1 民法の一部を改正する法律案新旧対照条文(傍線部分は改正部分) 民法(明治二十九年法律第八十九号)改正案現行目次第一編(略)第二章(略)第二節意思能力(第三条の二)第三節行為能力(第四条 第二十一条)第四節住所(第二十二条 第二十四条)第五節不在者の財産の管理及び失踪の宣告(第二十五条 第三十二条

全文

(1)

1 民法の一部を改正する法律案新旧対照条文 (傍線部分は改正部分) ○ 民法(明治二十九年法律第八十九号) 改 正 案 現 行 目次 第一編 (略) 第二章 (略) 第二節 意思能力(第三条の二) 第三節 行為能力(第四条―第二十一条) 第四節 住所(第二十二条―第二十四条) 第五節 不在者の財産の管理及び失踪の宣告(第二十五条 ―第三十二条) 第六節 同時死亡の推定(第三十二条の二) 第七章 (略) 第三節 消滅時効(第百六十六条―第百七十四条) 第三編 (略) 第一章 (略) 目次 第一編 (同上) 第二章 (同上) (新設) 第二節 行為能力(第四条―第二十一条) 第三節 住所(第二十二条―第二十四条) 第四節 不在者の財産の管理及び失 踪そ うの宣告(第二十五 条―第三十二条) 第五節 同時死亡の推定(第三十二条の二) 第七章 (同上) 第三節 消滅時効(第百六十六条―第百七十四条の二) 第三編 (同上) 第一章 (同上)

(2)

2 第二節 (略) 第一款 債務不履行の責任等(第四百十二条―第四百二 十二条の二) 第二款 債権者代位権(第四百二十三条―第四百二十三 条の七) 第三款 詐害行為取消権 第一目 詐害行為取消権の要件(第四百二十四条―第 四百二十四条の五) 第二目 詐害行為取消権の行使の方法等(第四百二十 四条の六―第四百二十四条の九) 第三目 詐害行為取消権の行使の効果(第四百二十五 条―第四百二十五条の四) 第四目 詐害行為取消権の期間の制限(第四百二十六 条) 第三節 (略) 第三款 連帯債権(第四百三十二条―第四百三十五条の 二) 第四款 連帯債務(第四百三十六条―第四百四十五条) 第五款 保証債務 第一目 総則(第四百四十六条―第四百六十五条) 第二目 個人根保証契約(第四百六十五条の二―第四 百六十五条の五) 第二節 (同上) 第一款 債務不履行の責任等(第四百十二条―第四百二 十二条) 第二款 債権者代位権及び詐害行為取消権(第四百二十 三条―第四百二十六条) (新設) 第三節 (同上) (新設) 第三款 連帯債務(第四百三十二条―第四百四十五条) 第四款 保証債務 第一目 総則(第四百四十六条―第四百六十五条) 第二目 貸金等根保証契約(第四百六十五条の二―第 四百六十五条の五)

(3)

3 第三目 事業に係る債務についての保証契約の特則( 第四百六十五条の六―第四百六十五条の十) 第四節 債権の譲渡(第四百六十六条―第四百六十九条) 第五節 債務の引受け 第一款 併存的債務引受(第四百七十条・第四百七十一 条) 第二款 免責的債務引受(第四百七十二条―第四百七十 二条の四) 第六節 債権の消滅 第一款 (略) 第一目 総則(第四百七十三条―第四百九十三条) 第二款 相殺(第五百五条―第五百十二条の二) 第五款 混同(第五百二十条) 第七節 有価証券 第一款 指図証券(第五百二十条の二―第五百二十条の 十二) 第二款 記名式所持人払証券(第五百二十条の十三―第 五百二十条の十八) 第三款 その他の記名証券(第五百二十条の十九) 第四款 無記名証券(第五百二十条の二十) 第二章 (略) (新設) 第四節 債権の譲渡(第四百六十六条―第四百七十三条) (新設) 第五節 債権の消滅 第一款 (同上) 第一目 総則(第四百七十四条―第四百九十三条) 第二款 相殺(第五百五条―第五百十二条) 第五款 混同(第五百二十条) (新設) 第二章 (同上)

(4)

4 第一節 (略) 第三款 契約上の地位の移転(第五百三十九条の二) 第四款 契約の解除(第五百四十条―第五百四十八条) 第五款 定型約款(第五百四十八条の二―第五百四十八 条の四) 第七節 (略) 第三款 賃貸借の終了(第六百十六条の二―第六百二十 二条) 第四款 敷金(第六百二十二の二) 第五章 不法行為(第七百九条―第七百二十四条の二) 第一節 (同上) (新設) 第三款 契約の解除(第五百四十条―第五百四十八条) (新設) 第七節 (同上) 第三款 賃貸借の終了(第六百十七条―第六百二十二条 ) (新設) 第五章 不法行為(第七百九条―第七百二十四条) 第二節 意思能力 (新設) 第三条の二 法律行為の当事者が意思表示をした時に意思能力を 有しなかったときは、その法律行為は、無効とする。 (新設) 第三節 行為能力 第二節 行為能力 (保佐人の同意を要する行為等) 第十三条 被保佐人が次に掲げる行為をするには、その保佐人の 同意を得なければならない。ただし、第九条ただし書に規定す (保佐人の同意を要する行為等) 第十三条 被保佐人が次に掲げる行為をするには、その保佐人の 同意を得なければならない。ただし、第九条ただし書に規定す

(5)

5 る行為については、この限りでない。 一~九 (略) 十 前各号に掲げる行為を制限行為能力者(未成年者、成年被 後見人、被保佐人及び第十七条第一項の審判を受けた被補助 人をいう。以下同じ。)の法定代理人としてすること。 2~4 (略) る行為については、この限りでない。 一~九 (同上) (新設) 2~4 (同上) (制限行為能力者の相手方の催告権) 第二十条 制限行為能力者の相手方は、その制限行為能力者が行 為能力者(行為能力の制限を受けない者をいう。以下同じ。) となった後、その者に対し、一箇月以上の期間を定めて、その 期間内にその取り消すことができる行為を追認するかどうかを 確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、 その者がその期間内に確答を発しないときは、その行為を追認 したものとみなす。 2~4 (略) (制限行為能力者の相手方の催告権) 第二十条 制限行為能力者(未成年者、成年被後見人、被保佐人 及び第十七条第一項の審判を受けた被補助人をいう。以下同じ 。)の相手方は、その制限行為能力者が行為能力者(行為能力 の制限を受けない者をいう。以下同じ。)となった後、その者 に対し、一箇月以上の期間を定めて、その期間内にその取り消 すことができる行為を追認するかどうかを確答すべき旨の催告 をすることができる。この場合において、その者がその期間内 に確答を発しないときは、その行為を追認したものとみなす。 2~4 (同上) 第四節 住所 第三節 住所 第五節 不在者の財産の管理及び失踪の宣告 第四節 不在者の財産の管理及び失 踪そ うの宣告

(6)

