か し 、 目 標 を 達 成 す る た め に 不 純 な 動 機 が 用 い ら れ ざ る を 得 な い 場 合 は 数 多 く 、 し か も そ れ ら こ そ が 知 恵 を 使 っ て 解 決 す べ き 重 要 な 問 題 な の だ 。 女 の 色 香 を 不 純 な 動 機 と し て 用 い て 、 若 い 僧 を 立 派 な 学 生 に 導 い た の は 、 虚 空 蔵 菩 薩 の 立 派 な 見 識 で あ る 。 若 い 僧 の 話 は 、 こ の 点 で も 良 い 感 覚 を 持 っ て い る と い え よ う 。 * 3 参 考: ﹁ 家 電 リ サ イ ク ル 法 の 見 直 し に 関 す る こ れ ま で の 議 論 の 中 間 的 整 理 ﹂ ︵ 平 成 一 九 年 七 月 、 経 済 産 業 省  http://www.meti.go.jp/ ︶

(10)

企 業 経 営 の 核 と な り 、 全 社 方 針 や 全 社 戦 略 を 策 定 ・ 管 理 す る メ ン バ ー 。 か つ て は 、 取 締 役 会 メ ン バ ー マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム と い う ケ ー ス が 多 か っ た が 、 近 年 、 社 外 取 締 役 が 増 加 し た こ と も あ り 、 取 締 役 会 の メ ン バ ー と マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム の メ ン バ ー が 大 き く 異 な る ケ ー ス も 多 い 。 通 常 、 C E O ︵ 最 高 経 営 責 任 者 ︶ 、 C O O ︵ 最 高 執 行 責 任 者 ︶ 、 C F O ︵ 最 高 財 務 責 任 者 ︶ と い っ た 各 最 高 責 任 者 に 加 え 、 事 業 の 数 が 増 え て い く に つ れ 、 そ の 統 括 責 任 者 が マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム に 加 わ っ て い く 場 合 が 多 い 。 良 い マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム 要 件 と し て は 以 下 が あ る 。 ① ス キ ル セ ッ ト が 備 わ っ て い る: た と え ば 、 ベ ン チ ャ ー 企 業 な ど で は 、 C E O は 技 術 も し く は 営 業 畑 出 身 者 で あ る こ と が 多 く 、 会 社 の 全 般 管 理 や オ ペ レ ー シ ョ ン に は 目 が 行 か な い こ と が 多 い 。 事 実 、 成 長 ス テ ー ジ に 見 合 っ た C O O 、 C F O が 不 在 で あ る が ゆ え に 、 組 織 運 営 が 滞 る ケ ー ス は 少 な く な い 。 マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム と し て 、 バ ラ ン ス 良 く ス キ ル セ ッ ト を 備 え る こ と が 望 ま し い 。 ② マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム の ベ ク ト ル が 合 っ て い る: ビ ジ ョ ン や 戦 略 の ﹁ 方 向 性 ﹂ は 大 枠 で 合 っ て い て も 、 ﹁ 距 離 感 ﹂ や ﹁ ス テ ッ プ 論 ﹂ が 食 い 違 う こ と は 少 な く な い の で 注 意 が 必 要 だ 。 ③ 各 メ ン バ ー の 役 割 が 明 確 で 、 各 人 が 担 当 領 域 に つ い て 他 の メ ン バ ー か ら 信 頼 さ れ て い る: 役 割 分 担 に つ い て は 、 た と え ば M B O を 公 開 す る こ と で 強 化 さ れ る 。 つ ま り 、 各 人 の 基 本 的 な 役 割 を 定 義 す る と 共 に 、 M B O で 決 ま っ た 短 期 的 な 目 標 を 共 有 す る こ と で 、 個 々 の 役 割 を さ ら に 強 く 認 識 で き る よ う に な る 。 ④ マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム に 対 し て 適 切 な ガ バ ナ ン ス が 働 い て い る: ガ バ ナ ン ス と は 、 マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム を 正 し い 方 向 に 駆 り 立 て る 仕 組 み で あ る 。 適 切 な 外 部 ガ バ ナ ン ス は 、 下 記 の よ う な メ リ ッ ト を も た ら す 。 ・ ﹁ 監 視 役 ﹂ と し て 、 マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム を 適 切 な 方 向 に 導 い て く れ る 。 ・ 人 間 関 係 な ど の 問 題 か ら 自 ら ︵ 特 に リ ー ダ ー ︶ は 行 い に く い マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム の 調 整 や 、 難 し い 意 思 決 定 の 実 行 、 後 押 し を し て く れ る 。 ≒

49

む Management team

(11)

・ マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム に 欠 け て い る ス キ ル セ ッ ト や 資 源 ︵ 人 的 ネ ッ ト ワ ー ク ︶ を 提 供 し て く れ る 。 ︹ 関 連 語 ︺ 経 営 シ ス テ ム 、 ガ バ ナ ン ス 、 C E O 、 C O O 、 C F O マ ネ ジ メ ン ト メ ン バ ー と 中 核 と な る 、 そ れ ぞ れ の 機 能 の 最 高 責 任 者 。 最 も 重 要 な の は 、 言 う ま で も な く C E O だ 。 C E O は 魅 力 的 な ビ ジ ョ ン や ミ ッ シ ョ ン 、 経 営 理 念 を 打 ち 出 す と と も に 、 顧 客 へ の 提 供 価 値 を 常 に 訴 え 続 け 、 同 時 に 、 あ ら ゆ る ス テ ー ク ホ ル ダ ー を 引 き 付 け 、 良 好 な 関 係 を 構 築 す る こ と が 期 待 さ れ る 。 文 字 ど お り 企 業 の ﹁ 顔 ﹂ と な る 。 C O O は 、 C E O の 右 腕 と し て 、 業 務 を 統 括 す る 。 C E O が ス テ ー ク ホ ル ダ ー に 向 け た ﹁ 顔 ﹂ と す る と 、 C O O は 社 内 の 実 務 統 括 責 任 者 と 言 え る 。 C F O は 、 財 務 全 般 に 責 任 を 持 ち 、 資 金 提 供 者 に 適 切 に 情 報 開 示 し 、 最 も 有 利 な 条 件 で 資 金 調 達 を 行 う 。 ま た 、 社 内 の 会 計 シ ス テ ム の 責 任 者 で も あ り 、 タ イ ム リ ー か つ 有 効 な レ ポ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム を 構 築 ・ 運 営 す る 責 任 を 持 つ 。 ﹁ カ ネ ﹂ の 面 の 総 責 任 者 で あ る 。 な お 、 ベ ン チ ャ ー 企 業 で は 、 単 に お 金 の 面 だ け で は な く 、 総 務 的 な 役 割 を 期 待 さ れ る 場 合 も あ る 。 以 上 の 3 つ の C X O が 特 に 米 国 企 業 な ど で は 必 須 と さ れ る が 、 そ れ 以 外 に C M O ︵ 最 高 マ ー ケ テ ィ ン グ 責 任 者 ︶ や C T O ︵ 最 高 技 術 責 任 者 ︶ を 置 く 企 業 も 多 い 。 C M O は 常 に 市 場 の 動 向 を ウ ォ ッ チ し 、 顧 客 へ の 最 適 な ア プ ロ ー チ を 考 え る 人 材 で あ り 、 C T O は 、 社 内 外 の 技 術 動 向 を 監 視 し 、 新 し い 技 術 を 吸 収 す る と と も に 、 技 術 競 争 力 に 責 任 を 持 つ 人 材 で あ る 。 近 年 で は 、 こ れ ら に 加 え 、 C L O ︵ 最 高 ラ ー ニ ン グ 責 任 者 ︶ や C I O ︵ 最 高 I T 責 任 者 ︶ 、 C K O ︵ 最 高 ナ レ ッ ジ 責 任 者 ︶ な ど を 設 け る 企 業 も あ る 。 C L O や C I O 、 C K O は 、 ﹃ 知 ﹄ の 活 用 こ そ が 競 争 優 位 の 源 泉 と な る プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル ・ フ ァ ー ム や ハ イ テ ク 企 業 な ど に 多 い 。 ︹ 関 連 語 ︺ マ ネ ジ メ ン ト ・ チ ー ム 、 ス テ ー ク ホ ル ダ ー 委 員 会 設 置 会 社 と は 、 取 締 役 会 の 中 に 指 名 委 員 会 、 監 査 委 員 会 そ し て 報 酬 委 員 会 を 置 く 株 式 会 社 を い う ︵ こ の 3 委 員 会 の 設 置 は 必 須 で あ る ︶ 。 各 委 員 会 は 、 社 外 取 締 役 が 過 半 数 を 超 え る 。 執 行 と ガ バ ナ ン ス を 明 確 に 分 け 、 効 率 化 を 行 う こ と を 目 指 し て い る 。 指 名 委 員 会 は 、 取 締 役 の 選 任 お よ び 解 任 に 関 す る 議 案 内 容 を 決 定 す る 。 監 査 委 員 会 は 、 取 締 役 や 執 行 役 の 職 務 が 適 正 に 行 わ れ て い る か を 監 査 し 、 ま た 会 計 監 査 人 の 選 任 等 を 行 う 。 報 酬 委 員 会 は 、 取 締 役 や 執 行 役 個 人 の 報 酬 内 容 や 報 酬 に 関 す る 方 針 を 定 め る 。 委 員 会 設 置 会 社 は 米 国 の ガ バ ナ ン ス を 参 考 に 導 入 さ れ た 制 度 で あ る が 、 優 秀 な 社 外 取 締 役 の 人 材 不 足 と い う 問 題 も あ り 、 そ の 実 効 性 に つ い て は 疑 問 の 声 も 少 な く な い 。 ︹ 関 連 語 ︺ ガ バ ナ ン ス 、 社 外 取 締 役 、 執 行 役 9 最新MBA用語事典

し ー

えっ く す

お ー Chief X Officer

い ん

か い

せ っ

が い

し ゃ Company with committees

(12)

Column

リ ア す る と た い が い O K だ っ た 。 つ ま り 、 書 類 の 中 身 を し っ か り 読 ん で 考 え て い る の は 最 初 の 3 人 く ら い で 、 後 に 並 ん で い る ハ ン コ は 規 定 に 従 っ て 押 し て い る だ け の 盲 判 だ と 気 づ い た 。 そ こ で ﹁ 有 効 判 断 3 段 階 説 ﹂ な る も の を 飲 み 屋 で 先 輩 た ち に 披 露 し た と こ ろ 、 大 い に 顰 蹙 を 買 っ た 。 間 違 い だ ら け の 仕 事 で 毎 日 迷 惑 を か け て い る 新 入 社 員 が 生 意 気 言 う な 、 と い う こ と だ ろ う 。 事 実 上 の 判 断 は 、 下 位 者 に 委 ね ら れ る 先 輩 た ち の 不 興 を 買 い は し た が 、 私 に と っ て は ず い ぶ ん 励 み に な る 発 見 だ っ た 。 た と え 会 社 の 規 定 に よ る 最 終 決 定 は 上 位 者 に よ る も の で あ っ て も 、 事 実 上 の 判 断 は ず っ と 下 の 者 に 任 さ れ て い る の だ 。 実 質 的 な 検 討 ・ 判 断 は 下 位 者 に 任 せ 、 上 位 者 に は 最 終 決 定 の 権 限 と 責 任 を 持 た せ て チ ェ ッ カ ー と し て 機 能 さ せ る 。 次 の 人 材 が ト ラ イ & エ ラ ー に よ っ て 判 断 力 を 育 む 機 会 を 作 っ て い る の で あ る 。 こ れ は 日 本 企 業 に 限 っ た こ と で は な く 、 私 が 勤 め た コ カ ・ コ ー ラ の よ う な 米 国 企 業 で も 行 わ れ て い る 。 た だ し こ の 仕 組 み は 、 そ れ が 自 分 自 身 を 育 て る チ ャ ン ス だ ル ー ル を 決 め る の は 上 司 ﹁ 自 分 で 勝 手 に 判 断 す る な ﹂ 大 学 を 卒 業 し て 就 職 し た 会 社 で 、 最 初 に 叱 ら れ た こ と で あ る 。 会 社 に は 、 た い て い の こ と に ル ー ル や ら 先 例 や ら が あ る 。 私 の 仕 事 は 、 そ れ ら を 探 し 出 し て 同 じ に な る よ う に 処 理 案 を 作 る こ と 。 決 め る の は 上 司 。 ル ー ル や 先 例 が 見 つ か ら な い と き 、 そ の 先 を 考 え る の も 上 司 の 仕 事 。 私 は と い え ば 、 決 定 後 の 作 業 を こ な す こ と だ け が 仕 事 だ っ た 。 早 く 自 分 で 決 め ら れ る 立 場 に な り た い と 思 っ た の も 最 初 の う ち だ け で 、 し だ い に 自 分 の 役 割 に 慣 れ た 。 作 業 の 手 順 さ え 覚 え て し ま え ば 気 楽 な 毎 日 だ っ た 。 そ れ に 、 上 司 と い え ど も 自 分 の 裁 量 で 決 め ら れ る こ と は ご く 限 ら れ て い て 、 重 要 な こ と は そ の 上 の 上 司 、 さ ら に 上 の 上 司 へ と 順 繰 り に 送 ら れ て い く の だ 。 新 入 社 員 の 私 が 作 っ た 書 類 に 13 人 も の ハ ン コ が 押 さ れ て 戻 っ て き た と き に は た ま げ た 。 自 分 が 決 め る 余 地 な ど 全 然 な い な 、 と 妙 に 納 得 し た も の で あ る 。 有 効 判 断 3 段 階 説 ? 私 が 処 理 案 を 起 案 す る と 、 直 属 の 上 司 や そ の す ぐ 上 の 上 司 か ら 突 き 返 さ れ た り 、 お 小 言 を 食 っ た り す る こ と は よ く あ っ た が 、 そ の 先 は す ん な り 通 っ て 決 裁 さ れ た 。 重 要 案 件 に な る と 、 私 に と っ て は 雲 の 上 の 存 在 だ っ た 部 長 が 起 案 者 に な る こ と も あ っ た 。 そ の 書 類 作 り を よ く 手 伝 わ さ れ た が 、 こ れ も 部 長 の 上 の 上 あ た り を ク

Bunta Furuya

株 式 会 社 百 家 堂 代 表 取 締 役 社 長 。 コ カ ・ コ ー ラ ナ シ ョ ナ ル ビ バ レ ッ ジ 株 式 会 社 財 務 担 当 執 行 役 員 バ イ ス プ レ ジ デ ン ト を 経 て 2 0 0 8 年 よ り 現 職 。 企 業 財 務 マ ネ ジ メ ン ト の 専 門 家 。 米 国 公 認 会 計 士 。 技 術 経 営 学 修 士 ︵ 早 稲 田 大 学 ︶ 。 著 書 に ﹃ ビ ッ グ ・ ウ ォ レ ッ ト 戦 略 ﹄ ︵ 東 洋 経 済 新 報 社 ︶ が あ る 。

(13)

11 異色の上司が教えてくれた「損得学」という考え方

Column

わ れ て い る 。 も ち ろ ん 、 事 前 の 相 談 や 根 回 し 、 正 式 決 定 手 続 き な ど は 行 わ れ て い る が 、 現 場 に 近 い ほ う で 相 当 に 情 報 の 濾 過 と 加 工 が な さ れ て い て 、 ど う い う 方 向 に 決 め る べ き か が ほ ぼ 明 ら か に な っ た 形 で 伝 え ら れ る こ と が ほ と ん ど だ 。 つ ま り 会 社 の 多 く の 部 分 は 、 ビ ジ ネ ス の 現 場 で な さ れ る 判 断 が 動 か し て い る の で あ る 。 判 断 は 、 一 部 の ﹁ 上 の 人 ﹂ だ け が や る こ と で は な い 。 だ か ら 、 現 場 で 最 善 の 判 断 が で き る よ う に し な け れ ば な ら な い 。 私 の 専 門 分 野 で あ る お 金 の 世 界 、 つ ま り 経 済 合 理 性 の 面 で 、 会 計 知 識 を 持 た な く て も 最 善 の 選 択 肢 に 至 れ る 方 法 は ? C F O と し て 取 り 組 み 、 編 み 出 し た ソ リ ュ ー シ ョ ン を 小 説 形 式 で ま と め た 拙 著 を 、 ビ ジ ネ ス 現 場 で 判 断 に 迷 っ て い る 多 く の 方 々 に お 役 立 て い た だ き た い 。 と 意 識 す る 者 だ け に 有 効 と な る 。 自 分 自 身 を 育 て る 意 欲 を 持 た な い 人 間 に と っ て は 、 単 な る 面 倒 ご と に す ぎ な い 。 私 も 危 う く 気 づ き 損 ね る と こ ろ だ っ た 。 異 色 の 上 司 と の 出 会 い ル ー ル や 先 例 が だ い た い 頭 に 入 り 、 そ う い う も の が な い と き の 処 し 方 に も 慣 れ た こ ろ 、 異 色 の 上 司 に 出 会 っ た 。 私 が 勤 め て い た 会 社 で は 、 仕 事 を 受 注 す る の に ﹁ 最 低 粗 利 率 ﹂ と い う の が 社 内 規 定 で 決 ま っ て い て 、 そ れ を 下 回 る よ う な 条 件 で 契 約 し よ う と す る と 、 決 裁 手 続 き が や や こ し く な っ た 。 そ う し た 稟 議 書 は 、 営 業 部 門 か ら 私 が い た 管 理 部 門 に も 回 っ て き た 。 多 く の 人 た ち は 、 営 業 部 の 担 当 者 に 難 癖 を つ け な が ら 不 承 不 承 ハ ン コ を 押 し て 上 に 回 す 。 し か し そ の 上 司 だ け は 、 ﹁ 問 題 案 件 ﹂ が 回 っ て く る と 、 自 分 で 持 っ て ま わ っ て 最 終 決 裁 者 の 承 認 ま で と っ て き て 、 さ っ さ と 営 業 部 の 担 当 者 に 返 し て や る 。 営 業 部 門 に 甘 い の か と 思 う と 、 同 じ よ う な 案 件 な の に ﹁ こ ん な 儲 か ら な い 仕 事 、 と る こ と は な い ﹂ と 反 対 を し た り す る 。 と ん で も な い 気 分 屋 な の か と 思 っ た が 、 部 下 と し て は 、 ご 意 向 に 背 い て と ば っ ち り を 被 る の は 嫌 な の で 、 恐 る 恐 る 真 意 と い う か 、 判 断 基 準 を 聞 い て み た 。 ﹁ ア ホ 、 お ま え は 全 然 わ か っ と ら ん な ﹂ と 案 の 定 叱 ら れ た が 、 そ の 後 は 意 外 に や さ し く 教 え て く れ た 。 ル ー ル で は な く 選 択 肢 の 比 較 判 断 ﹁ 最 低 粗 利 率 ﹂ の よ う な 基 準 は 便 利 で 、 そ れ と 対 比 し て 是 非 を 決 め る 方 法 も 必 要 だ が 、 そ れ で 最 善 の 判 断 が で き る と は 限 ら な い 。 基 準 を 下 回 っ て い て も 仕 事 を と っ た ほ う が よ い の か 、 と ら な い ほ う が よ い の か 、 複 数 の 選 択 肢 を 比 較 し て 判 断 す る こ と が 必 要 な と き も あ る 。 そ し て 、 そ の 答 え は 時 と 場 合 に よ っ て 異 な っ て く る か ら 、 同 じ よ う な 案 件 で も 賛 成 す る と き と 反 対 す る と き が あ る 。 ﹁ お ま え も 、 い つ も 最 善 の 判 断 を す る よ う に し ろ 。 で き る だ け な ﹂ そ の 言 葉 は 、 長 く 私 の 課 題 と な っ た 。 最 善 の 判 断 を す る た め の ﹁ 損 得 学 ﹂ の ち に C F O な ど の 仕 事 を す る よ う に な っ て 痛 感 し た こ と だ が 、 会 社 の 意 思 決 定 の 多 く は 事 実 上 、 ビ ジ ネ ス の 現 場 で 行 『「値引きして売れるなら 捨てるよりマシは本当か?古谷文太[著] 定価1575円(税5%)

(14)

Column

Nakaya Kenichi ト リ ム タ ブ ジ ャ パ ン 有 限 会 社 代 表 取 締 役 。 モ バ イ ル マ ー ケ テ ィ ン グ ・ コ ン サ ル タ ン ト 。 リ ク ル ー ト を 経 て 独 立 。 現 在 は 、 モ バ イ ル を 活 用 し た 顧 客 戦 略 、 メ デ ィ ア プ ロ デ ュ ー ス の プ ラ ン ・ コ ン サ ル テ ィ ン グ を 行 っ て い る 。 本 書 公 式 サ イ ト  http://www.doko-off.com/ ス マ ン が 増 え て き た の に は 理 由 が あ り ま す 。 も っ と も 大 き な 要 因 は 、 ﹁ ク ラ ウ ド ﹂ と 呼 ば れ る イ ン タ ー ネ ッ ト 上 の サ ー ビ ス の 進 化 で す 。 ブ ラ ウ ザ か ら の 簡 単 な 設 定 や 操 作 で 、 高 度 な オ フ ィ ス 業 務 を 実 現 し て く れ ま す 。 ス ケ ジ ュ ー ル や 進 捗 の 管 理 、 情 報 収 集 ・ ク リ ッ ピ ン グ 、 デ ジ タ ル フ ァ イ ル の 共 有 ・ コ ラ ボ レ ー シ ョ ン な ど の 機 能 を 、 無 料 、 あ る い は 月 額 ほ ん の 数 百 円 程 度 の 料 金 で 利 用 で き ま す 。 ビ ジ ネ ス で の 利 用 は も ち ろ ん 、 こ う し た ツ ー ル を 趣 味 や 社 会 活 動 に 利 用 す る 例 も 増 え て い ま す 。 最 近 の ほ と ん ど の ノ ー ト パ ソ コ ン は 、 無 線 イ ン タ ー ネ ッ ト 接 続 の 装 置 を あ ら か じ め 本 体 に 内 蔵 し て い る た め 、 通 信 の 契 約 と 設 定 さ え し て し ま え ば 、 街 の ど こ か ら で も イ ン タ ー ネ ッ ト 通 信 が で き る よ う に な り ま し た 。 そ の 利 用 料 も 無 料 ∼ 数 百 円 、 昨 年 登 場 し た W i M A X と い う 超 高 速 サ ー ビ ス で も 月 額 数 千 円 程 度 で す 。 そ し て 、 こ れ ら 無 線 通 信 サ ー ビ ス の ネ ッ ト ワ ー ク は 日 々 広 が っ て い ま す 。 つ ま り ノ ー ト パ ソ コ ン が あ れ ば 、 イ ン タ ー ネ ッ ト の サ ー ビ ス を 介 し て 、 オ フ ィ 街 を 漂 白 す る ノ マ ド ワ ー カ ー 最 近 、 カ フ ェ や 駅 な ど で ノ ー ト パ ソ コ ン を 開 い て 仕 事 を し て い る ビ ジ ネ ス マ ン が 増 え た 、 と 感 じ る 人 が 多 い の で は な い で し ょ う か 。 大 都 市 圏 だ け で な く 地 方 都 市 で も 、 フ ァ ス ト フ ー ド 店 な ど で 働 く 人 の 姿 を よ く 目 に す る よ う に な り ま し た 。 オ フ ィ ス の 外 に パ ソ コ ン や ス マ ー ト フ ォ ン を 持 ち 出 し て 仕 事 す る ス タ イ ル を 、 ﹁ ノ マ ド ワ ー キ ン グ ﹂ と 言 い ま す 。 2 0 0 9 年 、 ジ ャ ー ナ リ ス ト の 佐 々 木 俊 尚 氏 が 、 著 書 ﹃ 仕 事 す る の に オ フ ィ ス は い ら な い ﹄ ︵ 光 文 社 新 書 ︶ の 中 で そ の 名 を 紹 介 す る と 、 瞬 く 間 に 世 間 に 広 が り ま し た 。 ﹁ ノ マ ド ﹂ と は 遊 牧 民 の こ と 。 ノ ー ト パ ソ コ ン な ど の デ ジ タ ル ツ ー ル で 武 装 し て 、 荒 野 ︵ 街 ︶ を 転 々 と し な が ら 、 オ ア シ ス ︵ お 店 や S O H O ︶ に 立 ち 寄 っ て 交 易 ︵ 通 信 ︶ し 生 計 を 立 て る 、 い わ ば ﹁ ビ ジ ネ ス 遊 牧 民 ﹂ で す 。 私 は 小 さ な 会 社 を 運 営 し な が ら 、 か れ こ れ 4 年 ほ ど ﹁ ノ マ ド ワ ー キ ン グ ﹂ の ス タ イ ル で 仕 事 を し て い ま す 。 登 記 の 関 係 で 都 内 に レ ン タ ル オ フ ィ ス を 持 っ て い る も の の 、 そ こ に 自 分 の デ ス ク が あ る わ け で は あ り ま せ ん 。 ま た 、 週 の 9 割 は オ フ ィ ス の 外 で 仕 事 を し て い ま す が 、 困 る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん 。 オ フ ィ ス と 変 わ ら な い ﹁ ク ラ ウ ド 環 境 ﹂ ﹁ ノ マ ド ワ ー キ ン グ ﹂ を 実 行 す る ビ ジ ネ

(15)

13 効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法

Column

ス に 机 を 並 べ て い る の と な ん ら 変 わ ら な い 仕 事 環 境 を 手 に 入 れ ら れ る の で す 。 場 所 を 戦 略 的 に 変 え る と 生 産 性 が あ が る 私 は こ ん な 働 き 方 を 続 け て い る う ち 、 ノ マ ド ワ ー キ ン グ 自 体 が ﹁ 集 中 力 や 効 率 を 高 め た り 、 仕 事 を 楽 し く す る 働 き を 持 っ て い る ﹂ と 感 じ る よ う に な り ま し た 。 例 え ば 、 勉 強 の 集 中 力 を 高 め る た め に 場 所 を 変 え て み た 経 験 は 誰 も が 持 っ て い る こ と で し ょ う 。 ま た 、 ど こ か に 自 分 が 籠 る 場 所 を 探 す と い う 行 為 は 、 幼 い こ ろ に 夢 中 に な っ た ﹁ 秘 密 基 地 づ く り ﹂ に 似 た ワ ク ワ ク 感 が あ り ま す 。 こ う し た 効 果 ・ 楽 し さ を 意 識 す る と 、 ノ マ ド ワ ー キ ン グ は 、 単 に オ フ ィ ス の 外 で 仕 事 を す る と い う こ と で は な く 、 こ れ ま で 以 上 に 集 中 ・ 効 率 ・ ア イ デ ア な ど の 生 産 性 を あ げ る 働 き 方 な の だ と 気 づ き ま す 。 さ ら に 、 毎 日 が ﹁ 働 く 場 所 ﹂ を 探 す 楽 し い ﹁ 探 検 ﹂ と な る の で す 。 場 所 探 し は ﹁ 探 検 ﹂ と 同 じ 実 際 に ﹁ 仕 事 場 所 探 し の 探 検 ﹂ を し て み る と 、 街 に は 意 外 な ﹁ 仕 事 場 所 ﹂ が 隠 さ れ て い る こ と に 気 づ か さ れ ま す 。 電 車 や バ ス な ど の 公 共 交 通 機 関 は 移 動 と 仕 事 を 同 時 に こ な せ る 一 石 二 鳥 の オ フ ィ ス で す し 、 図 書 館 や 役 所 の 待 合 い ス ペ ー ス は ち ょ っ と し た 空 き 時 間 の メ ー ル 処 理 に は ぴ っ た り で す 。 ふ と 立 ち 寄 る 取 引 先 企 業 の エ ン ト ラ ン ス 、 ホ テ ル の ロ ビ ー 、 ネ ッ ト カ フ ェ や カ ラ オ ケ ル ー ム 、 ビ ル の 屋 上 、 地 下 道 の 入 口 階 段 、 公 園 な ど に も ﹁ 仕 事 場 所 ﹂ を 見 つ け る こ と も で き ま す 。 例 え ば 、 見 晴 ら し の よ い 公 園 の 真 ん 中 は 、 誰 か ら も 会 話 を 盗 み 聞 き さ れ る 心 配 が あ り ま せ ん 。 む し ろ オ フ ィ ス の 中 に 同 等 レ ベ ル の 通 話 セ キ ュ リ テ ィ を 確 保 す る ほ う が 難 し い で し ょ う 。 ま た 、 ﹁ こ こ は 仕 事 が は か ど り そ う だ ぞ ﹂ と 思 っ て 入 っ た 喫 茶 店 の 椅 子 の 座 り 心 地 が 驚 く ほ ど 悪 く て 早 々 に 逃 げ 出 す こ と も あ れ ば 、 真 冬 の 地 下 鉄 ホ ー ム の 固 い ベ ン チ の 上 が 意 外 に も 暖 か く て 心 地 よ く 、 集 中 し て 作 業 が で き る こ と も あ り ま す 。 思 い が け な い ﹁ 遭 遇 ﹂ も ま た 探 検 の 醍 醐 味 で す 。 カ フ ェ の 店 員 に が ん ば っ て く だ さ い と 励 ま さ れ る と 、 モ チ ベ ー シ ョ ン が あ が り ま す し 、 道 端 の ベ ン チ で 猫 が 慰 め て く れ る こ と も あ り ま す 。 一 方 で 、 セ キ ュ リ テ ィ の 問 題 も 大 切 で す 。 カ フ ェ で の 仕 事 の 途 中 の 会 話 、 画 面 の 覗 き 見 、 ト イ レ に 立 つ と き の パ ソ コ ン の 盗 難 、 万 が 一 盗 難 さ れ た と き の デ ー タ 漏 え い な ど リ ス ク に 備 え る 知 識 や グ ッ ズ も 必 要 で す 。 本 書 は 、 9 割 オ フ ィ ス の 外 で 働 く 私 の 実 体 験 を も と に 、 必 要 な ノ ウ ハ ウ や 情 報 を 一 冊 に ま と め た も の で す 。 い わ ゆ る ﹁ ビ ジ ネ ス ノ ウ ハ ウ ﹂ と い う よ り は 、 一 種 の 探 検 ガ イ ド で す 。 こ れ か ら ノ マ ド ワ ー キ ン グ を 実 践 し て み よ う と い う 人 に 読 ん で も ら い た い と 思 い ま す 。 こ の 素 敵 な ﹁ 探 検 ﹂ を 楽 し む 余 裕 が で き る は ず で す 。 『「どこでもオフィス」 仕事術中谷健一[著] 定価1500円(税5%)

(16)

ふ と 気 が つ け ば 、 一 時 は 連 日 の よ う に 報 道 さ れ て い た 足 利 事 件 関 係 の ニ ュ ー ス や 記 事 を 、 テ レ ビ や 新 聞 で 目 に す る こ と は ほ と ん ど な く な っ た 。 あ る 意 味 で 当 然 だ 。 今 年 三 月 の 再 審 判 決 公 判 で 、 菅 家 さ ん の 無 罪 は 確 定 し 、 栃 木 県 警 や 国 家 公 安 委 員 長 、 検 察 の 一 部 は 謝 罪 の 意 を 表 明 し た 。 つ ま り 冤 罪 で あ っ た こ と が 証 明 さ れ た 。 た だ し ︵ 真 犯 人 は 結 局 見 つ か っ て い な い こ と な ど も 含 め て ︶ 問 題 は ま だ 多 く 残 さ れ て い る 。 考 え る べ き 課 題 も 少 な く な い 。 そ の ひ と つ は 飯 塚 事 件 だ 。 足 利 事 件 発 生 か ら 二 年 後 で あ る 一 九 九 二 年 、 福 岡 県 飯 塚 市 の 女 児 二 人 ︵ 当 時 七 歳 ︶ が 登 校 中 に 行 方 不 明 に な り 、 雑 木 林 で 遺 体 が 発 見 さ れ た 。 犯 人 と し て 逮 捕 さ れ た 久 間 三 千 年 ︵ 当 時 五 二 歳 ︶ は 、 事 件 へ の 関 与 を 徹 底 し て 否 定 し た 。 と こ ろ が 物 証 も ま っ た く な い ま ま に D N A 型 鑑 定 だ け が 根 拠 と な っ て 、 二 〇 〇 六 年 に 久 間 の 死 刑 判 決 が 確 定 し た 。 鑑 定 の そ の 方 式 は 、 足 利 事 件 と ま っ た く 同 じ ﹁ M C T 1 1 8 型 検 査 法 ﹂ だ 。 な ら ば 飯 塚 事 件 に お け る D N A 再 鑑 定 を 一 刻 も 早 く 実 施 し て 、 こ の 事 件 の 真 相 を 明 ら か に し な く て は な ら な い 。 だ っ て あ ま り に も 杜 撰 な 裁 判 だ 。 た と え ば 女 児 を 殺 害 し た そ の 動 機 に つ い て 裁 判 所 は ﹁ 性 的 欲 望 を 遂 げ よ う と し た ﹂ と 判 決 文 で 説 明 し て い る が 、 遺 体 に は 首 を 絞 め ら れ て 顔 を 殴 打 さ れ た 跡 は あ っ た け れ ど 、 性 的 暴 行 を 受 け た 形 跡 な ど ま っ た く な い 。

連載

39

リアル

共同幻想論

森達也

Mori Tatsuya 1956年生まれ。テレビディレクター、映画監督、作家。ドキュメンタ リー映画『A』『A2』で大きな評価を受ける。著書に『王様は裸だ と言った子供はその後どうなったか』『死刑』など多数。

(17)

15 リアル共同幻想論 と に か く 再 鑑 定 し な く て は な ら な い 。 誰 だ っ て そ う 思 う 。 で も も う 間 に 合 わ な い 。 久 間 三 千 年 死 刑 囚 は 、 確 定 か ら 二 年 後 の 二 〇 〇 八 年 に 福 岡 拘 置 所 で 処 刑 さ れ た 。 菅 家 さ ん の 再 鑑 定 が 決 定 す る 見 込 み と メ デ ィ ア が 報 道 し て か ら 一 週 間 後 の 処 刑 だ っ た 。 意 図 的 だ と は 思 い た く な い け れ ど 、 確 定 か ら 二 年 で 処 刑 は 異 例 な ほ ど 早 い 。 も し も ︵ 問 題 に な る 前 に ︶ 処 刑 し よ う と 法 務 省 の 誰 か が 考 え た の だ と し た ら 、 こ れ ほ ど 恐 ろ し い こ と は な い 。 他 に も 足 利 事 件 か ら 考 え る べ き こ と 、 学 ぶ べ き こ と は 数 多 く あ る 。 D N A 型 鑑 定 と 同 様 に 、 菅 家 さ ん の 有 罪 判 決 を 導 い た も う 一 つ の 要 素 は 、 一 審 で 実 施 さ れ た 精 神 鑑 定 だ 。 こ の 鑑 定 に お い て 、 精 神 医 学 会 の 大 御 所 で あ る 福 島 章 上 智 大 学 名 誉 教 授 は 、 菅 家 さ ん を ﹁ 代 償 性 小 児 性 愛 者 で あ る ﹂ と 断 定 し て 証 拠 採 用 さ れ 、 結 果 と し て 有 罪 判 決 を 補 強 す る 大 き な 要 素 に な っ た 。 人 は 誰 も が 間 違 え る 。 も ち ろ ん 精 神 鑑 定 だ っ て 同 様 だ 。 な ら ば い っ た い 何 を ど の よ う に 間 違 え た の か 、 福 島 精 神 科 医 は こ れ を 自 ら 検 証 し 、 明 ら か に す る 義 務 が あ る は ず だ 。 そ れ く ら い の 責 任 は 果 た す べ き だ 。 で も 冤 罪 が 噂 さ れ 始 め て か ら 現 在 ま で 、 福 島 精 神 科 医 は ︵ 足 利 事 件 に つ い て は ︶ 沈 黙 し 続 け て い る 。 足 利 事 件 に お け る 警 察 や 検 察 へ の 批 判 に 比 べ れ ば 、 福 島 鑑 定 に 対 す る マ ス メ デ ィ ア か ら の 批 判 や 論 考 は 、 首 を 傾 げ た く な る く ら い に 少 な い 。 言 及 す ら ほ と ん ど 見 か け な い 。 ま る で 聖 域 に な っ て し ま っ て い る か の よ う だ 。 個 人 攻 撃 を せ よ と 主 張 す る つ も り は な い 。 刑 事 事 件 に お け る 被 告 人 に 対 し て の 精 神 鑑 定 は 、 そ も そ も ど の 程 度 の 精 度 が あ る も の な の か 、 ど の よ う に 検 証 さ れ る べ き も の な の か 、 何 が 問 題 で 何 を 改 善 す べ き な の か 、 そ の 議 論 を も っ と す べ き だ と 思 う の だ 。 こ の 八 月 ︵ も し か し た ら 九 月 ︶ 、 僕 は 一 冊 の 本 を 上 梓 す る 。 二 〇 〇 四 年 か ら 二 〇 〇 七 年 に か け て 、 ﹃ 月 刊 P L A Y B O Y ﹄ ︵ 集 英 社 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル ︶ で 連 載 し た ﹃ A 3 ﹄ を ま と め た 一 冊 だ 。 麻 原 彰 晃 へ の 新 し い 視 点 を 考 察 す る こ と を 目 的 と し た こ の 連 載 は 、 本 来 な ら 連 載 終 了 後 の 二 〇 〇 八 年 に は 刊 行 さ れ る は ず だ っ た 。 で も 大 幅 に 遅 れ た 。 相 当 に 推 敲 し た 。 加 筆 も か な り し た 。 た だ し 刊 行 が 遅 れ た 理 由 は そ れ だ け じ ゃ な い 。 僕 が 怠 慢 だ か ら だ 。 こ れ は 大 き い 。 他 に も あ る 。 推 敲 し よ う と 原 稿 を 読 む た び に 、 冷 静 で は い ら れ な く な る か ら だ 。 麻 原 の 法 廷 は 一 審 だ け で 終 了 し た 。 つ ま り 死 刑 が あ っ さ り と 確 定 し た 。 そ の 要 因 の 一 つ は 、 一 審 終 了 後 に 裁 判 所 の 要 請 で 作 成 さ れ た 麻 原 の 精 神 鑑 定 書 だ 。 こ れ が ひ ど い 。 話 に な ら な い 。 ひ ど い と か 話 に な ら な い と か 、 使 う べ き 語 彙 と し て は あ ま り に 情 緒 的 過 ぎ る と 自 分 で も 思 う け れ ど 、 で も 読 み 返 す た び に そ う 思 う 。 何 か の 冗 談 か と 思 い た く な る よ う な 鑑 定 書 だ 。 だ か ら 冷 静 で い ら れ な く な る 。 結 果 的 に は こ の 鑑 定 に よ っ て 、 刑 事 被 告 人 で あ る 麻 原 彰 晃 の 意 識 活 動 は 正 常 で あ る と 見 な さ れ て 、 一 審 の 死 刑 判 決 が 確 定 し た 。 つ ま り 、 日 本 の 戦 後 史 に お け る 最 大 の 事 件 と 称 さ れ た オ ウ ム 真 理 教 事 件 の 首 謀 者 で あ る ︵ と さ れ る ︶ 人 物 の 法 廷 は 、 二 審 も な け れ ば 最 高 裁 も な く 、 一 審 だ け で 法 廷 は 終 了 し た 。 ⋮ ⋮ い き な り 書 き 進 め て し ま っ た け れ ど 、 特 に 若 い 読 者 に は 、 事 情 が よ く わ か ら な い か も し れ な い 。 冷 静 に な ら な く て は 。 経 緯

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :