全文

(1)

2.3.3 試 設 計 結 果

2.3.3.1主 要 目 の 検 討 結 果

電 気 推 進 型 内 航 LNG 焚 き 船 2 種 類 に つ い て 表 2.1. に 示 す 基 本 計 画 方 針 に 沿 っ て 、 試 設 計 を 行 っ た 結 果 の 主 要 目 を 表 3.1. に 示 す 。 そ れ ぞ れ 現 存 船 を ベ ー ス に LNG 焚 き SES に し た も の で あ る 。

表 3.1. 電 気 推 進 型 内 航 LNG焚 き 船 の 主 要 目

(2)

2.3.3.2 概 略 配 置 図 の 検 討 結 果

( 1 ) 内 航 タ ン カ ー の 検 討 結 果

表 3.1. の 基 本 計 画 で 示 し た 749GT 型 内 航 タ ン カ ー の 概 略 配 置 検 討 図 を 添 付 の 図 7.1.

に 示 し た 。 ま た 図 7.3. に 3,000GT型 内 航 フ ェ リ ー の 概 略 配 置 検 討 図 を 示 し た 。

内 航 タ ン カ ー の 例 で は 通 常 な ら ば 、機 関 室 前 方 に LNGタ ン ク と 機 器 を 配 置 す る 区 画 を 設 け る 。 こ の 分 貨 物 槽 の 容 積 が 減 少 す る だ け で な く 、 貨 物 の 重 心 位 置 が 船 首 方 向 に 移 動 す る 。 こ れ に バ ラ ン ス さ せ る た め に 浮 心 位 置 を 船 首 方 向 に 移 動 さ せ る 。 し か し こ の 配 置 で は 船 首 肥 大 度 が 大 き く な り 性 能 が 低 下 す る 。SES の 開 発 で は 電 気 推 進 装 置 の 機 関 室 配 置 の 自 由 度 を 活 用 し て 機 関 室 を 切 り 詰 め 、 重 心 、 浮 心 を 船 尾 方 向 に 移 動 し 船 型 改 良 を は か っ た も の で あ る 。 今 回 も 2軸 型 SESの 船 型 開 発 の 考 え 方 に 沿 っ て 、LNGタ ン ク お よ び 機 器 を 船 首 部 に 配 置 し 船 尾 部 の 機 関 室 は 出 来 る だ け 圧 縮 し た 配 置 と し た 。 こ れ に よ り 重 心 位 置 お よ び 浮 心 位 置 を 船 尾 側 に 動 し 、 船 首 肥 大 度 を 小 さ く し 、 船 型 性 能 の 向 上 に 努 め た 。

船 首 部 の 狭 い 区 画 に LNG タ ン ク を 格 納 す る に は 円 筒 型 で は 難 し い た め 、 図 3.1. に 示 す よ う な 容 積 効 率 の 良 いSPB方 式 のLNGタ ン ク を 想 定 し た 。本 図 は 狭 い 小 型 船 の 船 首 部 にLNG タ ン ク を 配 置 す る た め に 必 要 な タ ン ク 形 状 と 容 積 を 推 定 し た も の で あ っ て 、SPBタ ン ク と し て の 成 立 性 を 確 認 し た も の で は な い 。 そ れ で も 十 分 な 容 積 を 確 保 す る こ と が 出 来 ず 、 航 続 距 離 を 減 じ 、2 往 復 分 の 燃 料 確 保 が 限 度 で あ っ た 。LNG タ ン ク も 単 純 な 直 方 体 形 状 で は な い た め SPB(Type-B) の 認 定 を 得 る た め に は 、 構 造 解 析 等 が 必 要 に な る 。 し か し 船 ご と に タ ン ク の 寸 法 形 状 が 異 な る の で は 解 析 費 用 が か さ み 経 済 的 で は な い の で 、 標 準 化 を 進 め る こ と が 重 要 で あ る 。

IGF 暫 定 ガ ス ガ イ ド ラ イ ン に よ れ ば 、「 ガ ス 貯 蔵 タ ン ク は 舷 側 か ら B/5 と 11.5m の 短 い 方 の 距 離 以 上 離 す こ と 」「 シ ェ ル 外 板 か ら 760m m 以 上 離 す こ と 」と の 規 定 が あ り 、 さ ら に 「 旅 客 船 お よ び 多 胴 船 以 外 の 船 舶 の 場 合 は 、 舷 側 か ら B/5 以 内 に タ ン ク を 置 く こ と が 許 可 さ れ る 場 合 が あ る 」 と の 規 定 が あ る 。 本 船 の 場 合 B/5 は 2.3m で あ り 、こ れ を 厳 密 に 確 保 し よ う と す る と タ ン ク 容 積 は さ ら に 減 少 す る 。 斟 酌 規 定 の 適 用 が 必 要 で あ る が 、 現 時 点 で は 適 用 基 準 が 明 確 で は な い 。 適 用 可 と い う 想 定 の も と に 検 討 を 進 め た 。

図 3.1.LNGタ ン ク の 外 形 形 状 図

(3)

( 2 ) 内 航 フ ェ リ ー の 検 討 結 果

内 航 フ ェ リ ー の 例 で は 車 両 甲 板 下 の 機 関 区 域 に LNGタ ン ク 、機 器 を 配 置 し た 。こ の ク ラ ス で は 航 海 距 離 が 短 く 、 搭 載 燃 料 が 少 な い こ と も あ り 、 ス ペ ー ス 的 に 余 裕 が あ る の で 、 円 筒 型 の LNGタ ン ク 2基 で も 十 分 に 配 置 す る こ と が 可 能 で あ っ た 。た だ し タ ン ク 上 方 に 居 住 区 画 を 配 置 し て は な ら な い と す る 規 則 に よ り 制 限 さ れ る 場 合 に は 上 部 甲 板 の 船 尾 寄 り に 配 置 す る こ と と し 、図 7 .3.に 併 せ て 示 し た 。こ の 区 画 は 定 員 数 に 係 わ る 居 住 区 画 で は な い が 、オ ー プ ン デ ッ キ と し て 乗 客 が 多 目 的 に 使 え る 場 所 で あ り 、 規 則 が 許 せ ば 、 タ ン ク は 下 部 の 機 関 区 画 に 配 置 す る ほ う が 効 率 的 で あ る 。 ま た 暴 露 部 に 配 置 す る 場 合 に は タ ン ク の 防 触 に も 配 慮 を 払 う 必 要 が あ る 。 特 に 今 回 の 例 の 場 合 に は タ ン ク の 上 部 区 画 は 解 放 さ れ た 車 両 甲 板 で あ り 、 万 一 LNGが 漏 洩 し た 場 合 で も 、船 内 に 滞 留 す る こ と な く に 外 部 に 放 出 さ れ る 。今 回 の 事 例 を 参 考 に 今 後 の 検 討 課 題 と す る 。

煙 突 は 従 来 と 同 じ よ う に 設 置 し た が 、 煙 害 対 策 も 不 要 で あ る の で 、 廃 止 あ る い は 形 状 お よ び 配 置 に 更 な る 工 夫 の 余 地 が あ る 。エ ン ジ ン の 排 気 シ ス テ ム を 含 め 見 直 す こ と が 可 能 で あ る 。

2.3.3.3 LNG焚 き 機 関 と 推 進 シ ス テ ム の 検 討 結 果

舶 用 ガ ス エ ン ジ ン は 実 用 化 の た め の 開 発 中 で あ り 、 現 時 点 で 採 用 で き る 機 種 が 1 種 類 し か な く 、749GT 型 タ ン カ ー と 同 じ 機 種 の ガ ス エ ン ジ ン を 3,000GT型 フ ェ リ ー で も 使 用 し た 。結 果 と し て 5基 の ガ ス エ ン ジ ン 発 電 機 が 必 要 と な っ た 。 ス ペ ー ス 的 に は 配 置 可 能 で あ っ た が 、 コ ス ト 、 維 持 管 理 お よ び 運 航 管 理 上 好 ま し く な い 。 舶 用 ガ ス エ ン ジ ン の シ リ ー ズ 化 の 完 成 を 待 っ て 、 大 型 の 舶 用 ガ ス エ ン ジ ン と し 、 基 数 を 減 ら す 方 が 良 い の で 、 舶 用 の ガ ス エ ン ジ ン の シ リ ー ズ 化 が 完 成 す れ ば 見 直 す こ と が 必 要 で あ る 。

2.3.3.4 LNG燃 料 シ ス テ ム の 検 討 結 果

添 付 の 図 7 .2.の LNG FUEL SYSTEM PIPING DIAGRAMを 示 す 。完 全2 重 化 の シ ス テ ム と し た が 、DUAL FUELの 解 釈 如 何 で は 簡 略 化 の 余 地 は 残 る 。

2.3.3.5 試 設 計 結 果 の 評 価

(1) 船 型 に つ い て

749GT 型 内 航 タ ン カ ー と 3,000GT型 内 航 フ ェ リ ー に つ い て 試 設 計 を 行 っ た 。い ず れ の 場 合 も 技 術 的 に は 成 立 す る 可 能 性 確 認 で き た 。し か し 749GT型 に つ い て は そ の ス ペ ー ス の 制 約 か ら か な り 厳 し く 、さ ら に こ れ よ り 小 型 の499GT 型 の 場 合 に は 一 層 困 難 に な る も の と 予 想 さ れ た 。

499~749 型 ク ラ ス 内 航 タ ン カ ー に と っ て は 船 尾 部 の 機 関 室 を 広 げ て LNG タ ン ク 、 機 器 を 配 置 す る こ と は 、 貨 物 槽 の 重 心 位 置 を そ の 分 船 首 方 向 に 移 動 、 そ れ に 伴 い 浮 心 位 置 も 船 首 方 向 に 移 動 す る こ と に な り 、性 能 上 好 ま し く な い 。従 っ て 今 回 の 如 く LNGタ ン ク を 船 首 部 に 配 置 し 、 性 能 と 配 置 と を 両 立 さ せ る こ と が で き た 。 さ ら に 排 気 ガ ス の 処 理 が 容 易 で あ る の で 、 ガ ス エ ン ジ ン 発 電 機 自 体 も 前 方 に 移 動 す る 案 も 考 え ら れ た が 、 検 討 事 項 が 多 岐 に お よ ぶ こ と か ら 現 案 の 範 囲 に と ど め た 。

(4)

( 2 )749GT 型 内 航 タ ン カ ー の GTに つ い て

こ の 種 の 749GT 型 タ ン カ ー で は IMO-TYPEⅡ 適 用 の 場 合 、 通 常 カ ー ゴ タ ン ク 容 量 と し て 1,850m3は 要 求 さ れ る 。一 方 、本 船 の 場 合 に は LNG 燃 料 タ ン ク の 配 置 確 保 の た め 、100m3 程 度 少 な く な り 1,750m3 と な ら ざ る を 得 な い 。

運 搬 す る 貨 物 の 種 類 に も よ る が DW の 減 少 に つ な が り 、4. 経 済 性 評 価 の 中 で も 示 さ れ る よ う に 運 航 採 算 上 の 影 響 は 非 常 に 大 き い 。こ れ を リ カ バ ー す る に は 船 の 深 さ を 約 200mm大 き く す る 必 要 が あ る が 総 ト ン 数(GT)が 749Tを 超 え る た め 不 可 で あ る 。内 航 タ ン カ ー で は GT の 要 件 は 厳 し く 1ト ン で も 超 過 す れ ば 、 船 員 の 資 格 要 件 や 、 諸 設 備 の 要 件 が 厳 し く な り そ の ク ラ ス の 内 航 船 と し て 運 航 で き な く な る 。LNG 焚 き 船 で な く て も 、NOx3 次 規 制 を ク リ ヤ ー す る た め に は SCR脱 硝 装 置 の 設 置 の た め エ ン ジ ン ケ ー ジ ン グ を 拡 張 す る 必 要 が あ り 、GT が 大 き く な る 。 過 去 の 居 住 環 境 の 改 善 を 目 的 と し て GT 規 制 を 緩 和 し た こ と も あ り 、 今 回 の よ う に 、新 た な 環 境 規 制 で あ る NOx3次 規 制 の 要 件 を 満 足 す る 船 舶 に つ い て は GTを 50ト ン 緩 和 す る 政 策 的 な 処 置 が 望 ま し い 。

( 3 )SES と の 組 み 合 わ せ に つ い て

SES を 前 提 に LNG焚 き の 検 討 を 行 っ た 。両 者 の 組 み 合 わ せ は 小 型 の 内 航 船 に 対 し て は 下 記 の 点 に お い て 非 常 に 適 し て い る と 判 断 さ れ た 。

① 発 電 機 エ ン ジ ン と し て 使 用 す る こ と に よ り プ ロ ペ ラ か ら の 負 荷 変 動 を 回 避 で き る

② 実 用 化 が 進 ん で い る 専 焼 ガ ス エ ン ジ ン を 使 用 で き る

③ 複 数 の ガ ス エ ン ジ ン と 1 基 の 重 油 焚 き DEに よ り 船 と し て 2元 燃 料 化 が で き る

( 4 )LNG タ ン ク に つ い て

LNG タ ン ク と し て 想 定 し た SPBタ ン ク(IMO IGC TypeB)お よ び 2 重 殻 円 筒 型 タ ン ク(IMO IGC TypeC) は 現 時 点 で は 、 実 物 あ る い は 設 計 が あ る わ け で は な く 、 コ ン セ プ ト が あ る だ け で あ る 。実 際 の 設 計 展 開 時 に IMOの 規 定 に 沿 っ た タ ン ク 設 計 、解 析 を 行 い 、承 認 を 取 得 す る 必 要 が あ る 。 そ の 結 果 如 何 で は 今 回 想 定 し た 仕 様 に 若 干 の 変 更 が 生 じ る 可 能 性 が あ る 。

( 5 )LNG 移 送 ポ ン プ に つ い て

LNG 燃 料 の 搭 載 は 4 時 間 程 度 で 完 了 で き る も の と し て 配 管 を 決 め た が 、 一 方 LNG 燃 料 を 主 発 電 機 に 移 送 す る ポ ン プ 容 量 は そ の 燃 料 消 費 量 に 会 わ せ た 。結 果 と し て LNGタ ン ク に 積 み 込 む 能 力 (4 時 間 ) と 搬 出 す る 能 力 (60時 間 ) に 大 き な 差 が 生 じ た 。 通 常 の オ ペ レ ー シ ョ ン で は 問 題 は 生 じ な い が 、 事 故 、 故 障 時 の 安 全 対 策 と し て 、 こ の ま ま で 良 い か は 改 め て 検 討 を 要 す る 。

(5)

2.3.4 経 済 性 評 価 2.3.4.1 建 造 コ ス ト 見 積

( 1 )749 型 白 油 タ ン カ ー の 概 算 比 較 見 積

下 記 の A~Dの4種 の 貨 物 船 に つ い て 相 対 比 較 に よ る 概 算 見 積 を 行 っ た 。主 要 目 を 表 4.1.

に 示 す 。 概 算 見 積 結 果 を 表 4.2. と そ れ を イ ン デ ッ ク ス 表 示 し た も の を 図 4.1. に 示 す 。 こ の 概 算 見 積 の 計 算 条 件 は 下 記 と し た 。 本 計 算 条 件 は 本 調 査 に お け る 相 対 比 較 の た め に 設 定 し た も の で あ り 、 実 際 の 数 値 と は 若 干 異 な る 場 合 が あ る 。

A:2 軸 SES型 749GT白 油 タ ン カ ー LNG焚 き

B:2軸 SES型 749GT白 油 タ ン カ ー NOx3 次 規 制 適 用 SCR脱 硝 装 置 搭 載 C:2軸 SES型 749GT白 油 タ ン カ ー

D: 通 常 型 749GT白 油 タ ン カ ー

表4.1.749GT型 白 油 タ ン カ ー の 主 要 目 比 較 表

① 工 費 の 単 価 は 一 律 4,690円/h と し た 。

( 中 造 工 21年 度 の 単 価 4,599 円 に 対 し 22年 度 と し て 2% の 上 昇 分 を 考 慮 し た 。)

② 鋼 材 単 価 は 105,000円/t と し た 。 鋼 材 歩 留 ま り を 95% と し た 。

③ 船 殻 工 事 の 工 数 は 40h/t と し 、 す べ て 内 作 と し た 。

④ 機 器 単 価 は 実 績 よ り 、 重 量 あ た り 単 価 に 割 り 戻 し て 価 格 を 概 算 し た 。

⑤ 白 油 タ ン カ ー の 一 般 的 な 仕 様 と し 、 カ ー ゴ タ ン ク は PE塗 装 と し た 。

⑥ そ の 他 の 条 件 は 極 力 統 一 し て 、 従 来 型 と こ れ を SES に し た 場 合 と の 比 較 を 行 っ た 。

⑦ LNGタ ン ク 、機 器 は 該 当 す る 製 品 が 既 に あ る も の と し 、開 発 費 は 見 込 ま な い も の と し た 。

(6)

表 4.2.749GT 型 白 油 タ ン カ ー の 概 算 見 積 比 較 表

* 本 計 算 結 果 は 本 調 査 に お け る 相 対 比 較 の た め に 算 出 し た も の で あ り 、 実 際 の 建 造 コ ス ト と は 異 な る 場 合 が あ る 。

図 4.1. 749GT型 白 油 タ ン カ ー の 概 算 見 積 比 較

A と Cの 比 較 で は SESを LNG焚 き に す る と 建 造 コ ス ト は 約 14% 増 加 の 結 果 と な っ た 。ま たBのNOx3次 規 制 を 適 用 し て こ れ にSCR脱 硝 装 置 を 搭 載 す る とCよ り 約3% 増 加 と な っ た 。

14%

9%

(7)

さ ら に Cの SESは Dの 通 常 型 と 比 べ て 約 9% 増 加 し た 。結 局 、LNG 焚 き タ ン カ ーA は 現 在 運 航 さ れ て い る 通 常 型 の タ ン カ ーD に 比 べ る と 約 23% 建 造 コ ス ト が 増 加 し た 。

こ の 建 造 コ ス ト に は SES に 対 す る JRTT等 に よ る 金 利 優 遇 や 助 成 は 含 ま れ て い な い の で 、 実 際 に は 種 々 の 助 成 策 を 考 慮 す る と 相 対 差 は か な り 小 さ く な る も の と 推 測 さ れ る 。

実 際 の 建 造 コ ス ト は 仕 様 や 造 船 所 、 そ の 時 々 の 資 材 価 格 状 況 に よ り 、 さ ら に 造 船 市 況 に よ り 船 価 は 大 き く 変 動 す る の で こ れ だ け で 船 価 を 論 じ る こ と は 出 来 な い 。

( 2 )3,000GT型 旅 客 フ ェ リ ー の 概 算 比 較 見 積

貨 物 船 の 場 合 と 同 様 に 下 記 の A~D の 4 種 の 旅 客 フ ェ リ ー に つ い て 相 対 比 較 に よ る 概 算 見 積 を 行 っ た 。主 要 目 を 表 4.3.に 示 す 。概 算 見 積 結 果 を 表 4.4.と そ れ を イ ン デ ッ ク ス 表 示 し た も の を 図 4.2.に 示 す 。こ の 概 算 見 積 の 計 算 条 件 は 2.3.4.1( 1 )の タ ン カ ー の 場 合 と 同 一 と し た 。

A: ツ イ ン ポ ッ ド SES型 3,000GT旅 客 フ ェ リ ー LNG焚 き ( 以 下 LNG 焚 き 船 と 略 称 ) B: ツ イ ン ポ ッ ド SES型 3,000GT旅 客 フ ェ リ ー NOx3次 規 制 適 用 SCR 脱 硝 装 置 搭 載 C: ツ イ ン ポ ッ ド SES型 3,000GT旅 客 フ ェ リ ー

D: 通 常 型 3,000GT旅 客 フ ェ リ ー

表 4.3.3,000GT型 旅 客 フ ェ リ ー の 主 要 目 比 較 表

(8)

表 4.4.3,000GT 型 旅 客 フ ェ リ ー の 概 算 見 積 比 較 表

* 本 計 算 結 果 は 本 調 査 に お け る 相 対 比 較 の た め に 算 出 し た も の で あ り 、 実 際 の 建 造 コ ス ト と は 異 な る 場 合 が あ る 。

図 4.2. 3,000GT型 旅 客 フ ェ リ ー の 概 算 見 積 比 較

A と Cの 比 較 で は SESを LNG焚 き に す る と 建 造 コ ス ト は 約 11% 増 加 の 結 果 と な っ た 。ま たBのNOx3次 規 制 を 適 用 し て こ れ にSCR脱 硝 装 置 を 搭 載 す る とCよ り 約5% 増 加 と な っ た 。

12%

11%

(9)

さ ら に Cの SESは Dの 通 常 型 と 比 べ て 約 12% 増 加 し た 。 結 局 、LNG焚 き フ ェ リ ーA は 現 在 運 航 さ れ て い る 通 常 型 の フ ェ リ ーDに 比 べ る と 約 23% 建 造 コ ス ト が 増 加 し た 。内 航 タ ン カ ー の 場 合 と コ ス ト 差 の 数 値 は 若 干 異 な る が 、 傾 向 は 同 じ で あ る 。 ま た 実 際 の 建 造 コ ス ト は 仕 様 や 造 船 所 、 そ の 時 々 の 資 材 価 格 状 況 に よ り 、 さ ら に 造 船 市 況 に よ り 船 価 は 大 き く 変 動 す る の で こ れ だ け で 船 価 を 論 じ る こ と は 出 来 な い こ と も 同 じ で あ る 。

2.3.4.2 運 航 経 済 性 の 検 討

( 1 ) 計 算 条 件

LNG 焚 き 内 航 船 の 実 現 の 可 能 性 は NOx の 3 次 規 制 の 動 向 に よ る と こ ろ が 大 き い が 、 経 済 性 の 評 価 も ま た 大 き な 要 因 で あ る 。 経 済 性 評 価 は そ の ベ ー ス と な る 条 件 が 、 そ の 時 の 経 済 環 境 条 件 、 建 造 造 船 所 と 造 船 市 況 、 運 航 船 会 社 と 海 運 市 況 に よ り 大 き く 変 化 す る 。 特 に 昨 今 の 燃 料 費 の 高 騰 、 急 落 は そ の 経 済 性 評 価 に 大 き な 不 確 定 要 因 と な る 。 こ の よ う な 不 確 定 要 因 を 含 む の が 経 済 性 評 価 で は あ る が 、電 気 推 進 型 内 航 LNG 焚 き 船 の 実 現 の 判 断 の 重 要 な 材 料 で あ り 、 避 け て 通 れ な い 。 現 状 で 想 定 可 能 な 条 件 の 範 囲 で 運 航 採 算 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 行 い 、 経 済 性 評 価 を 試 み た 。

運 航 採 算 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 下 記 の 4種 類 の 船 に 対 し 、 下 記 の 条 件 に て 行 っ た 。

A:2軸 SES型 749GT白 油 タ ン カ ー LNG 焚 き ( 以 下 LNG焚 き 船 と 略 称 )

B:2軸 SES型 749GT 白 油 タ ン カ ー NOx 3次 規 制 SCR脱 硝 装 置 搭 載 ( 以 下 SCR船 ) C:2軸 SES型 749GT白 油 タ ン カ ー ( 以 下 SES 船 )

D: 通 常 型 749GT白 油 タ ン カ ー ( 以 下 従 来 船 )

① 1隻 の タ ン カ ー の み を 保 有 し 、 運 航 す る オ ー ナ ー 兼 オ ペ レ ー タ ー と し た 。

② 14年 で 99% の 定 額 減 価 償 却 を 行 う も の と し た 。

③ 船 価 の 約 5% の 6,000万 円 を 自 己 資 金 と し 、80% を 共 有 船 と し てJRTTよ り 借 り 入 れ 、 残 り 約 15% を 市 中 銀 行 か ら 借 り 入 れ る も の と し た 。

④ JRTT資 金 の 金 利 を SES で は 1.6% 、 従 来 船 で は 2.0% と す る 。 返 済 は 14年 均 等 と し た 。

⑤ 市 中 銀 行 は2.8% 、10年 均 等 返 済 と し た 。短 期 借 り 入 れ の 運 転 資 金 の 金 利 は3.5% と し た 。

⑥ SI等 の 助 成 は 考 慮 し な い も の と し た 。

⑦ 船 価 は 表 4.2. の 建 造 コ ス ト に 5% 上 乗 せ 船 価 と し た 。

⑧ 重 油 価 格 、LNG 価 格 と 運 賃 と を パ ラ メ ー タ と し て 計 算 を 行 う も の と し た 。図 4.2.に 示 す LNG価 格 と 内 航 船 燃 料 油 の 価 格 の 動 向 を 勘 案 し て 表 4.5.に 示 す 価 格 帯 を 設 定 し た 。

⑨ 維 持 管 理 費 は SES船 、LNG 焚 き 船 で は 総 船 価 の 0.9%/年 、1.8%/5年 、従 来 船 で は 1.0%/

年 、2.0% と し た 。SCR船 で は 触 媒 の 交 換 費 用 と し て+0.5% 上 乗 せ し た 。

⑩ 乗 組 員 は 従 来 船 で は 職 員 4名 、 部 員 3名 の 計 7名 、SES 船 で は SES 推 進 の 国 の 施 策 に 従 い 職 員 3名 、 部 員 4名 の 計 7名 と し た 。

(10)

表 4.5.LNG、A 重 油 、C重 油 の 価 格 設 定 範 囲

* * * 表 4.5. の A 重 油 等 価 格 の 補 足 説 明

LNG の KLあ た り の A 重 油 等 価 価 格 は 下 記 算 式 で 計 算 し た も の で あ る 。

LNGの 等 価 格(¥/KL)= A 重 油 価 格 ×(LNG発 熱 量/A重 油 発 熱 量)×(LNG液 比 重/A重 油 比 重) 41,300円 =75,000円 ×(11,758/10,200)(kcal/kg)×(0.430/0.900)(kg/KL)

図 4.3.LNG価 格 と 内 航 燃 料 油 価 格 動 向

(11)

( 2 )LNG 価 格 の 動 向

図 4.2. に LNG 価 格 と 内 航 燃 料 油 価 格 動 向 を 示 す 。 内 航 燃 料 油 価 格 は 日 本 内 航 海 運 組 合 連 合 会 が 内 航 船 の 燃 料 油 の 価 格 と し て 調 査 し 公 表 し て い る も の で あ る 。A 重 油 と C重 油 の 価 格 差 を 図 中 緑 の 線 で 示 し た 。2008 年 の 油 価 格 高 騰 期 を 除 け ば 、A 重 油 と C 重 油 の 価 格 差 は 10,000円 ~12,000円/KL で ほ ぼ 安 定 し て い る 。

図 中 紫 色 の 線 は LNG の 日 本 着 の CIF 価 格 の 代 表 例 を 示 し て い る 。LNG 価 格 は 通 常 mmbtu あ た り$建 て 公 表 さ れ る が 、 こ れ を 為 替 レ ー ト 、LNG の 発 熱 量 と 比 重 を 推 定 し て 重 油 価 格 と 同 じ 単 位 で 表 示 す る と 、2010 年 は 概 ね 20,000 円/KL で あ っ た 。 薄 紫 の 線 は A 重 油 と 発 熱 量 比 例 で 推 定 し た 上 記 の LNG 燃 料 の A 重 油 等 価 格 で あ る 。 概 ね 35,000円/KL で あ る 。 こ の 差 の 約 15,000 円 が LNG 燃 料 と し て 供 給 す る た め の 設 備 コ ス ト に 相 当 す る 。 運 航 採 算 計 算 で は A 重 油 価 格 か ら 推 定 し た 、LNG 燃 料 の A 重 油 等 価 格 を ベ ー ス に し て ±5% 、 ±10% と し た 場 合 の 計 算 を 行 っ た 。 仮 に 設 備 コ ス ト が 12,000 円 で 収 ま れ ば 、LNG 価 格 は A 重 油 等 価 格 よ り も -8.5% の 価 格 で 供 給 で き る こ と に な る 。

表 4.5.は 運 航 採 算 計 算 の た め に 設 定 し た LNG、A重 油 、C重 油 の 価 格 範 囲 で あ る 。A重 油 を ベ ー ス と し KLあ た り 55,000円 か ら 95,000円 ま で 10,000円 き ざ み で 5ケ ー ス 想 定 し 、C 重 油 価 格 は こ れ よ り 一 律 -12,000円 と し た 。 LNG 価 格 は A重 油 と 発 熱 量 あ た り の 価 格 が 等 し い 価 格 を 発 熱 量 A 重 等 価 価 格 と し 、 こ れ を ベ ー ス と し て ±5% 、 ±10% 、 ±20% 、 -30%

の 変 化 を さ せ て 設 定 し た 。

( 3 )749 型 白 油 タ ン カ ー の 運 航 採 算 結 果

運 航 採 算 は 船 種4ケ ー ス ×運 賃4ケ ー ス ×燃 料 価 格25ケ ー ス の400ケ ー ス に つ い て 実 施 し 、 図 表 化 し た 。こ の 中 か ら 計 算 結 果 の 1ケ ー ス を 代 表 例 と し て 表 4.6.及 び こ の グ ラ フ を 図 4.

4. に 示 し た 。 表 4.6. は 各 縦 列 が 1 年 目 か ら 償 却 の 終 わ る 14年 目 、 さ ら に 20 年 目 ま で の 各 年 の 採 算 を 示 し 、 各 横 行 は 上 か ら 運 航 状 況 を 示 す 各 指 標 、 運 賃 収 入 、 船 費 支 出 ( 固 定 費 ) お よ び 運 航 費 ( 変 動 費 ) の 各 費 用 、 さ ら に 下 の 2行 は こ れ ら を 差 し 引 き し た 各 年 の 損 益 と 累 積 損 益 を 示 し て い る 。 損 益 の 行 が 緑 字 で あ れ ば 黒 字 で あ る こ と を 示 し 、 赤 字 で あ れ ば 損 失 に な っ て い る こ と を 示 す 。 赤 字 に な る と 運 転 資 金 を 銀 行 か ら さ ら に 短 期 借 り 入 れ す る こ と に な り 、 赤 字 は 増 大 す る こ と に な る 。 結 局 最 終 的 に 14年 お よ び 更 に 20年 た っ て 利 益 が 出 た か ど う か は 赤 丸 で 囲 ん だ 累 積 損 益 の 数 値 に よ り 判 断 す る こ と に な る 。

表 4.6.の ケ ー ス は A重 油 価 格 が KL あ た り 85,000円 で 、C重 油 価 格 が 73,000円 に 対 し 、 LNG価 格 が A重 油 と 発 熱 量 あ た り の 価 格 と 等 価 なkLあ た り46,810円 の 場 合 の 計 算 結 果 で あ る 。表 4.6.の 例 で は 最 初 の 数 年 間 は 収 支 トントンの 状 態 が 続 き 、定 検 で 修 繕 費 用 の か さ む 年 に は 一 時 的 に 赤 字 に な る が 、 そ の 後 徐 々 に 収 益 が 増 加 し 、14年 後 の 累 積 損 益 で1 億1,000 万 円 の 利 益 と な る 。14年 以 降 は 減 価 償 却 も 完 了 し 、 収 益 は 急 速 に 良 く な り 、 累 積 5 億6,000 万 円 の 利 益 と な る 。 当 初 の 6,000 万 円 の 自 己 資 金 の 投 資 に 対 し 、 ま ず ま ず の 資 本 回 収 率 と な る 。 た だ し 運 賃 、 燃 料 費 、 金 利 等 の 仮 定 に 基 づ く も の で あ り 、 こ れ ら の 条 件 が 異 な れ ば 、 結 果 は 大 き く 異 な る 。 そ れ ぞ れ の 項 目 の 結 果 に 与 え る 影 響 度 と 相 対 的 な 比 較 評 価 の た め の 計 算 で あ る こ と に 注 意 を 要 す る 。

(12)

計 算 条 件 の パ ラ メ ー タ を 変 更 し て 行 っ た 80ケ ー ス 分 の 計 算 の 集 計 表 を 表 4.7.に 示 し た 。 全 400ケ ー ス は こ の 表 が 5枚 あ る こ と を 意 味 す る 。こ の 表 の 中 で 、赤 枠 で 囲 っ た も の が 表 4.

6. で 示 し た 1ケースで あ る 。

こ れ ら の 結 果 か ら LNG焚 き 船 と 他 方 式 と の 比 較 評 価 を 行 う た め に 、 図 4.5. ~ 図 4.7.

を 作 成 し た 。SES 船 と 従 来 船 と を 比 較 す る とSES 船 は 船 価 が 高 い 分 だ け 運 航 採 算 上 不 利 に な る 。 さ ら に LNG 焚 き 船 や SCR 船 に な る と こ の 差 は さ ら に 拡 大 す る 。 燃 料 油 価 格 の 上 昇 に 伴 い こ の 差 は 小 さ く な る が 、 今 回 の 計 算 し た 範 囲 で は 得 失 が 逆 転 す る こ と は な か っ た 。

表 4.7. か ら 読 む と 、14 年 間 の 累 積 損 益 差 は A 重 油 価 格 85,000円/KL の と き 従 来 船 で は 5億 7,000万 円 の 利 益 、SES船 で は 4 億 9,000万 円 の 利 益 、SCR船 で は2 億 5,000万 円 の 利 益 に 対 し LNG焚 き 船 で は 1億 1,000 万 円 の 利 益 と な る 。従 来 船 と 比 べ 4億 円 、SCR 船 と 比 べ て 1 億 4,000 万 円 の 収 益 差 が あ る 。 こ れ は 運 賃 が トンk m あ た り 5 円 程 度 の 場 合 で あ り 、 仮 に 4 円 と 仮 定 す る と そ れ ぞ れ 2,600万 円 の 赤 字 、1 億 円 の 赤 字 、5 億 円 の 赤 字 、7億 円 の 赤 字 と な る 。LNG 焚 き 船 と 従 来 船 と の 損 益 差 、LNG 焚 き 船 と SCR 船 と の 差 は 大 き く 運 航 採 算 上 厳 し い も の が あ る 。SES船 や LNG 焚 き 船 は 単 に 運 航 経 済 性 の 観 点 か ら 導 入 を 計 画 し た も の で な く 、 環 境 対 策 と し て 計 画 し た も の で あ る が 、「 規 則 だ か ら や む を 得 な い 」と い う こ と で は 看 過 で き な い 問 題 で あ り 、 経 済 性 改 善 の 方 策 に 取 り 組 む 必 要 が あ る 。

図 4.5.~ 図 4.7.損 益 分 岐 図 は 運 航 採 算 計 算 の 結 果 よ り 損 益 分 岐 点 を も と め 、A 重 油 価 格 と 運 賃 指 標 を そ れ ぞ れ X、Y 軸 に し て 従 来 船 、SES船 、SCR 船 、LNG 焚 き 船 の 4種 船 の 損 益 分 岐 線 を 図 で 示 し た も の で あ る 。損 益 分 岐 点 は 上 記 各 種 条 件 で の 運 航 採 算 計 算 よ り 、14年 後 の 累 積 損 益 が 船 主 の 初 期 投 資 額 ( 内 航 タ ン カ ー の 場 合 6,000 万 円 、 内 航 フ ェ リ ー の 場 合 1 億 円 ) と 同 額 に な っ て 、 投 資 額 を 回 収 で き る 限 界 の 燃 料 価 格 と 運 賃 と の 関 係 を 求 め た も の で あ る 。 厳 密 に は こ の 14 年 後 の 累 積 損 益 も 現 在 価 値 に 直 し て 評 価 す る 必 要 が あ る し 、 ま た 14 年 後 に 船 主 に は こ の 他 に JRTTと の 共 有 が 完 了 し 、JRTTか ら 譲 渡 さ れ た 償 却 済 み の 船 舶 が 手 元 に 残 る の で 、 厳 密 な 意 味 で の 損 益 分 岐 点 で は な い 。 し か し こ の 船 の 価 値 、 売 船 価 格 ま で 論 議 す る の は 本 調 査 の 主 旨 で は な い の で 、 こ こ で は こ の よ う に 単 純 化 し て 定 義 し た 。 こ の 損 益 分 岐 点 を つ な い だ 損 益 分 岐 線 よ り 高 い 運 賃 で あ れ ば 益 と な り 、 逆 に 低 け れ ば 損 と な る 。A 重 油 価 格 が 上 昇 す る と 当 然 損 益 分 岐 の 運 賃 も 上 昇 す る 。4 種 船 の 船 価 が 従 来 船 、SES 船 、SCR 船 、LNG 焚 き 船 の 順 に 高 く な り 、燃 費 差 に よ り 損 益 分 岐 線 の 傾 き が 異 な る 。従 来 船 と 比 べ て 燃 費 の 良 い SES船 は A 重 油 価 格 の 上 昇 に 伴 い 、従 来 船 と の 差 が 縮 ま る 傾 向 に あ る が 、A重 油 価 格 が 今 回 計 算 し た 95,000円/KL ま で の 範 囲 で は 、船 価 差 が 非 常 に 大 き い の で 損 益 分 岐 線 が 交 わ り 状 況 が 逆 転 す る こ と は な い 。

し か し LNG 焚 き 船 ( 青 線 ) と SCR 船 ( 緑 線 ) を 比 べ る と そ の 差 は か な り 接 近 し て い て 、 LNG 価 格 が A 重 油 と 発 熱 量 等 価 な 場 合 に は SCR 船 よ り も 損 益 分 岐 線 は 高 く 不 利 で あ る が 、 LNG価 格 が -5% に な る と 、両 者 は か な り 接 近 す る 。LNG価 格 が -10% に な る と A重 油 価 格 90,000円/KL 以 上 の 範 囲 でLNG 焚 き 船 が 優 位 と な る 結 果 と な っ た 。

さ ら に 図 4.6.で 示 す よ う に LNG価 格 が -20% ま で 下 が る と 、LNG 焚 き 船 は SCR 船 よ り も か な り 優 位 に な り 、A 重 油 価 格 の 全 範 囲 で LNG 焚 き 船 が 優 位 と な る 。 し か し そ れ で も C 重 油 焚 き の SESと 比 べ る と 経 済 性 は ま だ 差 が 大 き い 。

(13)

逆 に LNG価 格 は A 重 油 等 価 格 よ り +5%,+10%と 上 昇 す る と 、逆 に LNG焚 き 船 の 経 済 性 が ま す ま す 悪 く な り 競 争 力 を 失 う こ と に な る 。 以 上 の よ う に LNG 価 格 の 動 向 が LNG 焚 き 船 普 及 の 鍵 と 言 え る 。

14 年 の 償 却 期 間 が 過 ぎ る と 償 却 費 、 金 利 の 負 担 が な く な り 利 益 が 急 増 す る 。 図 4 .4. に お い て 14年 以 降 累 積 損 益 を 示 す 赤 線 が 立 ち 上 が っ て い る の は こ の 為 で あ る 。当 然 燃 費 の 良 い SES が 従 来 船 と 比 べ て 良 く な り 、LNG 焚 き 船 も 良 く な る 。 従 っ て 14 年 間 で 評 価 す る の で は な く 20年 以 上 の 長 期 間 で 評 価 す る と 傾 向 は 少 し 変 わ っ て く る 。

表 4.6. 運 航 採 算 計 算 結 果 の 例

(14)

図 4.4. 運 航 採 算 シュミュレーション結 果 の 例 (LNG 価 格 46,810円/KL)

(15)

表 4.7. 運 航 採 算 計 算 結 果 の 集 計 表 (80ケ ー ス )

(16)

図 4.5. 損 益 分 岐 図 (LNG価 格 : 左 か ら A重 油 等 価 、 -5% 、 -10% )

図 4.6. 損 益 分 岐 図 (LNG価 格 : 左 か ら -15% 、 -20% 、 -30% )

図 4.7. 損 益 分 岐 図 (LNG 価 格 : 左 か ら A重 油 等 価 、+5% 、 +10% )

(17)

* * * 図 4.5. ~ 図 4.7. 損 益 分 岐 図 に 対 す る 補 足 説 明

① 運 賃 指 標 に つ い て

縦 軸 の 運 賃 指 標 は 貨 物 1t を 1km運 ぶ 運 賃 を 指 標 と し た 。現 在 石 油 製 品 の 運 賃 は5円/tkm と 言 わ れ て い る の で 利 益 が 出 る 範 囲 と 言 え る 。 た だ し こ の 損 益 分 岐 線 は 船 主 が 建 造 時 に 投 資 し た 6,000 万 円 を 14年 後 に 回 収 で き る か 否 か で 判 定 し た 線 で あ り 、事 業 と し て は 十 分 な 利 益 の 出 る 線 で は な い 。

②LNG 価 格 に つ い て

表 4.5.に 示 す よ う に 、A重 油 の 発 熱 量 等 価 な KLあ た り の 価 格 を LNG価 格 の ベ ー ス と し た 。 こ の ベ ー ス か ら -5% 、 -10% 、 -15% 、 -20% 、 -30% 、 +5% 、+10% の 価 格 を パ ラ メ ー タ と し て 比 較 し た 。こ の 8 枚 の グ ラ フ で は LNG価 格 以 外 は 同 一 で あ る の で 、緑 線(SCR 船 )、紫 線 (SES 船 )、赤 線 ( 従 来 型 )は 変 化 な く LNG 焚 き 船 を 示 す青 線の み が 上 下 に 変 化 し て 、 比 較 船 の 損 益 分 岐 点 と 交 差 し て い る 。

③4 本 の 損 益 分 岐 線 に つ い て

4 本 の 損 益 分 岐 線 は そ れ ぞ れ 従 来 型 、SES船 、SCR船 、LNG 焚 き 船 を 示 す が 、損 益 分 岐 線 の 上 下 方 向 の ズ レ は 主 と し て 船 価 差 が9% 、12% 、23%UPし た こ と に よ り 生 じ た も の で あ り 、 損 益 分 岐 線 の 傾 き は 燃 費 差 に よ り 生 じ た も の で あ る 。 傾 き の 小 さ い 損 益 分 岐 線 は 燃 費 の 良 い こ と を 意 味 す る 。2 本 の 損 益 分 岐 線 が 燃 費 差 に よ る 傾 き の 違 い に よ り 交 差 す る 点 が 、 燃 費 差 に よ り 両 者 の 関 係 が 逆 転 し た 点 で あ る 。LNG価 格 が A 重 油 発 熱 量 等 価 の 場 合 で は 、4本 の 損 益 分 岐 線 は A 重 油 価 格 の 動 向 に よ り 接 近 し た り 離 れ た り し て い る が 、交 差 は し て い な い 。燃 料 油 価 格 の 動 向 に よ り 影 響 が 出 る が 、関 係 が 逆 転 す る こ と が 無 い こ と を 示 し て い る 。LNG価 格 が -5% 、-10%・・・-30% と な る と 交 差 点 が 現 れ る 。こ の 点 関 係 が 逆 転 す る 可 能 性 の あ る こ と を 示 し て い る 。

図 4.8.は LNG焚 き 船 と SCR 船 の 損 益 分 岐 線 の 交 点 を も と め て プ ロ ッ ト し た も の で 、 両 者 の 関 係 が 逆 転 す る LNG価 格 を 調 べ た も の で あ る 。A 重 油 価 格 が 50,000円 ~100,000 円 の 範 囲 に あ る と き 、 概 ね LNG 価 格 は -15% 程 度 以 下 で あ れ ば LNG燃 料 優 位 と い う こ と に な る 。

図 4. 8. LNG 焚 き 船 と SCR 船 と の 損 益 分 岐 線 の 交 点

(18)

( 4 )3,000GT型 旅 客 フ ェ リ ー の 運 航 採 算 結 果

2.3.4.2( 3 )の 749 型 タ ン カ ー の 場 合 と 同 様 な 方 法 に て 運 航 採 算 を 行 っ た 。10SMの 航 路 を 片 道 45分 で 1日 7往 復 す る シ ャ ト ル サ ー ビ ス を 想 定 し た 。

運 航 採 算 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 下 記 の 4種 類 の 船 に 対 し 、 下 記 の 条 件 に て 行 っ た 。

A: ツ イ ン ポ ッ ド SES 型3,000GT フ ェ リ ー LNG 焚 き ( 以 下 LNG焚 き 船 )

B: ツ イ ン ポ ッ ド SES 型 3,000GT フ ェ リ ー NOx 3次 規 制 SCR脱 硝 装 置 搭 載 (SCR船 ) C: ツ イ ン ポ ッ ド SES 型 3,000GTフ ェ リ ー ( 以 下 SES船 )

D: 通 常 型 3,000GT旅 客 フ ェ リ ー ( 以 下 従 来 船 )

① 1隻 の フ ェ リ ー の み を 保 有 し 、 運 航 す る オ ー ナ ー 兼 オ ペ レ ー タ ー と し た 。

② 14年 で 99% の 定 額 減 価 償 却 を 行 う も の と し た 。

③ 船 価 の 約 5% の 1 億 円 を 自 己 資 金 と し 、90% を 共 有 船 と し て JRTTよ り 借 り 入 れ 、 残 り を 市 中 銀 行 か ら 借 り 入 れ る も の と し た 。

④ JRTT資 金 の 金 利 を SES船 で は1.6% 、従 来 船 で は 2.0% と す る 。返 済 は 14年 均 等 と し た 。

⑤ 市 中 銀 行 は 2.8% 、10年 均 等 返 済 と し た 。 短 期 借 入 れ の 運 転 資 金 の 金 利 は 3.5% と し た 。

⑥ SI等 の 公 的 助 成 は 考 慮 し な い も の と し た 。

⑦ 船 価 は 表 4.4. の 建 造 コ ス ト に 5% 上 乗 せ 船 価 と し た 。

⑧ 重 油 価 格 、LNG 価 格 と 運 賃 と を パ ラ メ ー タ と し て 計 算 を 行 う も の と し た 。LNG 価 格 と 内 航 船 燃 料 油 の 価 格 の 動 向 を 勘 案 し て 表 4.5. に 示 す 価 格 帯 を 設 定 し た 。

⑪ 維 持 管 理 費 は SES船 、SCR 船 、LNG焚 き 船 で は 総 船 価 の 1.2%/年 、1.8%/5年 、

従 来 船 で は 1.3%/年 、2.0%/5 年 と し た 。SCR 船 で は 触 媒 の 交 換 費 用 と し て+0.5% 上 乗 せ し た 。

⑫ 乗 組 員 は 職 員 4名 、 部 員 8名 の 計 12名 と し た 。 交 代 要 員 を こ の 100% と し た 。

上 記 の 他 に 下 記 の 条 件 を 追 加 し た 。

⑬ 運 賃 収 入 は 現 在 運 航 中 の フ ェ リ ー 運 賃 を 参 考 に し て 表 4.8. を 作 成 と し た 。 実 際 に は 運 賃 収 入 の 他 、 船 内 お よ び タ ー ミ ナ ル の 売 店 に て の 物 品 販 売 も 大 き な 収 入 源 で あ る が 、 こ こ で は 考 慮 し な い こ と と し た 。 こ の 表 よ り 運 航 採 算 計 算 プ ロ グ ラ ム の 入 力 書 式 に 合 わ せ る 都 合 上 、 消 席 率 20% の 場 合 の t あ た り 運 賃 収 入 を 3,509 円 と 推 定 し 、3,000 円 ~3,750 円 の 範 囲 で こ れ を パ ラ メ ー タ に し て 計 算 し た 。

(19)

表 4.8. 運 賃 の 想 定

こ れ ら の 条 件 に 基 づ き 749GT 型 タ ン カ ー と 同 様 な 計 算 を 行 っ た 。 内 航 フ ェ リ ー の 運 航 採 算 は 従 来 船 で あ っ て も か な り 厳 し い も の が あ る 。 今 回 想 定 し た 消 席 率 は 実 態 よ り も 良 く 想 定 し て お り 、 余 程 消 席 率 が 改 善 さ れ な い 限 り 、 事 業 採 算 の 成 立 は 難 し い 状 況 に あ る の が 通 常 で あ る 。

運 航 採 算 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン の 結 果 よ り 749GT 型 タ ン カ ー の 場 合 と 同 様 な 手 法 に よ り 図 4.

9.に 示 す 損 益 分 岐 図 に ま と め た 。749GT 型 タ ン カ ー と 同 じ く LNG価 格 が A 重 油 発 熱 量 に 等 価 で あ る 場 合 と 、 こ れ よ り -5% 、 -10% ・ ・ ・ の 場 合 と の 比 較 と し た 。

全 体 の 傾 向 は 749GT 型 タ ン カ ー の 場 合 と 同 じ で あ る が 、LNG焚 き 船 と SCR船 の 損 益 分 岐 線 が 交 わ る の が -5% の 場 合 、A 重 油 価 格 85,000円 の 時 で あ り -10% の 場 合 55,000円 の 時 で あ っ た 。749GT型 タ ン カ ー の 場 合 と ほ ぼ 同 じ 傾 向 で あ る が 、燃 料 油 の 消 費 が 大 き い の で 、LNG 焚 き 船 の 優 位 性 が SCR船 よ り も 良 く な る の が 早 く 現 れ て い る 。

図 4.9. 損 益 分 岐 図 (LNG 価 格 左 か ら A重 等 価 、 -5% 、 -10% )

* * * 図 4.9. 損 益 分 岐 図 に 対 す る 補 足 説 明

① 消 席 率 指 標 に つ い て

縦 軸 の 指 標 は 計 算 で 使 用 し た t あ た り 運 賃 収 入 を 元 に 人 と 車 の 平 均 の 乗 船 率 で あ る 消 席 率

(20)

に 換 算 し て 指 標 と し て 使 用 し た 。 基 本 的 に は タ ン カ ー の 運 賃 指 標 と 同 じ く 運 賃 収 入 に 関 係 す る 数 値 で あ る 。20% 前 後 の 数 値 は か な り 低 い よ う に 見 え る が 、 早 朝 か ら 深 夜 ま で 、 休 日 平 日 の 平 均 で あ り 実 態 よ り も 高 め と 推 測 し た 。 た だ し こ の 損 益 分 岐 線 は 船 主 が 建 造 時 に 投 資 し た 1億 円 を 14年 後 に 回 収 で き る か 否 か で 判 定 し た 線 で あ り 、事 業 と し て は 十 分 な 利 益 の 出 る 線 で は な い 。

②LNG 価 格 に つ い て

表 4.5.に 示 す よ う に 、A 重 油 の 発 熱 量 に 等 価 なKLあ た り の 価 格 を LNG価 格 の ベ ー ス と し た 。こ れ か ら 5% 安 い 、10% 安 い 場 合 を 想 定 し 比 較 し た 。こ の 3枚 の グ ラ フ で は LNG 価 格 以 外 は 同 一 で あ る の で 、緑 線 の SCR 船、紫 線 の SES、赤 線 の 従 来 型は 変 化 な く LNG焚 き 船 を 示 す 青 線の み が 変 化 し て い る 。

③4 本 の 損 益 分 岐 線 に つ い て

4 本 の 損 益 分 岐 線 は 従 来 型 、SES 船 、SCR船 、LNG 焚 き 船 を 示 す が 、 船 価 が 12% 、17% 、 23%UPし た こ と に よ り こ の 差 が 生 じ 、燃 費 、維 持 管 理 費 等 の 運 航 費 の 差 に よ り そ の 間 隔 が 変 化 し て い る 。 燃 費 差 は 燃 料 油 価 格 の 動 向 に よ り 影 響 が 出 る が 、 こ の 範 囲 の 燃 料 油 価 格 で は 、 船 価 は 高 い が 燃 費 は 良 い 船 が 船 価 は 安 い が 燃 費 は 悪 い 船 を 逆 転 す る こ と は な か っ た 。 た だ し SES 船 と LNG 焚 き 船 と の 線 が か な り 接 近 し て お り 、LNG 価 格 が さ ら に 安 く な る か 、 船 価 差 が 縮 ま れ ば 逆 転 す る 可 能 性 が あ る 。LNG 価 格 が -20% の 例 を 図 4.10. に 示 す 。 こ の 場 合 に は A重 油 価 格 が 80,000円 を 超 え る と LNG 焚 き 船 が SESよ り も 優 位 と な る 。タ ン カ ー の 場 合 よ り も こ の 傾 向 が 顕 著 に 出 て い る の は 、 タ ン カ ー に 比 べ 燃 料 消 費 量 が 多 い こ と に よ る 。

図 4.10. 損 益 分 岐 図 (LNG価 格 -20% ) この点 で SES と LNG 焚 き船 の優 劣 が逆 転 する

(21)

2.3.4.3 経 済 性 の 評 価

( 1 ) 経 済 性 の 評 価

2.3.4.2 で 行 っ た 運 航 採 算 の 結 果 は 、LNG の 価 格 に も よ る が 、LNG 焚 き 船 の 実 現 が 厳 し い こ と を 示 し た 。ECAが 適 用 さ れ 、NOx 対 策 が 要 求 さ れ た 場 合 に は 、何 ら か の 経 済 的 支 援 の 政 策 が 必 要 と な り 、 さ も な く ば そ の 分 運 賃 に 転 嫁 す る こ と に な る 。 当 然 製 品 価 格 の 値 上 げ に つ な が っ て く る 。 内 航 船 は 石 油 製 品 、 鋼 材 、 石 炭 等 の 産 業 基 礎 物 資 を 運 搬 し て お り こ れ ら の 値 上 げ は 日 本 の 産 業 界 全 体 に 影 響 を 与 え る こ と に な る 。

図 4.11. 船 費 、 運 航 費 の 割 合 ( 左 : 内 航 タ ン カ ー 、 右 : 内 航 フ ェ リ ー )

年 間 の 総 支 出 の 割 合 は 図 4.11. に 示 す よ う に 内 航 タ ン カ ー 、 内 航 フ ェ リ ー と も に 内 航 船 で は 減 価 償 却 費 、 船 員 費 、 維 持 管 理 費 等 の 船 費 の 占 め る 割 合 が 大 き く 、 運 航 費 の 中 で は 大 半 が 燃 料 費 で は あ る が 相 対 的 に 大 き く な い 。本 図 は A重 油 価 格 が 85,000円 ま で 高 騰 し た 場 合 の 例 で あ り 、通 常 は 燃 料 費 の 占 め る 割 合 さ ら に 小 さ く は 20% 程 度 で あ る 。従 っ て 仮 に 省 エ ネ 効 果 に よ り 10% の 燃 費 を 削 減 し た と し て も 、 総 支 出 に 対 す る 効 果 は 2% 程 度 と な る 。 一 方 償 却 費 、 支 払 い 利 息 は 年 間 総 支 出 の30% 程 度 あ り 、 こ の 増 減 の 影 響 の ほ う が 1.5 倍 大 き い 。 従 っ て 船 価 上 昇 20% に バ ラ ン ス す る 効 果 を 、省 エ ネ 効 果 に よ る 燃 費 削 減 に 求 め る と 30% 程 度 の 省 エ ネ 効 果 が 必 要 で あ り 、SES船 で も 現 状 で は そ の 省 エ ネ 効 果 は 10% 程 度 で あ り 、単 純 な 運 航 採 算 比 較 で は 経 済 性 効 果 を 出 す こ と は 非 常 に 困 難 で あ る 。 特 に 内 航 船 の 場 合 に は 比 較 的 短 い 航 路 を 年 間 数 10航 海 す る の が 通 常 で あ り 、出 入 港 お よ び 荷 役 に 要 す る 時 間 の 割 合 が 多 く 、主 機 を 定 格 で 運 転 す る 実 運 航 時 間 が 少 な く 、 主 機 お よ び 推 進 装 置 の 省 エ ネ に よ る 燃 費 削 減 効 果 が 出 に く い こ と に 注 意 が 必 要 で あ る 。

SES 船 、LNG焚 き 船 は 省 エ ネ 船 で あ る と と も に 船 価 を 下 げ る 研 究 開 発 が 必 要 で あ り 、船 員 の 数 を 減 ら し 船 員 費 を 削 減 す る 方 策 、 技 術 開 発 も 必 要 と な る 。

(22)

( 2 ) 年 間 燃 料 消 費 量 、CO2排 出 量 の 比 較

環 境 省 よ り エ ネ ル ギ ー 源 別 二 酸 化 炭 素 排 出 係 数 が 定 め ら れ て お り 、 内 航 船 の 運 航 採 算 に 用 い た 燃 料 油 消 費 量 よ り 年 間 CO2排 出 量 を 計 算 し た 結 果 を 図 4.12.お よ び 図 4.13.に 示 す 。 こ の 結 果 に よ れ ば LNG 焚 き 船 は 従 来 型 と 比 べ 、SESの 省 エ ネ 効 果 と LNG燃 料 の CO2 排 出 係 数 が 小 さ い 効 果 に よ り 、CO2 排 出 量 を 60% の 大 幅 な 削 減 を す る こ と が で き た 。 同 じ SES の SCR 脱 硝 装 置 搭 載 船 と 比 べ て も45% の 削 減 と な っ た 。燃 料 消 費 量 も 従 来 型 に 比 べ て 重 量 ベ ー ス で 30% 削 減 、SCR と 比 べ て 15% 削 減 と な っ た 。

炭 素 税 が 導 入 さ れ CO2 削 減 効 果 に 応 じ た プ レ ミ ア ム/ペ ナ ル テ ィ ー の 仕 組 み が 実 施 さ れ る と LNG焚 き 船 の 経 済 性 は 好 転 す る も の と 思 わ れ る 。 こ の 傾 向 は 内 航 フ ェ リ ー に つ い て も 同 様 で あ り 、「 環 境 に 優 し い 」 を 標 題 に 掲 げ て こ れ だ け の CO2 排 出 削 減 効 果 を 出 し て い る こ と に 対 し 運 航 助 成 の 方 策 も 考 慮 し て も 良 い の で は と 思 わ れ る 。

図4.12. 内 航 タ ン カ ー の CO2 年 間 排 出 量 の 比 較

図 4.13. 内 航 フ ェ リ ー の CO2 年 間 排 出 量 の 比 較

(23)

( 3 )NOx 排 出 量 の 比 較

本 調 査 研 究 の 発 端 で も あ る NOx の 排 出 量 の 推 定 値 の 比 較 を 行 っ た 。IMO に よ り 2016 年 よ り 実 施 が 予 定 さ れ て い る NOx の 3次 規 制 が 適 用 さ れ る と 想 定 し て 比 較 評 価 し た 。

図 4.14. に 749 型 内 航 タ ン カ ー 、 図 4.15. に 3,000GT 型 内 航 フ ェ リ ー の 年 間 燃 料 消 費 量 と NOx 排 出 量 の 比 較 を 行 っ た 。LNG 焚 き 船 で は 0.9g/kwh、SCR 船 は 脱 硝 装 置 に よ り 規 制 値 の 2g/kwh、SES 船 は 現 在 の 中 速 エ ン ジ ン の デ ー タ 8.6g/kwh、ま た 従 来 船 は 現 行 規 制 よ り 厳 し い が 主 機 の 改 良 に よ り 達 成 で き る と 見 込 ま れ るNOxの2次 規 制 の 11g/kwhの 値 を 用 い て 比 較 し た 。 燃 料 消 費 量 は 10~25% 程 度 の 差 し か 無 い が 、LNG 焚 き 船 の NOx の 総 排 出 量 は 従 来 船 と 比 べ て 1/10以 下 に 激 減 し 、脱 硝 装 置 を 搭 載 し た SCR船 と 比 べ て も 1/2以 下 に 減 ら す こ と が で き た 。

図 4.14. 内 航 フ ェ リ ー の NOx 年 間 排 出 量 の 比 較

図 4.15. 内 航 フ ェ リ ー の NOx 年 間 排 出 量 の 比 較

(24)

2.3.5 総 合 評 価 2.3.5.1 総 合 評 価

LNG 焚 き 船 は 内 航 船 に お い て も CO2NOx 低 減 の 環 境 対 策 と し て き わ め て 有 効 で あ り 、技 術 的 に も 可 能 で あ る 。場 合 に よ り 外 航 船 よ り も 内 航 船 の ほ う が LNG 焚 き 船 と し て 適 し て い る と も 考 え ら れ る 。

①LNG 焚 き 船 に 対 す る 強 い ニ ー ズ が 内 航 に あ る

IMO の 外 航 船 に 対 す る 要 件 で は あ る が 、NOx 対 策 が よ り 強 く 求 め ら れ て い る の は 大 都 市 圏 の 沿 岸 地 域 で あ り 、 地 元 自 治 体 か ら の 強 い 要 求 も 予 想 さ れ 、 内 航 船 の 大 半 は こ れ ら の 地 域 を 運 航 す る 船 舶 で あ る 。

②LNG 焚 き 船 に は SESが 適 す る

ガ ス エ ン ジ ン の 一 般 的 な 特 性 と し て 負 荷 変 動 に 弱 い と い う 技 術 課 題 が あ る 。 プ ロ ペ ラ 直 結 の 主 機 と し て 使 用 す る と 波 浪 等 の 影 響 に よ る 負 荷 変 動 を 避 け ら れ な い 。SES 電 気 推 進 の 発 電 機 エ ン ジ ン と し て 使 用 す る こ と に よ り 負 荷 変 動 を 小 さ く す る こ と が で き る 。 複 数 の 発 電 機 を 並 列 運 転 し て 必 要 な 電 力 を 供 給 す る パ ワ ー マ ネ ー ジ メ ン ト 方 式 で あ る の で 、 そ の う ち 1 基 の み を 通 常 の 重 油 焚 き エ ン ジ ン と す る こ と に よ り 、 船 と し て の DUAL FUEL 化 が 可 能 と な り 、LNG 燃 料 が 使 用 出 来 な い 場 合 の 臨 時 対 策 も 十 分 に 可 能 で あ る 。

③CO2の 排 出 低 減 効 果 が 大 き い

図 4.12. ~ 図 4.13. に 示 す よ う に LNG 焚 き 船 の 環 境 影 響 効 果 は NOx だ け で な く CO2

の 排 出 低 減 効 果 が き わ め て 大 き く 、 重 油 焚 き 船 の 半 分 以 下 す る 大 幅 な 低 減 効 果 が あ る 。 こ の 効 果 を も っ と PR し 、こ の 効 果 に 相 当 す る 費 用 を 補 償 す る 方 策 が あ れ ば LNG 焚 き 船 の 普 及 促 進 に と っ て 望 ま し い 。

④LNG 焚 き 船 の 運 航 経 済 性 は 厳 し い

LNG 焚 き 船 の 運 航 採 算 計 算 を 行 っ た 結 果 で は 他 方 式 と 比 較 し た 経 済 性 は 非 常 に 厳 し い 結 果 と な っ た 。初 期 費 用 差 が 従 来 船 と 比 べ て 20% 以 上 高 く な る の が 主 要 因 で あ る 。こ れ を リ カ バ ー す る た め に は LNG燃 料 の 価 格 が A 重 油 と 発 熱 量 等 価 な 価 格 よ り さ ら に 15% 程 度 ま で 安 く な る 必 要 が あ る 。LNG 価 格 自 体 も 原 油 価 格 に リ ン ク し て い る の で ど こ ま で 安 く で き る か 不 透 明 で あ り 、 ま た 公 共 料 金 で あ る 都 市 ガ ス 価 格 と 深 く 関 連 し て お り 、 単 純 な 経 済 性 評 価 だ け で は 決 め ら れ な 側 面 も あ る 。LNG 焚 き 船 を 普 及 さ せ る た め に は LNG 価 格 の 国 策 的 な 指 導 も 必 要 と 思 わ れ る 。

通 常 省 エ ネ 船 の 経 済 性 評 価 に お い て は 、 省 エ ネ 設 備 搭 載 の た め に 船 価 は 上 が る が 、 燃 費 削 減 効 果 に よ り 、 燃 料 油 の 価 格 動 向 に よ り 左 右 さ れ る が 10 年 後 、20 年 後 に は コ ス ト 回 収 で き る と い う 目 処 が た つ 場 合 が 多 か っ た 。環 境 対 策 を 目 的 と し た CO2 の 排 出 低 減 は 燃 費 削 減 に も つ な が り 、環 境 対 策 = 経 済 性 対 策 と い う 公 式 が 成 立 し た 。し か しNOx3次 規 制 の た め の の LNG 焚 き 船 の 導 入 と い う 方 策 で は 、2.3.4の 経 済 性 検 討 の 評 価 か ら も 明 確 な っ た よ う に 、船 価 も 上

(25)

が り 、 運 航 費 も 上 が り 単 独 で は そ の コ ス ト 回 収 が 出 来 な い 構 図 で あ る こ と が 判 明 し た 。 環 境 対 策 は 避 け て 通 れ な い 問 題 で あ り 、 国 策 と し て 行 わ な け れ ば な ら な い が 、 そ の 経 済 的 負 担 を 海 運 業 界 に の み 負 わ せ る の で あ れ ば 成 立 し な い 。 経 済 的 負 担 軽 減 の た め の 方 策 を 今 ま で 以 上 に 併 せ て 行 う こ と が 重 要 で あ る 。 建 造 費 助 成 や 運 航 費 補 助 と い っ た 直 接 的 な 支 援 方 策 に 加 え て 以 下 の 方 策 が 考 え ら れ る 。

①NOx 3 次 規 制 適 用 船 に 対 す る 総 ト ン 数(GT)の 規 制 緩 和

749GT 型 、499GT 型 の 小 型 貨 物 船 に お い て は GTの 制 約 が 大 き い 。GT の 制 約 の た め 、LNG タ ン ク 搭 載 の ス ペ ー ス を 確 保 す る た め に 貨 物 槽 を 減 ら さ ざ る を 得 ず 、 経 済 性 を 悪 く さ せ て い る 大 き な 要 因 と な っ て い る 。749GT型 に お い て NOx3 次 規 制 適 用 船 に 対 し 50ト ン 緩 和 さ れ れ ば 、 深 さ を 約 200mm 増 加 さ せ る こ と が で き 、 貨 物 槽 お よ び DW の 減 少 分 を リ カ バ ー で き 、 経 済 性 の 低 下 に 歯 止 め が か け ら れ る 。LNG焚 き 船 の 普 及 に 有 効 な 施 策 と 考 え ら れ る 。

②NOx の 排 出 量 の 規 制 を エ ン ジ ン 単 位 で な く 船 単 位 で

LNG の NOx の 実 排 出 量 は 3 次 規 制 の 要 求 値 と 比 べ1/2 以 下 で あ る 。 今 回 の LNG 燃 料 焚 き 船 の よ う に ガ ス エ ン ジ ン と 重 油 デ ィ ー ゼ ル 機 関 を 併 用 す る 場 合 、NOx総 排 出 量 が 船 の エ ン ジ ン の 総 量 に 対 し 要 求 さ れ るNOxの3次 規 制 要 求 値 以 下 で あ れ ば 、良 い と す る こ と が で き れ ば 、 LNG焚 き 船 の 設 備 要 件 を 軽 減 す る こ と が で き 、LNG 焚 き 船 の 普 及 に 有 効 で あ る 。

③ 炭 素 税 制 導 入 に よ る 普 及 促 進

図 4.4.に 示 す よ う にLNG 焚 き 船 は NOx 低 減 に 有 効 な だ け で な く 、CO2の 排 出 低 減 に 非 常 に 大 き な 効 果 が あ る 。炭 素 税 制 を 導 入 し 、CO2 排 出 量 が 一 定 値 を 超 え る 船 に 対 し ペ ナ ル テ ィ ー を 課 し 、低 減 し た 分 を プ レ ミ ア ム の 形 で 戻 す 施 策 を 行 え ば 、LNG焚 き 船 の 普 及 に 有 効 な 施 策 と 考 え ら れ る 。

④ 船 舶 燃 料 と し て の LNG価 格 の 妥 当 性 の 評 価

LNG に は 他 の 石 油 製 品 、石 炭 と 同 様 に 石 油 石 炭 税 が 課 税 さ れ る 。平 成 19年 の 改 正 で は LNG 1t あ た り 1,080円 で あ り 、KLに 換 算 す る と 約 460円 お よ そ LNG価 格 の 1~2% に 相 当 す る 。 船 舶 燃 料 と す る 場 合 に も 課 税 対 象 と す る の か も 含 め 、LNG 価 格 の 妥 当 性 を 評 価 し 、LNG 焚 き 船 普 及 の 為 に は 、 出 来 る だ け 価 格 を 引 き 下 げ る こ と が 必 要 で あ る 。

都 市 ガ ス の 価 格 に は 輸 入 さ れ た LNG 価 格 に 貯 蔵 、ガ ス 化 等 の 費 用 の 他 に 、地 下 に 埋 設 さ れ た ガ ス 管 網 の 設 備 費 用 、 維 持 管 理 費 用 が 上 乗 せ さ れ て い る 。 こ ら れ の 費 用 負 担 を 船 舶 燃 料 と し て 使 用 す る 場 合 に も 負 担 す る 必 要 が あ る か に つ い て も 評 価 検 討 す る 必 要 が あ る 。

2.3.5.2 課 題 と 今 後 の 展 開

LNG 焚 き 船 は 環 境 対 策 と し て は き わ め て 有 効 で あ り 、内 航 船 の 小 型 船 に 対 し て も 、課 題 は 残 る が 適 用 す る こ と 技 術 的 に 可 能 で あ る 。 し か し 一 方 、 経 済 性 の 面 で は か な り 厳 し い も の が あ り 技 術 面 だ け で は 解 決 出 来 な い 。技 術 面 で の 対 応 に 加 え て 、2.3.5.1総 合 評 価 で 示 し た 政 策

(26)

面 の 対 応 が 不 可 欠 で あ る 。 そ れ ら が 併 行 し て 進 め ら れ る こ と を 前 提 に 解 決 す べ き 技 術 課 題 に つ い て 記 す 。

① ガ ス エ ン ジ ン の 開 発 促 進

ガ ス エ ン ジ ン は 実 績 も あ り 、 舶 用 と し て の 開 発 も 進 ん で い る の で 、 基 本 的 な 技 術 課 題 は 無 い が 、 一 刻 も 早 く 舶 用 実 証 機 を 完 成 さ せ 、 実 船 に 搭 載 す る こ と が 重 要 で あ る 。 こ れ に よ り 信 頼 性 、 維 持 管 理 等 の 課 題 も 解 決 さ れ る こ と に な る 。

ガ ス エ ン ジ ン の シ リ ー ズ 化 を す す め 船 型 、 船 種 に 応 じ た 最 適 な 機 種 選 定 が で き る よ う に す る こ と が 経 済 性 向 上 、 維 持 管 理 上 重 要 で あ る 。

②LNG タ ン ク お よ び 機 器 の 標 準 化 促 進

内 航 船 は 小 型 船 で あ る の で LNG タ ン ク の 配 置 が 困 難 で あ る 。円 筒 タ ン ク で は 狭 い 船 体 内 に 納 め る こ と が 困 難 で あ る 。GT の 問 題 が 解 決 す れ ば タ ン カ ー で あ れ ば カ ー ゴ タ ン ク の 直 上 の 甲 板 上 に 置 く こ と も 可 能 で あ る が 一 般 貨 物 船 の 場 合 に は 適 用 出 来 な い 。SPBタ ン ク は 船 体 形 状 に 合 わ せ る こ と が で き る の で ス ペ ー ス 効 率 上 は 有 効 で あ る が 、 タ ン ク の 耐 圧 が 低 い の で BOG 対 策 が 必 要 で あ る 。 船 体 形 状 に 合 わ せ た 方 形 で 、 圧 力 タ ン ク と し て 承 認 さ れ る LNG タ ン ク が 開 発 で き れ ば 内 航 船 用 と し て は 有 効 で あ る 。

③SES の 普 及 促 進

SES と LNG 焚 き エ ン ジ ン と の 組 み 合 わ せ は 内 航 船 が 抱 え る 問 題 解 決 に 非 常 に 有 効 で あ る 。 そ れ ぞ れ の 特 徴 を 相 互 に 生 か し て こ れ か ら の 内 航 船 の 主 流 に な る こ と が で き る 。SES を 普 及 さ せ る こ と が LNG 焚 き 船 を 普 及 さ せ る こ と に つ な が る 。 従 っ て 2 次 電 池 、 イ ン バ ー タ ー 、 SESと し て の 船 型 最 適 化 等 の 次 世 代SESの 電 気 推 進 船 の 技 術 課 題 を 解 決 す る こ と が 重 要 で あ る 。

SES の 技 術 課 題 と し て 推 進 用 電 動 機 の 起 動 の 問 題 が あ る 。 起 動 時 に 通 常 運 転 時 以 上 の 大 電 流 を 必 要 と す る た め 、発 電 機 の 容 量 が 起 動 時 電 流 で 決 ま る 。通 常 の SESで は 複 数 の 発 電 機 を 並 列 運 転 す る の で 問 題 に な ら な い が 、LNG焚 き SESの 場 合 に は 常 時 は 使 用 し な い 1基 の 重 油 焚 き エ ン ジ ン を 大 き な 容 量 を し な く て な ら ず 、 コ ス ト お よ び 機 関 室 配 置 上 問 題 と な る 。 起 動 方 法 に つ い て も よ り 小 電 流 で 起 動 す る 方 式 に つ い て も 今 後 検 討 進 め る こ と が 望 ま し い 。

④ 燃 料 電 池 船 の 開 発

LNG を 燃 料 と す る 燃 料 電 池 の 研 究 開 発 も 関 連 企 業 、団 体 に お い て 積 極 的 に 進 め ら れ て い る 。 小 型 軽 量 化 が 進 め ば LNG 燃 料 電 池 と SES と を 組 み 合 わ せ た 内 航 船 も 可 能 と な る 。 燃 料 電 池 の 開 発 の 進 捗 状 況 を 見 守 り な が ら 、 適 当 な 時 期 に 舶 用 と し て の 開 発 に 着 手 す る こ と が 必 要 で あ る 。状 況 に よ っ て は LNG 焚 き の 大 型 船 の 発 電 機 用 と し て 先 行 す る 可 能 性 も あ り 、実 用 化 が す す め ば こ れ を 内 航 船 の 推 進 用 に 転 用 す る こ と は 容 易 で あ る 。

⑤LNG 焚 き 船 の 船 種 の 拡 大

ECA 対 策 と し て 本 格 的 に 普 及 さ せ る た め に は 、最 も 数 の 多 い 鋼 材 運 搬 船 等 の 拡 大 を は か る

(27)

必 要 が あ る 。技 術 的 に は 可 能 で あ る が 、タ ン カ ー 、セ メ ン ト 船 と 比 べ て SES化 す る こ と の メ リ ッ ト が 見 い だ せ な い 現 状 に お い て 、LNG 焚 き 船 と す る こ と の メ リ ッ ト を 見 つ け 出 す 必 要 が あ る 。

以 上 技 術 的 課 題 に つ い て 列 記 し た が 、LNG 船 実 現 の た め に は LNG 供 給 や 安 全 基 準 等 イ ン フ ラ 整 備 が 重 要 で あ る 。 ま ず は 実 証 船 と し て 小 型 の 液 化 ガ ス 船 ま た は ケ ミ カ ル 船 を 建 造 し 、 イ ン フ ラ 整 備 を 進 め な が ら 一 歩 一 歩 前 に す す め て い く こ と が 有 効 と 考 え る 。

(28)

2.3.6 参 考 デ ー タ 2.3.6.1 LNGデ ー タ

本 報 告 書 作 成 に あ た り 下 記 の デ ー タ を 使 用 し た 。

表 6.1.LNG と 重 油 燃 料 と の 性 状 比 較 表

2.3.6.2 ト リ ム 計 算 書

内 航 タ ン カ ー の 船 型 の 基 本 コ ン セ プ ト は 貨 物 槽 の 重 心 位 置 を 船 尾 側 に 移 動 し 、 こ れ に 伴 い 浮 心 位 置 も 船 尾 側 に 移 動 す る こ と に よ り 船 首 肥 大 度 を 小 さ く し て 船 体 抵 抗 を 減 ら し 、 推 進 性 能 を 改 善 す る こ と に あ る 。こ の 為 LNGタ ン ク を 船 首 部 に 配 置 し た 。ト リ ム が 成 立 す る こ と を 確 認 す る た め ト リ ム 計 算 を 行 っ た 。 計 算 書 を 以 下 に 添 付 す る 。

(29)
(30)
(31)

㪥㫄㪊㪆㪿 㫄㪊㪆㪿 㫄㪊㪆㪿㫄㪊㪆㪿 㫂㪺㪸㫃㪆㪿㫂㪾㪆㪿 㫄㪊㪆㫄㪊㪆㪿 㫂㪾㪆㪿 㫄㪊㪆㪿 㫄㪊㪆㪿㫄㪊㪆㪿㫄㪊㪆㪿㫄㪊㪆㪿 㫂㪾㪆㪿㫂㪺㪸㫃㪆㪿㫂㪺㪸㫃㪆㪿㫂㪾㪆㪿 㫄㪊㪆㪿㫄㪊㪆㪿 㫄㪊㪆㪿㫄㪊 㩼㪆㪻㪸㫐

㪈㪋㪊㪃㪈㪋㪎 㪇㪅㪋

㪏㪇 㪉㪌 㪉㪅㪊㪋㪉㪉㪌 㪈㪈 㪈㪉㪏㪉㪌㪌

㪉㪌

㪉㪌 㪈㪈 㪉㪇㪘

㪉㪇㪘 㪈㪇㪇㪇㪅㪍 㪣㪠㪨㪬㪠㪛㩷㪣㪠㪥㪜㩿㪄㪈㪍㪉㷄㪀 㩷㪣㪠㪥㪜䋨㪄㪈㪍㪉㷄㩷㩽㩷㪉㪌㷄䋩

㪤㪦䇭㪦㪘㪫㪭㪘㪣㪭㪜 㪚㪦㪭㪘㪣㪭㪜

㪇㪅㪋㪈㪉㪇㪅㪌㪋㪎

㪌㪇㪘 㪍㪌㪘 㪍㪌㪘

㪉㪇㪘

㪉㪌㪘 㪉㪇㪘㪋㪇㪘

㪉㪇㪋㪇 㪈㪌㪘 㪋㪇㪘

㪏㪇㪘 㪤㪘㪥㪘㪣㪘㪫䇭㪭㪘㪣㪭㪜 䇭㪭㪘㪣㪭㪜 㪪㪘㪝㪜㪭㪘㪣㪭㪜

㪇㪅㪍 㪥㪉㩷㪞㪘㪪㩷㪣㪠㪥㪜 㪟㪦㪫㩷㪮㪘㪫㪜㪩㩷㫆㫉㩷㪪㪜㪘㩷㪮㪘㪫㪜㪩 㪚㪦㪥㪫㪩㪦㪣㩷㪘㪠㪩㩷㫆㫉㩷㪜㪣㪜㪚㪫㪩㪠㪚㩷㪚㪘㪙㪣㪜

㪇㪅㪍㪊㪏㪏㪈㪋㪌㪉㪌 㪈㪐㪋 㪊㪊㪃㪋㪇㪌㪉㪌㪃㪈㪎㪏

㪈㪌㪘 㪋㪇㪘 㪋㪇㪘

㪄㪈㪍㪉 㪄㪈㪍㪉

㪈㪌㪘

㪠㪱

㪠㪱

㩷㪮

㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌 㪣㪥㪞 㪝 㪬 㪜㪣 㪪 㪰㪪㪫㪜㪤 㪧 㪠㪧 㪠㪥 㪞 㪛㪠㪘㪞㪩㪘㪤

㪠㪥㪠㪧㪠㪟㪠㪄

㪠㪨㪠㪛

㪠㪱 㩷㪙㪠㪣

㩷㪮

㪛㪘 㪤㪧 㪜㪩

㩷㪩㪠㪱

㪥㪉 㪪㪫 㪩㪘 㪞㪜

㪠㪥㪠㪦

㪛㪘 㪤㪧 㪜㪩

㩷㪩㪠㪱

㩷㪩㪠㪱 㪠㪣㩷㪛㪠㪜㩷㪞

㪄㪞㩷㪜㪅㩷

Updating...

参照

関連した話題 :