6 第六節 同時死亡の推定 第五節 同時死亡の推定 (不動産及び動産) 第八十六条 (略) 2 (略) (削る) (不動産及び動産) 第八十六条 (同上) 2 (同上) 3 無記名債権は、動産とみなす。 (公序良俗) 第九十条 公の秩序又は善良の風俗に反する法律行為は、無効と する。 (公序良俗) 第九十条 公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法 律行為は、無効とする。 (心 裡 り 留保) 第九十三条 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知っ てしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。 ただし、相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを 知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効と する。 (心 裡り 留保) 第九十三条 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知っ てしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。 ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができた ときは、その意思表示は、無効とする。 2 前項ただし書の規定による意思表示の無効は、善意の第三者 に対抗することができない。 (新設) (錯誤) 第九十五条 意思表示は、次に掲げる錯誤に基づくものであって (錯誤) 第九十五条 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは

(7)

7 、その錯誤が法律行為の目的及び取引上の社会通念に照らして 重要なものであるときは、取り消すことができる。 一 意思表示に対応する意思を欠く錯誤 二 表意者が法律行為の基礎とした事情についてのその認識が 真実に反する錯誤 、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、 表意者は、自らその無効を主張することができない。 2 前項第二号の規定による意思表示の取消しは、その事情が法 律行為の基礎とされていることが表示されていたときに限り、 することができる。 3 錯誤が表意者の重大な過失によるものであった場合には、次 に掲げる場合を除き、第一項の規定による意思表示の取消しを することができない。 一 相手方が表意者に錯誤があることを知り、又は重大な過失 によって知らなかったとき。 二 相手方が表意者と同一の錯誤に陥っていたとき。 4 第一項の規定による意思表示の取消しは、善意でかつ過失が ない第三者に対抗することができない。 (詐欺又は強迫) 第九十六条 (略) (詐欺又は強迫) 第九十六条 (同上) 2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合 においては、相手方がその事実を知り、又は知ることができた ときに限り、その意思表示を取り消すことができる。 2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合 においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その 意思表示を取り消すことができる。

(8)

8 3 前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意で かつ過失がない第三者に対抗することができない。 3 前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の 第三者に対抗することができない。 (意思表示の効力発生時期等) 第九十七条 意思表示は、その通知が相手方に到達した時からそ の効力を生ずる。 (隔地者に対する意思表示) 第九十七条 隔地者に対する意思表示は、その通知が相手方に到 達した時からその効力を生ずる。 2 相手方が正当な理由なく意思表示の通知が到達することを妨 げたときは、その通知は、通常到達すべきであった時に到達し たものとみなす。 (新設) 3 意思表示は、表意者が通知を発した後に死亡し、意思能力を 喪失し、又は行為能力の制限を受けたときであっても、そのた めにその効力を妨げられない。 2 隔地者に対する意思表示は、表意者が通知を発した後に死亡 し、又は行為能力を喪失したときであっても、そのためにその 効力を妨げられない。 (意思表示の受領能力) 第九十八条の二 意思表示の相手方がその意思表示を受けた時に 意思能力を有しなかったとき又は未成年者若しくは成年被後見 人であったときは、その意思表示をもってその相手方に対抗す ることができない。ただし、次に掲げる者がその意思表示を知 った後は、この限りでない。 一 相手方の法定代理人 二 意思能力を回復し、又は行為能力者となった相手方 (意思表示の受領能力) 第九十八条の二 意思表示の相手方がその意思表示を受けた時に 未成年者又は成年被後見人であったときは、その意思表示をも ってその相手方に対抗することができない。ただし、その法定 代理人がその意思表示を知った後は、この限りでない。 (新設) (新設)

(9)

9 (代理行為の 瑕疵 か し ) 第百一条 代理人が相手方に対してした意思表示の効力が意思の 不存在、錯誤、詐欺、強迫又はある事情を知っていたこと若し くは知らなかったことにつき過失があったことによって影響を 受けるべき場合には、その事実の有無は、代理人について決す るものとする。 2 相手方が代理人に対してした意思表示の効力が意思表示を受 けた者がある事情を知っていたこと又は知らなかったことにつ き過失があったことによって影響を受けるべき場合には、その 事実の有無は、代理人について決するものとする。 3 特定の法律行為をすることを委託された代理人がその行為を したときは、本人は、自ら知っていた事情について代理人が知 らなかったことを主張することができない。本人が過失によっ て知らなかった事情についても、同様とする。 (代理行為の 瑕疵 か し ) 第百一条 意思表示の効力が意思の不存在、詐欺、強迫又はある 事情を知っていたこと若しくは知らなかったことにつき過失が あったことによって影響を受けるべき場合には、その事実の有 無は、代理人について決するものとする。 (新設) 2 特定の法律行為をすることを委託された場合において、代理 人が本人の指図に従ってその行為をしたときは、本人は、自ら 知っていた事情について代理人が知らなかったことを主張する ことができない。本人が過失によって知らなかった事情につい ても、同様とする。 (代理人の行為能力) 第百二条 制限行為能力者が代理人としてした行為は、行為能力 の制限によっては取り消すことができない。ただし、制限行為 能力者が他の制限行為能力者の法定代理人としてした行為につ いては、この限りでない。 (代理人の行為能力) 第百二条 代理人は、行為能力者であることを要しない。

(10)

10 (削る) (復代理人を選任した代理人の責任) 第百五条 代理人は、前条の規定により復代理人を選任したとき は、その選任及び監督について、本人に対してその責任を負う 。 2 代理人は、本人の指名に従って復代理人を選任したときは、 前項の責任を負わない。ただし、その代理人が、復代理人が不 適任又は不誠実であることを知りながら、その旨を本人に通知 し又は復代理人を解任することを怠ったときは、この限りでな い。 (法定代理人による復代理人の選任) 第百五条 法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任すること ができる。この場合において、やむを得ない事由があるときは 、本人に対してその選任及び監督についての責任のみを負う。 (法定代理人による復代理人の選任) 第百六条 法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任すること ができる。この場合において、やむを得ない事由があるときは 、前条第一項の責任のみを負う。 (復代理人の権限等) 第百六条 (略) 2 復代理人は、本人及び第三者に対して、その権限の範囲内に おいて、代理人と同一の権利を有し、義務を負う。 (復代理人の権限等) 第百七条 (同上) 2 復代理人は、本人及び第三者に対して、代理人と同一の権利 を有し、義務を負う。 (代理権の濫用) 第百七条 代理人が自己又は第三者の利益を図る目的で代理権の (新設)

(11)

11 範囲内の行為をした場合において、相手方がその目的を知り、 又は知ることができたときは、その行為は、代理権を有しない 者がした行為とみなす。 (自己契約及び双方代理等) 第百八条 同一の法律行為について、相手方の代理人として、又 は当事者双方の代理人としてした行為は、代理権を有しない者 がした行為とみなす。ただし、債務の履行及び本人があらかじ め許諾した行為については、この限りでない。 2 前項本文に規定するもののほか、代理人と本人との利益が相 反する行為については、代理権を有しない者がした行為とみな す。ただし、本人があらかじめ許諾した行為については、この 限りでない。 (自己契約及び双方代理) 第百八条 同一の法律行為については、相手方の代理人となり、 又は当事者双方の代理人となることはできない。ただし、債務 の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限 りでない。 (新設) (代理権授与の表示による表見代理等) 第百九条 (略) 2 第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、そ の代理権の範囲内においてその他人が第三者との間で行為をし たとすれば前項の規定によりその責任を負うべき場合において 、その他人が第三者との間でその代理権の範囲外の行為をした ときは、第三者がその行為についてその他人の代理権があると 信ずべき正当な理由があるときに限り、その行為についての責 (代理権授与の表示による表見代理) 第百九条 (同上) (新設)

(12)

12 任を負う。 (権限外の行為の表見代理) 第百十条 前条第一項本文の規定は、代理人がその権限外の行為 をした場合において、第三者が代理人の権限があると信ずべき 正当な理由があるときについて準用する。 (権限外の行為の表見代理) 第百十条 前条本文の規定は、代理人がその権限外の行為をした 場合において、第三者が代理人の権限があると信ずべき正当な 理由があるときについて準用する。 (代理権消滅後の表見代理等) 第百十二条 他人に代理権を与えた者は、代理権の消滅後にその 代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為に ついて、代理権の消滅の事実を知らなかった第三者に対してそ の責任を負う。ただし、第三者が過失によってその事実を知ら なかったときは、この限りでない。 2 他人に代理権を与えた者は、代理権の消滅後に、その代理権 の範囲内においてその他人が第三者との間で行為をしたとすれ ば前項の規定によりその責任を負うべき場合において、その他 人が第三者との間でその代理権の範囲外の行為をしたときは、 第三者がその行為についてその他人の代理権があると信ずべき 正当な理由があるときに限り、その行為についての責任を負う 。 (代理権消滅後の表見代理) 第百十二条 代理権の消滅は、善意の第三者に対抗することがで きない。ただし、第三者が過失によってその事実を知らなかっ たときは、この限りでない。 (無権代理人の責任) (無権代理人の責任)

(13)

13 第百十七条 他人の代理人として契約をした者は、自己の代理権 を証明したとき、又は本人の追認を得たときを除き、相手方の 選択に従い、相手方に対して履行又は損害賠償の責任を負う。 2 前項の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。 一 他人の代理人として契約をした者が代理権を有しないこと を相手方が知っていたとき。 二 他人の代理人として契約をした者が代理権を有しないこと を相手方が過失によって知らなかったとき。ただし、他人の 代理人として契約をした者が自己に代理権がないことを知っ ていたときは、この限りでない。 三 他人の代理人として契約をした者が行為能力の制限を受け ていたとき。 第百十七条 他人の代理人として契約をした者は、自己の代理権 を証明することができず、かつ、本人の追認を得ることができ なかったときは、相手方の選択に従い、相手方に対して履行又 は損害賠償の責任を負う。 2 前項の規定は、他人の代理人として契約をした者が代理権を 有しないことを相手方が知っていたとき、若しくは過失によっ て知らなかったとき、又は他人の代理人として契約をした者が 行為能力を有しなかったときは、適用しない。 (取消権者) 第百二十条 行為能力の制限によって取り消すことができる行為 は、制限行為能力者(他の制限行為能力者の法定代理人として した行為にあっては、当該他の制限行為能力者を含む。)又は その代理人、承継人若しくは同意をすることができる者に限り 、取り消すことができる。 2 錯誤、詐欺又は強迫によって取り消すことができる行為は、 瑕疵か し ある意思表示をした者又はその代理人若しくは承継人に限 (取消権者) 第百二十条 行為能力の制限によって取り消すことができる行為 は、制限行為能力者又はその代理人、承継人若しくは同意をす ることができる者に限り、取り消すことができる。 2 詐欺又は強迫によって取り消すことができる行為は、瑕疵か し あ る意思表示をした者又はその代理人若しくは承継人に限り、取

(14)

14 り、取り消すことができる。 り消すことができる。 (取消しの効果) 第百二十一条 取り消された行為は、初めから無効であったもの とみなす。 (取消しの効果) 第百二十一条 取り消された行為は、初めから無効であったもの とみなす。ただし、制限行為能力者は、その行為によって現に 利益を受けている限度において、返還の義務を負う。 (原状回復の義務) 第百二十一条の二 無効な行為に基づく債務の履行として給付を 受けた者は、相手方を原状に復させる義務を負う。 2 前項の規定にかかわらず、無効な無償行為に基づく債務の履 行として給付を受けた者は、給付を受けた当時その行為が無効 であること(給付を受けた後に前条の規定により初めから無効 であったものとみなされた行為にあっては、給付を受けた当時 その行為が取り消すことができるものであること)を知らなか ったときは、その行為によって現に利益を受けている限度にお いて、返還の義務を負う。 3 第一項の規定にかかわらず、行為の時に意思能力を有しなか った者は、その行為によって現に利益を受けている限度におい て、返還の義務を負う。行為の時に制限行為能力者であった者 についても、同様とする。 (新設)

(15)

15 (取り消すことができる行為の追認) 第百二十二条 取り消すことができる行為は、第百二十条に規定 する者が追認したときは、以後、取り消すことができない。 (取り消すことができる行為の追認) 第百二十二条 取り消すことができる行為は、第百二十条に規定 する者が追認したときは、以後、取り消すことができない。た だし、追認によって第三者の権利を害することはできない。 (追認の要件) 第百二十四条 取り消すことができる行為の追認は、取消しの原 因となっていた状況が消滅し、かつ、取消権を有することを知 った後にしなければ、その効力を生じない。 2 次に掲げる場合には、前項の追認は、取消しの原因となって いた状況が消滅した後にすることを要しない。 一 法定代理人又は制限行為能力者の保佐人若しくは補助人が 追認をするとき。 二 制限行為能力者(成年被後見人を除く。)が法定代理人、 保佐人又は補助人の同意を得て追認をするとき。 (削る) (追認の要件) 第百二十四条 追認は、取消しの原因となっていた状況が消滅し た後にしなければ、その効力を生じない。 2 成年被後見人は、行為能力者となった後にその行為を了知し たときは、その了知をした後でなければ、追認をすることがで きない。 3 前二項の規定は、法定代理人又は制限行為能力者の保佐人若 しくは補助人が追認をする場合には、適用しない。 (法定追認) 第百二十五条 追認をすることができる時以後に、取り消すこと ができる行為について次に掲げる事実があったときは、追認を したものとみなす。ただし、異議をとどめたときは、この限り (法定追認) 第百二十五条 前条の規定により追認をすることができる時以後 に、取り消すことができる行為について次に掲げる事実があっ たときは、追認をしたものとみなす。ただし、異議をとどめた

(16)

16 でない。 一~六 (略) ときは、この限りでない。 一~六 (同上) (条件の成就の妨害等) 第百三十条 (略) (条件の成就の妨害) 第百三十条 (同上) 2 条件が成就することによって利益を受ける当事者が不正にそ の条件を成就させたときは、相手方は、その条件が成就しなか ったものとみなすことができる。 (新設) (時効の援用) 第百四十五条 時効は、当事者(消滅時効にあっては、保証人、 物上保証人、第三取得者その他権利の消滅について正当な利益 を有する者を含む。)が援用しなければ、裁判所がこれによっ て裁判をすることができない。 (時効の援用) 第百四十五条 時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれ によって裁判をすることができない。 (裁判上の請求等による時効の完成猶予及び更新) 第百四十七条 次に掲げる事由がある場合には、その事由が終了 する(確定判決又は確定判決と同一の効力を有するものによっ て権利が確定することなくその事由が終了した場合にあっては 、その終了の時から六箇月を経過する)までの間は、時効は、 完成しない。 一 裁判上の請求 (時効の中断事由) 第百四十七条 時効は、次に掲げる事由によって中断する。 一 請求 二 差押え、仮差押え又は仮処分 三 承認

(17)

17 二 支払督促 三 民事訴訟法第二百七十五条第一項の和解又は民事調停法( 昭和二十六年法律第二百二十二号)若しくは家事事件手続法 (平成二十三年法律第五十二号)による調停 四 破産手続参加、再生手続参加又は更生手続参加 2 前項の場合において、確定判決又は確定判決と同一の効力を 有するものによって権利が確定したときは、時効は、同項各号 に掲げる事由が終了した時から新たにその進行を始める。 (強制執行等による時効の完成猶予及び更新) 第百四十八条 次に掲げる事由がある場合には、その事由が終了 する(申立ての取下げ又は法律の規定に従わないことによる取 消しによってその事由が終了した場合にあっては、その終了の 時から六箇月を経過する)までの間は、時効は、完成しない。 一 強制執行 二 担保権の実行 三 民事執行法(昭和五十四年法律第四号)第百九十五条に規 定する担保権の実行としての競売の例による競売 四 民事執行法第百九十六条に規定する財産開示手続 2 前項の場合には、時効は、同項各号に掲げる事由が終了した 時から新たにその進行を始める。ただし、申立ての取下げ又は 法律の規定に従わないことによる取消しによってその事由が終 (時効の中断の効力が及ぶ者の範囲) 第百四十八条 前条の規定による時効の中断は、その中断の事由 が生じた当事者及びその承継人の間においてのみ、その効力を 有する。

(18)

18 了した場合は、この限りでない。 (仮差押え等による時効の完成猶予) 第百四十九条 次に掲げる事由がある場合には、その事由が終了 した時から六箇月を経過するまでの間は、時効は、完成しない 。 一 仮差押え 二 仮処分 (裁判上の請求) 第百四十九条 裁判上の請求は、訴えの却下又は取下げの場合に は、時効の中断の効力を生じない。 (催告による時効の完成猶予) 第百五十条 催告があったときは、その時から六箇月を経過する までの間は、時効は、完成しない。 2 催告によって時効の完成が猶予されている間にされた再度の 催告は、前項の規定による時効の完成猶予の効力を有しない。 (支払督促) 第百五十条 支払督促は、債権者が民事訴訟法第三百九十二条に 規定する期間内に仮執行の宣言の申立てをしないことによりそ の効力を失うときは、時効の中断の効力を生じない。 (協議を行う旨の合意による時効の完成猶予) 第百五十一条 権利についての協議を行う旨の合意が書面でされ たときは、次に掲げる時のいずれか早い時までの間は、時効は 、完成しない。 一 その合意があった時から一年を経過した時 二 その合意において当事者が協議を行う期間(一年に満たな いものに限る。)を定めたときは、その期間を経過した時 (和解及び調停の申立て) 第百五十一条 和解の申立て又は民事調停法(昭和二十六年法律 第二百二十二号)若しくは家事事件手続法(平成二十三年法律 第五十二号)による調停の申立ては、相手方が出頭せず、又は 和解若しくは調停が調わないときは、一箇月以内に訴えを提起 しなければ、時効の中断の効力を生じない。

(19)

19 三 当事者の一方から相手方に対して協議の続行を拒絶する旨 の通知が書面でされたときは、その通知の時から六箇月を経 過した時 2 前項の規定により時効の完成が猶予されている間にされた再 度の同項の合意は、同項の規定による時効の完成猶予の効力を 有する。ただし、その効力は、時効の完成が猶予されなかった とすれば時効が完成すべき時から通じて五年を超えることがで きない。 3 催告によって時効の完成が猶予されている間にされた第一項 の合意は、同項の規定による時効の完成猶予の効力を有しない 。同項の規定により時効の完成が猶予されている間にされた催 告についても、同様とする。 4 第一項の合意がその内容を記録した電磁的記録(電子的方式 、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができな い方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の 用に供されるものをいう。以下同じ。)によってされたときは 、その合意は、書面によってされたものとみなして、前三項の 規定を適用する。 5 前項の規定は、第一項第三号の通知について準用する。 (承認による時効の更新) 第百五十二条 時効は、権利の承認があったときは、その時から (破産手続参加等) 第百五十二条 破産手続参加、再生手続参加又は更生手続参加は

(20)

20 新たにその進行を始める。 2 前項の承認をするには、相手方の権利についての処分につき 行為能力の制限を受けていないこと又は権限があることを要し ない。 、債権者がその届出を取り下げ、又はその届出が却下されたと きは、時効の中断の効力を生じない。 (時効の完成猶予又は更新の効力が及ぶ者の範囲) 第百五十三条 第百四十七条又は第百四十八条の規定による時効 の完成猶予又は更新は、完成猶予又は更新の事由が生じた当事 者及びその承継人の間においてのみ、その効力を有する。 2 第百四十九条から第百五十一条までの規定による時効の完成 猶予は、完成猶予の事由が生じた当事者及びその承継人の間に おいてのみ、その効力を有する。 3 前条の規定による時効の更新は、更新の事由が生じた当事者 及びその承継人の間においてのみ、その効力を有する。 (催告) 第百五十三条 催告は、六箇月以内に、裁判上の請求、支払督促 の申立て、和解の申立て、民事調停法若しくは家事事件手続法 による調停の申立て、破産手続参加、再生手続参加、更生手続 参加、差押え、仮差押え又は仮処分をしなければ、時効の中断 の効力を生じない。 第百五十四条 第百四十八条第一項各号又は第百四十九条各号に 掲げる事由に係る手続は、時効の利益を受ける者に対してしな いときは、その者に通知をした後でなければ、第百四十八条又 は第百四十九条の規定による時効の完成猶予又は更新の効力を 生じない。 (差押え、仮差押え及び仮処分) 第百五十四条 差押え、仮差押え及び仮処分は、権利者の請求に より又は法律の規定に従わないことにより取り消されたときは 、時効の中断の効力を生じない。

(21)

21 第百五十五条から第百五十七条まで 削除 第百五十五条 差押え、仮差押え及び仮処分は、時効の利益を受 ける者に対してしないときは、その者に通知をした後でなけれ ば、時効の中断の効力を生じない。 (承認) 第百五十六条 時効の中断の効力を生ずべき承認をするには、相 手方の権利についての処分につき行為能力又は権限があること を要しない。 (中断後の時効の進行) 第百五十七条 中断した時効は、その中断の事由が終了した時か ら、新たにその進行を始める。 2 裁判上の請求によって中断した時効は、裁判が確定した時か ら、新たにその進行を始める。 (未成年者又は成年被後見人と時効の完成猶予) 第百五十八条 (略) (未成年者又は成年被後見人と時効の停止) 第百五十八条 (同上) 2 (略) 2 (同上) (夫婦間の権利の時効の完成猶予) 第百五十九条 (略) (夫婦間の権利の時効の停止) 第百五十九条 (同上) (相続財産に関する時効の完成猶予) 第百六十条 (略) (相続財産に関する時効の停止) 第百六十条 (同上)

(22)

22 (天災等による時効の完成猶予) 第百六十一条 時効の期間の満了の時に当たり、天災その他避け ることのできない事変のため第百四十七条第一項各号又は第百 四十八条第一項各号に掲げる事由に係る手続を行うことができ ないときは、その障害が消滅した時から三箇月を経過するまで の間は、時効は、完成しない。 (天災等による時効の停止) 第百六十一条 時効の期間の満了の時に当たり、天災その他避け ることのできない事変のため時効を中断することができないと きは、その障害が消滅した時から二週間を経過するまでの間は 、時効は、完成しない。 (債権等の消滅時効) 第百六十六条 債権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅 する。 一 債権者が権利を行使することができることを知った時から 五年間行使しないとき。 二 権利を行使することができる時から十年間行使しないとき 。 2 債権又は所有権以外の財産権は、権利を行使することができ る時から二十年間行使しないときは、時効によって消滅する。 3 前二項の規定は、始期付権利又は停止条件付権利の目的物を 占有する第三者のために、その占有の開始の時から取得時効が 進行することを妨げない。ただし、権利者は、その時効を更新 するため、いつでも占有者の承認を求めることができる。 (消滅時効の進行等) 第百六十六条 消滅時効は、権利を行使することができる時から 進行する。 (新設) 2 前項の規定は、始期付権利又は停止条件付権利の目的物を占 有する第三者のために、その占有の開始の時から取得時効が進 行することを妨げない。ただし、権利者は、その時効を中断す るため、いつでも占有者の承認を求めることができる。

(23)

23 (人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権の消滅時効) 第百六十七条 人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権の 消滅時効についての前条第一項第二号の規定の適用については 、同号中「十年間」とあるのは、「二十年間」とする。 (債権等の消滅時効) 第百六十七条 債権は、十年間行使しないときは、消滅する。 2 債権又は所有権以外の財産権は、二十年間行使しないときは 、消滅する。 (定期金債権の消滅時効) 第百六十八条 定期金の債権は、次に掲げる場合には、時効によ って消滅する。 一 債権者が定期金の債権から生ずる金銭その他の物の給付を 目的とする各債権を行使することができることを知った時か ら十年間行使しないとき。 二 前号に規定する各債権を行使することができる時から二十 年間行使しないとき。 (定期金債権の消滅時効) 第百六十八条 定期金の債権は、第一回の弁済期から二十年間行 使しないときは、消滅する。最後の弁済期から十年間行使しな いときも、同様とする。 2 定期金の債権者は、時効の更新の証拠を得るため、いつでも 、その債務者に対して承認書の交付を求めることができる。 2 定期金の債権者は、時効の中断の証拠を得るため、いつでも 、その債務者に対して承認書の交付を求めることができる。 (判決で確定した権利の消滅時効) 第百六十九条 確定判決又は確定判決と同一の効力を有するもの によって確定した権利については、十年より短い時効期間の定 めがあるものであっても、その時効期間は、十年とする。 2 前項の規定は、確定の時に弁済期の到来していない債権につ いては、適用しない。 (定期給付債権の短期消滅時効) 第百六十九条 年又はこれより短い時期によって定めた金銭その 他の物の給付を目的とする債権は、五年間行使しないときは、 消滅する。

(24)

24 第百七十条から第百七十四条まで 削除 (三年の短期消滅時効) 第百七十条 次に掲げる債権は、三年間行使しないときは、消滅 する。ただし、第二号に掲げる債権の時効は、同号の工事が終 了した時から起算する。 一 医師、助産師又は薬剤師の診療、助産又は調剤に関する債 権 二 工事の設計、施工又は監理を業とする者の工事に関する債 権 第百七十一条 弁護士又は弁護士法人は事件が終了した時から、 公証人はその職務を執行した時から三年を経過したときは、そ の職務に関して受け取った書類について、その責任を免れる。 (二年の短期消滅時効) 第百七十二条 弁護士、弁護士法人又は公証人の職務に関する債 権は、その原因となった事件が終了した時から二年間行使しな いときは、消滅する。 2 前項の規定にかかわらず、同項の事件中の各事項が終了した 時から五年を経過したときは、同項の期間内であっても、その 事項に関する債権は、消滅する。 第百七十三条 次に掲げる債権は、二年間行使しないときは、消 滅する。 一 生産者、卸売商人又は小売商人が売却した産物又は商品の

(25)

25 代価に係る債権 二 自己の技能を用い、注文を受けて、物を製作し又は自己の 仕事場で他人のために仕事をすることを業とする者の仕事に 関する債権 三 学芸又は技能の教育を行う者が生徒の教育、衣食又は寄宿 の代価について有する債権 (一年の短期消滅時効) 第百七十四条 次に掲げる債権は、一年間行使しないときは、消 滅する。 一 月又はこれより短い時期によって定めた使用人の給料に係 る債権 二 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供 給した物の代価に係る債権 三 運送賃に係る債権 四 旅館、料理店、飲食店、貸席又は娯楽場の宿泊料、飲食料 、席料、入場料、消費物の代価又は立替金に係る債権 五 動産の損料に係る債権 (削る) (判決で確定した権利の消滅時効) 第百七十四条の二 確定判決によって確定した権利については、 十年より短い時効期間の定めがあるものであっても、その時効 期間は、十年とする。裁判上の和解、調停その他確定判決と同

(26)

26 一の効力を有するものによって確定した権利についても、同様 とする。 2 前項の規定は、確定の時に弁済期の到来していない債権につ いては、適用しない。 第二百八十四条 (略) 2 共有者に対する時効の更新は、地役権を行使する各共有者に 対してしなければ、その効力を生じない。 3 地役権を行使する共有者が数人ある場合には、その一人につ いて時効の完成猶予の事由があっても、時効は、各共有者のた めに進行する。 第二百八十四条 (同上) 2 共有者に対する時効の中断は、地役権を行使する各共有者に 対してしなければ、その効力を生じない。 3 地役権を行使する共有者が数人ある場合には、その一人につ いて時効の停止の原因があっても、時効は、各共有者のために 進行する。 (地役権の消滅時効) 第二百九十一条 第百六十六条第二項に規定する消滅時効の期間 は、継続的でなく行使される地役権については最後の行使の時 から起算し、継続的に行使される地役権についてはその行使を 妨げる事実が生じた時から起算する。 (地役権の消滅時効) 第二百九十一条 第百六十七条第二項に規定する消滅時効の期間 は、継続的でなく行使される地役権については最後の行使の時 から起算し、継続的に行使される地役権についてはその行使を 妨げる事実が生じた時から起算する。 第二百九十二条 要役地が数人の共有に属する場合において、そ の一人のために時効の完成猶予又は更新があるときは、その完 成猶予又は更新は、他の共有者のためにも、その効力を生ずる 。 第二百九十二条 要役地が数人の共有に属する場合において、そ の一人のために時効の中断又は停止があるときは、その中断又 は停止は、他の共有者のためにも、その効力を生ずる。

(27)

27 第三百十六条 賃貸人は、第六百二十二条の二第一項に規定する 敷金を受け取っている場合には、その敷金で弁済を受けない債 権の部分についてのみ先取特権を有する。 第三百十六条 賃貸人は、敷金を受け取っている場合には、その 敷金で弁済を受けない債権の部分についてのみ先取特権を有す る。 (設定行為に別段の定めがある場合等) 第三百五十九条 前三条の規定は、設定行為に別段の定めがある とき、又は担保不動産収益執行(民事執行法第百八十条第二号 に規定する担保不動産収益執行をいう。以下同じ。)の開始が あったときは、適用しない。 (設定行為に別段の定めがある場合等) 第三百五十九条 前三条の規定は、設定行為に別段の定めがある とき、又は担保不動産収益執行(民事執行法(昭和五十四年法 律第四号)第百八十条第二号に規定する担保不動産収益執行を いう。以下同じ。)の開始があったときは、適用しない。 第三百六十三条 削除 (債権質の設定) 第三百六十三条 債権であってこれを譲り渡すにはその証書を交 付することを要するものを質権の目的とするときは、質権の設 定は、その証書を交付することによって、その効力を生ずる。 (債権を目的とする質権の対抗要件) 第三百六十四条 債権を目的とする質権の設定(現に発生してい ない債権を目的とするものを含む。)は、第四百六十七条の規 定に従い、第三債務者にその質権の設定を通知し、又は第三債 務者がこれを承諾しなければ、これをもって第三債務者その他 の第三者に対抗することができない。 (指名債権を目的とする質権の対抗要件) 第三百六十四条 指名債権を質権の目的としたときは、第四百六 十七条の規定に従い、第三債務者に質権の設定を通知し、又は 第三債務者がこれを承諾しなければ、これをもって第三債務者 その他の第三者に対抗することができない。

(28)

28 第三百六十五条 削除 (指図債権を目的とする質権の対抗要件) 第三百六十五条 指図債権を質権の目的としたときは、その証書 に質権の設定の裏書をしなければ、これをもって第三者に対抗 することができない。 (抵当権の効力の及ぶ範囲) 第三百七十条 抵当権は、抵当地の上に存する建物を除き、その 目的である不動産(以下「抵当不動産」という。)に付加して 一体となっている物に及ぶ。ただし、設定行為に別段の定めが ある場合及び債務者の行為について第四百二十四条第三項に規 定する詐害行為取消請求をすることができる場合は、この限り でない。 (抵当権の効力の及ぶ範囲) 第三百七十条 抵当権は、抵当地の上に存する建物を除き、その 目的である不動産(以下「抵当不動産」という。)に付加して 一体となっている物に及ぶ。ただし、設定行為に別段の定めが ある場合及び第四百二十四条の規定により債権者が債務者の行 為を取り消すことができる場合は、この限りでない。 (根抵当権) 第三百九十八条の二 (略) 2 (略) 3 特定の原因に基づいて債務者との間に継続して生ずる債権、 手形上若しくは小切手上の請求権又は電子記録債権(電子記録 債権法(平成十九年法律第百二号)第二条第一項に規定する電 子記録債権をいう。次条第二項において同じ。)は、前項の規 定にかかわらず、根抵当権の担保すべき債権とすることができ (根抵当権) 第三百九十八条の二 (同上) 2 (同上) 3 特定の原因に基づいて債務者との間に継続して生ずる債権又 は手形上若しくは小切手上の請求権は、前項の規定にかかわら ず、根抵当権の担保すべき債権とすることができる。

(29)

29 る。 (根抵当権の被担保債権の範囲) 第三百九十八条の三 (略) 2 債務者との取引によらないで取得する手形上若しくは小切手 上の請求権又は電子記録債権を根抵当権の担保すべき債権とし た場合において、次に掲げる事由があったときは、その前に取 得したものについてのみ、その根抵当権を行使することができ る。ただし、その後に取得したものであっても、その事由を知 らないで取得したものについては、これを行使することを妨げ ない。 一~三 (略) (根抵当権の被担保債権の範囲) 第三百九十八条の三 (同上) 2 債務者との取引によらないで取得する手形上又は小切手上の 請求権を根抵当権の担保すべき債権とした場合において、次に 掲げる事由があったときは、その前に取得したものについての み、その根抵当権を行使することができる。ただし、その後に 取得したものであっても、その事由を知らないで取得したもの については、これを行使することを妨げない。 一~三 (同上) (根抵当権の被担保債権の譲渡等) 第三百九十八条の七 (略) 2 (略) 3 元本の確定前に免責的債務引受があった場合における債権者 は、第四百七十二条の四第一項の規定にかかわらず、根抵当権 を引受人が負担する債務に移すことができない。 4 元本の確定前に債権者の交替による更改があった場合におけ る更改前の債権者は、第五百十八条第一項の規定にかかわらず 、根抵当権を更改後の債務に移すことができない。元本の確定 (根抵当権の被担保債権の譲渡等) 第三百九十八条の七 (同上) 2 (同上) (新設) 3 元本の確定前に債権者又は債務者の交替による更改があった ときは、その当事者は、第五百十八条の規定にかかわらず、根 抵当権を更改後の債務に移すことができない。

(30)

30 前に債務者の交替による更改があった場合における債権者も、 同様とする。 (特定物の引渡しの場合の注意義務) 第四百条 債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者は 、その引渡しをするまで、契約その他の債権の発生原因及び取 引上の社会通念に照らして定まる善良な管理者の注意をもって 、その物を保存しなければならない。 (特定物の引渡しの場合の注意義務) 第四百条 債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者は 、その引渡しをするまで、善良な管理者の注意をもって、その 物を保存しなければならない。 (法定利率) 第四百四条 利息を生ずべき債権について別段の意思表示がない ときは、その利率は、その利息が生じた最初の時点における法 定利率による。 2 法定利率は、年三パーセントとする。 3 前項の規定にかかわらず、法定利率は、法務省令で定めると ころにより、三年を一期とし、一期ごとに、次項の規定により 変動するものとする。 4 各期における法定利率は、この項の規定により法定利率に変 動があった期のうち直近のもの(以下この項において「直近変 動期」という。)における基準割合と当期における基準割合と の差に相当する割合(その割合に一パーセント未満の端数があ るときは、これを切り捨てる。)を直近変動期における法定利 (法定利率) 第四百四条 利息を生ずべき債権について別段の意思表示がない ときは、その利率は、年五分とする。 (新設) (新設) (新設)

(31)

31 率に加算し、又は減算した割合とする。 5 前項に規定する「基準割合」とは、法務省令で定めるところ により、各期の初日の属する年の六年前の年の一月から前々年 の十二月までの各月における短期貸付けの平均利率(当該各月 において銀行が新たに行った貸付け(貸付期間が一年未満のも のに限る。)に係る利率の平均をいう。)の合計を六十で除し て計算した割合(その割合に〇・一パーセント未満の端数があ るときは、これを切り捨てる。)として法務大臣が告示するも のをいう。 (新設) (不能による選択債権の特定) 第四百十条 債権の目的である給付の中に不能のものがある場合 において、その不能が選択権を有する者の過失によるものであ るときは、債権は、その残存するものについて存在する。 (削る) (不能による選択債権の特定) 第四百十条 債権の目的である給付の中に、初めから不能である もの又は後に至って不能となったものがあるときは、債権は、 その残存するものについて存在する。 2 選択権を有しない当事者の過失によって給付が不能となった ときは、前項の規定は、適用しない。 (履行期と履行遅滞) 第四百十二条 (略) 2 債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、そ の期限の到来した後に履行の請求を受けた時又はその期限の到 来したことを知った時のいずれか早い時から遅滞の責任を負う (履行期と履行遅滞) 第四百十二条 (同上) 2 債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、そ の期限の到来したことを知った時から遅滞の責任を負う。

(32)

32 。 3 (略) 3 (同上) (履行不能) 第四百十二条の二 債務の履行が契約その他の債務の発生原因及 び取引上の社会通念に照らして不能であるときは、債権者は、 その債務の履行を請求することができない。 2 契約に基づく債務の履行がその契約の成立の時に不能であっ たことは、第四百十五条の規定によりその履行の不能によって 生じた損害の賠償を請求することを妨げない。 (新設) (受領遅滞) 第四百十三条 債権者が債務の履行を受けることを拒み、又は受 けることができない場合において、その債務の目的が特定物の 引渡しであるときは、債務者は、履行の提供をした時からその 引渡しをするまで、自己の財産に対するのと同一の注意をもっ て、その物を保存すれば足りる。 2 債権者が債務の履行を受けることを拒み、又は受けることが できないことによって、その履行の費用が増加したときは、そ の増加額は、債権者の負担とする。 (受領遅滞) 第四百十三条 債権者が債務の履行を受けることを拒み、又は受 けることができないときは、その債権者は、履行の提供があっ た時から遅滞の責任を負う。 (履行遅滞中又は受領遅滞中の履行不能と帰責事由)

(33)

33 第四百十三条の二 債務者がその債務について遅滞の責任を負っ ている間に当事者双方の責めに帰することができない事由によ ってその債務の履行が不能となったときは、その履行の不能は 、債務者の責めに帰すべき事由によるものとみなす。 2 債権者が債務の履行を受けることを拒み、又は受けることが できない場合において、履行の提供があった時以後に当事者双 方の責めに帰することができない事由によってその債務の履行 が不能となったときは、その履行の不能は、債権者の責めに帰 すべき事由によるものとみなす。 (新設) (履行の強制) 第四百十四条 債務者が任意に債務の履行をしないときは、債権 者は、民事執行法その他強制執行の手続に関する法令の規定に 従い、直接強制、代替執行、間接強制その他の方法による履行 の強制を裁判所に請求することができる。ただし、債務の性質 がこれを許さないときは、この限りでない。 (削る) (削る) (履行の強制) 第四百十四条 債務者が任意に債務の履行をしないときは、債権 者は、その強制履行を裁判所に請求することができる。ただし 、債務の性質がこれを許さないときは、この限りでない。 2 債務の性質が強制履行を許さない場合において、その債務が 作為を目的とするときは、債権者は、債務者の費用で第三者に これをさせることを裁判所に請求することができる。ただし、 法律行為を目的とする債務については、裁判をもって債務者の 意思表示に代えることができる。 3 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務

(34)

34 2 前項の規定は、損害賠償の請求を妨げない。 者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をす ることを裁判所に請求することができる。 4 前三項の規定は、損害賠償の請求を妨げない。 (債務不履行による損害賠償) 第四百十五条 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないと き又は債務の履行が不能であるときは、債権者は、これによっ て生じた損害の賠償を請求することができる。ただし、その債 務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通 念に照らして債務者の責めに帰することができない事由による ものであるときは、この限りでない。 2 前項の規定により損害賠償の請求をすることができる場合に おいて、債権者は、次に掲げるときは、債務の履行に代わる損 害賠償の請求をすることができる。 一 債務の履行が不能であるとき。 二 債務者がその債務の履行を拒絶する意思を明確に表示した とき。 三 債務が契約によって生じたものである場合において、その 契約が解除され、又は債務の不履行による契約の解除権が発 生したとき。 (債務不履行による損害賠償) 第四百十五条 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないと きは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求するこ とができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をする ことができなくなったときも、同様とする。 (損害賠償の範囲) (損害賠償の範囲)

(35)

35 第四百十六条 (略) 2 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事 情を予見すべきであったときは、債権者は、その賠償を請求す ることができる。 第四百十六条 (同上) 2 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事 情を予見し、又は予見することができたときは、債権者は、そ の賠償を請求することができる。 (中間利息の控除) 第四百十七条の二 将来において取得すべき利益についての損害 賠償の額を定める場合において、その利益を取得すべき時まで の利息相当額を控除するときは、その損害賠償の請求権が生じ た時点における法定利率により、これをする。 2 将来において負担すべき費用についての損害賠償の額を定め る場合において、その費用を負担すべき時までの利息相当額を 控除するときも、前項と同様とする。 (新設) (過失相殺) 第四百十八条 債務の不履行又はこれによる損害の発生若しくは 拡大に関して債権者に過失があったときは、裁判所は、これを 考慮して、損害賠償の責任及びその額を定める。 (過失相殺) 第四百十八条 債務の不履行に関して債権者に過失があったとき は、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の責任及びその額を 定める。 (金銭債務の特則) 第四百十九条 金銭の給付を目的とする債務の不履行については 、その損害賠償の額は、債務者が遅滞の責任を負った最初の時 (金銭債務の特則) 第四百十九条 金銭の給付を目的とする債務の不履行については 、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。ただし、約

(36)

36 点における法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定 利率を超えるときは、約定利率による。 2・3 (略) 定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。 2・3 (同上) (賠償額の予定) 第四百二十条 当事者は、債務の不履行について損害賠償の額を 予定することができる。 2・3 (略) (賠償額の予定) 第四百二十条 当事者は、債務の不履行について損害賠償の額を 予定することができる。この場合において、裁判所は、その額 を増減することができない。 2・3 (同上) (代償請求権) 第四百二十二条の二 債務者が、その債務の履行が不能となった のと同一の原因により債務の目的物の代償である権利又は利益 を取得したときは、債権者は、その受けた損害の額の限度にお いて、債務者に対し、その権利の移転又はその利益の償還を請 求することができる。 (新設) 第二款 債権者代位権 (債権者代位権の要件) 第四百二十三条 債権者は、自己の債権を保全するため必要があ るときは、債務者に属する権利(以下「被代位権利」という。 第二款 債権者代位権及び詐害行為取消権 (債権者代位権) 第四百二十三条 債権者は、自己の債権を保全するため、債務者 に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身

(37)

37 )を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する 権利及び差押えを禁じられた権利は、この限りでない。 2 債権者は、その債権の期限が到来しない間は、被代位権利を 行使することができない。ただし、保存行為は、この限りでな い。 3 債権者は、その債権が強制執行により実現することのできな いものであるときは、被代位権利を行使することができない。 に専属する権利は、この限りでない。 2 債権者は、その債権の期限が到来しない間は、裁判上の代位 によらなければ、前項の権利を行使することができない。ただ し、保存行為は、この限りでない。 (新設) (代位行使の範囲) 第四百二十三条の二 債権者は、被代位権利を行使する場合にお いて、被代位権利の目的が可分であるときは、自己の債権の額 の限度においてのみ、被代位権利を行使することができる。 (新設) (債権者への支払又は引渡し) 第四百二十三条の三 債権者は、被代位権利を行使する場合にお いて、被代位権利が金銭の支払又は動産の引渡しを目的とする ものであるときは、相手方に対し、その支払又は引渡しを自己 に対してすることを求めることができる。この場合において、 相手方が債権者に対してその支払又は引渡しをしたときは、被 代位権利は、これによって消滅する。 (新設) (相手方の抗弁)

(38)

38 第四百二十三条の四 債権者が被代位権利を行使したときは、相 手方は、債務者に対して主張することができる抗弁をもって、 債権者に対抗することができる。 (新設) (債務者の取立てその他の処分の権限等) 第四百二十三条の五 債権者が被代位権利を行使した場合であっ ても、債務者は、被代位権利について、自ら取立てその他の処 分をすることを妨げられない。この場合においては、相手方も 、被代位権利について、債務者に対して履行をすることを妨げ られない。 (新設) (被代位権利の行使に係る訴えを提起した場合の訴訟告知) 第四百二十三条の六 債権者は、被代位権利の行使に係る訴えを 提起したときは、遅滞なく、債務者に対し、訴訟告知をしなけ ればならない。 (新設) (登記又は登録の請求権を保全するための債権者代位権) 第四百二十三条の七 登記又は登録をしなければ権利の得喪及び 変更を第三者に対抗することができない財産を譲り受けた者は 、その譲渡人が第三者に対して有する登記手続又は登録手続を すべきことを請求する権利を行使しないときは、その権利を行 使することができる。この場合においては、前三条の規定を準 (新設)

(39)

39 用する。 第三款 詐害行為取消権 第一目 詐害行為取消権の要件 (詐害行為取消請求) 第四百二十四条 債権者は、債務者が債権者を害することを知っ てした行為の取消しを裁判所に請求することができる。ただし 、その行為によって利益を受けた者(以下この款において「受 益者」という。)がその行為の時において債権者を害すること を知らなかったときは、この限りでない。 2 前項の規定は、財産権を目的としない行為については、適用 しない。 3 債権者は、その債権が第一項に規定する行為の前の原因に基 づいて生じたものである場合に限り、同項の規定による請求( 以下「詐害行為取消請求」という。)をすることができる。 4 債権者は、その債権が強制執行により実現することのできな いものであるときは、詐害行為取消請求をすることができない 。 (新設) (新設) (詐害行為取消権) 第四百二十四条 債権者は、債務者が債権者を害することを知っ てした法律行為の取消しを裁判所に請求することができる。た だし、その行為によって利益を受けた者又は転得者がその行為 又は転得の時において債権者を害すべき事実を知らなかったと きは、この限りでない。 2 前項の規定は、財産権を目的としない法律行為については、 適用しない。 (新設) (新設) (相当の対価を得てした財産の処分行為の特則) 第四百二十四条の二 債務者が、その有する財産を処分する行為 (新設)

(40)

40 をした場合において、受益者から相当の対価を取得していると きは、債権者は、次に掲げる要件のいずれにも該当する場合に 限り、その行為について、詐害行為取消請求をすることができ る。 一 その行為が、不動産の金銭への換価その他の当該処分によ る財産の種類の変更により、債務者において隠匿、無償の供 与その他の債権者を害することとなる処分(以下この条にお いて「隠匿等の処分」という。)をするおそれを現に生じさ せるものであること。 二 債務者が、その行為の当時、対価として取得した金銭その 他の財産について、隠匿等の処分をする意思を有していたこ と。 三 受益者が、その行為の当時、債務者が隠匿等の処分をする 意思を有していたことを知っていたこと。 (特定の債権者に対する担保の供与等の特則) 第四百二十四条の三 債務者がした既存の債務についての担保の 供与又は債務の消滅に関する行為について、債権者は、次に掲 げる要件のいずれにも該当する場合に限り、詐害行為取消請求 をすることができる。 一 その行為が、債務者が支払不能(債務者が、支払能力を欠 くために、その債務のうち弁済期にあるものにつき、一般的 (新設)

(41)

41 かつ継続的に弁済することができない状態をいう。次項第一 号において同じ。)の時に行われたものであること。 二 その行為が、債務者と受益者とが通謀して他の債権者を害 する意図をもって行われたものであること。 2 前項に規定する行為が、債務者の義務に属せず、又はその時 期が債務者の義務に属しないものである場合において、次に掲 げる要件のいずれにも該当するときは、債権者は、同項の規定 にかかわらず、その行為について、詐害行為取消請求をするこ とができる。 一 その行為が、債務者が支払不能になる前三十日以内に行わ れたものであること。 二 その行為が、債務者と受益者とが通謀して他の債権者を害 する意図をもって行われたものであること。 (過大な代物弁済等の特則) 第四百二十四条の四 債務者がした債務の消滅に関する行為であ って、受益者の受けた給付の価額がその行為によって消滅した 債務の額より過大であるものについて、第四百二十四条に規定 する要件に該当するときは、債権者は、前条第一項の規定にか かわらず、その消滅した債務の額に相当する部分以外の部分に ついては、詐害行為取消請求をすることができる。 (新設)

(42)

42 (転得者に対する詐害行為取消請求) 第四百二十四条の五 債権者は、受益者に対して詐害行為取消請 求をすることができる場合において、受益者に移転した財産を 転得した者があるときは、次の各号に掲げる区分に応じ、それ ぞれ当該各号に定める場合に限り、その転得者に対しても、詐 害行為取消請求をすることができる。 一 その転得者が受益者から転得した者である場合 その転得 者が、転得の当時、債務者がした行為が債権者を害すること を知っていたとき。 二 その転得者が他の転得者から転得した者である場合 その 転得者及びその前に転得した全ての転得者が、それぞれの転 得の当時、債務者がした行為が債権者を害することを知って いたとき。 (新設) 第二目 詐害行為取消権の行使の方法等 (財産の返還又は価額の償還の請求) 第四百二十四条の六 債権者は、受益者に対する詐害行為取消請 求において、債務者がした行為の取消しとともに、その行為に よって受益者に移転した財産の返還を請求することができる。 受益者がその財産の返還をすることが困難であるときは、債権 者は、その価額の償還を請求することができる。 (新設) (新設)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP